枯野

枯野

例句を挙げる。

あくびして喉の奥まで大枯野 今井杏太郎
ありありと狐逃げゆく枯野かな 渋川玄耳 渋川玄耳句集
いくさゆゑうゑたるものら枯野ゆく 長谷川素逝 砲車
いくすぢの小川枯野にかくれけり 松村蒼石 雪
いちまいの蒲団の裏の枯野かな 齋藤愼爾
いつの間にか急いでゐたり枯野道 湯室月村
いつまでも遥かなるまま枯野人 加倉井秋を 『風祝』
いつ尽きし町ぞ枯野にふりかへり 木下夕爾
いつ来てもひとりの枯野とぶ穂絮 筑紫磐井 未定稿Σ
いづこまで枯野の道を落しもの 松藤夏山 夏山句集
いづこまで臼こかし行く枯野かな 渡辺水巴
いとしきは枯野に残る蒙古斑 櫂未知子 蒙古斑
いまそかりし師の坊に逢ふ枯野哉 高井几董
うしろから道ついてくる枯野かな 黛執
おくれ来し一人が見ゆる枯野かな 高濱年尾 年尾句集
おのが影浮沈し枯野わたり切る 茂恵一郎
おほわたへ座移りしたり枯野星 山口誓子
おもはざる枯野のひかり胸に充つ 渡邊千枝子
おもむろに雲かげり行く大枯野 岡嶋田比良
おん顔や枯野の星と生くかぎり 石塚友二 光塵
かくれ家の裏よりつゞく枯野かな 比叡 野村泊月
かの丘にこれの枯野に友ら死にき 長谷川素逝 砲車
かの枯野子の手袋を隠し了ふ 福永耕二
から風の高吹くに枯野薊かな 内田百間
くま笹のうき世見あはす枯野かな 野澤凡兆
けものめく鴉の仕草大枯野 吉野義子
この杖の末枯野行き枯野行く 高浜虚子
この枯野走り抜けねば鬼女に遇ふ 石川文子
この道に寄る外はなき枯野哉 河東碧梧桐
こゝにある枯野の松を惜みけり 鈴木花蓑句集
こゝ迄は雪無き枯野これよりは 高濱年尾 年尾句集
さびしさは枯野のみちをゆかしむる 白雨
しろがねの日の渡りゐる枯野かな 藤田あけ烏 赤松
そこそこに死馬埋め去る枯野かな 渋川玄耳 渋川玄耳句集
そのあたり明るく君が枯野来る 西東三鬼
たゞ見る起き伏し枯野の起き伏し 山口誓子 黄旗
つと蹲む枯野にその身埋むるごと 栗生純夫 科野路
つひに吾も枯野の遠き樹となるか 野見山朱鳥
つま先に石さからひし枯野かな 鈴木真砂女 生簀籠
つれ立ちし納め詣や枯野道 雑草 長谷川零餘子
ときどきは夢捨てにゆく枯野原 小泉八重子
とっぷりと暮れて枯野は童話村 平吹史子
とりまいて人の火を焚く枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
とろ~と日輪わたる枯野かな 佐野青陽人 天の川
どこか違う電話の向こうにある枯野 早乙女文子
どん底を木曾川のゆく枯野かな 松本たかし
なつかしや枯野にひとり立心 炭 太祇 太祇句選
ぬつくりと夕霧くもる枯野かな 暁台
ひきだしに聖書ひそめり枯野宿 久保田万太郎 流寓抄以後
ひとうねの菜に雨すぐる枯野かな 金尾梅の門 古志の歌
ひとすぢの水のひかりや大枯野 岩田由美
ひとところ水のまよへる枯野川 鷲谷七菜子 花寂び
ひと死ぬる畳枯野のごとくあり 秋好山好
ひと雨の色を重ねし枯野かな 木内怜子
ふかぶかと空が一枚大枯野 佐賀日紗子
ふたり子の枯野より手を繋ぎあふ 橋本榮治 麦生
ふつと吾ひとと置きかへ枯野行く つつみ眞乃
ふとわれの後姿よ枯野行く 山口草堂
ふりむけば敗者とならむ枯野人 長田等
ふり返る度広くなる枯野原 堀之内和子
ふるさとや枯野の果ての汐明り 鈴木真砂女 夕螢
ふるさとや枯野の道に海女と逢ふ 鈴木真砂女
ほがらかに日の暮れかゝる枯野かな 増田龍雨 龍雨句集
ほのと白し枯野の汽車を遠く見て 相馬遷子 雪嶺
まぐはひの奇石寄せある枯野かな 阿波野青畝
またもとの枯野の景となりしかな 安住敦
また或る日扇遣ひゆく枯野かな 暁台 五車反古
また雨の枯野の音となりしかな 敦
まぼろしの芭蕉を追へる枯野かな 豊長みのる
まるまると抱き合ふ神の枯野かな 関森勝夫
まんもすの骨を掘り出す枯野かな 松瀬青々
みづからの光りにまたたき枯野星 中村明子
みどり子に急ぐ枯野に乳はり来 野見山ひふみ
むかうより来るわれを見し枯野かな 中杉隆世
むささびの小鳥はみ居る枯野哉 與謝蕪村
めい~に松明を持つ枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
もの音を枯野に移し逝きしかな 栗林千津
やうやくに山近寄りし枯野かな 楠目橙黄子 橙圃
ゆき逢ひし枯野乙女の何人目 久保田万太郎 流寓抄
よく眠る夢の枯野が青むまで 金子兜太
よわよわと日の行きとどく枯野かな 麦水
わが垂るるふぐりに枯野重畳す 加藤楸邨
わが家に枯野迫るを見下ろしぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが庭のごとく枯野をゆく齢 林翔 和紙
わが影と呼び合ふ影もなき枯野 橋本榮治 麦生
わが影の吹かれて長き枯野哉 夏目漱石 明治四十年
わが影を遠き枯野に置き忘れ 野見山朱鳥
わが朱卓すぐに枯野と文づてに 下村槐太 天涯
わが死と詩枯野の末に光るもの 徳弘純
わが汽車の汽罐車見えて枯野行く 波津女
わが馬をうづむと兵ら枯野掘る 長谷川素逝 砲車
わらんべの犬抱いて行く枯野かな 正岡子規
をとこ独り枯野に佇ちて煙草吸ふ 石川文子
アブラハムに枯野は広し子は重し 成瀬櫻桃子
オリエント急行よぎる枯野かな 竹葉英一
サーカスの天幕ふくらむ枯野の午後 内藤吐天 鳴海抄
チンドン屋枯野といへど足をどる 楸邨
テレビ塔聳ゆるのみの枯野かな 左右木圭子
トラックが枯野越え来て女おろす 寺山修司 未刊行初期作品
バス吾を枯野にひとり残し去る 岩切徹宵
バス発つやそれぞれ大き枯野得つ 栗生純夫 科野路
バス通る時刻枯野の中にあり 百合山羽公 寒雁
パレットの平ら枯野の色を溶く 橋本美代子
マリヤには遠し枯野に赤子置く 八木三日女 紅 茸
一句二句三句四句五句枯野の句 久保田万太郎 草の丈
一対か一対一か枯野人 鷹羽狩行(1930-)
一戸とざし枯野を守るは白き鶏 栗生純夫 科野路
一日臥し枯野の音を聴きつくす 馬場移公子
一枚の葉書運ばれ枯野の家 桂信子 黄 瀬
一枚の蒼天傾ぎ枯野と逢ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
一瞬の日ざしに枯野はなやぎて 武良喜美代
一風船ただよひ枯野力づく 鷲谷七菜子 黄 炎
七つ子にあふてさびしき枯野哉 加舎白雄
三日月に横顔のある枯野かな 山本千春
三日月に行先暮るゝ枯野哉 松岡青蘿
三日月のこのまま枯野に居つくらし 加倉井秋を 『欸乃』
三日月も罠にかゝりて枯野哉 蕪村遺稿 冬
上らせてもらう枯野の一軒家 渡辺鮎太
上京の湯どのに続く枯野かな 黒柳召波 春泥句集
世に人あり枯野に石のありにけり 松根東洋城
世の外へつづける如し枯野道 井沢正江 湖の伝説
世の終を入日に見せし枯野かな 東洋城千句
中天に月いびつなる枯野かな 五十嵐播水 播水句集
丹沢は雲の中なる枯野かな 石塚友二
事故現場にて眼に余る枯野の雲 右城暮石 声と声
二つあり相隔つ石の枯野かな 月舟俳句集 原月舟
二階より枯野におろす柩かな 野見山朱鳥
五六疋馬干ておく枯野哉 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
亡き妻の声ふと枯野吹く風に 石井とし夫
人と逢ふ胸の枯野をひた隠し 小林康治 『叢林』
人の手に撓む枯野の鉄搬ぶ 軽部烏頭子
人妻のぬす人にあふ枯野哉 正岡子規
人小さく日に向いて行く枯野かな 月舟俳句集 原月舟
人語過ぎ枯野の城の小さしや 角川源義 『秋燕』
今出でし爐火想ひゆく枯野哉 西山泊雲
仏めく石を見立る枯野かな 立花北枝
仏見てまた仏見に枯野バス 畠山譲二
他のこと考へ枯野逢曳す 堀井春一郎
何うらむさまか枯野の女郎花 正岡子規
何もかも枯野にひそめ無人駅 平野謹三
何やらに鴉群がる枯野哉 寺田寅彦
何某の門ののこれる枯野かな 山本洋子
佝僂に遇ひし心をかしみ枯野の日 原石鼎
信長の榎残りて枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
修道尼の頬に血のぼる枯野の日 細見綾子 黄 炎
働きて帰る枯野の爪の艶 細見綾子
僧の前を鴉のありく枯野かな 野村喜舟 小石川
僧ひとり枯野に降ろしバス発てり 畠山譲二
兀と山ありて枯野の景変る 高濱年尾 年尾句集
元日や枯野のごとく街ねむる 加藤楸邨
光り合ふ枯野と玻璃の美術館 竹田登代子
光陰のひそむ枯野をなに急くや 小林康治 『潺湲集』
全身に風あり枯野行くかぎり 徳永山冬子
八方に山のしかゝる枯野かな 松本たかし
兵の赤黄枯野遠別糞し行く 齋藤玄 飛雪
其魂の朱雀もめぐる枯野哉 炭 太祇 太祇句選後篇
冨士昏れて枯野灯す達磨市 杉山葱子
冬が来るもぬけのからの枯野より 齋藤愼爾
冬ざれて枯野へつづく妻の乎か 日野草城
冬枯野母から得しもの懐に 高橋沐石
冬鴉声おとしゆく枯野かな 上村占魚
凍つまま枯野の果の石二つ 濱人句集 原田濱人
切通し出て天辺に枯野星 石塚友二
初明り我が家枯野に坐りゐる 阿部みどり女
利根川の左右に開く枯野かな 宰洲句日記 勝田宰洲
動かざるタクシーの列枯野まで 福田洽子
北今星枯野に今日のバス終る 齋藤愼爾
十字架の竝び墓地ある枯野原 吉良比呂武
厄除けの礼焼いてゐる枯野かな 角川春樹 夢殿
厠にをりてかがめばひしと枯野寄る 森澄雄
去る人も枯野も響き易きかな 小泉八重子
去年今年枯野を胸に皿洗ふ 小池文子 巴里蕭条
又或日扇つかひゆく枯野哉 暁台
口中に枯野ある夢断続す 栗生純夫 科野路
古代壷ゆるぎ出でたる枯野中 山口草堂
古手紙いまにして妻は枯野を来る 栗林一石路
古鏡に火映ゆるごと枯野に朝日出づ 岡田日郎
吊革にすがれば枯野傾きつ 原田種茅 径
君乗せむかな枯野馬車たびぐらし 田中裕明 櫻姫譚
吹き亘る枯野の風の夜もすがら 石塚友二 光塵
吹き晴れて枯野の月の小さゝよ 喜多春梢
吹風の一筋見ゆる枯野かな 幸田露伴
吾がうしろ姿を思ひ枯野ゆく 石川文子
吾が影の吹かれて長き枯野かな 漱石
命かけるものあり枯野の雨太し 古賀まり子 降誕歌
咋今に土橋なほしゝ枯野かな 尾崎迷堂 孤輪
哭(ね)のみ泣く女枯野を匍ひ廻り 沢木欣一 二上挽歌
哭のみ泣く女枯野を匍ひ廻り 沢木欣一
噴煙は枯野に獅子の影なせる 水原秋桜子
四ツ谷から馬糞のつゞく枯野かな 青峨 (負郭)
四万十川に海苔舟くくる枯野かな 丹羽真一
四谷から馬糞のつゞく枯野哉 青峨
土堤を外れ枯野の犬となりゆけり 山口誓子 遠星
土手うらに千鳥あがりし枯野かな 大橋櫻坡子 雨月
土手こして千鳥枯野へちらばれる 川島彷徨子 榛の木
土手を外れ枯野の犬となりゆけり 山口誓子(1901-94)
土間口に夕枯野見ゆ桃色に 金子兜太 少年/生長
地の底に蟲生きてゐる枯野哉 長谷川零余子
地の窪に臀埋め一教師と枯野 原裕 葦牙
地獄耳澄ませば枯野ごうと鳴る 雑草 長谷川零餘子
地車の轄ぬけたる枯野哉 加舎白雄
坂一つ越して忘るゝ枯野かな 尾崎迷堂 孤輪
垣ぬけて鶏の遊べる枯野かな 金尾梅の門 古志の歌
城内に兎狩する枯野かな 野村泊月
城市遠く枯野の波のかなたかな 長谷川素逝 砲車
塀越の枯野やけふの魂祭 炭 太祇 太祇句選
塔うつるとある金魚田枯野ゆく 皆吉爽雨 泉声
塩売のから荷は寒き枯野かな 古白遺稿 藤野古白
塩舐めてまなこやさしき枯野牛 菅原多つを
声出せば枯野に我のゐたりけり 草間時彦 櫻山
夕方の枯野を抱へ込みにけり 桑原三郎 龍集
夕日の手伸び米倉は枯野の繭 大井雅人 龍岡村
夕日今枯野の大を現じけり 東洋城千句
夕日赫っと枯野白堊にぶつかり来 竹下しづの女 [はやて]
夕明り恋うて高きへ枯野虫 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
夕枯野もろもろの影徘徊す 中村苑子
夕鴉声おとしゆく枯野かな 上村占魚 鮎
外套の奥は枯野へ続きけり 鳴戸奈菜
夜々は霜に星ふる枯野かな 古白遺稿 藤野古白
夜の枯野つまづきてより怯えけり 馬場移公子
夜の枯野遠き世の声あるごとし 河野南畦 湖の森
夜を帰る枯野や北斗鉾立ちに 山口誓子(1901-94)
夢に見れば口中枯野よこたひぬ 栗生純夫 科野路
大いなる声きかばやと枯野行く 矢島渚男 木蘭
大いなる枯野に堪へて画家ゐたり 大野林火
大いなる茶屋を囲める大枯野 阿部みどり女 笹鳴
大き掌に枯野来し手をつつまるる 桂信子
大き枯野に死は一点の赤とんぼ 加藤楸邨
大とこの糞ひりおはす枯野かな 蕪村
大利根の舟行見ゆる枯野かな 金尾梅の門 古志の歌
大屹と遠ちの枯野の大を見る 阿部みどり女
大戦果絶えて枯野の日は烈し 渡邊水巴 富士
大枯野とぶ一枚の新聞紙 吉田登子
大枯野ほとべの如く夜に入る 岸田稚魚
大枯野人の匂ひが身を離る 北崎武
大枯野戻りて嬰を抱きけり 永島理江子
大枯野日本の夜は真暗闇 山口誓子 大洋
大枯野杭打ちはじまる造成地 三浅馨三
大枯野母の涙の川ひと筋 吉本和子
大枯野牧牛をればみどりあり 深見けん二
大枯野羽咋の湖も亡びたり 欣一
大枯野走る郵便車を見たり 田川飛旅子 花文字
大枯野雲には雲の深轍 河口俊江
大枯野風のごと来て母泣かす 細川加賀 『傷痕』
大正に生まれ枯野を栖処とす 和田悟朗
大空につらなりわたる枯野かな 三溝沙美
大絵馬の白駒枯野へ跳り出る 宮坂秋湖
大臼の前は枯野となつてをり 松山足羽
天つ日と我とまつはる枯野かな 原石鼎
天心のフエノロサの来しこの枯野 加藤耕子
太陽はエロス枯野に島の頭 金子兜太
女遍路に東西のなき枯野かな 加倉井秋を
如何なる日白衣傷兵枯野を来る 相馬遷子 山国
如何なる時聖書手離す枯野の尼 加倉井秋を 『真名井』
妻と二人枯野の月にかくれなし 石田波郷
子のリボン枯野に紅を点じゆく 伊丹三樹彦 人中
子の學校枯野の中に旗を揚ぐ 横光利一
子を捨る藪さへなくて枯野哉 蕪村 冬之部 ■ 春夜樓會
子等の声かたまつて来る枯野道 西本 清子
孤独汝枯野の丘に今日も見つ 中尾白雨 中尾白雨句集
学校が枯野に浮かび揺れており 秋元大吉郎
学校の水流れをる枯野かな 藤田あけ烏 赤松
家まれに枯野のうねり道のうねり 長谷川素逝 砲車
家五六を北に見て行く枯野かな 露月句集 石井露月
家建ちて硝子戸入るゝ枯野かな 渡辺水巴 白日
家路なる眞夜の枯野は行くべかり 山口誓子
宿に着いてしばしがほどは枯野かな 小杉余子 余子句選
密々と夕雲満たす末枯野 斎藤道子
富士昏れて枯野灯す達磨市 杉山葱子
寒星のむらがれる邊の枯野に似 橋本鶏二
寝て夢路起きて枯野路行くもひとり 福田蓼汀 秋風挽歌
寝仕度の漂鳥騒ぐ枯野星 佐野美智
寝化粧す鏡に枯野映しつつ 対馬康子 吾亦紅
小屋の戸に枯野の道の曲りけり 柑子句集 籾山柑子
小男鹿の重なり伏せる枯野哉 土芳(奈良)
小石川も水引き染める枯野かな 小石川 野村喜舟
小鳥死に枯野好く透く籠のこる 飴山實
少年に咬みあと残す枯野かな 櫂未知子 蒙古斑
少年のまなざし父に枯野かな 宮川光子
屋根の石落ちなんとして枯野かな 野村喜舟 小石川
屑炭を継げば枯野の匂ひけり 中村楽天句集 中村楽天
山あれて灰の降りたる枯野哉 寺田寅彦
山のぼるこころ枯野にへだたりぬ 太田鴻村 穂国
山裾を欠き欠く道の枯野かな 楠目橙黄子 橙圃
山間の打傾ける枯野かな 松本たかし
山頭火に会ふかも知れぬ大枯野 西川 五郎
山鳴りの草鞋にひゞく枯野かな 柑子句集 籾山柑子
岐路に来て西日やすらぐ枯野かな 松村蒼石 雁
巌の鷲のむさゝび攫む枯野かな 東洋城千句
川ありて遂に渡れぬ枯野かな 夏目漱石 明治四十年
川渉りてすぐはく足袋や日の枯野 阿部みどり女 笹鳴
巻尺を収む枯野を引き寄せて 中村明子
市中に枯野のありて泊りけり 銀漢 吉岡禅寺洞
幻とならぬ記憶が大枯野 本城佐和
床下に枯野続けり能舞台 澤木欣一
建ちかけの家の灯れる枯野かな 大橋櫻坡子 雨月
弦楽器ぼろんと鳴らす枯野にて 冨田みのる
彼をうめしただの枯野を忘るまじ 長谷川素逝 砲車
往来人皆背ぐくまり枯野道 西山泊雲 泊雲句集
待たれゐる何か言はねば枯野ゆく 如月真菜
後尾にて車掌は広き枯野に飽く 小川双々子(1922-)
御陵を枯野にのこし都なし 成瀬正とし 星月夜
心の隙枯野行かねば充たされず 藤田湘子
忽然と阿蘇夕焼けし枯野道 穐好樹莵男
息杖に石の火を見る枯野哉 蕪村 冬之部 ■ 春夜樓會
悲しみを詩に枯野をまつすぐに 仙田洋子 雲は王冠
意趣のある狐見廻す枯野かな 炭 太祇 太祇句選
我が形(なり)の哀れに見ゆる枯野かな 智月 俳諧撰集玉藻集
戦のある方遠き枯野かな 東洋城千句
手賀沼のわけなくみゆる枯野かな 久保田万太郎 草の丈
手鏡の中の枯野を見てをりぬ 穂坂日出子
投函にいくたびも出てぬくき枯野 下村槐太 天涯
折鶴に瞳なし枯野を見せずすむ 田中周利
抱いて呉るゝほどのあたゝか枯野行く 及川貞 夕焼
抱けば子が首に手を纒く枯野中 伊丹三樹彦 人中
押しベル即朗声枯野を黙し来て 香西照雄 素心
押せば哭く人形の記憶春の枯野 寺井谷子
担ぎ屋も帰途は身緩め枯野汽車 北野民夫
担ひゆく沽鯉のぞく枯野哉 加舎白雄
拾ひあてし石笛を吹く枯野かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
指先を枯野にあてて恋ひやまず 仙田洋子 橋のあなたに
振り向けば夜叉の相かも大枯野 白井 爽風
振返り見ても枯野や都府楼址 佐藤冨士夫
掌(てのひら)に枯野の低き日を愛づる 山口誓子(1901-94)
掌に枯野の低き日を愛づる 山口誓子 黄旗
描きかけの枯野を提げて枯野行く 庄中健吉
握りしむ携帯電話枯野行 篠田くみ子
摩天楼ま上またたく枯野星 加藤耕子
放たれし犬の速さの枯野かな 田中裕明 山信
敗走に似て枯野ゆく父母の死後 堀口星眠 営巣期
教科書の重み負ひゆく枯野の子 中村草田男
数珠玉のむしりのこりに枯野の日 細川加賀
方寸にたたみし思ひ枯野星 中西舗土
旅に病んで夢は枯野をかけ廻る 芭蕉
旅人の蜜柑くひ行く枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
日かげりし枯野やゝやゝにつやもどす 川島彷徨子 榛の木
日が射して枯野に匂う鰐二、三 坪内稔典
日だまりを蝶の出でゆく枯野かな 安達潔
日と月の絶えずめぐれる枯野かな 林周平
日に現はれ風に無くなり枯野虫 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
日の高さ霰おとせる枯野かな 乙字俳句集 大須賀乙字
日は斜枯野を北へ走る汽車 寺田寅彦
日をさして旅つゞけゆく枯野かな 中島月笠 月笠句集
日光はうつろ充たして枯野かな 渡辺水巴 白日
日当るや枯野にひびく海の音 原 石鼎
日本には見馴れぬ枯野展けたり 高浜年尾
日當るや枯野にひゞく海の音 原石鼎
日蓮に似し顔が来る枯野道 飯田龍太
日輪のたらたら枕む枯野かな 成瀬正とし 星月夜
明るく死ぬこともあるべし枯野行 宇多喜代子 象
星へ発つごとし枯野の終列車 佐野美智
星一つ生れ枯野の匂ひたつ 西沢独海
春の枯野日当る顔は卵形に 大井雅人 龍岡村
春恋や枯野斜めに抜け来り 安住敦
時折は心向け見る枯野あり 村越化石
晩年の過ぎゐる枯野ふりむくな 齋藤玄 『雁道』
晴れゆくにつれて風たつ枯野かな 上村占魚 鮎
書を抱けるスタイルは彼枯野来る 名和紅弓
月はいつもいつしか照っていて枯野 池田澄子
月天に流星見えし枯野かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
末枯野佇てばゆきどのあるごとし 山田みづえ 忘
末枯野何か忘れてきし思ひ 中村苑子
朱雀門のみを色とし大枯野 松下信子
杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼(1900-62)
松へ登る人呼びとめし枯野かな 長谷川かな女 雨 月
松明投げて獣追ひやる枯野かな 泉鏡花
松杉や枯野の中の不動堂 子規句集 虚子・碧梧桐選
枚方の火燵の外の枯野かな 岡本松浜 白菊
果しなき枯野の起伏見て眠し 内藤吐天 鳴海抄
果しなき枯野枯山石鼎忌 原コウ子
枯れ色を動かし僧の枯野行く 齋藤愼爾
枯野ありイエスはいつも足垂れて 有馬朗人 天為
枯野いまわたしと雲と陽のにほひ つじ加代子
枯野いま何か言ひしか独り言か 今瀬剛一
枯野かけ来て千年をうもれし馬車 有馬朗人 天為
枯野かなつばなの時の女櫛 西鶴
枯野から洗ひざらしの男来る 森 酒郎
枯野くるひとりは嗄れし死者の聲 河原枇杷男 閻浮提考
枯野していづこいづこの道の数 黒柳召波 春泥句集
枯野して松二もとやむかし道 黒柳召波 春泥句集
枯野ただ大き起伏をして果てず 長谷川素逝 砲車
枯野なる心の内を旅すれば 司修
枯野にて子守自分に唄ひだす 平畑静塔
枯野にて抱くぬくみのまぐれ犬 林翔 和紙
枯野にて糟糠のとき惜しみなし 古舘曹人 砂の音
枯野にて見せ合ふ夢もなくなりぬ 高橋龍
枯野に出てなほ喧しき女学生 桂信子 黄 炎
枯野に向き窓くもらせる中學よ 津田清子
枯野に弱々やがてがつきと立つ電柱 寺田京子 日の鷹
枯野に日あまねき時を愉しめり 成瀬桜桃子 風色
枯野に日戸をあけて鳴く鳩時計 秋元不死男
枯野に石誤算の一生ならずとも 堀井春一郎
枯野に置く塩酸の壺煙りおり(クエン酸工場にて二句) 飴山實 『おりいぶ』
枯野のや簑着し人に日の当る 黒柳召波 春泥句集
枯野の一隅日ちりちりにつむじかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく





枯野の中独楽宙とんで掌に戻る 三鬼
枯野の天雪現るる厖然たり 内藤吐天 鳴海抄
枯野の如く人等午笛の中歩む 榎本冬一郎 眼光
枯野の子かがやくものとして弾む 鳥居おさむ
枯野の家の呼鈴が鳴りゐたり 直人
枯野の日の出わが白息の中に見る 野澤節子 黄 瀬
枯野の日帰りて逢へるひとならず 稲垣きくの 黄 瀬
枯野の景胸にあたため日日励む 有働亨 汐路
枯野の水に魚のぼりゐたりけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯野の灯遠き二つは棘つながる 田川飛旅子
枯野の犬水飲み肋動かせる 殿村菟絲子 『路傍』
枯野の絵の父の工場売られたり 田川飛旅子 『植樹祭』
枯野の草こもれりの哥あだ也けり 調泉 選集「板東太郎」
枯野の路の三猿塚をよしと見き 臼田亞浪 定本亜浪句集
枯野の道海が見えざるもどかしや 右城暮石 声と声
枯野の陽果てしポストに口がある 河合凱夫 藤の実
枯野の鹿また突堤に来て立てり 永田耕一郎 方途
枯野はも涯の死火山脈白く 藤沢周平
枯野はも縁の下までつゞきをり 久保田万太郎 草の丈
枯野はや暮るゝ蔀をおろしけり 芝不器男
枯野は雲に金ちりばめて旗も静か 田川飛旅子 花文字
枯野へ向く硝子の英字裏より見ゆ 田川飛旅子 花文字
枯野まで抱き来しボール蹴りはじむ 上野さち子
枯野もとの枯野玄室より出づる 斉藤夏風
枯野ゆくおのれの影に十字架負ひ 成瀬桜桃子 風色
枯野ゆくともりてさらに遠き町 木下夕爾
枯野ゆくまづしきものの服黒し 成瀬桜桃子 風色
枯野ゆくわがこころには蒼き沼 木下夕爾(1914-65)
枯野ゆく一点となりつくすまで 鷲谷七菜子
枯野ゆく一羽の鳶に見おろされ 鈴木真砂女
枯野ゆく人は枯野を見ざりけり 石原八束 風霜記
枯野ゆく人みなうしろ姿なり 石井几輿子
枯野ゆく土墳がくれにひとりづゝ 皆吉爽雨
枯野ゆく女の髪も枯るるもの 檜紀代
枯野ゆく帯を重しと思ひけり 鈴木真砂女
枯野ゆく幼な子絶えず言葉欲り 馬場移公子
枯野ゆく急かれては牛の尻尖り 北原志満子
枯野ゆく我も枯色かもしれぬ 小野沢千鶴
枯野ゆく最も遠き灯に魅かれ 鷹羽狩行(1930-)
枯野ゆく棺のわれふと目覚めずや 寺山修司(1935-83)
枯野ゆく葬の使者は二人連れ 福田甲子雄
枯野ゆく行商の荷の海老生きて 宮下翠舟
枯野ゆく青年はもうふりむかず 遠藤若狭男
枯野ゆく鳴りを鎮めし楽器箱 静塔
枯野よりあふれる日ざし母が縫ふ 飴山實
枯野より千筋の枯をひきゐくる 上田五千石 風景
枯野より帰りたしかむ身の温み 鷲谷七菜子 雨 月
枯野より戻りビー玉で遊ぶ 細見綾子 黄 炎
枯野より手かけて起すドラム罐 榎本冬一郎 眼光
枯野より来て美しき箸づかひ 折原あきの
枯野より枯野へひとの渡りけり 角川春樹
枯野より漕ぎ出て舟の底鳴れり 山口草堂
枯野わたる洋傘直し児を連れて 野澤節子 花 季
枯野中コイン洗車の大看板 金子佳子
枯野中行けるわが紅のみうごく 野澤節子 黄 瀬
枯野人を追ひゆく吾も追はるるか 今瀬剛一
枯野人バナナを出して子をあやす 岸本尚毅 舜
枯野人天に見られてなほ行けり 大串 章
枯野人斧の殺気を持ち来たる 原田青児
枯野人棒立ちゐしが歩き出す 加倉井秋を 『武蔵野抄』
枯野光炎々として書をひらく 窓秋
枯野原ひづみに畑もなかりけり 西山泊雲
枯野原団子の茶屋もなかりけり 子規句集 虚子・碧梧桐選
枯野原歩いていつか曲つてゐた 天野慶子
枯野原汽車に化けたる狸あり 夏目漱石(1867-1916)
枯野原閻魔の大きな口があり 関口眞佐子
枯野原風のとだえに星が飛ぶ 古白遺稿 藤野古白
枯野去り満月が来る熟睡かな 金子兜太
枯野吐き出す発熱の兄妹 対馬康子 吾亦紅
枯野吹く風やがてかの雲を吹く 斎藤空華 空華句集
枯野哉つばなの時の女櫛 西鶴
枯野塚胴と別れし首三千 下村ひろし 西陲集
枯野宿陸奥紙は漉けるかな 野村喜舟 小石川
枯野帰るひとすぢの日を母恩とし 榎本冬一郎 眼光
枯野往診星等率き連れ魔女めきて 渋谷道
枯野征く友は行方を告げぬなり 椎橋清翠
枯野星よな降る音か風音か 富永小谷
枯野星ミンクを飼ふに燈をやらず 中戸川朝人
枯野星括られし鶏肉冠振る 福田蓼汀 山火
枯野星是非を問はるる一行詩 椎橋清翠
枯野星路地へ戻れば大粒に 香西照雄 対話
枯野晴布団の色をはばからず 鳥居おさむ
枯野来し人を喜び牧の犬 佐藤艸魚
枯野来し水に夜業の手を洗ふ 桂信子 黄 炎
枯野来し白ハンカチに折目あり 神尾久美子 桐の木以後
枯野来し目に何もかも枯野色 吉田 長良子
枯野来て人懐しむ奈良古道 伊藤敬子
枯野来て命かなしく海を見ぬ 五味酒蝶
枯野来て四人たまりし渡舟かな 野村喜舟 小石川
枯野来て塔ただちなり見の惜しき 皆吉爽雨 泉声
枯野来て忘れしことを想ひ出す 河野南畦 湖の森
枯野来て水の匂ひにつき当る 原田青児
枯野来て汽罐あかあかと日ひらく 飴山實 『おりいぶ』
枯野来て障子の中の時計聞く 櫻井土音
枯野来る悪意と黒衣離れずに 久保純夫 熊野集
枯野来る貨物列車は灯ともして 坂本登美子
枯野枯山遂に脱がざる鉄仮面 磯貝碧蹄館
枯野渡る人の白衣を撲つ日かな 楠目橙黄子 橙圃
枯野牛雲とびとびの伏目がち 古舘曹人 能登の蛙
枯野行き横渡りまた枯野行く 風生
枯野行くまつはる星を眼にて逐ひ 相馬遷子 雪嶺
枯野行くやレールに沿うて心ほそ 清原枴童 枴童句集
枯野行くや山浮き沈む路の涯 芝不器男
枯野行く人や小さう見ゆるまで 千代尼
枯野行く山浮き沈む路の涯 芝不器男
枯野行く心にほむら兆すまで 小林知佳
枯野行く汽車にかかれる道の地圖 京極杞陽
枯野行く釦の多き少女の服 福田甲子雄
枯野行けば道連は影法師かな 寺田寅彦
枯野行人や小さう見ゆるまで 千代女
枯野行刻々沈む日が標 藤田湘子
枯野見やついでにのぞく百花園 野村喜舟
枯野見る背に夫を感じつつ 石田あき子 見舞籠
枯野走る紙のさくらを満載し 吉野義子
枯野起伏明日といふ語のかなしさよ 加藤秋邨 起伏
枯野路や松をたよりの墓三四 五十嵐播水 播水句集
枯野道ゆく外はなく行きにけり 富安風生
枯野道少女が赤く赤く過ぐ 苑子
枯野道癩園へゆくと知りて居り 石田波郷
枯野道誰かに拍手されゐたり 平井照敏 天上大風
枯野鉄道ところどころに駅と町 加藤耕子
枯野雲わが真上より四方に垂れ 林火
枯野電車に茹で卵むく中学生 飴山實 『おりいぶ』
枯野電車の終着駅より歩き出す 細見綾子(1907-97)
枯野飛ぶ一片の紙刃となつて 上野さち子
枯野馬車かなし見てゐて小さくなる 加倉井秋を 午後の窓
枯野馬車日當りてゆくたのしさよ 加倉井秋を
枯野馬車驢馬は頭を垂れて曳く 高濱年尾 年尾句集
枯野駅のこし汽車来て汽車去れり 奈須ゆう子
柩車ならず枯野を行くはわが移転 西東三鬼
柵透きて枯野入り込む車庫の中 右城暮石 声と声
棹鹿のかさなり臥せる枯野かな 服部土芳 (とほう)(1657-1730)
楊貴妃の宮ありしてふ大枯野 木暮剛平
橋あれば渡り枯野の墓に逢ふ 近藤一鴻
橋越えて渡しにかゝる枯野哉 竹冷句鈔 角田竹冷
機関手が掌に受けて見る枯野の雨 内藤吐天 鳴海抄
母の国足裏に続きゐて枯野 嶋田麻紀
母の帯巻いて枯野に寝起きせり 栗林千津
母背負ひ枯野八丁足震ふ 猿橋統流子
母連れて花野の果ての枯野まで 鳴戸奈菜
母郷とは枯野にうるむ星のいろ 福田甲子雄
毛物飼へる夜怖れのあり枯野人 内田百間
気の狂つた馬になりたい枯野だつた 白泉
水汲みに呼びつれてゆく枯野哉 富田木歩
水筒のぬくみに手触れ枯野中 桂信子 黄 炎
水銀のごとき空ある枯野かな 夏井いつき
氷入れコップに枯野浮き上る 古舘曹人 能登の蛙
汐干ひて干潟につゞく枯野かな 前田普羅 能登蒼し
汝がおもひ枯野に佇てばはろかなり 中尾白雨 中尾白雨句集
汝がむくろ枯野の草に臥てちさき 中尾白雨 中尾白雨句集
江あらはな帆影さす背戸は枯野かな 乙字俳句集 大須賀乙字
決闘の時間を待つてゐる枯野 皆吉司
汽車の汽缶闇に枯野をひきさりぬ 川島彷徨子 榛の木
汽車道の此頃出来し枯野かな 正岡子規
汽車降りてすぐに枯野を行く人等 池内たけし
沖に立つしら波みゆる枯野かな 久保田万太郎 流寓抄以後
河明り芒をほそくする枯野 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
沼の道むかし枯野の兵舎おもふ 瀧春一 菜園
法螺の音の河処より来る枯野哉 夏目漱石 明治四十年
泣きながら一人枯野を歩きけり 高橋淡路女 梶の葉
泣きながら母を追ふ子や枯野道 野村泊月
泣く前の大きな瞳枯野星 今瀬剛一
浅草の塔がみえねば枯野かな 久保田万太郎 草の丈
海こしてまた枯野なる奥をおもふ 佐野良太 樫
海の音の風と争ふ枯野かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
海へ出る風が枯野をまぶしくす 中江月鈴子
渤海を大き枯野とともに見たり 山口誓子
湖のうき上りたる枯野哉 鱸釣
湖の上に吹きよせられし枯野星 岡部六弥太
満天の枯野の星のみなうごく 松本浮木
満月は枯野を照らす策よりなし 橋本夢道 無類の妻
滔々の江を送れども枯野かな 東洋城千句
漱石忌枯野おほかた日が当り 森澄雄
火の山に侍るとみたり大枯野 鈴木真砂女 夕螢
火の山へ荒磯へ枯野道二つ 村松紅花
火を放つ心を持ちて枯野行 筑紫磐井 未定稿Σ
火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ 能村登四部
火を焚けば枯野の風のねらひけり 斎藤空華 空華句集
火遊びの我一人ゐしは枯野かな 大須賀乙字
灰色の空低(た)れかかる枯野哉 夏目漱石 明治三十二年
炭部屋の中から見えし枯野かな 石鼎
点滴は遠い枯野の中落ちる 対馬康子
点滴や枯野を迷ふ耳を持ち 立川華子
烏撃たれ枯野の無惨極まれり 橋本夢道 無類の妻
烽火台とび~にある枯野かな 雑草 長谷川零餘子
無提灯で枯野を通る寒哉 夏目漱石 明治三十二年
煙突の煙に暮るゝ枯野かな 古白遺稿 藤野古白
煙草買ふ連れをまちても枯野かな 久保田万太郎 草の丈
燈が點り枯野の果の村も見ゆ 山口誓子 大洋
燈ともりて那須の枯野にかゝりけり 増田龍雨 龍雨句集
父の呼ぶ遠き枯野を愛しけり 仙田洋子 橋のあなたに
父の雲ひとつ残りし大枯野 大家和子
片頬に日はあり枯野ゆくかぎり 林翔 和紙
牛の顔枯野へ向けて曳き出す 藤田湘子
牛も走る枯野に夜が迫る時 有馬朗人 母国
犬の舌枯野に垂れて真赤なり 野見山朱鳥(1917-70)
犬らしくせよと枯野に犬放つ 山田みづえ 木語
犬屹と遠ちの枯野の犬を見る 阿部みどり女 笹鳴
犬連れて枯野の犬に吠えらるゝ 馬場移公子
狐かも知れず枯野の宿女 山田弘子
猪の砂を身にぬる枯野かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
現在地不明枯野に地図拡ぐ 津田清子
町に来てそちこち寄りぬ枯野バス 遠藤梧逸
畝作りし土は淋しき枯野かな 楠目橙黄子 橙圃
畠にもならでかなしき枯野哉 蕪村遺稿 冬
病むかぎりわが識りてをる枯野道 石田波郷
病める母の障子の外の枯野かな 原石鼎
病夫睡る枯野わが来し寧けさに 石田あき子 見舞籠
療園に枯野延びきて暮れてをり 有働亨 汐路
白き月艶めきそめし枯野かな 相馬遷子 山河
白と化し枯野出られぬ新聞紙 加倉井秋を
白草に日はきらきらと枯野かな 森鴎外
皮剥の業見て過る枯野哉 高井几董
目の前にお台場見ゆる枯野かな 椎橋清翠
目をつむりはろばろ来ぬる枯野あり 長谷川素逝 砲車
目を病めば十歩も遥か夕枯野 木村風師
目刺焼き枯野に恋ふる海の色 藤原たかを
目開けば枯野の鳩となりてゐし 平井照敏 天上大風
真中に松花江ある枯野かな 楠目橙黄子 橙圃
真青な河渡り終へまた枯野 橋本多佳子
眼二つ枯野にありて燃えやすし 柿本多映
石に詩を題して過る枯野哉 蕪村
石をパンに変へむ枯野の鍬火花 堀井春一郎
石碑負ひて枯野何処まで行く人よ 河野静雲
石負うて枯野に人のおはしける 室生犀星 犀星發句集
砂利舟の大工でくらす枯野かな 野村喜舟 小石川
神なにもなさざる枯野大きかり 伊藤通明
神の眼と呼ぶ赤光の枯野星 野見山朱鳥
秘仏見し刻還らざる枯野ゆく 井沢正江 一身
移り来し個室枯野を前にする 宗田安正
空も枯野わが合掌の指先に 古舘曹人 能登の蛙
空ゆけば枯野東南西北に 山口誓子 黄旗
空港と言えど枯野の一部なり 中村耕人
空澄みて拝むほかなき枯野かな 渡邊水巴
窓外の枯野見てゐる煖炉かな 比叡 野村泊月
立死のごとき枯野や甲斐の国 仙田洋子 雲は王冠
筑後川大きく曲り枯野かな 田村木国
紀の川のかりそめにして枯野かな 進藤一考
紅きもの枯野に見えて拾はれず 山口誓子(1901-94)
紅茶欲し枯野の果てに海あれば 原田青児
紙漉は枯野に住みて日和かな 渡辺水巴 白日
絶えず動き枯野にぬくい牛の舌 桂信子 黄 瀬
網をあむ十指に枯野聚りぬ 古舘曹人 能登の蛙
練塀の内迄も来る枯野哉 移竹
縄をもて劃す枯野と無人駅 品川鈴子
繕ひの音か塔より枯野ゆく 皆吉爽雨 泉声
罠逃げて狐落ちゆく枯野かな 広江八重桜
羊蹄(ぎしぎし)は世に多がほの枯野かな 野澤凡兆
美しきもの追ふごとく枯野に出づ 瀧春一 菜園
美しき女に逢ひし枯野哉 寺田寅彦
群雀飛んで枯野の色を出ず 橋本榮治 越在
翔たんとする枯野鴉の歩き出す 山口草堂
翡翆の一閃枯野醒ましゆく 堀口星眠 営巣期
耕せし土黄に照れる枯野かな 楠目橙黄子 橙圃
耳かせばかそけさの音枯野原 安積素顔
耳低く吾子の声待つ枯野中 古館曹人
聖書ひらけば栞くの字に枯野光 嶋田麻紀
自動車の中の日ぬくし枯野行く 新田充穂
船小屋のありて枯野の水添へる 瀧春一 菜園
色々の石に行きあふ枯野かな 上野-無名氏 選集古今句集
芭蕉忌の枯野の端を歩きをり 宇野隆雄
茂吉の死枯野の広さ量られず 阿部完市
茅葺や枯野の口の小商ひ 桃隣
茜とび水がめざめてゆく枯野 高井北杜
茫々と枯野の地獄大夫かな 平井照敏 天上大風
茫漠の枯野ながらも放牧す 高濱年尾
茶の木見て麦に取つく枯野哉 松岡青蘿
茶屋に見る富士つちくれに枯野かな 雑草 長谷川零餘子
草ぐきや鵙も枯野の弱り声 水田正秀
荒海と枯野を隔つ砂丘かな 松尾白汀
荒海の千鳥ぶちまく枯野かな 飯田蛇笏 山廬集
荷をかげに弁当たぶる枯野かな 金尾梅の門 古志の歌
落つる日を惜しみ枯野に車駐め 深見けん二
落人の心戦く枯野哉 寺田寅彦
落武者の如くに憩ひ枯野行 成瀬正とし 星月夜
蒼茫と夕潮寄する大枯野 天田牽牛子
蓄音機針は枯野におりてゆく あざ蓉子
蕭条として石に日の入枯野かな 蕪村
薄い日のそろりと動く枯野かな 幸田露伴 拾遺
藁つんで広く淋しき枯野哉 尚白
虚無僧の物言ひかける枯野哉 爪流
虜れの毛布枯野に垂したり 松崎豊
蟷螂の尋常に死ぬ枯野哉 榎本其角
血のつきし鼻紙さむき枯野かな 許六
血統書の無い犬と枯野を突っ走る 瀬戸青天城
衆目を蹴つて脱兎や枯野弾む 中村草田男
行き合ふて先を問ひ合ふ枯野哉 蘇山人俳句集 羅蘇山人
行き合へる車まさしき枯野かな 尾崎迷堂 孤輪
行き暮れて屯なほ遠き枯野馬車 原田青児
行き消えて又行き消えて枯野人 松本たかし
行馬の人を身にする枯野かな 炭 太祇 太祇句選
衰へし視力枯野の端に立ち 菖蒲あや あ や
襖絵の鶴相寄りて枯野閉づ 橋本榮治 麦生
見かえるや枯野にちさく友病む灯 古沢太穂 古沢太穂句集
見出せし枯野の中の土の家 高濱年尾 年尾句集
見舞人枯野の匂ひまとひ来る 朝倉和江
覚めて又同じ枯野のハイウェイ 深見けん二
詩因逃ぐ枯野に届く拡声ゆえ 田川飛旅子 花文字
詩神棲む枯野けぶりてゐたりけり 仙田洋子 雲は王冠
誰彼も死んでしまへば枯野かな 草間時彦 櫻山
警察犬放ち枯野を捜索す 松岡ひでたか
豆ほどに人を見送る枯野かな 也有
貨車いくたび過ぎし枯野の雨やまず 柴田白葉女 遠い橋
貨車繋ぎ全車輛鳴る大枯野 吉田輝二
赤きもの甘きもの恋ひ枯野行く 草田男
足もとに青草見ゆる枯野かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
足萎の如き枯野の捨て車 八幡より子
足袋少し汚し枯野を越え来たり 鈴木真砂女 夕螢
足裏に除夜の枯野の真平ら 飯田龍太
足高に橋は残りて枯野かな 中川乙由 (1675-1739)
跫音の日暮を誘ふ枯野かな 桜木俊晃
踏み入りて枯野の声につつまるる 竹下陶子
踏めば騒いでいたしかたなき枯野の蘆 細谷源二
身のうちに山を澄ませて枯野ゆく 福田甲子雄
身より心の心より眸の弾む枯野 楠本憲吉
輪くづれの烏落つと枯野ひた暮るゝ 乙字俳句集 大須賀乙字
追ひゆくとも追はれゆくとも枯野人 加倉井秋を 『武蔵野抄』
追ふて逃げる鴉かしこき枯野哉 河東碧梧桐
透明な傘を開いて枯野ゆく 岡田史乃
通夜のため大知識人枯野来る 鈴木六林男
過ぎり来し枯野の如く疲れたり 有働亨 汐路
過去は運にけふは枯野に躓けり 鈴木真砂女
道の上に家を建てゐる枯野かな 大橋櫻坡子 雨月
遠くにも枯野が一つ大枯野 倉田絋文
遠く見る枯野の中の烟かな 夏目漱石 明治三十二年
遠ざかる背のいつしんに枯野かな 石塚友二 方寸虚実
遠山に日の當りたる枯野かな 高浜 虚子
遠方や枯野ゝ小家の灯の見ゆる 一茶 ■寛政五年癸丑(三十一歳)
遠足の列くねり行く大枯野 高浜虚子
郵便受紅塗り枯野に愛を待つ 香西照雄 素心
郵便夫今日の枯野を私す 栗生純夫 科野路
郵便夫急ぐ枯野はあたたかに 吉屋信子
郵便夫枯野に黒く荷を確かむ 田川飛旅子 花文字
鄂博(オボ)とわが影ひくばかり枯野の日 桂樟蹊子
酒倉の土間に日當る枯野かな 長谷川零余子
酒壺と睾丸提げし狸よ枯野を来よ 磯貝碧蹄館 握手
酔ひてぐらぐら枯野の道を父帰る 西東三鬼
酔泣は号泣となる夜の枯野 林 翔
里人や枯野の道を横ぎるも 尾崎迷堂 孤輪
里犬や枯野の跡を嗅ぎありき 椎本才麿
金の時計は東京経由枯野行き 山内康典
金魚玉枯野の色のこれを攻む 栗生純夫 科野路
釣堀のわづかにのこる枯野かな 久保田万太郎 流寓抄以後
鈴鳴らす馬よ枯野は海に尽き 金箱戈止夫
鉦も打たで行くや枯野の小順禮 獺祭書屋俳句帖抄上巻 正岡子規
銃声す枯野の中の誕生日 対馬康子 愛国
銃眼に蒙古の枯野あるばかり 原田青児
閉す門の内にあふれて枯野星 馬場移公子
関屋より道のさだまる枯野哉 召波
閼伽すこし枯野にそそぎ俳諧師 古舘曹人 砂の音
闇動きゐるは枯野を通る貨車 大橋敦子 手 鞠
阿蘇五岳枯野に起ちて雲に遊ぶ 高井北杜
阿蘇火口枯野逆立ちくる如し 橋本鶏二
陣取の咄して行く枯野かな 尾崎紅葉
陰りたるまゝ日のくれとなる枯野 大橋敦子 手 鞠
陽の枯野仮睡の中に傷兵佇つ 大井雅人 龍岡村
陽炎や枯野の時の馬の糞 正岡子規
雁列の突つたちしづむ枯野かな 皆吉爽雨
雑貨屋で切符を買ひぬ枯野駅 石川文子
雨と知りてまた寝こみたり枯野宿 金尾梅の門 古志の歌
雪このかた馬も放たぬ枯野かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
雲の影落ちて動かず大枯野 岡田日郎
雲を呼び枯野大円盤の牛 古舘曹人 能登の蛙
雲見ても生国の海おもふ枯野かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
電球転がる枯野が家路一教師 齋藤愼爾
鞠をつくこゑのちひさき枯野かな 中田剛 珠樹
顧みて馬車まだ見ゆる枯野かな 五十嵐播水 播水句集
風に身をまかせて枯野わたりけり 仙田洋子 橋のあなたに
飛ぶ鳥のしきりに落つる枯野かな 野上豊一郎
飛行機のずしんと降りる枯野かな 長谷川櫂(1954-)
飴牛のかがやきすぐる枯野かな 那須辰造
馬のゐる枯野を好きになりにけり 今井杏太郎
馬の尾にいばらのかゝる枯野哉 蕪村 冬之部 ■ 金福寺芭蕉翁墓
馬叱る声も枯野の嵐かな 曲翠
馬子のせて馬つゝましや枯野道 島村元句集
馬痩せて枯野の露をいたむらし 尾崎紅葉
髪梳くと枯野の匂ひこぼれたり 石川紀子
魚獲ては男枯野の端通る 桂信子 黄 瀬
鮒釣つて金箔こぼす枯野かな 不死男
鳥総松枯野の犬が来てねむる 水原秋櫻子
鳩翔んで汽笛噴き出す枯野の果 三谷昭 獣身
鴉発ち枯野の窪み枯れつくす 三谷昭 獣身
鴟尾あげて枯野の人ら炊ぐなり 和田悟朗
鴨網を立てゝきらめく枯野星 内藤吐天
鵯の来る墓のうしろにある枯野 椎橋清翠
鵲のみが知る戦跡の枯野かな 大場白水郎 散木集
鶺鴒の尾に叩かるゝ枯野かな 野村喜舟 小石川
鷹の目の枯野にすわるあらしかな 丈草
鷹舞へば虚空渦巻く枯野かな 野見山朱鳥
鷺の雪降りさだめなき枯野かな 千代尼
鹿眠る夢の中まで枯野かな 高橋睦郎
黄櫨の木の紅葉見て過ぐ枯野哉 蘇山人俳句集 羅蘇山人
黒牛の眸と枯野の眼われに向く 原裕 葦牙
鼻紙を捨つれば白き枯野かな 尾崎迷堂 孤輪
お天気がこそばゆい枯原に出た シヤツと雑草 栗林一石路
お天気がよい枯原の二三本立つ木 シヤツと雑草 栗林一石路
かけめぐる夢の枯原かぜ落ちてしづかに人は眠りましたり 太田水穂
てのひらに枯原はあり握るべし 河内静魚
なにもない枯原にいくつかの眼玉 片山桃史 北方兵團
やつこ凧も枯原の青空にゐる シヤツと雑草 栗林一石路
戦車も出て枯原の昼休です シヤツと雑草 栗林一石路
枯原にわが空腹の影ながし 相馬遷子 山国
枯原にわれら生者の姿して 栗林千津
枯原に人のあつまる葬かな 大石悦子
枯原に医笈の赤十字血の綿など 片山桃史 北方兵團
枯原に四方ガラスの家を建つ 八木三日女 紅 茸
枯原に大きな影や鳶下りる 長谷川零余子
枯原に小さき日だまり風遊ぶ 棚橋澄子
枯原に手を振れば影よろこびぬ 細川加賀
枯原に海恋ひながら泊りけり 阿部みどり女
枯原に石あり人が泣きに来る 中村苑子
枯原に赤き踵を見せらるる 斎藤玄 玄
枯原に軍医の眼鏡厚かりき 片山桃史 北方兵團
枯原の鉄材に日が倒れゆく 佐藤鬼房
枯原の雪解卒に午後のごとし 野澤節子 黄 瀬
枯原の風が電車になつてくる 富澤赤黄男
枯原は空に果てゆき白根立つヽ 相馬遷子 山國
枯原へ押出してをる山崩れ 京極杞陽 くくたち下巻
枯原や堰に音ある榛の風 飯田蛇笏 山廬集
枯原や溝よりたちし瑠璃鶲 銀漢 吉岡禅寺洞
枯原や留守の戸なりし貰ひ水 飯田蛇笏 山廬集
枯原や雨に白きをまじへきぬ 原田種茅 径
枯原をわがふみ戦いまだ歇まず 片山桃史 北方兵團
横光忌枯原低く飛べるもの 山田みづえ 忘
英霊が着く枯原を人去れり 萩原麦草 麦嵐
朽野に目を剥くメリーゴーランド 二村典子
枯山を出て朽野に憩ふなり 相馬遷子 山河

以上

by 575fudemakase | 2017-01-26 08:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26584470
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング