枯野 の俳句

枯野 の俳句

枯野の例句


枯野 補遺

「もう帰らう」旅の枯野を駛するとき 山口誓子
いくさゆゑうゑたるものら枯野ゆく 長谷川素逝 砲車
いくすぢの小川枯野にかくれけり 松村蒼石 雪
いつの間に枯野のみちの水辺なる 高浜年尾
いつまでも笑ふ枯野の遠くにて 西東三鬼
いづこより来し大足ぞ枯野人 林翔
うしろ向きの車掌が見詰む枯野星 大野林火 青水輪 昭和二十六年
おくれ来し一人が見ゆる枯野かな 高浜年尾
おほわたへ座うつりしたり枯野星 山口誓子
おん顔や枯野の星と生くかぎり 石塚友二 光塵
かがみゐて人待つとなき末枯野 大野林火 早桃 太白集
かくて主の如く枯野を追はれたり 上田五千石 天路
かの丘にこれの枯野に友ら死にき 長谷川素逝 砲車
かまきりのあをきをひろひ末枯野 大野林火 海門 昭和九年
きのふよりけふの枯野の道祖神 雨滴集 星野麥丘人
くぐれよと顕つ虹 枯野の男にも 伊丹三樹彦
ぐんぐんと富士枯原に人里に 中村汀女
けふ一日枯野見くらし妻を恋ふ 山口誓子
この先に待つ女あり枯野行く 日野草城
この枯野代が償はぼ「世の央(なかば)」中村草田男
こみあぐるやうに米磨ぎ枯野を見る 加藤秋邨
さつきまで人ゐしごとし枯野の窪 能村登四郎
しづけさのあきらめにも似枯野の日 安住敦
そのあたり明るく君が枯野来る 西東三鬼
その果に小松の竝ぶ枯野かな 正岡子規 枯野
その枯野澄ますべくある一死木 能村登四郎
それ鷹の斜めに下りる枯野哉 正岡子規 鷹
たそがれの雲光り来し枯野かな 村山故郷
たまたまに蝶見てうれし枯野道 正岡子規 枯野
たゞ見る起き伏し枯野の起き伏し 山口誓子
つひに吾れも枯野のとほき樹となるか 野見山朱鳥 愁絶
つまづきて己れかなしき枯野かな 鈴木真砂女 夏帯
つま先に石さからひし枯野かな 鈴木真砂女 生簀籠
とぼ~と薬負ひ行く枯野かな 河東碧梧桐
とりまいて人の火をたく枯野哉 正岡子規 枯野
どん底を木曽川の行く枯野かな 松本たかし
ひとところ水のまよへる枯野川 鷲谷七菜子 花寂び
ひとの掌の触るることなき枯野の石 桂信子 月光抄
ひらひらと少女愛されつゝ枯野 右城暮石 句集外 昭和二十四年
ふるさとや枯野の果ての汐明り 鈴木真砂女 夕螢
ふるさとや枯野の道に海女と逢ふ 鈴木真砂女 卯浪
ほそぼそと三日月光る枯野哉 正岡子規 枯野
ほのと白し枯野の汽車を遠く見て 相馬遷子 雪嶺
ぽんこつの末枯の原すさまじき 阿波野青畝
またもとの枯野の景となりしかな 安住敦
めいめいに松明を持つ枯野哉 正岡子規 枯野
めづらしく女に逢ひし枯野哉 正岡子規 枯野
もう枯野の色ともちがふ雨の後 能村登四郎
もの卸すトラックがゐてあとは枯野 山口誓子
もの運ぶ幌たかだかと枯野バン 鷹羽狩行
ゆかりなく一里蹤き来し枯野犬 鷹羽狩行
ゆきちがふ枯野の貨車をいつまで見る 加藤秋邨
よく眠る夢の枯野が青むまで 金子兜太
よだれたれ牛は枯野の果見つむ 有馬朗人 母国拾遺
より高く泣く子に泣き止め枯野の子 中村草田男
わが前に生の舌垂れ枯野犬 鷹羽狩行
わが垂るるふぐりに枯野重畳す 加藤秋邨
わが夢の枯野をゆけば笹子鳴く 山口青邨
わが庭のごとく枯野をゆく齢 林翔 和紙
わが影を遠き枯野に置き忘れ 野見山朱鳥 愁絶
わが朱卓すぐに枯野と文づてに 下村槐太 天涯
わが頬の枯野を剃つてをりにけり 渡邊白泉
わが馬をうづむと兵ら枯野掘る 長谷川素逝 砲車
わらんべの犬抱いて行く枯野哉 正岡子規 枯野
われのみのために音立て枯野茶屋 岡本眸
われ等この機翼にたよれり枯野黄に 山口誓子
オリオンが枯野の上に離れたり 山口誓子
オリオンの出て間もあらぬ枯野かな 山口誓子
コントラバス嚢にかくれ枯野行く 秋元不死男
チンドン屋枯原道に多々良踏む 川端茅舎
チンドン屋枯野といへど足をどる 加藤秋邨
トラックの燈に白かりし枯野犬 山口誓子
トンネルをぬけても枯野には逢はず 阿波野青畝
バス通る時刻枯野の中にあり 百合山羽公 寒雁
ヘリコプター自在に枯野傾けて 上田五千石『田園』補遺
ペンひかり枯野のはての月も照る 高屋窓秋
ポケットにポケット瓶や大枯野 雨滴集 星野麥丘人
モーテルは 灯の祭典館 枯野の芯 伊丹三樹彦
一つ家に日の入りかゝる枯野哉 正岡子規 枯野
一つ家に日の落ちかゝる枯野哉 正岡子規 枯野
一つ家に鉦打ち鳴らす枯野哉 正岡子規 枯野
一匹の狼ならず枯野山羊 野見山朱鳥 愁絶
一夜雪枯野は遠きものとなる 松崎鉄之介
一対か一対一か枯野人 鷹羽狩行
一村は竹緑なる枯野哉 正岡子規 枯野
一枚の蒼天傾ぎ枯野と逢ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
一気に入り行けば行かれん夜の枯原 右城暮石 句集外 昭和二十八年
一軒家天に烟らす枯野かな 村上鬼城
一風船ただよひ枯野力づく 鷲谷七菜子 黄炎
七輪あふぐ女の尻を枯野に向け 森澄雄
三日月や枯野を歸る人と犬 正岡子規 枯野
三日月を相手にあるく枯野哉 正岡子規 枯野
三月の枯野を見たる旅一歩 能村登四郎
上堤を外れ枯野の犬となりゆけり 山口誓子
主へ走る枯野の犬や尾を卍 中村草田男
乳母車枯野へと押す油を差し 伊丹三樹彦
予後の身をいとひて枯野灯しけり 角川源義
事故現場にて眼に余る枯野の雲 右城暮石 声と声
二つ三つ石ころげたる枯野哉 正岡子規 枯野
二重連ともに枯野を煙らする 山口誓子
二階より枯野におろす柩かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
五六人行くや枯野の一つ道 正岡子規 枯野
人もなし夕日落ちこむ枯野原 正岡子規 枯野
人妻のぬす人にあふ枯野哉 正岡子規 枯野
人語過ぎ枯野の城の小さしや 角川源義
仏の眼八方枯野ばかりかな 草間時彦 中年
伊賀の川枯野にて身をくらませり 山口誓子
伸び上れば海原見ゆる枯野かな 正岡子規 枯野
低き木に月上りたる枯埜哉 正岡子規 枯野
何うらむさまか枯野の女郎花 正岡子規 枯野
何もなし墓原ばかり枯野原 正岡子規 枯野
何を照らす枯野の天を照射して 右城暮石 句集外 昭和三十九年
佝僂に遇ひし心をかしみ枯野の日 原石鼎 花影
信長の榎殘りて枯野哉 正岡子規 枯野
信長の榎淋しき枯野哉 正岡子規 枯野
修道尼の頬に血のぼる枯野の日(清瀬) 細見綾子
働きて帰る枯野の爪の艶 細見綾子
僧一人横にしくるゝ枯野哉 正岡子規 枯野
元日や枯野のごとく街ねむる 加藤秋邨
全灯を点けての後も枯野汽車 鷹羽狩行
八方に山のしかかる枯野かな 松本たかし
六日月枯野の線をはしらしめ 加藤秋邨
兵の赤黄枯野遠別糞し行く 齋藤玄 飛雪
冬ざれて枯野へつづく妻の手か 日野草城
出直しの利かぬ日輪枯野を過ぐ 橋閒石 卯
切通し出て天邊の枯野星 石塚友二 磯風
列車には間に合ふ時間枯野昏れ 津田清子
刻々と枯野上空の時うつる 山口誓子
前燈車燈同じ速さに枯野すすむ 山口誓子
北辺行大枯野ただ団々たり 伊丹三樹彦
十円銅貨拾ふ枯野の一起点 岡本眸
厠にをりてかがめばひしと枯野寄る 森澄雄
只人の墓の群がる枯野哉 前田普羅 普羅句集
君と共に菫摘みし野は枯れにけり 正岡子規 枯野
吹きさらしに馬一つ行く枯野かな 河東碧梧桐
吹き亘る枯野の風の夜もすがら 石塚友二 光塵
吾が妻よ枯野の空を翔けて恋ふ 山口誓子
吾子の顔枯野に熱し西部劇 飴山實 おりいぶ
吾家に来る猫を枯野の中に見る 山口誓子
哈爾浜の枯野上空の路しげき 山口誓子
唇の紅さ枯野を粛殺す 日野草城
商人の敵地にはいる枯野かな 正岡子規 枯野
噴煙は枯野に獅子の影なせる 水原秋櫻子 殉教
嚢負ふひとや枯野に家見えねど 山口誓子
四方八方枯野を人の通りける 正岡子規 枯野
四方枯野たるを燈ともして忘る 橋本多佳子
土間口に夕枯野見ゆ桃色に 金子兜太
地に下りし鳶に引かるゝ枯野かな 河東碧梧桐
地の窪に臀埋め一教師と枯野 原裕 葦牙
城市遠く枯野の波のかなたかな 長谷川素逝 砲車
塗師が見て枯野にはかに明るみぬ 岡井省二 山色
塗装工来り枯野を甘酸くする 伊丹三樹彦
壕を出て枯野の夕日一身に 松崎鉄之介
声出せば枯野に我のゐたりけり 草間時彦 櫻山
夕日いちめん枯野真中の木も枯れて 大野林火 冬雁 昭和二十二年
夕日負ふ六部背高き枯野かな 正岡子規 枯野
夕映富士枯野の果てにかがまりぬ 角川源義
夕鴉声おとしゆく枯野かな 上村占魚 鮎
夜の枯野きらゝに通る電車かな 日野草城
夜の枯野たゞ遠き灯のあるばかり 高浜年尾
夜の枯野ガソリンを売る燈が暗し 山口誓子
夜の枯野来りて駅に落ちあへり 山口誓子
夜の枯野来る両眼の爛々と 山口誓子
夜の枯野開拓村の燈がちらと 山口誓子
夜を帰る枯野や北斗鉾立ちに 山口誓子
夢の中につらなるごとき枯野径 能村登四郎
大いなる悲の器とし置く枯野 伊藤白潮
大いなる枯野に堪へて画家ゐたり 大野林火 海門 昭和十年
大き掌に枯野来し手をつつまるる 桂信子 女身
大き枯野がそこよりひらけ朱のポスト 加藤秋邨
大き枯野に死は一点の赤とんぼ 加藤秋邨
大小の荷が歩みゆく枯野父子 中村草田男
大戦果絶えて枯野の日は烈し 渡邊水巴 富士
大木の雲に聳ゆる枯野哉 正岡子規 枯野
大枯野い征きみどりのひた恋ほし 伊丹三樹彦
大枯野ただに家信は愛しきろ 伊丹三樹彦
大枯野ほとべのごとく夜に入る 岸田稚魚 雁渡し
大枯野傾きて山を低うせる 山口誓子
大枯野兵馬いく夜も鉄路の上 伊丹三樹彦
大枯野壁なす前に歯をうがつ 西東三鬼
大枯野日本の夜は真暗闇 山口誓子
大枯野牛あらはれて完成す 加藤秋邨
大枯野牧牛をればみどりあり 深見けん二
大根畑枯野を青く塗り替へぬ 阿波野青畝
大石の馬をもかくす枯野かな 松本たかし
大鳥の空摶つて飛ぶ枯野かな 村上鬼城
大鴉朝虹を飛ぶ枯野かな 角川源義
天つ日と我とまつはる枯野かな 原石鼎 花影
天狼の趾かそれとも枯野の燈か 山口誓子
天皇を送り枯野にひとりもゐず 山口誓子
太棹三味線(ふとざを)の音ある枯野や下駄すげる 中村草田男
太陽はエロス枯野に島の頭 金子兜太
女ひとり枯野を通る振分荷 山口誓子
女医昼餉わかつ枯野の犬呼びて 伊丹三樹彦
女歩くすでに枯野を遠く来て 山口誓子
女狐の石になつたる枯野哉 正岡子規 枯野
如何なる日白衣傷兵枯野を来る 相馬遷子 山国
妻来ると枯野かゞやく昼餉前 野見山朱鳥 曼珠沙華
姉の墓枯野明りに抱き起す 西東三鬼
子と歌ひながら枯野を母がりヘ 野見山朱鳥 天馬
子のリボン枯野に紅を点じゆく 伊丹三樹彦
子の匙に枯野が裂けて射す朝日 飴山實 おりいぶ
子の土足枯野を見むと車席攀づ 伊丹三樹彦
子の土足枯野を見んと車席攀づ 伊丹三樹彦
子の指先弥次郎兵衛立つ大枯野 西東三鬼
字を彫りて石に意味出る枯野星 上田五千石『風景』補遺
客帰る枯野が土堤を作す道を 山口誓子
宮城野の萩の下葉に死後も待つ 佐藤鬼房
宮柱枯野の果の水光る 桂信子 草影
家として材を組む枯野透くままに 山口誓子
家まれに枯野のうねり道のうねり 長谷川素逝 砲車
家建ちて硝子戸入るゝ枯野かな 渡邊水巴 白日
寂として枯野の一日電線と 加藤秋邨
寝てゐては見えぬ枯野の一戸かな 能村登四郎
寝て夢路起きて枯野路行くもひとり 福田蓼汀 秋風挽歌
小さき家に人入りて枯野たそがれぬ 種田山頭火 自画像 層雲集
小半日ゐて枯野鴉にもならず 能村登四郎
小鳥死に枯野よく透く籠のこる 飴山實 少長集
少しづつ薄くなりゆく枯野かな 岸田稚魚 紅葉山
屋上で枯野見ており非番の火夫 飴山實 おりいぶ
山かこむ枯野の中の山一つ 松本たかし
山遠く川流れたる枯野哉 正岡子規 枯野
山間の打傾ける枯野かな 松本たかし
岐路に来て西日やすらぐ枯野かな 松村蒼石 雁
工場の紅炉に枯野はじまれり 山口誓子
己が声の大きすぎたる枯野かな 燕雀 星野麥丘人
市中の獄もとは枯野の中なりしを 山口誓子
帝王の夢枯野鴉のただよへり 角川源義
年の暮枯野の沖を人車ゆく 角川源義
影もみな背骨ただせる枯野かな 平井照敏 猫町
彼をうめしただの枯野を忘るまじ 長谷川素逝 砲車
往き逢ひしときより枯野又遠し 山口誓子
思ひ出のキラリと光る枯野かな 鈴木真砂女 都鳥
悴みて師を託しおく末枯野 角川源義
我のみの枯野の我の立ちあがる 中村草田男
戦の如くに葬旗枯野行く 野見山朱鳥 曼珠沙華
戦傷を医す枯野煙いくすぢも 伊丹三樹彦
戦友正夫みちのくの枯野に葬る 金子兜太
手に何も持たぬ農婦が枯原出る 右城暮石 句集外 昭和三十六年
手を口にあげては食ふ枯野人 中村草田男
投函にいくたびも出てぬくき枯野 下村槐太 天涯
抱いて呉るゝほどのあたゝか枯野行く 及川貞 夕焼
抱けば子が首に手を纏く枯野中 伊丹三樹彦
押しベル即朗声枯野を黙し来て 香西照雄 素心
押迫る枯野や煙草火を得つつ 藤田湘子 途上
振れるだけ振る尾 枯野の棄て仔犬 伊丹三樹彦
捨トラックさしもかしがず枯野久し 中村草田男
掌に枯野の低き日を愛づる 山口誓子
提灯の一つ家に入る枯野哉 正岡子規 枯野
提灯の星にまじりて枯野哉 正岡子規 枯野
撫でてゐしが又一撃す枯野の杭 能村登四郎
敗犬去れば眼をしばたたき枯野犬 中村草田男
教科書の重み負ひゆく枯野の子 中村草田男
断崖にのりあげてゐる大枯野 野見山朱鳥 幻日
旅びとにがらんどうなり大枯野 中村苑子
旅二人話なくて越す枯野哉 正岡子規 枯野
旅二人話盡きたる枯野哉 正岡子規 枯野
旅二人話盡きぬる枯野哉 正岡子規 枯野
旅人の咄しして行く枯野かな 正岡子規 枯野
旅人の蜜柑くひ行く枯野哉 正岡子規 枯野
旅人や枯野の月を仰ぎけり 高野素十
旅客機のしづけさ枯野よりしづか 山口誓子
日と月の光の授受や枯野の刻 中村草田男
日のあたることすぐさめて枯野なり 山口誓子
日のさすや枯野のはての本願寺 正岡子規 枯野
日光はうつろ充たして枯野かな 渡邊水巴 白日
日本のへそと定まる枯野かな 阿波野青畝
日蓮に似し顔が来る枯野道 飯田龍太
日野薬師寺よりの枯野となりにけり 鈴木真砂女 夏帯
明るけれど枯野あたたむる光ならず 山口誓子
昏黒なる枯野に何を見んとする 加藤秋邨
昨日の恋炎々といま枯野光 中村苑子
昼酒の唄や枯野へ筒抜けに 大野林火 青水輪 昭和二十四年
晩年の過ぎゐる枯野ふりむくな 斎藤玄 雁道
晩照や手ぶらでかへる枯野牛 上田五千石『田園』補遺
晴れゆくにつれて風たつ枯野かな 上村占魚 鮎
更くる夜の枯野に低し箒星 正岡子規 枯野
月さすや枯野にのこる夕茜 水原秋櫻子 殉教
望台は枯野見さくるに低からず 山口誓子
末枯野ゆき寂しさをみだすなし 野見山朱鳥 愁絶
末枯野佇てばゆきどのあるごとし 山田みづえ 忘
朽野に天皇祭の国旗かな 山口青邨
朽野を行きゆきて肩あたたまる 森澄雄
村人の都へ通ふ枯野哉 正岡子規 枯野
杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼
杜出でし道を枯野に放ちたり 山口誓子
東京の響枯野を越えて来る 橋閒石 雪
松杉や枯野の中の不動堂 正岡子規 枯野
枕木を枯野一駅歩み来し 山口誓子
枯原にわが空腹の影ながし 相馬遷子 山国
枯原に使ひ果たせしマッチ箱 右城暮石 句集外 昭和四十四年
枯原に北風つのり子等は去り 西東三鬼
枯原に御厩の馬を石としぬ 山口誓子
枯原に暮れて吹かれて紙風船 上田五千石『田園』補遺
枯原に来て錆鍵を拾ひけり 三橋鷹女
枯原に火をあやまてばとて立てる 右城暮石 散歩圏
枯原に畜類を白き石としぬ 山口誓子
枯原に石あり人が泣きに来る 中村苑子
枯原に鈍の駱駝を石としぬ 山口誓子
枯原に降り込む霰のみの音 右城暮石 散歩圏
枯原の径涸池の中に消ゆ 右城暮石 句集外 昭和三十三年
枯原の水越ゆ影を踊らせて 右城暮石 句集外 昭和二十三年
枯原の石の白馬に騎りし王よ 山口誓子
枯原の近道駅の柵の穴 右城暮石 句集外 昭和三十四年
枯原の鉄材に日が倒れゆく 佐藤鬼房
枯原の雪解卒に午後のごとし 野澤節子 未明音
枯原の風が電車になつてくる 富澤赤黄男
枯原は空に果てゆき白根立つ 相馬遷子 山国
枯原や一路腹立つ程真直 日野草城
枯原や堰に音ある榛の風 飯田蛇笏 山廬集
枯原や留守の戸なりし貰ひ水 飯田蛇笏 山廬集
枯原を奔るや天使図脇ばさみ 西東三鬼
枯原を見て風葬をあやしまず 山口誓子
枯原を追へるわが機の影を愛す 西東三鬼
枯山を出て朽野に憩ふなり 相馬遷子 山河
枯野あたたか鉄錆の服をぬぐ 佐藤鬼房
枯野ありひかりに紛れ人は見えぬ 金子兜太
枯野あり夕のひかりに眠り易し 金子兜太
枯野あり朝のひかりに目覚め易し 金子兜太
枯野かけ来て千年をうもれし馬車 有馬朗人 天為
枯野から次の枯野へ曲馬団 鷹羽狩行
枯野きてふりむくランプに胸疼く 赤尾兜子 蛇
枯野きて修羅の顔なり入間川 角川源義
枯野ただ大き起伏をして果てず 長谷川素逝 砲車
枯野とはいへども鋪道月照りて 川端茅舎
枯野とはしづかに離れゐるこころ 平井照敏
枯野とぶ高度を既に失へり 山口誓子
枯野にて抱くぬくみのまぐれ犬 林翔 和紙
枯野にて糟糠のとき惜しみなし 古舘曹人 砂の音
枯野に住む灯の無き停留所を使ひ 岡本眸
枯野に出てなほ喧しき女学生 桂信子 女身
枯野に動くトラックの上といはず 鷹羽狩行
枯野に向き窓くもらせる中学よ 津田清子 礼拝
枯野に日戸をあけて鳴く鳩時計 秋元不死男
枯野に来て降り出せし雨にほひ立つ 松崎鉄之介
枯野に灯あればかならず団居(まどゐ)の灯 鷹羽狩行
枯野に画架 塔は赤くも 青くも塗る 伊丹三樹彦
枯野に置く塩酸の壺煙りおり 飴山實 おりいぶ
枯野に雨浸むを見てをり二階より 能村登四郎
枯野に音足の方から慄へが来る 岸田稚魚 雁渡し
枯野の中独楽宙とんで掌に戻る 西東三鬼
枯野の墓平らたい骨は禿げ頭だ 金子兜太
枯野の家の呼鈴が鳴りゐたり 廣瀬直人
枯野の川青鈍の瞬き連らね 金子兜太
枯野の日の出わが白息の中に見る 野澤節子 未明音
枯野の日癌の死つひに家系にも 星野麥丘人
枯野の日職場出できし顔にさす 西東三鬼
枯野の時歩世の時歩「通過」許されざる 中村草田男
枯野の杭打てばしたたり鳶の笛 飴山實 おりいぶ
枯野の水に魚のぼりゐたりけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
枯野の火暗涙といふことを知る 加藤秋邨
枯野の碑たづぬと鶏の不審顔 角川源義
枯野の絵枯木の家に遺されぬ 加藤秋邨
枯野の縁に熱きうどんを吹き啜る 西東三鬼
枯野の路の三猿塚をよしと見き 臼田亜郎 定本亜浪句集
枯野の道海が見えざるもどかしや 右城暮石 声と声
枯野の銃乙女の胸辺撃ちたからん 中村草田男
枯野ひそか脱兎一途の直進に 中村草田男
枯野またきのふの色の雲移る 鷲谷七菜子 黄炎
枯野も市内バスが点燈して通る 山口誓子
枯野ゆきゆきて仏掌上を出ず 鷹羽狩行
枯野ゆくうちに一本白髪伸び 平畑静塔
枯野ゆく一点となり尽すまで 鷲谷七菜子 黄炎
枯野ゆく一羽の鳶に見おろされ 鈴木真砂女 夏帯
枯野ゆく大いに窪むところ過ぎ 鷹羽狩行
枯野ゆく大き車輪に紅の輪を 山口誓子
枯野ゆく帯を重しと思ひけり 鈴木真砂女 居待月
枯野ゆく星にも子持星ありて 鷹羽狩行
枯野ゆく最も遠き灯に惹かれ 鷹羽狩行
枯野ゆく河ゆく車輪ひゞきなき 山口誓子
枯野ゆく睫毛をとほす陽に真向き 佐藤鬼房
枯野ゆく芭蕉も据ゑし三里の灸 鷹羽狩行
枯野ゆく虎に逢うやはた猫に逢うや 山口青邨
枯野ゆく虎より怖ろしき人にあふ 山口青邨
枯野ゆく貨車に日当る鉄路あり 桂信子 草影
枯野ゆく鳴りを鎮めし楽器箱 平畑静塔
枯野よし白雲かゝる山なしに 山口誓子
枯野より低き邑ありあらはるる 大野林火 早桃 太白集
枯野より入り来て鼠部屋走る 山口誓子
枯野より千筋の枯をひきゐくる 上田五千石 風景
枯野より帰りたしかむ身の温み 鷲谷七菜子 銃身
枯野より帰る両手を暗く垂れ 秋元不死男
枯野より戻りビー玉で遊ぶ 細見綾子
枯野より来ればいきいき駅ともる 山口誓子
枯野わたる洋傘直し児を連れて 野澤節子 花季
枯野をあるいてきて子供はないかなどいはれ 種田山頭火 自画像 落穂集
枯野バス通ると聞くも遂に見ず 岡本眸
枯野中わづかに焦げて窪に水 岡本眸
枯野中行けるわが紅のみうごく 野澤節子 未明音
枯野中風が耳打ちして去りぬ 鈴木真砂女 紫木蓮
枯野人より隠り沼を教へられ 能村登四郎
枯野光わが往く先をわれ歩く 中村苑子
枯野原團子の茶屋もなかりけり 正岡子規 枯野
枯野原見覚えのある一路哉 尾崎放哉 大学時代
枯野寥架橋のひびき夜にこもり 佐藤鬼房
枯野川空色奪ひふとりゆく 角川源義
枯野帰る胸に灯ともる君らの詩 能村登四郎
枯野広くて遠方に燈が点る 山口誓子
枯野星こころ鋭き目をあつめ 飯田龍太
枯野星括られし鶏肉冠振る 福田蓼汀 山火
枯野星路地へ戻れば大粒に 香西照雄 対話
枯野来し人の指環の光りけり 前田普羅 普羅句集
枯野来し顔のきびしさ弛まざる 加藤秋邨
枯野来てしづしづ濡らす墓の肩 中村苑子
枯野来て帝王の階をわが登る 山口誓子
枯野来て汽罐あかあかと口ひらく 飴山實 おりいぶ
枯野樹ありて馬のやさしき 中川一碧樓
枯野歩む枯野の色の作業服 草間時彦 中年
枯野母子語るか柵に横凭れ 中村草田男
枯野測量二人呼応は嬉しげに 中村草田男
枯野焦げ車輪を上に列車倒れ 山口誓子
枯野牛雲とびとびの伏目がち 古舘曹人 能登の蛙
枯野犬四肢とも速歩やまざるも 山口誓子
枯野発つ鳥や双翼二度に光り 中村草田男
枯野茫々 自身叱咤し歩き出す 伊丹三樹彦
枯野菊廊下に出して寝たりけり 杉田久女
枯野薄暮乳見せて子を呼ぶが見ゆ 加藤秋邨
枯野行きおのづからなる思ひに落ちん 細見綾子 桃は八重
枯野行き橋わたりまた枯野行く 富安風生
枯野行くまつはる星を眼にて逐ひ 相馬遷子 雪嶺
枯野行く人の姿に影もなし 高浜年尾
枯野行く抱ける鶏のぬくみかな 右城暮石 句集外 大正十年
枯野行く牛を農夫はむちうたず 有馬朗人 母国
枯野行く狭軌まことに狭くして 山口誓子
枯野行く美人をしばし眺めたり 永田耕衣
枯野行く貧しき移転にも日洩れ 西東三鬼
枯野負ひて癒えゆく世苦もなまなまと 加藤秋邨
枯野起伏明日といふ語のかなしさよ 加藤秋邨
枯野路に影かさなりて別れけり 杉田久女
枯野路の起き伏し大き寺も見ゆ 村山故郷
枯野道まつすぐに来て終りけり 藤田湘子 てんてん
枯野道ゆく外はなく行きにけり 富安風生
枯野道橋渡るときやや高まる 富安風生
枯野道癩園へゆくと知りて居り 石田波郷
枯野道童女が赤く唄ひ過ぐ 中村苑子
枯野道誰かに拍手されゐたり 平井照敏 天上大風
枯野道轍を深くさいなまる 富安風生
枯野遠くゆく香水の水脈を曳き 伊丹三樹彦
枯野遠く日箭にはたらく保線夫よ 飴山實 おりいぶ
枯野雲わが真上より四方に垂れ 大野林火 冬雁 昭和二十一年
枯野雲力ゆるべば暮るるのみ 岡本眸
枯野電車に茄で卵むく中学生 飴山實 おりいぶ
枯野電車の終着駅より歩き出す 細見綾子
枯野馬車鞭ぱんぱんと空を摶つ 山口誓子
枯野馬車驢馬は頭を垂れて曳く 高浜年尾
枯野鴉が涸れし泉の水飲みに 安住敦
枯野鴉の啄みたりし何の朽葉 安住敦
枯野鴉の帰るほかなき枯古墳 安住敦
枯野鴉モンキーバナナ嗤はるる 角川源義
枯野鴉何か呟く意は成さず 安住敦
枯野鴉死よりも老を怖れけり 安住敦
枯野鴉浜に漁れば浜鴉 鈴木真砂女 居待月
枯野鴉老のあとには何もなし 安住敦
枯野鴉耳澄まし聴く雪来るか 安住敦
柩車ならず枯野を行くはわが移転 西東三鬼
柵透きて枯野入り込む車庫の中 右城暮石 声と声
梅干の紅が眼にしむ枯野なり 富澤赤黄男
梶棒を顔へ高揚げ枯野人 中村草田男
森こえて枯野に來るや旅鳥 正岡子規 枯野
楼に見て枯野は遠くより来る 山口誓子
楽浪郡枯野をかへし丘を掘りぬ 山口誓子
横一文字の燈は枯野行く列車 山口誓子
横光忌枯原低く飛べるもの 山田みづえ 忘
歩きゐし翳の枯野かいま明るし 山口誓子
歯を出して笑ふ芸人枯野の汽車 伊丹三樹彦
歳月や枯野おもへばこそばゆし 三橋鷹女
死が近し端より端へ枯野汽車 西東三鬼
死者たちの横むきにゐる枯野かな 平井照敏
殺佛や枯野をわたる破戒佛 永田耕衣
母うつむき吾は顔上げ枯野ゆく 山田みづえ 木語
比喩もろとも信仰消えて枯野の日 中村草田男
気の狂つた馬になりたい枯野だつた 渡邊白泉
氣車あらはに枯野を走る烟哉 正岡子規 枯野
水筒のぬくみに手触れ枯野中 桂信子 女身
水音に暫し沿ひゆく枯野かな 松本たかし
氷入れコップに枯野浮き上る 古舘曹人 能登の蛙
汐干ひて干潟につゞく枯野かな 前田普羅 能登蒼し
汽車の月虚空を飛べる枯野かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
汽車はやくしりぞく枯野その河川 山口誓子
汽車道に鳩の下り居る枯野哉 正岡子規 枯野
汽車道の此頃出來し枯野かな 正岡子規 枯野
洗場や枯野に藁の衝立して 川端茅舎
海老汲むと日々に歩きぬ枯野人 前田普羅 普羅句集
渤海を大き枯野とともに見たり 山口誓子
滿月の半分出かゝる枯野かな 正岡子規 枯野
漁場廃れきつて枯野にあなどらる 岡本眸
激戦の枯野の道に死せしひとよ 山口誓子
火の山に侍るとみたり大枯野 鈴木真砂女 夕螢
火の色や わが背はとほく枯野へつづく 富澤赤黄男
火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ 能村登四郎
灯の街をより大いなる枯野が巻く 加藤秋邨
炭部屋の中から見えし枯野かな 原石鼎 花影
点燈に遇ふまでわれは枯野人 上田五千石 天路
烏飛び牛去りて枯野たそかるゝ 正岡子規 枯野
烟るなり枯野のはての浅間山 村上鬼城
煖房車枯野見てゐし子は睡れり 山口誓子
熊笹の緑にのこる枯の哉 正岡子規 枯野
燈が点り枯野の果の村も見ゆ 山口誓子
片頬に日はあり枯野ゆくかぎり 林翔 和紙
牛の顔枯野へ向けて曳き出す 藤田湘子 途上
牛も枯野も色淡くあり慰まず 能村登四郎
牛も走る枯野に夜が迫る時 有馬朗人 母国
牛歸る枯野のはてや家一つ 正岡子規 枯野
牛車十程ならぶ枯野哉 正岡子規 枯野
牡蠣打つて帰るばかりの枯野人 斎藤玄 狩眼
犬の舌枯野に垂れて真赤なり 野見山朱鳥 曼珠沙華
犬らしくせよと枯野に犬放つ 山田みづえ 木語
犬吠て枯野の伽藍月寒し 正岡子規 枯野
犬枯野より来て町坂を走せ下る 山口誓子
犬駈けりやまぬを枯野堪へゐたり 鷹羽狩行
狐火や那須の枯野に小雨ふる 正岡子規 枯野
猟犬の仔犬枯野を嗅いでばかり 中村草田男
猫も野の獣ぞ枯野ひた走る 山口誓子
猫背ならいっそ 賢治似で歩こうか 枯野 伊丹三樹彦
獄の子へ枯野をいそぐ母と包 能村登四郎
現在地不明枯野に地図拡ぐ 津田清子
生きてみばや枯野の犬と生命共に 中村草田男
生き馬のゆくに従ひ枯野うごく 西東三鬼
生垣に外は枯野や球遊び 正岡子規 枯野
町ぐるみ枯野なりけり唾光る 渡邊白泉
疾走をつづく枯野の犬に飽き 鷹羽狩行
病むかぎりわが識りてをる枯野道 石田波郷
病む母が倦みゐむ枯野なつかしき 石田波郷
病める母の障子の外の枯野かな 原石鼎 花影
病院より枯野来しかど臭は脱けず 山口誓子
病院機枯野に貨車を見失ふ 伊丹三樹彦
発車の笛遠き枯野の駅なれども 山口誓子
白き月艶めきそめし枯野かな 相馬遷子 山河
白旗や枯野の末の幾流れ 正岡子規 枯野
目ひらきて夢は枯野を阿修羅神 森澄雄
目ほそめて誰も枯野の野火を見き 加藤秋邨
目をつむりはろばろ来ぬる枯野あり 長谷川素逝 砲車
目路遠く菊をゆたかに枯野の墓 山口青邨
目開けば枯野の鳩となりてゐし 平井照敏 天上大風
目鼻見ゆるまで来て枯野人外れぬ 橋閒石 雪
相寄りし枯野自転車また左右ヘ 西東三鬼
真夜中の枯野つらぬく貨車一本 西東三鬼
眷恋や枯野斜めに抜け来り 安住敦
眼をあげてみても枯野にかはりはなし 安住敦
矢鱈煙いもの焚き枯野たらむとす 岡本眸
石と石打つて生む火を枯野原 加藤秋邨
石獣の背骨隆しも枯原に 山口誓子
石獣は前脚を折りて枯原に 山口誓子
石積が美し枯野を見まはすなり 岡井省二 有時
碧き眼の露西亜乗務員の眼に枯野 山口誓子
磐梯の枯野這ふ虹色尽す 角川源義
神の眼と呼ぶ赤光の枯野星 野見山朱鳥 愁絶
祭壇の灯まで未練な枯野の泥 橋閒石 風景
祷りたし枯野のひかりかきあつめ 平井照敏
秋ちらほら野菊にのこる枯野哉 正岡子規 枯野
移動部隊の兵馬と別る枯原に 松崎鉄之介
稿の前あたたかき枯野もう寒し 森澄雄
空からの枯野へ夕日寒星も 高屋窓秋
空も枯野わが合掌の指先に 古舘曹人 能登の蛙
空ゆけば十方あかるく枯野黄に 山口誓子
空ゆけば枯野東南西北に 山口誓子
空澄みて拝むほかなき枯野かな 渡邊水巴 白日
空色の水飛び飛びの枯野かな 松本たかし
突如逝きし君に枯野の家残る 松崎鉄之介
立ちいでし散歩に温くき枯野かな 河東碧梧桐
紅きもの枯野に見えて拾はれず 山口誓子
紅を着て消えも入らずに枯野ゆく 上田五千石『琥珀』補遺
紙屑をすてて枯野をひからしむ 加藤秋邨
紙漉は枯野に住みて日和かな 渡邊水巴 白日
索然と枯野に落す入歯かな 河東碧梧桐
網をあむ十指に枯野聚りぬ 古舘曹人 能登の蛙
縄跳びの間隔置きて枯野すすむ 山口誓子
纏足のゆらゆらと来つゝある枯野 山口誓子
罠を見て落莫枯野引き返す 能村登四郎
翔び立ちしものも枯野の起伏より 稲畑汀子
翼傾ぐことあり枯野平遠に 山口誓子
老婆切株となる枯原にて 三橋鷹女
耳折つて犬枯野より逃げ去れり 山口誓子
肥牛の馥郁たりや枯野に日 森澄雄
胸はりて我にものいふ枯野の子 加藤秋邨
腐れし歯あまたを抜きて枯野帰る 西東三鬼
腕を無限に延ばして押さう枯野の牝猫 永田耕衣
臍の緒がとれて枯野の照り昃り 橋閒石 荒栲
舌を収めてもの考へて枯野犬 中村草田男
舩曳の斜めにそろふ枯野哉 正岡子規 枯野
芦ペンに描かれしかこの枯野の絵 能村登四郎
花もなき原も名に立つ枯野哉 正岡子規 枯野
花野見え枯野見えつつ日向ぼこ 後藤比奈夫
茫々と枯野の地獄大夫かな 平井照敏 天上大風
茫漠の枯野ながらも放牧す 高浜年尾
草鞋薄し枯野の小道茨を踏む 正岡子規 枯野
荒海の千鳥ぶちまく枯野かな 飯田蛇笏 山廬集
莚帆の白帆にまじる枯野哉 正岡子規 枯野
莨火にも由布の枯野の燃えやすき 橋本多佳子
落つる日を惜しみ枯野に車駐め 深見けん二
落日の枯野軍手が潰れてた 渡邊白泉
落葉松をいでて枯野の夕月夜 水原秋櫻子 殉教
葬禮の二組つゞく枯野哉 正岡子規 枯野
葬禮の旗ひるがへる枯野哉 正岡子規 枯野
葱提げて枯野の渚渉り来し 上田五千石 天路
蓮の田は乱世のごとき枯野かな 阿波野青畝
蕎麦すする枯野の顔の灯りをり 角川源義
薄とも蘆ともつかず枯れにけり 正岡子規 枯野
薬瓶並ぶ壁より発す枯野の色 上田五千石『田園』補遺
藪刈つて川音近き枯野かな 角川源義
虹消えて枯野にひらく湖の碧 角川源義
螺子ゆるき錠閉し窓下まで枯野 岡本眸
蟻程に枯野の家の竝びかな 正岡子規 枯野
衆目を蹴つて脱兎や枯野弾む 中村草田男
行き消えて又行き消えて枯野人 松本たかし
行くほどに光り定まり枯野星 高浜年尾
行くほどに枯野の坂の身高まる 中村草田男
行李柳田に返し掘る枯野かな 河東碧梧桐
襟立てて行くや枯野の奥深し 廣瀬直人 帰路
西方に垂天と遠き枯野見き 山口誓子
見かえるや枯野にちさく友病む灯 古沢太穂 古沢太穂句集
覚めて又同じ枯野のハイウェイ 深見けん二
角砂糖前歯でかじる枯野の前 西東三鬼
記憶たどるごときまなざし枯野人 大野林火 雪華 昭和三十五年
訪ねむとしては止む枯野の友ばかり 石田波郷
誰彼も死んでしまへば枯野かな 草間時彦 櫻山
貨車押して片目は枯野見つつあり 加藤秋邨
赤きもの甘きもの恋ひ枯野行く 中村草田男
赤き足十本描かれ枯野の日 渡邊白泉
赤土の大き穴ある枯野かな 渡邊白泉
赤城榛名白く威を張る枯野かな 角川源義
足もとに青草見ゆる枯野かな 正岡子規 枯野
足袋少し汚し枯野を越え来たり 鈴木真砂女 夕螢
足裏に除夜の枯野の真つ平ら 飯田龍太
踏切を過ぎて再び枯野をとめ 山口誓子
躓きし石生きてとぶ枯野かな 川端茅舎
身より心の心より眸の弾む枯野 楠本憲吉 孤客
身を起す窓へ枯野はせりあがり 橋閒石 無刻
轍の終り四囲より闇を吐く枯野 中村苑子
辻堂のあとになりたる枯野かな 正岡子規 枯野
辻駕に狐乘せたる枯野かな 正岡子規 枯野
近く来て城の大破や枯野原 尾崎放哉 大学時代
返し来る日ざしの中へ枯野人 鷹羽狩行
追うて逃げる鴉かしこき枯野かな 河東碧梧桐
連れ戻す病犬またも枯原へ 右城暮石 句集外 昭和五十六年
運命に従ふごとく枯野ゆく 富安風生
過去は運にけふは枯野に躓けり 鈴木真砂女 都鳥
道二つ牛分れ行く枯野哉 正岡子規 枯野
道連の無口なりける枯野哉 正岡子規 枯野
遠いラッパは過去呼ぶ断層枯野色 楠本憲吉 方壺集
遠ざかる背のいつしんに枯野かな 石塚友二 方寸虚実
遠目には貨車美しき枯野かな 高田風人子
選ぶこともとよりなくて枯野道 上田五千石『琥珀』補遺
郵便受紅塗り枯野に愛を待つ 香西照雄 素心
都出て枯野へ上る渡しかな 正岡子規 枯野
酔ひてぐらぐら枯野の道を父帰る 西東三鬼
酔泣きは号泣となる夜の枯野 林翔
里の子の犬引て行枯野哉 正岡子規 枯野
重きものさがしては投げ枯野の子 中村草田男
野は枯れて杉二三本の社かな 正岡子規 枯野
野は枯れて殘りし牛と地藏哉 正岡子規 枯野
野は枯れて隣の國の山遠し 正岡子規 枯野
金州の南門見ゆる枯野哉 正岡子規 枯野
鉦も打たで行くや枯野の小順禮 正岡子規 枯野
鍬鍛冶の枯野へつづく土間熱し 飴山實 おりいぶ
閼伽すこし枯野にそそぎ俳諧師 古舘曹人 砂の音
除隊兵手挙げ散らばる枯野の四方 伊丹三樹彦
陽炎や枯野の時の馬の糞 正岡子規 陽炎
雪このかた馬も放たぬ枯野かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
雲の影紫おとす八ケ岳枯野 山口青邨
雲を呼び枯野大円盤の牛 古舘曹人 能登の蛙
電工夫下りて枯野の今日おはる 橋閒石 雪
電熱器火鉢代りに枯野見る 大野林火 青水輪 昭和二十四年
霊山へ枯野焼く火のごとくたつ 加藤秋邨
鞍山の枯野に紅き熔綱をながす 山口誓子
頭もちなほし酔漢枯野に出づ 伊丹三樹彦
額の花乾らびて瑠璃や末枯野 山口青邨
風吹てうしろ見返る枯野哉 正岡子規 枯野
風呂敷結ぶ片膝あげて枯野中 岡本眸
飛ぶ鳥に枯野のうねり川の耀 桂信子 花影
馬に乘つて北門出れば枯野哉 正岡子規 枯野
馬子一人夕日に歸る枯野哉 正岡子規 枯野
馬消えて鳶舞上る枯野哉 正岡子規 枯野
馬焼きし家見る枯野日和かな 村山故郷
馬糞のほゝけて白き枯野哉 正岡子規 枯野
馬糞も共にやかるゝ枯野哉 正岡子規 枯野
馬見えて雉子の逃る枯野哉 正岡子規 枯野
鮒釣つて金箔こぼす枯野かな 秋元不死男
鳥総松枯野の犬が来てねむる 水原秋櫻子 新樹
鳥飛て荷馬おどろく枯野かな 正岡子規 枯野
鳥飛んで荷馬驚く枯野哉 正岡子規 枯野
鳶一羽はるかに落つる枯野哉 正岡子規 枯野
鴉飛び立てり羽ばたく枯野男 西東三鬼
鶴舞へば虚空渦巻く枯野かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
黄色の情慾の列が来る枯野 渡邊白泉
黒牛の眸と枯野の眼われに向く 原裕 葦牙


枯野 続補遺

いそがしき雲に日影の枯野哉 牧童
いまそかりし師の坊に逢ふ枯野哉 高井几董
かご舁に妙薬ならふ枯野哉 尚白
かなしさの胸に折レ込枯野かな 呂丸
くつさめの松にこたへる枯野哉 吾仲
くら壺に清水見て行枯野かな 卓池
けふの日もいりぬ枯野の水溜り 井上士朗
こほ~と馬も*咳行枯野かな 木導
しらぬ人の追へかけたる枯野哉 舎羅
すみれ咲ばかりに成し枯野かな 桜井梅室
そろ~と麦にとりつく枯野かな 許六
つゝじ咲岩をうしなふ枯野哉 百里
とも色に枯野かくすや縄簾 平砂 反古ふすま
なか~に栄もつ暮の枯野哉 鈴木道彦
なつかしや枯野にひとり立心 炭太祇
ぬつくりと夕霧くもる枯野哉 加藤曉台
はなしあふ背中のぬくき枯野哉 成田蒼虬
ひとつある家も枯野のへの字哉 百里
むさし野とけふこそ思へ枯の原 蓼太 蓼太句集三編
ものたらぬ月や枯野をてる斗 成田蒼虬
ゆふ日さす枯野の高み低み哉 田川鳳朗
よろ~と撫子残る枯野哉 尚白
一里見し雨に逢ひけり枯野原 午心 発句類聚
七ッ子に逢ふて淋しき枯野哉 加舎白雄
七年もすでに枯野の夢なるか 舎羅
七年も既に枯野ゝ夢なるや 除風
丈山のさたもくれゆく枯野哉 井上士朗
三日月に行先暮るゝ枯野哉 松岡青蘿
上京の湯どのに続く枯野哉 黒柳召波
世の中はこんなものやと枯野見し 完来
仏めく石を見立る枯野かな 北枝
何ぞ葉のあらふ~と枯野哉 木因
俳諧の袖も芭蕉も枯野かな 梢風尼
其夢の枯野に廻る月日哉 沾圃
其魂の朱雀もめぐる枯野哉 炭太祇
出る日のと拍子もなき枯野哉 加藤曉台
口おしく枯野にむけて別かな 朱拙
口切や枯野の宿は初若菜 調管子 富士石
名もしらぬ小草花咲枯野哉 鈴木道彦
塀越の枯野やけふの魂祭 炭太祇
大仏の鐘を見わたす枯野かな 許六
小ともしや枯野の末を人の行 加舎白雄
居る鳥の名をさす迄に枯野かな 素丸 素丸発句集
山へ五里海へ十里の枯野かな 桜井梅室
年~にふえて芽だつや枯野塚 露川
幼にみるは枯野の樒哉 為有
意趣のある狐見廻す枯野かな 炭太祇
我形の哀に見ゆる枯野哉 智月尼
戒持つ比丘尼の出る枯野哉 嵐青
打もたれ枯野に明す霜夜哉 凉菟
折節は高うもなるや枯野の灯 成田蒼虬
担ひゆく沽鯉のぞく枯野かな 加舎白雄
春抔が立さうもなき枯野哉 田川鳳朗
是非わかぬ枯野に草の種もなし 子珊
時めいて来るや枯野の柱売 成田蒼虬
時代物枯野の錦残りけり 直方 富士石
月日をもうくるばかりの枯野かな 智月尼
松一木乞食の夜着の枯野哉 其角
松原の名よりもまされ枯野塚 魯九
枯野していづこ~の道の数 黒柳召波
枯野して松二もとやむかし道 黒柳召波
枯野にて目にたつものは小春かな 釣壺
枯野にも若い顔して此薄 智月尼
枯野のや筑波ひとつは沖の石 百里
枯野のや簑着し人に日の当る 黒柳召波
枯野原菜斗青し小松川 亀人 江都近在所名集
枯野哉かれに寝て見ん不二の味 言水
枯野哉つばなの時の女櫛 西鶴
枯野行人や小さう見ゆるまで 千代尼
柴人の銭ついて居る枯野哉 一笑(金沢)
柿色に枯野めかすや花すゝき 露川
棹鹿のかさなり臥せる枯野かな 服部土芳
棹鹿のかさなり臥る枯野かな 土芳
椋鹿のかさなり臥ぬ枯野哉 土芳
樽背負たうかれ狐や枯野原 抱一 軽挙観句藻
歌舞の地や枯野のうへをふくあらし 朱拙
烏きゝ行や枯野ゝ昼の辻 秋之坊
焼場かと見れば土とる枯野哉 千那
片道は日のくれになる枯野かな 木導
物しばし匂うて止みぬ枯野原 田川鳳朗
物しばし匂ふて止みぬ枯野原 田川鳳朗
珍しき日よりにとをる枯野哉 一笑(金沢)
白根へと雪ふかれゆく枯野哉 秋之坊
百年の模様も梦の枯野かな 露川
皮剥の業見て過る枯野哉 高井几董
石に尻かけた斗の枯野哉 一笑(金沢)
石仏犬の牙折る枯野かな 乙訓
碑に名なしかづらも枯野かな 桃隣 古太白堂句選
種や飛千里の外の枯野塚 去来
筋違に日の落て行枯野哉 三宅嘯山
羊蹄は世に多がほの枯野哉 凡兆
羽織着て上に帯する枯野哉 許六
聞て泣声もとゞかぬ枯野哉 風睡
茅*ふくや枯野ゝ口の小商ひ 桃隣
茶の木見て麦に取つく枯野哉 松岡青蘿
茶の花の見付られたる枯野哉 使帆
草ぐきや鵙も枯野ゝ弱声 正秀
葛の葉は先に立たる枯野哉 路青
藁積て広く淋しき枯野哉 尚白
蟷螂の尋常に死ヌ枯野哉 其角
血のつきし鼻帋さむき枯野哉 許六
行雲の家より低き枯野かな 成田蒼虬
行馬の人を身にする枯野かな 炭太祇
衣のうら茨のかゝる枯野かな 〔ブン〕村
見たほどは踵もさゝず枯野原 田川鳳朗
親の日の朝日を拝む枯野哉 松窓乙二
足高に橋は残りて枯野かな 中川乙由
跡もなき枯野ゝ中の焼場かな 許六
身ぞひとり夢の枯野の雪起こし 角上
軽石の草にとゞまる枯野哉 三宅嘯山
里犬や枯野の跡を嗅ぎありき 椎本才麿
里犬や枯野の迹を嗅ぎありき 椎本才麿
関屋より道のさだまる枯野哉 黒柳召波
馬しかる声も枯野ゝ嵐かな 曲翠
馬の跡枯野の野越いそがるゝ 加舎白雄
鰒汁や今宵枯野の月はすむ 成田蒼虬
鳴に出て居るや枯野のむら雀 田川鳳朗
鷹の目の枯野にすはるあらしかな 丈草
鷹の目の枯野に居るあらしかな 内藤丈草
鷺の雪降さだめなき枯野哉 千代尼
鹿ぞとて犬に弓射る枯野かな 馬場存義

以上

by 575fudemakase | 2017-01-26 09:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26584491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング