都鳥 の俳句

都鳥 の俳句

都鳥 の例句


都鳥 補遺

あらたまの旦のひかり都鳥 森澄雄
ある日隅田川に難船を見つ都鳥 村山故郷
くろがねの橋も幾重や都鳥 石塚友二 曠日
こゑ出して夜明けの白の都鳥 森澄雄
しみじみと師恩てふもの都鳥 岡本眸
ちる花にもぶれてゐるや都鳥 正岡子規 散桜
べにかねの母の世は消え都鳥 上田五千石『風景』補遺
みやこどり良夜の船を慕ひくる 能村登四郎
もの言ひてゑくぼ生まるるゆりかもめ 岡井省二 夏炉
ももいろの雲あれば染み都鳥 山口青邨
ゆりかもめ来て霜月の柏尾川 石塚友二 玉縄以後
ゆりかもめ水に羽根打ち胸打ちて 細見綾子
わが波の一つ一つに都鳥 中村汀女
ビルの寸隙にちらりと都鳥 阿波野青畝
マンホールにも近づくや都鳥 阿波野青畝
マンホール覗かんとする都鳥 阿波野青畝
一水に浮かびて都鳥とは呼ばず 安住敦
下町は親し橋多く都鳥 山口青邨
世の塵をうけぬやさすか都鳥 正岡子規 都鳥
初茜その名や飛んで都鳥 森澄雄
北浜は隅田によく似都鳥 阿波野青畝
古き名の一料亭や都鳥 阿波野青畝
名にし負はば鴎の中のゆりかもめ 山田みづえ 草譜
団平は船頭二人都鳥 阿波野青畝
夕ずつや揺るるほかなき百合鴎 橋閒石 微光
大川にゆかりはひとり都鳥 中村汀女
大雪や洲の雪穴のゆりかもめ 松村蒼石 雁
宇治や来て時雨のいろのゆりかもめ 古沢太穂 捲かるる鴎以後
川風のあまりに寒し都鳥 星野立子
往きを急ぎ帰りを急ぎ都鳥 中村汀女
我庵に飛てはいれよみやこ鳥 正岡子規 都鳥
抛物線絡みに飛んで 都鳥 伊丹三樹彦
料亭に今歩む我都鳥 上野泰 春潮
旅とても孤りかなはず都鳥 上田五千石 天路
旅人と名のる旅なし都鳥 上田五千石『琥珀』補遺
旅人にやさしき目して都鳥 阿波野青畝
昔々昔々や都鳥 高野素十
昔男ありけりわれ等都鳥 富安風生
春風のぽつちり白し都鳥 正岡子規 春風
書き捨つる一句都鳥の句なり 山口青邨
木場堀に都鳥来ることありと 高浜年尾
松島の中州未完やゆりかもめ 佐藤鬼房
橋向うがたと淋しく都鳥 中村汀女
櫻餅かけ紙の絵の都鳥 富安風生
正月の耳福といへばゆりかもめ 森澄雄
母を亡くし友ここに住み都鳥 深見けん二
洛中は物日の音ぞゆりかもめ 藤田湘子
浮くものに赤き手袋と都鳥 山口青邨
焼け残る橋鉄の橋都鳥 山口青邨
片足の虹守り立てて 都鳥 伊丹三樹彦
猪牙舟の昔は知らず都鳥 清崎敏郎
生きる日の海は孤ならずゆりかもめ 高屋窓秋
白塗りの刻が妓に来て 都鳥 伊丹三樹彦
白大文字見ては反転 都鳥 伊丹三樹彦
白魚をくぐって出るや都鳥 正岡子規 白魚
百合鴎中洲が白くなる程に 山口誓子
百合鴎少年をさし出しにゆく 飯島晴子
百合鴎西より晴れて西寒し 三橋敏雄
着ごころの三日の着物ゆりかもめ 岡井省二 山色
祝儀 不祝儀袋 腋にし 都鳥 伊丹三樹彦
競漕やコースの外の都鳥 水原秋櫻子 葛飾
繰返す 浮身流しの 都鳥 伊丹三樹彦
翁も見きこの川波の都鳥 岸田稚魚 紅葉山
聲かきりなきてはいかに都鳥 正岡子規 都鳥
聲かきりなくねきゝたし都鳥 正岡子規 都鳥
萬歳は今も烏帽子そ都鳥 正岡子規 万歳
落雁の都鳥あり梅の宿 山口青邨
虹消えるまでの輪潜り 都鳥 伊丹三樹彦
虹濃しと 狂喜乱舞の都鳥 伊丹三樹彦
見あげゐてふつうのかほやゆりかもめ 岡井省二 有時
見上げゐてときをかへたるゆりかもめ 岡井省二 五劫集
都鳥ある日ここらも飛んでをり 山口青邨
都鳥いつも飛びをり孤窓 山口青邨
都鳥さへ夕ぐれの艪をゆるく 中村汀女
都鳥とべる景色の灯りそめ 清崎敏郎
都鳥はまたたつ鳥や懐手 中村汀女
都鳥より白きものなにもなし 山口青邨
都鳥一羽を除外して群るる 能村登四郎
都鳥去って 闇くる 雪達磨 伊丹三樹彦
都鳥囀つて曰く船頭どの 正岡子規 都鳥
都鳥川見てをれば雨となり 村山故郷
都鳥日のある方に身を移す 能村登四郎
都鳥水兵白き帽子載せ 山口青邨
都鳥汝も赤きもの欲るや 山口青邨
都鳥父亡き我に高く飛ぶ 深見けん二
都鳥空は昔の隅田川 福田蓼汀 山火
都鳥船のあひだの高波に 山口青邨
都鳥降りぬ隅田の芥にも 阿波野青畝
都鳥飛んで白髯冬景色 山口青邨
金屏を開き波映ゆ都鳥 山口青邨
鉄鉢をのぞきに春のゆりかもめ 岡井省二 猩々
隅田川越えて色町都鳥 森澄雄
雨吸つて波郷椿の都鳥 亭午 星野麥丘人
雪の日の隅田は青し都鳥 正岡子規 都鳥
雪の日はふところかさん都鳥 正岡子規 都鳥
雲のごとく舞ヘり皇居に都鳥 山口青邨
頭上過ぐ嘴脚(はしあし)紅き都鳥 松本たかし
風に舞ふ白椿そは都鳥 石田波郷
飛び来り飛び去り白き都鳥 山口青邨
餅はまだ橋越え切らず都鳥 永田耕衣
鴨川の影を 連れとし 都鳥 伊丹三樹彦

都鳥 続補遺

いざのぼれ嵯峨の鮎食ひに都鳥 貞室 一本草
こと問はん阿蘭陀広き都鳥 西鶴
すげ笠や汐干に遊ぶ都鳥 中川乙由
冬川やこゝらももめば都鳥 存義 古来庵発句集
声も立ず野分の朝の都鳥 高桑闌更
声も立てず野分の朝の都鳥 蘭更 半化坊発句集
小鴨にも余所々々しさや都鳥 鈴木道彦
小鴨にも余所~しさや都鳥 道彦 蔦本集
我に答ふ声ともきけり都鳥 加藤曉台
春の夜や家鴨にまじる都鳥 成美 はら~傘
水ぬるし三日遊ばゝ都鳥 蓼太 蓼太句集三編
水や空月の中なる都鳥 京伝 発句題叢
海苔すゝぐ水の名にすめ都鳥 其角
濁江の足洗ひけり都鳥 西鶴
炭うりは炭こそ斗れ都鳥 其角
炭売は炭こそはかれ都鳥 其角 五元集
烏帽子きた船頭はなし都鳥 其角
腹にしてもいざことづてん都鳥 桃青 江戸十歌仙
落着は難波のゆめや都鳥 句空
都鳥なるれば波の鴎かな 松窓乙二
都鳥の我を呼かも松の奥 加藤曉台
都鳥尻に敷るゝちどりかな 芝光 園圃録
雪の日やどれがむかしの都鳥 桃隣
鮎時に貞室おもへみやこどり 沾徳 一字幽蘭集

以上

by 575fudemakase | 2017-01-26 15:15 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26585206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。