枯芭蕉 の俳句

枯芭蕉 の俳句

枯芭蕉

例句を挙げる。

けふの日がさし妻や芭蕉枯るゝや 宇佐美不喚洞
なか~に画師の庵の枯芭蕉 子規句集 虚子・碧梧桐選
保護色の蝶々が居たり枯芭蕉 富田潮児
俳禅窟そここゝに芭蕉枯れてあり 四明句集 中川四明
全うの一語に尽きぬ枯芭蕉 高澤良一 燕音
執拗に大枯芭蕉見し目なり 岸田稚魚
大芭蕉枯れ居士林と扁したり 清崎敏郎
妻在らず枯芭蕉下の飢かすか 石田波郷
庫裡の前明るく芭蕉枯れにけり 高橋淡路女 梶の葉
建長興国禅寺破格の枯芭蕉 高澤良一 燕音
悉く折れ悉く枯芭蕉 渕野 なぎさ
或る時は切り捨てんかと枯芭蕉 右城暮石 声と声
手を触るゝことなき芭蕉枯れつくし 右城暮石 上下
暦日や揺さぶりみても枯芭蕉 安住敦
枯芭蕉いのちのありてそよぎけり 草間時彦 櫻山
枯芭蕉いよいよ風のつきまとふ 隈元いさむ
枯芭蕉その枯れざまのつつがなし 渡辺恭子
枯芭蕉つつ立つ八方破れかな 沢木欣一 往還以後
枯芭蕉ばつさり切りし男立つ 青柳志解樹
枯芭蕉天に疵なくわれも癒え 下村槐太 天涯
枯芭蕉揺すりゐし人ゐなくなり 岩田由美
枯芭蕉日をかへすことなくなりぬ 佐々木有風
枯芭蕉枯しつばさを地に垂らし 林 徹
枯芭蕉枯菊その他あるまゝに 松本つや女
枯芭蕉神の狼藉啻ならず 松岡伊佐緒
枯芭蕉科人のごとひっそりと 赤羽 岳王
枯芭蕉誰にかも似し我も似し 菅裸馬
烈風の地の明るしや枯芭蕉 有働亨
犬が居るばかり枯芭蕉ちぎれかけ 下村槐太 天涯
眉月を引く明星や枯芭蕉 五十嵐播水 播水句集
禅寺にひそやかに立つ枯芭蕉 小寺正三
芭蕉枯るゝ音新たなる淑気かな 鈴木頑石
芭蕉枯れんとして其音かしましき 正岡子規
芭蕉枯れ周辺のものみな枯れぬ 安住敦
芭蕉枯れ萩枯れ吾に少しみどり 窪田丈耳
芭蕉枯れ骨のしんまで静かな日 関根青虹
近づきてどこやら青し枯芭蕉 岩木躑躅
風さへも関りもなく枯芭蕉 京極杞陽
風雪の前のいま見る枯芭蕉 篠田悌二郎 風雪前
破れ着の大燈国師めく芭蕉 高澤良一 燕音
枯れ三昧一人愉しみ居る芭蕉 高澤良一 燕音

枯芭蕉 補遺

いつ枯れむ島の芭蕉は冬青き 及川貞 榧の實
きららかに芭蕉枯れゆく立居かな 橋閒石 卯
それぞれの高さに枯れし芭蕉かな 高野素十
なかなかに画師の庵の枯芭蕉 正岡子規 枯芭蕉
ふるさとの芭蕉に逢ひぬ枯尾花 角川源義
わが斬るにあな囂しき枯芭蕉 相生垣瓜人 明治草
一枚の葉の襤褸沈金枯芭蕉 山口青邨
一株も伐らず芭蕉の枯れつくす 右城暮石 散歩圏
六尺の緑枯れたる芭蕉哉 正岡子規 枯芭蕉
冬晴やむげに枯れたる大芭蕉 日野草城
冬枯の樣や芭蕉も義仲も 正岡子規 冬枯
告ぐべくもなし一帯の枯芭蕉 中村汀女
執拗に大枯芭蕉を見し目なり 岸田稚魚
大芭蕉従容として枯れにけり 日野草城
大芭蕉枯れ居士林と扁したり 清崎敏郎
天軸を指して枯れたる芭蕉かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
妻在らず枯芭蕉下の飢かすか 石田波郷
寒月や立枯の芭蕉ものものし 正岡子規 寒月
巨き漢の尿は沼なす枯芭蕉 角川源義
或る時は切り捨てんかと枯芭蕉 右城暮石 声と声
手を触るゝことなき芭蕉枯れつくし 右城暮石 上下
昔より聖者は痩せて枯芭蕉 鷹羽狩行
暗中に音ししづまる枯芭蕉 右城暮石 句集外 昭和三十三年
枯れざまの四辺を払ふ芭蕉かな 鷹羽狩行
枯れそめしよりの芭蕉に親しまれ 清崎敏郎
枯園や芭蕉青葉に妹とわれ 山口誓子
枯芭蕉ありて客観亭に在り 山口青邨
枯芭蕉いのちのありてそよぎけり 草間時彦 櫻山
枯芭蕉なほ人かくすべく並ぶ 山口青邨
枯芭蕉に*ろうかん色の残りたる 右城暮石 句集外 昭和九年
枯芭蕉もある正月の野面かな 右城暮石 句集外 昭和七年
枯芭蕉三本の影相寄らず 川端茅舎
枯芭蕉八柱立てり初日射す 松本たかし
枯芭蕉天に疵なくわれも癒え 下村槐太 天涯
枯芭蕉日に日に朽ちて行きにけり 山口青邨
枯芭蕉然れども髄みづみづし 阿波野青畝
枯野ゆく芭蕉も据ゑし三里の灸 鷹羽狩行
梅の寺枯芭蕉林暖かに 川端茅舎
此頃は音なくなりぬ枯芭蕉 正岡子規 枯芭蕉
歴日やゆさぶりみても枯芭蕉 安住敦
犬が居るばかり枯芭蕉ちぎれかけ 下村槐太 天涯
病床の手鏡に逆枯芭蕉 川端茅舎
石ひとつあたたか芭蕉そこに枯れ 山口青邨
破れ破れて尾羽うち枯らす芭蕉かな 清崎敏郎
笠きせて似せても見たし枯芭蕉 智月尼
芭蕉その骨髄までも枯れ尽す 安住敦
芭蕉ほか枯れいそぐもの何々ぞ 安住敦
芭蕉忌や松の明るさ枯れんとし 森澄雄
芭蕉枯れて緑乏しき小庭哉 正岡子規 枯芭蕉
芭蕉枯れんとして其音かしましき 正岡子規 枯芭蕉
芭蕉枯れ周辺のものみな枯れぬ 安住敦
芭蕉葉の枯れも春なれ鳥交む 右城暮石 句集外 昭和八年
芭蕉~枯葉に袖のしぐれ哉 風麦
青の洞門人車と出づや枯芭蕉 角川源義
音のしてある夜倒れぬ枯芭蕉 正岡子規 枯芭蕉
風が哭く芭蕉の枯の辺に来ては 安住敦

以上

by 575fudemakase | 2017-01-24 16:45 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26580565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング