千鳥 の俳句

千鳥 の俳句

千鳥

例句を挙げる。

*てきちょくと渚の雪に千鳥かな 大石悦子
あしあとの千鳥の中の烏かな 富安風生
あすこゆる天城を戀へば千鳥啼く 加藤三七子
あちこちに分るゝ水や村千鳥 荷風
あとさきに千鳥の跡はなかりけり 八木林之助
あはれげもいとど春立つ朝千鳥 上島鬼貫
あら古や露に千鳥をすまの躰 椎本才麿
あら浪に千鳥たかしや帆綱巻く 飯田蛇笏 霊芝
あら磯やはしり馴たる友鵆 去来
あら礒やはしり馴たる友鵆 向井去来
ありあけの月をこぼるゝ千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
あれ聞けば千鳥なりけり卵酒 広江八重桜
いつ迄か雪にまぶれて鳴千鳥 千那
いりあひの鵆なるべき光かな 青畝
うぐひすや耳に千鳥の凍どけぬ 横井也有 蘿葉集
うしろより来る波迅し磯千鳥 阿部みどり女
お地蔵のもすそに鳴くや磯千鳥 上島鬼貫
お浜離宮の松を縫ひとぶ千鳥かな 月舟俳句集 原月舟
かくて夜々千鳥の声をいねて待つ 佐野まもる 海郷
かへしきていしくも高き鵆かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
かへる波かへらぬむかし啼千鳥 也有
きらめきて翔ちて千鳥にまぎれなし 土井光行
くむ汐や千鳥残して帰る海士 上島鬼貫
ここらまで千鳥とび来る磯遊 高濱年尾
この庭の海に垣して千鳥来る 山口青邨
この旅のおもかげに立つ千鳥かな 吉屋信子
こぼれてはき風拾ひ行鵆かな 千代女
こぼれてば風拾ひ行く鵆かな 千代尼
こゝにきて千鳥の痕の絶えにけり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
こゝらまで千鳥とび来る磯遊 高浜年尾
さいはての千鳥に戦おこりけり 萩原麦草 麦嵐
さそはれて千鳥を聞きに牡蠣船へ 清原枴童 枴童句集
さよ千鳥加茂川越る貸蒲団 無腸
さ走れるものを千鳥とうたがはず 桑田青虎
しがらみの雪踏みちらす鵆かな りん 俳諧撰集玉藻集
その夜半の啼く音は遠し浦鵆 黒柳召波 春泥句集
その昔よりの千鳥の洲なるべし 高濱年尾 年尾句集
そら耳に千鳥を宙にやり過す まもる
ちさく砂蹴つて川千鳥のゆくへ 夏井いつき
ともし火の千鳥に動く涼み川 竹裡
なく千鳥灯にみじろがぬ君が見ゆ 金尾梅の門 古志の歌
なく鵆帆にくるまって寝夜哉 井上井月
ぬけ星は石ともなるか鳴く千鳥 井上井月
はいかいの念仏申せさよ千鳥 尾崎紅葉
はるさめや三坪の庭の千鳥草 蘇山人俳句集 羅蘇山人
ひとり乗る仕舞わたしや小夜千鳥 几董
ひるがへるとき群千鳥なりしかな 稲畑汀子
ふみかよへ伊勢の津の国友鵆 宗因
ほどほどの寒さ千鳥がよく鳴いて 今井杏太郎
むら千鳥立ちおくれたる一つかな 高橋淡路女 梶の葉
やよ笠を千鳥にかせや磯吹雪 中勘助
れんげ畑赤しと思え近き千鳥 金子皆子
わが住む灯これより晩夏夕千鳥 神尾久美子 掌
一つ一つ磐へこぼるゝ千鳥かな 石鼎
一ならび千鳥高麗よりつづくかな 一茶
一対の夢の千鳥に覚めて雪 鳥居美智子
一羽啼き二羽なき後は千鳥かな 巴静
三つ五つまではよみたる千鳥かな 千代尼
上汐の千住を越ゆる千鳥かな 正岡子規
上置きの干菜切れとや夕千鳥 一茶
上置の干菜切れとや夕千鳥 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
世に隠るるすべなきものを遠千鳥 西村和子 かりそめならず
世才無し千鳥寄りあふすべるかに 香西照雄 対話
中空を風鳴り渡り千鳥なく 竹中すゝき女
九十九夜我も泣しよ磯千鳥 星布尼
乞食の五器に求食るか小夜鵆 松岡青蘿
人近く千鳥飛び来る月夜かな 折井愚哉
仮まくら魚蔵に千鳥降るがごとし 白雄
作のふるさと近き千鳥かな 樋笠文
俊寛と共に吹かるる千鳥かな 夏目漱石 明治四十二年
俊寛の枕ながるる千鳥かな 飯田蛇笏 山廬集
八景や或は見ゆる遠千鳥 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
冬の日の丸に暮れてや啼く千鳥 浜田酒堂
冬へ縫ふ服にこまかく千鳥掛 和田祥子
冬牡丹千鳥よ雪のほとゝぎす 松尾芭蕉
初凪や千鳥にまじる石たゝき 島村元
初声の千鳥を故郷に来て聞ける 石橋海人
初晴の千鳥の渚つづきをり 勝又一透
初曽我や灯にひるがへる蝶千鳥 吉田冬葉
初東風に千鳥二つの巴かな 野村喜舟
初鏡とて粧ひもなかりけり 中原千鳥
初雪や亭主ぶりする浦鵆 水田正秀
前島へ月かたむけし千鳥かな 佐野まもる 海郷
加茂人の火を燧(キル)音や小夜鵆 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
動きある絵となり波に千鳥翔ぶ 桔梗きちかう
千鳥あとみな重ならず美しき 高濱年尾 年尾句集
千鳥おどしの千夜経、ひらがなの車(リムジン)がゆく 加藤郁乎
千鳥かも昼の怒濤に来て鳴ける 斎藤空華 空華句集
千鳥がへしといふ屏風岩冬の海 冬葉第一句集 吉田冬葉
千鳥たつ加茂川こえて鉢叩 其角
千鳥たつ汀の船のうしろかな 坂本四方太
千鳥たつ礁や春の時化名残 高濱年尾 年尾句集
千鳥とび櫂揚げて舟荒瀬過ぐ 久保 武
千鳥とぶ堰より桂川となる 中村芳子
千鳥ともいふ足あとよ汐干潟 高橋淡路女 梶の葉
千鳥なくやかほどの華奢の箪笥鍵 久米三汀 牧唄
千鳥なく土用芝居の海の景 長谷川かな女 雨 月
千鳥なく闇に火あげてわたし守 水原秋櫻子
千鳥なく鳴門の海の夜明けつつ 麻植 裕子
千鳥になつて智恵子になつて磯遊び 早川典江
千鳥にも富士は眩しき山ならむ 飯田龍太
千鳥の声鈴振るやうに子のマラソン 加藤知世子 花寂び
千鳥も老いも夜明けの素足九十九里 太穂
千鳥よりちりぢりに春電車くる 阿部完市 春日朝歌
千鳥らし渚鏡をゆきもどり 富岡犀川
千鳥ゐしテトラポットの錨足 百合山羽公 寒雁
千鳥ゐる夕日が広くさす渚 高木晴子 花 季
千鳥一聯見えて消えけり沖つ浪 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
千鳥啼き出づれば雌か雄かいの 遊女-いくよ 俳諧撰集玉藻集
千鳥啼き女はものを言はぬなり 佐々木麦童
千鳥啼き島の侵蝕すすみたり 関口祥子
千鳥啼くやかげりがちなる日を慕ひ 白水郎句集 大場白水郎
千鳥啼くや廻廊の燈雨ざらし 飯田蛇笏 山廬集
千鳥啼く夜は深酒をせし父か 吉田汀史
千鳥啼く揚荷のあとの月夜かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
千鳥城矢狭間けぶらす松の花 和田 祥子
千鳥来し頃の網島物語 田畑美穂女
千鳥来てゐる荒天の桑畠 石原舟月 山鵲
千鳥来て障子を洗ふ浪とゐる 水原秋櫻子
千鳥来るや紅濃うす島蕪のあり 久米正雄 返り花
千鳥立ち更け行く初夜の日枝颪 松尾芭蕉
千鳥翔け磯釣竿を撓めたり 水原秋櫻子
千鳥翔つきさらぎの洲の夕明り 長谷川双魚 風形
千鳥聞きしや仏彫る鑿とどめては 村松紅花
千鳥聞きし風の薫りや蘭奢待 山口素堂
千鳥聞其ちどりこそ生き仏 松岡青蘿
千鳥見て帰りてわづか白髪増ゆ 加倉井秋を
千鳥見て漁師に遇はず戻りけり 森田峠 避暑散歩
千鳥見に彼もマスクをして来り 高濱年尾 年尾句集
千鳥見の小舟雇うて待ちくれし 高濱年尾 年尾句集
千鳥走り塩浮き残したる地表 斉藤夏風
千鳥飛ぶや埠頭の積荷宿毛船 雑草 長谷川零餘子
千鳥飛ぶや旭出でゝ波の平らなる 雑草 長谷川零餘子
千鳥飛ぶや燈台直下浜すこし 野村喜舟 小石川
千鳥飛んで枯色見ゆる端山かな 清原枴童 枴童句集
千鳥駈る干潟銀無垢に冴え返る 内藤吐天
千鳥鳴くところ定まり夜風出づ 長谷川双魚 風形
千鳥鳴くやかほどの華奢も箪笥鍵 久米正雄 返り花
千鳥鳴く夜かな凍てし女の手 中塚一碧樓
千鳥鳴く淀の一夜や遣唐使 会津八一
千鳥鳴く船渠の底に灯が動く 米沢吾亦紅 童顔
千鳥鳴く闇に火揚げてわたし守 水原秋桜子
千鳥鳴けばいつもの夜着を掛けるなり 河東碧梧桐
双眼鏡の中の千鳥が鳴いてゐる 鈴木貞雄
双鵆と行くなりけりかくも行く 阿波野青畝
口笛に千鳥を呼んで若布干す 町田しげき
合流す木曽の三川夕千鳥 神谷美和
名のりては月にかくるゝ千鳥哉 幸田露伴 江東集
名月に気を持ち顔の鵆かな 水田正秀
君知るや五条で名乗る小夜千鳥 水田正秀
吹かれよりて千鳥の脚のそろひけり 渡邊水巴
吹かれ来て畳に上る千鳥かな 乙由
吹かれ来て障子に月の千鳥かな 樗堂
吹き上げて汐ぐもりゆく千鳥かな 蓼太
吹き別れ吹き別れても千鳥かな 千代女
吹き荒れて千鳥も鳴かぬ月夜かな 野間叟柳
吾れの在る限り千鳥の淡路島 岩木躑躅
味やりやるこれは千鳥かめづらしい 広瀬惟然
呼次や千鳥の香炉浦煙 井原西鶴
啼く千鳥攫ひて風の荒ぶなり 上田千枝子
噴煙の夜はあかければ鳴く千鳥 篠原鳳作 海の旅
四五羽立てたちもどりけり洲の鵆 道立 五車反古
土佐日記こゝに船出の千鳥啼く 小田黒潮
土手うらに千鳥あがりし枯野かな 大橋櫻坡子 雨月
土手こして千鳥枯野へちらばれる 川島彷徨子 榛の木
埋立地集ひ初めたる夕千鳥 斉藤夏風
城の辺やをぐさの丈に春の蝉(千鳥城) 『定本石橋秀野句文集』
塩田址へ来ては群立つ夏千鳥 北野民夫
墨よしや千鳥こぼるゝ朧月 嵐山
夏千鳥ヴェニスかくやと問はれけり 林原耒井 蜩
夏千鳥砂山よりは高く飛ばず 樋笠文
夏千鳥醒めて枕の下にきく 川島彷徨子 榛の木
夕されば千鳥とぶ也春の水 高井几董
夕千鳥拾ひし時計生きてをり 奈良文夫
夕千鳥松原越えて浜移り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
夕千鳥波にまぎれし如くなり 高濱年尾 年尾句集
夕千鳥漁港の雪となりにけり 石原舟月 山鵲
夕千鳥父より母の記憶濃し 佐野まもる 海郷
夕千鳥縹渺とわが息澄めり 林火
夕映を告げくる禽よ小千鳥は 堀口星眠 営巣期
夕月に千鳥とわかるまでの距離 梶尾黙魚
夕鵆手にも来るかと淡路しま 高井几董
夜や更くる枕に近し川千鳥 法眼紹巴
夜千鳥の闇隠るとき雪呼ぶ声 秋光 泉児
大船に厠のありて千鳥かな 尾崎迷堂 孤輪
天日のきらめき千鳥死ぬもあらん 渡辺水巴 白日
太葱の花の下総千鳥啼く 殿村菟絲子 『晩緑』
女傘浪に千鳥の春の雪 岡本松浜 白菊
如月や入日の底になく千鳥 士朗
子千鳥の親を走せ過ぎ走せかへし 草田男
安んじて歳を送れば鳴く千鳥 佐野まもる 海郷
安房へ行き相模へ帰り小夜千鳥 正岡子規
客たてゝ跡の仕舞ひや小夜千鳥 左次 俳諧撰集「有磯海」
家路とる身に寒千鳥な鳴きぞ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
宿で借りし傘さす船の千鳥かな 雑草 長谷川零餘子
宿古りぬ千鳥啼く夜の婢の溜り 晩夏
寄るたびにくづす千鳥や磯の浪 斯波園女
富衒ふ言灯に出でつ鳴く千鳥 中塚一碧樓
寒月の光をちらす千鳥かな 成美
寒泳の雄叫びに翔く群千鳥 松本幹雄
寒詣翔るちん~千鳥かな 尾崎紅葉
寝おくれて千鳥を軒の端に聞けり 佐野まもる 海郷
寝ころびて待たるるものよ小夜鵆 惟然
寝られぬやにがにが敷も鳴千鳥 上島鬼貫
小便の百度参りやさよ千鳥 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
小千鳥のひと声に濃き星ひとつ 星眠
小千鳥のクリクリ頭石の間 矢島渚男 船のやうに
小千鳥の親を走せ過ぎ走せかへし 中村草田男
小夜千鳥かなしきものに枕かな 龍岡晋
小夜千鳥加茂川越る貸蒲団 無腸
小夜千鳥蝋燭の灯も終末なり 佐野まもる 海郷
小夜千鳥鳴きゐたりけり年の果 佐野まもる 海郷
小料理屋の灯おとし頃を川千鳥 四明句集 中川四明
山川の高波にとぶ千鳥かな 西山泊雲 泊雲句集
岩の上の茱萸はしらじら鳴く千鳥 佐野良太 樫
岩百合や岩にちらつき鳴く千鳥 佐野良太 樫
岩窪のこんなところに千鳥の巣 八木秋水
岩窪の千鳥の巣とは知らざりし 太田育子
岩鼻や千鳥を上げて冬の浪 島村元句集
島別荘に今宵灯入りぬ鳴く千鳥 乙字俳句集 大須賀乙字
島攻むる舟の弓矢や鳴く千鳥 尾崎迷堂 孤輪
崖ぎはへひたと揚舟夏千鳥 木村蕪城 寒泉
崩れ落ちる岬の岩や小夜千鳥 内田百間
嵐山の枯木にとまる千鳥かな 雑草 長谷川零餘子
川下へしまひ蒸汽や千鳥鳴く 青峰集 島田青峰
川千鳥とどまるに藉す桑の条 栗生純夫 科野路
川千鳥ならん温泉宿の寝しづまり 星野立子
川千鳥ひら~と野火明り 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
川千鳥啼くに記憶の糸たぐる 占魚 (家郷人吉)
川千鳥湯ざめおぼゆる昼さがり 上村占魚 鮎
川千鳥翔つ辺光れり誕生日 伊藤京子
川千鳥隈なき月にとぶも見ゆ 西山泊雲 泊雲句集
川千鳥障子は雪にぬれにけり 之水
川千鳥雪のしぐれを梭のごとし 矢島渚男 天衣
川巾を千鳥啼きゆく慰霊祭 萩原麦草 麦嵐
川浪の霰光りに川千鳥 飯田蛇笏 椿花集
川燈台真昼千鳥の啼くをきく 杉本寛
川筋や千鳥にかする寒念仏 松岡青蘿
川蝉か春の鵆かないて居り 軽部烏帽子 [しどみ]の花
川迅し千鳥の跡のすぐ古ぶ 栗生純夫 科野路
川風や裸身寒う千鳥啼く 幸田露伴 竹芝集
差し潮や千鳥鳴くなる濱畑 会津八一
干し綿にしめりがもどり夕千鳥 廣江八重櫻
床ぬちに目とぢて聞けば千鳥過ぐ 佐野まもる 海郷
庭を掃く千鳥のあとのこゝかしこ 岡田耿陽
庵に寝るなみだなそへそ浦鵆 広瀬惟然
廃れたる塩田に来る千鳥かな 岩田瑞穂
引き潮が消して千鳥の足のあと 河本好恵
引潮のやがて千鳥の来る頃と 高濱年尾 年尾句集
引潮の渚は千鳥走らしむ 松本穣葉子
弾き初めの千鳥の曲が雪降らす 林明子
彳(てき)*ちょくと渚の雪に千鳥かな 大石悦子
御影講や千鳥の跡も波の上 三谷耕村
徳利提げて千鳥きゝたる夜もありし 西山泊雲 泊雲句集
忘れよと忘れよと磯千鳥啼くか 稲垣きくの 黄 瀬
愕然として灯を絶てば千鳥過ぐ 佐野まもる 海郷
我胸に千鳥羽ばたく我足に(出郷國占) 中塚一碧樓
或時はことりともせぬ千鳥哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
手に掬ふごとくに千鳥の跡を見る 加倉井秋を 『欸乃』
手紙書くきのふの千鳥きこえけり 細川加賀 生身魂
打よする浪や千鳥の横ありき 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
提灯に浪おそろしや浦千鳥 原石鼎
揚りたる千鳥に波の置きにけり 後藤夜半 翠黛
揚舟のかげにまはれば千鳥たつ 松本たかし
故郷の水の味晝千鳥なく 中塚一碧樓
文覚をとりまいて鳴く千鳥哉 正岡子規
日は西ヘチヽツと鳴くや河千鳥 寺田寅彦
日蓮のお寝石に群るゝ千鳥かな 雑草 長谷川零餘子
星崎の闇を見よとや啼千鳥 芭蕉 (鳴海にとまりて)
春大風堤越ゆる千鳥声曳きぬ 原田種茅 径
春愁やプピープピーと千鳥笛 阿部みどり女
春水やはしなく聞きし昼千鳥 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
暁の墓もゆるぐや千鳥数奇 内藤丈草
暁の淡路に戻る千鳥かな 会津八一
暁や尾上を一つ行く千鳥 泉鏡花
月になくあれは千鳥か秋のかぜ 広瀬惟然
月の夜の明け白みたる千鳥かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
月の洲に足もと暗き千鳥かな 古白遺稿 藤野古白
月の雪松をこぼるる千鳥かな 原石鼎
月低く御船をめぐる千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
月入れば北斗をめぐる千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
月夜にはちひさし昼の浜鵆 立花北枝
月天に光れる星や浦千鳥 原石鼎
月明し嶋影黒く千鳥なく 寺田寅彦
月暗し鵆を返す羽のおと 嘯山
月濡るゝほど潮高し鳴く千鳥 尾崎迷堂 孤輪
月白も暁にまぎれて浦千鳥 雉子郎句集 石島雉子郎
木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる 木村蕪城 寒泉
木戸しまる音やあら井の夕千鳥 炭 太祇 太祇句選後篇
木母寺の雪隠からも千鳥哉 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
朽舟を引きあげこぼつ千鳥かな 雑草 長谷川零餘子
松籟にひかりあがりし千鳥かな 岸風三楼 往来
桃色の骨のあるべし磯千鳥 中尾寿美子
梅干や汐風越して千鳥の白調 幸子 選集「板東太郎」
楯に似し岩打めぐり鳴くは千鳥かな 河東碧梧桐
機窓の田にも千鳥の来る日かな 奥田一穂
武庫川の宿の午に入る川千鳥 飯田蛇笏 椿花集
殉教の岩場は聖地千鳥翔び 小原菁々子
残り汐とは光るもの夕千鳥 原三猿子
残る洲に遊ぶ千鳥に惹かれをり 高濱年尾
水や空千鳥見る目に余りけり 柑子句集 籾山柑子
水天に日の燃え尽し千鳥鳴く 亀井糸游
水闇の五条あたりを千鳥鳴く 四明句集 中川四明
水音に千鳥ケ淵の夜寒かな 桜木俊晃
氷海の千鳥ら船団を率いたり 萩原麦草 麦嵐
汐汲や千鳥残して帰る海人 鬼貫
汐浜を反故にして飛ぶ鵆かな 一茶 ■寛政二年庚戊(二十八歳)
汐濡れの間こそ千鳥の洲なりけり 松岡伊佐緒
江ノ電の昔千鳥の翔ぶ砂丘 高澤良一 寒暑
江南は烏飛ぶ也むら千鳥 黒柳召波 春泥句集
沙に触れて千鳥ゆくあり新松子 佐藤惣之助
河口の二つの干潟千鳥啼く 下村梅子
河口近きに井手ある瀬音千鳥更け 内田百間
波がしらなほ越えきたる千鳥かな 後藤夜半 翠黛
波の穂に驚き易き千鳥かな 城谷文城
波の間の広きところの友千鳥 後藤夜半 翠黛
波来れば波の上とぶ千鳥かな 岡田耿陽
波郷忌や溝に濡れ羽の川千鳥 五十崎朗
洲に下りてよりの千鳥の数読めず 本田杏花
洲の千鳥筑波颪に向き並び 川端茅舎
洲を走る千鳥の迅さまのあたり 高濱年尾
浜厠千鳥の跡と思はるゝ 森田峠 避暑散歩
浦人の千鳥を知らぬうらゝかや 阿部みどり女 笹鳴
浦人の早寐早起鳴く千鳥 山崎楽堂
浦千鳥星うつくしき夜を継ぎぬ 佐野まもる 海郷
浦千鳥草も木もなき雨夜かな 蕪村遺稿 冬
浦富士は夜天に見えて鳴く千鳥 鈴木花蓑句集
浦風や巴をくづすむら鵆 曾良
浪の穂やまぎれで遠く飛ぶ千鳥 東洋城千句
浪引きしあとの平らや千鳥をり 青葉三角草
海づらや矩(かね)に渡して啼く千鳥 浜田酒堂
海光に千鳥鳴きつぐ温室の前 岡本まち子
海苔すくひ千鳥を置きて去りにけり 軽部烏帽子 [しどみ]の花
海荒るゝばかりや千鳥それつきり 大橋秀鳳
海道のくゞつがことも千鳥かな 尾崎迷堂 孤輪
渚鏡走る千鳥よ影さして 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
渡し呼ぶ女の声や小夜千鳥 蕪村
湖尻の州崎の千鳥雨けぶる 木村蕪城 寒泉
湯の町にゆくりなかりし千鳥かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
満ち汐の沖より返す千鳥かな 阿部 夕礁
漁の日は婆も小走り夏千鳥 木村蕪城
漁家の月犬吠えて居る千鳥かな 山口花笠
漁火の三つがかなし千鳥城 岸田稚魚 筍流し
漕ぎ止めて冷ゆる艪臍や鳴く千鳥 内田百間
潮先の泡だつてゐる千鳥かな 大木あまり 火球
潮吹ける岩の微塵と見て千鳥 桂 樟蹊子
潮引けど千鳥の跡をうち消さず 森土秋
潮汲みてしら粥たかん小夜千鳥 闌更
潮満ちてくれば鳴きけり川千鳥 上村占魚 鮎
潮騒や夜霧に透かす千鳥の碑 小黒葭浪子
濃き千鳥淡き千鳥ととびにけり 橋本鶏二
濤かぶつて汐汲む蜑やむら千鳥 飯田蛇笏 山廬集
濤音の中に千鳥の声すなり 岡田耿陽
灰を払ふ心に去る地なく千鳥 中塚一碧樓
炭割れば雪の江のどこに鳴く千鳥 前田普羅
無人燈台砂に千鳥の址とどむ 大野林火
燈台や千鳥めぐつて鳴いて行く 寺田寅彦
琴ほどの島のなだれて千鳥かな 錦屑 俳諧撰集玉藻集
瓜の馬流して千鳥きく日かな 中勘助
甲板の雪掻いて千鳥囃しけり 乙字俳句集 大須賀乙字
白千鳥干潟を走り影置かず 安田芳子
白梅に情またこはし小夜千鳥 原石鼎
白浜や千鳥あつまるあみのあと 膳所-微房 俳諧撰集「有磯海」
白雲に千鳥こもるやきらきらす 川島彷徨子 榛の木
眠らえぬ身を曲げしとき千鳥啼く 加倉井秋を 午後の窓
矢田の野や浦のなぐれに鳴く千鳥 野澤凡兆
短日の千鳥の皆生泊りかな 鈴木しげを
砂走り千鳥が走り砂走り 森田峠 避暑散歩
碁は妾に崩されて聞く千鳥かな 言水
碑に千鳥を慕ふ以南の句 高澤良一 寒暑
磯は夜の荒男ゆききに千鳥なき 細谷源二 鐵
磯千鳥あしをぬらして遊びけり 蕪村
磯千鳥きく耳さとくなりてゐし 山直六村
磯畑の千鳥にまじる鴉かな 高浜虚子
磯節の宮は宿前千鳥聴く(常陸大洗) 上村占魚 『萩山』
秋の*かやうち顫うなり千鳥啼く 長谷川かな女 雨 月
秋風や波のあらあらなく千鳥 斯波園女
立つ波の裏を翔りし千鳥かな 野村喜舟
立どまり千鳥の声も聞いて居る 高木晴子 晴居
立浪に足見せて行千鳥かな 太祇
筆の海墨に声有り千鳥石 口慰 選集「板東太郎」
篁に来鳴く千鳥や秋の雨 西山泊雲 泊雲句集
粥たくや手に取るやうに鳴く千鳥 井月の句集 井上井月
網を張る舟の巴や群千鳥 雑草 長谷川零餘子
縁切りて帰る夜更けぬ川千鳥 尾崎紅葉
縫初の繕ひをまづ千鳥がけ 佐藤よしこ
群千鳥何食ひてしか跡もなし 殿村菟絲子
群千鳥洲のきらめきに降りて消ゆ 竹下陶子
群千鳥渚に下りてより見えず 阿部みどり女 『光陰』
群千鳥立ちて一羽も離反なし 樋笠文
群千鳥顧るとき濤の虹 阿部みどり女
肩ほねの鳴るにつけてもなく千鳥 成美
背戸口の入江にのぼる千鳥かな 丈草
舞ひ立ちて又元の洲に群千鳥 高濱年尾 年尾句集
船の灯のしば~見えて千鳥哉 蘇山人俳句集 羅蘇山人
船ゆるゝ瀬戸逆浪や鳴く千鳥 寺野守水老
船宿の千鳥染めたる布団かな 会津八一
船火事や数をつくして鳴く千鳥 夏目漱石 明治二十九年
船頭のくさめに騒ぐ千鳥かな 也有
花樒したたか零し加茂千鳥 殿村菟絲子
若き漁夫の口笛千鳥従へて 三鬼
若布干す上を鳴きつれ千鳥過ぐ 阿部みどり女
茶碗酒といふものうまし小夜千鳥 尾崎紅葉
荒海の千鳥ぶちまく枯野かな 飯田蛇笏 山廬集
荒磯にて千鳥の羽の精進す 猪俣千代子 秘 色
荒磯やはしり馴れたる友千鳥 向井去来(1651-1704)
落花一片千鳥ケ淵をうち渡る 山口青邨
葦苅れば千鳥の洲あり古鏡なす 川端茅舎
藺座布団青き千鳥の描きあり 粟津松彩子
袂へも飛入ばかり千鳥哉 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
袖を出る香炉も雪の千鳥かな 黒柳召波 春泥句集
裏となり表となりて千鳥飛ぶ 五十嵐播水
裏屋島疾風ごもりに千鳥啼く 坪井かね子
見て居れば石が千鳥となりてとぶ 西山泊雲 泊雲句集
訪れて浜近ければ千鳥見に 高濱年尾 年尾句集
読初にハーン蔵書を千鳥読 平畑静塔
谷暮れて友をや杣の呼千鳥 尾崎紅葉
象潟の欠を掴んで鳴千鳥 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
貫之が船の灯による千鳥哉 高井几董
走り寄り二羽となりたる千鳥かな 汀女
起重機は朝の千鳥を散らしめぬ 米沢吾亦紅 童顔
足許の白山千鳥の他は霧 高澤良一 素抱
路ばたに饂飩くふ人や川千鳥 子規句集 虚子・碧梧桐選
軍艦の浮標に下りる千鳥哉 寺田寅彦
返しくるときのしろがね群千鳥 伊藤孟峰
返しくる時の千鳥を見失ふ 荒川紀生
追ふよりも追はるる一途磯千鳥 関口比良男
追ふ千鳥追はるる千鳥こゑもなく 行方克巳
道連に別れて後の千鳥かな 重瓦
遠千鳥ちり~高し多摩川原 素十
遠千鳥入るさの月に見えわたり 比叡 野村泊月
遠浅の船の灯による千鳥かな 会津八一
遠渚か細く千鳥駆けりけり 森田峠
遠眼してあそぶ千鳥の端にをりぬ 佐野美智
遭難の身代わり地蔵千鳥啼く 近澤 杉車
酒さめて千鳥のまこときく夜かな 井上井月(1822-86)
酒狂乱醒めて我ある千鳥かな 比叡 野村泊月
里に来て桐の実鳴らす千鳥かな 梅室
金尽きて童心探る夜の千鳥 加藤知世子 黄 炎
鍵の錆手につく侘びし晝千鳥 中塚一碧樓
門松に千鳥も来るや浜の宿 柑子句集 籾山柑子
関守の厠へ通ふ千鳥哉 正岡子規
関跡に踏む貝しろし夕千鳥 桂樟蹊子
闇の夜や巣をまどはして鳴く鵆 松尾芭蕉
闇を鳴く沖の千鳥や飛ぶは星 几菫 五車反古
雁供養遠く悼める千鳥かな 富安風生
雨の夜の千鳥茶山に鳴きにけり 舟月
雨の日の卯浪の千鳥聞きにけり 飴山實 辛酉小雪
露寒の千鳥翔つとき鳴きにけり 山口草堂
露暁の千鳥の浪の隠岐の国や 森川暁水 淀
露無明貯炭場千鳥啼き連れて 小林康治 玄霜
青き穂に千鳥啼くなりひつぢ稲 史邦 芭蕉庵小文庫
須磨の宿の欄間に彫れる千鳥かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
風の日は千鳥のみをり末枯れて 秋光泉児
風上にばかり千鳥の見られけり 森田峠 避暑散歩
風寒う夕波千鳥鳴きにけり 高橋淡路女 梶の葉
風雲の夜すがら月の千鳥哉 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
馬柄杓ですくへばよかろ川千鳥 高田蝶衣
駅裏といふも塩田千鳥啼く 山本砂風楼
高浪に千鳥帯とてつづきけり 飯田蛇笏 山廬集
高浪の裏に表に千鳥かな 岡田耿陽
鰯引千鳥も飛んで九十九里 松藤夏山 夏山句集
鳥叫びて千鳥を起す遺手かな 泉鏡花
鳴く千鳥富士を見かへれ塩見坂 杉風
鳴く千鳥幾夜明石の夢おどろく 其角
鳴く千鳥水さえざえと暮れのこる 瀧春一 菜園
鳴く千鳥闇のさむさが目に沁みる 瀧春一 菜園
鳴く千鳥雪の砂丘の眩しさに 服部鹿頭矢
鵆聞くために二日の旅寐哉 桃隣
鵺/千鳥/百夜燈しの/脂かな 林桂 銀の蝉
鶺鴒に交りて啼かぬ千鳥かな 白水郎句集 大場白水郎
麦蒔くや千鳥の跡を踏みもして 佐野まもる 海郷
黒々と夜船かゝれる千鳥かな 岡田耿陽
あけ月や風のひかりに啼ちどり 松岡青蘿
おもふ事吹取夜半や啼ちどり 松岡青蘿
ちどり啼暁もどる女かな 炭 太祇 太祇句選
千鳥聞其ちどりこそ生き仏 松岡青蘿
小夜ちどり加茂川越る貸蒲団 無腸 五車反古
小夜ちどり庚申まちの舟屋形 内藤丈草
浜ちどり雪の中よりあらはるる 暁台
浜ちどり雪の中より啼き出づる 暁台 選集古今句集
浦の春ちどりも飛ばず明けにけり 涼袋
消もせん有明月の浜ちどり 樗良
渓空に夕焼けてつづく川ちどり 飯田蛇笏 春蘭
渡し呼ぶ女の声や小夜ちどり 蕪村
生海鼠ほす袖の寒さよ啼ちどり 士朗
磯ちどり足をぬらして遊びけり 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
羽織着て綱もきく夜や川ちどり 蕪村 冬之部 ■ 一條もどり橋のもとに柳風呂といふ娼家有、ある夜、太祇とともに此樓にのぼりて
逃げ足をちどりに鹿と万緑と 赤松[けい]子 白毫

千鳥 補遺

あら浪に千鳥たかしや帆綱巻く 飯田蛇笏 霊芝
ありあけの月をこぼるゝ千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
いさり火の消えて音ありむら千鳥 正岡子規 千鳥
いそがしく鳴門を渡る千鳥哉 正岡子規 千鳥
おしなべて千鳥の砂洲となるごとし 岡井省二 前後
おぼめける水の光や小夜千鳥 日野草城
おゝ寒い寒いといへば鳴く千鳥 正岡子規 千鳥
かき馴らす塩田ひろし夕千鳥 杉田久女
かたまつておろす千鳥や沖の石 正岡子規 千鳥
からかさを千鳥はしるや小夜時雨 正岡子規 時雨
ここに亦千鳥の迹の一件り 清崎敏郎
こころあてなかりし街の千鳥かな 阿波野青畝
この庭の海に垣して千鳥来る 山口青邨
さしあたり坐つてゐるか鵆見て 飯島晴子
さながらに千鳥の迹のありにけり 清崎敏郎
さよ千鳥雪に燈ともすかゝり船 正岡子規 千鳥
さわさわと入江をのぼる千鳥哉 正岡子規 千鳥
するすると子千鳥蟹に走り寄り 川端茅舎
する~と千鳥走れり潦 川端茅舎
その昔よりの千鳥の洲なるべし 高浜年尾
ためらひもなしに千鳥のすつと翔つ 岸田稚魚 紅葉山
つつ~とつつ~~と千鳥ゐる 清崎敏郎
つれ~に在れば雨夜の千鳥かな 日野草城
とぎれては千鳥の迹の続きをり 清崎敏郎
とびたつて千鳥は泥と分れけり 岡井省二 前後
はつきりと鵆の数のめでたさよ 阿波野青畝
はつとちる千鳥にあとや三日の月 正岡子規 三日月
はつとちる千鳥は見えず三日の月 正岡子規 三日月
はつとちる千鳥は遠し三日の月 正岡子規 三日月
ひとところ磯の千鳥へのみ洩れ日 佐藤鬼房
ほす船の底にのほるや磯千鳥 正岡子規 千鳥
まぎれなき千鳥を浜に追ひにけり 大野林火 冬雁 昭和二十一年
むかしの日千鳥の迹にさしにけり 岡井省二 夏炉
むら千鳥二ツにわれて三日の月 正岡子規 三日月
ゆきつきつ千鳥の聲や磯の松 正岡子規 千鳥
ゐずなりし先ほどまではゐし千鳥 清崎敏郎
ガス燈の中で鳴いたる千鳥かな 渡邊白泉
一せいに翔ちてきらめく千鳥かな 清崎敏郎
一つ一つ磐へこぼるゝ千鳥かな 原石鼎 花影
一村は皆船頭や磯千鳥 正岡子規 千鳥
三味線に千鳥鳴く夜や先斗町 正岡子規 千鳥
三日月もゆるあら波や浦千鳥 正岡子規 千鳥
三羽立てあと靜なる千鳥哉 正岡子規 千鳥
上げ汐の千住を越ゆる千鳥かな 正岡子規 千鳥
世才無し千鳥寄りあふすべるかに 香西照雄 対話
二群に分れて返す千鳥哉 正岡子規 千鳥
人をらず千鳥のこゑの九十九里 森澄雄
人住めバ川尻寒う千鳥鳴く 右城暮石 句集外 昭和十年
住吉の巫女の家路に千鳥かな 阿波野青畝
佐渡に向き咳こんこんと千鳥に似て 岸田稚魚 負け犬
俊寛の枕ながるる千鳥かな 飯田蛇笏 山廬集
傾城と千鳥聞く夜の寒さ哉 正岡子規 千鳥
光琳やうつくしき水に白千鳥 正岡子規 千鳥
光琳や水紺青に白千鳥 正岡子規 千鳥
凍雲にしばらく飛べる千鳥あり 山口青邨
切干の干場より翔つ千鳥かな 阿波野青畝
前後は海親子千鳥の長干潟 中村草田男
動くときわかる干潟の千鳥かな 高浜年尾
千鳥あがりて背のいろに回りけり 岡井省二 有時
千鳥あとみな重ならず美しき 高浜年尾
千鳥とぶ洲をわたりくる川漁師 大野林火 飛花集 昭和四十八年
千鳥なく三保の松原風白し 正岡子規 千鳥
千鳥なく灘は百里の吹雪哉 正岡子規 千鳥
千鳥にも富士は眩しき山ならむ 飯田龍太
千鳥みな朝の吾を知つてをり 岡井省二 猩々
千鳥も老いも夜明けの素足九十九里 古沢太穂 捲かるる鴎
千鳥よく啼く靴の先ひかるとき 波多野爽波
千鳥らへ朝の窓拭く 宿酔 伊丹三樹彦
千鳥ゐしテトラポットの錨足 百合山羽公 寒雁
千鳥ゐず烏ばかりの渚かな 清崎敏郎
千鳥仰ぐ眉あはれしる焚火かな 原石鼎 花影
千鳥吹く日本海の嵐哉 正岡子規 千鳥
千鳥吹く日本海の廣さ哉 正岡子規 千鳥
千鳥啼くや廻廊の燈雨ざらし 飯田蛇笏 山廬集
千鳥啼く揚荷のあとの月夜哉 正岡子規 千鳥
千鳥待つ海と川との出あふ洲に 佐藤鬼房
千鳥来て障子を洗ふ浪とゐる 水原秋櫻子 葛飾
千鳥消え鶺鴒が消え波穂立つ 佐藤鬼房
千鳥立つについて雲雀の一二羽も 右城暮石 句集外 昭和十一年
千鳥翔け磯釣竿を撓めたり 水原秋櫻子 霜林
千鳥翔ち干潟よ光りつつ暗し 鷲谷七菜子 銃身
千鳥聴くや襟の紫紺に頷埋めて 日野草城
千鳥聴く半白の髪風に晒し 大野林火 雪華 昭和三十六年
千鳥見て来て皆おでん所望かな 川端茅舎
千鳥趁うて月に擡ぐる浪頭 日野草城
千鳥蹤く芭蕉の道の一二町 上田五千石『琥珀』補遺
千鳥飛んで雲うつくしき夕哉 正岡子規 千鳥
千鳥鳴いてさかづきを措く夜更かな 日野草城
千鳥鳴いて雲にかくるゝ北斗かな 日野草城
千鳥鳴く丘にのぼりきて町が見ゆ 大野林火 早桃 海風抄
千鳥鳴く夜かな凍てし女の手 中川一碧樓
千鳥鳴く曇れども山瞭かに 飯田龍太
千鳥鳴く海の暮色は唐突に 中村汀女
千鳥鳴く錆鉄置場なる海辺(泉大津市に鈴木六林男氏を訪ふ) 細見綾子
双鵆と行くなりけりかくも行く 阿波野青畝
右往左往の千鳥ら 漁婦の跣詣り 伊丹三樹彦
吹かれよりて千鳥の脚のそろひけり 渡邊水巴 白日
吹き流すしようるの風や川千鳥 正岡子規 千鳥
咳込めば跼むばかりに島千鳥 岸田稚魚 負け犬
国生みの島への水路 群千鳥 伊丹三樹彦
地の沈下浪にしたがふ友千鳥 飯田蛇笏 家郷の霧
夕千鳥ヨットハーバーより散りし 阿波野青畝
夕千鳥松風鳴りをひそめけり 鈴木真砂女 夏帯
夕千鳥灯を待つ無人灯台も 阿波野青畝
夕千鳥縹渺とわが息澄めり 大野林火 早桃 海風抄
夕方の日が赤々と磯千鳥 星野立子
夜は家に暗らき隅なし川千鳥 細見綾子 桃は八重
夜を深みしるく聴えし千鳥かな 日野草城
夜気ぬくき山見てをれば千鳥鳴く 飯田龍太
夜食する船乘どもや浦千鳥 正岡子規 千鳥
夢に鳴く八島屏風の千鳥かな 内藤鳴雪
大匙に一杯の千鳥日和かな 橋閒石 微光
天が下千鳥の迹のまぎれなき 富安風生
天日のきらめき千鳥死ぬもあらん 渡邊水巴 白日
女名を呼ぶ岩のあり鳴く千鳥 河東碧梧桐
妻とするめんない千鳥花野みち 後藤比奈夫
子千鳥の千鳥歩きを親たのしむ 中村草田男
子千鳥の蜘蛛より軽く走るかな 川端茅舎
子千鳥の親を走せ過ぎ走せかへし 中村草田男
子午線を踏み外さずに 磯千鳥 伊丹三樹彦
安房へ行き相摸へ戻り小夜千鳥 正岡子規 千鳥
安房へ行き相模へ歸り小夜千鳥 正岡子規 千鳥
寂然と千鳥の陣や洲の真昼 川端茅舎
富士へはつと散りかゝりけり磯千鳥 正岡子規 千鳥
対ひ居て君が酔知る千鳥かな 日野草城
岩千鳥初日の中に舞ひつるる 上村占魚
島の裏春の千鳥のゐたりけり 草間時彦
川千鳥ならん温泉宿の寝しづまり 星野立子
川千鳥家も渡しもなかりけり 正岡子規 千鳥
川千鳥川逸れて鳴く巣あるらし 右城暮石 句集外 昭和五十三年
川千鳥巣を流されし出水飛ぶ 右城暮石 虻峠
川千鳥水面離るる時見ゆる 山田みづえ 手甲
川千鳥湯ざめおぼゆる昼さがり 上村占魚 鮎
川浪の霰光りに川千鳥 飯田蛇笏 椿花集
州の色にまぎれて千鳥かたまれる 清崎敏郎
巡礼に 白まっさらの 磯千鳥 伊丹三樹彦
帆柱や二つにわれてむら千鳥 正岡子規 千鳥
引潮のやがて千鳥の来る頃と 高浜年尾
思ひ出を人に語れば啼く千鳥 星野立子
我笠の上で鳴きけり友千鳥 正岡子規 千鳥
我胸に千鳥羽ばたく我足に 中川一碧樓
提灯に浪おそろしや浦千鳥 原石鼎 花影
揚りたる千鳥といふは脹みて 後藤比奈夫
揚りたる千鳥に波の置きにけり 後藤夜半 翠黛
揚舟のかげにまはれば千鳥たつ 松本たかし
故郷の水の味昼千鳥なく 中川一碧樓
散ると見てあつまる風の千鳥哉 正岡子規 千鳥
文覚などその他もろもろ啼く千鳥 橋閒石 和栲
文覺をとりまいて鳴く千鳥哉 正岡子規 千鳥
新田や牛に追はれて立つ千鳥 正岡子規 千鳥
日輪に飛ぶ琅かんの千鳥かな 川端茅舎
春もなほ千鳥の来べき洲のありて 高浜年尾
昼はなほ真夏のごとし千鳥照る 大野林火 早桃 太白集
月の雪松をこぼるゝ千鳥かな 原石鼎 花影
月低く御船をめぐる千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
月入れば北斗をめぐる千鳥かな 飯田蛇笏 霊芝
月暗し敵か千鳥か見分たず 正岡子規 千鳥
木からしにかたよつて飛ぶ千鳥哉 正岡子規 千鳥
木からしに片よる沖の千鳥哉 正岡子規 千鳥
木偶鴨に鴫か千鳥か鳴いてゐる 木村蕪城 寒泉
枯草のそよぎ千鳥の声を消す 山口青邨
梅こぼれ庭の真砂に浜千鳥 富安風生
梅の闇千鳥遠まさり近まさり 原石鼎 花影
梅花膏「千鳥が鳴く」と貼りにけり 日野草城
楯に似し岩めぐり鳴くは千鳥かや 河東碧梧桐
此の荒磯千鳥を絶す群ら鴎 中村草田男
武庫川の宿の午に入る川千鳥 飯田蛇笏 椿花集
歴々と親子千鳥の水鏡 中村草田男
母鳥の長跂に副ひ子の千鳥 中村草田男
江の口の千鳥照りつつ過ぎるのみ 中村草田男
法難の荒磯に千鳥羽ばたきぬ 阿波野青畝
波がしらなほ越えきたる千鳥かな 後藤夜半 翠黛
波の引き残せしわれと磯千鳥 鷹羽狩行
波の間の広きところの友千鳥 後藤夜半 翠黛
波荒るゝ入江の月の千鳥哉 正岡子規 千鳥
波騒ぎつゝ汐引ける千鳥の洲 高浜年尾
洲うつりの千鳥の群の白き胸 松崎鉄之介
洲に並ぶ千鳥に白帆矢のごとし 川端茅舎
洲に並ぶ千鳥のどれか鳴くもあり 川端茅舎
洲の千鳥動けばうつる忘れ潮 高浜年尾
洲の千鳥筑波颪に向き並び 川端茅舎
洲を走る千鳥の迅さまのあたり 高浜年尾
流連や裏は加茂川昼千鳥 日野草城
浜千鳥もろにあがれり朝の顔 岡井省二 夏炉
浜千鳥墓のひくさにかがまりて(能登一の宮、折口信夫先生墓のほとり) 細見綾子
浜菅の中へ千鳥の迹つづき 清崎敏郎
浦凪や千鳥のあそぶ小磯など 高屋窓秋
浦風にまた舞ひ戻る千鳥哉 正岡子規 千鳥
海からも雲の閉ぢくる千鳥かな 渡邊白泉
海を語るは波に如かずよ群千鳥 鷹羽狩行
海原に星のふる夜やむら千鳥 正岡子規 千鳥
淡路まで散りすぐ戻る浜千鳥 阿波野青畝
渺々と何もなき江の千鳥哉 正岡子規 千鳥
湖尻の州崎の千鳥雨けぶる 木村蕪城 寒泉
満潮の終の洲を翔つ磯千鳥 廣瀬直人
滿汐や千鳥鳴くなる橋の下 正岡子規 千鳥
滿汐や清盛の塚に千鳥鳴く 正岡子規 千鳥
漁師にはつまらないこと千鳥来る 後藤比奈夫
潮満ちてくれば鳴きけり川千鳥 上村占魚 鮎
濤かぶつて汐汲む蜑やむら千鳥 飯田蛇笏 山廬集
火やほしき漁村の雪に鳴く千鳥 正岡子規 雪
灯も見えず闇の漁村のむら千鳥 正岡子規 千鳥
無人燈台砂に千鳥の趾とどむ 大野林火 雪華 昭和三十四年
燈台に双棲の君や鳴く千鳥 河東碧梧桐
燒芋をくひくひ千鳥きく夜哉 正岡子規 焼薯
父や母や子千鳥護りて潟の左右に 中村草田男
父千鳥長嘴よき餌教へたり 中村草田男
片男波その先にある千鳥の洲 高浜年尾
牛のつらに崩るゝ闇の千鳥哉 正岡子規 千鳥
牛蛙に眠り千鳥に目覚めている 金子兜太
猪牙借りて妹がり行けば川千鳥 正岡子規 千鳥
生酔本性たがはず千鳥聴きつけし 日野草城
甲子園球場眠り千鳥鳴く 阿波野青畝
町人は千鳥に馴れてかへり見ず 高浜年尾
白梅に情またこはし小夜千鳥 原石鼎 花影
石蕗を見て何見て千鳥なき過ぎん(人遠し) 細見綾子
砂に落つ万年筆で千鳥詠む 阿波野青畝
磯に州に千鳥ちりばめ初日の出 鷹羽狩行
磯に来て千鳥笛吹く雛流し 安住敦
磯の松に千鳥鳴くべき月夜哉 正岡子規 千鳥
磯は夜の荒男ゆききに千鳥なき 細谷源二 鐵
磯千鳥かくまで潮は澄むものか 鈴木真砂女 居待月
磯濱や犬追ひ立てるむら千鳥 正岡子規 千鳥
神在やいづれの国の浜千鳥 飴山實 次の花
突き細し波に碎けるむら千鳥 正岡子規 千鳥
紅葉まだ千鳥掛なる嵐山 鷹羽狩行
素紙子に絵を物しけり千鳥河東碧梧桐
群千鳥 門波に浮沈まかせつつ 伊丹三樹彦
考へに千鳥の声の時にあり 上野泰
背戸へ來て崩れてしまふ千鳥哉 正岡子規 千鳥
自動車のうしろは真闇小夜千鳥 日野草城
舟霊は沈みきらずに 波千鳥 伊丹三樹彦
船に積む牛のさわぎや小夜千鳥 正岡子規 千鳥
船津屋の一人泊りに千鳥聞く 松崎鉄之介
艪の音や我背戸來べく千鳥鳴く 正岡子規 千鳥
花の雲谷は鉄橋千鳥がけ 川端茅舎
若き漁夫の口笛千鳥従へて 西東三鬼
荒噛みの引き波の泡夕千鳥 佐藤鬼房
荒海の千鳥ぶちまく枯野かな 飯田蛇笏 山廬集
荒磯波くだけて月の千鳥かな 日野草城
葦伸びよ水清めよと千鳥鳴く 金子兜太
薄星の光り出でたる千鳥かな 日野草城
蘆苅れば千鳥の洲あり古鏡なす 川端茅舎
蜑が家や行燈の裏に鳴く千鳥 正岡子規 千鳥
行徳は千鳥浦安はおでんかな 川端茅舎
襤褸が巻く赤子に河口千鳥走る 飴山實 おりいぶ
見えずなる千鳥はやさし返し来る 中村汀女
見失ひつゝも千鳥のあとを追ふ 星野立子
親千鳥佇つ影子千鳥走る影 中村草田男
親千鳥片跂佇ちに子をたのしむ 中村草田男
親子千鳥日はそのさだめ照り昃り 中村草田男
親子千鳥翅打ち交はしいづこかへ 中村草田男
親子千鳥飛ぶとき鳴きつあどけなく 中村草田男
親子千鳥飛べば子千鳥模様めき 中村草田男
話しつかれてほつと千鳥か 種田山頭火 自画像 落穂集
走り寄り二羽となりたる千鳥かな 中村汀女
走る千鳥下潟に映す影を持たず 鷲谷七菜子 銃身
足跡の千鳥なりけるところまで 石田勝彦 秋興以後
足迹の千鳥の中の烏かな 富安風生
跡あるを千鳥と決めぬ男同士 伊藤白潮
路ばたに温飩くふ人や川千鳥 正岡子規 千鳥
踵深き静塔のあと千鳥の跡 橋本多佳子
軍艦の沈みしあとを群千鳥 正岡子規 千鳥
遠く移る朝浪千鳥見つつ酌む 阿波野青畝
遠千鳥ちり~高し多摩川原 高野素十
遠雷や千鳥破風に雨のあと 水原秋櫻子 餘生
酌の手をとめて千鳥が鳴くといふ 日野草城
酔ひ足りて心閑かや遠千鳥 日野草城
鍵の錆手につく侘びし昼千鳥 中川一碧樓
關守の厠へ通ふ千鳥哉 正岡子規 千鳥
關守は妻も子もなし小夜千鳥 正岡子規 千鳥
關守も居らず千鳥も鳴かずなりぬ 正岡子規 千鳥
阿波木偶に泣いて帰るか浜千鳥 飴山實 花浴び
障子などどのやうに川千鳥なく 細見綾子 桃は八重
離れ家離れ岩あり飛ぶ千鳥 河東碧梧桐
難船のあとを吊ふ千鳥かな 正岡子規 千鳥
雨の日の卯浪の千鳥聞きにけり 飴山實 辛酉小雪
雨の消すものに千鳥の足跡も 後藤比奈夫
雪洞に千鳥聞く須磨の内裏哉 正岡子規 千鳥
露無明貯炭場千鳥啼き連れて 小林康治 玄霜
青竹の千鳥がかりも寒暮にて 飯田龍太
須磨の宿の屏風に描く千鳥哉 正岡子規 千鳥
須磨の宿の欄間に彫れる千鳥哉 正岡子規 千鳥
須磨の宿の襖に描く千鳥哉 正岡子規 千鳥
風つよくなりて千鳥とわかれけり 百合山羽公 春園
風に崩れ月に碎けて鳴く千鳥 正岡子規 千鳥
風を切る安宅の関の千鳥かな 阿波野青畝
風紋におきて千鳥の迹くはし 富安風生
高浪に千鳥帯とてつづきけり 飯田蛇笏 山廬集
鳩とゐし千鳥がとべば烏来る 星野立子
鳴き合ひて泥に乗りゆく千鳥かな 渡邊白泉
鴨川千鳥自棄酒利かぬ夜なりけり 日野草城
麦踏のうしろにあがる千鳥かな 百合山羽公 春園

千鳥 続補遺

あたるほど立波さむし鳴千鳥 尾頭
あはれげもいとど春立つ朝千鳥 鬼貫
あまつたふ星の御かげになく鵆 加藤曉台
あら古や露に千鳥をすまの躰 椎本才麿
あら海や別に千鳥の夜が聞ゆ 成田蒼虬
あら磯の浪にくだけぬ千鳥かな 祇蘭 江戸の幸
あら礒やはしり馴たる友鵆 去来
ありあけのはまやさながら飛鵆 成田蒼虬
いたづきのなくてまめなる鵆かな 此筋
いつ迄か雪にまぶれて鳴千鳥 千那
うち懸る浪を上手に千鳥かな 諷竹
おもふさま鵆きく夜やかのへ申 舎羅
お地蔵のもすそに鳴くや磯千鳥 鬼貫
かたはらを鴈がねすぐる千鳥哉 露印
かはほりや鵆も通ふ蔵やしき 高柳荘丹
から尻の馬にみてゆく千鳥哉 傘下
きはまりて道よりするや川鵆 成田蒼虬
きら~としてなくなりぬ朝鵆 江森月居
くむ汐や千鳥残して帰る海士 鬼貫
けいせいのよる瀬しったか川千鳥 小西来山
けふまでは人の噂や啼千鳥 知足
こちらでは又おもしろし川千鳥 中川乙由
こぼれては風拾ひ行鵆かな 千代尼
ごんとなる鐘の跡から鵆かな 木導
さし汐に走りあまるや浜千鳥 李由
さとれとて浪をはたらく鵆哉 舎羅
さよ千鳥何やら袖にこぼれけり 三宅嘯山
しがらみの雪踏ちらす千鳥哉 りん女
しば鳴や品川ちかき浦千鳥 一雪 誹枕
その夜半の啼音は遠し浦鵆 黒柳召波
たいそうな海を音に持つ千鳥かな 寥松 八朶園句纂
たがへずに通ふ千鳥に後夜の鉦 鈴木道彦
たんと聞て今朝ひとつ見る千鳥かな 卓池
ちらほらと昼来たきりや川千鳥 田川鳳朗
ちる雪を千鳥の花や淡路島 支考
つねさへもかなしきものをさよ千鳥 中川乙由
つら雪にぬればや和歌の友千鳥 貞之 ゆめみ草
でんがくをくふてもさむし鳴千鳥 句空
とりあへず千鳥まづ鳴宵の程 凉菟
なかにある千鳥の足の寒さ哉 陽和
なく千鳥不二を見かえれ汐見坂 杉風 杉風句集
なら坂のおてゝを呼や川千鳥 兀峰
なる河やきれま~に啼千鳥 朱拙
なる河や夢とり迯す小夜千鳥 魯九
ぬれて来て礒のうら屋を啼千鳥 里東
はまの子は正月待よ鳴千鳥 松窓乙二
ひと吹雪千鳥のまはる岬かな 成田蒼虬
ひと走りしてたつ朝の鵆かな 成田蒼虬
ふたわれになりてたがひになく千鳥 成美 はら~傘
ふるごとを鳴て千鳥の磯めぐり 抱一 屠龍之技
むら千鳥船頭どのを見知るかや 壺中
ゆふぐれはしばし鵆のいとま哉 成田蒼虬
よい物の手ぢかに啼や川千鳥 木因
よき日和に月のけしきや村千鳥 其角
わすれずに寒さ見上る千鳥かな 梢風尼
一つふたつはぐれ啼して立千鳥 長翠
一チ声や春呼続の浜千鳥 旦藁
一夜聞てほゐなきすまの千鳥かな 樗良
一羽より二羽より三羽礒千鳥 凉菟
一羽鳴羽後れて鳴し鵆かな 立志 葱摺
三つ五つまではよみたる千鳥哉 千代尼
三日月にそむいて飛や礒千鳥 風国
三日月や二つ鵆を六日の夜 野坡
下りたつや千鳥も波の教から 馬場存義
乞食の五器に求食るか小夜鵆 松岡青蘿
二千里の潟をかゝへる千鳥かな 木導
二村や千鳥聞えるやまのきれ 井上士朗
亭の戸の一重に近しさよ鵆 三宅嘯山
人を鳴鴎を鳴や浜千鳥 桃隣
仮まくら魚蔵に千鳥降がごとし 加舎白雄
住なれし人はよく寐て小夜千鳥 高桑闌更
何を啼闇のうつゝの浜千鳥 不玉
傘さして足駄を提て小夜鵆 東皐
先一つ来て種となる千鳥哉 田川鳳朗
光琳が千鳥見よなら薄月夜 鈴木道彦
八月もうら崩して啼千鳥 松窓乙二
六月もおもへば雪に鳴鵆 支考
六月も巴おもへば啼千鳥 支考
冬の日の丸に暮てや啼千鳥 洒堂
冬の日や昼は柿木朝千鳥 野坡
冬三月折角あそべはま千鳥 松窓乙二
冬籠り千鳥の筋や一つ窓 野坡
刀もつ女子の供や小夜鵆 早野巴人
初雪や亭主ぶりする浦鵆 正秀
加茂川や菜の葉ながれて啼く鵆 栗田樗堂
十ばかり吹はなさるゝ千鳥かな 寥松
千鳥きく夜衣にたちし松葉かな 加舎白雄
千鳥きけ船に枕も投てあり 凉菟
千鳥なく鴨川こえて鉢たゝき 其角
千鳥には嶋の木葉のなりつらめ 鈴木道彦
千鳥ひとつ山路へわたる心しれ 望月宋屋
千鳥啼あかつきかけて帆山寺 支考
千鳥啼かたや一二のみほつくし 凉菟
千鳥啼むかし座敷ややりかんな
千鳥啼板家を月の照徹す 寥松
千鳥聞きし風の薫りや蘭奢待 素堂
千鳥聞く外の寐覚や鉢*叩 吾仲
千鳥聞く家も三つ四つ五つかな 田川鳳朗
千鳥聞其ちどりこそ生き仏 松岡青蘿
千鳥鳴爰やむかしの杖やすめ 路通
口明て見かへるもあり友千鳥 兀峰
名月に気を持顔の鵆かな 正秀
君によりしる呼続の千鳥哉 知足
君知るや五条で名乗小夜千鳥 正秀
吹あれて生物もなし浦千鳥 塵生
吹よせて淀む所や浦千鳥 蘆本
吹れ来てあそぶ友あり村千鳥 凉菟
吹散す星の軽さよ小夜千鳥 野径
味やりやるこれは千鳥かめづらしい 惟然
呼次や千鳥の香炉浦煙 西鶴
唐までも行か千鳥の浦めぐりの 杉風
啼うちの狂気をさませ浜鵆 李由
啼かはす千鳥や小夜の舟鼠 五明
啼ならば今ぞ有礒の浦鵆 泥足
啼やむに夜一夜かゝる千鳥かな 田川鳳朗
啼千鳥どこが須磨やら明石やら 鈴木道彦
啼千鳥幾夜あしかの夢おどろく 其角
啼声も氷りてたゝず小夜鵆 木導
堪かねて細江に入か小夜鵆 蓼太 蓼太句集二編
塩擔子や投てたゆたふ礒鵆 其角
塵浜に立ぬ日もなしうら千鳥 句空
声いくよ餅へ舂込川鵆 長川 江戸名物鹿子
声かれて朝日に眠る千鳥哉 高桑闌更
声立て氷を走る千鳥哉 高桑闌更
夕されば千鳥とぶ也春の水 高井几董
夕鵆手にも来るかと淡路しま 高井几董
夜をこめて針するうらや鳴鵆 朱拙
夢なれや活たる文字の村鵆 半残
夢に見たまゝを寐覚の鵆かな 成田蒼虬
大ぜいで聞なくしけり川千鳥 寥松
大勢は寒うもあらじ小夜千鳥 其角
大浪にまくられて立つ千鳥かな 常仙 類題発句集
如月や入日の底になく千鳥 井上士朗
妻よぶや小女房小男礒千鳥 野坡
守りて聞酒の涌夜や鳴鵆 野坡
客たてゝ跡の仕舞や小夜千鳥 左次
寄たびにくづす千鳥や礒の浪 園女
寐ころびて待るゝ物よ小夜鵆 惟然
寝られぬやにがにが敷も鳴千鳥 鬼貫
小夜千鳥未だ寝ぬ船の咄声 酒井抱一
小夜千鳥羽風もいとふ声の痩 樗良
嵐過てきけば椽ふむ千鳥かな 卓池
川千鳥牛の喰ものなかりけり 夏目成美
川島にながれ別つ友千鳥 露川
川筋や千鳥にかする寒念仏 松岡青蘿
川風の千鳥おもふや心太 松窓乙二
幸若が愛智川わたれば鳴鵆 北枝
庵に寐るなみだなそへそ浦鵆 惟然
引冠る衾の草やさよ千鳥 釣壺
心をや筌にゆらるゝうら千鳥 其角
志賀の山深入しては鳴千鳥 桜井梅室
成ぬべき鵆よ盲ら掴にも 三宅嘯山
手柄せよ鴫立沢の浦鵆 泥足
拍子木の間~は鵆かな 許六
旅烏礒にともなふ千鳥かな 建部巣兆
日よければ千鳥もいやし里わたり 桜井梅室
明神に日のさす時や啼千鳥 助然
星の夜の梨地に鳴や村千鳥 中川乙由
暁の墓もゆるぐや千鳥数奇 丈草
暫くは江戸に夜半あり川鵆 完来 発句類聚
月ならば千鳥も啼か乕が雨 寥松 八朶園句纂
月ならば千鳥も啼歟乕が雨 寥松
月になくあれは千鳥か秋のかぜ 惟然
月も見え雪も降出てなく鵆 加藤曉台
月や霰其の夜の更けて川千鳥 上田無腸
月夜にはちいさし昼の浜鵆 北枝
月暗し鵆の返す羽のおと 三宅嘯山
有明にたつあし見ゆる千鳥哉 成田蒼虬
有明のたび人こゆる千鳥哉 成田蒼虬
望汐の橋につまづく千鳥かな 桜井梅室
木にとまるものなら千鳥春の月 五明
木の実にも麦にもつかで小夜千鳥 三宅嘯山
木戸しまる音やあら井の夕千鳥 炭太祇
木母寺の雪隠からも千鳥かな 一茶 七番日記
村千鳥早風をかはす羽音哉 三宅嘯山
松明の跡のくらさや村千鳥 三宅嘯山
枝川や一羽はなれて鳴千鳥 素覧
枳の針除行道や川千鳥 野坡
柚昧噌ふく風につれけり小夜鵆 野坡
椀久も正気にかへれ千鳥の夜 鈴木道彦
此寒さ巣はいかゞとてなく鵆に 支考
江南は烏飛也むら黒柳召波
河風や千鳥のみちを杜宇 桜井梅室
波に入る月見て居れば飛千鳥 成田蒼虬
浜千鳥なくや翁のあしのあと 句空
浜嵐鵆を吹て回しけり 三宅嘯山
浜須磨や陣はしらねど鳴千鳥 〔ブン〕村
浦風や巴をくづすむら鵆 曽良
浦鵆さこそ明石も大神鳴 其角
海づらや矩に渡して啼千鳥 洒堂
海冷に月のしづむや千鳥貝 野紅
涅槃絵に似ては千鳥も鳴日哉 游刀
深川や通ふ千鳥の蔵やしき 千川
湯豆腐に声のよくのる鵆哉 成田蒼虬
漕出すや賀茂ははるかに川千鳥 望月宋屋
濤の間の砂原はしる千鳥かな 苔蘇
火の気なき家のあるじは鵆哉 早野巴人
炉の炭を啼ほそめたる千鳥哉 桃先
狼のあと蹈消すや浜千鳥 史邦
町陰や水の便になく千鳥 素行
白壁に千鳥なつかし北の口 土芳
百八や鏡聞はてゝ浦千鳥 尚白
矢田の野や浦のなぐれに鳴千鳥 凡兆
秋風や波のあら~なく千鳥 園女
編笠を着た人寒し千鳥より 松窓乙二
羣(むれ)て居て慾に友よぶ千鳥哉 田川鳳朗
義仲寺の灯がともれるや飛鵆 成田蒼虬
耳になれて昼はわするゝ鵆かな 卓池
聞てさへ居れば夜明る千鳥哉 田川鳳朗
聞までの夜のおもしろき鵆 成田蒼虬
肩ぼねの鳴るにつけてもなく千鳥 夏目成美
背門口の入江にのぼる千鳥かな 丈草
舟にたく火に声たつる鵆哉 亀洞
舟の闇千鳥に沖州しるばかり 鈴木道彦
舩かへせこゝは千鳥も月もなし 寥松
船に寐る旅もこりずや鳴千鳥 車庸
芦の穂に吹交りてや鳴鵆 〔ブン〕村
芦の芽に肝つぶしてや居ぬ 松窓乙二
苅置キに来てはこぼるゝ鵆哉 百里
荒磯やはしり馴れたる友千鳥 向井去来
葬の火をたよりに寄るや浜千鳥 李由
藁塚にねぐらはなさで飛千鳥 桜井梅室
蠣殻や下駄の歯音に飛鵆 加藤曉台
行としや千代の鵆の須磨の浦 建部巣兆
行千鳥うさんがるやら海坊主 朱拙
行燈に千鳥鳴くなり夜の雨 護物 発句題叢
袖を出る香炉も雪の鵆哉 黒柳召波
西に月千鳥聞にはよき夜頃 成田蒼虬
見はじめは秋のうちから鵆かな 林紅
討た夜は蝶と千鳥の乳の闇 角上
貫之が船の灯による千鳥哉 高井几董
赤淵にしかも夜啼鵆かな 蘆文
越後屋の算盤すぎて小夜千鳥 其角 五元集拾遺
越後屋の算盤過て小夜鵆 其角
足ねぶられて猫と千鳥を聞夜哉 一笑(金沢)
遠浅や月の千鳥の舞もどる 加舎白雄
酒桶に千鳥舞入あらしかな 加舎白雄
酒買に通ふ浜辺や小夜千鳥 芙雀
里に来て桐の実鳴らす千鳥かな 桜井梅室
長みじか嶋を尺取千鳥哉 りん女
関の戸をさゝれて鳴や小夜千鳥 許六
闇に逢人の別や鳴千鳥 りん女
雪の中川が流て千鳥かな 如行
雪ふんだ足提てみな鳴鵆 杜若
雲ぎれの月にせり啼千鳥哉 牧童
青き穂に千鳥啼也ひつぢ稲 史邦
風雲の夜すがら月の千鳥哉 与謝蕪村
鬼北や千鳥と雨と吹とばす 五明
鳴る河に声のあやある千鳥哉 釣壺
鳴千鳥富士を見かへれ塩見坂 杉風
鳴~て千鳥や友をわすれ貝 野紅
鵆啼く川洲の芒枯れにけり 栗田樗堂
鵆来い川千鳥こい大晦日 木因
鶏のあとに矢橋の千鳥哉 夕道
鶺鴒も二三度はしる千鳥哉 鈴木道彦
黄なるよりゆふうつりしてむら千鳥 寥松
黒雲にをつ立らるゝ鵆かな 木導

以上



by 575fudemakase | 2017-01-26 16:30 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26585390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング