焚火 の俳句

焚火 の俳句

焚火 の例句


焚火 補遺

あたたまる延寿の神の焚火して 百合山羽公 寒雁
あつまつてお正月の焚火してゐる 種田山頭火 草木塔
あめつちの闇の裾なる焚火かな 日野草城
あをあをと藪かがやける焚火かな 村山故郷
いつとなく夕靄罩めし焚火かな 日野草城
いつの日も牡丹焚火を負うてをり 平井照敏
いまのいま余生に加ふ焚火跡 斎藤玄 雁道
うぐひすや里の焚火にゆふ啼す 寥松
かいつむり焚火たひらになりにけり 岡井省二 明野
かたまりてまたたけり遠夜焚火は 右城暮石 虻峠
かばかりの喜色見ざりき焚火の蜑 山口誓子
からだから軽くなりたる焚火かな 岡井省二 鯛の鯛
かりくらに鳶ひるがへる焚火かな 飯田蛇笏 白嶽
かりそめの生のなかばに焚火爆ぜ 上田五千石 田園
かろがろとスコツプ使ふ焚火して 右城暮石 天水
ことしまた焚火の火色のみ信ず 山口誓子
この人臭さ 浜焚火跡だけの 伊丹三樹彦
この頃の好きな色赤焚火守る 星野立子
これは石斧焚火の側の石一片 山口青邨
ころがりてありて瓶子や注連焚火 阿波野青畝
すこしづつ焚火に入れて遺品焼く 右城暮石 虻峠
すずかけの枯葉集めし焚火かな 細見綾子
ぜんぜん面白くない焚火を去る 伊藤白潮
それもまたもてなし心藁焚火 高浜年尾
たき火せる父に霜柱はかたし 尾崎放哉 大正時代
たま来ると夜半の焚火を靴で消す 長谷川素逝 砲車
ちろちろと焚火すゞしや山の宿 正岡子規 涼し
ちろちろと焚火涼しや山の家 正岡子規 涼し
てふ~のなぐれて高き焚火かな 村上鬼城
とつぷりと後ろ暮れゐし焚火かな 松本たかし
ねむれねばま夜の焚火をとりかこむ 長谷川素逝 砲車
はつ雪もおぶく焚火に消にけり 許六
ほくほくと寒鮠釣の焚火番 飯島晴子
ほととぎす焚火のまなかくづれけり 大野林火 冬雁 昭和二十一年
まざと海暮れて他郷の捨焚火 鷲谷七菜子 銃身
みささぎのほとりに住んで雪焚火 石田勝彦 雙杵
めらめらと焚火患者を嗤へりき 石田波郷
めら~と焚火かげろひ山揺るゝ 星野立子
よいとまけありたる頃は大焚火 藤田湘子 神楽
わがからだ焚火にうらおもてあぶる 尾崎放哉 須磨寺時代
わが木の葉髪を焚火に必殺す 山口誓子
わが焚ける焚火いとしや日短 山口青邨
わが身より払ふ焚火の白埃 鷹羽狩行
われを愧ぢてゐ枯草など焚火してゐる 中川一碧樓
をさな子が咳す焚火の穂に向ひ 山口誓子
オルガンの鳴る路地深く夜の焚火 木村蕪城 寒泉
サッカー帰るさびれた市場の焚火を過ぎ 金子兜太
ノルマ終へず共に焚火にうづくまる 松崎鉄之介
パン箱にパンの艶あり鑵焚火 香西照雄 対話
ボロ缶に焚火怒らせ遮断機守る 伊丹三樹彦
ポケットの鍵あたたまる焚火かな 稲畑汀子
一あたりしたる焚火を踏み消して 清崎敏郎
一つ始めし銅山の赤い焚火 平畑静塔
一ところ闇を崩して焚火かな 日野草城
一と燃えに焚火煙とぶ棚田かな 飯田蛇笏 山廬集
一人こち見をり焚火の癩家族 大野林火 青水輪 昭和二十六年
一垢面 眠る限りの 焚火の映え 伊丹三樹彦
一寸の炎よりこの大焚火 上野泰
一月一日のわが焚火す胸のあたゝまり 中川一碧樓
一枚の波屏風立ち磯焚火 上野泰
一病の黒白知らず菊焚火 角川源義
一茶忌の雀の家族焚火越す 秋元不死男
中立無し右往左往の風の焚火 香西照雄 対話
主婦達に焚火の火勢火熱よし 右城暮石 句集外 昭和三十四年
五十日見ねば焚火もうつくしく 山口青邨
井戸堀の焚火のあとやきりきりす 正岡子規 蟋蟀
井戸堀の裸しくるゝ焚火哉 正岡子規 時雨
亡き夫顕つごと焚火あたたかし 橋本多佳子
人に逢ひ来しこと告げず夕焚火 廣瀬直人
人を思ひゆく林間に焚火あり 山口青邨
仲仕らの焚火夜陰にかこまれて 佐藤鬼房
休憩の焚火竹の葉牛に食はせ 右城暮石 句集外 昭和三十五年
何か事あれと焚火を囲む者等 右城暮石 声と声
保険屋とバス待つ焚火ともにする 能村登四郎
働きの場の浜焚火いま弱火 佐藤鬼房
元の火を離れ離れる焚火の穂 山口誓子
兄妹の焚火のあとの寒の雨 安住敦
八ケ嶽見えて嬉しき焚火哉 前田普羅 普羅句集
八十梟帥(やそたける)ならずや焚火囲めるは 津田清子
冬の夜に火の見の下の焚火かな 河東碧梧桐
冬日和焚火に熱りつゝ讃ふ 山口誓子
冷えよろこび付く海苔若ものらの焚火 古沢太穂 捲かるる鴎
凍湖に焚火せし罪測られず 津田清子
刈田千枚業火ならねど焚火する 角川源義
初泳ぎせし老守れや大焚火 石川桂郎 四温
刹那刹那に生く焚火には両手出し 津田清子 礼拝
励まなんいま色一新遠焚火 香西照雄 素心
北方に北斗つらねし焚火かな 原石鼎 花影
千鳥仰ぐ眉あはれしる焚火かな 原石鼎 花影
午後よりの雨に黒々焚火跡 高田風人子
原罪や灰のかたちに焚火縄 鷹羽狩行
古俵立てし焚火の客となる 後藤夜半 底紅
君あらぬ刈田の焚火誰が描くや 水原秋櫻子 霜林
和服着て白き腕出し焚火せり 右城暮石 句集外 昭和四十四年
哀へし心身をもて焚火かな 上野泰
唇と骨を熱して焚火跡 斎藤玄 雁道
団欒の焚火とて栗鼠樹を下りし 平畑静塔
囲む輪の焚火より冷やかに抜け 平畑静塔
地獄絵のごとく焚火の穂のちぎれ 山口誓子
坑外の焚火は長き火を立たす 山口誓子
塔頭にいちじく伐つて焚火かな 波多野爽波
墨汁をぶつかけしさま焚火消す 阿波野青畝
夕山の焚火を蔽ふ杣二人 飯田蛇笏 椿花集
夕栄を濁す焚火の煙かな 日野草城
夕焚火あな雪ぞ舞ひ初めにけり 石塚友二 光塵
夕焚火映れる岸に着けにけり 中村汀女
夕焚火稼業にならぬ選句終ヘ 角川源義
夕闇にあらがひ猛る焚火かな 日野草城
夜の焚火天狗の榊もぎに行く 角川源義
夜の焚火浮浪貴族が手をかざす 鷹羽狩行
夜の焚火消す水道の水運び 右城暮石 句集外 昭和三十七年
夜明け待つ心相寄る野の焚火 臼田亜浪 旅人 抄
夜焚火が農夫の鼻肉照らし出す 鷹羽狩行
夜焚火に明るう開く柴戸かな 日野草城
夜焚火に焔落して神は嶺に 原石鼎 花影
夜焚火のあぶれ者には神も失せ 平畑静塔
夜焚火のふところを出て行方知れず 鷹羽狩行
夜焚火の一火移動しはじめたり 右城暮石 句集外 昭和五十一年
夜焚火の尽きてののちの人のこゑ 上田五千石『田園』補遺
夜焚火の火中の薪の透きにけり 大野林火 青水輪 昭和二十三年
夜焚火の炎見つめて影となる 野澤節子 飛泉
夜焚火の焔吹き倒され昏む 大野林火 青水輪 昭和二十三年
夜焚火の闇に怯ゆる焔かな 日野草城
夜焚火やうしろの榛の木がゆらぐ 能村登四郎
夜焚火や闇より波の走り出づ 岡本眸
大原のふところ暮るゝ焚火かな 日野草城
大堰の築きかへらるる焚火かな 阿波野青畝
大年の焚火朝より宰領す 藤田湘子
大焚火焔はとんですきとほり 上野泰
大焚火見よ見よと背のいとし子に 山口誓子
大空の焚火げむりに青菜抱き 飯田龍太
大銀杏颪しやまざる焚火かな 川端茅舎
好きな句をそらんじながら焚火守る 星野立子
学童のゐて賑かな焚火かな 石橋秀野
安達太郎の瑠璃襖なす焚火かな 加藤秋邨
完璧な焚火の終り道焼いて 岡本眸
宗達銀杏光琳紅葉焚火あと 川端茅舎
寒の浜婚期の焔焚火より 西東三鬼
寒ゆるむ杣の感情焚火もゆ 飯田蛇笏 春蘭
寒天老爺 磯臭く また焚火臭く 伊丹三樹彦
寒巌を焚火幾度も焦がせし跡 右城暮石 声と声
寒暮にて頭燈いまだ焚火色 山口誓子
寒月に七つの焚火大きうす 日野草城
寒月に焚火ひとひらづつのぼる 橋本多佳子
寒釣のあぐる焚火の焔見ゆ 清崎敏郎
寒鯉を鬻(ひさ)ぎ焚火をさかんにす 中村汀女
寝て聞きし鞭のおとは焚火なり 山口誓子
小焚火の黄を得ぬ遠火は緋の巨花ぞ 香西照雄 素心
尼さまの一と吹きしたる焚火かな 高野素十
山はながれ川そそり立つ牡丹焚火 平井照敏
山川の底にうつれる焚火かな 下村槐太 光背
山川の底に写れる焚火かな 下村槐太 天涯
山川も涅槃に人りぬ牡丹焚火 平井照敏
山房の雪間焚火の夕べかな 上田五千石 琥珀
山深く這ひし焚火や一あたり 松本たかし
山風の昼にをさまる焚火かな 村山故郷
岩群の焚火岩擲げ込みて消す 山口誓子
岸壁に真昼の焚火髯かゆし 佐藤鬼房
年の夜の焚火豪華にバタヤ達 岸田稚魚 負け犬
年の市裏に焚火の火の粉舞ひ 清崎敏郎
年の暮いぶるばかりの焚火して 細見綾子
年暮るる庭師焚火の輪を解けば 飯田龍太
幸福が見つかりさうに朝焚火 星野立子
幾たびも梅雨の焚火の燃え上がり 右城暮石 声と声
庫の中地獄に見ゆる焚火かな 川端茅舎
庭の内しづかに寒き焚火かな 三橋敏雄
庭焚火そのおほかたの今は朴 上村占魚
庵主焚火埃を一と払ひ 高野素十
引鴨の焚火ばかりを記憶せり 岡井省二 明野
形代を焼くごとくなり牡丹焚火 平井照敏
彼等の焚火大都会という猥語 金子兜太
恵心堂建てんと焚火しつつあり 阿波野青畝
戸隠山の日暮がおそふ焚火かな 鷲谷七菜子 游影
拱いて焚火の塵に甘んずる 阿波野青畝
捨てし身や焚火にかざす裏表 川端茅舎
捨焚火堀兼村の井水鳴る 角川源義
捨焚火波の暮色を深うしぬ 鷲谷七菜子 游影
捨焚火育てて女車掌一人 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
掃きよせし落葉に消えし焚火かな 上野泰 春潮
掃く音と焚火のはぜる音とのみ 上野泰 佐介
採氷の夫に焚火す遠くより 平畑静塔
採氷夫焚火に立ちて雫する 橋本多佳子
掻き寄せて焚火の嵩とならざりし 稲畑汀子
掻き立てて焚火の燠に未練あり 稲畑汀子
揺れてゐる焚火に近き鶏頭かな 星野立子
放浪の焚火を夜の燈となせり 山口誓子
放浪の焚火育てし棒を焼べ 鷹羽狩行
教へ子寄れ焚火枝岐れくりかへす 香西照雄
教会の庭豪放の焚火せよ 中村草田男
散松葉のみ焚き神の焚火とす 山口誓子
文づかひ待たるる落葉焚火かな 上田五千石 天路
断ちがたきえにし焚火に水を掛く 平畑静塔
旅さびし焚火放てる夜の暮 中村汀女
日向焚火藁しべの燃ゆるかなしき 臼田亜浪 旅人 抄
日毎来て鵯も焚火を好むらし 水原秋櫻子 殉教
日雇の焚火ぼうぼう崖こがす 西東三鬼
明星の白む焚火にあたゝまる 百合山羽公 故園
星空の逮夜の道の罐焚火 岡本眸
星空へ飛びもだへゐる焚火かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
時化で棒立つ漁夫に 焚火の焔 ちぎれ 伊丹三樹彦
時頼が露の袈裟ほす焚火哉 正岡子規 露
暁の不二植田を前の焚火跡 木村蕪城 寒泉
暗闇のかぶさり牡丹焚火果つ 鷹羽狩行
暾あまねし温室を出て寄る藁焚火 飯田蛇笏 山響集
曳き舟の東雲はやき焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
月出る今ぞ香たけ焚火けせ 完来
朝なさな焚火の映る障子かな 日野草城
朝の木場焚火の煙賑へり 右城暮石 句集外 昭和四十四年
朝は夫夕の焚火は吾が燃やす 及川貞 榧の實
朝日さすそれより焚火よそよそし 山口誓子
朝日さす焚火を育て影を育て 西東三鬼
朝鬼や焚火は榾を食ひ減らし 百合山羽公 樂土
木の焚火したしと思ひ紙を焼く 右城暮石 句集外 昭和五十六年
木の葉やく寺のうしろや普請小屋 正岡子規 焚火
木柵が焚火の穂揺れ隠しはせず 山口誓子
木樵等の杜漏の焚火冬の末 細谷源二 砂金帯
朴の葉の焚火へ落ちて燃えにけり 日野草城
村中の空腹時を焚火燃ゆ 能村登四郎
杣が嬬髪もおどろに焚火かな 日野草城
松を足す桐の焚火の穂をつなぎ 平畑静塔
林泉の焚火の死灰冷えただれ 山口青邨
枝の炎紙の炎や焚火中 上野泰
染めたての黒布はためく朝焚火 香西照雄 対話
栗園の焚火接待栗鼠も出し 平畑静塔
梅の焚火は縄文のいろ毛むくじやら 佐藤鬼房
梅寒し焚火うち消す水白う 木村蕪城 一位
梅林の手入れはじまる焚火して(深大寺) 細見綾子
椋鳥渡る山に焚火を消しをれば 大野林火 冬雁 昭和二十一年
椿より焚火を賞でて 氏子衆 伊丹三樹彦
橡ひろふ杣を見かけし焚火かな 飯田蛇笏 山響集
母郷たしかむ焚火の芯の狐色 原裕 葦牙
母郷皺むばかり人夫の川原焚火 佐藤鬼房
水で消す焚火白煙濛々と 右城暮石 一芸
水に遠き冬川堤の焚火哉 尾崎放哉 大学時代
水難の焚火炎を金色に 岸田稚魚 負け犬
水鳥や焚火に逃げて洲の向ふ 正岡子規 水鳥
油臭の身焚火に焙り馘首さる 上田五千石『田園』補遺
流木の焚火のかけら莨火に 角川源義
流木を焼ぶ焚火まで曳きずり来て 鷹羽狩行
浜焚火ほそきたつきの舟帰る 松村蒼石 雪
浜焚火暁けはなれたる色となり 清崎敏郎
浮浪焚火映え電柱も一朱柱 香西照雄 素心
浮浪焚火背丈越ゆれば塔形に 香西照雄 対話
海人たちをしぬぎし焚火すぐ衰ふ 山口誓子
海人の子と思ひ焚火のとびかかる 山口誓子
海女の肌焚火に直に乾かして 津田清子
海女の脱衣囲む磯廻の捨焚火 角川源義
海女の膝白くふくよか磯焚火 後藤比奈夫
海女焚火淡し頭上へ水柱 香西照雄 対話
海苔洗う人ら憩えり夜の焚火 古沢太穂 古沢太穂句集
渓おとに夜あらしつのる焚火かな 飯田蛇笏 春蘭
渡しまつ脛くぐり鳴る焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
港湾スト焚火がちぎれちぎれ燃ゆ 佐藤鬼房
湖に焚火を捨てて去りにけり 上野泰 佐介
火と水を戦はせつつ焚火消す 上野泰
火の城のすきとほりたる焚火かな 上野泰
火の鳥の羽毛降りくる大焚火 上田五千石 琥珀
火を食うて炎がそだつ焚火かな 上田五千石 琥珀
火形(かぎゃう)にて焚火深雪にくだけゆく 平畑静塔
火掻棒持つより焚火守となる 稲畑汀子
火焔きれとぶ竹冷忌の焚火 上田五千石『森林』補遺
炉焚火に合点~の話きく 高野素十
炎えあがるたびにたそがれ濃き焚火 大野林火 海門 昭和十年
炎せや炎せ才覚鈍き吾が焚火 細谷源二 砂金帯
炎とは別に焚火の煙這ふ 後藤夜半 底紅
炎天に焚火燃えゐる遺棄されて 山口誓子
炎天の人なき焚火ふりかへる 西東三鬼
炎天の焚火の焔めくれつつ 山口誓子
炎若うして寒泳を待つ焚火 能村登四郎
炭高く爪の厚さや焚火翁 原石鼎 花影
焔板の如く焚火の怖ろしや 山口青邨
焚き足して誰もゐぬ浜焚火かな 飯島晴子
焚火あといくつもありぬ舟普請 上村占魚 球磨
焚火あと光琳紅葉まきちらし 川端茅舎
焚火かこむ樵夫ふたりに昼移る 大野林火 冬青集 雨夜抄
焚火こうこう燃え立ちて人らだまりたり 荻原井泉水
焚火ごう~事ともせずに氷る大地よ 尾崎放哉 大正時代
焚火さへ涼しう見ゆる篠屋哉 寥松
焚火してあるとき蒼き海となる 富澤赤黄男
焚火してこころ供養の菊投ず 平畑静塔
焚火してなに想ふや兵黙すとき 伊丹三樹彦
焚火してよろこぶ紅き塊炭を 山口誓子
焚火してゐればいつもの女来る 上村占魚 球磨
焚火して土工の短躯立ちつづく 山口誓子
焚火して女ばかりの寡婦ばかり 山口誓子
焚火して妻が居らねば吾一人 右城暮石 句集外 昭和五十二年
焚火して妻のみの知る供養かな 右城暮石 句集外 昭和五十六年
焚火して山に還らぬ人を待つ 福田蓼汀 秋風挽歌
焚火して年の行方を見てをりぬ 森澄雄
焚火して戻るや遠く来しおもひ 上田五千石 森林
焚火して手なき片袖を垂らしたり 山口誓子
焚火して日向ぼこして漁師老い 鈴木真砂女 生簀籠
焚火して暮れし紅葉のまた泛ふ 水原秋櫻子 緑雲
焚火して沼をたつきの暮しかな 清崎敏郎
焚火して活字疲れの眼を休む 右城暮石 虻峠
焚火して焚火恋しき面持に 後藤夜半 底紅
焚火して置自転車の熱くなる 右城暮石 句集外 昭和五十五年
焚火して蒐めをりしはつむじ風 後藤比奈夫
焚火して身にしめり気の到る待つ 細見綾子
焚火して軍歌いつとはなく激せり 伊丹三樹彦
焚火して金屏風裡にあるが如 川端茅舎
焚火して飼ふレグホーン我につく 右城暮石 句集外 昭和二十四年
焚火すでに終の焔となり暮るる 鷲谷七菜子 銃身
焚火すやふと情事(いろごと)の胸騒ぎ 石塚友二 光塵
焚火すやふと情事の胸騒ぎ 石塚友二 光塵
焚火すや欅の炎二三枚 渡邊白泉
焚火すや煙の向うに父と母 岸田稚魚 雁渡し
焚火すや雪の樹につく青鷹 飯田蛇笏 山廬集
焚火するに何匹もゐるいとゞかな 右城暮石 句集外 昭和六年
焚火するもの採氷の田に遠く 平畑静塔
焚火する孤りの影をたきしろに 三橋鷹女
焚火する為の鍋あり藁仕事 高野素十
焚火する頃に来りし梅の里(奥多摩吉野梅林) 細見綾子
焚火すれば舟待つらしも帰る雁 河東碧梧桐
焚火せし榾残りゐて落椿 右城暮石 句集外 昭和四十五年
焚火せし跡も持ち上げ霜柱 右城暮石 句集外 昭和六十一年
焚火せり小口径の銃置きて 右城暮石 一芸
焚火せる土木現場を怖るるなり 山口誓子
焚火せる岳入は眼も真赭(まそほ)なり 平畑静塔
焚火せる陸海よりも闇深し 右城暮石 句集外 昭和四十七年
焚火ただ見つめてをりて一句なし 山口青邨
焚火つよしつちをへだてゝもゆる物 原石鼎 花影
焚火とほくなりてわが舟波に乗り 松村蒼石 寒鶯抄
焚火にかざす牡蠣割女の手は鈎形 岸田稚魚 負け犬
焚火にて人の言葉のあたたまる 右城暮石 句集外 昭和四十六年
焚火にて潮ぬれ童女あぶらるる 佐藤鬼房
焚火にて胴赤らめるドラム缶 右城暮石 虻峠
焚火には即かず離れずして遊ぶ 後藤夜半 底紅
焚火にも悪臭開拓村の惨 山口誓子
焚火に坐す炭焼夫何時働くや 右城暮石 句集外 昭和三十七年
焚火に燃えきれぬ切株手開墾 津田清子 礼拝
焚火のけむりほのぼののぼる畑かな 大野林火 冬青集 雨夜抄
焚火のふすぼりわが古りし恋おもはしめ 大野林火 冬青集 雨夜抄
焚火の火剣と化して飛び去れり 野見山朱鳥 曼珠沙華
焚火の火餓じきときは欲そそる 山口誓子
焚火の炎湯呑茶碗を熱くせり 右城暮石 一芸
焚火の焔棒立ちに年暮れゆけり 鷲谷七菜子 銃身
焚火の穂こころの如く定まらず 山口誓子
焚火の穂ちぎれんとしてちぎれざる 山口誓子
焚火の穂よぢれよぢれて常なきなり 山口誓子
焚火の輪なにげなくみな沖を見る 松村蒼石 雪
焚火の輪はなれわが舟見送れる 松村蒼石 寒鶯抄
焚火の輪一人抜けしをつながざる 平畑静塔
焚火の辺大工の釘の散乱す 山口誓子
焚火ひとつ無明にて田が凍りをり 森澄雄
焚火へも歩み日溜りへも歩み 後藤夜半 底紅
焚火へろへろ岩の上にて飯食めり 赤尾兜子 歳華集
焚火ほこり眉毛にかかる日和かな 臼田亜浪 旅人 抄
焚火また人見知りせず初神楽 百合山羽公 樂土以後
焚火やめよ 舟引き揚げよと 帰漁の父 伊丹三樹彦
焚火より弾けて何の実と知れず 鷹羽狩行
焚火より黒き鴉となりて飛ぶ 山口誓子
焚火中炎のせては落葉失せ 上野泰 佐介
焚火中竹飴の如燃えにけり 上野泰 春潮
焚火乗せ干潟一枚消ゆるなり 斎藤玄 狩眼
焚火人しらずや栄華物語 川端茅舎
焚火人怒涛の海を振り向かず 村山故郷
焚火屑珍の珊瑚に紛ふあり 日野草城
焚火映え河つきぬける風も枯れ 赤尾兜子 蛇
焚火消えさざなみだちに来る日暮 鷲谷七菜子 花寂び
焚火消えなんとすその色哀し 日野草城
焚火消すうす暗がりに鴨の列 右城暮石 声と声
焚火消す時現れし冬の鵙 右城暮石 一芸
焚火消す水の流れて消えにけり 上野泰 春潮
焚火消す葬るごとく砂をかけ 福田蓼汀 秋風挽歌
焚火激しかの日の焔色忘れんや 藤田湘子 途上
焚火火の粉吾の青春永きかな 中村草田男
焚火煙そこぞと眺められにけり 飯田蛇笏 山廬集
焚火煙る一本道が働き場 右城暮石 句集外 昭和三十七年
焚火熱しきつそう(吉相)きつそうサンゾーロ(さん候) 津田清子
焚火爆ぜつぐ乳母車には遠く 鷹羽狩行
焚火真近かに高山の雪の凝り 山口誓子
焚火衰へ学校へ行くほかはなき 山口誓子
焚火跡冬鵙あさる目じるしに 右城暮石 句集外 昭和三十四年
焚火跡炎の栄華失せてをり 上野泰
焚火踏み潰す下界へ還らねば 上田五千石 田園
焚火辺をはなれて流浪はじまるか 上田五千石 森林
焚火酔ひして喪帰りの田川沿ひ 能村登四郎
焚火魔としての寒山拾得視 阿波野青畝
煙うすき焚火製材工の昼餉 右城暮石 句集外 昭和三十七年
煙より逃れ焚火を離れざる 稲畑汀子
煙無き焚火の焔紀の磧 右城暮石 句集外 昭和四十年
煤掃の焚火や竹の爆く音 河東碧梧桐
熾んなる焚火見てより歩を早む 岡本眸
燃えたけてほむらはなるゝ焚火かな 飯田蛇笏 霊芝
片頬の焦げ人形の焚火跡 平井照敏 猫町
牛の鼻吊られし白眼焚火燃ゆ 右城暮石 上下
牡丹の木一片加へわが焚火 山田みづえ 手甲
牡丹焚火は燃ゆる母かな闇の底 平井照敏
牡丹焚火何かささやく他の牡丹 山田みづえ 手甲
牡蠣舟に天満の市の焚火見ゆ 後藤夜半 底紅
犬が足踏まれし声す焚火の輪 右城暮石 散歩圏
猟犬の嗅ぎとゞまりし焚火跡 右城暮石 上下
猟男らの焚火竹伐るまんまんと 岡井省二 明野
獣類も病みてもの憂し焚火見る 山口誓子
球根の焦げ残りたる焚火跡 右城暮石 上下
田にひとつ燃え忘年の捨焚火 森澄雄
田楽の村社赤らむ焚火酒 百合山羽公 樂土
畑焚火烏瓜さへ投げこまれ 上田五千石 琥珀
疲れては犬も眠りぬ山焚火 村山故郷
病み枯れの手足に焚火付きたがる 西東三鬼
病獣に焚火の恵み温泉の恵み 山口誓子
白き帆が光りしりぞきゆく焚火 渡邊白泉
白髭に焚火の炎伸びたがる 稲畑汀子
白鳥をあたたかく見る焚火して 平畑静塔
百姓の墓碑に焚火の火をとばす 百合山羽公 故園
百舌鳥啼くや焚火のあとの大凪に 渡邊水巴 白日
皆去りぬ焚火育ててゐるうちに 高浜年尾
皆若し楽譜かゝへてゐて焚火 高野素十
短日やいま切りし枝を焚火とし 及川貞 夕焼
石で固む滝への道に焚火せり 右城暮石 句集外 昭和三十五年
石切り夫すでに帰りし焚火跡 廣瀬直人 帰路
石積んで来て涸沼に焚火せり 岡井省二 明野
砂蹴つて消せば衰へ磯焚火 上野泰
破船がくれに 何の夜焚火 酒瓶据え 伊丹三樹彦
磧焚火煙草に継ぎてあまかつし 角川源義
磯焚火わかめの屑を足しにける(伊勢志摩、大王崎) 細見綾子
磯焚火焔を飛ばし飛ばしをり 清崎敏郎
磯焚火育てて捨ててかへりみず 上田五千石 風景
神楽ばやし恋をとげしか焚火爆ず 角川源義
禰宜焚火すなる転法輪寺かな 阿波野青畝
空のいろ変り焚火のいろ変り 上野泰 佐介
空へたちのぼりわれらが焚火のけむり 中川一碧樓
空谷の底さむかりし焚火かな 加藤秋邨
窯出しに松の焚火を庭燎(び)とす 平畑静塔
箒目の集つてゐる焚火かな 星野立子
紅き実の焚火の中になほ裂けず 鷹羽狩行
紅梅に仕事終りの焚火上げ 中村汀女
紙屑のピカソも燃ゆるわが焚火 山口青邨
紙焚火・置砂街の生色か 中村草田男
織姫の歌垣山や捨焚火 角川源義
罐焚火ちろちろ燃えて遠嶺の雪 能村登四郎
翁忌の大き焚火に与りぬ 飯島晴子
老妻の焚きし焚火をいとほしむ 山口青邨
聯り燃えし草鞋のひげや焚火熱つ 原石鼎 花影
肩と背の焚火埃を落としあふ 鷹羽狩行
背の肩の焚火埃に笑ひあふ 星野立子
腐腸切れ切れと焚火にあたりつつ 山口誓子
腹当(どんぶり)の荷屑掻き出す焚火して 佐藤鬼房
船焚火消えぬ火の粉に水暗し(富山県新湊港二句) 細見綾子
船焚火炊ぐ女がぬれ手寄す(富山県新湊港二句) 細見綾子
花冷の焚火をしてもをかしからず 高浜年尾
花金剛纂焚火に燻べて魚香あり 飯田蛇笏 山響集
茨の実に焚火の舌が触らんず 飯田龍太
茶の花の焚火煙にうつむくも 山口青邨
茶を飲むや山妻焚火のにほひして 山口青邨
草ひとゝころの焚火跡水音ひゞき 中川一碧樓
草萌ゆる焚火のあとのところかな 上野泰 佐介
荒蕪拓く鍬も焚火にひきよせて 津田清子 礼拝
萩刈りて焚火にかぶす長々と 細見綾子 伎藝天
落つる葉の焚火煙りに吹かれけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
落葉焚火色ほのめくこともなく 上田五千石『風景』補遺
蕗の薹焚火に焼きて苦さ増す 右城暮石 一芸
薔薇を見るよりも焚火の方へ行く 細見綾子
薙刀に焚火のうつる頭巾かな 正岡子規 頭巾
藁灰を得べき焚火のすぐ終る 林翔 和紙
藁焚火熾んなるときはや過ぎし 山口誓子
藪垣の結ひしまりたる焚火かな 阿波野青畝
虫ばかり住てもなしと焚火かな 桜井梅室
蟇ゆくてに暁の焚火燃ゆ 飯田龍太
行く年や焚火に蹴こむ松ぼくり 石塚友二 光塵
襖のつよく夜を徹したる焚火かな 飯田蛇笏 山廬集
訪ひを待つとはいはず夕焚火 上田五千石『琥珀』補遺
詩才なく焚火の炎避けどほし 山口誓子
誰も見る焚火火柱直立つを 西東三鬼
護岸工事の焚火男が先づあたる 佐藤鬼房
豊鬢に焚火埃を厭ひけり 日野草城
賜りけりタケミナカタの焚火の煖 上田五千石 森林
起きてくる子毎に焚火たきそふる 林翔 和紙
起きて先づゆらぐ焚火の穂を見たり 山口誓子
跨橋あぶる卑猥な焚火病む妻へ 金子兜太
身に白く積もるに任す焚火埃 山口誓子
身丈けより高き焚火す造船工 右城暮石 句集外 昭和三十七年
車窓擦過の坂の一つの焚火怒る 金子兜太
辰の口苗圃の惜しげなき焚火 佐藤鬼房
農葬の焚火割木を燃やし次ぐ 右城暮石 句集外 昭和四十年
遊牧の民の焚火の濃かりけり 有馬朗人 天為
遊行てふこころ焚火の煙にも 後藤比奈夫
運ぶ水玲瓏と夜の焚き火燃ゆ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
道の辺にふるさと人の焚火の輪 村山故郷
道問ふて焚火媼にいたはらる 上田五千石『森林』補遺
道灌の地のもてなしや川焚火 角川源義
遠焚火束の間池に映り消え 松本たかし
遮断機の下りし向うの夜の焚火 木村蕪城 寒泉
野竈より焚火の多しお雛粥 松崎鉄之介
金いろのちいさい焔焚火の終り 篠原梵 年々去来の花 中空
金屏風立てしがごとく焚火かな 川端茅舎
金色の焚火一ちゅう二人の死 橋本多佳子
金銀の火の粉や牡丹焚火爆ぜ 鷹羽狩行
釘の出てをりし焚火の燠のあり 後藤夜半 底紅
鉄柵の彼方の焚火傍観す 山口誓子
鉄骨の下部を焚火に照されて 山口誓子
鍋焚火しばし砧も箕も照らす 高野素十
鐘撞いて焚火ともにす除夜の僧 森澄雄
門前の焚火の話僧知らず 阿波野青畝
闇に焚火いかなる処何の為 山口誓子
防潮堤焦がし焦がせし焚火跡 右城暮石 虻峠
隆々と一流木の焚火かな 秋元不死男
集りてすぐ散る焚火の日雇夫 伊丹三樹彦
離れとぶ焔や霧の夕焚火 原石鼎 花影
離れんとしてあたりをる焚火かな 松本たかし
雨が打つ白兎神社の焚火跡 木村蕪城 寒泉
雪の暮焚火じゆう~音をする 右城暮石 句集外 昭和四年
雪催ひ焚火に水を撒くさまも 飯田龍太
雪光に炎ばしる猟の大焚火 飯田蛇笏 雪峡
雪嶺や畦の焚火に誰もゐず 秋元不死男
雪辱のごとし飛雪に焚火荒び 金子兜太
雲もなく陽はゆきやまぬ焚火かな 飯田蛇笏 白嶽
雲白く焚火のけむり泊りけり 大野林火 海門 昭和七年
霧に焚く焚火おさなく脚の下 金子兜太
青空に焔吸はるゝ焚火かな 日野草城
青空に雲の居らざる焚火かな 日野草城
音羽山暮るゝ焚火のはなやかに 日野草城
風ふいて最も焚火美はしき 阿波野青畝
風来れば焚火の尉の又赤く 星野立子
風錯落錯落とある焚火かな 富澤赤黄男
餅つきや焚火のうつる嫁の皃 黒柳召波
馬喰一代雪の凍てつく焚火屑 角川源義
鬱の日の焚火に加ふ杉落葉 佐藤鬼房
魚市にかかはる水夫の焚火かな 阿波野青畝
鮑海女焚火にいのちいとしめり 鈴木真砂女 紫木蓮
鰤市の焚火跡灰山成せり 右城暮石 虻峠
鳥の如炎飛び立ち大焚火 上野泰
鳶は稲架に夫は焚火に乳が溢る 飯田蛇笏 白嶽
鴫たつて暮の焚火のもる夜哉 加舎白雄
鶏頭を目がけ飛びつく焚火かな 松本たかし
黒きもの暗に飛び行く焚火かな 高浜年尾

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 04:14 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねずみのこまくら句会短評(2..
at 2017-07-16 03:58
2017年 7月 ねずみのこ..
at 2017-07-13 19:45
梅雨夕焼 の俳句
at 2017-07-06 05:03
天瓜粉
at 2017-06-29 13:24
栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40

外部リンク

記事ランキング