煖房 の俳句

煖房 の俳句

煖房 の例句


煖房 補遺

くれなゐの一座を守り暖房車 山口青邨
しんかんと春の暖房禍福なく 飯田蛇笏 家郷の霧
ひとの寝て来し煖房車吾れ乗り込む 山口誓子
みつめられ汚る裸婦像暖房に 西東三鬼
ゆるやかに海がとまりぬ暖房車 加藤秋邨
スチームにともに凭るひと母に似し 石田波郷
スチームより夕日つめたくなりさし入る 篠原梵 年々去来の花 皿
デスマスク若し煖房黄ににほふ 三橋敏雄
ドラム音充ちた暖房金魚喘ぐ 伊丹三樹彦
ヒーターが湯沸し誰も起き出さぬ 下村槐太 天涯
交通を観る暖房のつれ~に 日野草城
人いきれヒーターいきれ窓に白し 篠原梵 年々去来の花 皿
八ケ岳展開雪かんばしく暖房車 山口青邨
冬雷に暖房月を湛へたり 飯田蛇笏 霊芝
凍花めづ暖房の窗機影ゆく 飯田蛇笏 山響集
凍花めづ煖房の窓機影ゆく 飯田蛇笏 春蘭
出勤簿ひらかれてあり暖房に 日野草城
出雲なる神天降ります暖房に 日野草城
初茶の湯ホテルの煖房茶室まで 山口誓子
大阪の強暖房に身がくもる 右城暮石 上下
大陸の綺羅星の夜を煖房車 福田蓼汀 山火
始まりし暖房時間あたゝまる 右城暮石 上下
室が古り煖房殊に古りにけり 清崎敏郎
山に負ひしものを網にせり煖房車 山口誓子
山川に十秒ひびき暖房車 藤田湘子 神楽
患者らのパチンコばなし暖房裡 角川源義
日焼けや 雪焼や 帰省空港の暖房 強 伊丹三樹彦
暖房が鳴る湖の沖青き時 有馬朗人 母国拾遺
暖房なき車中眼を見ひらき合ふ 右城暮石 上下
暖房にゐる幼な児の冷たき手 右城暮石 上下
暖房に居て戦話聴く勿体なし 日野草城
暖房に微笑よごれてモナリザよ 鷹羽狩行
暖房に毛皮とそれのレヂスター 中村汀女
暖房に淑女はなはだ薄く衣たり 日野草城
暖房に真夜覚めてたゞ一人なる 相馬遷子 山河
暖房に裸の腕をまげてゐる 日野草城
暖房のぬくもりを持ち鍵一房 有馬朗人 母国
暖房のやはらかき氈踏みにけり 日野草城
暖房のよろしき氈を蹈みにけり 日野草城
暖房の熱くして髪の毛が乏し 右城暮石 句集外 昭和三十一年
暖房の硝子張りなる鰐の息 右城暮石 句集外 昭和二十八年
暖房の錦あざやか錦蛇 右城暮石 句集外 昭和四十四年
暖房の鏡魚裂く男のみ映し 赤尾兜子 歳華集
暖房の雪白の壁もほてりたる 日野草城
暖房や使用人みな勤勉に 日野草城
暖房や大き童顔の副社長 日野草城
暖房や拭きいそしめる硝子拭 日野草城
暖房や椅子ふは~とゐてたのし 日野草城
暖房や真紅の氈を湛へたり 日野草城
暖房や羽毛が遺作展の隅 鷹羽狩行
暖房や肩をかくさぬをとめらと 日野草城
暖房や開け閉てしげき一つの扉 日野草城
暖房車つなぐ大阪東京間 右城暮石 句集外 昭和三十二年
暖房車に睡らんとせり、友は危篤 日野草城
暖房車旅の眠りの浅からず 鷹羽狩行
暖房車灯を散らし渡る夜の河 村山故郷
暖房車熱し足蹴に猟の獲物 伊丹三樹彦
暖房車発車す窓を叩き合ひ 右城暮石 上下
暖房車皆外人や一人旅 高田風人子
暖房車着く冬枯の駅の花圃 上田五千石『田園』補遺
暖房車野の枯芒見て眠し 山口青邨
暖房風にも震えつつ 桜草 伊丹三樹彦
木造療舎の女患歓声スチーム出づ 角川源義
桑の芽や暖房止めし汽車に乗り 右城暮石 句集外 昭和十四年
海見えてより全力の煖房車 岡本眸
煖房なき車中毛糸を編みつゞく 右城暮石 上下
煖房に汗ばむ夜汽車神詣 杉田久女
煖房に血の疲れゆき日を憂ふ 高屋窓秋
煖房に西洋将棋のあそびの駒をつまみ 山口誓子
煖房に鍵盤を白く蓋せざる 山口誓子
煖房の支線電車は鳴りて待てり 山口誓子
煖房の窓開けて男虹を見る 松崎鉄之介
煖房やロシヤの歌が茶房占め 岡本眸
煖房や何をとりにぞ此処に来し 星野立子
煖房や千の社員等胸に名札 西東三鬼
煖房や外人肉を貪れる 山口誓子
煖房や夜となる海がまだ見えて 岡本眸
煖房や床板西洋象棋の盤をなす 山口誓子
煖房や手洗場の舗石雪白に 山口誓子
煖房や手洗場は水のしゞに落つ 山口誓子
煖房や株主椅子を得て椅子に 山口誓子
煖房や株主集ふ椅子を置く 山口誓子
煖房や絨毯の道階となる 山口誓子
煖房や葭の衝立扉を隠す 山口誓子
煖房や金を強請に来て待てる 山口誓子
煖房や鉱山を売らむと来て待てる 山口誓子
煖房車かつぎ屋の米わが膝下 百合山羽公 故園
煖房車つめたき窓を子が舐ぶれり 山口誓子
煖房車単軌高原線を来る 山口誓子
煖房車夜学生乗る短区間 伊丹三樹彦
煖房車子の睡さめまたねむる 山口誓子
煖房車座席に臀の過熱して 山口誓子
煖房車捨てて鉄路を歩き出す 伊丹三樹彦
煖房車月下の川を渡るなり 岡本眸
煖房車枯れし山腹を通りたり 山口誓子
煖房車枯野見てゐし子は睡れり 山口誓子
煖房車橋梁の朱斑見て過ぎつ 山口誓子
煖房車窓ぎつしりと雨著けたり 山口誓子
煖房車米買女髪撫でて 百合山羽公 故園
煖房車荒涼たる河をわたりたり 山口誓子
煖房車軋りて停るここは波野 山口誓子
煖房車軌条夥しき駅に著く 山口誓子
煖房車鉄路真赭の駅に著く 山口誓子
煖房車闇に前燈をぎらつかす 山口誓子
煖房車降りたふるさと星墜(ず)りさう 伊丹三樹彦
煖房車風は高原を靡かする 山口誓子
煙吐く暖房の錦蛇眠り 右城暮石 句集外 昭和二十七年
税務署の暖房暑からず寒からず 相馬遷子 山河
累累と煖房冷えて兵馬の夜 三橋敏雄
緯度高く船の煖房通ひそむ 山口誓子
脳神経外料暖房の深夜なり 佐藤鬼房
船体の煖房の扉がひとつ開き 山口誓子
蟹売に 蒸気噴射し 暖房車 伊丹三樹彦
詩の集会許し煖房冷めゆくビル 伊丹三樹彦
誼にこころして暖房をおとづれぬ 飯田蛇笏 家郷の霧
護謨の葉の一葉一葉に煖房利く 右城暮石 上下
谷底を見て峻烈の暖房車 山口青邨
鋲の靴煖房車の裡を踏みならす 山口誓子
風雪の嗜虐の曠野暖房車 山口青邨
鳩が逆落す煖房館の餐 山口誓子

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 04:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング