風邪 の俳句

風邪 の俳句

風邪 の例句



風邪 補遺

あきらかに風邪ぞとおもふ酔の後 能村登四郎
あけくれに富貴を夢む風邪薬 前田普羅 普羅句集
あたゝかな窓に風邪の名残かな 正岡子規 暖か
あはれや火照りて風邪の小女房 日野草城
あらくさの野に出て風邪を引き帰る 山口誓子
あらせいとう芯より抜けし風邪の熱 水原秋櫻子 蘆雁
あるものみな着てしまひ風邪ひいてゐる 尾崎放哉 須磨寺時代
いはけなく風邪の水薬よろこび飲む 篠原梵 年々去来の花 皿
いろいろの名の風邪も終へ四月馬鹿 大野林火 月魄集 昭和五十五年
うすら風邪たそがれ色の我ならむ 能村登四郎
おもふこと遠くもなりぬ風邪に寝て 臼田亜郎 定本亜浪句集
おろしや風邪瞼閉づれば波見ゆる 山田みづえ 手甲
お降りに覚めて旅めく風邪寝かな 野澤節子 八朶集以後
かげろふを見て風邪の身のなぐさまず 山口誓子
くつきりと鶏頭風邪の鼻重し 大野林火 青水輪 昭和二十五年
くれなゐの紐に衣を締め風邪ごもり 野澤節子 八朶集以後
この夜亡き妻と話して風邪心地 森澄雄
さそはれて人去る風邪の枕上 飯田龍太
しづかすぎる月夜とおもふ風邪寝かな 村山故郷
しづかに歩める風邪の夕イピスト 山口誓子
じわじわと風邪に染まりてゆくらしも 相生垣瓜人 明治草抄
たちまちにあられ過ぎゆく風邪ごもり 桂信子 月光抄
つぎつぎと風邪惹いてきぬ子も猫も 加藤秋邨
とつぐとき過ぎつゝ風邪の夕イピスト 山口誓子
どこか風邪どこか寝不足上京す 稲畑汀子
なにもせざれば風邪の神にも会はざりき 雨滴集 星野麥丘人
なやらひをすませて憑かる風邪の神 角川源義
ねぎま汁風邪の眼のうちかすみ 下村槐太 光背
はやり風邪家の鬼門に火を焚かな 星野麥丘人 2005年
はやり風邪矛や納めし日のぬくみ 石塚友二 磊[カイ]集
ひた急ぐ風邪を振切り得るとして 相生垣瓜人 微茫集
ひとごゑのなかのひと日の風邪ごこち 桂信子 月光抄
ひとの風邪わが風邪青き街の空 村山故郷
ひと廻り顔を小さく風邪癒ゆる 能村登四郎
ぶり返す風邪探梅の旅が原因 能村登四郎
ほとばしる洟やなみだや風邪人 西島麦南 人音
ほのと饑じ風邪の汗とるもの脱げば 石川桂郎 高蘆
また今日の暮色に染まる風邪の床 能村登四郎
また風邪を引いたとはもう言へずをり 後藤比奈夫
めつぶれる瞼や風邪の夕イピスト 山口誓子
もたらしぬ鶫を風邪の床にまで 山口誓子
ものうまき風邪なりけるか君もまた 水原秋櫻子 蘆雁
ものおもへば風邪の子の瞳が我を追ふ 加藤秋邨
もの芽出て長き風邪も忘れけり 松本たかし
やはらかき乳児にもありて風邪の鬱 鷹羽狩行
やはらかき畦踏んでまだ風邪抜けず 岸田稚魚 筍流し
よき衣をたゝむや袖の風邪薬 前田普羅 普羅句集
よく休む一人の湯女の風邪休み 高野素十
わがままの過ぎたる風邪と診たてらる 岡本眸
わがまゝのかぎりをつくし風邪の妹 日野草城
わが風邪のつのるや寒き患家にて 相馬遷子 雪嶺
わが風邪の妻にうつりて治りたる 右城暮石 句集外 昭和四十年
わが風邪声はるかな回想裡より来る 加藤秋邨
われを堰く貨車ながながと風邪心地 伊丹三樹彦
ゐのこづちいとしや妹も風邪ひきて 下村槐太 天涯
オーバーのまま風邪の子の熱うかがふ 大野林火 早桃 太白集
カトレアと十日あそびて風邪了る 水原秋櫻子 蘆雁
ステレオの函の奥まで流行風邪 百合山羽公 樂土
ストリツパーの尻漂へり風邪心地 岸田稚魚 負け犬
ト口1チにまた鎮まりぬ風邪の神 阿波野青畝
ドラマーの風邪熱高し滅多打ち 能村登四郎
ペラ~の首巻我が巻けば風邪で死なない 中川一碧樓
メーデーの雨夜働き風邪重し 佐藤鬼房
一家の燈風邪の薬も照らしけり 百合山羽公 故園
一日にて風邪癒さむと打臥すも 草間時彦 中年
一日の風邪寝もあらず五年過ぐ 鷹羽狩行
一服の薬用ゐず風邪治る 右城暮石 句集外 昭和三十五年
一枚の毛布親しや風邪心地 日野草城
一輪の薔薇に去りゆく風邪の神 山口青邨
三厘の風呂で風邪引く夜寒かな 正岡子規 夜寒
不機嫌といふにあらねど風邪心地 上村占魚 球磨
久米の子や洟を舐め舐め風邪ひける 山口青邨
九度五分の発熱風邪を侮りて 右城暮石 句集外 昭和四十三年
九月尽胸あつくなる風邪ぐすり 古沢太穂 古沢太穂句集
二ン月や些事風邪神と終りけり 角川源義
二三枚風邪の欠勤届かな 日野草城
二日はや風邪をたまひて葛湯かな 森澄雄
人形と風邪の子の髪すこし見え 鷹羽狩行
人日や寝酒にまとふ風邪の神 角川源義
人間並の風邪の熱出して居ることよ 尾崎放哉 小豆島時代
仕事場に鉄尺を見て風邪癒えず 山口誓子
仮の世やときどきは斯く風邪引きて 岡本眸
会ふたびに風邪を引くなと注意さる 右城暮石 散歩圏
何じかはと小言を吐けり風邪の妻 阿波野青畝
保健婦等風邪ひかぬ小鳥に手をさしのベ 金子兜太
信濃より風邪惹いてきし声ならむ 加藤秋邨
冬牡丹風邪癒えたらば見にゆかむ 安住敦
冬靄を窓に近寄せ風邪に伏す 及川貞 夕焼
出女が風邪引聲の夜寒かな 正岡子規 夜寒
初薬師風邪戒めて帰しけり 安住敦
勾玉の孔より風邪を貰ひたる 佐藤鬼房
匂ひなき色なき風邪に染まりけり 相生垣瓜人 微茫集
医師われ癒らぬ風邪に咳つづく 水原秋櫻子 蘆刈
十九のわれ風邪鼻せせる師に見えし 大野林火 雪華 昭和三十六年
十六夜は見ざりき風邪の妻と居て 日野草城
双の眼のほのぼのと風邪占むるなり 相生垣瓜人 微茫集
双眸に風邪淡々とたたへたる 能村登四郎
反射炉を仰ぐ風邪喉痰たまる 角川源義
受験子を励まし風邪をいたはらる 林翔 和紙
叡山を近江にくだる風邪ごこち 上田五千石 天路
名に残る紫野ゆき風邪気なり 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
吸入に起きあがりけり風邪の床 石橋秀野
吹き撓めたわむ雪塊風邪瞼 佐藤鬼房
咋今の風邪でありぬ作男 飯田蛇笏 山廬集
咳き込んで あかつき憎む 風邪正月 伊丹三樹彦
咳けば脾腹が痛し何の風邪 石塚友二 光塵
啓蟄にわが長風邪も出口あり 百合山羽公 樂土
喉ちんこ大きくふくれ風邪の神 阿波野青畝
嚏しておのれも朝ゆ風邪ごころ 石塚友二 光塵
四人の婢みな風邪の咳こもごもに 高野素十
四十二の顔を仰向け風邪の妻 日野草城
土塊の日当るみつつ風邪ごこち 石川桂郎 含羞
坂の下まで来て風邪の熱きざす 下村槐太 天涯
坂をゆき風邪かすかなり昼ふかし 石田波郷
埋火やうちこぼしたる風邪薬 加舎白雄
夕刈田歩廊につづき風邪覚ゆ 大野林火 海門 昭和十四年
夕日向草むら風邪の可憐なり 飯田龍太
外套どこか煉炭にほひ風邪ならむ 森澄雄
夜半のおちば夜明のおちば風邪ごゝち 及川貞 夕焼
大夕焼風邪のわが身の細るべし 大野林火 冬雁 昭和二十二年
天井に極彩天女風邪ごこち 岡本眸
夫の寛容わが風邪癒えて失せにけり 及川貞 夕焼
夫の風邪癒えて白粥けさ炊かず 及川貞 榧の實
夫婦してしぶとき風邪によろけつつ 高田風人子
女子療に風邪をはやらす壁鏡 鷹羽狩行
妻がいふ風邪の我儘許しけり 上村占魚 球磨
妻が負ふ淋しき顔の風邪の神 加藤秋邨
妻が風邪引きしばかりに吾も引く 右城暮石 句集外 昭和五十二年
妻の掌が風邪の火照の額に来る 日野草城
妻の風邪貰はんまでに咳少し 岸田稚魚 紅葉山
婢をよびて厨ごと言ふ風邪ごもり 及川貞 夕焼
子の風邪のもつとも軽くすみしこと 安住敦
家の裡燻りて風邪のわれ哀れ 山口誓子
家籠る風邪の教師に電話くる 上村占魚 鮎
尻尾立つは見習ボスか風邪癒えず 角川源義
居の灯の明るさに買ふ風邪薬 日野草城
屑払ふ妻や風邪寝の窓の外 安住敦
山の娘の風邪にこもれる蚊張かな 原石鼎 花影
山守が雑誌に狭む風邪薬 木村蕪城 一位
山茱萸を見て得し風邪は悔もなし 水原秋櫻子 餘生
岩塩のかたまり砕く風邪心地 橋閒石 朱明
帰り支度して風邪の神帰るとせず 安住敦
年忘れ一杯はまづ風邪払ひ 百合山羽公 樂土以後
床下に生きものゐるや風邪癒えず 山口誓子
庭石の耀る日もなくて風邪ごもり 桂信子 月光抄
建長寺さまのぬる燗風邪引くな 石塚友二 曠日
引きさうに思ひしときに引きし風邪 稲畑汀子
張りつめし海に声なし風邪兆す 鷲谷七菜子 黄炎
影法師髪みだれたる風邪気かな 中村汀女
後始末ばかり五月の風邪もらひ 岡本眸
恐ろしく早き暮色や風邪ごもり 山口誓子
息さへや風邪の高熱こもりにほふ 大野林火 早桃 太白集
悪き風邪涙痕白く眼覚めゐて 山口誓子
悪友のごとくに風邪をかこひたる 上田五千石『天路』補遺
愉しさに似し風邪熱の兆しくる 右城暮石 声と声
感冒の老総務理事休まざる 日野草城
憎や風邪余生の日々を寝込まする 林翔
手がすこし荒れてをりたる風邪心地 後藤夜半 底紅
手を付けぬ新聞の嵩風邪の日数 伊丹三樹彦
扶け起す手の冷たさよ風邪ひくな 富安風生
捨て場なし飲み余したる風邪薬 右城暮石 句集外 昭和四十三年
掌にふはふは糞載せ風邪の牛を診る 右城暮石 句集外 昭和三十四年
描かざる眉のはかなき風邪かな 日野草城
描眉の今は消えつつ風邪深き 日野草城
教師風邪しのびわらひと眼あつまる 篠原梵 年々去来の花 皿
教職に検診きびし風邪ごこち 木村蕪城 寒泉
方丈の風邪嗄れたまふ一偈かな 阿波野青畝
旅にして風邪愁ひなる炉に寄りて 村山故郷
日のあたるところに出でて風邪癒えず 山口誓子
早春の風邪や煎薬とつおいつ 飯田蛇笏 山廬集
明太子騙しだましの風邪癒えて 藤田湘子
昼の雨見てゐるや風邪引き佗びて 日野草城
昼を少し椅子に眠りぬ風邪長き 岡本眸
曇天の母屋に風邪の老婆かな 廣瀬直人
最上川難所にて風邪引きにけり 佐藤鬼房
朝澄みてさくらみしとき風邪わする 高屋窓秋
朝餉ひそと風邪の子にへだたりて 大野林火 海門 昭和七年以前
末子が横目で話しにくるよ風邪床へ 中村草田男
朱欒割る手力惜み風邪心地 水原秋櫻子 残鐘
松籟やたかだか風邪の仰臥食 斎藤玄 狩眼
枕もとにぎやかにして風邪に臥す 右城暮石 上下
枝卸すを窓高く見て風邪に臥す 松崎鉄之介
柚子ひとつ描きて疲る風邪のあと 水原秋櫻子 残鐘
栗青しすこし風邪気の少年に 飯田龍太
桐さやぎ梅雨の洟風邪げに佗し 日野草城
梨焼て風邪平らげん丸かぶり 三宅嘯山
椅子の脚黒し風邪寝の枕上ミ 岡本眸
検温器腋の風邪熱あつめ著し 篠原梵 年々去来の花 皿
樺色の頬紅風邪の夕イピスト 山口誓子
機械油で硬ばる工衣風邪の悪寒 津田清子 礼拝
正直の頭に風邪の熱やどる 上田五千石『琥珀』補遺
歯のいたみ衰へ風邪も快く 杉田久女
死にもしないで風邪ひいてゐる 尾崎放哉 小豆島時代
残雪に木櫛拾うて風邪気なり 橋閒石 卯
気づきたるとき遅かりし風邪を引く 右城暮石 句集外 昭和五十二年
気力あるときにも風邪を引くことも 稲畑汀子
水の面に雛を浮かべしよりの風邪 桂信子 花影
水仙の影卓に落ち風邪ごこち 古沢太穂 古沢太穂句集
水仙売りの髪のかはきの風邪気なる 大野林火 冬青集 雨夜抄
沙漠風邪惹いて寝釈迦に似たりけり 加藤秋邨
波郷忌の風邪を貰つて戻りけり 山田みづえ 手甲
波郷忌や波郷先生風邪引くな 藤田湘子
泣きやすき娘子となりぬ風邪の妻 上村占魚 球磨
洗面の湯気の中なる風邪心地 岡本眸
洟風邪のたわやめの掌の青蜜柑 日野草城
流寓の家を夢みる風邪にねて 百合山羽公 故園
流感の指より垂らす銀鎖 橋閒石 無刻
流感や医院の額の巴里の画 村山故郷
流感や萱山に夜々しるき星 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
流感期ガソリン車黄に疾駆せり 伊丹三樹彦
流氷を待ち風邪人となりゆけり 斎藤玄 狩眼
流行風邪わが家に迫る目に見えて 百合山羽公 故園
消えやらぬ風邪伸びそめし蕗の薹 相生垣瓜人 明治草抄
温もるは汚るるに似て風邪ごもり 岡本眸
湖痩せて風邪の子荒き呼吸なせり 角川源義
満月に戻りし夜より風邪ひきぬ 村山故郷
潔く引くべき風邪は引くべかり 相生垣瓜人 明治草
灸すへし身の軽やかに風邪引かず 松崎鉄之介
炭火映ゆ子の掌妻の掌風邪ひくなよ 大野林火 早桃 太白集
熊の子の如く着せたる風邪かな 杉田久女
熱き茶を啜れり風邪に負けまいと 佐藤鬼房
父子風邪兎のたつる音に臥す 古沢太穂 三十代
牛買ひも来てをり風邪の牛を診る 右城暮石 上下
牡蠣鍋や風邪の神とも今宵限り 安住敦
猫鳴いてお多福風邪が奥にゐる 飯島晴子
獣医来て風邪の牛皆に見守らる 右城暮石 句集外 昭和三十五年
玉ねぎが白くて風邪をひいてゐる 富澤赤黄男
現代や風邪の薬も紅色に 高田風人子
甘露煮の鯊を夜毎に風邪のあと 水原秋櫻子 蘆雁
病む吾より風邪重かりしひと哀れ 山口誓子
病雁の湯に入りほとぶ風邪ごころ 角川源義
白浪に背後をみせて風邪つのる 上田五千石 田園
白湯の匂ひさしてばかりに風邪ごもり 右城暮石 声と声
白粥のいかにも白き風邪の床 鷹羽狩行
白菊や風邪の名残の小しはぶき 日野草城
白菊や風邪気の妹に濃甘酒 日野草城
百薬を貢ぎて風邪をたつとべる 上田五千石 天路
盆梅の香に明け暮れぬ風邪の前 水原秋櫻子 蘆雁
目の前に風邪のいろして蘭の花 飯田龍太
看護妻風邪に倒れて気の毒な 高浜年尾
真青な空より風邪をひきこみし 波多野爽波 鋪道の花
真青にわらび煮て風邪忘れけり 及川貞 夕焼
瞳うるみて朱唇つやゝか風邪に臥す 杉田久女
知らぬ町にて風邪ぐすり買ふ店探す 安住敦
石垣の穴に風邪の魔日暮どき 飯田龍太
石鼎忌より風邪ごゑの昔ばなし 原裕 青垣
礼厚うして風邪の神帰すべし 安住敦
秋燕や糖衣にくるむ風邪薬 古舘曹人 樹下石上
税務署に呼び出されゐつはやり風邪 村山故郷
稲の黄が眼に沁む風邪を引きにけり 右城暮石 句集外 昭和二十七年
穴を胃へ穿ちて風邪の牛治す 右城暮石 句集外 昭和三十四年
窯変のごと風邪熱の身一つ 佐藤鬼房
立春の花白うして風邪ごこち 桂信子 月光抄
等身の鏡の前に風邪ごこち 鷹羽狩行
粗食ゆゑにあはれ風邪さへながびくや 大野林火 冬雁 昭和二十二年
紅梅の一輪二輪風邪つづく 中村汀女
紅梅を仰ぎて風邪の鼻つんぼ 石田勝彦 雙杵
紅楓風邪の名残りの目を離れ 飯田龍太
紅鼻の感冒の神父と坂登る 山口誓子
素顔にて齢かくれず風邪の妻 日野草城
絲咬みつつ風邪に繕ひしあとなりき 加藤秋邨
緑濃き旅の目薬風邪ぐすり 岡本眸
縁談や巷に風邪の猛りつつ 中村草田男
美しき風邪の女人に隣せり 能村登四郎
翳りなく水流れをり風邪ごこち 岸田稚魚 筍流し
耳の垢大きくとれて風邪も去る 大野林火 月魄集 距和五十七年
耳を掻く猫の脚見て風邪惹きをり 加藤秋邨
耳鳴るや師走を寝よと賜ふ風邪 及川貞 夕焼
聞いて来し風邪とのみただ思ひゐしが 上村占魚 球磨
聞き流ししてゐたる風邪引きにけり 右城暮石 句集外 昭和五十二年
背よりわが選句のぞいて風邪の神 鷹羽狩行
背より風邪引き女にはから意気地ない 岸田稚魚 雁渡し
背走る風邪一束の稿売込めば 能村登四郎
脊より風邪引き女には空意気地ない 岸田稚魚 負け犬
脳味噌をたたらふむなり風邪の神 阿波野青畝
腹の子の風邪引くといふ霜夜かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
芙蓉咲き風邪ひく山羊の風情かな 飯田蛇笏 山響集
花いまだ三分の夕ベ風邪ひきぬ 大野林火 早桃 太白集
花八ッ手眩しみ風邪を怖るなり 大野林火 月魄集 昭和五十四年
花舗の花もつぱら白し風邪ぬけず 橋閒石 朱明
苺積んで馬車が空来る風邪寝の子 野見山朱鳥 運命
菊なます風邪の夕餉を床のうヘ 及川貞 夕焼
落日を真つ向にせし風邪心地 岡本眸
葱の香がして風邪癒ゆる青畳 加藤秋邨
葱汁に妻も風邪人嘆かへる 斎藤玄 狩眼
蓮の実は褐色の弾(たま)風邪きざす 佐藤鬼房
薪水に風邪妻の手のさやかなる 飯田蛇笏 白嶽
薬屋が嘸む風邪薬胸濡らす 草間時彦 中年
藤男の死塵舞ふ花に風邪の息(二月十五日) 飯田龍太
蘂包む百合流感の都心まで 津田清子 礼拝
蟹揚ぐる見ての膝より風邪兆す 石川桂郎 高蘆
血眼を風邪の神にぞ向けられし 相生垣瓜人 負暄
行人に紛れてあらむ風邪の神 相生垣瓜人 負暄
裏伊吹見しより旅の風邪癒えず 能村登四郎
訪ね来し子も風邪ひいてゐるならずや 安住敦
話ししてゐる間に風邪のこゑとなる 篠原梵 年々去来の花 雨
豆腐ありなにより風邪の箸すすむ 石川桂郎 高蘆
貧乏ゆすりしてをり風邪の兆しをり 能村登四郎
起きいでて貌の小さき風邪かな 松村蒼石 寒鶯抄
迷惑をかけまいと呑む風邪ぐすり 岡本眸
逆はず薬を飲まず風邪治す 右城暮石 天水
通夜の座にあり風邪の身をいたはられ 安住敦
逢うて風邪気のおもかげ抱き旅に出づ 大野林火 青水輪 昭和二十四年
逢ひたくて凧をみてゐる風邪ごこち 桂信子 女身
道元忌はやばやと風邪ひき了り 伊藤白潮
野の果に黄なる灯つきし馬の風邪 橋閒石 無刻
金を借りけだるき風邪の身を運ぶ 松崎鉄之介
鉛筆の赤芯削る風邪の熱 右城暮石 句集外 昭和二十七年
銀杏落葉街よごれ人の顔風邪よごれ 富安風生
鍋焼や風邪がはやれば風邪ひいて 安住敦
鏡の端に天井うつる風邪心地 岡本眸
鏡中を白髯うづむ旅の風邪 水原秋櫻子 殉教
長風邪の二人たまたま街で会ふ 細見綾子
長風邪の或る日レモンを買ひに出づ 細見綾子
長風邪の水のうまさも寒の入り 細見綾子
閨秀にかこまれてゐて風邪気なり 能村登四郎
降りて曇り風邪の鼻孔と遠爆音 古沢太穂 古沢太穂句集
雑炊の韮片よせて風邪長し 石川桂郎 高蘆
雑炊や老の風邪には薬なき 水原秋櫻子 蘆雁
雨となり海峡風邪の身に黒し 大野林火 飛花集 昭和四十六年
雪女出さうな夜の風邪心地 鈴木真砂女 紫木蓮
霧とほるたびに朱を増す風邪ごこち 飯田龍太
霧をおよぎ風邪ごゑのははよ 三橋鷹女
順調に風邪がすゝみて峠越す 右城暮石 句集外 昭和三十三年
預かりし風邪の潤眼の一歳児 佐藤鬼房
預りし風邪の潤眼の一歳児 佐藤鬼房
頬傷を癒しのやうに絲とんぼ 佐藤鬼房
風邪が身の裡を充実せしめゐき 右城暮石 句集外 昭和三十五年
風邪きざすかげの如きをユダと見て 有馬朗人 立志
風邪ぎみの眼にしかと比良・比叡 鷹羽狩行
風邪ぐすり嚥むや喪の家より戻り 安住敦
風邪ぐすり授けて医家も寝むとする 百合山羽公 故園
風邪ぐすり飲みチューリップを植ゑし 細見綾子
風邪ごこちして追憶にどつと冬 飯田龍太
風邪ごこち花合歓のこぼれたまる見て 大野林火 冬青集 雨夜抄
風邪ごもり戸を一二枚雪に残し 大野林火 冬雁 昭和二十二年
風邪ごもり日輪茫と牡丹の芽 赤尾兜子 稚年記
風邪ごもり蓬髪書きつづく身辺記 山口青邨
風邪ごもる吾に祝電又祝電 阿波野青畝
風邪ごゑのひとと別れて一位の実 飯田龍太
風邪ごゑの人の影さす白襖 飯田龍太
風邪ごゑの嫋々たるを以て応ふ 上田五千石『天路』補遺
風邪ごゑや猫に風邪ごゑなかりけり 加藤秋邨
風邪ごゑを常臥すよりも憐れまる 野澤節子 未明音
風邪だけが治りて年を越しにけり 日野草城
風邪といふ甘き憂ひに遊びをり 上田五千石『琥珀』補遺
風邪ならむ纏はり来るものあるは 相生垣瓜人 明治草抄
風邪なりや薔薇を離れて薔薇の線 加藤秋邨
風邪に寝て愛しき一日はやも過ぐ 相馬遷子 山国
風邪に居て障子の内の小春かな 尾崎放哉 大学時代
風邪に臥す遠き機銃音とぎれ 橋本多佳子
風邪のあとすこし呆けし雪間かな 能村登四郎
風邪のあと謝客宵寝の掟あり 水原秋櫻子 蘆雁
風邪のうがひして来し妻の匂ひけり 草間時彦
風邪のなすところも爾く淡々し 相生垣瓜人 微茫集
風邪のひげをのばして達者で君がお墓の前 荻原井泉水
風邪のひと多し言ひ居てわれも臥す 及川貞 榧の實
風邪の人ほつりほつりとまうすなる 日野草城
風邪の人多しユダの木のまわり 金子兜太
風邪の傘重し虹立つ沖明り 小林康治 玄霜
風邪の児に医師来診の灯をともす 飯田龍太
風邪の句の多くて選者にもうつる 能村登四郎
風邪の吾子襖閉すにも覚めみじろぐ 篠原梵 年々去来の花 皿
風邪の咳押さへんとしてそそのかす 上田五千石『天路』補遺
風邪の咳直ぐ聖堂の穹窿に昇る 山口誓子
風邪の咽喉悲鳴恫喝くりかへし 上田五千石 天路
風邪の喉いたはりゐると海の音 角川源義
風邪の喉錠剤の角なほもあり 篠原梵 年々去来の花 皿
風邪の声にてはじめての人に会ふ 山口誓子
風邪の妻きげんつくりてあはれなり 富安風生
風邪の妻ずたずた歩くわれ見上ぐ 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
風邪の妻一食もせず暮れにけり 大野林火 雪華 昭和三十七年
風邪の妻起きて厨に匙落す 山口誓子
風邪の妻遅きわが餉に侍しをるも 大野林火 青水輪 昭和二十四年
風邪の妻長びけば起き長びかす 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
風邪の婢の濡手にいらふ竃火かな 西島麦南 人音
風邪の子が留守あづかるといひくれし 中村汀女
風邪の子に屋根の雪見え雀見え 細見綾子
風邪の子に忙しく暮れし冬至かな 高野素十
風邪の子に真綿のやうな母の息 飯田龍太
風邪の子に薬のましむとおのが口あけ 安住敦
風邪の子に遠くつめたき花明り 飯田龍太
風邪の子のさびしき顔や人見知り 及川貞 夕焼
風邪の子のふところにあるこの世の香 飯田龍太
風邪の子の客よろこびて襖あく 星野立子
風邪の子の枕辺にゐてものがたり 日野草城
風邪の子の自画像の耳朶大きかり 能村登四郎
風邪の子の襤褸の袖のひかりけり 西島麦南 人音
風邪の子の部厚き絵本手放さず 右城暮石 虻峠
風邪の子の電気暗いの明るいの 上野泰
風邪の子の餅のごとくに頬豊か 飯田蛇笏 山響集
風邪の子は雲の動物園の中 平井照敏 猫町
風邪の子や団栗胡桃抽斗に 中村汀女
風邪の子や眉にのび来しひたひ髪 杉田久女
風邪の子遊びほうけてもどりけり 西島麦南 人音
風邪の季に入ればおどろの山容 飯田龍太
風邪の孫遠来の祖母は棄てらるゝ 及川貞 夕焼
風邪の届ふえきしと思ひとぢこみぬ 大野林火 早桃 太白集
風邪の師の温言胸にたたみ聴く 大野林火 早桃 太白集
風邪の床に鼻糞稿料来て穢る 石塚友二 光塵
風邪の床われに似し子を叱したり 加藤秋邨
風邪の床一本の冬木目を去らず 加藤秋邨
風邪の床夕日あたればよごれ目立つ 大野林火 早桃 太白集
風邪の手を出して鶫を握るかな 山口誓子
風邪の教師おろおろマラソン送り出す 伊藤白潮
風邪の洟かむかさかさの職場の紙 右城暮石 声と声
風邪の熱さがりてもとのみじめさに 右城暮石 声と声
風邪の熱もつれ抜けつつ縷の如し 水原秋櫻子 蘆雁
風邪の熱幻の句稿成しにけり 水原秋櫻子 蘆雁
風邪の牛ごぼごぼ減らす注射液 右城暮石 上下
風邪の牛死して夜中に運ばるゝ 右城暮石 句集外 昭和三十四年
風邪の牛死に切らざるを殺したり 右城暮石 句集外 昭和三十五年
風邪の牛殺す相談しつゝ診る 右城暮石 句集外 昭和三十四年
風邪の牛診る灯をともす長コード 右城暮石 上下
風邪の町寒の日輪白熱し 相馬遷子 雪嶺
風邪の疲れ夜の昏さにかくまへり 野澤節子 未明音
風邪の目に女来て豊かに坐せり 岸田稚魚 雁渡し
風邪の眼にかがよふ黄あり福寿草 松本たかし
風邪の眼に日向ぼつたり在りにけり 草間時彦
風邪の眼に朝日ひろがる霜畑 飯田龍太
風邪の眼に柚子黄ばみゆくしづけさよ 安住敦
風邪の眼に解きたる帯がわだかまる 橋本多佳子
風邪の眼に雪嶺ゆらぐ二月尽 相馬遷子 山国
風邪の瞳に綿菓子ふとる行人裡 角川源義
風邪の神いきなり入り来刺は通ぜず 安住敦
風邪の神ひそめるランプ油の匂ひ 原裕 青垣
風邪の神わが家に草履ぬぎて久し 上村占魚 球磨
風邪の神去る日の小雪ちらつかす 安住敦
風邪の神打たばやと豆炒らせけり 石川桂郎 高蘆
風邪の神月の輪を出て花こぶし 飯田龍太
風邪の神村の十字路行き惑ひ 廣瀬直人
風邪の神馴々しげに寄り来る 相生垣瓜人 負暄
風邪の窓孤雲真向きに遠ざかる 中村草田男
風邪の老微苦笑女医先生に甘え 山口青邨
風邪の背に夕映の刻迫りをり 野澤節子 未明音
風邪の舌はかなし味を忘れけり 日野草城
風邪の衿白きをあはす逢はんとて 桂信子 月光抄
風邪の身に夜はこまごまと影ある部屋 大野林火 青水輪 昭和二十五年
風邪の身に来て海峡に波詰る 大野林火 飛花集 昭和四十六年
風邪の身に漢薬麝香しみにけり 橋本多佳子
風邪の身に疲れ加はる憎しめば 野澤節子 未明音
風邪の身に葬相次いで二月去る 飯田龍太
風邪の身に運河渡れば坂が立つ 野澤節子 存身
風邪の身の大和に深く入りにけり 波多野爽波
風邪の身の足につめたき水かかる 山口誓子
風邪の身の足元の砂削ぎ取らる 津田清子 礼拝
風邪の身を他郷の山の影に入れ 山口誓子
風邪の身を夜の往診に引きおこす 相馬遷子 山国
風邪の髪解けざるところ解かず巻く 橋本多佳子
風邪の鬱まだ抜けきらず煮え油 山口誓子
風邪の鼻くすぐつてをり朱欒の香 森澄雄
風邪の鼻捧げて一日了へにける 林翔 和紙
風邪の鼻片方通り西日透く 大野林火 青水輪 昭和二十五年
風邪はじめ大きな月を見し夜なり 加藤秋邨
風邪はやるどうにでもなる齢なり 桂信子 草影
風邪ひいて目も鼻もなきくさめかな 村上鬼城
風邪ひいて荒ひげたけぬ十二月 日野草城
風邪ひいて葛ねつて喰ふ初冬かな 細見綾子
風邪ひいて鵯のこゑより雀の茶 森澄雄
風邪ひかぬまじなひの句を返しかな 河東碧梧桐
風邪ひかぬ妙法の声や御命講 巣兆 曾波可里
風邪ひかぬ御法の声や御命講 建部巣兆
風邪ひき猫と棄て犬の母がおれの妻 平井照敏 天上大風
風邪をうつして子を持ちし娘に叱られゐる 加藤秋邨
風邪をもてなしてゐるにはあらねども 後藤比奈夫
風邪を冒して来し高原の林かな 村山故郷
風邪を引いてお経あげずに居ればしんかん 尾崎放哉 小豆島時代
風邪を引き馬は食べゐし藁に寝る 山口誓子
風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半 底紅
風邪を引く寸前と云ふ時ならむ 相生垣瓜人 明治草
風邪三日つくづくと手を見ることあり 加藤秋邨
風邪下火地下水さはに水を揚ぐ 能村登四郎
風邪二日咳次ぎかめる洟一斗 石塚友二 光塵
風邪人たつきの市塵浴びもどる 西島麦南 人音
風邪人に夜々の月影まさりけり 西島麦南 人音
風邪人に渺々と澄む日空かな 西島麦南 人音
風邪力士拳に咳しかなしけれ 石田波郷
風邪十日死ぬるを思ふいとまあり 斎藤玄 狩眼
風邪呆の隣の梅は咲きにけり 山口青邨
風邪呆子等の手をひき野の径に 山口青邨
風邪喉に飴の一粒磯つたふ 角川源義
風邪声が我を呼びとむ雑草地 橋閒石 無刻
風邪声とおもう泉の湧く音を 金子兜太
風邪声に励むと妻を経て聞けり 大野林火 雪華 昭和三十八年
風邪声に妻呼ぶ遠き人のごとし 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
風邪声のふとなまめくに似たりけり 能村登四郎
風邪声の僧と並びて青野行く 廣瀬直人
風邪妻の咀嚼なかばの眼のあそび 能村登四郎
風邪寝して妻よりも子に憐れまる 伊丹三樹彦
風邪寝の妻十日を経れば父子汚る 古沢太穂 古沢太穂句集
風邪寝の母 テレビ明りのほかは消して 伊丹三樹彦
風邪寝の部屋子が来て帰るとき覗く 安住敦
風邪寝二日二日といふ日もう還らず 能村登四郎
風邪床にぬくもりにける指輪かな 中村汀女
風邪床に晝を眼開けて未婚なり 右城暮石 句集外 昭和二十五年
風邪引いてゐるやさしさを身籠りて 上田五千石『琥珀』補遺
風邪引いてをり薫風をうとみけり 日野草城
風邪引いて炬燵を愛す新緑裡 日野草城
風邪引かず巌の如身を引きしめて 松崎鉄之介
風邪引きしま白き胸の乳与ふ 山口誓子
風邪引きし我が拙さの厭はるる 相生垣瓜人 明治草
風邪引きし若き母より乳を吸ふ 山口誓子
風邪引きて力は脂の間洩る 山口誓子
風邪引きぬ僅かに隙のありしなり 相生垣瓜人 明治草
風邪引さて旬日声のうるむかな 松崎鉄之介
風邪引の夜著打ちかぶり鮟鱇汁 正岡子規 鮟鱇
風邪患者金を拂へば即他人 相馬遷子 雪嶺
風邪惹きの猫の寝息のかなしけれ 加藤秋邨
風邪惹くか薔薇はいよいよ紅くなる 加藤秋邨
風邪抜けてすぐに教師の大きな声 廣瀬直人
風邪故の早寝とおのれ言ひ聞かす 能村登四郎
風邪気の葛湯の寒晒しの葛の白さで 荻原井泉水
風邪気味といふ曖昧の中にをり 能村登四郎
風邪気味のこの夜のちひさき鮓のひかり 中川一碧樓
風邪気味の三日は風邪と決りたり 石塚友二 磊[カイ]集
風邪気味の背に朝よりの日のぬくみ 原石鼎 花影以後
風邪気味や部屋より先に道灯る 岡本眸
風邪気押し歩くや硬き舗道ばかり 伊丹三樹彦
風邪治すためとてすべてなほざりに 右城暮石 一芸
風邪流行る古き機町額縁(がく)に籠り 金子兜太
風邪熱にもえ酒にもえ我を難ず 松本たかし
風邪熱に燃えてきほへる主かな 上村占魚 球磨
風邪熱の乳児の額に額当つ 山口誓子
風邪熱の冷めて夜深し水仙花 松本たかし
風邪熱の子のゆめあたまを撫でて去らしむ 篠原梵 年々去来の花 雨
風邪熱の恋慕の如き刻も過ぐ 上田五千石 琥珀
風邪熱の身ぬち走れり馬鹿話 能村登四郎
風邪熱の駘蕩たるに身をまかす 上田五千石『天路』補遺
風邪熱やゴビの手帳にゴビの沙 加藤秋邨
風邪癒えし幼なと海を見に来り 山口誓子
風邪癒えず山の葉桜黒がちに 佐藤鬼房
風邪癒えず月蒼き夜のつゞきたり 山口誓子
風邪癒えつつ視線鋭く川を越す 廣瀬直人 帰路
風邪癒えてきたる目もととなつてきし 清崎敏郎
風邪癒えてつめたき空気吸ふまでに 山口誓子
風邪癒えて梅ほころびぬ人来る 松本たかし
風邪癒えて沈丁の香の戻り来る 相生垣瓜人 明治草
風邪癒えぬ身の盛装を凝らしたり 山口誓子
風邪癒ゆる上り框が理髪椅子 石川桂郎 高蘆
風邪瞼熱くて人を拒みけり 能村登四郎
風邪神のわかれのこゑす雪解川 飯田龍太
風邪窶れして美しき尼の君 飯田蛇笏 山響集
風邪籠りをとめつばきの咲きそめぬ 松村蒼石 寒鶯抄
風邪籠り留守居のごとし箸茶碗 石川桂郎 高蘆
風邪臥しの夢小刻みに小刻みに 伊丹三樹彦
風邪臥しの背骨の 疼く 草城忌 伊丹三樹彦
風邪薬ならずルルてふ仔犬の名 石塚友二 玉縄以後
風邪薬のむいとまなく午過ぎぬ 加藤秋邨
風邪薬一服飲んで鍵かけて 鈴木真砂女 紫木蓮
風邪薬夜半に賜ひていたはる人 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
風邪薬服する妻よお前もか 林翔 和紙
風邪衾かすかに重し吾子が踏む 能村登四郎
風邪見舞のみなよく泳ぐ金魚かな 渡邊水巴 白日
風邪負へば雪卸す声罵詈に似る 大野林火 雪華 昭和三十七年
風邪重くなる大根の尻切つて 秋元不死男
風邪重し蕾む桜に囲まれゐて 佐藤鬼房
風邪重し襖開けずに誰か顕つ 山口誓子
風邪除けの火に掌を温む追儺かな 角川源義
風邪髪の櫛をきらへり人嫌ふ 橋本多佳子
食塩をすくふ風邪気の匙の尖 野澤節子 未明音
飲食や風邪の目鼻を以てして 相生垣瓜人 明治草
餓(かつ)ゑゐて風邪らし社頭の藪柑子 佐藤鬼房
香料のえならぬ風邪の夕イピスト 山口誓子
鬚は龍の鬚、正月風邪ひいている 荻原井泉水
鳥影の中の屑散る風邪衾 斎藤玄 狩眼
鷺少し汚れて風邪がはやりだす 廣瀬直人
黒く太き丹前の衿風邪ごこち 岡本眸
黒板の面積へ風邪の顔を対す 橋閒石 無刻
黝(かぐろ)い湾の燈にくまどられ風邪重し 佐藤鬼房

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 06:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37
空蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:25
蝉の穴 の俳句
at 2017-08-17 12:23

外部リンク

記事ランキング