義士会 の俳句

義士会 の俳句

義士会

例句を挙げる。

義士会の音なき夜の更けにけり 仁藤壺天
義士会や赤穂外れの對提灯 岩木躑躅
義士会や音なくそそぐ柄杓の湯 大野好子
義士会や献灯一二祗園より 大島民郎
刈り込みし椎に日を吊り義士祭 川畑火川
天へ逃げし義士討入の日の風船 加倉井秋を
天窓見て義士討入の日と思ふ 加倉井秋を
子の耳朶の日に透く朱さ義士祭 鈴木 勲
寄鍋の灰汁とり義士の日となりぬ 大森理恵
松に月義士討入の日なりけり 安住 敦
義士の日のいつとはなしの円座かな 吉田鴻司
義士の日の事を話題に昼餉そば 町田一雄
義士の日の暮れて言問橋の上 遠藤若狭男
義士の日の火の線香を山と積み 檜 紀代
義士の日の空を切つたる雀かな 吉田鴻司
義士の日の見知らぬ同志墓碑を読む 山口恵子
義士の日の顳に地下鉄の風 伊藤白潮
義士の日や本所に老いて吉良贔屓 大島民郎
義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳
義士の日や銀をふちどる朝の雲 沢田まさみ
義士の日を米沢に居り鯉を食ふ 土屋巴浪
路地暗く義士討入りの日なりけり 池田秀水
天へ逃げし義士討入の日の風船 加倉井秋を
天窓見て義士討入の日と思ふ 加倉井秋を
安兵衛の討ち入りしたる日なりけり 角川春樹
搾れば薫る討入の日のレモンかな 夏井いつき
松に月義士討入の日なりけり 安住 敦
葛湯吹き今日討ち入りの日と思ふ 冨田みのる
討ち入りの日の奥の手を使おうか 野田久美子
討入りの日や下町に小火騒ぎ 鷹羽狩行

義士会 補遺

年忘れ義士討入の日も忘る 百合山羽公 樂土以後
討入りの義士の日なりき遅昼餉 鷹羽狩行

以上


by 575fudemakase | 2017-01-24 17:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26580626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。