枯尾花 の俳句

枯尾花 の俳句

枯芒

例句を挙げる。

あり余ることばの果ての冬芒 政野すず子
うちなびき音こそなけれ枯芒 茅舎
うつら~雪に照る日や枯芒 中島月笠 月笠句集
おだやかにぬくき日のあり枯尾花 高橋淡路女 梶の葉
かぜはみな松に戻りて枯尾花 井上井月
かろうどや蓋の透きより枯薄 中村史邦
さゞなみは影をつくらず枯尾花 渡邊水巴 富士
つい~と黄の走りつつ枯芒 虚子
ともかくもならでや雪の枯尾花 芭蕉 選集古今句集
ともかくも風にまかせてかれ尾花枯尾花 千代尼
なき骸を笠に隠すや枯尾花 其角 (芭蕉翁悼)
ふり返る夕日の高さ枯尾花 稲畑汀子
みみづくに変りかけゐて枯芒 照敏
わが影が消えてあたりの枯芒 阿部みどり女 笹鳴
わが頬にふれてあたたか枯芒 青邨
ボートひとつ富士へ漕ぎ出す冬芒 百合山羽公 故園
七湯の烟淋しや枯芒 子規句集 虚子・碧梧桐選
中天の日の光浸み枯尾花 原石鼎 花影以後
亡帥亡夫触れて真綿の冬芒 殿村莵絲子 雨 月
人うめし印の笠や枯芒 内藤鳴雪
人の告げし芭蕉塚あり枯芒 細谷柚翁
人通りふと賑やかに枯尾花 波多野爽波 鋪道の花
佐渡を見る人来て坐わる枯芒 普羅
何のかの便りの風や枯芒 蓬山 (芭蕉追善)
俳諧の骨拾はうよ枯尾花 尾崎紅葉
冬芒せかずなづまず水流る 上田五千石 田園
冬芒なびき止みしは翳のごと 山口草堂
冬芒位牌歯みつけて日があそぶ 磯貝碧蹄館 握手
冬芒日は断崖にとどまれり 岡田日郎
冬芒明星は翔びはじめけり 堀口星眠 青葉木菟
冬芒未曾有の光流れけり 進藤一考
冬芒猟銃音を肩すかし 百合山羽公 寒雁
冬芒顔やはらかくまはしけり 八木林之介 青霞集
分け入りて風音も又枯尾花 稲畑汀子 汀子第三句集
分去れの右さらしなへ冬芒 鈴木しげを
切株に虚空さまよふ枯尾花 石鼎
初蝶の枯芒より高き日に 阿部みどり女
化野の寂光退さる枯尾花 角田独峰
千葉どのゝ假家引ケたり枯尾花 蕪村 冬之部 ■ うかふ瀬に遊びて、むかし栢莚が此所にての狂句を思ひ出て、其風調に倣ふ
原中に風一筋や枯尾花 吟江
合流をはたしての緩冬芒 上田五千石(1933-97)
吹きあてゝこぼるゝ砂や枯芒 松本たかし
吹き抜けし風のぬけがら枯尾花 長山あや
嘱目に枯尾花あり初句会 富安風生
姥捨山あたりは雨か冬すすき 勝又木風雨
嫁とりし狐が顔や枯尾花 会津八一
尾を強くふりゆく馬や枯芒 高橋淡路女 梶の葉
山宿の外温泉通ひや枯尾花 松尾緑富
山風に痩せゆくばかり枯芒 大橋敦子 手 鞠
岩に生ひて松の勁さよ枯芒 島村元句集
岩山の崩れし跡や枯尾花 寺田寅彦
巌山の霜枯すすき空およぎ 太田鴻村 穂国
川幅を追ひつめてゆく枯芒 鷲谷七菜子 游影
川狭く板橋高し枯尾花 正岡子規
年越して立つ枯芒おそろしき 平井照敏
御料地の名馬嘶く枯尾花 寺田寅彦
御陵の前きらきらと枯芒 成瀬正とし 星月夜
我も死して碑に辺(ほとり)せむ枯尾花 蕪村
折れてなほ日に華やげり冬芒 岡田日郎
振り向けば山見ゆるなり枯芒 龍男
捌けたる人のごとくに芒枯れ 高澤良一 随笑
日にとくる霜の白さや枯芒 原石鼎
日に映ずほうけし薄枯ながら 夏目漱石 明治三十一年
日の芒枯れつくすより影揃ふ 鷲谷七菜子 雨 月
昃りて風の起りし枯芒 佐々木 小夜
是より西共同墓地や枯尾花 寺田寅彦
月一つ隠しかねたり枯尾花 買明
本堂の後ろの山の枯芒 比叡 野村泊月
東風吹くや尚砂山の枯芒 野村喜舟 小石川
枯すすき海はこれより雲の色 静塔
枯すすき端山の月の昼のぼる 太田鴻村 穂国
枯すすき逃げて来し犬わがほとり 草田男
枯すすき雲より落ちて夕日あり 木津柳芽
枯すすき風より早き霧襲ふ 足立原斗南郎
枯すすき風吹けば子ら顯はるる 高橋沐石
枯れ芒枯れ極まりて紅走る 広瀬一朗
枯尾花いちめんの日に酔ふことなし 高澤良一 燕音
枯尾花に赤い提灯さしつけたり 北原白秋
枯尾花ばかりの小山鳥も鳴かず 梅沢墨水
枯尾花天城颪に揺れやまず 武田光子
枯尾花息やすやすと過ぎにけり 稚魚
枯尾花放せし絮も光りつゝ 河野美奇
枯尾花日光富士を消しにけり 渡邊水巴 富士
枯尾花景の終焉ならざりし 稲畑汀子 春光
枯尾花淋しきことも夢の如 杞陽
枯尾花狐の祭のはじまりぬ 伊藤 梢
枯尾花眉うすくなる身のほとり 浅本紅雨
枯尾花編み込まれあり炭俵 井桁敏子
枯尾花醜き小町臥りけり 高井几董
枯尾花野守が鬢にさはりけり 蕪村遺稿 冬
枯芒かさりかさりと夜明けたり 一茶
枯芒ただ輝きぬ風の中 汀女
枯芒におはす後の一仏 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
枯芒むかし婆ゝ鬼あつたとさ 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
枯芒刈りふせてありこと~く 久保田万太郎 草の丈
枯芒刈れば日あたる堤かな 長谷川かな女 雨 月
枯芒北に向つて靡きけり 夏目漱石 明治三十二年
枯芒北へ北へと身を寄せる 船水ゆき
枯芒日を押込まれまだ燃えぬ 林 翔
枯芒比丘尼平と聞くからに 山口青邨
枯芒洩れ日あたりてそよぎけり 前田普羅 飛騨紬
枯芒狩場の割符拾ひけり 青嵐
枯芒訪ね行くべき仔細なし 公平
枯芒霜の夜頃は寒からめ 寺田寅彦
根に残る力や雪の枯尾花 古白遺稿 藤野古白
根は切れて極楽にあり枯尾ばな枯尾花 千代尼
母の忌の烈火のごとき枯尾花 河原枇杷男 蝶座
気をつけて見るほど寒し枯すすき 杉風 極 月 月別句集「韻塞」
水の後に水はつづけり冬芒 千代田葛彦 旅人木
水際の日に~遠し枯尾花 暁台
汚れ犬白尾がゆたか枯芒 香西照雄 素心
流水に緩急のあり枯薄 福田蓼汀 秋風挽歌
浄く老いむ無風の愛の枯芒 林翔 和紙
火の山へ芒枯れゆき妻恋し 杉山岳陽 晩婚
火の玉の夕日を包む枯尾花 殿村菟絲子 『樹下』
焚て又手向となれや枯尾花 沾峨 (炉辺独坐)
煤煙に黒ずみあはれ枯芒 高浜虚子
父か世にかはらぬ色や枯尾花 維駒 (父か病中の吟を見て往事を思ふ)
狐火の燃えつくばかり枯尾花 蕪村
生きてまた絮あたたかき冬芒 橋本多佳子
生けありし枯芒絮とばしもす 高浜年尾
田村丸の祀れる鬼や枯薄 菅原師竹句集
相好をくづさず入る日冬芒 中拓夫
石佛の慈顔片照る冬芒 下村ひろし 西陲集
磯釣が魚負ひのぼる枯芒 秋櫻子
秋去ていく日になりぬ枯尾花 蕪村遺稿 冬
秋風の仕入たを見よ枯尾花 野澤凡兆
絶海の島頂に枯すすき 品川鈴子
翁顔の昼月泛べ冬芒 佐野美智
耐へるともなき冬芒まだ元気 橋本榮治 越在
自在とは風よりかるき枯尾花 山口いさを
舟慕ふ淀野の犬や枯尾花 几董
芒枯れくつくつ笑ふ山河あり 齋藤愼爾
芒枯れし池に出づ工場さかる音を 河東碧梧桐
芒枯れつくして年も了りけり 久保田万太郎 流寓抄
芒枯れ少しまじれる蘆も枯れ 波多野爽波 『鋪道の花』
芒枯れ尽くして風の粗くなる 三浦光児
落柿舎のひとむら芒枯れにけり 鬼城
薄日とは余命にも似て枯芒 中村田人
藁塚のつゞく堤や枯芒 高田蝶衣
蘇る水の稲妻枯尾花 斎藤玄
血を吸うて冬芒より離れけり 花尻 万博
路傍の石に夕日や枯すすき 鏡花
遁れ来しわが息ながす冬芒 藤田湘子
鏡とらば二つの鬢や枯尾花 黒柳召波 春泥句集
陽だまりや野梅が下の枯尾花 大谷句佛 我は我
雨になる風の重さよ枯尾花 長谷川 耕畝
雨よりも細き穂に揺れ冬芒 長山あや
雲上に嶺ありにけり冬芒 田中澄子
雲雲を逐ふ枯すすき兵征かしむ 太田鴻村 穂国
靡くなり須磨の上野の枯尾花 高田蝶衣
風の音通りゆくとき枯芒 稲畑汀子 汀子第二句集
風止めば日をたくはへて枯芒 只野柯舟
風速もきのふと同じ冬芒 百合山羽公 寒雁
馬塚を馬が嗅ぎをり枯薄 出沢寿美子
駈け巡る夢のほとりに枯尾花 高澤良一 燕音
鰊番屋空を抱き込む枯すすき 角川春樹
龍胆を見付けてうれし枯尾花 半残 (先師懐旧)
枯れすすき伏しては兎走らする 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
風招き夕陽送りて枯れ芒 高橋利雄
どこに身を置くや万目枯れすすき 苑子
愁ふるとなくたのしまず枯れすすき 蛇笏

枯芒 補遺

うしろから吹く風多し枯薄 正岡子規 枯薄
うちなびき音こそなけれ枯芒 川端茅舎
からけたる繩のゆるみや枯芒 正岡子規 枯薄
さゞなみは影をつくらず枯尾花 渡邊水巴 富士
とかくして枯れた芒に油斷すな 正岡子規 枯薄
どこに身を置くや万目枯れすすき 中村苑子
ひもじさもなつかしきかな冬芒 右城暮石 句集外 昭和二十二年
ふじのせた添水動かす枯尾花 正岡子規 枯薄
ふるさとの芭蕉に逢ひぬ枯尾花 角川源義
むきくせのついて其まゝ枯尾花 正岡子規 枯薄
わが庭に枯芒とはそれもよし 山口青邨
わが頬にふれてあたたか枯芒 山口青邨
ボートひとつ富士へ漕ぎ出す冬芒 百合山羽公 故園
七湯の烟淋しや枯芒 正岡子規 枯薄
世の中を悟つて枯れる薄哉 正岡子規 枯薄
中天の日に嶮峻の枯芒 山口青邨
中天の日の光浸み枯尾花 原石鼎 花影以後
人埋めし印の笠や枯芒 内藤鳴雪
人通りふと賑やかに枯尾花 波多野爽波 鋪道の花
今晩は今晩は枯芒原 佐藤鬼房
冬芒せかずなづまず水流る 上田五千石 田園
冬芒余さずに日の射しわたり 廣瀬直人
冬芒幡なす加勢子を発たす 橋本多佳子
冬芒洗ひざらしの軽さして 右城暮石 天水
冬芒猟銃音を肩すかし 百合山羽公 寒雁
冬芒陸なしの北さらにさびし 上田五千石『琥珀』補遺
冬薄去なむとするや絮はなつ 能村登四郎
分け入りて風音も又枯尾花 稲畑汀子
切株に虚空さまよふ枯尾花 原石鼎 花影
初蝶のさはれば折れる枯薄 正岡子規 初蝶
古塚に行きあたりけり枯薄 正岡子規 枯薄
古道や馬糞日の照る枯芒 正岡子規 枯薄
合流をはたしての緩冬芒 上田五千石 森林
吹き当ててこぼるる砂や枯芒 松本たかし
塩竃の大臣想へば枯尾花 佐藤鬼房
寝食や今日のすみずみ枯尾花 斎藤玄 狩眼
尾花枯て石あらはるゝ箱根山 正岡子規 枯薄
尾花枯て砂利ほる丘に鴉鳴く 正岡子規 枯薄
尾花枯れて石あらはれぬ墓か否か 正岡子規 枯薄
居風呂を焚くや古下駄枯芒 正岡子規 枯薄
山山はおのれ満ち足り冬芒 森澄雄
川よりも山路につよし枯尾花 正岡子規 枯薄
川口に外海ひびき芒枯る 村山故郷
川幅を追ひつめてゆく枯芒 鷲谷七菜子 游影
川狹く板橋高し枯尾花 正岡子規 枯薄
年越して立つ枯芒おそろしき 平井照敏 猫町
幼年の日の片ゑくぼ枯尾花 佐藤鬼房
愁ふるとなくたのしまず枯れすすき 飯田蛇笏 家郷の霧
戀塚や薄は枯れて牛の糞 正岡子規 枯薄
招く手はなけれど淋し枯薄 正岡子規 枯薄
日にとくる霜の白さや枯芒 原石鼎 花影
日の芒枯れつくすより影揃ふ 鷲谷七菜子 銃身
昼月や白が気になる冬芒 星野麥丘人
暖房車野の枯芒見て眠し 山口青邨
枯すすき枯れつくしたる雪のふりつもる 種田山頭火 草木塔
枯すすき海はこれより雲の色 平畑静塔
枯れすすきかさへるばかり岨の雨 飯田蛇笏 白嶽
枯尾花こゝらよ昔不破の關 正岡子規 枯薄
枯尾花すつくと孤立せるがあり 佐藤鬼房
枯尾花にて終りたる絵巻かな 阿波野青畝
枯尾花倒れては日を失ふよ 岡本眸
枯尾花夕日とらへて華やげる 稲畑汀子
枯尾花姥のやうにて恐ろしき 正岡子規 枯薄
枯尾花息やすやすと過ぎにけり 岸田稚魚 筍流し
枯尾花日光富士を消しにけり 渡邊水巴 富士
枯尾花水なき川の廣さかな 正岡子規 枯薄
枯尾花燒場へ曲がる小道かな 正岡子規 枯薄
枯尾花風吹き絶えて月もなし 正岡子規 枯薄
枯尾花風吹暮て月もなし 正岡子規 枯薄
枯芒さすが女に髯はなし 正岡子規 枯薄
枯芒とて一山をゆるがしぬ 稲畑汀子
枯芒なるべし駱駝色の山 右城暮石 句集外 昭和五十四年
枯芒の一本づつに日当れる 桂信子 花影
枯芒ばかりの山の田の中に 山口青邨
枯芒もいまだ刈らずに年用意 山口青邨
枯芒刈つて残りし縄囲ひ 高野素十
枯芒夕日退きつゝありぬ 高浜年尾
枯芒思ひ死ニの墓と記すべし 正岡子規 枯薄
枯芒比丘尼平と聞くからに 山口青邨
枯芒洩れ日あたりてそよぎけり 前田普羅 飛騨紬
枯芒海苔の襖の中にかな 清崎敏郎
枯芒脚下に樅の梢かな 川端茅舎
枯芒障子開くれば吾を招く 正岡子規 枯薄
枯萩は刈り枯芒存せしめ 清崎敏郎
枯薄こゝらよ昔不破の關 正岡子規 枯薄
枯薄乱るるさまに日のまとも 桂信子 花影
枯薄人呼ぶ茶屋の婆もなし 正岡子規 枯薄
枯薄胡人五十騎ばかり行く 正岡子規 枯薄
此道や只枯芒馬の糞 正岡子規 枯薄
水ありて暮光ただよふ冬芒 上田五千石『田園』補遺
水鳥の四五羽は出たり枯尾花 正岡子規 水鳥
汚れ犬白尾がゆたか枯芒 香西照雄 素心
流水に緩急のあり枯薄 福田蓼汀 秋風挽歌
浄く老いむ無風の愛の枯芒 林翔 和紙
湯の客に地獄あまたや冬芒 角川源義
瀬の音の調をかゆる枯芒 山口青邨
熔岩原に吹かれどほしの枯芒 高浜年尾
狼のふみゆく音や枯尾花 正岡子規 枯薄
生きてまた絮あたたかき冬芒 橋本多佳子
産むものの目の枯尾花倒るべし 斎藤玄 狩眼
白日とある白頭の枯尾花 松本たかし
白白と脆き岩なり枯芒 松本たかし
真二つに大巖割れし枯芒 清崎敏郎
砂村や茶屋のかたへの枯尾花 正岡子規 枯薄
磯釣が魚負ひのぼる枯芒 水原秋櫻子 霜林
耳に来し虫ふり払ふ冬芒 後藤比奈夫
芒枯れて千年の野狐石に化す 正岡子規 枯薄
芒枯れ夜木莵徳利に濁酒なし 水原秋櫻子 玄魚
芒枯れ少しまじれる芦も枯れ 波多野爽波 鋪道の花
芒枯れ時間忘れてしまひけり 岡本眸
芒枯れ細りきつたる麗かさ 川端茅舎
芭蕉忌に笠きせて見はや枯尾花 正岡子規 枯薄
花芒枯れにちかくて十三夜 森澄雄
花薄百萬石を枯れにけり 正岡子規 枯薄
菅笠をかぶせて見ばや枯尾花 正岡子規 枯薄
萩刈りし庭のかなたや枯芒 正岡子規 枯薄
蘇る水の稲妻枯尾花 斎藤玄 狩眼
行秋の立徃生や枯尾花 正岡子規 枯薄
誰が夢の骸骨こゝに枯芒 正岡子規 枯薄
遁れきてわが息流す冬芒 藤田湘子 途上
遠巻きに吾等もてなす冬芒 右城暮石 句集外 昭和四十三年
野狐死して尾花枯れたり石一つ 正岡子規 枯薄
鐵砲に兎かけたり枯薄 正岡子規 枯薄
頭の中の闇があふるる枯尾花 斎藤玄 狩眼
風の音通りゆくとき枯芒 稲畑汀子
風も動かず芒を見れば枯れにけり 正岡子規 枯薄
風速もきのふと同じ冬芒 百合山羽公 寒雁
馬の尾に折られ折られて枯尾花 正岡子規 枯薄
鮒つりやさはれば折れる枯尾花 正岡子規 枯薄
鴨ねるや舟に折れこむ枯尾花 正岡子規 鴨
鷺谷に一本淋し枯尾花 正岡子規 枯薄

枯芒 続補遺

うつくしう人もかうなれ枯尾花 鈴木道彦
おそろしうなりて入日や枯尾花 魚日
かる~とした日和なり枯尾花 田川鳳朗
かろうどや蓋の透より枯薄 史邦
けふみむと門に残すや枯尾花 成田蒼虬
さうあつたかうあつた物を枯尾花 知足
さびしさをはなれて久し枯尾花 成田蒼虬
さびしみのうつりひゞきや枯尾花 卓池
しぐれけり宿のはづれの枯薄 除風
すご~と暮かゝりけり枯尾花 木導
なきがらを笠に隠すや枯尾花 其角
まつに添ふて死れもせずや冬芒 鈴木道彦
まぼろしの一むかし也枯尾花 塵生
りんどうをみつけて嬉し枯尾花 半残
出雲迄里はいく里枯尾花 松窓乙二
君が代と見るや野山の枯尾花 成田蒼虬
小坊主も旅人なれや枯薄 配力
山伏を野間に見るや枯薄 知足
川べりはまだ相模なり枯尾花 田川鳳朗
我も死して碑に辺せむ枯尾花 与謝蕪村
振り切りて無い袖寒し枯尾花 素丸 素丸発句集
散はせで舞て仕舞ぬ枯尾花 田川鳳朗
月ひとつかくしかねたり枯尾花 買明 靫随筆
枯尾花まじる小柴のさむさ哉 木導
枯尾花醜き小町臥りけり 高井几董
狐火の燃えつくばかり枯尾花 与謝蕪村
秋風の仕入たを見よ枯尾花 凡兆
空也寺や町から見ゆる枯尾花 桜井梅室
耳に入それさへ遠し枯尾花 水語 ふるすだれ
芥火の烟の中に枯尾花 加藤曉台
荒る日はみなすましけり枯尾花 卓池
通り犬身をうかゞひて枯尾花 百里
鏡とらば両の鬢や枯尾花 黒柳召波
鵆啼く川洲の芒枯れにけり 栗田樗堂

以上

by 575fudemakase | 2017-01-24 16:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26580465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

稲稔る の俳句
at 2017-09-10 10:53
秋気 の俳句
at 2017-09-08 13:14
紅葉づ の俳句
at 2017-09-06 08:03
紋白蝶 の俳句
at 2017-09-06 07:54
初風(秋の) の俳句
at 2017-09-04 13:25

外部リンク

記事ランキング