咳 の俳句

咳 の俳句

咳 の例句


咳 補遺

「咳をしても一人」くしやみしてもまた 上田五千石 琥珀
「委細はこれにて」と奥より咳払ひ 鷹羽狩行
あかあかと雛栄ゆれども咳地獄 石田波郷
いつか父似 墓の裏での咳払い 伊丹三樹彦
うしみつにわが咳き入りて妻子覚む 日野草城
うすずみの襖へだてて父の咳 鷹羽狩行
うすらひにしはぶきかろくおとしけり 草間時彦 櫻山
かげろふや歩き出すとき軽く咳 岡本眸
ががんぼやどれも翳もつ咳の後 角川源義
こぼしゆくもの足音と咳と 後藤比奈夫
さびしさや咳を見かえる大き部屋 古沢太穂 三十代
しはぶきの身近かに木瓜のこぼれけり 角川源義
しはぶきの野中に消ゆる時雨かな 角川源義
しはぶきの霧にひびかひ杣居たる 木村蕪城 一位
しはぶくや一炉が蔵の胎内に 秋元不死男
しはぶくや枳殻の棘に雪あそぶ 橋閒石 朱明
そこここに虚子嫌ひゐて咳払ひ 鷹羽狩行
そと咳くも且つ脱落す身の組織 川端茅舎
そと殺す聲咳の程虔しく 川端茅舎
たまの映画蜜の如し咳殺しつつ 中村草田男
つられ咳して気まづさの車中かな 能村登四郎
てのひらに波黒く立つ亡父の咳 橋閒石 風景
とかうして咳おさまりぬ小夜時雨 日野草城
とめどなく咳する月明犬走らせ 金子兜太
なべて憂し陽だまりに咳く小鳥ども 楠本憲吉 隠花植物
はつあきの水に落せし咳ひとつ 鷲谷七菜子 銃身
ひそかなるわがしはぶきや颱風裡 日野草城
ひとなかに咳してゐたる己れかな 草間時彦 櫻山
ひとり身の寝の温もれば咳やまず 岡本眸
ひと充ちて一咳もなしチャペルの葬 伊丹三樹彦
ふところ手してありありと咳窶れ 能村登四郎
ふるさとはひとりの咳のあとの闇 飯田龍太
めつむりてゐたまふ咳もたかからず 加藤秋邨
ゆく人の咳落しゆくを追ふて咳く 岸田稚魚 負け犬
わが咳がたたしめし冬の蝶は舞ふ 加藤秋邨
わが咳くも谺ばかりの気安さよ 川端茅舎
わが咳にくづるる薔薇と見入りけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
わが咳に和し咳く友のひとり児よ 右城暮石 句集外 昭和三十二年
わが咳に応ふる遠き水の面 富安風生
わが咳や塔の五重をとびこゆる 川端茅舎
われは咳きマリアンは息ながく歌ふ 日野草城
われ咳す故に我あり夜半の雪 日野草城
をさな子が咳す焚火の穂に向ひ 山口誓子
をみなには咳の美学のありにけり 林翔
コンと咳 コンコンと咳 彼岸花 伊丹三樹彦
ドアに出された靴ら 未明を咳く部屋のも 伊丹三樹彦
ハンケチにはげしき咳のぬくみかな 篠原梵 年々去来の花 皿
ブレッソン展咳宥めればなほ激し 山田みづえ 手甲
マラソン咳込む白き路傍と一灯迫り 赤尾兜子 蛇
ランドセル咳込む吾子の背に重く 稲畑汀子
七夕の翌ともなりし咳いづる 野澤節子 未明音
万愚節いつはりならず咳き入りて 日野草城
不意に出る咳狼狽のこゝろかな 野見山朱鳥 曼珠沙華
丑満の雪に覚めゐて咳殺す 臼田亜郎 定本亜浪句集
世辞ここだ咳くことも又多し 香西照雄 対話
久闊の語尾咳となる夜の駅 岡本眸
予期せぬ咳一つ 流人の井戸覗き 伊丹三樹彦
五重の塔の下に来りて咳き入りぬ 川端茅舎
交響曲楽士も咳をこらへゐし(N響「第九」二句) 鷹羽狩行
人間が居りて咳する芽木の中 右城暮石 上下
佐保姫のやさしき咳か風の音 林翔
佐渡に向き咳こんこんと千鳥に似て 岸田稚魚 負け犬
健康な人の咳とぞ思ふ 後藤比奈夫
入日の冷え家のそこここ母の咳 大野林火 青水輪 昭和二十六年
冬ごもり咳にこもるとおなじかな 大野林火 方円集 昭和五十一年
冬凪を家一ぱいにして咳す 右城暮石 句集外 昭和二十四年
初咳といへばめでたくきこえけり 日野草城
初霜やひとりの咳はおのれ聴く 日野草城
労咳に眉生えつゞく暑さかな 石橋秀野
労咳の姉の臥床や星祭 日野草城
労咳の宝くじ買ふことをやめず 日野草城
医師われ癒らぬ風邪に咳つづく 水原秋櫻子 蘆刈
南郷庵(みなんごあん)咳するだけの放哉なり 金子兜太
厭人の果ての祷りも咳混り 中村草田男
咳(しはぶ)きて神父女人のごと優し 西東三鬼
咳かすかかすか喀血とくとくと 川端茅舎
咳がまた出さうな月の座をはづす 岡本眸
咳がやまない背中をたたく手がない 種田山頭火 草木塔
咳が出て咳が出て羽毛毟りゐる 橋本多佳子
咳きいでて夜半の時雨を遠くしぬ 林翔 和紙
咳きこみしあとの双手の遣り場なし 岡本眸
咳きこみしあとの湖水のひろかりき 鷲谷七菜子 一盞
咳きこみて閻魔の前を忘れけり 下村槐太 天涯
咳きこんで秩父忌ちかきある夜かな 大野林火 雪華 昭和四十年
咳きこんで耳朶の熱しや赤と黒 佐藤鬼房
咳きし人の齢を思ひけり 後藤比奈夫
咳きつのる目を日輪のゆきもどり 加藤秋邨
咳きて金剛石を吐かんとす 上野泰
咳きて飛石ひろひ来つつあり 下村槐太 天涯
咳きながらポストヘ今日も林行く 川端茅舎
咳き入りし泪のままに子が遊ぶ 中村汀女
咳き入りて冬夜灯明り極はまりぬ 右城暮石 句集外 昭和十八年
咳き入りて身のぬくもりし夜寒かな 日野草城
咳き入るや涙にくもるシクラメン 臼田亜浪 旅人 抄
咳き入るや父に肖しひびき咳を過ぎれり 篠原梵 年々去来の花 皿
咳き咳きて暗き手帳に記すもの 右城暮石 句集外 昭和二十二年
咳き咳きて角なき牛と思ひけり 佐藤鬼房
咳き咳けば胸中の球悲しぶも 石田波郷
咳き果てて虹追ふ翼われになし 鷲谷七菜子 黄炎
咳き臥すや女の膝の聳えをり 石田波郷
咳き込みて顔ゆがみしと思ふほど 高浜年尾
咳き込むやこれが持薬のみすず飴 水原秋櫻子 蘆雁
咳き込めば夜半の松籟又乱れ 川端茅舎
咳き込めば我火の玉のごとくなり 川端茅舎
咳き込めば谺返しや杉襖 川端茅舎
咳き込めば響き渡れる伽藍かな 川端茅舎
咳き込んで あかつき憎む 風邪正月 伊丹三樹彦
咳き連るる閻魔の前の暗きところ 石田勝彦 雙杵
咳くがごとくなれども成木責 加藤秋邨
咳くごとく吠ゆる弱犬草の冷 中村草田男
咳くたびに肺臓かなしうかび出づ 篠原梵 年々去来の花 皿
咳くと胸の辺に月こぼれきぬ 角川源義
咳くや吹きつけられて枯木に星 上田五千石『田園』補遺
咳くや星のうつれる町の川 山口誓子
咳くや稿一枚を擲ちて 上田五千石『風景』補遺
咳くヒポクリト・ベートーヴェンのひびく朝 中村草田男
咳く人に電光ニュース走りをり 阿波野青畝
咳く人のはたまた主祷とちりけり 阿波野青畝
咳く力ありてなほ生く寒卵 鷹羽狩行
咳く息に炉火飛びついて燃えにけり 野見山朱鳥 曼珠沙華
咳ぐすり耐らず咳が吹きとばす 岸田稚魚 負け犬
咳けば 枯木の天も咳けり 富澤赤黄男
咳けば土管の中にマッチの火 石川桂郎 含羞
咳けば月光の濃くなりにけり 草間時彦 櫻山
咳けば渦巻く伝治の烏斑雪の陽 佐藤鬼房
咳けば目に曼珠沙華来てそこに燃え 加藤秋邨
咳けば目の真向に木々の罅 赤尾兜子 蛇
咳けば眼に野のごと枯るる蟷螂よ 角川源義
咳けば脾腹が痛し何の風邪 石塚友二 光塵
咳けば襁褓の彼方星冴えぬ 佐藤鬼房
咳けば青僧良寛応へんや 角川源義
咳こぼすいぬふぐりの瞳そちこちに 山口青邨
咳こらへこらへてこらへ切れざりし 右城暮石 天水
咳ごもる毬つきの唄激雷雨 佐藤鬼房
咳さそふ志賀のさざなみ沖もここも 大野林火 雪華 昭和三十八年
咳しつつ出島新地の橋赤し 山田みづえ まるめろ
咳しつつ嘘と真実と弁別す 岸田稚魚 雁渡し
咳しつつ嘘と真実と辨別す 岸田稚魚 負け犬
咳しつつ歩きくる子や稲埃 高野素十
咳しつつ炭つぎゐしもしんとしぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
咳しつつ遠賀(をが)の蘆原旅ゆけり 橋本多佳子
咳しては毘盧遮那仏を仰ぎおり 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
咳しぶき払ふ手すでに遅れけり 阿波野青畝
咳すればとめどなく咳き鳥渡る 橋閒石 雪
咳すれば寒すずめ身をほそう空へ 大野林火 海門 昭和七年以前
咳すれば暮るゝ景色の鮮明に 山口誓子
咳すれば書架の背文字のみなまたたく 大野林火 早桃 太白集
咳すれば海のポンポン船過ぐる 右城暮石 句集外 昭和二十四年
咳すれば身の在り所虚空の中 細見綾子
咳たまたま 子規草城の系譜の端 伊丹三樹彦
咳とばす師弟長命寺裏枯れたり 小林康治 玄霜
咳とんで軒の雀を射ち落す 岸田稚魚 負け犬
咳なき日霞の国にゐるごとし 大野林火 月魄集 昭和五十六年
咳にくるしむ夜長の灯豆の如し 正岡子規 夜長
咳につれ出でし涙の震へをり 林翔
咳に伴れぽぽぽぽと出る屁のあはれ 大野林火 月魄集 昭和五十五年
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄炎
咳に覚め日吉館てふ夜寒宿 能村登四郎
咳のあとうつせみの息ほうと吐く 能村登四郎
咳のあとわが眼に妻も子も寒し 大野林火 青水輪 昭和二十六年
咳のあと墓地の如くに静かなり 野見山朱鳥 曼珠沙華
咳のこる不安夕日にまむかへず 大野林火 青水輪 昭和二十三年
咳の出る年寄ひとり藁仕事 後藤比奈夫
咳の反響わうんわうんと坑の底 加藤秋邨
咳の夜の壁穿つ余寒かな 石塚友二 光塵
咳の夜や寒牡丹はるかに散るらむ 日野草城
咳の子のうるみし瞳我を見る 星野立子
咳の子のなぞなぞあそびきりもなや 中村汀女
咳の子の咳すぐひびく夜の障子 中村汀女
咳の子守る扁平な家雁渡る 細見綾子
咳の底楸邨は旅に在りと思ふ 石田波郷
咳の後きらりと妻の泪眼よ 能村登四郎
咳の後発しておのが声ならず 能村登四郎
咳の痰切れては吾子のあはれまた嚥む 篠原梵 年々去来の花 皿
咳の痰翼ひろげてひつかゝり 野見山朱鳥 曼珠沙華
咳の神痰の神いますずかぜに 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
咳の苦をのがれ遺骸の母動かぬ 松崎鉄之介
咳はげし畳の蟻も足はやむ 山口誓子
咳ひとつ壺のくらがり駈けめぐり 加藤秋邨
咳ひびく旧要塞の煉瓦室 右城暮石 句集外 昭和四十七年
咳ひびく畦より細き水流れ 廣瀬直人
咳もれて夜は新臼に罅はしる 能村登四郎
咳やまぬ夜のはたてに泥絵の朱 佐藤鬼房
咳やみて寒夜ふたたび沈みけり 日野草城
咳やめば息わだかまる夜具の襟 岡本眸
咳よりも咳の谺のさびしさよ 林翔 和紙
咳をしてなかなか言はず咳して待つ 加藤秋邨
咳をしてひよどりを驚ろかす 細見綾子
咳をしても一人 尾崎放哉 小豆島時代
咳をしてをれば猫きて嚏せり 加藤秋邨
咳をして後のしらけし桜時 能村登四郎
咳をして月かげけむる霜夜かな 日野草城
咳をして窪地出てきし男あり 大野林火 青水輪 昭和二十五年
咳をして言ひ途切れたるまゝの事 細見綾子 冬薔薇
咳をしながら雪吊の下通る 廣瀬直人
咳をする母を見上げてゐる子かな 中村汀女
咳をもてわれら納棺の母囲む 山田みづえ 草譜
咳を堰く襖みるみる破れゆく 岸田稚魚 負け犬
咳を雲水ぶりに落し去る 後藤比奈夫
咳一つ 以前の 以後の 庭・石・苔 伊丹三樹彦
咳一つのみこんでより阿弥陀経 阿波野青畝
咳一つ佛にひびき堂の中 森澄雄
咳一家寒月に家縛されて 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
咳了へてほのかに来たる人の息 能村登四郎
咳入るや涙にくもるシクラメン 臼田亜郎 定本亜浪句集
咳呼んで牀頭月のさし来り 臼田亜郎 定本亜浪句集
咳喰虫あらば飼ひたし冬籠り 林翔
咳地獄抜けて凡なる日が戻る 野澤節子 八朶集以後
咳堪ゆる腹力なしそゞろ寒 杉田久女
咳怺ふ顔口過ぎの錠作り 佐藤鬼房
咳我をはなれて森をかけめぐる 川端茅舎
咳暑し四十なれども好々爺 川端茅舎
咳暑し時の向うに星ともり 鷲谷七菜子 黄炎
咳暑し茅舎小便又漏らす 川端茅舎
咳止めと鰭酒いづれすすむべき 後藤比奈夫
咳止めば我ぬけがらのごとくなり 川端茅舎
咳止んでわれ洞然とありにけり 川端茅舎
咳殺し落莫たりき波郷以後 能村登四郎
咳殺す父の脳天 祝婚歌 伊丹三樹彦
咳湧けば咳唱はせつ墓の間 岸田稚魚 負け犬
咳痛の 夜の放れゆく 初桜 伊丹三樹彦
咳発す胸中に磊塊存し 日野草城
咳神の老いの跼みや*たら芽吹く能村登四郎
咳終へて遥かな国に来し思ひ 大野林火 月魄集 昭和五十四年
咳苦し朧よし寝もねらめやも 川端茅舎
咳訴へ老人ですからと云はれ帰る 大野林火 方円集 昭和五十二年
咳込むや汗と泪に顔濡らし 大野林火 青水輪 昭和二十三年
咳込む日輪くらむ 尾崎放哉 小豆島時代
咳込めば山茶花の白宙に舞ふ 中村苑子
咳込めば跼むばかりに島千鳥 岸田稚魚 負け犬
咳込める母よ吾が身がせめられ居り 松崎鉄之介
咳長し夜光時計の進まざる 阿波野青畝
咳響きすぎる 歌舞団の壁鏡 伊丹三樹彦
咳響く尻に両手の頬かむり 野見山朱鳥 曼珠沙華
囚徒三百礼し顔あぐ咳二三 能村登四郎
四人の婢みな風邪の咳こもごもに 高野素十
基督に似たる司祭の咳きにけり 阿波野青畝
堅雪かげりやすく咳き咳く踏切番 佐藤鬼房
墓の寂びざまは と 独語してから 咳 伊丹三樹彦
声高になるを咳よりおそれつつ 石川桂郎 含羞
夕ベ冴ゆ病秩父の咳聞ゆかに 大野林火 雪華 昭和三十八年
夕風にしはぶき拾ふ落穂かな 西島麦南 人音
夜も仕事咳込めば母にいたはられ 松崎鉄之介
夜を咳けば昼はねむりつ菊日和 水原秋櫻子 霜林
夜を徹しゐる子の咳と父の咳 上田五千石 風景
夜仕事に籠る合図の咳ひとつ 上田五千石 琥珀
夜半の咳おのれは知らず菊日和 水原秋櫻子 餘生
夜深さに咳して後の餓ゑ渇き 能村登四郎
夜陰咳はげし満樹の露こぼる 日野草城
夜霜もつとも激しき時が咳の刻 能村登四郎
大木の中咳きながら抜けて行く 川端茅舎
夫の咳わが身にひゞき落葉ふる 桂信子 月光抄
女人咳きわれ咳きつれてゆかりなし 下村槐太 天涯
妻の咳妻を殺めるかもしれず 雨滴集 星野麥丘人
妻の留守ひとりの咳をしつくしぬ 日野草城
妻の部屋わが部屋咳を交し合ふ 林翔
妻の風邪貰はんまでに咳少し 岸田稚魚 紅葉山
妻子らに背向きて咳は蒲団に埋む 篠原梵 年々去来の花 皿
子の咳くに真夜の家ぢゆう目をさます 篠原梵 年々去来の花 雨
子の咳の空わたり来る星の綺羅 岡本眸
子への声一語をなさず咳きに咳く 角川源義
孤児石に腰かけ咳す星の原 高屋窓秋
客よりも仲居の咳のふと哀し 後藤比奈夫
客を背に柔毛のエレベーターガール咳く 金子兜太
寂として寒夜わが咳余韻なし 日野草城
寒夜半鏗々と咳き*び々と咳く 日野草城
寒巌に師の咳一度二度ひびく 西東三鬼
寒旦の鵙さけび咳を催しぬ 日野草城
寒林を咳へうへうとかけめぐる 川端茅舎
寒雀幼き咳の咳しやむ 佐藤鬼房
寝ねし子が咳して聖夜しづもるよ 森澄雄
小屏風に人しはぶきす夕蚊遣 正岡子規 蚊遣
小照の父咳もなき夕立かな 渡邊水巴 白日
山枯れたり遥に人の咳ける 相馬遷子 山国
帰り咲く木のあり尼僧咳秘むる 臼田亜郎 定本亜浪句集
弁当のパンかはきゐて咳さそふ 篠原梵 年々去来の花 雨
待避壕にしはぶき残し火山去る 角川源義
心嶮しくなりて襖に咳を刺す 岸田稚魚 負け犬
念仏会果つ咳こぼし小豆粥 角川源義
思ふこと多ければ咳しげく出づ 日野草城
我が咳に伽藍の扇垂木撥ね 川端茅舎
我が背に咳の泡あり金鳳花 右城暮石 句集外 昭和二十二年
手向けたる三鬼の酒をもらひ咳く 右城暮石 句集外 昭和六十二年
抱き起されなほあやさんとして咳込む 岸田稚魚 雁渡し
採点遅々睡てせく咳は隣り家か 中村草田男
接吻もて映画は閉ぢぬ咳満ち満つ 石田波郷
放哉に倣ひて「咳をしても雪崩」 山口誓子
教へ児の咳せし声のそれと判る 中村草田男
文弱の咳溜めてをり喪の末席 伊丹三樹彦
断崖下夜となる村に咳くだれかが 伊丹三樹彦
旅の咳して米子郵便局の前 村山故郷
日に夜に母泣かす母の咳憎む 大野林火 青水輪 昭和二十六年
日中に咳はく牛や花葵 飯田蛇笏 山廬集
昇天の龍の如くに咳く時に 川端茅舎
時鳥しはぶき聞ゆ堂の隅 正岡子規 時鳥
普門品よみをれば咳いでざりき 川端茅舎
更けゆけば咳き入るばかり 種田山頭火 自画像 落穂集
月夜風ある一人咳して 尾崎放哉 小豆島時代
月明へとんでゆく咳見とどける 岸田稚魚 雁渡し
月越しの咳抜けにけり蓬餅 水原秋櫻子 餘生
望の月わがしはぶきも照らさるる 日野草城
朝桜電工の咳空中に 西東三鬼
朝雲は彩なせり咳もなきめざめ 日野草城
朧夜の咳まきちらす親子かな 廣瀬直人
木椅子 日ざらし 亡父の咳がどこかでする 伊丹三樹彦
木犀に ふと 父の忌の咳一つ 伊丹三樹彦
束稲山(たばしね)に日かげりおのが咳はげし 佐藤鬼房
来ては去る枯木枯木や咳の中 加藤秋邨
松とぼ~そのやうに咳せし思ふ 細見綾子
柩行く冬田ぞ咳のひびきける 加藤秋邨
柳絮とぶや夜に日に咳いてあはれなり 石橋秀野
梅を愛づ父ならむしはぶき庭に 伊丹三樹彦
梅林にしはぶき落しつつ行けり 細見綾子
梅雨冷えの山気まみれの咳の神 鷲谷七菜子 天鼓
梅雨寒の咳に応へず南郷庵 松崎鉄之介
梅雨晴れを夢と見てゐし咳出でぬ 岸田稚魚 紅葉山
極月の星ある水に咳落とす 橋閒石 朱明
橙や大川端に咳の神 古舘曹人 樹下石上
櫟葉はかたくなに我が咳もまた 右城暮石 句集外 昭和二十二年
死の覚悟ありさうになし落葉焚 佐藤鬼房
母の咳妻の歯ぎしり寒夜の底 香西照雄 対話
母の咳道にても聞え悲します 大野林火 青水輪 昭和二十六年
母咳きて風吹く夜は冬に似る 大野林火 青水輪 昭和二十六年
氷食べしあとの薄咳せし吾なり 中村草田男
河隔て人は咳する朝日かな 林翔
泉川いとけなき咳こんこんと 山口誓子
法要の妻の咳きうしろより 上野泰
洗面に咳くや後ろの井戸響く 野見山朱鳥 曼珠沙華
浅夜より遠谺なす母の咳 能村登四郎
浜木綿落つたかし咳く如くあり 角川源義
海へ 海へ と さむき 人の咳 富澤赤黄男
涅槃図をさびしくしたる僧の咳 能村登四郎
深更の一咳萩に月高し 日野草城
深沈たる寒夜鶏鳴すわれ咳す 日野草城
濤に激す咳の声音の汝れに似つ 岸田稚魚 負け犬
火の咳を夜雲たかぶる辺へ放つ 伊藤白潮
火の玉の如くに咳きて隠れ栖む 川端茅舎
火葬窯 バターンと閉ざされてからの 咳 伊丹三樹彦
父の齢父の咳わが咳のなかにある 篠原梵 年々去来の花 中空
父咳けば深夜日本の家かなし 野澤節子 未明音
牛の咳すべてあたりの青き中 右城暮石 声と声
牧の香に噎せて咳してあたたかし 岡本眸
理髪師のマスク越しなる咳貰ふ 林翔
琉舞はね咳こぼしゆく桜坂 角川源義
瓦礫なか麦の芽生えて咳きこゆ 臼田亜郎 定本亜浪句集
生きてまた年を迎へぬ咳溢る 日野草城
画家の犬咳して青き朴の蔭 右城暮石 声と声
病家族咳きあふこゑは屋に満つも 石田波郷
痩せていた咳していたとリラに憶う 金子兜太
痰を切るわざとの咳が腰ひびく 篠原梵 年々去来の花 中空
癆咳の娘がレース編む緑雨かな 西島麦南 人音
癆咳の娘が露いとふ花壇かな 西島麦南 人音
白き藤房に夜が明け咳やまず 佐藤鬼房
白靴の淡き光に咳くひとり 赤尾兜子 稚年記
百姓の渋きしはぶき夕顔棚 細見綾子
硝子戸に星満ちて咳ゆるびをり 鷲谷七菜子 黄炎
磔の釘打つ如く咳きはじむ 野見山朱鳥 曼珠沙華
祝婚やミモザのもとに咳こぼし 石田波郷
祷ること知らず切支丹展に空咳 上田五千石『田園』補遺
福寿草 父似の咳の否応なく 伊丹三樹彦
空咳せしあと咳込みぬ総彦忌 岸田稚魚 筍流し
空咳に 食道ひびく 蒲の絮 伊丹三樹彦
突撃の立ちどまり咳をせり倒る 渡邊白泉
窓開けし人咳きぬ畑の霜 松本たかし
立てる子の咳をかぶりぬこの子いとし 山口誓子
竹林の日すぢに懸かる父の咳 飯島晴子
終ひ弁天暗きに咳をこぼしけり 安住敦
終生主義者病み咳く未知の信濃も恋ひ 中村草田男
綿虫や墓の茅舎は咳を絶ち 上田五千石『琥珀』補遺
老たちや苗代寒の咳をして 中村汀女
老の咳しばし満座を領しけり 香西照雄 素心
老林火咳止め飴を離さずに 大野林火 月魄集 昭和五十四年
聖水をつまんでからの 靴音 咳 伊丹三樹彦
胸いたき咳出てかなし更衣 村山故郷
胸奥に咳の源 座禅草 伊丹三樹彦
胸深く籠りし如く老の咳 高浜年尾
能なしのあはれは咳を訴へぬ 大野林火 月魄集 距和五十七年
船底天井わが咳の還り来る 鷹羽狩行
花時も天上天下唯我咳く 野見山朱鳥 曼珠沙華
花柘榴咳くゆゑひとに逢はぬなり 大野林火 冬雁 昭和二十二年
草芳しもつともあそぶ咳する子 中村汀女
荒磯のしぶきのごとく咳きにけり 阿波野青畝
菊咲きし川畑咳をして通る 山口誓子
菌生ゆげほんげほんと犬の咳 秋元不死男
萌草のみどり目に沁み咳き入りぬ 日野草城
薄咳をして炎天を通りけり 大野林火 青水輪 昭和二十六年
虔ましく咳き込むといふこと出来ず 後藤比奈夫
蛸壺を見る一片の咳入れて 秋元不死男
蜑が家の咳も露けくなりにけり 山口誓子
蜑も臥て咳き入る声す臥て聞けば 山口誓子
蜜柑の皮をむいて咳いてしまつた 尾崎放哉 小豆島時代
蝋涙やたたかうごとく彼我の咳 楠本憲吉 孤客
蟹のすむ崖を通れり咳しつゝ 山口誓子
裸木の朴に手をあて咳きいだす 佐藤鬼房
覚醒剤禍の張りなき胸が咳もらす 能村登四郎
観楓のしはぶきこぼす酒盞かな 西島麦南 人音
詩は無償胸絞り揺る咳も久し 香西照雄 対話
誘い咳 誘われ咳も 仏の前 伊丹三樹彦
説き得ざりしか講半にて咳をききし 能村登四郎
誰か咳きわがゆく闇の奥をゆく 篠原梵 年々去来の花 雨
讃美歌の余韻咳なほ堪へてをり 津田清子 礼拝
赫奕として火の玉や夜半の咳 阿波野青畝
起きてゐる咳や深雪となりにけり 石橋秀野
身もて蔽ふ咳く幼児に梅雨嵐 飯田蛇笏 家郷の霧
車中へ押し込まるこらへし咳もろとも 右城暮石 句集外 昭和三十三年
軽き咳何時ものところより出づる 右城暮石 句集外 昭和二十二年
迸る咳多けれど口吃り 阿波野青畝
運慶の仁王の舌の如く咳く 野見山朱鳥 曼珠沙華
遠ざかる咳に師走の夜深く 石橋秀野
遠蛙やがて男の咳きこゆ 飯田龍太
釈迦牟尼へ不覚濁世の咳とばす 上村占魚
金柑は咳の妙薬とて甘く 川端茅舎
閑さや畑打つ人の咳払ひ 原石鼎 花影
間みじかの胸灼く咳を憎み咳く 篠原梵 年々去来の花 雨
闇咳くと石敢当(いしがんとう)につきあたる 角川源義
隙間風一咳二咳そそり去る 日野草城
雁渡しきらきらと咳奪ひゆく 岸田稚魚 負け犬
雪屋根の眉に迫れり咳をのむ 臼田亜郎 定本亜浪句集
雪曇り合唱隊のひくき咳 山口誓子
雪柳ふぶくごとくに今や咳く 石田波郷
雪解風咳咳終へし身を晒す 岸田稚魚 負け犬
霜髪の徒に存らへ咳こぼす 佐藤鬼房
露けさの命覚めたる咳ひとつ 岡本眸
顔見世や口上木偶の咳ばらひ 水原秋櫻子 緑雲
風の密使が僕病むべしと咳授く 楠本憲吉 孤客
風邪の咳押さへんとしてそそのかす 上田五千石『天路』補遺
風邪の咳直ぐ聖堂の穹窿に昇る 山口誓子
風邪二日咳次ぎかめる洟一斗 石塚友二 光塵
風邪力士拳に咳しかなしけれ 石田波郷
餅つくと東京者の咳一つ 平畑静塔
首枷に咳くことならぬ唾噴くよ 角川源義
高き窓に礫を欲し而して咳く 渡邊白泉
高値蟹糶るへぶつぶつ咳の婆 石川桂郎 高蘆
鳥雲に砂利採りの咳遠きこゆ 岸田稚魚 負け犬
鴉の咳ごとに嬰児の首洗う 赤尾兜子 虚像
鶴咳きに咳く白雲にとりすがり 日野草城
龍の如く咳飛び去りて我悲し 川端茅舎

咳 続補遺

こつ~と咳する人や帋衾 高桑闌更
こほ~と馬も*咳行枯野かな 木導
さかやきや咳気をなぐる年の暮 探志
しはぶきや奥に聞ゆる山ざくら 四睡
むしぞ鳴あのしはぶきはまた隣 小西来山
口取も咳気ごへ也駒むかへ 曲翠
咳く人に素湯まいらする夜寒哉 高井几董
朝寒や起てしはぶく古ごたち 炭太祇
河風の欲に涼みし咳気かな 白雪
竈馬や咳してのぞく鉢開 蘆本
罌粟ちるや静に誰か咳払 野径
虫のねの中に咳出す寝覚哉 丈草
蚊遺り火や麦粉にむせる咳の音 許六
蚊遺火や麦粉にむせむ咳の音 許六
豆うちや初手一声は咳ばらひ 田川鳳朗
霜朝の禰宜のしはぶき神さびぬ 百里

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 06:40 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング