枯菊 の俳句

枯菊 の俳句

枯菊

例句を挙げる。

あまつさへ枯菊に雨そそぎけり 安住敦
いつか見し姿のまゝに菊枯るゝ 今井つる女
いつしかに悔も残らず菊枯れし 汀女
いつの続きか枯菊を眼は見つつ 斎藤玄
かの人に逢はざりしより菊枯るる 成瀬桜桃子 風色
しじみ汁菊枯れし宿の蔀越 室生犀星 犀星発句集
ぬぎ捨つる供華の枯菊にほひけり 河野静雲 閻魔
ひそかなる枯菊に年改る 松本たかし
ぼろぼろの身を枯菊の見ゆる辺に 福永耕二
もの枯るゝ中に菊枯るあきらかに 池上浩山人
よせてある枯菊も焚き初竃 田村木国
モナリザはいつもの如し菊枯るる 山口青邨
乾鮭や焚く枯菊の薄畑 石井露月
人佇ちてはたと枯菊暗くなる 阿部みどり女 『石蕗』
他人の家の枯菊焚いてみたきかな 上野さち子
伏せ籠に矮鶏の子育ち菊枯るる 新海りつ子
傘乾せば集まる蠅や菊枯るゝ 金尾梅の門 古志の歌
僅か焚く枯菊思ひあまたなり 古賀まり子 降誕歌
共に焚かれ枯菊と縄似てしまふ 桂信子 黄 瀬
別るるに枯菊焚いてくれしかな 吉田紫乃
南のよき日当りの菊枯るゝ 楠目橙黄子 橙圃
命ありて佇む影を枯菊に 阿部みどり女 『雪嶺』
夏菊として枯菊に移りゆく 相生垣瓜人 微茫集
夕づつの珠と懸りて菊枯るる 山本歩禅
大方の菊枯れ尽きて黄菊かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
妻に縋る起居や枯菊枯れしまゝ 小林康治 玄霜
家家の枯菊捨てぬ滑川 松本たかし
富士に雪三度来て菊枯れにけり 萩原麦草 麦嵐
年盡るまで枯菊を守りけり 石井露月
庭下駄を用意枯菊焚く用意 稲畑汀子
弱き日の柊を洩れ枯菊に 阿部みどり女
掃き納め又掃き始む枯菊に 松本たかし
日の微塵風の微塵に菊枯るる 田畑美穂女
日輪のがらんどうなり菊枯るゝ 鶏二
月の出よ枯菊のこの賑はひは 岸本尚毅 舜
枯れ菊やすでに仏の貌をして 石川文子
枯果し菊にはなやぐ朝日かな 松藤夏山 夏山句集
枯芭蕉枯菊その他あるまゝに 松本つや女
枯菊がいま音たてゝゐる焚火 高木晴子 晴居
枯菊が見てゐる村の冬仕度 有働亨 汐路
枯菊となりてののちの日数かな 安住敦
枯菊とゝもに焚きたる何々ぞ 久保田万太郎 草の丈
枯菊と言い捨てんには情あり 松本たかし
枯菊にあたり来し日をなつかしむ 清原枴童 枴童句集
枯菊になほ大輪の誇あり 下村梅子
枯菊になほ愛憎や紅と黄と 久保より江
枯菊に一天の碧ゆるみなし 福田蓼汀 秋風挽歌
枯菊に冬の蝿居て庭掃除 青々
枯菊に刈り頃の色渡りけり 青木重行
枯菊に初雪すこしふりにけり 桑村竹子
枯菊に午前の曇り午後の照り 桂信子 黄 瀬
枯菊に寿像みづから刻む翁 四明句集 中川四明
枯菊に尚色といふもの存す 高浜虚子
枯菊に帚塵取休みをり 阿部みどり女 月下美人
枯菊に来らずなりし狐かな 高浜虚子
枯菊に此の廬の窓を修すなし 雑草 長谷川零餘子
枯菊に炎とび~とび燃ゆる 素十
枯菊に点じてはやき火のまはり 棚山 波朗
枯菊に着綿程の雲もなし 子規
枯菊に草履落とすや外厠 龍胆 長谷川かな女
枯菊に藍玉くだく筵かな 烏不關句集 織田烏不關、吉田冬葉選
枯菊に虹が走りぬ蜘蛛の糸 松本たかし
枯菊に触れて立ちたる埃かな 上野泰 佐介
枯菊に鏡の如く土掃かれ 星野立子
枯菊に隈なき月や寝ぬるとき 五十嵐播水 埠頭
枯菊に雲洩る日さへながりけり 木下夕爾
枯菊に風過ぎて香の立ちにけり 岸田稚魚 筍流し
枯菊に馬は毛深き首を垂れ 北原志満子
枯菊ぬけば枯蓼のみの虫細音 島村元句集
枯菊のくれなゐふかき久女の忌 林十九楼
枯菊のつかねほぐせば青葉あり 瓜燈籠 西村白雲郷
枯菊のもゆる火中に花触れあふ 天野莫秋子
枯菊の一畝のなほ残りけり 高浜年尾
枯菊の匂ひもあらず人ゆきぬ 室生犀星 犀星発句集
枯菊の唐草模様土に描き 上野泰 佐介
枯菊の土に鍬打つ日ありけり 尾崎迷堂 孤輪
枯菊の影ひきそふや干炭団 田中王城
枯菊の打ち重なりて色失せず 森山 治子
枯菊の日矢まとひたる微塵かな 小林康治 玄霜
枯菊の水にうつりて色香なし 青邨
枯菊の火のほゝほゝと燃え終る 大橋敦子 手 鞠
枯菊の焚かるる束の軽さかな 園池 澄子
枯菊の焚かれて終の香を放つ 佐藤信子
枯菊の焚くときの来て焚かれけり 小林康治 『華髪』
枯菊の焚くほどもなきほどの嵩 堀江多真樹
枯菊の燃えるさなかは花より美し 河野南畦 『焼灼後』
枯菊の終に刈られぬ妹が手に 岡本松浜(1879-1939)
枯菊の終の香りは火の中に 桂信子 黄 瀬
枯菊の臙脂の色を焚きにけり 皆川白陀
枯菊の色失ひてなほ高し 櫻内玲子
枯菊の色無き上に日のひかり 岩田由美
枯菊の薫るや焚くに先んじて 千代田葛彦
枯菊の鉢に光陰矢のごとし 五十嵐播水 埠頭
枯菊の雨にぬれゐし宿を借る 田中冬二 俳句拾遺
枯菊の香を愛しともむなしとも 西島麦南
枯菊へ疲れたる目のゆくならひ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
枯菊も干煎餅もからからに 軽部烏帽子 [しどみ]の花
枯菊も芥のひとつ水に浮き 桂信子 黄 瀬
枯菊やこころ一掬づつ会ふも 赤松子
枯菊やこまかき雨のゆふまぐれ 日野草城
枯菊やごぼりととれて鉢の土 安藤橡面坊
枯菊やつむりふたつの二上山 藤田あけ烏 赤松
枯菊や凍たる土に立ち尽す 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯菊や北斗も嵯峨も打ちまじり 阿部みどり女
枯菊や墓原道の草の中 寺田寅彦
枯菊や我徒の選集出づるよし 尾崎迷堂 孤輪
枯菊や日々にさめゆく憤り 萩原朔太郎
枯菊や日落つる影を地に守り 裸馬
枯菊や木意なき別れ君知らず 雉子郎句集 石島雉子郎
枯菊や桃の落葉に埋もるゝ 西山泊雲
枯菊や梳きもてあそぶ母の髪 篠田悌二郎 風雪前
枯菊や洗ひし筆を軒に吊り 遠藤梧逸
枯菊や籠花活の蜘蛛のいと 森鴎外
枯菊や落葉をくゞる洗ひ水 松藤夏山 夏山句集
枯菊や雨きて鶏の冠動く 飯田蛇笏 山廬集
枯菊や馬洗ふ湯の流れ入る 古白遺稿 藤野古白
枯菊や馬鹿長きホースとぐろ巻く 野村喜舟
枯菊をたばね捨てあり滑川 星野立子
枯菊をつつむ薄日の情かな 今泉貞鳳
枯菊をひとり焚くさへ心の喪 安住 敦
枯菊をまろび出でたる雀かな 波多野爽波 鋪道の花
枯菊を刈らんとおもひつゝ今日も 西島麥南
枯菊を刈るや青空凛と張り 和泉伸好
枯菊を剪るうす埃あがりけり 富安風生
枯菊を抜いて暖冬の日あまねし 内藤吐天 鳴海抄
枯菊を残らず刈りて春を待つ 阿部みどり女 笹鳴
枯菊を沈めて高き焔かな 藤崎久を
枯菊を焚いて主客の心別 高濱年尾 年尾句集
枯菊を焚いて師走の閑にあり 木村蕪城 一位
枯菊を焚いて忌日の手向けとも 太田きん子
枯菊を焚いて旧家を取り毀す 福原紫朗
枯菊を焚いて黄泉の火起しけり 石原八束 仮幻の花
枯菊を焚いて鼻澄む夕べかな 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯菊を焚きたるあとの月夜かな 角川春樹
枯菊を焚きたる灰のあがりけり 久保田万太郎 草の丈
枯菊を焚きつゝおもふこと一つ 久保田万太郎 草の丈
枯菊を焚きてこの世に遊びをり 織田 道子
枯菊を焚きてとぶらふ忌日かな 篠塚兆秋
枯菊を焚きて一書に対すかな 大橋敦子 匂 玉
枯菊を焚きて母なる地を焦す 大橋敦子 手 鞠
枯菊を焚きて焔に花の色 深見けん二
枯菊を焚き培ひしもの失する 大橋敦子 手 鞠
枯菊を焚き天よりの声を待つ 小川双々子
枯菊を焚き尽し老とどまらず 殿村莵絲子 雨 月
枯菊を焚き島岬けぶらしぬ 大橋敦子
枯菊を焚き来しにほひ母の髪 古賀まり子 緑の野以後
枯菊を焚き萩を焚き自愛かな 蓼汀
枯菊を焚き鎮めたる怒かな 中村春逸
枯菊を焚くてふことにかゝはりぬ 風生
枯菊を焚くなり淡き火を期して 相生垣瓜人 微茫集
枯菊を焚くやつひの香昇天す 大橋敦子 手 鞠
枯菊を焚くや冬心そゞろなる 西島麦南 人音
枯菊を焚く世の隅の寒さかな 小林康治 『叢林』
枯菊を焚く人とほく咳きゐたり 石原舟月
枯菊を焚く光陰を火種とし 村本畔秀
枯菊を焚く影に櫛落しけり 長谷川双魚 風形
枯菊を焚く枯菊のかをりかな 照敏
枯菊を焚く美しき焔揚げ 浩山人
枯菊を燃し一通の手紙燃す 辻田克巳
枯菊を燃やす為すなき日の終り 鷹羽狩行 五行
枯菊焚き夕栄えを妻ことさら言ふ 村越化石
枯菊焚き菊のいのちの匂ひけり つじ加代子
枯菊焚くうしろの山の暗さ負ひ 長沼紫紅
枯菊焚くためらひは愛の変身か 河野多希女 彫刻の森
枯菊焚く娘あれども遠く置き 成瀬桜桃子 風色
枯菊焚く棒が自在に火を叱る 河野南畦 『焼灼後』
枯菊焚く身は執着の重たさよ 河野多希女 こころの鷹
消えざるよ枯菊抜きし掌の汚れ 成瀬桜桃子 風色
添へ竹をはなれ傾き菊枯るる 松本たかし
火のはしるより枯菊の香に立てる 大橋敦子
火の中に枯菊の花沈みけり 杞陽
炎中焚く枯菊のまだ燃えず 上野泰 佐介
炭屑に小野の枯菊にほひけり 几董
炭斗に炭まだ小出し菊枯るる 中村汀女
畑をめぐりて菊枯るゝ戸に年賀かな 大谷句佛 我は我
白猫の綿の如きが枯菊に 松本たかし
眼に涙張り枯菊の力見る 齋藤玄 『雁道』
祖母活けし菊枯れずあり祖母死後も 小澤實
舟着くやいとも小さき枯菊に 岸本尚毅 舜
菊枯らす雪がふりたる夜の富士 萩原麦草 麦嵐
菊枯るるいのちあるゆゑ湧く泪 秋元不死男
菊枯るる都住ひの佗びしかり 木村蕪城 一位
菊枯るゝ地表の色となり果てゝ 大橋敦子 手 鞠
菊枯れしまま年を越し雨にうたれをる シヤツと雑草 栗林一石路
菊枯れたり垣はあれどもまたぐも可 高田蝶衣
菊枯れていよよ緊まれる海の紺 松本三千夫
菊枯れてけふ麗日の虻多し 篠田悌二郎 風雪前
菊枯れてこまごまと日の当るかな 山本けんじ
菊枯れてしばし花壇のわかれかな 森鴎外
菊枯れてちぢこまりたる庭の石 上村占魚 『石の犬』
菊枯れてほしいまゝなる子の熟睡 大町糺
菊枯れてゆく三日月の高さかな 萩原麦草 麦嵐
菊枯れてゆく時間なるノクターン 丸山南石
菊枯れてわれまたやがて焼かれる身 折笠美秋
菊枯れて人の生涯見る如し 阿部みどり女
菊枯れて其後訪はず健なりや 仙波花叟
菊枯れて冬薔薇蕾む小庭かな 正岡子規
菊枯れて寒き日南となりにけり 高浜虚子
菊枯れて対座の人と離心もつ 長谷川かな女 雨 月
菊枯れて新聞剥げぬ床の壁 会津八一
菊枯れて机辺彩るものもなし 石塚友二 光塵
菊枯れて松の緑の寒げなり 子規句集 虚子・碧梧桐選
菊枯れて枯れてあとかたなかりけり 久保田万太郎 流寓抄以後
菊枯れて梔黄ばむかき根かな 森鴎外
菊枯れて泣かねばならぬこともなし 鈴木真砂女
菊枯れて牡蠣捨ててある垣根かな 室生犀星 犀星發句集
菊枯れて籬は川に傾ける 岸風三楼 往来
菊枯れて茜めく葉の冴ゆるかな 室生犀星 犀星発句集
菊枯れて農閑の炉となりにけり 西島麦南 人音
菊枯れて都はるかとなりにけり 月舟俳句集 原月舟
菊枯れて鴻稀に来る日かな 露月句集 石井露月
菊枯れぬ土の硬さのおのづから 耕二
葱引くや枯菊に遺る情もなく 尾崎迷堂 孤輪
蕭条の中に枯菊焚く一事 池上浩山人
虚子庵の枯菊を焚く我が焚く 大橋櫻坡子
起き直り起き直らんと菊枯るゝ 高浜虚子
金賞の札の重さに菊枯るる 中村まゆみ
鉢の菊枯れしがままの裏戸かな 室生犀星 犀星発句集
静かなり枯菊焚いてゐる日向 川口利夫

枯菊 補遺

あまつさへ枯菊に雨そそぎけり 安住敦
いつくしみ育てし老の菊枯れぬ 松本たかし
いつの続きか枯菊を眼は見つつ 斎藤玄 狩眼
いつまでも枯菊を焚くうすけむり 日野草城
きのふけふ枯菊がちになりにけり 正岡子規 枯菊
としとしに根も枯れはてず寒の菊 正岡子規 寒菊
なりはひのもの音もなく菊枯るゝ 清崎敏郎
なんと菊のかなぐられうぞ枯てだに 鬼貫
ひそかなる枯菊に年改る 松本たかし
もののうつろは淋し枯菊もそのままに 山口青邨
モギ捨る菊の枯葉や此節句 嵐青
モナリザはいつもの如し菊枯るる 山口青邨
一鉢の枯菊を焚き悼みとす 飯島晴子
一雨に全く枯れし菊となる 稲畑汀子
丈高く枯菊立てる時雨かな 正岡子規 枯菊
下に見ゆ根津八重垣町菊も枯れ 山口青邨
人の噂きかぬ日もなく菊枯し 長翠
休日に又も雨降り菊も枯れ 星野立子
何か菜の青く枯菊うち伏しぬ 山口青邨
余生大切枯菊焚けば匂ふなり 安住敦
供ふべき菊も枯れたりいかにせん 山口青邨
傘さして菊の枯れたる日和かな 正岡子規 枯菊
元日や枯菊殘る庭のさき 正岡子規 元日
冬枯の中に小菊の赤さかな 正岡子規 冬枯
冬枯の荒れて菊未だ衰へず 正岡子規 冬枯
冬菊の白のなければみな枯れむ 後藤比奈夫
初冬の葉は枯れながら菊の花 正岡子規 初冬
古庭の菊も芒も枯れにけり 正岡子規 枯菊
垣朽ちて小菊枯れたり妹が家 正岡子規 枯菊
夏菊として枯菊に移りゆく 相生垣瓜人 微茫集
大方の菊枯れ盡きて黄菊哉 正岡子規 枯菊
大菊の見事に枯れし花壇かな 内藤鳴雪
妻に縋る起居や枯菊枯れしまゝ 小林康治 玄霜
家家の枯菊捨てぬ滑川 松本たかし
尼寺に枯菊を焚く火の手かな 飴山實 句集外
平穏は見せかけ枯菊など焚いて 安住敦
幽靈に似て枯菊の影法師 正岡子規 枯菊
庭前枯菊庭後もつとも枯茗荷 安住敦
後半生も須臾枯菊を焚くごとし 安住敦
徒然翁出て枯菊を顧る 日野草城
思ひしみ易し枯菊色残る 細見綾子 桃は八重
捨菊に黒白分ちなほ枯るる 斎藤玄 狩眼
日輪の寵を失ひ菊枯るる 上野泰
昼ちかく覚めて枯菊束ねおり 橋閒石 微光
暮靄濃し早や枯菊にのみならず 中村汀女
杖にすがるか枯菊に杖すがれるか 高田風人子
束ねおく枯菊を焚く日のために 稲畑汀子
枯れしるき一花を付木菊を焚く 鷹羽狩行
枯れたるをとりあへず焚き菊日和 鷹羽狩行
枯れつゝも秋明菊に景色あり 及川貞 夕焼
枯れまじとして磯菊の枯るるかな 清崎敏郎
枯れ切つて菊美しや一葉忌 中村汀女
枯れ方になりて哀れや菊人形 正岡子規 菊細工
枯れ盡す菊の畠の霜柱 正岡子規 霜柱
枯れ菊の根によき芽持ち北の風 右城暮石 句集外 昭和十二年
枯木ぬけ吾子に逢はむと菊の墓 角川源義
枯焚いて庭しばらくは小豆菊 及川貞 夕焼
枯菊にさし向ひ居り炭をひく 松本たかし
枯菊にどんどの灰のかゝりけり 正岡子規 左義長
枯菊に一天の碧ゆるみなし 福田蓼汀 秋風挽歌
枯菊に午前の曇り午後の照り 桂信子 新緑
枯菊に庭一ぱいの日南かな 正岡子規 枯菊
枯菊に影落せしは浜の鳶 清崎敏郎
枯菊に氷捨てたる朝日哉 正岡子規 枯菊
枯菊に炎とび~とび燃ゆる 高野素十
枯菊に煤掃き落す小窓哉 正岡子規 煤払
枯菊に着綿程の雲もなし 正岡子規 枯菊
枯菊に笊干す背戸の日南哉 正岡子規 枯菊
枯菊に萱の雪吹く風鶴忌 斎藤玄 狩眼
枯菊に虹が走りぬ蜘蛛の絲 松本たかし
枯菊に蜂の金色春星忌 中村汀女
枯菊に触れて立ちたる埃かな 上野泰 佐介
枯菊に鏡の如く土掃かれ 星野立子
枯菊に雨の雫の溜りそむ 清崎敏郎
枯菊に風過ぎて香の立ちにけり 岸田稚魚 筍流し
枯菊に飛び來る蟲もなかりけり 正岡子規 枯菊
枯菊のなほ心引く色ありし 高浜年尾
枯菊のなほ色のあり香りあり 稲畑汀子
枯菊のなほ色もつて鶏白し 山口青邨
枯菊の一束ねなる花の数 高野素十
枯菊の上とぶ蝶のあでやかに 山口青邨
枯菊の刈束寄せて書庫の壁 山口青邨
枯菊の命終の香のまだ尽きぬ 鷲谷七菜子 一盞
枯菊の唐草模様土に描き 上野泰 佐介
枯菊の壇とりのけてしまひけり 正岡子規 枯菊
枯菊の夜るは淀のる初時雨 野坡
枯菊の幽にそよぎはじめけり 松本たかし
枯菊の日矢まとひたる微塵かな 小林康治 玄霜
枯菊の水にうつりて色香なし 山口青邨
枯菊の燃ゆる火中に金閣寺 鷹羽狩行
枯菊の相泡くあり倒れつつ 松本たかし
枯菊の終の香りは火の中に 桂信子 新緑
枯菊の色に出にけり鷦鷯 正岡子規 鷦鷯
枯菊の記を書きに來よふき膾 正岡子規 枯菊
枯菊の面目ほどの香なりけり 藤田湘子 てんてん
枯菊はいのち溢るゝ日に焚かむ 鈴木真砂女 夏帯
枯菊は折らず芒は折りて焚く 後藤比奈夫
枯菊もままにばうばうたる眺め 石塚友二 曠日
枯菊やこの赤菊の枯れ遅れ 松本たかし
枯菊やこまかき雨のゆふまぐれ 日野草城
枯菊や凍たる土に立ち盡す 正岡子規 凍る
枯菊や惠心の作の釋迦如來 正岡子規 枯菊
枯菊や煙も上げず冬ごもり 日野草城
枯菊や縁の下より吹く風に 山口青邨
枯菊や船宿あたり灯の入りて 桂信子 草樹
枯菊や金を土に預けぬる 三宅嘯山
枯菊や雨きて鶏の冠動く 飯田蛇笏 山廬集
枯菊をまたもてはやすあられかな 夏目成美
枯菊をまろび出でたる雀かな 波多野爽波 鋪道の花
枯菊を一畝存す詩も生れむ 山口青邨
枯菊を刈りゐる医師に夕日射す 飯田龍太
枯菊を剪るうす埃あがりけり 富安風生
枯菊を折りて捨てけり水仙花 正岡子規 水仙
枯菊を折ればひびきぬ妹が宿 山口青邨
枯菊を焚いていつ冬来てもよし 安住敦
枯菊を焚いてみたくて山の坊 雨滴集 星野麥丘人
枯菊を焚いて上りし煙かな 高野素十
枯菊を焚いて主客の心別 高浜年尾
枯菊を焚いて師走の閑にあり 木村蕪城 一位
枯菊を焚いて遊びし一日かな 高野素十
枯菊を焚いて鼻澄む夕べかな 臼田亜郎 定本亜浪句集
枯菊を焚きし余燼をくすぶらす 安住敦
枯菊を焚きたるあとに飾焚く 山口青邨
枯菊を焚きて焔に花の色 深見けん二
枯菊を焚きて遺りたる想ひかな 松本たかし
枯菊を焚き枯萩はまだ刈らず 安住敦
枯菊を焚き萩を焚き自愛かな 福田蓼汀 山火
枯菊を焚くかんばせのほてりけり 日野草城
枯菊を焚くことだけに火を育て 稲畑汀子
枯菊を焚くたまゆらの火の温み 高浜年尾
枯菊を焚くなり淡き火を期して 相生垣瓜人 微茫集
枯菊を焚くにほひこそ雑草園 山口青邨
枯菊を焚くに少しく腰跼む 安住敦
枯菊を焚くや冬心そゞろなる 西島麦南 人音
枯菊を焚く淡き火のうごきけり 日野草城
枯菊を焚く火は早く落ちにけり 高浜年尾
枯菊を燃やす為すなき日の終り 鷹羽狩行
枯菊を苛む雨となりしかな 安住敦
枯菊を見れば落葉に芽をふける 右城暮石 句集外 昭和五年
枯菊を離れず鳩の白胸毛 石田波郷
枯菊焚いてゐるこの今が晩年か 安住敦
枯菊焚いて世の常の幸には遠し 安住敦
枯菊焚いて人に見すまじき句あり 安住敦
枯菊焚いて子の恋人を愛すべし 安住敦
枯菊焚いて当世の句は成さず 安住敦
枯菊焚く昨日も今日も家居して 安住敦
枯菊焚く為残しのこと何ぞ多き 上田五千石 天路
桔梗刈て菊の下葉の枯し見ゆ 正岡子規 桔梗
植えかへてつひに枯れけり菊の苗 正岡子規 菊の苗
植木屋に賣殘りの菊皆枯るゝ 正岡子規 枯菊
歯朶の枯れ残菊の紅子に帰らん 細見綾子 雉子
残菊の枯るるいのちを束ねけり 中村苑子
油菊鬢髪のにほひして枯るる 山口青邨
添へ竹をはなれ傾き菊枯るる 松本たかし
湖風の枯らしつくせる菊を愛づ 山口青邨
炉開や枯菊を焚く香あり 山口青邨
炎中焚く枯菊のまだ燃えず 上野泰 佐介
炭屑に小野ゝ枯菊にほひけり 高井几董
無策にして東籬の菊を枯らしたり 安住敦
牡丹の枯れざま枯菊の比ではなし 安住敦
玉菊の枯れをはんぬる姿かな 日野草城
生、美しかりし枯菊を焚きにけり 安住敦
留守の間に枯菊焚いてありしかな 高浜年尾
白菊の黄菊の何の彼の枯れぬ 正岡子規 枯菊
百菊の同じ色にぞ枯れにける 正岡子規 枯菊
目をやりし辺に菊枯れてゐたりしよ 安住敦
目路遠く菊をゆたかに枯野の墓 山口青邨
眼に涙張り枯菊の力見る 斎藤玄 雁道
稿半ばにて枯菊を焚きに出づ 安住敦
紫蘇菊の引枯らせるも薪の代 石塚友二 光塵
終の香をもて枯菊を焚き添ふる 稲畑汀子
背戸の菊枯れて道灌山近し 正岡子規 枯菊
自來也も蝦蟇も枯れけり團子坂 正岡子規 枯菊
色菊の相もつれつつ枯れそめし 松本たかし
苑の菊ことごと枯れぬ晴つゞき 日野草城
菊,の曾我五郎が先に袖枯らす 秋元不死男
菊の花光りその葉枯れてゐる 高屋窓秋
菊好や切らで枯行花の数 炭太祇
菊枯て垣に足袋干す日和哉 正岡子規 足袋
菊枯て筆塚淋し寺の庭 正岡子規 枯菊
菊枯るるいのちあるゆゑ湧く泪 秋元不死男
菊枯るるわが書くもののなほつづく 山口青邨
菊枯るる都住ひの佗びしかり 木村蕪城 一位
菊枯るゝ一本づつが立ちてゐる 細見綾子
菊枯るゝ南の窓ぞあたゝかき 正岡子規 枯菊
菊枯れてあはれユダヤの墓碑傾げり 伊丹三樹彦
菊枯れてしぶくものなき海のさま 鈴木真砂女 卯浪
菊枯れて上野の山は靜かなり 正岡子規 枯菊
菊枯れて冬薔薇蕾む小庭かな 正岡子規 枯菊
菊枯れて庭にも一つ藁塚を 河東碧梧桐
菊枯れて書斎のもののうづたかく 山口青邨
菊枯れて机辺彩るものもなし 石塚友二 光塵
菊枯れて松の緑の寒げなり 正岡子規 枯菊
菊枯れて泣かねばならぬこともなし 鈴木真砂女 夏帯
菊枯れて目刺にも父母ありにけり 橋閒石 卯
菊枯れて目剌にも父母ありにけり 橋閒石
菊枯れて胴骨痛む主人哉 正岡子規 枯菊
菊枯れて脚より来たる齢かな 鈴木真砂女 都鳥
菊枯れて路地にことなき日々つゞき 鈴木真砂女 夏帯
菊枯れて農閑の炉となりにけり 西島麦南 人音
菊枯れぬいまは焚くほかなかるべし 安住敦
菊枯れぬわが家は道の辺に小さく 村山故郷
菊枯れ尽したる海少し見ゆ 尾崎放哉 小豆島時代
菊残りゐる坊菊の枯るゝ坊 清崎敏郎
菊細工舞臺も枯れてしまひけり 正岡子規 菊細工
萩も菊も芒も枯れて松三本 正岡子規 枯萩
萩伐られ菊枯れ梅の落葉哉 正岡子規 枯菊
萩伐られ菊枯れ鶏頭倒れけり 正岡子規 枯菊
萩枯れて隣の菊を妬みけり 正岡子規 菊
蜆蝶一つ紺菊一輪末枯るる 山口青邨
西うくる背戸に夕日の菊枯るゝ 正岡子規 枯菊
貧しさに菊枯し瓶の梅もとき 正岡子規 梅もどき
貧しさは菊枯れし瓶の梅嫌 正岡子規 梅もどき
金色の小菊入りぬ枯葎 永田耕衣
霜枯菊霜除藁を肯ぜず 阿波野青畝
静けさや枯菊焚きしあとの雨 中村苑子
風ぐせのまま枯菊となりゐたり 稲畑汀子
飾すこし枯菊すこし燃え了る 山口青邨
香に枯て幾日に成りぬ菊の冬 土芳
鶏や枯菊の花ふりちぎる 正岡子規 枯菊
黄菊も白菊も枯れてしまひけり 安住敦
黄菊白菊皆枯草の姿かな 正岡子規 枯菊

以上

by 575fudemakase | 2017-01-24 16:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26580535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング