冬枯 補遺

冬枯 補遺

*ひつじ田の枯るるすがすがしき月夜 松村蒼石 雪
いしぶみのもと一塊の芝枯るる 富安風生
うどの大木襤褸の如く園枯るる 山口青邨
おちついて死ねさうな草枯るる 種田山頭火 草木塔
おほぞらののんどとなりて枯るるなり 岡井省二 五劫集
かなしみの倚り合ふごとく蓮枯るる 上田五千石 天路
かまど火はいつも安らか山枯れても 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
からからと車行き山枯れにけり 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
きしきしと帯を纏きをり枯るる中 橋本多佳子
きれいさつぱり大ポプラ枯れきはむ 平畑静塔
これやこのよこほり伏して嶺々枯るる 富安風生
さきがけて枯るる草ありまづ親し 相生垣瓜人 微茫集
さながらに連綿のかな蔓枯るる 上田五千石『琥珀』補遺
さんざしの赤き実一つ園枯るる 山口青邨
しづけさは明日への力蔓枯るる 野見山朱鳥 幻日
すべてこれ抵抗緩和蔓枯るる 山口青邨
そのかみのかなしき入江蓮枯るる 山口青邨
そはそはとはちすの枯るる気配かな 岸田稚魚
ただ黒き裳すそを枯るる野にひけり 橋本多佳子
たつぷりと日を使ひては蓮枯るる 石田勝彦 秋興
つる枯るる埴崕くづれ霜柱 飯田蛇笏 春蘭
とどまれる陽に花あげて芦枯るる 中村汀女
なかぞらの鳩や大学枯れ果てぬ 石田波郷
ねこじやらし枯るる金毛まことの尾 山口青邨
はらわたの冬枯れてたゞ發句哉 正岡子規 冬枯
ひとつ枯れかくて多くの蓮枯るる 秋元不死男
ひとり読んで花枯るる床や寒夜の燈 飯田蛇笏 山廬集
ほうほうと楢山枯るる寒日和 富安風生
まつすぐなポプラはまつすぐに枯るる 平井照敏
もう唄わない瀬々 母校裏 枯れきり 伊丹三樹彦
わがカベルネの如くに廃れ坑口枯るる 岸田稚魚 負け犬
わが両脚われ乗せ無風の枯山中 岡本眸
わが藪にうどの大木立ち枯るる 山口青邨
わが門辺刈られずありて草枯るる 後藤夜半 底紅
われら遊ぶ枯山水は枯るるまま 山口青邨
シヤガールの恋人昇天園枯るる 山口青邨
ハーブとし生れハーブとして枯るる 後藤比奈夫
モナリザはいつもの如し菊枯るる 山口青邨
一つ蘆なれば枯れ初む影一つ 中村草田男
一本づつ枯るる鶏頭と思へども 細見綾子
一枝青葉水没の木々枯れゆくに 福田蓼汀 秋風挽歌
一燈に照らし出されて枯るる芝 清崎敏郎
一穢なく枯れ果てて墓遺りたる 鷲谷七菜子 游影
一雨後の階の親しさ枯るる中 岡本眸
七月やみづから枯るる松一樹 村山故郷
七面鳥の示威の肉髯枯るる中 津田清子 礼拝
乳首より出づるものなし萩枯るる 桂信子 月光抄
二の酉やいよいよ枯るる雑司ケ谷 石田波郷
人歩む皆冬枯の都心指し 松崎鉄之介
何かと犬吠ゆる木々枯れつくしたり 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
佗助の咲きけり心枯るる勿と 水原秋櫻子 蓬壺
冬かれの紅緑も京をさらんとす 正岡子規 冬枯
冬かれや田舎娘のうつくしき 正岡子規 冬枯
冬枯にうら紫の萬年青哉 正岡子規 冬枯
冬枯に二見が浦の朝日かな 正岡子規 冬枯
冬枯に枯葉も見えぬ小笹哉 正岡子規 冬枯
冬枯に漏れたまはぬぞ是非もなき 正岡子規 冬枯
冬枯に犬の追ひ出す烏哉 正岡子規 冬枯
冬枯に飯粒ひろふ雀かな 正岡子規 冬枯
冬枯のいますさまじき菖蒲田に 古舘曹人 砂の音
冬枯のうしろに立つや不二の山 正岡子規 冬枯
冬枯のうしろに遠し赤煉瓦 正岡子規 冬枯
冬枯のうしろに高し不二の山 正岡子規 冬枯
冬枯のたぐひにもあらず眼の光り 正岡子規 冬枯
冬枯の一隅青し三河嶋 正岡子規 冬枯
冬枯の中に家居や村一つ 正岡子規 冬枯
冬枯の中に小松の山一つ 正岡子規 冬枯
冬枯の中に小菊の赤さかな 正岡子規 冬枯
冬枯の中に猗々として竹青し 正岡子規 冬枯
冬枯の中に錦を織る處 正岡子規 冬枯
冬枯の二つの堤こゝに合ふ 高野素十
冬枯の今をはれとやふしの山 正岡子規 冬枯
冬枯の八百屋に赤し何の瓜 正岡子規 冬枯
冬枯の北を限りて城長し 正岡子規 冬枯
冬枯の地藏の辻に追剥す 正岡子規 冬枯
冬枯の垣根に咲くや薔薇の花 正岡子規 冬枯
冬枯の山はうつくしき者許り 正岡子規 冬枯
冬枯の崖下の信号今は赤 石塚友二 玉縄以後
冬枯の昔のまゝの牛久沼 高野素十
冬枯の木間に青し電氣燈 正岡子規 冬枯
冬枯の根岸を訪ふや繪師が家 正岡子規 冬枯
冬枯の根岸淋しや日の御旗 正岡子規 冬枯
冬枯の樣や芭蕉も義仲も 正岡子規 冬枯
冬枯の樫の木りんと聳えけり 正岡子規 冬枯
冬枯の湖水に島もなかりけり 正岡子規 冬枯
冬枯の田園調布坂ながし 星野麥丘人
冬枯の町に藁屋の二三軒 上村占魚 鮎
冬枯の築山淋し石燈籠 正岡子規 冬枯
冬枯の草の家つゝく烏哉 正岡子規 冬枯
冬枯の荒れて菊未だ衰へず 正岡子規 冬枯
冬枯の裾ひく山の裾に母 中村汀女
冬枯の道のひろさの端をゆく 橋閒石 朱明
冬枯の野に學校のふらふ哉 正岡子規 冬枯
冬枯の野末につゞく白帆かな 正岡子規 冬枯
冬枯の鞄をおろす鐘の下 古舘曹人 砂の音
冬枯やいよいよ松の高うなる 正岡子規 冬枯
冬枯やともし火通ふ桑畑 正岡子規 冬枯
冬枯やともし火通る桑畑 正岡子規 冬枯
冬枯やなごりに浸る町温泉のあふれ 渡邊水巴 富士
冬枯やまだ頼みある青筑波 正岡子規 冬枯
冬枯や一刀石へ坂のみち 燕雀 星野麥丘人
冬枯や三の臺場の高燈籠 正岡子規 冬枯
冬枯や何山彼山富士の山 正岡子規 冬枯
冬枯や八百屋の店の赤冬瓜 正岡子規 冬枯
冬枯や塵のやうなる虫が飛ぶ 正岡子規 冬枯
冬枯や墾き捨てたるこのあたり 河東碧梧桐
冬枯や大きな鳥の飛んで行く 正岡子規 冬枯
冬枯や奈良の小店の鹿の角 正岡子規 冬枯
冬枯や子とものくゞる枳穀垣 正岡子規 冬枯
冬枯や小笹の中の藪柑子 正岡子規 冬枯
冬枯や巡査に吠える里の犬 正岡子規 冬枯
冬枯や庚申堂の小豆飯 正岡子規 冬枯
冬枯や張物見ゆる裏田圃 正岡子規 冬枯
冬枯や手拭動く堀の内 正岡子規 冬枯
冬枯や提灯走る一の谷 正岡子規 冬枯
冬枯や日日見つつなほ冬枯れぬ 加藤秋邨
冬枯や曰く庭前の松樹子 正岡子規 冬枯
冬枯や木もなき堤馬歸る 正岡子規 冬枯
冬枯や柿をくはへてとぶ烏 正岡子規 冬枯
冬枯や水の溜りし寺の庭 前田普羅 普羅句集
冬枯や烏のとまる刎釣瓶 正岡子規 冬枯
冬枯や熊祭る子の蝦夷錦 正岡子規 冬枯
冬枯や牡丹花が乘る牛の綱 正岡子規 冬枯
冬枯や物ほしさうに鳴く烏 正岡子規 冬枯
冬枯や王子に多き赤楝瓦 正岡子規 冬枯
冬枯や王子の道の稻荷鮓 正岡子規 冬枯
冬枯や百穴見ゆる雜木山 正岡子規 冬枯
冬枯や目黒の奧の二王門 正岡子規 冬枯
冬枯や石臼殘る井戸の端 正岡子規 冬枯
冬枯や礎見えて犬の糞 正岡子規 冬枯
冬枯や神住むべくもなき小宮 正岡子規 冬枯
冬枯や童のくゞる枳穀垣 正岡子規 冬枯
冬枯や粲爛として阿房宮 正岡子規 冬枯
冬枯や繪の嶋山の貝屏風 正岡子規 冬枯
冬枯や草鞋くはへて飛ぶ鴉 正岡子規 冬枯
冬枯や蛸ぶら下る煮賣茶屋 正岡子規 冬枯
冬枯や賤が檐端の烏瓜 正岡子規 冬枯
冬枯や車の通る道一つ 正岡子規 冬枯
冬枯や遙かに見ゆる眞間の寺 正岡子規 冬枯
冬枯や郵便箱のなき小村 正岡子規 冬枯
冬枯や郵便箱もなき小村 正岡子規 冬枯
冬枯や都をめぐる隅田川 正岡子規 冬枯
冬枯や酒藏赤き村はづれ 正岡子規 冬枯
冬枯や鏡にうつる雲の影 正岡子規 冬枯
冬枯や隣へつゞく庵の庭 正岡子規 冬枯
冬枯や雜木の奧の松林 正岡子規 冬枯
冬枯や馬の尿する原の中 正岡子規 冬枯
冬枯や馬の尿する草の中 正岡子規 冬枯
冬枯や馬は眼澄みて髪浴びて 渡邊白泉
冬枯や駅二つ過ぎ海余る 岡本眸
冬枯や鳥に石打つ童あり 正岡子規 冬枯
冬枯や鳩驚いて屋根の上 正岡子規 冬枯
冬枯や鼠すてたる町はづれ 正岡子規 冬枯
冬枯るゝ土橋の縁の小草かな 正岡子規 冬枯
冬枯るゝ筆の穂とこそさては花 正岡子規 冬枯
冬枯れて森の堺の柵長し 正岡子規 冬枯
冬枯れて鳥居一つや土手の上 正岡子規 冬枯
冬枯れやはごにかゝりし鵙の聲 正岡子規 冬枯
冬枯をのがれぬ庵の小庭哉 正岡子規 冬枯
冬枯を見ねば横文字ばかりの街 加藤秋邨
冬枯墓地にも深入り ぼくらノン・タイ党 伊丹三樹彦
冬鵯の悲鳴透りて藪枯るる 富安風生
冬麗の母の手枯るるばかりなり 石田勝彦 雙杵
切株の板のごときが枯るる中 岡本眸
刈りきし木賊枯るるにまして剛(つよ)まる日々 中村草田男
初筑波近寄せ枯るる浦の蘆 水原秋櫻子 蘆雁以後
卵生み枯るるほかなしいばむしり 阿波野青畝
又の名は伊右衛門鯉屋枯るる宿 能村登四郎
古堀や水草少し冬枯るゝ 正岡子規 冬枯
向き向きに蓮の葉枯るる日南かな 村山故郷
咳けば眼に野のごと枯るる蟷螂よ 角川源義
唐辛子妹が垣根も冬枯るゝ 正岡子規 冬枯
唯草の枯るるにかよふいのちかな 石川桂郎 四温
園枯るるほほづき網の中にまどか 山口青邨
墓に水注ぐ天まで山枯れし 右城暮石 句集外 昭和三十三年
大いなる月色の月枯るる中 相馬遷子 雪嶺
大き入日紫苑とすすき抱き枯るる 松村蒼石 雪
大江戸の街は錦や草枯るる 飯田蛇笏 山廬集
天日にさらして枯るる蓮かな 富安風生
子を追へる親は緩走芝枯るる 林翔 和紙
子等のものからりと乾き草枯るる 中村汀女
宝冠のごとくに枯るる芒かな 阿波野青畝
寸緑もとどめず枯るる由布ケ岳 能村登四郎
少年の声がどこかで枯るる葦 伊丹三樹彦
尾長ゐて淡青ともす枯るる中 相馬遷子 雪嶺
山枯るる一本足の虹立てて 岡本眸
山枯るる引導わたす鵙がゐて 岡本眸
山枯るる隧道に灯を溢れしめ 岡本眸
山枯るる音なき音の充満す 岡本眸
山枯れたり遥に人の咳ける 相馬遷子 山国
山枯れてものにつかまり歩くなり 松村蒼石 雪
山枯れて十二神将せめぐなり 大野林火 雪華 昭和三十九年
山枯れて大腹中に在すかな 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
山枯れて裾の青菜を子安神 森澄雄
山枯れて言葉のごとく水動く 飯田龍太
山枯れて谷川は陰細めたり 金子兜太
山枯れて青空ばかり峠神 森澄雄
崖歯朶の枯るるを雨の電車より 細見綾子
弥生ケ丘真葛が原となり枯るる 山口青邨
応仁の乱のこの方冬枯るる 高野素十
忽ち小隨道忽ち枯山中 山口誓子
戀にうとき身は冬枯るゝ許りなり 正岡子規 冬枯
捨菊に黒白分ちなほ枯るる 斎藤玄 狩眼
撃たれ落つ鳥美しや山枯木 原石鼎 花影
数ふれば灯籠七つ芝枯るる 山口青邨
日が枯るるやうにも蘆の枯れてゐし 後藤比奈夫
日のありど人もだしゆく蓮枯るる 角川源義
日輪の寵を失ひ菊枯るる 上野泰
時雨るるや竹のごとくに枯るる草 山口青邨
暖房車着く冬枯の駅の花圃 上田五千石『田園』補遺
木々枯れてよきへだたりの磨崖仏 上田五千石『天路』補遺
木々枯れて希臘正教の鐘とほる 山口誓子
木々枯れて明治の家々あらはなる 篠原梵 年々去来の花 皿
木々枯れて暮色のピアノ湍なす 能村登四郎
木々枯れて風も吹かねば瀬のひゞき 相馬遷子 山国
木々枯れぬあつき泉は野に湧ける 山口誓子
木が枯るる流木の日を夢見ては 鷹羽狩行
来し方や袋の中も枯れ果てて 中村苑子
松生けて冬枯時の酒宴哉 正岡子規 冬枯
枯るるだけ枯れたるのちの芙蓉の艶 安住敦
枯るるとき最も蓮のなまめかし 橋閒石 和栲
枯るるとは軽くなること句も人も 後藤比奈夫
枯るるとも千筋のしだれざくらかな 阿波野青畝
枯るるなき山河のありて闇世界 能村登四郎
枯るるにはかく枯蓮のごとくかな 岸田稚魚 紅葉山
枯るるものその影にこそ真実を 山口青邨
枯るるものなき岸壁の捨てタイヤ 岡本眸
枯るるものばかりに見飽き母寝返る 能村登四郎
枯るるものやさしや嘆きさへ遠く 中村汀女
枯るるもの枯るるならひに石蕗枯るる 阿波野青畝
枯るるもの枯るるを見ての藪椿 石川桂郎 高蘆
枯るるもの枯れて心を身近にす 橋閒石 雪
枯るるもの枯れゆき林しづかなり 加藤秋邨
枯るるもの枯れ枯れ残るもの残る 富安風生
枯るるもの短く枯れて一茶の地 鷹羽狩行
枯るるもの青むもの日のしづけさに 日野草城
枯るるやすらぎ働く人も見えぬかな 大野林火 飛花集 昭和四十四年
枯るる中からたち垣の棘が花 鷹羽狩行
枯るる中けぶるがごとく童女来る 草間時彦 櫻山
枯るる中ほほづきはおのが網の中 山口青邨
枯るる中われはゆつくり枯れむかな 林翔
枯るる中一樹抜かるる滑車鳴り 飴山實 おりいぶ
枯るる中一茎折れて生鮮烈 林翔 和紙
枯るる中味噌汁でとくとろろかな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
枯るる中従者の犬をさきがけに 鷹羽狩行
枯るる中指輪の碧き石ぬぐふ 鷲谷七菜子 銃身
枯るる中神の早池峯雲ごもる 能村登四郎
枯るる中腹川の曲り目鳴りてはゆく 加藤秋邨
枯るる中藪騒起すものひそむ 富安風生
枯るる中踏込んで旅引緊まり 能村登四郎
枯るる中野鳩の声の養生訓 西東三鬼
枯るる前すでに痩せたるからすうり 能村登四郎
枯るる前眼がよく見えて蟷螂 鷹羽狩行
枯るる夜の噴水白き水の束 岡本眸
枯るる夜の車中で明日を打合す 岡本眸
枯るる夜の階のみ灯る通過駅 岡本眸
枯るる山畦より狭き田を畳めり 富安風生
枯るる崖腕が出て子の顔が出る 加藤秋邨
枯るる景日々に見て日々わが嘆ず 安住敦
枯るる景見むとあけたる障子かな 安住敦
枯るる木々母を市電に凭らしむる 安住敦
枯るる木も云ふべし雄々し傷ましと 相生垣瓜人 負暄
枯るる森重ね重なりものわすれ 斎藤玄 狩眼
枯るる榛これを再生の門として 石田波郷
枯るる樹上水の音して風わたる 鷲谷七菜子 花寂び
枯るる樹下恋ひわたるいつか草咥へ 伊丹三樹彦
枯るる浜婆には拾ふものありて 岡本眸
枯るる色一瞬すさる母焼く火 能村登四郎
枯るる術知らざる草のある如し 相生垣瓜人 負暄
枯るる貧しさ廁に妻の尿きこゆ 森澄雄
枯るる道ひとに従ひゆくはよき 橋本多佳子
枯るる遠景人ゐてそこに火が挙がる 能村登四郎
枯るる野のかかるところに何の罠 阿波野青畝
枯るる音葭をはなれず鰯雲 加藤秋邨
枯れきつてしまへば晴れてゐるばかり 平井照敏
枯れきつてガソリンのぼる筒赤し 飴山實 おりいぶ
枯れきつて水の匂ひの芦となる 鷲谷七菜子 銃身
枯れきりし物の中にも明治草 相生垣瓜人 明治草
枯れきりて風走りけり海の上 岡本眸
枯れきれぬ柳の愁ひ近松忌 鈴木真砂女 夕螢
枯れまじとして磯菊の枯るるかな 清崎敏郎
枯れ得ざる木々を残して枯るる木々 相生垣瓜人 負暄
枯れ果てし真菰の水や日短か 高野素十
枯れ果てし道の辺に余呉の湖ありて 村山故郷
枯れ果てし馬糞を踏んで書を売りに 西東三鬼
枯れ果ててひとりの影のあたたかし 鷲谷七菜子 黄炎
枯れ果てて夕日の岳のうしろ影 鷲谷七菜子 花寂び
枯れ果てて色無き草に立つ焔 林翔 和紙
枯れ果てて落葉松林裡青む 相馬遷子 雪嶺
枯れ果てて誰か火を焚く子の墓域 飯田龍太
枯れ果てて霹靂のごと道に柚子 森澄雄
枯山に僧ゐて枯るる香がのぼる 能村登四郎
枯山中捨てトラックの把手そのまま 山口誓子
枯山中日ざせばふいに己が影 野澤節子 飛泉
枯木山枯木を折れば骨の匂ひ 三橋鷹女
枯木山枯木を杖に亡母遊ぶ 三橋鷹女
枯葦のかき消ゆるまで枯るるらし 岡本眸
桑枯るるなか電柱を植ゑる声 秋元不死男
桑枯るる視てしんしんと妻欲しき 伊丹三樹彦
棄て洋酒瓶がかをりて枯山中 鷹羽狩行
機翼去り草原母と子に枯るる 三橋鷹女
欅の秀枯るる仔細を極めたり 富安風生
歯朶枯るる初めの色を胸におく 細見綾子
残菊の枯るるいのちを束ねけり 中村苑子
母恋ふと故郷のごと山枯るる 角川源義
母逝きぬ母の色して四囲枯るる 能村登四郎
気短な蓮より枯れて蓮枯るる 鷹羽狩行
水仙の三連星や枯るる中 山口青邨
氷柱見て枯れきりし歯朶の葉を燃やす 右城暮石 句集外 昭和十六年
河原鴉冬枯にゐてつひに鳴く 大野林火 冬雁 昭和二十二年
河口かなし冬枯の波しろく置き 大野林火 冬雁 昭和二十二年
油菊鬢髪のにほひして枯るる 山口青邨
波郷亡し鶏頭は枯れ果てにけり 村山故郷
流木の万骨枯るる怒濤海 野見山朱鳥 幻日
添へ竹をはなれ傾き菊枯るる 松本たかし
渓ぞひにたかまる大嶺冬枯るる 飯田蛇笏 春蘭
湖も北の果てなる浪や蘆枯るる 村山故郷
湖北村芦枯れ初めし入江あり 村山故郷
満山枯木かゝるがゆゑの樅の瑞 石塚友二 方寸虚実
満月を浴びて向日葵枯れきれず 岸田稚魚 負け犬
火口壁枯れ果つ底に湖たたへ 深見けん二
炎天に生身(いきみ)さらして生(なま)枯るる 中村苑子
無縁塔枯るるに河床ほりいそぐ 細谷源二 鐵
煙突二本枯るる早さの中に立つ 大野林火 白幡南町 昭和二十七年
熔岩の隠影地を穿ち枯れ初む野 上田五千石『田園』補遺
燃ゆる火のこだまをなさず山枯るる 野見山朱鳥 幻日
父と子の口笛合はず枯るる園 三橋鷹女
物枯るる音す次第に追ひつめらる 岸田稚魚 負け犬
犬の耳やはらかく山枯れつくす 岡本眸
狐の皮干されて枯るる野より悲し 橋本多佳子
猛禽のなにがし飛んで潟枯るる 上田五千石『天路』補遺
猫歩く枯山中にみごもりて 山口誓子
琴鳴るや本腰入れて枯るる蓮 秋元不死男
瓦斯工夫枯れきはみなき土を掘る 細谷源二 鐵
男低唱枯るる明りに鴉飼ふ 能村登四郎
畜生の糞こちこちに園枯るる 秋元不死男
白湯飲んで口かぐはしや枯るる中 大野林火 方円集 昭和四十九年
白菊の枯るるがままに掃き清む 松本たかし
盲い子つなぐ手盲学校の枯るる日に 古沢太穂 火雲
眉あげて吹く木菟笛よ枯るる山 佐藤鬼房
着陸す金色枯るる芦荻群 中村汀女
石濤の歩に従ひて草枯るる 相生垣瓜人 微茫集
祇園清水冬枯もなし東山 正岡子規 冬枯
神宮の萱山枯れて萱葺色 山口誓子
空あたらし枯れきつて幹かがやかに 鷲谷七菜子 銃身
空たれて炭地区の径蓖麻枯るる 飯田蛇笏 雪峡
空蒼し枯山枯れをはやすころ 飯田龍太
立ち枯るるものなつかしや百花園 山口青邨
立ち枯るるものに玉露冬の雨 山口青邨
立ち枯るるもの或る時のさびしとも 山口青邨
立ち枯るる秋草ほそし雪の園 山口青邨
立ち枯るる草じらみあり雪つもる 山口青邨
笹枯るる明さ山中猫さまよひ 橋本多佳子
箒の枝突出て枯るる縁の下 岡本眸
紅唇をとこしへ仏枯るるなり 大野林火 月魄集 昭和五十六年
累々と実をつけトマト立枯るる 右城暮石 句集外 昭和四十六年
縄文の人ら棲みしと野は枯るる 山口青邨
羊歯枯るるおどろはじまる柳生道 能村登四郎
美しく芒の枯るる仔細かな 富安風生
羽摶つものゐて冬枯に音つくる 上田五千石『琥珀』補遺
聴き澄めば冬枯音色す夜半のペン 石川桂郎 含羞
芒原枯れ初むる一峠あり 村山故郷
芙蓉先づ枯るる粛殺二天の書 林翔 和紙
芙蓉枯れ枯るるもの枯れつくしたり 富安風生
芝枯るる故宮宝冠も光秘め 山口青邨
芦枯るる柏まで行く女舟 山口青邨
花のごと魚腸を棄つる枯るる中 能村登四郎
花芒生けて枯るるに任せけり 相生垣瓜人 負暄
花野いまこんにやく畑枯るる時 細見綾子
草じらみ人につかんと立ち枯るる 山口青邨
草の枯るるにみそつちよ来たか 種田山頭火 草木塔
草木よりひと足先に人枯るる 鈴木真砂女 都鳥
草枯るるこのあえかなるくれなゐよ 山口青邨
草枯るる旅の質量の思いかな 永田耕衣
草枯るる猫の墓辺に猫遊び 松本たかし
草虱枯るる明るさ見いでたり 松村蒼石 雪
菊枯るるいのちあるゆゑ湧く泪 秋元不死男
菊枯るるわが書くもののなほつづく 山口青邨
菊枯るる都住ひの佗びしかり 木村蕪城 一位
菩提樹の実を呉れ去つて掌に枯るる 石川桂郎 高蘆
萩枯るるまろ葉まろ葉の黄ばみつつ 山口青邨
萩枯るる枯れ切らずして十二月 細見綾子
萩枯るる身につけしもの一切捨て 安住敦
萩枯るる風光り来る卓の上 岡本眸
葬花立つ一脚枯るる崖へ跳ね 岡本眸
蓮の葉の完きも枯れてしまひけり 村上鬼城
蓮枯るるすべて終るといふ相 富安風生
蓮枯るるにつけても鴨らまだ来ぬは 安住敦
蓮枯るるにつけても齢いとほしめ 安住敦
蓮枯るる傷つくは汝れのみならず 岡本眸
蓮枯るる弁才天は燭あまた 山口青邨
蓮枯るる満目の中黄の一葉 山口青邨
蓮枯るる蘇る日のなき如く 高田風人子
蓮枯るる黒面の鳰をどり出づ 山口青邨
蘆枯るる信濃川面に雪嶺の秀 森澄雄
虎を野に放つてふ言葉野は枯るる 山口青邨
虹立てり雪中の山枯れむとす 水原秋櫻子 残鐘
蜂の巣のいまはあらはに園枯るる 山口青邨
蟷螂とともに弓道場枯るる 鷹羽狩行
蟷螂の斧枯るるとき雲を掴む 橋閒石 卯
蟷螂の枯るる地に鉄塔を据ゑ 鷹羽狩行
裾山や根笹まじりに冬枯るゝ 正岡子規 冬枯
詩ごころ枯るるを怖れ目貼剥ぐ 鈴木真砂女 都鳥
足袋あかく槍俯きゆけり枯るる中 鷲谷七菜子 黄炎
跼みきりの人間を置き枯るる景 能村登四郎
蹇よ枯るる音する方へ歩む 岸田稚魚 負け犬
辻君の衾枯れたる木陰哉 正岡子規 冬枯
道灌の山吹の里も冬枯れぬ 正岡子規 冬枯
郵便脚夫に鴉は故旧枯山中 橋本多佳子
野の面の枯るるとききて吾亦紅 松村蒼石 雪
金棒のごとくにたらの立ち枯るる 福田蓼汀 秋風挽歌
鐘釣山に西東あり冬枯るる 村山故郷
障子に近く蘆枯るる風音 尾崎放哉 小豆島時代
雛を出す枯山つづく枯山中 橋本多佳子
電線がつなぐ電柱枯るる中 西東三鬼
霜枯るる都の高台人遅々と 飯田蛇笏 雪峡
頭から木賊の枯るる汀かな 石田勝彦 秋興
風澄みて棘より枯るる茨かな 松村蒼石 寒鶯抄
飴なめて舌の泉よ枯るる中 鷹羽狩行
高処より著るくも枯るる蘆を見ぬ 松村蒼石 雪
鮟鱇に大手ひろげて枯るるかな 斎藤玄 雁道
鰐口をうつへなへなと蓮枯るる 山口青邨
鳥うせて烟のごとく木の枯るる 富澤赤黄男
鳰隠る蘆の昏みも枯るる前 能村登四郎
鴛鴦泛いて人ひたぶるに枯るるかな 橋閒石 卯
鶏頭の枯るるにまかせ塞の神 佐藤鬼房

以上

by 575fudemakase | 2017-01-24 07:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26579614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング