雑炊 の俳句

雑炊 の俳句

雑炊

例句を挙げる。

ありなしの葱雑炊に舌焼かん 森夢筆
いい仲間ゐて雑炊で締めくくる 松井のぶ
うつし世に情なからめや芋雑炊 澄雄
すつぽんの雑炊すする光悦忌 倉持嘉博
どっこいしょ独りの夜の雑炊に 中田亮
みぞるるや雑炊に身はあたたまる 飯田蛇笏 山廬集
もの言へば雑炊焦げの舌にがし 草田男
やがて座も河豚雑炊に終りけり 高浜年尾
ゆつくりと腑にゆきわたる河豚雑炊 佐川広治
一人だけ雑炊あとはみんな蕎麦 久保田万太郎 草の丈
共に雑炊喰するキリスト生れよかし 中村草田男
唇を芹雑炊が焦しけり 前田普羅 新訂普羅句集
国籍を問へば雑炊煮えたぎる 櫂未知子 貴族
夕顔に雑炊あつき藁屋かな 越人
妻の顔まぢかに風つのる夜の雑炊 栗林一石路
愛憎や鮭雑炊の塩加減 上村占魚
探梅の記事あり雑炊の朝餉了ふ 原田種茅 径
昼は雑炊夜はシチューに風邪寄せず 高澤良一 随笑
書斎時を惜しみ雑炊はこばしむ 皆吉爽雨 泉声
死神の素通りしたり韮雑炊 小泉八重子
河豚雑炊あつしあつしとめでて吹く 秋櫻子
河豚雑炊とや吹くさまのをかしけれ 吉田鴻司
海に降る雪を見てこし菜雑炊 長谷川櫂 古志
灯の町は見知らぬに似て鴨雑炊 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
父が愚痴の舌焦がしけり鰻雑炊 大石悦子 群萌
牡蛎雑炊煮えたつ迄のひとり言 平岡喜美子
玉蔵す如くに頬や雑炊吹く 上野 泰
直会の雑炊煮立つ神楽笛 佐川広治
職引いて雑炊好きな母のそば 高澤良一 随笑
背筋丸めてゐたりしが鰻雑炊 神崎忠
臘八や今朝雑炊の蕪の味 惟然
艸がれに雑炊すゝる樵夫かな 加舎白雄
若き父となり雑炊を吹き凹ます 三谷昭 獣身
蓬雑炊共にすすりて鳩間節 影島智子
薯雑炊好みし父の出世せず 松下 のぶ
蟹雑炊吹いて明るき濤頭 福島勲
誰かしる今朝雑炊の蕪の味 惟然
逢はずば知らぬ人のひとりや鴨雑炊 大石悦子 聞香
雑炊となりし宴に浪の音 中戸川朝人 尋声
雑炊にたちまち霽るる葱のいろ 長谷川櫂 古志
雑炊にともし火ひくく下ろしけり 高橋淡路女 梶の葉
雑炊にぬくもり口は一文字 普羅
雑炊に寺の子四方の襖より 赤松子
雑炊に月の明りの栄華哉 青蘿
雑炊に添へてちりめんじやこ少し 草間時彦
雑炊に生きて百書の志 遠藤梧逸
雑炊に舌をこがして勿体なし 風生
雑炊に舌打ちしたるさびしさよ 能村登四郎
雑炊に蟹のくれなゐひそめたる 山田明子
雑炊に非力ながらも笑ひけり 高浜虚子
雑炊のきらひな妻や冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
雑炊のほのぼのしさをすすりこむ 松澤昭 宅居
雑炊の名もはやされて薺哉 支考
雑炊の淡さ馴れ来し夏書かな 志田素琴
雑炊の湯気吹きこころ岐路に立つ 稲垣きくの 黄 瀬
雑炊の腹ごぼと鳴る火鉢かな 富田木歩
雑炊の色も雪間の薺かな 几董
雑炊の薬味異なる夫婦かな 三橋鷹女
雑炊の韮片よせて風邪長し 石川桂郎 高蘆
雑炊もみちのくぶりにあはれなり 青邨
雑炊も人のなさけもさびしかり 河野南畦
雑炊やこけしづくりの子沢山 瀧 春一
雑炊やこの風吹けば時化長し 高平春虹
雑炊やつくづく不肖なることも 永井龍男
雑炊やながき余生の厨ごと 和田 祥子
雑炊や一すぢ青き山の幸 鷹羽狩行
雑炊や世をうとめども子を愛す 小林康治 四季貧窮
雑炊や古妻のたゞまめやかに 高橋淡路女 梶の葉
雑炊や夜更かしの灯に茂吉の書 角川春樹
雑炊や後生大事といふことを 高浜虚子
雑炊や戯れ語の父のけぶらへる 大橋敦子 匂 玉
雑炊や格子戸暗きわが生家 村山古郷
雑炊や猫に孤独といふものなし 西東三鬼
雑炊や病後の奇しき健啖に 爽雨
雑炊や箸蕗味噌に度かさね 及川貞
雑炊や老の風邪には薬なき 水原秋櫻子
雑炊や茫々切手をなめる舌を出す 川口重美
雑炊や酔ひても母に仕へけり 小林康治 四季貧窮
雑炊や頬かゞやきて病家族 石田波郷
雑炊をこのみしゆゑに遁世し 高浜虚子
雑炊をすゝる母はも目をつむり 加藤蛙水子
雑炊をふきふき啜るひとり言 田中冬二 俳句拾遺
雑炊をよろこぶ我は戦中派 森田峠 三角屋根
雑炊を吹きくぼませて二人かな 原 柯城
雑炊を吹きつ家系を思ひけり 堤白雨
雑炊を吹く日も空の氷河照る 坪内稔典
雑炊を炊かんシベリヤ風の夜は 高橋 向山
雑炊を覚えて妻の留守に馴れ 小竹由岐子
韮雑炊いよいよ素なる我が暮し 小原菁々子
韮雑炊吹きさますなり摂取不捨 殿村菟絲子
韮雑炊命惜しまん気も少し 大石悦子 聞香
韮雑炊青ゆっくりと混りたる 成田清子
鴨を得て鴨雑炊の今宵かな 松本たかし
鴨雑炊雨に容赦のなかりけり 増成栗人
おじやして一息つける雨の昼 高澤良一 素抱
三寒の昼餉おじやに腹が足り 高澤良一 素抱
利尻メカブおじやうましよ当店は 高澤良一 素抱
風邪の子のついでのおじやもらひけり 小島健 木の実

雑炊 補遺

かき雑炊太白すでに海の方 燕雀 星野麥丘人
かにかくに明日思ほゆおじやかな 上田五千石 天路
みぞるるや雑炊に身はあたたまる 飯田蛇笏 山廬集
もの言へば雑炊焦げの舌にがし 中村草田男
やがて座も河豚雑炊に終りけり 高浜年尾
一運座河豚雑炊のあとにあり 百合山羽公 樂土
何もかも雑炊としてあたたかく 種田山頭火 草木塔
共に雑炊喰するキリスト生れよかし 中村草田男
吹きこぼれたる雑炊の韮匂ふ 清崎敏郎
國捷ちて芋雑炊の煮えたぎる 飯田蛇笏 白嶽
夜々の雪を友也菜雑炊 小林一茶
夜咄の牡蠣の雑炊秀衡椀 及川貞 夕焼
妻留守の雑炊もまた佳しとせむ 安住敦
春がしける日のなにもかも雑炊にしてゐる 種田山頭火 自画像 落穂集
椀赤し鮎雑炊の熱し~ 高野素十
河豚雑炊あつしあつしとめでて吹く 水原秋櫻子 蘆雁
河豚雑炊刷毛目の鍋をあふれいづ 水原秋櫻子 餘生
河豚雑炊吹き吹き椀を替へにけり 水原秋櫻子 餘生
河豚雑炊眼鏡くもりてただうまし 水原秋櫻子 餘生
河豚雑炊餅に舌焼くたのしさよ 水原秋櫻子 餘生
河豚雑炊餅のうまさにまぎれ食ふ 水原秋櫻子 蘆雁
牡蠣雑炊あつし葱の香振りかけて 水原秋櫻子 蘆雁
玉蔵す如くに頬や雑炊吹く 上野泰
病むわれに妻あらばこそ芋雑炊 村山故郷
磯の香の雑炊うまく牡蠣まろし 水原秋櫻子 蘆雁
箸がかりなき雑炊をかしこめり 上田五千石『琥珀』補遺
草枯に雑炊すゝる樵夫かな 加舎白雄
雑炊にあたゝまりたる泊りかな 高野素十
雑炊にぬくもり口は一文字 前田普羅 飛騨紬
雑炊に刈上餅をしづめけり 水原秋櫻子 餘生
雑炊に舌打ちしたるさびしさよ 能村登四郎
雑炊のこれを名残や別霜 正岡子規 別れ霜
雑炊のなどころならば冬ごもり 其角
雑炊の具のぎんなんの三粒ほど 亭午 星野麥丘人
雑炊の名もはやされて薺かな 支考
雑炊の恩ををくるや落葉掻 毛〔ガン〕
雑炊の韮片よせて風邪長し 石川桂郎 高蘆
雑炊もみちのくぶりにあはれなり 山口青邨
雑炊やひそかに暮らす病後の日 村山故郷
雑炊や世をうとめども子を愛す 小林康治 四季貧窮
雑炊や信楽の鍋木曾の匙 上田五千石『風景』補遺
雑炊や庇あらはに湖の風 石橋秀野
雑炊や息といふ風吹きに吹き 上田五千石『琥珀』補遺
雑炊や戦後寒かりし若かりし 岡本眸
雑炊や格子戸暗きわが生家 村山故郷
雑炊や猫に孤独といふものなし 西東三鬼
雑炊や老いては淡き目鼻立 岡本眸
雑炊や老の風邪には薬なき 水原秋櫻子 蘆雁
雑炊や酔ひても母に仕へけり 小林康治 四季貧窮
雑炊や頬かがやきて病家族 石田波郷
雑炊を焚き怒らすや焚きに焚き 山口誓子
韮雑炊番茶ぬるめにたまはりぬ 星野麥丘人
鴨を得て鴨雑炊の今宵かな 松本たかし
鵜の宿の鮎雑炊にあづかりぬ 阿波野青畝
鶉雑炊なれば中千本に食む 岡井省二 鯨と犀

以上

by 575fudemakase | 2017-01-25 04:42 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26581804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。