火鉢 の俳句

火鉢 の俳句

火鉢 の例句



火鉢 補遺

あそびめの膝をあてがふ火桶かな 後藤夜半 翠黛
あそび妓火桶かこみて礼者受 後藤夜半 翠黛
あぢきなく灰のふえたる火鉢かな 河東碧梧桐
いたいけに童の運ぶ火桶哉 正岡子規 火桶
いもあらばいも燒かうもの古火桶 正岡子規 火桶
いもの皮のくすぶりて居る火鉢哉 正岡子規 火鉢
かざす手の珠美くしや塗火鉢 杉田久女
かの巫女の手焙の手を恋ひわたる 山口誓子
くろちりめんひんやりすあかがねひばち 中川一碧樓
この庭の鳥もなつかし火桶抱く 古舘曹人 樹下石上
こまごまとひきだしもてる火桶かな 阿波野青畝
さわやかな耳あぶる朝の火桶かな 渡邊水巴 白日
たどんひとついけし火鉢や花ぐもり 鈴木真砂女 生簀籠
つぎつぎて通夜の火鉢の炭乏し 上村占魚 球磨
つやゝかに抱きふるびたる火桶かな 西島麦南 人音
つれづれの手のうつくしき火桶かな 日野草城
てのひらに熱き火桶や雪景色 日野草城
とりまくや殿居する夜の大火鉢 正岡子規 火鉢
なつかしや後の月夜の早火鉢 日野草城
なほけぶる火鉢抱ききてすすめらる 加藤秋邨
ひげがのびた顔を火鉢の上にのつける 尾崎放哉 須磨寺時代
ひとり居も淋しからざる火鉢かな 杉田久女
ふるさとの乙女に熱す鉄火鉢 飯田龍太
みちのくのここ西馬音内夏火桶 高野素十
もの神の火鉢の上にあらはれし 正岡子規 火鉢
ゆきわたりゐて傍になき火桶 後藤比奈夫
わが思夜半の火桶に沈みけり 日野草城
わが爪の今宵つやゝか桐火桶 星野立子
わびしさは炭團いけたる火鉢哉 正岡子規 火鉢
ランプ吊り火鉢掻抱き雨の夜を 石塚友二 方寸虚実
一つきり捨火の火鉢貧しけれ 阿波野青畝
一つ使ふ粕谷御殿の桐火鉢 山口青邨
一切の法の即ち火桶に手 高野素十
一杯のヂンの酔ある火鉢かな 中村汀女
丁稚叱る身は無精さの火鉢哉 正岡子規 火鉢
丈八のお駒をなぶる火鉢哉 正岡子規 火鉢
丈八の才三をしかる火鉢哉 正岡子規 火鉢
下界を吹くごとし火鉢を鷲掴み 西東三鬼
亀鳴くや夜の火鉢に手をかざし 森澄雄
亡き安ら来やすかるべく古火鉢 加藤秋邨
人のなさけが身にしみる火鉢をなでる 種田山頭火 自画像 落穂集
仁術や小さき火鉢に焚落し 村上鬼城
今一つ背にもほしき火桶哉 正岡子規 火桶
伊豆の海初凪せるに火桶あり 水原秋櫻子 葛飾
俊成のなでへらしけり桐火桶 正岡子規 火桶
俊成の撫でへらしたり桐火桶 正岡子規 火桶
倚松庵火なき火鉢に倚るこころ 能村登四郎
傘持の火鉢ほしがる紅葉哉 正岡子規 紅葉
傾城の足音更ける火鉢哉 正岡子規 火鉢
六月の雨さだめなき火桶かな 石田波郷
冬の蠅火鉢の縁をはひありく 正岡子規 冬の蠅
冬牡丹園火桶を置けり憎からず 安住敦
冬鯊や火桶たのみの一人釣 水原秋櫻子 緑雲
冴返る庵に小さき火鉢かな 村上鬼城
冷ゆる児に綿をあぶるや桐火桶 飯田蛇笏 山廬集
冷酒や柚味噌を炙る古火桶 正岡子規 柚味噌
初明り火鉢の焔立ち来けり 臼田亜郎 定本亜浪句集
勾当のいたはられゐる火桶かな 阿波野青畝
化物に似てをかしさよ古火桶 正岡子規 火桶
十二月朔としみじみ火鉢撫で 阿波野青畝
南蛮のクルス模様の火鉢かな 上村占魚 球磨
友去りて灰もさびしき火桶かな 日野草城
双親に一つづゝなる桐火鉢 日野草城
古寺に火鉢大きし臺處 正岡子規 火鉢
咄睡魔火桶の灰に潜みたる 日野草城
哭くまじき面ラあげてゐし火桶かな 小林康治 四季貧窮
地政学の書物僕も少し読む火鉢の火を直す 中川一碧樓
坐して老妓 鏡花の町の長火鉢 伊丹三樹彦
塗火桶友も年の手かざすなり 及川貞 夕焼
塗火桶置けば映るや青畳 松本たかし
夏火桶置きて宿屋の名は御半 高野素十
夏火鉢つめたくふれてゐたりけり 飯田龍太
夏火鉢ひとり子川を見てゐたり 飯田龍太
夏火鉢膝頭より大いなり 前田普羅 普羅句集
大いなる手に火のはねる火鉢かな 前田普羅 普羅句集
大いなる火鉢にわが手祝はるゝ 高野素十
大いなる火鉢の縁に月出でて 加藤秋邨
大名の火桶を二つ運ばれし 高野素十
大寺や百の火鉢のお粗末に 阿波野青畝
大阪の宿の火鉢に二三日 山口青邨
太平記火桶に袖をこがしけり 正岡子規 火桶
女人三体火鉢と四体と云はんとしたり 中川一碧樓
妻がもどりて火鉢の炭が起されたり 尾崎放哉 大正時代
学遠し吸殻植ゑる股火鉢 上田五千石『田園』補遺
寂として座のあたたまる火鉢かな 飯田蛇笏 山廬集
寂として座のあたゝまる火鉢かな 飯田蛇笏 霊芝
寒餅を焼くたのしさに火桶置く 水原秋櫻子 餘生
寶生の觀世のゝしる火鉢哉 正岡子規 火鉢
小さい火鉢でこの冬を越さうとする 尾崎放哉 須磨寺時代
小火鉢に古き港の話かな 中村汀女
小火鉢の灰やはらげる夜寒哉 正岡子規 夜寒
小説の趣向つゞまらぬ火鉢哉 正岡子規 火鉢
小説の趣向になやむ火鉢哉 正岡子規 火鉢
尼寺の火鉢は赤く梅三分 山口青邨
川音のやがて草屋に桐火鉢 古舘曹人 樹下石上
幾人をこの火鉢より送りけむ 加藤秋邨
店奥に手焙とゐる老雛師 能村登四郎
待つてゐる死があり谷の夏火鉢 飯島晴子
念頭の一事火桶に現なく 日野草城
我が凭りし銅の火鉢や菊を彫(ゑ)る 松本たかし
我戀は火鉢の消えし恨みかな 正岡子規 火鉢
手の皺を引きのばし見る火鉢哉 正岡子規 火鉢
手をかざす火鉢の前の一葉かな 山口青邨
手をかざせば睡魔の襲ふ火桶かな 河東碧梧桐
手焙にかざす双手の老いにけり 日野草城
手焙にゐて一つ葉の日南恋ふ 右城暮石 句集外 昭和十八年
手焙や遅日の火種灰の中 日野草城
手習の手凍え火鉢の火消えたる 正岡子規 火鉢
拜領の錦張りたる火桶かな 正岡子規 火桶
持ちはこぶ火鉢の底のなほつめたし 篠原梵 年々去来の花 雨
掌がすべる白い火鉢よふるさとよ 中川一碧樓
接待の火桶に遊ぶ初閻魔 百合山羽公 樂土
揃はざる火鉢二つに余寒かな 杉田久女
撫でまはす牡丹描ける火鉢かな 山口青邨
撫でゝ見て又なでゝ見る火鉢哉 正岡子規 火鉢
文反古を焚きて手焙る雪の前 石川桂郎 含羞
文机の向きや火桶の置き處 正岡子規 火桶
日当れば火桶もいらず冬籠 星野立子
書巻の気惻々たりし火鉢かな 阿波野青畝
月の座に長火鉢あり座る人 山口青邨
東京に明日は帰らむ火鉢かな 村山故郷
東尋坊に誘はれゐたる火桶かな 村山故郷
松風にきき耳たつる火桶かな 飯田蛇笏 山廬集
松風にきゝ耳たつる火桶かな 飯田蛇笏 霊芝
枯山襖火鉢が炎上げそめぬ 森澄雄
歌反古を焚き居る除夜の火桶哉 正岡子規 除夜
死病得て爪うつくしき火桶かな 飯田蛇笏 霊芝
母ならぬ人のやさしき火鉢かな 上村占魚 鮎
母の顔ときをりのぞく火鉢かな 上村占魚 鮎
水仙にわびて味噌燒く火桶哉 正岡子規 水仙
法律の議論はじまる火鉢哉 正岡子規 火鉢
瀬戸火鉢片手に提げて僧来る 山口青邨
火なき火鉢並ぶ夜寒の廊下かな 杉田久女
火の気のない火鉢を寝末から見て居る 尾崎放哉 小豆島時代
火の無い火鉢が見えて居る寝床だ 尾崎放哉 小豆島時代
火の起りゆくさま鉄の円火鉢 星野立子
火を入れしばかりの火鉢縁つめた 星野立子
火桶かくもしたしきものに青々忌 右城暮石 句集外 昭和十七年
火桶して木の葉の京に一日を 右城暮石 句集外 昭和十年
火桶に手かざしては又稿をつぐ 高野素十
火桶に手かざすや牡丹艶にして冷ゆ 山口青邨
火桶に手思ひ出せなきことばかり 星野立子
火桶人書淫のまなこ濁りけり 西島麦南 人音
火桶人激するとなく黙しけり 西島麦南 人音
火桶張る嫗そ見ゆる岡の家 正岡子規 火桶
火桶張る嫗一人や岡の家 正岡子規 火桶
火桶張る昔女の白髪かな 正岡子規 火桶
火桶抱きこの淋しさを如何にせん 福田蓼汀 山火
火桶抱き背ナをかゞめて山眺め 星野立子
火桶抱く瞳のけはしさの湯ざめしか 大野林火 冬青集 雨夜抄
火桶抱けば隠岐へ通ひの夜船かな 石橋秀野
火消えて堅炭殘る火鉢哉 正岡子規 火鉢
火鉢に火がなくひとりごというて寝る 種田山頭火 自画像 落穂集
火鉢の手皆かなしみて来し手なり 大野林火 青水輪 昭和二十六年
火鉢の火消えて何やら思ふかな 正岡子規 火鉢
火鉢の火花のようにおこすこと老妻がする 荻原井泉水
火鉢の画唐子遊べり近松忌 福田蓼汀 山火
火鉢の縁爪たたく論点もうはるか 加藤秋邨
火鉢一つのあたたかさで足る 種田山頭火 自画像 落穂集
火鉢二つ二つとも缺げて客來らず 正岡子規 火鉢
火鉢抱いて灰まぜて石を探り得たる 正岡子規 火鉢
火鉢抱いて瞳落とすところ只畳 原石鼎 花影
火鉢抱て灰まぜて石を探り得つ 正岡子規 火鉢
火鉢欲しいつまで着るぞ里の紋 中村汀女
火鉢火なし手をひつこめる餘寒哉 正岡子規 火鉢
火鉢火もなしわが室は洞のごと沈めり 種田山頭火 自画像 層雲集
灯を消して星におどろく火鉢かな 加藤秋邨
炭つぐやわが家の芯の古火桶 百合山羽公 寒雁
煎餅かんで俳句を談す火鉢哉 正岡子規 火鉢
煙管たたくに淋しき音と火鉢撫づ 種田山頭火 自画像 層雲集
煙草盡きて酒さめぬ獨り火鉢に倚る 正岡子規 火鉢
煩悩の掌かざす火桶妻も来よ 小林康治 玄霜
燠いかに遺愛の火桶灰富士形 香西照雄 対話
父はこゝにをるよ火鉢に手をそろへ 渡邊白泉
父母とひとつの火桶寒に入る 相生垣瓜人 微茫集
父酔うてしきりに叩く火桶かな 松本たかし
牡丹の火桶の炭火珍らしみ(上野東照宮) 細見綾子
牡丹見せて障子しめたる火桶かな 渡邊水巴 白日
独り読む灯に花枯るゝ火桶かな 西島麦南 人音
生きて死ぬまで手焙の炭の如 飯島晴子
番小屋に晝は人なき火鉢哉 正岡子規 火鉢
百姓が手を触れ熱き火鉢の鉄 右城暮石 句集外 昭和二十三年
皆友よ一つ火鉢に手を染めて 大野林火 青水輪 昭和二十六年
眉根よせて文巻き返す火鉢かな 杉田久女
穂薄になでへらされし火桶哉 正岡子規 火桶
穴多きケットー疵多き火鉢哉 正岡子規 毛布
立消えの火桶を貰ひリハーサル 後藤比奈夫
笹鳴や手沢出でたる桐火鉢 日野草城
笹鳴や火桶にかゝる女の手 日野草城
筆とればわれも王なり塗火鉢 杉田久女
籠り居の夏火桶には火のありて 高野素十
糸屑を捨てゝ火鉢に火の気なし 右城暮石 句集外 昭和三十三年
紅葉の賀わたしら火鉢あつても無くても 阿波野青畝
繪屏風の倒れかゝりし火桶かな 正岡子規 火桶
置いてあるだけで艶なる火桶かな 後藤比奈夫
老しづか梅雨の火鉢に火を埋けて 安住敦
老の手のわななきかざす火桶かな 松本たかし
膝に手を重ねてをりし火桶かな 高野素十
臥さずして秋の火桶に倚りて病む 松本たかし
興はなれずひとり詩に憑る火桶かな 飯田蛇笏 山廬集
花冷の大名火鉢かたはらに 山口青邨
花冷の火鉢にさして妻が鏝 山口青邨
花冷や尼の火鉢借りにけり 山口青邨
茣蓙一枚火鉢ひとつのなりはひや 福田蓼汀 山火
菓子箱をさし出したる火鉢哉 正岡子規 火鉢
蒲團著て手をあぶり居る火鉢哉 正岡子規 火鉢
訪へば火鉢雛の町たかぶり 永田耕衣
足袋あぶる能登の七尾の駅火鉢(七尾線) 細見綾子
輪番をおちて学べる火桶かな 飯田蛇笏 山廬集
通夜の火鉢部屋の最中に人集む 松崎鉄之介
遅れきて夜の火鉢抱く濤の音 角川源義
道場の隅に火のなき火鉢哉 正岡子規 火鉢
酒を置いて老の涙の火桶かな 河東碧梧桐
醫師の宅や火鉢に知らぬ人と對す 正岡子規 火鉢
鉄火鉢熱し農婦の集まりに 右城暮石 句集外 昭和三十二年
長火鉢不思議に似合ひゐる書斎 星野立子
関守が火鉢にくべる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
闇から来る人来る人この火鉢にて煙草をすひけり 中川一碧樓
關守の木の葉燃やすや猫火鉢 正岡子規 猫火鉢
關守の睾丸あふる火鉢哉 正岡子規 火鉢
雨の夜の火鉢をいれて冬めきぬ 長谷川素逝 暦日
雪の日の火鉢に鯣炙けるは~ 原石鼎 花影
雪院へ火鉢もて行く寒さ哉 正岡子規 火鉢
電熱器火鉢代りに枯野見る 大野林火 青水輪 昭和二十四年
露寒し妻と手焙る喪のごとし 小林康治 玄霜
顔見世の噂や火鉢拭きながら 水原秋櫻子 餘生
風の夜の火桶をよせて病むひとり 細谷源二 鐵
鳳凰の梦や見るらん桐火桶 正岡子規 火桶
鴨下りる水音を聞く火桶かな 山口青邨
鴨啼や火鉢の炭の消え易き 正岡子規 鴨
鼠追ふて餅盜みくる火鉢哉 正岡子規 火鉢

火鉢 続補遺

*たがいれて浮世のとれし火鉢哉 田川鳳朗
あたり初せざる火桶を香炉哉 玄梅
あはれなる味あたゝまる火桶哉 土芳
いつの世のものとも見えぬ火桶かな 釣壺
いとへばぞ嵐やおもき火桶売 北枝
うき人の額にあてる火桶哉 加藤曉台
うき時は灰かきちらす火鉢哉 松岡青蘿
こぼれ居る官女の中に火桶かな 蓼太 蓼太句集初編
さえかへる神楽処の置火鉢 泥足
さめるぞとさとれ火桶のあたゝかさ 諷竹
せゝられて火桶いそがし冬篭 千那
つくもがみ業平うとむ火桶哉 牧童
はつものにぬれた袖ほす火桶かな 寥松 八朶園句纂
はふらさぬ火桶や嫁の心ざし 四睡
ひき裂て火桶張ばや古ごよみ 馬場存義
ひとり居やしがみ火鉢も夜半の伽 秋色 いつを昔
ひと廻しまはしてあたる火桶哉 成田蒼虬
ひと朝は雀も覗く火桶かな 成田蒼虬
むめに日の火鉢模様や冬ざしき 露川
やゝしては火桶ざんまいあつぐろし りん女
わづかなる気の手にみつる火桶かな 素丸 素丸発句集
人とひぬ火桶譲りて粥たかん 白雄 白雄句集
人の手も只は遊ばぬ火鉢かな 立志 東潮独[口金]抜露集
佗々て火桶につもる月日哉 卓池
光茂が膠兀たる火桶哉 黒柳召波
兼好のうしろ淋しき火桶かな 馬場存義
冬としを跡になしたる火桶かな 智月尼
初夢や訪へば出さるゝ桐火桶 松窓乙二
前うしろ有や火桶の撫ごゝろ 馬場存義
前ばかり火鉢にむかふ寒さ哉 芦角
千石の手の筋見出す火鉢哉 野紅
又出たとはじめはうとむ火桶かな 桜井梅室
合せ焼心づくしの火桶かな 三宅嘯山
噛しだく反古のばさむ生火桶 智月尼
守武の水涕おとす火桶かな 高井几董
客ぶりや火鉢おしあふ四分六分 桜井梅室
客去て撫る火鉢やひとり言 三宅嘯山
宵の酒頭巾かけ置火桶哉 一笑(金沢)
寒き夜や火鉢にのこる炭頭 壺中
山伏も舞子も住て火桶哉 黒柳召波
山寒しせめて火桶の焼蜜柑 加藤曉台
常人と住にはまさる火桶かな 田川鳳朗
御譜代の婆と火桶や煤払 朱廸
忠度と灰にかゝれし火鉢哉 其角
手そほりを我は覚へぬ火桶哉 三宅嘯山
捨られし人の泪に兀火桶 加藤曉台
明ぼのゝ番所にさむき火鉢かな 露川
更る夜や火鉢にのこる炭がしら 壺中
更行や机の下の桐火桶 高桑闌更
月さびて志賀の鐘聞く火桶かな 井上士朗
有がたき噺ぞ残る桐火桶 早野巴人
朝夕に取まはしよき火桶哉 浪化
本尊や火桶も炭も参らせず 三宅嘯山
桐火桶無絃の琴の撫でごゝろ 与謝蕪村
桐火桶膝からひざへ譲りけり 成田蒼虬
桐火桶霞うぐひすのこゝろあり 松岡青蘿
梅咲て火桶の絵の具さめに鳧 望月宋屋
此火桶きせるのはいる穴もなし 支考
死にがちの世にまぢ~と火桶かな 万乎
火桶から火とぼす皃や祖父とうば 土芳
火桶はる暦わびしき月日かな 黒柳召波
火桶はる色好みの家や埋れ哥 東皐
火桶抱いておとがひ臍をかくしける 斎部路通
火桶抱てをとがい臍をかくしける 路通
火桶抱て二月の梢みるわびし 五明
火桶抱て艸の戸に入あるじ哉 高井几董
炭をふく紀の関守が火桶かな 黒柳召波
焼こがす熟柿一ッや置火鉢 惟然
画暦になどて火桶は書ざりし 鈴木道彦
白河の波をかゝばや桐火桶 其角
石女の寐ぬ夜の友は火桶哉 早野巴人
祐筆部屋柱かくれや桐火桶 調幸子 富士石
笹のかげ火桶にうつるあしたより 松窓乙二
細工絵を母に見せたる火桶かな 小西来山
老らくの玉を抱ける火桶かな 晩得 哲阿弥句藻
腮の髭火桶に臍をかくしけり 成美 成美家集
舟君の泣かほみゆる火鉢かな 蓼太 蓼太句集三編
船頭のうはかけに抱火桶かな 陽和
色~の袖口見ゆる火鉢かな 鈴木道彦
花鳥もこゝにおさまる火桶哉 牧童
草の屋の行灯もとぼす火桶哉 炭太祇
草の芽や火桶の割の二ッ三ッ 三宅嘯山
蛭子講火鉢うれしとこぞりぬる 黒柳召波
蛸壷を駒が林の火桶かな 泥足
裏文字の反古なつかし張火桶 三宅嘯山
西山の薄日にほすや張火桶 桜井梅室
見残すや火鉢へもどる朝の梅 杉風
語る夜のつき~しさよ桐火桶 加舎白雄
足の毛のさはり心や桐火桶 曲翠
顔見せに買によせたる火桶かな 呂風
駢拇の身を墨染や桐火桶 高井几董

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 05:41 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング