むささび の俳句

むささび の俳句

むささび

例句を挙げる。

「模聞雅話(ももんがわ)」鬼の角切りうそ寒し 高澤良一 燕音
むささびがつくと小国の吊し柿 高野素十
むささびが天井にゐる夜涼かな 山口草堂
むささびが顔さらしたり盆の月 米沢吾亦紅
むささびとなりぬべうなり茶の羽織 山口素堂
むささびと棲み正月の詩書くか 大峯あきら 鳥道
むささびにくまなく星の粒立てる 矢島渚男 船のやうに
むささびに不意をつかれし五月闇 大森三保子
むささびに如何な筋力わたしは寝るわ 池田澄子
むささびに月の樹間の透く蒼し 野沢節子
むささびに木群が余す月の空 桂樟蹊子
むささびに降りやむ雪のなほ散れる 飯田蛇笏
むささびに鳴る初護摩の大太鼓 大島民郎
むささびのくるかも知れぬ蚊遣焚く 斎藤夏風
むささびのすがりて遥るる月の枝 宇田御杖
むささびの一声ならん寝るとせん 小田黒潮
むささびの乳房を垂れて撃たれけり 田村八朗
むささびの呼び交ふ月の雲厚し 平子公一
むささびの夜がたりの父わが胸に 佐藤鬼房 名もなき日夜
むささびの夜となる霧の杉木立 岩城のり子
むささびの孔が霧吐く比叡越え 米澤吾亦紅
むささびの小鳥はみ居る枯野哉 與謝蕪村
むささびの巣へはとどかず蔓手毬 大島民郎
むささびの月夜となりて修二会終ふ 河北斜陽
むささびの杉生を跳ぶを方丈と 猪俣千代子 秘 色
むささびの来る樫の木や月夜の木 赤座閑山
むささびの爪あと杉に秋の暮 伊藤京子
むささびの目のみが翔る梅雨の闇 加藤 草杖
むささびの知恵ほどに月さしそめて 正木ゆう子
むささびの神の影とぶ山の水 奥山甲子男
むささびの闇うつくしく山人早寝 篠田悦子
むささびの闇に神招ぶ青き竹 窪田あさ子
むささびの顔現れし巣箱かな 上村佳与
むささびの飛ぶ夜やさしき男の眼 堀口星眠 営巣期
むささびの飛ぶ杉の穂や星月夜 野村喜舟
むささびの飛ぶ黒白の夕景色 長谷川双魚
むささびの飛翔影曳く雪月夜 村上喜代子
むささびの鳴く夜も廻す艾臼 衣川砂生
むささびは闇の一葉と化りて翔ぶ 宇田零雨
むささびや夜霧吹き入る手打蕎麦 水原秋桜子
むささびや大きくなりし夜の山 三橋敏雄 まぼろしの鱶
むささびや杉にともれる梅雨の星 水原秋櫻子
むささびや神祀る火の消えさうに 井上 康明
むささびや膳にきよらな山のもの 太田鴻村
むささびや露天湯更けて湯気もなし 井沢正江
むささび遠し霧海は月の出づらしも 太田鴻村 穂国
月の断崖むささび飛躍また飛躍 加藤知世子 花寂び
榾の宿撃ちし*むささび抛れるまゝ 楠目橙黄子 橙圃
裘着てむささびのとぶを待つ 安藤 尚子
風の花葛/ももんがに/かの/紺色孤独 林桂 銀の蝉
鼬出てむささびも出てさくらの夜 篠崎圭介

むささび 補遺

むささびか鼬かばつた食ひし糞 右城暮石 句集外 平成三年
むささびがつくと小国の吊し柿 高野素十
むささびが木喰仏と同居せり 百合山羽公 樂土以後
むささびとなりぬべうなり茶の羽織 素堂
むささびに逢ふべく夢の淵わたる 佐藤鬼房
むささびに降りやむ雪のなほ散れる 飯田蛇笏 家郷の霧
むささびのとびたる春の夜を訪ひし 高野素十
むささびの夜がたりの父わが胸に 佐藤鬼房
むささびの巣の穴丸しまんまるし 右城暮石 散歩圏
むささびの糞りたるものも落花浴ぶ 右城暮石 一芸
むささびの翔けわたる瀬や天の川 水原秋櫻子 旅愁
むささびの落ちつき得ざる良夜かな 阿波野青畝
むささびの飛んで丁々また発止 百合山羽公 樂土以後
むささびの高尾の山に来て寝たり 水原秋櫻子 磐梯
むささびは来るな仕掛けし鳥巣箱 右城暮石 散歩圏
むささびは筍梅雨を畏みぬ 阿波野青畝
むささびや夜霧吹き入る手打蕎麦 水原秋櫻子 旅愁
むささびや大きくなりし夜の山 三橋敏雄
むささびや源氏はかなしき事につけ 平畑静塔
むささびや谷戸に瓜掻き体当たり 百合山羽公 樂土以後
むささびを見に来よといふ老女かな 佐藤鬼房
むささび奴幽霊草を踏みにけん 阿波野青畝
剥製のむささび飛べり梅雨の宿 山口青邨
古猫のむささび面す冬籠 百合山羽公 樂土以後
招霊(おがたま)にむささび天降る 神楽宿 伊丹三樹彦
梟とむささび北条余類かな 百合山羽公 樂土以後
水影や*むささびわたる藤の棚 其角
甲斐駒のほうとむささび月夜かな 飯田龍太
納屋にゐしむささびを捕り逃したる 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
賢治の詩むささびの子も夜空翔く 藤田湘子 てんてん
霧騒ぎむささび騒ぐ手打蕎麦 水原秋櫻子 旅愁

以上

by 575fudemakase | 2017-01-26 20:15 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26585945
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング