榾 の俳句

榾 の俳句

榾 の例句


榾 補遺

あつものにかざしおとろふ榾火かな 飯田蛇笏 山廬集
がたと榾崩れて夕ベなりしかな 稲畑汀子
けふも西へ逃げゆく日影榾を割る 百合山羽公 故園
この度も秋炉に榊榾いぶる 高野素十
この榾も~生重かりし 高野素十
すこやかに山の子酔へる榾火かな 飯田蛇笏 霊芝
そむく意を歯にひしめかす榾火かな 飯田蛇笏 山廬集
ときに風ときに水やり榾火守る 後藤比奈夫
ひといろの火のゆらぎをる榾の宿 上村占魚 鮎
ふつふつと火の榾どつこい生きてゐる 鷹羽狩行
ふとしたることより榾火よく燃ゆる 星野立子
まれびとに夏炉の榾の加へられ 能村登四郎
わが焚いておのれ来りて柿榾火 岡井省二 五劫集
わびしさや圍爐裏に煮える榾の雪 正岡子規 雪
一撃や根性のある榾割れず 阿波野青畝
一本の榾燃え尽きるまでの黙 鷹羽狩行
三つの炉の榾火はいつか焚ずなりぬ 河東碧梧桐
三本のこの一本の桜榾 高野素十
主立つうしろへ榾の一火花 高野素十
今宵又榾の炎の新らしき 高野素十
侮りて焚く虫榾のよき焔 高野素十
借覧す甲子夜話あり榾の宿 松本たかし
健康や榾火明りに彼彼女 高田風人子
八十の谷椎茸榾を詰め込みて 阿波野青畝
切口に泡ふつふつと榾火かな 能村登四郎
十一月焚いて渚に櫻榾 岡井省二 山色
古墳への径榾木などころがつて 佐藤鬼房
吾が毛物榾火を喰らひ悲鳴あぐ 佐藤鬼房
園にでて山影谿し榾の酔 飯田蛇笏 山廬集
夜の戸に風媚ぶや我に榾怒る 飯田蛇笏 山廬集
大き榾壁炉にて燃え泣きげむり 山口誓子
大学を孫に教ふる榾火かな 内藤鳴雪
大榾にかくれし炉火に手をかざす 前田普羅 飛騨紬
大榾にほてりて赤き鳥屋親子 前田普羅 能登蒼し
大榾の動かし難し女には 高野素十
大榾の夜々の蚊遣に細りけり 村上鬼城
大榾の火を吹き分ち火吹竹 高浜年尾
大榾の燃えきりて落つ万灯会 右城暮石 句集外 昭和四十五年
大榾の燃え切り落つる豪華なり 右城暮石 句集外 昭和四十五年
大榾は割られぬままに冬構 林翔
大榾は燻り小榾は切々と 藤田湘子 神楽
大榾をかへせば裏は一面火 高野素十
大榾火けむらはで炎のあるきゐる 飯田蛇笏 春蘭
大榾火ささりし釘も透きとほり 能村登四郎
天井に雲の如くに榾煙 高野素十
天井に高く燃えあがる榾火かな 村上鬼城
太かりし榾燃えつくす昼を経て 津田清子 礼拝
夫の手に壁炉の榾火たきつがれ 橋本多佳子
妻とがむ我が面伏せや榾明り 飯田蛇笏 山廬集
嬰ありて今年まことに世継榾 森澄雄
家ぢうを烟らす風の榾火かな 河東碧梧桐
小庵やとても榾火の下あかり 飯田蛇笏 山廬集
山の夜は榾火の色に更けにけり 清崎敏郎
山唄やどさりと榾火腰くだけ 平畑静塔
山妻に柚子湯の榾の仕へけり 百合山羽公 樂土以後
山棟蛇椎茸榾の上に乗る 右城暮石 虻峠
年守りて黙然とゐぬ榾盛ン 村上鬼城
思ひ出の顔としばかり榾火かな 石塚友二 光塵
惜別の榾をくべ足し~て 高野素十
抜げおろす雪ながらなる榾木かな 石田勝彦 秋興
文読んで烈火の怒り榾を焚く 飯田蛇笏 山廬集
新らしき長き榾もて初囲炉裡 細見綾子
昔は海であつたと榾をくべる 尾崎放哉 小豆島時代
時じくの榾の煙りや白山茶花(時国家) 細見綾子
暁闇の榾火なるべし犀の角 岡井省二 鯨と犀
暮方のしづもりに榾一つ足す 上村占魚
朝あけの榾火あかあか鵜に熾す 岡井省二 明野
朝鬼や焚火は榾を食ひ減らし 百合山羽公 樂土
朽ち藁屋には榾火あり血なまぐさ 佐藤鬼房
村の炉に牡丹の榾を焚くとかや 高野素十
松榾を積むや門辺の日に匂ふ 河東碧梧桐
柿榾の上ぐる焔の光なく 高野素十
根榾割る鉞に老の狂ひなし 山口青邨
根榾火に尉が脛照り國捷ちぬ 飯田蛇笏 白嶽
桑榾の一枝に火のまはり来し 高野素十
桑榾の少し煙りしこと思ふ 高野素十
桑畑の日向に桑の榾を干し 清崎敏郎
桜榾栗榾燃えし炉を思ふ 高野素十
梅の榾焚けばかぐはし雛の宿 山口青邨
梅榾に沢井の宿の炉辺匂ふ 能村登四郎
椀中の酒火の如し榾いきれ 河東碧梧桐
椎茸の榾と鹿垣似て似ざる 阿波野青畝
椎茸の榾の細みち折りかへす 阿波野青畝
椎茸の榾を見にゆく女の子 飯田龍太
椎茸の榾木護摩木の如く組む 山口誓子
楢榾は天城七木には入らず 高野素十
榾くべて法師もてなすしくれ哉 正岡子規 時雨
榾さながら炎立ち戻りぬああ午次郎 石塚友二 磊[カイ]集
榾たくや檜の嵐杉の風 正岡子規 榾
榾になる木にも蝉なくあつさ哉 正岡子規 暑
榾のおき絶え終るまで追儺の夜 百合山羽公 故園
榾の宿群書類聚そなへあり 松本たかし
榾の火にあぶりて熱き一壺かな 村上鬼城
榾の火にとろりと酔ひし眼かな 日野草城
榾の火に大きな猫のうづくまる 村上鬼城
榾の火に石版摺のすゝけかな 正岡子規 榾
榾の火や伊吹を背負ふ一軒家 正岡子規 榾
榾の火や宿かる家の種が嶋 正岡子規 榾
榾の火や雲にも埋もる木曾の家 正岡子規 榾
榾の火や風あり暗き日本海 中村苑子
榾の火を見つゝ出を待つ山見鬼 清崎敏郎
榾ひらききって清水に手を浸す 右城暮石 上下
榾ほとり歌うては独り遊ぶ子よ 種田山頭火 自画像 層雲集
榾を割る節をどうして避けよかと 高浜年尾
榾を折る音ばかりして父と母 前田普羅 春寒浅間山
榾下ろす馬の背骨の聳えけり 尾崎放哉 大学時代
榾割つて出し蟻どこへ散らばりし 右城暮石 虻峠
榾割りて出し蟻どこに散らばりし 右城暮石 句集外 昭和五十五年
榾埃とめ初厄の美しや 後藤夜半 底紅
榾埃眉にとどめて翁寂び 福田蓼汀 山火
榾尻に細き焔のすいと出で 高野素十
榾崩れせし音朝に響きけり 河東碧梧桐
榾投げぬ鏡みがきの板敷に 阿波野青畝
榾明りおのが箱膳はこぶ子に 木村蕪城 一位
榾漬けし甕のうしろに蟹ひそむ 百合山羽公 故園
榾火に見渡さるる調度である 尾崎放哉 須磨寺時代
榾火掻く山人の影大いなる 佐藤鬼房
榾火焚くこともつましきさまに見ゆ 木村蕪城 一位
榾火焚て武庫山颪來る夜哉 正岡子規 榾
榾火燃え亀田出土のものを見る 高野素十
榾焚くや伊吹を背負ふ一軒家 正岡子規 榾
榾煙るなかに目覚めて旅を次ぐ 木村蕪城 一位
榾燃えてまづ照らさるる老の座よ 鷲谷七菜子 花寂び
榾燃えて大鉄瓶の湯のたぎる 星野立子
榾燃えて窓にはいつも山の音 村山故郷
榾燃ゆるとろろとろろと神代めき 山口青邨
榾積みし国津神社の年用意 右城暮石 句集外 平成二年
榾籠といふものを置くこともよし 高野素十
榾籠に生榾少し入れてきし 高野素十
榾籠の上に置かるる芹の笊 高野素十
榾裏の紅蓮洞窟火の子降り 野見山朱鳥 曼珠沙華
横はる五尺の榾やちよろ~火 内藤鳴雪
母の顔父の顔ある榾火かな 前田普羅 春寒浅間山
泣男かい 山小屋雨季のくすぶり榾 伊丹三樹彦
海崖に焚き捨ての榾四月憂し 佐藤鬼房
火炙のごとく倒れし榾の音 阿波野青畝
火袋に榾の涙が煮つまるよ 佐藤鬼房
炉主や起きぬけの榾一抱ヘ 高野素十
炉火榾を 持ち寄り 在家の紙漉唄 伊丹三樹彦
炉話の山にかかりて榾を足す 上田五千石『琥珀』補遺
焚く榾のとぼしき留守をあづかりぬ 木村蕪城 一位
焚く榾の火相しづけき大爐かな 松本たかし
焚火せし榾残りゐて落椿 右城暮石 句集外 昭和四十五年
燃え出せり壁炉に入れし榾直ぐに 山口誓子
燠の上に重ねてかろき牡丹榾 山田みづえ まるめろ
父とうとく榾たく兄の指輪かな 飯田蛇笏 山廬集
牡丹榾梅榾焚いてをればよけん 高野素十
牡丹榾焚きて愛子忌修すてふ 飯島晴子
物積んで奥ある家や榾明り 河東碧梧桐
甕水を汲むやまつはる榾げむり 飯田蛇笏 山廬集
生榾の火は何となく力強 高野素十
石蹴をして榾運びなまけゐる 木村蕪城 一位
秋は外に燻りつづけの大榾火 鷲谷七菜子 花寂び
空谷に榾折る音を起しけり 富安風生
笛吹きし榾はひつぱり出されけり 阿波野青畝
笹鳴や榾火吹きにしなみだ顔 古沢太穂 古沢太穂句集
老ぼれて眼も鼻もなし榾の主 村上鬼城
耕耘磯山へ榾積みに句碑の前 山口青邨
股凹に燃えべりのして根榾かな 河東碧梧桐
若者をどやす榾火のあるじかな 河東碧梧桐
茸榾に雨ふりしぶく五月闇 飯田龍太
草思堂も梅の榾など焚くならむ 山口青邨
荒縄を以て生榾一と括り 高野素十
落武者に驚かされぬ榾の梦 正岡子規 榾
蕎麦をうつ母に明うす榾火かな 飯田蛇笏 山廬集
蟹漁期榾火絶やさず家居婆 鈴木真砂女 夕螢
襖の絵櫻狩なり榾火燃ゆ 星野立子
近づいて鳴く郭公に榾煙り 廣瀬直人
酌みこぼす焼酎燃ゆる榾火かな 木村蕪城 一位
雨ながら燃えゐる簗の上の榾 高野素十
雪にやけ日によごれ榾の夫婦かな 原石鼎 花影
露ふかし煙出てゐる榾の先 飯田龍太
風呂吹くや梁に漂ふ榾煙 杉田久女
風花の舞へばつれ舞ひ榾ぼこり 後藤比奈夫
養蚕農家軒の桑榾長梯子 細見綾子
鶏とめに夕日にいでつ榾の酔 飯田蛇笏 霊芝
鷲の羽を宿の箒や榾埃 河東碧梧桐

榾 続補遺

いちはやくもへて甲斐なし榾の蔦 加舎白雄
うぐひすや去年の榾に聞寐入 小西来山
おそはるゝ旅人おこす榾火かな 卓池
おとろへや榾折りかねる膝頭 小林一茶
くつしうき盛相飯や榾の素湯 鈴木道彦
なつかしき先祖の榾や越後もの 許六
はづかしや榾にふすぼる煙草頬(づら) 鬼貫
はる近く榾つみかゆる菜畑哉 亀洞
ひる焚ばうは烟りする榾木かな 田川鳳朗
やどりして衣にも榾のにほひかな 馬場存義
をかしげにもへて夜深し榾の節 加舎白雄
一里ほど見かけて来たり榾明り 桜井梅室
今朝春の奥孫もあり彦もあり榾ヲ富 嵐雪
六月や榾焚里の郭公 朱拙
君見よや榾伐山を窓の先 松窓乙二
団子やきて待人ありや夏の榾 許六
妻も子も榾火に籠る野守かな 加舎白雄
子祭によごれん料か松の榾 鈴木道彦
寐とすれば榾の火燃て夜終 陽和
寐よとすれば燃ては榾の終夜 杜若
山出しの庭へはねたる榾の尻 沙明
庚申の夜に逢ふ寺や榾明り 松窓乙二
我恋は榾たく山の尉が閨 千那
我植た榾に凌ぐや老の肌 中川乙由
明ぬ間に一坂こえむ榾ぬくみ 卓池
暁や榾焼そへる山おろし 加藤曉台
榾けぶる住居佗しや畳なき 黒柳召波
榾たく子拾ふ木の葉もなくしたり 鈴木道彦
榾に寐し旅人狸にてありつ 鈴木道彦
榾に寐て見ればちひさきからだ哉 寥松
榾の火にあやしき僧の山居哉 黒柳召波
榾の火にとく煤けよとおもふ名ぞ 鈴木道彦
榾の火に先おちつきぬむめの花 凉菟
榾の火に影なく成ぬ壁の月 松窓乙二
榾の火に親子足さす侘ね哉 去来
榾の火のうしろに光る手杵かな 蘆文
榾の火のふすりにしぼる涙かな 朱拙
榾の火のもえ形に寐る寒さ哉 寂芝
榾の火やあかつき方の五六尺 丈草
榾の火やふくべの色もかはきけり 探志
榾の火やぶす~として物をしみ りん女
榾もえて余寒をあそぶ二夜哉 万子
焼よりも榾積む宿ぞ福々し 知足
焼をれて二本になりし榾木哉 田川鳳朗
父と子よよき榾くべしうれし顔 炭太祇
盗人か夜這か榾の火のあかり 木因
膝出せとすゝめる榾の馳走かな 桜井梅室
酒ありと聞てふみこむ榾火かな 卓池
里うとし小萩が上に榾木つむ 加舎白雄
雉子兎釣しかけたり榾あかり 加藤曉台
雪に榾焼て梢やおもふ茶弁桶 不玉
鶏や榾焼夜の火の移り 洒堂

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 04:23 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586779
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・12)
at 2017-12-18 04:31
映画 の俳句
at 2017-12-15 09:21
歳時記 の俳句
at 2017-12-15 08:02
俳句 の俳句
at 2017-12-15 07:58
田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12

外部リンク

記事ランキング