枯葎 の俳句

枯葎 の俳句

枯葎

例句を挙げる。

あきらかに水動きけり枯葎 萩原麦草 麦嵐
あきらかに笑ふ手の見え枯葎 小島千架子
あたゝかな雨がふるなり枯葎 正岡子規
かれ葎かなぐり捨もせざりけり 一茶
この人に祷りせしのみ枯葎 百合山羽公 故園
こゝに来て聞ゆ呪文や枯葎 河野静雲 閻魔
しみじみと雨の降りこむ枯葎 澤 ゑい
そくそくと日脚が移る枯葎 豊長みのる
つぶやきて人のかへりし枯葎 下村槐太 天涯
つれ立ちて神来る音や枯葎 宇佐美魚目
ものの影ばさと置きたる枯葎 木下夕爾
ものゝ実の蔓もゆかしや枯葎 子規句集 虚子・碧梧桐選
もの音の沈みしづみて枯葎 飯田龍太
乗りついで遠くなる海枯葎 田中みち代
初午やいよいよ猛る枯葎 大峯あきら
初蝶のたち上りたる枯葎 高濱年尾 年尾句集
四五人の游女すみけり枯葎 妻木 松瀬青々
売惜む空地久しや枯葎 飄亭
天日にまどろみありぬ枯葎 櫛原希伊子
天河の奥へごつごつ枯葎 金子晴彦
念仏寺閉門となる枯葎 松本澄江
我影のうらうら濃さよ枯葎 水原秋桜子
朝々や掃きへらさるる枯葎 鶏二
松風のやゝのしづもりの枯葎 清水基吉 寒蕭々
枯葎とくとくと鳴る坂泉 角川源義 『神々の宴』
枯葎にびんの見えいる子守唄 北原志満子
枯葎の色も父なき日数かな 岸田稚魚 筍流し
枯葎ぽうと地中を賑やかに 永末恵子 発色
枯葎やうやく刈られ春めきし 龍胆 長谷川かな女
枯葎をとこの肘に日の射して 小島千架子
枯葎万の星浴び入坑す 浅川方銭
枯葎二月の雪を沈めたる 吉武月二郎句集
枯葎人ごゑともるごと過ぎぬ 古賀まり子 緑の野
枯葎伊豆の海鳴封じ込め 木下ふみ子
枯葎兎の出づる事も無し 尾崎迷堂 孤輪
枯葎嵩の減りゆく時雨かな 西山泊雲 泊雲句集
枯葎昼の時間をうすく置く 藤田湘子
枯葎望郷の碑に日のぬくみ 木村久美
枯葎杏雨へ杖を伐りし辺は 石川桂郎 高蘆
枯葎母の和服の黒澄めり 羽田貞雄
枯葎深々させる入日かな 深川正一郎
枯葎礫ふみわけ友の喪へ 欣一
枯葎落日の珠しづめたる 鷲谷七菜子 花寂び 以後
枯葎蝶のむくろのかゝりたる 富安風生
枯葎記憶の母がうずくまる 長谷川秋子
枯葎隠れもならず雀ども 実
枯葎馬車はいくとせ鉄運ぶ 石田波郷
母訪ふや上を袖行く枯葎 永田耕衣 與奪鈔
水音を聞きのがさじと枯葎 瀧澤宏司
満月にけぶるかたちの枯葎 福永耕二
燈台の裾風みゆる枯葎 柴田白葉女 花寂び 以後
生ながらいなご凍てゆく枯葎 月草
田を越えて鳥の隠るる枯葎 廣瀬直人
短日の雨音たてぬ枯葎 内藤吐天
秋雨や蜘蛛とぢて伏す枯れ葎 原石鼎
老人の覚え崩れの枯葎 永田耕衣 殺佛
色に出ぬ火を放ちけり枯葎 間石
色わろき月がでて居り枯れ葎 永田耕一郎
茂るさへ淋しきものを枯葎 太祇
負け犬の来て尿れるよ枯葎 楢江七郎
身心に鈴一個在り枯葎 枇杷男
酔眼を瞠きみひらき枯葎 石川桂郎 含羞
野良猫に金属かくす枯葎 北原志満子
金色の小菊入りぬ枯葎 耕衣
青き葉に集まる露や枯葎 素風郎
青き鳥ゐて枯葎さゆらぎす 石塚友二
静かさや日のさしとほす枯葎 松根東洋城
韓見えて元寇跡の枯葎 文挾夫佐恵
音立てて枯葎出る蜻蛉かな 桐明
鴎さへひそめて風の枯葎 草田男
鶺鴒の飛ぶを河とす枯葎 野村喜舟 小石川
もの音の沈みしづみて枯むぐら 飯田龍太
枯むぐら窯くづれては土となる 山野邊としを
枯むぐら赤子の声と思いけり 橋石 和栲
素浪人風に立ち枯れ棒葎 高澤良一 石鏡

枯葎 補遺

あたゝかな雨がふるなり枯葎 正岡子規 暖か
この人に祷りせしのみ枯葎 百合山羽公 故園
つぶやきて人のかへりし枯葎 下村槐太 天涯
もてなすと小鍋をどらす枯葎 岸田稚魚 負け犬
ものゝ實の蔓もゆかしや枯葎 正岡子規 枯葎
もの音の沈みしづみて枯むぐら 飯田龍太
今もなほ骨還りつく枯葎 加藤秋邨
先に逝かれて露葎枯葎 後藤比奈夫
刺生きて交れる茎や枯葎 阿波野青畝
女ゐて男は見えず枯葎 加藤秋邨
富士の丈けふ伸びてをり枯葎 森澄雄
少年の額遠ざかる枯葎 飯田龍太
山の風いきいきひそむ枯葎 飯田龍太
方寸に人馬攻めしよ枯葎 角川源義
有難き師走日和や枯葎 日野草城
枯むぐら掻いくぐり落つ霰かな 山口青邨
枯むぐら碑の欣一にひと会釈 角川源義
枯むぐら華やぎは陽に任せ置く 佐藤鬼房
枯むぐら赤子の声と思いけり 橋閒石 和栲
枯れ盡す葎の底の小松かな 正岡子規 枯葎
枯れ盡す葎の底の小笹かな 正岡子規 枯葎
枯葎 指傷の血は舐めおくまま 伊丹三樹彦
枯葎かさこそとして野鼠が 渡邊白泉
枯葎とくとくと鳴る坂泉 角川源義
枯葎ならぬ老猫靡く古朝 永田耕衣
枯葎の色も父なき日数かな 岸田稚魚 筍流し
枯葎より剥がす雀瓜一連 山田みづえ 草譜
枯葎をば出入する心の数 永田耕衣 物質
枯葎一つを存す賀客立ち 山口青邨
枯葎一ひらの梅ちりとまり 清崎敏郎
枯葎我が老髄のもぐる見ゆ 永田耕衣
枯葎昏れて繃帯巻き直す 橋閒石 卯
枯葎杏雨へ杖を伐りし辺は 石川桂郎 高蘆
枯葎蝶のむくろのかかりたる 富安風生
枯葎逝きしもののみ寧きかな 草間時彦 中年
枯葎雪目に求む辰雄の居 角川源義
枯葎馬車はいくとせ鉄運ぶ 石田波郷
母訪ふや上を袖行く枯葎 永田耕衣
流氷来海叫喚の枯葎 角川源義
火を挙げて男は厚し枯葎 能村登四郎
田を越えて鳥の隠るる枯葎 廣瀬直人 帰路
納屋の太り伸びゐし枯葎 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
紺青の空果てとなす枯葎 飯田龍太
色に出ぬ火を放ちけり枯葎 橋閒石 和栲
色をなすもの一二穂枯葎 上田五千石 琥珀
花挿して小声のとほる枯葎 飯田龍太
葎枯れたれば一炬に附せしなり 阿波野青畝
葎枯れて雲わき起る石のあたり 正岡子規 枯葎
賞与使ひ果しぬ雨の枯葎 草間時彦 中年
赤い羽根かかりいつまでも枯葎 山口青邨
跳びこみしより犬荒ぶ枯葎 伊丹三樹彦
軍鶏の光るまなこや枯葎(伊勢志摩、大王崎) 細見綾子
道の邊や枸杞の實赤き枯葎 正岡子規 枯葎
酔眼を瞠きみひらき枯葎 石川桂郎 含羞
金色の小菊入りぬ枯葎 永田耕衣
雉を打つ人ひそみけり枯葎 正岡子規 枯葎

以上

by 575fudemakase | 2017-01-24 15:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26580445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング