炉 の俳句

炉 の俳句

炉 の例句

炉 補遺

「星も出ぬは」と 相手欲しがる炉端の酒 伊丹三樹彦
あさの炉がもえたり旅装黒くゐる 橋本多佳子
あの炉火は 祖母のものです 手毬唄 伊丹三樹彦
あひつれて煤躍りそめ炉火おこる 阿波野青畝
いつ来ても囲炉裏の灰の均しあり 後藤比奈夫
いとしづかなるひびきして囲炉裏の火 阿波野青畝
いとゞしき猟夫の狐臭炉のほとり 山口誓子
いなびかりひとゐて炉火を更けしめず 橋本多佳子
いぶしたる炉上の燕帰りけり 河東碧梧桐
いろ~のものに躓き炉火明り 高野素十
うつし世は炉の灰しめり後の月 能村登四郎
うららかや海の風来る蜑の炉辺 村山故郷
かき時雨れ鎔炉は聳てり嶺近く 杉田久女
かぶされる緑焼炉に君ひとり 山口誓子
きさらぎの捨てて火ばしる炉灰かな 西島麦南 人音
きたなさや蚕室の炉べの上草 阿波野青畝
こけしかなしすすけ顔して炉のほとり 山口青邨
ここにまた俳諧の炉や涼しき火 山口青邨
この娘恋ふとにあらねども炉辺たのし 木村蕪城 一位
この家の厨に近く大炉あり 上村占魚 球磨
この林泉の水照りおよばぬ炉に座る 伊丹三樹彦
さくら蘂ちりて色濃し宝炉前 能村登四郎
さび鮎やぶちまけて炉に炭足せり 石川桂郎 高蘆
さび鮎を焼く一燈の炉端かな 石川桂郎 高蘆
しはぶくや一炉が蔵の胎内に 秋元不死男
しみじみと杜氏炉話後を引く 平畑静塔
その人のちち母炉より炬燵より 高野素十
だるま炉やこけしに走る轆轤筆 石川桂郎 高蘆
ちちははや炉火あかあかとぢぢばばよ 平畑静塔
ちゝはゝの身延の炉にも二三日 高野素十
つねの炉の冬に入るさま焔立ちけり 松村蒼石 雪
つひに来ず炉火より熱き釘ひらふ 橋本多佳子
どの家も新米積みて炉火燃えて 高野素十
ねむる蚕を二階に自在炉にしんと 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
はるさむく医家の炉による奥の旅 飯田蛇笏 雪峡
はろばろと炉の端に来つ海を越えて 村山故郷
ひとよさの山の囲炉裡も紅葉狩 福田蓼汀 山火
ひとりゐて落ちたる椿燻べし炉火 橋本多佳子
ひと死して小説了る炉の胡桃 橋本多佳子
ふるさとの山の桂の木を炉ぶち 高野素十
ふるさとの雪に我ある大炉かな 飯田蛇笏 山廬集
ほこほことふみて夜永き炉灰かな 飯田蛇笏 山廬集
ほこ~とふみて夜永き炉灰かな 飯田蛇笏 霊芝
ほととぎす焙炉ほとほる籬かな 阿波野青畝
またい征く吾子よ炉辺に夜を惜しむ 及川貞 榧の實
むしり羽のまひつつ鳥屋の炉火さかん 木村蕪城 一位
やまびとの大炉ひかへぬ花の月 飯田蛇笏 山廬集
よそびととうとまるる身を除夜の炉に 木村蕪城 一位
らしからぬ話題にながれ炉辺話 能村登四郎
わが大炉の一夜一夜の山が根 中川一碧樓
わが敷くはかもしかの皮梅雨の炉辺 山口青邨
わが炉辺の松のこぼれ葉いつもあり 山口青邨
われのみの夜ぞ更けまさり炉火をつぐ 橋本多佳子
バラライカ弾く露人あり炉火赤し 松崎鉄之介
ロンドンはクリスマスローズ炉辺に咲く 山口青邨
一つかみづゝ爐にくべるもみち哉 正岡子規 炉
一つの炉行住坐臥にかはりなく 阿波野青畝
一尾の山女魚を獲たる炉火おこす 木村蕪城 一位
一部落炉の間の景色ほぼ同じ 後藤比奈夫
三つの炉の榾火はいつか焚ずなりぬ 河東碧梧桐
三厩の炉の部屋々々の明易し 高野素十
三日前の新聞は炉の灰となる 阿波野青畝
三頭の馬つなぐべし炉も燃えて 山口青邨
上の座の十八畳に一炉おく 上村占魚
上炉句話下炉は芋の皮剥ける 富安風生
下の炉に膝深ぶかと割りにけり 阿波野青畝
下炉には風を通して高焔 平畑静塔
主の声炉辺へ出てくる戸の重さ 中村草田男
人起てば冬蠅も起つ炉辺かな 村上鬼城
今宵又天城七木炉に焚かん 高野素十
他人の家の炉に一人居て火中見る 松崎鉄之介
伊豆の炉に今宵は蕗の薹をやく 高野素十
住吉の道のべの宿や炉をひらく 飯田蛇笏 山廬集
佐渡人のしづかなる夜を焚く炉かな 村山故郷
余寒の炉すがり遅筆をかなしめり 山口青邨
作らねど披講をききて炉の主 清崎敏郎
信にのみ生きて深皺炉を守る 林翔 和紙
信濃の爺昼も炎長の炉火を焚く 森澄雄
僧の炉に火は無かりしと見て通る 高野素十
僧死してのこりたるもの一炉かな 高野素十
元日の炉に三人の沈金師 高野素十
先代の写真を染めし炉火の丈 大野林火 月魄集 昭和五十四年
光太郎の如く茂吉のごとく炉火みつめ 上田五千石 琥珀
八月の炉あり祭のもの煮ゆる 木村蕪城 一位
八朔の薬湯甘き山炉かな 上田五千石 風景
冬に入る炉につみ焚くや古草鞋 飯田蛇笏 山廬集
冬萌や過去も未来も一炉辺 加藤秋邨
几帳にて仕切りし椿炭の炉間 平畑静塔
凩の天鳴り壁の炉が鳴れり 橋本多佳子
初冬の炉櫨の実買ひのおとなひぬ 西島麦南 人音
初春の手炉の蒔絵の手にさはり 後藤夜半 底紅
初茶の湯炉よりきらきら火の粉飛ぶ 山口誓子
初音きく膝になじみし手炉一つ 後藤比奈夫
初鶏や庫裡の大炉の火明りに 臼田亜郎 定本亜浪句集
刺子刺し炉の炎は炉の炎あそびそむ 森澄雄
医者の前口中に炉火てらてらす 飯田龍太
十三夜くぐり障子に炉火映えて 木村蕪城 一位
十三夜炉辺をへだつる小衝立 木村蕪城 一位
友が家の爽涼の炉の灰白し 松崎鉄之介
友の子と炉に留守居せり小半日 村山故郷
友の炉へ立寄り胸を焦し居る 佐藤鬼房
古き炉の火棚に見ゆる柄は団扇 阿波野青畝
古稀の炉にうつくしき日の射し来る 山口青邨
古稀の炉に栗飯の栗兄が剥く 山口青邨
同門や炉火にこがせる肉の端 石川桂郎 四温
名聞をうとみて大炉関きけり 日野草城
吹雪を来てヤン衆の炉の冷えを囲む 古沢太穂 捲かるる鴎
吾子そろひ凩の夜の炉がもゆる 橋本多佳子
咳く息に炉火飛びついて燃えにけり 野見山朱鳥 曼珠沙華
啄木のむかし囲炉裏に男女別 鷹羽狩行
善き婢悪しき婢に炉二十年 阿波野青畝
四五人の土足で這入る囲炉裏かな 村上鬼城
四月炉に鮒を焙らむ火が育つ 能村登四郎
囲炉裏火のくづるるさまや峡の奥 桂信子 花影
囲炉裏端より屋根裏へ梯子急 後藤比奈夫
土瓶の湯涙のごとく炉に落ちぬ 阿波野青畝
土間に立つ鳥居柱や踏込炉 山口青邨
地炉の灰釘は釘にて残りけり 阿波野青畝
城内に炉火許されてあたりたり 山口誓子
培炉場去る雀斑ながらに上気して 上田五千石『風景』補遺
塵焼炉火中を通るぎすの声 百合山羽公 寒雁
壁に火の炉を嵌めこみて裸婦と画家 鷹羽狩行
壁の炉の洞を今日も焚き黒め 山口誓子
壁の炉は煉瓦も燃えて盛んなり 山口誓子
夕冷えの炉明りに宇野浩二伝 飯田龍太
夜田を刈るはずが炉辺に酔ひ臥しぬ 木村蕪城 一位
夜長炉に土間のはしらや誰かある 飯田蛇笏 山廬集
夜長炉に土間の柱や誰かある 飯田蛇笏 霊芝
夜鷹鳴く青水無月の炉を焚いて 山口青邨
大家族なりしか二つ大炉あり 阿波野青畝
大寺に沙弥の炉を守る余寒かな 村上鬼城
大庫裡に良夜の大炉燃えにけり 福田蓼汀 山火
大榾にかくれし炉火に手をかざす 前田普羅 飛騨紬
大炉火の洞然として衰へし 高野素十
大炉焚いて夜の栄華をつくしけり 村山故郷
大炉燃え鮎掛衆のゐて騒ぐ 木村蕪城 寒泉
天地枯れ細りて夜の炉火燃ゆる 右城暮石 句集外 昭和三十一年
夾竹桃挿して炉の釜たぎるなり 松村蒼石 雁
如月の凭る手炉ぬくき旅泊かな 飯田蛇笏 山廬集
妻の火葬に残されて炉にふぬけたり 松崎鉄之介
娘の夢のちらりと燃ゆる炉火の奥 飯田龍太
婢の髪の炉埃も情なしとせず 高野素十
子を連れて母の炉にあり山ざくら 松村蒼石 雪
子持鮎木乃伊となれば炉辺のもの 阿波野青畝
客は炉に女は丸太みがくなり 阿波野青畝
客を見て炉辺のやや子もよいきげん 富安風生
客設けしてありし大囲炉裏かな 清崎敏郎
家の人寝に炉ばなしの人らまだ 長谷川素逝 村
宿の婢のなまはげ噺炉火足して 能村登四郎
宿院の世に古る炉辺の飾りかな 飯田蛇笏 山廬集
寺の炉に言葉も少かりし人 高野素十
寺の炉に酒をたまふや菜種梅雨 細見綾子
小さからず大きからざる炉を囲む 高野素十
小鮒焼く炉のかんばしく煙りけり 西島麦南 人音
山ざくら炉辺の格子にうち仰ぎ 山口青邨
山の湯の芳名録や梅雨の炉辺 山口青邨
山の炉の客に大きな茸焼く 高野素十
山ゆたか炉辺の千一夜に入れり 平畑静塔
山ン姥を射て来て炉辺に睡りけり 飯田蛇笏 霊芝
山吹の花さくまでの炉と云ひし 高野素十
山番の寒がぬ炉辺の救護箱 上田五千石 琥珀
山見えてすずしさもまた炉端なる 大野林火 飛花集 昭和四十五年
山越えしこころにとろろ宿の炉辺 大野林火 月魄集 距和五十七年
山路来てとがの木茶屋の炉に憩ふ 稲畑汀子
山青く晩涼の炉の燃えにけり 福田蓼汀 山火
岩魚焼く炉に二三人夜の客 高野素十
岳人の反省炉火の紅充ちて 平畑静塔
川が海へ行くごと炉辺に国想ふ 中村草田男
工場の紅炉に枯野はじまれり 山口誓子
帰廬の雨語りもならず炉火による 飯田蛇笏 椿花集
干網に炉火が透けゐて祝ひごと 木村蕪城 寒泉
平家館見し掌を炉火に咲かすかな 角川源義
年あらた炉火に赤子のゐることも 飯田龍太
年の頃三十五六炉の女 高野素十
年取が済みて炬燵に炉に集ひ 高野素十
年迎ふ炉のへたに膝のり出して 森澄雄
庵の猫はや炉辺を恋ふ栗を焼く 富安風生
彼敷くはゐのししの皮梅雨の炉辺 山口青邨
念者ぶりの句をさゝやきて炉辺かな 河東碧梧桐
惜しみなく炉火焚かれたり雪降り来る 橋本多佳子
戸襖に炉火てらてらと梅の宿 木村蕪城 一位
手を乗せて手炉大ならず小ならず 阿波野青畝
手炉といふときには胸にかき抱き 大野林火 方円集 昭和五十一年
手炉を撫づ火の無きごとく有るごとく 阿波野青畝
手炉抱く僧はかるさん姿なり 阿波野青畝
手足炉に焙り文芸には遠し 津田清子
抱く子を高い~や炉火明り 高野素十
拭きこみし板の間を這ふ炉火明り 上村占魚 球磨
拭き込まれ五月冷たき炉の板間 木村蕪城 一位
持ち寄りしもの炉話もその一つ 後藤夜半 底紅
掻き立つる人もあかるし狩屋の炉 前田普羅 能登蒼し
揉みきるや焙炉一生の仁王指 上田五千石『風景』補遺
散りいそぐ紅葉の心手炉欲す 阿波野青畝
数へ児の炉辺なる脛の伸びたる脛 中村草田男
文弱の手をはばかりて炉火の上 鷹羽狩行
文殻を焼けば炉の火のいろいろに 山口青邨
新しき折目の莚炉辺に敷き 高野素十
新しき炉ありて淋しからざりし 高野素十
新らしき長き榾もて初囲炉裡 細見綾子
新婚高麗の壷炉の棚に 山口誓子
旅にして風邪愁ひなる炉に寄りて 村山故郷
旅の飲食靴ごと炉火に温まり 津田清子 礼拝
旅人に朱の膳据ゑぬ炉のほとり 村山故郷
日のあたる畳の下に昨日の炉 日野草城
旧正の男は炉べに斯くゐると 高野素十
旧溶炉ありし朱谷雪積もる 山口誓子
早発ちの炉辺に吹き入る山の霧 木村蕪城 一位
早苗饗の御灯上り炉は煙り 高野素十
明け暮れとなしの炉明り鮭の顔 阿波野青畝
明日よりの田植の老の炉に坐り 高野素十
昔の炉昔の如く炎上ぐ 高野素十
時国の古き家なる明るき炉 阿波野青畝
暁けきらぬ暗さの鳥屋の炉辺にあり 清崎敏郎
暁華の炉静かに燃えて老母病む 高野素十
暫くを炉火に傾く老ごころ 大野林火 月魄集 距和五十七年
曲家の火伏の神も炉火埃 稲畑汀子
朝から酒の炉辺の二人捨て置け 河東碧梧桐
朝の炉火しづかに燃えて年惜しむ 村山故郷
朝晴や雲こしらへる爐の煙 正岡子規 炉
木曽駒の新開村の炉の燃えし 高野素十
本丸の趾や炉を築き茸汁 山口青邨
村の炉に牡丹の榾を焚くとかや 高野素十
松ソノは天城七木炉にも焚く 高野素十
栃餅や天間より下りて炉のほとり 水原秋櫻子 旅愁
栗拾ふ城跡の炉のありしあと 鷹羽狩行
桜榾栗榾燃えし炉を思ふ 高野素十
梅に宿る炉火ひたすらに焚きつぎて 木村蕪城 一位
梅榾に沢井の宿の炉辺匂ふ 能村登四郎
梅雨の炉に遊ぶ牧夫に電話くる 高野素十
椿挿し利休がめでし炉ありけり 水原秋櫻子 岩礁
樫の木を炉に焚いてよりやゝ煙り 高野素十
櫛造るうしろに暗き炉の間かな 木村蕪城 一位
欄涼し鎔炉明りのかの樹立 杉田久女
死を遁れミルクは甘し炉はぬくし 橋本多佳子
残り餅焼く三月のくらき炉火 能村登四郎
母代り濡手炉の火に間々映えて 香西照雄 対話
気やすさの炉火をながむる侘居かな 飯田蛇笏 山廬集
水に落つ水の音して炉火囲む 右城暮石 句集外 昭和五十五年
洋服の燃えむばかりに炉のほとり 山口誓子
海陸を走せ続け来て炉火に坐す 右城暮石 上下
深く寒し草城先生焼かるる炉 西東三鬼
湯げむりの且つ炉いぶりの釣の小屋 阿波野青畝
湯をいでてわれに血めぐる囲炉裡かな 飯田蛇笏 山廬集
火を一つ入れて亥の子に炉の祝儀 阿波野青畝
火傷の炉火の気恋しきときにあり 百合山羽公 樂土以後
火箸もて三十棒の真似を炉に 高野素十
火箸もて手習されし炉を思ふ 阿波野青畝
灰均して老いたと指櫛 炉明りの 伊丹三樹彦
炉がこひをせるは幼な児のあるならむ 水原秋櫻子 玄魚
炉がたりも気のおとろふる三日かな 飯田蛇笏 山廬集
炉げむりのどうにもならず猫起ちし 阿波野青畝
炉ごもりのこころ満たざる雪起し 森澄雄
炉にあつき脛又うつや厭きごこち 飯田蛇笏 山廬集
炉におちしちちろをすくふもろ手かな 飯田蛇笏 山廬集
炉におちしちゝろをすくふもろ手かな 飯田蛇笏 霊芝
炉にかざす手の来し方よ行末よ 後藤比奈夫
炉にかはき額にかたまる霧の髪 橋本多佳子
炉にくべる薪切り終へて夕餉待つ 松崎鉄之介
炉にも格ありて上炉は紅炭火 山口誓子
炉によつて連山あかし橇の酔 飯田蛇笏 霊芝
炉によみて夫の古椅子ゆるる椅子 橋本多佳子
炉にゐるや別の己れが北風を行き 松崎鉄之介
炉に一人のこりし老を思ひつゝ 高野素十
炉に伸びず傷つき厚める農の掌は 野澤節子 未明音
炉に倚れば暮るゝ山河もなかりけり 日野草城
炉に涙落として女僧を恋ひ 高野素十
炉に火なく棚の壜碗どれも空 上村占魚
炉に火屑 天に星屑 ネパール更け 伊丹三樹彦
炉に焦がす鳥屋師の結飯かへしやる 木村蕪城 一位
炉に燃ゆる薪に火伏せの薪を載す 山口誓子
炉に燠あり蚕起きても眠りても 岡井省二 明野
炉に終始すといふ言葉炉に終始 高野素十
炉に茹でるしただみ能登を偽らず 木村蕪城 寒泉
炉に足を焦がすな雪は積むばかり 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
炉に遠く命枯れゆくしづかかな 松崎鉄之介
炉に酔ふて寝ねんとす濃き茶を喫す 村山故郷
炉のあとに萌えて小春の芦萱かな 清崎敏郎
炉のことをはや話しつつ飯を食ふ 高野素十
炉のそばの影と形のもつれかな 阿波野青畝
炉の上に隠倉ある恵方かな 古舘曹人 樹下石上
炉の上を嬶座とのぞく嫁が君 秋元不死男
炉の側に信夫女と新酒かな 河東碧梧桐
炉の火箸とりし女の手ののびし 高野素十
炉の灰に朴の落葉が火と燃ゆる 阿波野青畝
炉の灰のあはれにしろく蚕を飼へり 山口誓子
炉の灰の話きゝつゝ僧と酌む 高野素十
炉の灰の降るに硯をいとひけり 河東碧梧桐
炉の炎杣の白髪も数へらる 前田普羅 飛騨紬
炉の石の焦げしも蜻蛉来てとまる 山口青邨
炉の詩作心の糧に奥嶺雪 上田五千石 天路
炉の鍋のかけかはりをり客覚めず 木村蕪城 寒泉
炉の隅に嫁の座西日戸口より 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
炉は方形石もて築く草紅葉 山口青邨
炉は朝もさかんなる火を佳きものに 大野林火 青水輪 昭和二十六年
炉は涼し無聊の時刻なぐさめて 阿波野青畝
炉ばなしの牛のお甚の子のおけい 長谷川素逝 村
炉ばなしの風呂をもらひに来てわすれ 長谷川素逝 村
炉ばなしや風呂をもらひに来て人ら 長谷川素逝 村
炉びらきや白妙にほふ初あらし 水原秋櫻子 殉教
炉へ呼ばれ火明りの婢のちさき顔 香西照雄 対話
炉ほとりに婆が宝珠の卵拭く 能村登四郎
炉ほとりに集りて雑話や青なんば焼く 杉田久女
炉ほとりの甕に澄む日や十二月 飯田蛇笏 霊芝
炉ぼこりの幾年兄の唐詩選 山口青邨
炉ぼこりも美しと思ふ女の間 山口青邨
炉ぼこりを払ひあひつゝまだをかし 星野立子
炉ぼてりの面テを拳げて申すには 日野草城
炉も廃れ天狗話も継ぎ手なし 藤田湘子 てんてん
炉より立ちひとりの刻をさつと捨つ 橋本多佳子
炉をきつて出るや椿に雲もなし 飯田蛇笏 霊芝
炉をひらく火の冷え~と燃えにけり 飯田蛇笏 霊芝
炉を切つてましろき助炭かぶせたり 飴山實 次の花
炉を囲み哄笑のあと泪出づ 伊丹三樹彦
炉を掻いて火種いけをく年の夜 飴山實 句集外
炉を焚いてをりし一人は槽の番 高野素十
炉を焚く母に添う子のおさげ幾編か 古沢太穂 火雲
炉を焚けば鼠がのぞく木曽の宿 野見山朱鳥 幻日
炉を焚けぱ旅愁ともなし茶をすゝる 村山故郷
炉を石で囲み炎暑は昔より 廣瀬直人
炉を離れ飯詰(いじこ)の中に雪明り 古舘曹人 樹下石上
炉主の一言に子等大人しく 高野素十
炉主や起きぬけの榾一抱ヘ 高野素十
炉挿し鮎簗の夕時待つ間あり 石川桂郎 高蘆
炉明りにかざす臼玉美しき 高野素十
炉明りになつかしき文判じよむ 星野立子
炉明りにみめよしあしの姉妹 木村蕪城 一位
炉明りに馬の顔あり電話借る 木村蕪城 一位
炉明りののこりてゐたる暮のいろ 岡井省二 五劫集
炉明りの顔へものいふ別れかな 木村蕪城 一位
炉明りも北の国なる妻の膝 大野林火 飛花集 昭和四十五年
炉明りやいつ片付くとなき書屋 石川桂郎 四温
炉明りや着て共布のオシラサマ 上田五千石『琥珀』補遺
炉框に仕事はじめの矢立おく 木村蕪城 一位
炉框に日当りて浮く微塵かな 日野草城
炉框の方形の方待ち時間 橋本多佳子
炉滓捨てし裏も見るなり残る雪 河東碧梧桐
炉火いつも燃えをり疲れゐるときも 橋本多佳子
炉火いまは長き短き炎を迭 阿波野青畝
炉火が照らせば銃身の殺気消ゆ 飯田龍太
炉火くらく裏庭牡丹花もえて 山口青邨
炉火さかん障子をへだて囮鳴く 山口青邨
炉火すこやかに己がもの編みいそぐ 津田清子 礼拝
炉火すずし山のホテルは梁をあらは 橋本多佳子
炉火たちて顎老いぬ一人一人 加藤秋邨
炉火に手をかざしペルーのこと話す 高野素十
炉火の影羽摶き翔ける襖かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
炉火はぜておもてそむけぬ宿酔 日野草城
炉火をつつきて野鳥派の一詩人 上田五千石『琥珀』補遺
炉火を吹く身体髪膚うち倒し 野見山朱鳥 曼珠沙華
炉火を掻く考へる額皺にして 鷹羽狩行
炉火刎ねて寝てゐし男起き上る 高野素十
炉火明り縄文の人らかく寝ねし 山口青邨
炉火楽し手かざし言葉なきときも 福田蓼汀 山火
炉火榾を 持ち寄り 在家の紙漉唄 伊丹三樹彦
炉火欲しや暗き嬶座の柱負ふ 石川桂郎 四温
炉火消さんばかりにあふれ根深汁 山口青邨
炉火消しは掟 山小屋の夜具湿る 伊丹三樹彦
炉火熾んかくして母も老いゆく夜 飯田龍太
炉火爆ぜて一会狂ひし夜なりけり 中村苑子
炉火箸の長きに香を埋めけり 後藤夜半 底紅
炉火箸を故人のとりし如くとる 高野素十
炉火紅く中年水のごとく澄む 三橋鷹女
炉火美しく上簇の夜に入るも 平畑静塔
炉火老けて串の田楽忘れ挿し 上田五千石『琥珀』補遺
炉火育て草木染譜を繰りひろげ 大野林火 雪華 昭和三十七年
炉火親しさびまさりたる串の鮎 西島麦南 人音
炉火赤く燃えてひしひし夜の山 右城暮石 句集外 昭和二十九年
炉火赤し寝がての夜の小舎ロビー 上田五千石『天路』補遺
炉火赤し思ひ出となることあらん 高野素十
炉火赤し旅の疲れもおはさずや 福田蓼汀 山火
炉火赤し檜山杉山淋しかろ 平畑静塔
炉火赤し犬わが膝に顎をのせ 福田蓼汀 山火
炉火透けり添水の音をさびしめば 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
炉焚火に合点~の話きく 高野素十
炉畳のはみいづる藁を佗びにけり 河東碧梧桐
炉話に悪うちこらす定めあり 上田五千石『琥珀』補遺
炉話の僧に向ひてやゝ嶮し 高野素十
炉話の即決や手を鳴らしたる 阿波野青畝
炉話の嘘をゆるす赤い馬車も出て来い 中川一碧樓
炉話の坐りて会下の円座あり 岡井省二 鹿野
炉話の夜な夜な親し雪来る 上村占魚 鮎
炉話の尽きぬパイプを置かれけり 上田五千石 風景
炉話の山にかかりて榾を足す 上田五千石『琥珀』補遺
炉話の聖すめろぎみな流人 上田五千石 琥珀
炉話の鼻をこそぐる嚏かな 阿波野青畝
炉話は弥太郎のこと仙六のこと 木村蕪城 一位
炉話は忍ぶ狐によく聞え 平畑静塔
炉話や伯耆坊とは天狗ども 阿波野青畝
炉語りや五月八日の夜の情 飯田蛇笏 椿花集
炉辺したし伊豆も信濃とことならず 木村蕪城 一位
炉辺におく豊の落穂の手籠かな 木村蕪城 一位
炉辺に把る巫女の鈴鳴りにけり 飯田蛇笏 霊芝
炉辺に来る肩に鸚鵡をとまらせて 高野素十
炉辺に笑む銀の歯古りし他人の母 中村草田男
炉辺に聞くこの家の子の夢泣きを 大野林火 青水輪 昭和二十六年
炉辺に読む膝は椅子より固くして 津田清子 礼拝
炉辺より山見る貧しからざるよ 高野素十
炉辺より梯子段あり月の寺 木村蕪城 一位
炉辺より立ちたる人の行き交す 高野素十
炉辺を去る一人につづく一人かな 稲畑汀子
炉酒盛女あるじの座をおかす 山口青邨
炉酒盛雪は旦暮の刻なしに 上村占魚
炉隠しや古股引の懸けながし 飯田蛇笏 山廬集
炭は炉に黒くそのまま四畳半 山口青邨
焙炉場の人数をききに婢来る 高野素十
焚きくべて炉囃の夜をながびかす 上田五千石『森林』補遺
焚くことのなき炉に冬の日がとどく 鷹羽狩行
無造作に重ねし炭が炉火となり 山口誓子
煉炭炉骨めける指寄り翳す 石塚友二 方寸虚実
煮え頃の九穴貝を炉話に 佐藤鬼房
熔鉱炉火気の高みに人と北風 中村草田男
熾る炉火その上言葉ゆききする 橋本多佳子
燈影をはゞみてもゆる除夜の炉火 飯田蛇笏 霊芝
燗の酒白く泡立ち炉にこぼる 右城暮石 句集外 昭和二十九年
燻る炉に咽び無力の教師ぶり 津田清子 礼拝
父と子と炉を守ることもなくなりぬ 加藤秋邨
父にか似てわがこゑ炉べの日暮れどき 中川一碧樓
父母いつしか先代や夫妻炉をひらく 中村草田男
牡丹枯枝焚けば媛炉に牡丹の花 山口青邨
猪とれし話はづみし炉端かな 細見綾子
猪を追ひ炉の火絶やさず人棲みし 山口青邨
猪鍋の自在上ぐれば炉火ものび 高野素十
猿洒や炉灰に埋む壺の底 河東碧梧桐
現在も過去も炉煙立ちこめし 高野素十
瓦炉焚きは霜晴れ溝ほど鼻黒し 古沢太穂 火雲
生きて還る犬抱きて炉にくつろげよ 及川貞 榧の實
用ふなき一炉もつとも冴え返る 上田五千石『森林』補遺
田楽の焼けてゐるなる炉のほとり 杉田久女
町騒の嘘のやうなる炉辺にをり 大野林火 月魄集 昭和五十五年
白山に聞かれてをりし炉辺話 鷹羽狩行
皆あたれ炉の火がどんと燃ゆるぞよ 臼田亜郎 定本亜浪句集
目にしみて炉煙はけず茄子の汁 杉田久女
目をしかむしぼり涙や炉火の酔 阿波野青畝
目穴よりほのぼのと火のおかめ手炉 阿波野青畝
着ぶくれて炉辺はなやがす埴輪子よ 小林康治 玄霜
神を説く大いなる手を炉にかざし 野見山朱鳥 荊冠
神仏を小間に押込め炉火明り 阿波野青畝
移し来て霧の声きく炉のほとり 水原秋櫻子 蓬壺
稲刈に一二度は出てあとは炉に 高野素十
稲刈の一家のことを炉話に 高野素十
稲刈はあさつてよりと雨の炉に 高野素十
稿を継ぐ炉辺の幸福より脱けて 上田五千石『森林』補遺
窓ガラス飴いろとなる三尺炉 阿波野青畝
笊の柿むいではそれを炉の客に 高野素十
筑紫なるかの炉かなしみ炉を焚ける 橋本多佳子
美しき炉明りなればひともさず 上田五千石 琥珀
群衆も鎔炉の旗もかき時雨れ 杉田久女
老幼無し雪焼さらに炉火に映え 香西照雄 対話
聖歌中勇気もて炉の灰おとす 津田清子 礼拝
胼薬おとして熱き炉灰かな 西島麦南 人音
膝といふ丸さ親しさ大囲炉裡 岡本眸
膝のり出して炉話のうそまこと 鷲谷七菜子 一盞
臼の湯気末広がりや炉火に染まり 香西照雄 対話
船図ひろぐる父と弟に炉火赤し 野澤節子 未明音
芋串にかこまれて炉の炭真赤 大野林火 飛花集 昭和四十七年
芥焼く炉のゆきかへり草虱 石川桂郎 四温
花しどみ火を獲し民の代の炉焦げ 橋本多佳子
花冷えの炉けむりうすき山廂 西島麦南 人音
花冷の炉には薪組みありしこと 後藤比奈夫
花前の菖蒲や鶉炉に返し 石川桂郎 四温
若者の汗の流るる焙炉かな 高野素十
茄子煮るや炉辺りに伏せし大十能 杉田久女
茶筒かげそれも夜長の炉縁かな 飯田蛇笏 山廬集
荒淫の陽に鉄こだま炉音ひそか 佐藤鬼房
荷馬見ず過ぎたる炉火の赤き家 金子兜太
菊枯れて農閑の炉となりにけり 西島麦南 人音
菜の花や夜は家々に炉火燃ゆる 木村蕪城 一位
菫濃し石囲炉に土冷えて 上田五千石『森林』補遺
萱茸の厚さの涼や囲炉裏酒 石川桂郎 高蘆
落人の鎧ぼろぼろ炉火明り 阿波野青畝
葱抜くをんな寒の夕焼炉のごとく 飯田龍太
蕨煮て炉挿しの燗の実に熱し 鷹羽狩行
薪待つ囲炉裏も雨の民家園 石川桂郎 四温
藪入りの母の焚く炉の煙たさよ 高野素十
虎落笛炉に酔ふ耳にかなでけり 西島麦南 人音
虫の宿炉火をそだてて男ゐぬ 大野林火 冬雁 昭和二十一年
蚊遣火や夜半覚めて炉の身いつぱい 石川桂郎 高蘆
蚕梯子といふが掛かれり炉辺より 高野素十
蛇を焼く炉にこの家の娘ゐる 木村蕪城 一位
蜑が炉火八大龍王いぶらしむ 木村蕪城 一位
蝗熬る炉のかぐはしき門過ぎぬ 西島麦南 人音
蝗熬る炉火まざまざと燃えつきぬ 西島麦南 人音
蝗熬る炉火白昼の翳ひけり 西島麦南 人音
行年の心の影を炉に落す 松崎鉄之介
表具師や松もすぎたる小炉持つ 飯田蛇笏 山廬集
見てきつる結氷の湖炉火に現る 大野林火 青水輪 昭和二十六年
誰ぞ在るごとくなり手炉其処に在り 阿波野青畝
誰といふことなく当る大炉あり 高野素十
誰もゐぬ炉火うつくしき座に通る 山口青邨
誰も居ぬ囲炉裏火の炎にねむる闇 飯田龍太
諾々と斯く大いなる炉埃も 飯島晴子
豊島茣蓙僧の城とす炉火怒る 阿波野青畝
貧農の小ばなしはづむ囲炉裡かな 飯田蛇笏 霊芝
赤ん坊の足裏しはしは炉火明り 岡本眸
赤坊と炉火と話をしてゐたり 野見山朱鳥 荊冠
足袋裏を向け合うて炉の親子かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
蹴込炉をしつらへ祭会所なり 清崎敏郎
逡巡として老の恋ふきのふの炉 日野草城
道すがら祭の家の炉火赤し 木村蕪城 一位
遺墨見て越後炉ばたの灰かぶる(越後、島崎に良寛遺跡を訪ふ) 細見綾子
遺影の母加へて四人ひとつ炉に 大野林火 飛花集 昭和四十八年
還暦を祝ふと書きて炉に焙り 高野素十
郭公の日暮れて老に炉がひとつ 鷲谷七菜子 花寂び
郭公を聴くや火のなき炉に座り 山口青邨
酔うて聞きゐしは瓦斯炉のおしやべりよ 後藤比奈夫
野に在れば聖地の花を炉辺に挿す 飯田蛇笏 椿花集
金色のともし火のあり炉火が上 阿波野青畝
針金を薬缶の手とし地炉に架く 阿波野青畝
鈴蘭の籠土間に置き炉にあたる 木村蕪城 一位
鈴蘭をさす雨の炉の牧夫達 高野素十
鉄火箸炉に立て昨日よりの雪 大野林火 飛花集 昭和四十七年
銀杏はじくこの炉見すてし父の齢 古沢太穂 三十代
鋳鋼の炉に蟹股の齢重ね 佐藤鬼房
鍛冶の火を見て来し夜の囲炉裏の火 鷹羽狩行
長き夜や鳴かぬいとどが炉辺に来る 村山故郷
長子守る炉火高々と置きにけむ 石川桂郎 含羞
関守の瀬音に聾し炉火を守る 山口青邨
障子白く炉火あかし白玉椿挿す 及川貞 榧の實
障子締めて炉辺なつかしむ黍の雨 杉田久女
隠寮といへども手炉の志 阿波野青畝
雨暗し炉煙籠るすゝけ梁 杉田久女
雨降れば炉辺の雑話黍を焼く 杉田久女
雪きざす小倉を過ぎぬ火炉燃ゆる 山口誓子
雪の香に炉辺の嬰児を抱きて出ぬ 飯田蛇笏 雪峡
雪催常闇に炉のうづくまり 秋元不死男
雪国の夜のために炉は残りたる 大野林火 飛花集 昭和四十七年
雪暮るる白さただよふ葬りの炉 大野林火 海門 昭和十一年
霜つよし炉の電工等談笑す 飯田龍太
霧寒し山酔の人を炉に寝かす 村山故郷
霧降れば霧に炉を焚きいのち護る 橋本多佳子
露けさに炉を紅うして村の鍛冶 山口誓子
露の夜の炉火や石榴の実のごとし 山口誓子
静かすぎる夜のたのしさに焚く炉かな 村山故郷
頭を下げて炉籠りをれば雪起し 森澄雄
顔ひとつのただ炉明りとなりをりし 岡井省二 有時
顔上げて云ふ炉は燃えてをりたるや 高野素十
風薫る炉火千年の釜鎖 石川桂郎 高蘆
飛騨の炉に飛騨の女の炭をつぐ 高野素十
飯半ば旭のさしそむる朝炉かな 村山故郷
餅搗きや炉端に茶など設けして 村山故郷
餅花に宿坊の炉のけむり絶ゆ 飯田蛇笏 霊芝
驟雨に軒借る 炉端から声飛んでくる 伊丹三樹彦
鮎の宿おちつきざまに大炉の火 木村蕪城 寒泉
鮎の炉の火かげとゞかず深雪の戸 前田普羅 飛騨紬
鮎の炉や霜焼の子は掌を抱く 前田普羅 飛騨紬
鮎焼きし大炉の灰に雪あかり 前田普羅 飛騨紬
鮎焼きの炉辺の雪沓うつくしき 前田普羅 飛騨紬
鰤舟の傾くときの炉の炎 高野素十
鰤舟の風にとびつゝ炉の炎 高野素十
鳥屋の炉に読む新聞は北日本 高野素十
鳥屋の炉のランプ灯しに子供来る 高野素十
鴨撃つて喜ばるるは薪を炉に 石川桂郎 四温
鶯やくすぶる炉火に灰かぶせ 鷹羽狩行
麦草忌炉に深差しの金火箸 上田五千石『田園』補遺
黙想の時間は炉火も華やがず 阿波野青畝
鼻焦がす炉の火にかけて甲羅酒 河東碧梧桐

炉 続補遺

うのはなや妻木が中の炉の明り 加藤曉台
さしむかふ膝のひねりや炉の匂ひ 凉菟
さみだれや焙炉にかける繭の臭 〔ブン〕村
しぐるゝや脚折鐺を炉にかけて 加舎白雄
すゝ払や囲炉裏にくばる番椒 木導
すゝ掃や囲炉裏にくばる蕃椒 李由
たづね寄匂ひや炉路のすかし百合 中川乙由
とし毎に囲炉裏借るなり梅の主 建部巣兆
へら鷺の炉を残さぬや灰ぜゝり 其角
ほとゝぎす里は焙炉のにほひ哉 〔ブン〕村
七くさに灰をとりたる囲炉裡かな 呂風
侘に絶て一炉の散茶気味ふかし 其角
八畳に炉だゝみ青し衣がへ 浪化
初雪の中で消るや炉次の笠 朱拙
君と我炉に手を返スしかなかれ 其角
夕立の晴行かたや揚灯炉 炭太祇
太皷うつ宇治の焙炉を見にゆかん 許六
宮殿炉なり女御更衣も猫の声 素堂
座はさめし燈消て炉の光 荊口
御忍びに一夜泊りの囲炉裏哉 三宅嘯山
折柴のなほ細かれや炉の煙 松窓乙二
木地の炉ぶちとろゝの海苔のこぼれけり 東皐
松嶋や炉路の霰にひの木笠 牧童
松茸や囲炉裏の中に植て見る 凉菟
松風や炉に富士をやく西屋形 其角
梅さかばおもへ炉に手を交へしを 夏目成美
武蔵野や遊女手まへの炉ぶるまひ りん女
灯炉かげ来るとは聞ど薄光り 土芳
炉にかゝる拍子や釜の浤音 白雪
炉のかゞり田夫も風流になりにけり 挙白
炉のはたやよべの笑ひがいとまごひ 小林一茶
炉のふちをめぐりて居るか冬の蝿 句空
炉の炭を啼ほそめたる千鳥哉 桃先
炉の隅に身や酢の神といはゝれん 北枝
炉は寒ク尿瓶に聞や鉢たゝき 千那
炉を出て度~月ぞ面白き 野水
炉地下駄の音や梢の閑古鳥 言水 江戸蛇之鮓
炉次下駄に雪の音あり萩の露 支考
炉路の松指を揃る緑かな 凉菟
炉路笠を旅にして見む柳かげ 中川乙由
瑞籬や炉地の戸敲く梅の花 正秀
稲しきの炉を持そめぬ后の月 鈴木道彦
胴ずみを夫うたがふや炉の煙 桜井梅室
見かけ行ふもとの宿や高灯炉 炭太祇
豆殻に泣し炉ながらわかなの夜 鈴木道彦
里一つ炉に匂はする炭の山 野径

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 04:40 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング