事始の俳句

事始の俳句

事始

例句を挙げる。

いささかの塵もめでたや事始 森川曉水
うかとしてまた驚くや事始 松瀬青々
カンカン帽脇に置く蘭学事始 松山足羽
コーヒーを挽き薫らすも事始 辻田克巳
メモをして一行目から事始 松本 あや子
上がりはな畳かをれる事始 小林貴子
事始てふ故事知りて京育ち 粟津松彩子
事始なりし病衣を改めて 田畑美穂女
事始忘れし恩のおもはるる 松瀬青々
事始榾積み上げし神の杜 並松 生代女
事始頼まれて書く熨斗袋 長沢晴雪
京なれやまして祇園の事始 水野白川
人の世に義理の閾や事始 植田朱門亭
八省の人馬も政事始かな 鳥居白山
山盛り蜜柑潰えて家塾事始 林翔 和紙
物堅き義理の世界や事始 岡田抜山
疾く起きて水打つ廓事始 石橋雄月
紅型師朱をたつぷりと事始 大城幸子
花嫁の衣裳合せを事始 行廣すみ女
花街に京舞を守り事始 井上芳江
芸界になじみいくとせ事始 稀音家三登美
蓑編んで届けてくれぬ事始 瀧澤伊代次
貝寄風によりけむ蘭学事始 岡井省二
路地の日の格子戸に洩る事始 守谷順子
いささかの塵もめでたや事始 森川曉水
うかとしてまた驚くや事始 松瀬青々
カンカン帽脇に置く蘭学事始 松山足羽
コーヒーを挽き薫らすも事始 辻田克巳
メモをして一行目から事始 松本 あや子
上がりはな畳かをれる事始 小林貴子
事始てふ故事知りて京育ち 粟津松彩子
事始なりし病衣を改めて 田畑美穂女
事始忘れし恩のおもはるる 松瀬青々
事始榾積み上げし神の杜 並松 生代女
事始頼まれて書く熨斗袋 長沢晴雪
京なれやまして祇園の事始 水野白川
人の世に義理の閾や事始 植田朱門亭
八省の人馬も政事始かな 鳥居白山
山盛り蜜柑潰えて家塾事始 林翔 和紙
物堅き義理の世界や事始 岡田抜山
疾く起きて水打つ廓事始 石橋雄月
紅型師朱をたつぷりと事始 大城幸子
花嫁の衣裳合せを事始 行廣すみ女
花街に京舞を守り事始 井上芳江
芸界になじみいくとせ事始 稀音家三登美
蓑編んで届けてくれぬ事始 瀧澤伊代次
貝寄風によりけむ蘭学事始 岡井省二
路地の日の格子戸に洩る事始 守谷順子

事始 補遺

事始なりし荒神帚まで 後藤比奈夫
事始年に和らを入にけり 三宅嘯山
事始料紙すこしく残り暮れ 岡井省二 山色
君と共に發句話さん事始 政岡子規 初句会
山盛り蜜柑潰えて家塾事始 林翔 和紙
木兎の耳学問や事始 土芳
永遠に京紅はあり事始 岡井省二 猩々
溝川の音をつよむる事始 飯島晴子
能杖を買や宗祇の事はじめ 三宅嘯山
難波女に何からとはん事はじめ 園女

以上

by 575fudemakase | 2017-01-26 20:36 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26585990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング