絨毯 の俳句

絨毯 の俳句

絨毯

例句を挙げる。

うご草は海女の絨毯路に敷き 沢木欣一
庫裡ふた間赤絨毯を敷き詰めし 右城暮石
微笑邪気なし綿絨毯の温きいろ 柴田白葉女 『夕浪』
恋めきて絨毯をふむ湯ざめかな 飯田蛇笏 雪峡
林道のここは栃の葉絨毯道 高澤良一 素抱
歌舞伎座の絨毯踏みつ年忘 渡邊水巴 富士
母のベッドありしあたりの緋絨毯 大木あまり 火球
油虫打たれた後の絨毯なり 四ッ谷 龍
灯して絨毯暗し帰化家族 下村ひろし 西陲集
空を飛ぶ夢持ち絨毯の縁反れる 岸 典子
絨毯につづく枯芝海も見ゆ 和田祥子
絨毯に双膝ついて悔い拾う 窪田久美
絨毯に坐せる少女を見下すも 草間時彦
絨毯に子らのねむたき祭かな 大橋櫻坡子 雨月
絨毯に座せば毎日雀が来 林薫子
絨毯に指をすべらすアラベスク 二村典子
絨毯に眠つてをりし電子辞書 細井みち
絨毯に螢火ひろふ多佳子の忌 鷹羽狩行
絨毯に足美しく現れぬ 吉屋信子
絨毯の上を温風這ひ廻り 高澤良一 ぱらりとせ
絨毯の山水渉る冬至の日 原田青児
絨毯の年古る塵に凍火鉢 西島麥南
絨毯の染みの真上で暮らしをり 櫂未知子 貴族
絨毯の火鉢の跡へ火鉢置く 吉屋信子
絨毯の眞紅古ぶは滅ぶさま 橋本鶏二
絨毯の真紅に年の豆こぼれ 大野紫水
絨毯の美女とばらの絵ひるまず踏む 柴田白葉女
絨毯の花汚せしまゝ何時帰る 殿村菟絲子
絨毯の花鳥に軽し桐火鉢 吉屋信子
絨毯の薔薇が次の間までひらく 正木ゆう子 悠
絨毯の赤き道来し夜を寒む 上田日差子
絨毯の階ばらの闇に出づ 岸風三樓
絨毯は空を飛ばねど妻を乗す 中原道夫(1951-)
絨毯は赤し晶子の書は古りて 石原八束
絨毯をひさぐきち~ばったの野 依田明倫
絨毯を敷き畳替せぬことに 中村芝鶴
絨毯を踏み苜蓿を踏む草履 福田蓼汀 山火
絨毯を踏む黒人の跣かな 山本歩禅
絨毯踏む氷上ながく滑り来て 橋本美代子
緋の絨毯吾をみちびく避寒宿 山口青邨
花冷や絨毯の緋や恋ひわたる 齋藤玄 飛雪
苔寺の苔の絨毯あまがえる 池田勝之
菊活くる水絨毯にまろびけり 西島麥南
虎落笛絨毯に曳く折鶴蘭 阿部みどり女 月下美人
蛇乗れり丸めて捨てし絨毯に 茨木和生 野迫川
雪渓を踏み来し足を絨毯に 稲畑汀子
香臭き絨毯となり年逝けり 殿村菟絲子
とおい母国 旧植民地の絨緞踏む 伊丹公子
もみづれる高雄ホテルの絨緞も 高澤良一 宿好
ポインセチア絨緞と燃ゆ聖壇下 下村かよ子
天堂の絨緞に住め蚤虱 幸田露伴 谷中集
文学館の絨緞赤し三島の忌 上野澄江
春寒を来て絨緞の赤さふむ 五十嵐播水
梅活くる水絨緞にこぼれけり 麦南
絨緞にとりこむエーゲ海の色 竹中碧水史
絨緞に妻が引き出す単物 古舘曹人 樹下石上
絨緞に押す乳母車菖蒲の日 古舘曹人 樹下石上
絨緞に拾ひて母の髪なりけり 樋笠文
絨緞に水のこぼれし夜景かな 長谷川櫂
絨緞の果しなくなる花づくし 松澤 昭
絨緞の薔薇が次の間までひらく 正木ゆう子
絨緞は海白き蛾の来て溺る 千代田葛彦
絨緞は階へ流れて柳絮舞ふ 永井龍男
絨緞を掃く軽塵や雪日和 西島麦南 人音
絨緞織りのうなじ幼き弥生尽 岡田久慧
菊活くる水絨緞にまろびけり 麦南
蒲の穂に緋の絨緞の見ゆる家 飯田龍太
雪沓のまま絨緞を歩み来る 長谷川櫂 古志
青い絨緞 靴下を脱ぐときがくる 西尾千佳子
一畳の電気カーペットに二人 大野朱香
椿のカーペット踏んで 外人墓地の旅人 伊丹公子 メキシコ貝
緞通に大きな靴のあとありぬ 高浜虚子
英霊や海の息するカーペット 森 早恵子

絨毯 補遺

どこの織なりや青田の絨毯は 山口誓子
ひぐらしや絨毯青く山に住む 橋本多佳子
まだ点けねども絨毯に電熱器 山口誓子
ストーブの廉き絨毯敷きたのし 山口青邨
下萌のたんぽぽの座の絨毯よ 山口青邨
冷房の絨毯の碧深かりき 日野草城
初茶の湯心鎮まる紺絨毯 山口誓子
庫裡二タ間赤絨緞を敷き詰めし 右城暮石 虻峠
恋めきて絨毯をふむ湯ざめかな 飯田蛇笏 雪峡
敷きつめる広田に青き絨毯を 山口誓子
明治の絨緞白牡丹より風が来る 大野林火 飛花集 昭和四十八年
春雷のあとや客間の花絨緞 山口青邨
板敷に緞通敷きて避暑すごす 阿波野青畝
梅活くる水絨緞にこぼれけり 西島麦南 人音
歌舞伎座の絨毯踏みつ年忘 渡邊水巴 富士
浮雲や青芝は誰がカーペット 楠本憲吉 方壺集
煖房や絨毯の道階となる 山口誓子
猫の子に絨緞の花めまぐるし 鷲谷七菜子 一盞
猫柳ほうけては落つ絨緞に 山口青邨
絨毯にかがみ子が見る草じらみ 加藤秋邨
絨毯にひそみてをりし蚊に刺さる 右城暮石 天水
絨毯にフラスコ転び寒の内 飯田蛇笏 山響集
絨毯に坐せる少女を見下すも 草間時彦 中年
絨毯に坐る子供らクリスマス 百合山羽公 春園
絨毯に手籠の猫子はなたれぬ 飯田蛇笏 春蘭
絨毯に足袋重ねゐて椅子深く 杉田久女
絨毯のあしおと吸うて冬日影 飯田蛇笏 春蘭
絨毯の緋をちらと没落の家 鷹羽狩行
絨毯の薔薇濃きことも春愁ひ 鷹羽狩行
絨毯は紫服は何色に 後藤比奈夫
絨毯をころがるシヨパンのワルツかな 林翔
絨毯を踏み苜蓿を踏む草履 福田蓼汀 山火
絨毯を踏むやまつたく春の雨 加藤秋邨
絨毯を除れば海より夏来る 山口誓子
絨毯織るに 木槌トンタン 難民村 伊丹三樹彦
絨緞に妻が引き出す単物 古舘曹人 樹下石上
絨緞に押す乳母車菖蒲の日 古舘曹人 樹下石上
絨緞を掃く軽塵や雪日和 西島麦南 人音
絨緞を敷きて冷えきる天守閣 山口誓子
絨緞踏む八十路も末の身の軽き 林翔
緋の絨毯吾をみちびく避寒宿 山口青邨
花冷や絨毯の緋や恋ひわたる 齋藤玄 飛雪
花嫁の父の軽さで 絨緞踏む 伊丹三樹彦
蝦夷ぶりのストーブ花の絨毯敷き 山口青邨
赤き絨毯北側の部屋に鍵かかり 橋閒石 無刻
週末の贅沢げんげの絨毯藉き 鷹羽狩行

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 04:45 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586785
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング