嚏 の俳句

嚏 の俳句

嚏 の例句



嚏 補遺

「咳をしても一人」くしやみしてもまた 上田五千石 琥珀
くさめしてそのままに世を誹るなり 加藤秋邨
くさめしてたたみ馴れたる薄羽織 飯田龍太
くさめして人の世すこし知り顔に 能村登四郎
くさめして向ふにテニスコートかな 飯田龍太
くさめして封人の家番したり 百合山羽公 樂土以後
くさめして潔癖の冬来りけり 森澄雄
くさめして燈の数殖えしかと思ふ 上田五千石『琥珀』補遺
くさめして突然顔に日が当る 能村登四郎
くさめして鳥肌たちぬ炎天下 橋閒石 朱明
くさめのみじめさ ひとひらの雲焦けのこり 富澤赤黄男
くさめひとつで消える青空母の国 佐藤鬼房
くさめ出る眼で押して行く獄の塀 秋元不死男
くさめ出る脱穀埃横ぎりて 右城暮石 句集外 昭和六十二年
くしやみしてわれがなくなる空の青 平井照敏 猫町
くしやみして厠に子ゐる菜種梅雨 飴山實 辛酉小雪
くしやみして庭八方へ歪みけり 藤田湘子 てんてん
くつさめの夫唱婦随といふべかり 燕雀 星野麥丘人
くつさめやもとより敵は腹中に 亭午 星野麥丘人
くつさめをして紅葉山ありにけり 岸田稚魚 紅葉山
さかさまに猫抱く嚏つゞけざま 右城暮石 句集外 昭和二十三年
たちどまり嚏をひとつ落しゆく 加藤秋邨
つつましき嚏ひとつや菖蒲の芽 石田勝彦 百千
とゞまりて嚏をしたり江のほとり 山口誓子
わる知恵をそだてくつさめとばしけり 亭午 星野麥丘人
一心を凝すくさめの行衛かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
三日月のひたとありたる嚏かな 中村草田男
乱行を重ぬる如く嚏する 相生垣瓜人 明治草
冬の夜や嚏ひて妻の顔があり 星野麥丘人
切通しきたりし犬のくさめかな 渡邊白泉
勇気いささか大いなる嚏 上田五千石『琥珀』補遺
咳をしてをれば猫きて嚏せり 加藤秋邨
営農の大きなくしやみ止まざるも 金子兜太
嚏しておのれも朝ゆ風邪ごころ 石塚友二 光塵
嚏してややありて葱を抜くらしき 加藤秋邨
嚏して亨くや一顆の冬林檎 角川源義
嚏して佛の妻に見られたる 森澄雄
嚏して凜然たるに似たりけり 相生垣瓜人 明治草
嚏して大日輪を沈めたり 上田五千石『琥珀』補遺
嚏して屋敷つづきの畑に出る 廣瀬直人
嚏して後のおのれを引き緊むる 能村登四郎
嚏して想ふ人の名遠きかな 石塚友二 光塵
嚏して聖イグナチオ天主堂 古舘曹人 樹下石上
嚏して雨の見えくる水の上 岡本眸
嚏して飛ばせし一句戻らざり 能村登四郎
嚏して鼻*かんで父亡き此の世 藤田湘子 てんてん
嚏また嚏や合の米ひかる 西東三鬼
嚏や楯として在ることのなし 佐藤鬼房
嚏や硝子おどろく闇の果 石塚友二 光塵
嚏りて止まず悪鬼の憑きにけむ 相生垣瓜人 明治草
嚏れば蟷螂がゐておどろけり 山口誓子
城にゐて出たがる嚏槍黒し 秋元不死男
大嚏せり寂しさの吹つ飛べり 能村登四郎
寒天の日輪にくさめしかけたり 臼田亜郎 定本亜浪句集
小さき身に父われほどのくさめ蔵す 篠原梵 年々去来の花 皿
山神のくさめ響くや冬の山 日野草城
従いて来し犬の嚏や露時雨 日野草城
旅衾露の蚊を撲ちくさめ落つ 角川源義
日輪に嚏したれば野近し 岡井省二 夏炉
月の夜やくしやみあくびで歸る客 正岡子規 月夜
月光にふれしたまゆらくさめしぬ 渡邊白泉
村肝を打揺がして嚏出づ 相生垣瓜人 明治草
汗冷えて嚏しきりや蔵王堂 右城暮石 句集外 昭和四十八年
湯ざめして君のくさめや後の月 日野草城
炉話の鼻をこそぐる嚏かな 阿波野青畝
燈して祝典の姫嚏りぬ 飯田蛇笏 山響集
犬老いて嚏落しぬ月の霜 日野草城
猫くさめ亡き妻の声わらひけり 加藤秋邨
産湯以後のあくびで くしゃみで 天瓜粉 伊丹三樹彦
目に出づる嚏の空気かたじけなし 三橋敏雄
福寿草くしやみが腰に応えたぞ 永田耕衣
秋暁の一人嚏す大き弥撒 林翔 和紙
算用の心細さに嚏るか 石塚友二 光塵
紅梅に火花のくしやみ欠伸かな 金子兜太
翁らの句をぬらしたるくさめ哉 渡邊白泉
老人のくさめ薄暑にそむきけり 百合山羽公 樂土
老体に月光沁みし嚏かな 藤田湘子 てんてん
老僧の唄ふに似たるくしやみかな 阿波野青畝
聖堂に嚏ひしひとや出で来たる 山口誓子
花ひらくごとき嚏を残さるる 加藤秋邨
荒放のものなる嚏重ねけり 相生垣瓜人 明治草
荒法師などの如くに嚏する 相生垣瓜人 明治草抄
蕎麦掻や嚏ひとつの鍋を掛く 石川桂郎 高蘆
裔ありて嚏りとばす恋一つ 小林康治 玄霜
赤ん坊の嚏がとんで野水仙 石田勝彦 秋興
起きぬけの嚏を重ぬ寒露かな 日野草城
辛口のあとは嚏や月の客 飴山實 次の花
鉄線の花の終りへ児のくさめ 佐藤鬼房
隅だけが鳴るハモニカの孤児嚏 中村草田男
雨の蟲遠くに妻が嚏りぬ 石田波郷
頭冴えたりつづけざま嚏して 森澄雄
風邪ひいて目も鼻もなきくさめかな 村上鬼城
颱風眼らしき朝なり猫のくしやみ 加藤秋邨
駕の僧嚏り露の簾を垂れぬ 飯田蛇笏 山響集

嚏 続補遺

かん梅や花も嚏の出ぬべし 三宅嘯山
くつさめの形に似合ぬ相撲とり 我峰
くつさめの松にこたへる枯野哉 吾仲
くつさめの跡しづか也なつの山 野水
くつさめの顔はづかしき柳哉 木導
つくばふて安居の嚏貰ひけり 五明
嘸くさめ嘸ほとゝぎすはつがつを 加舎白雄
嚏のひとつきこへてよるの花 成田蒼虬
夏山や馬の嚏て過しあと 鈴木道彦
文月や先露とよむ嚏ぐさ 道彦 蔦本集
文月や先露とよむ嚏ぐさ 鈴木道彦
水鼻にくさめなりけり菊紅葉 其角
火串さして嚏を谷へこぼしけり 三宅嘯山
瓜の香にきつね嚏月夜かな 加舎白雄
耳ふつてくさめもあへずなくね哉 其角
見るうちの嚏に散りぬ芥子のはな 琴風
馬かたのくさめに散るや枯すゝき 寥松 八朶園句纂
黍の中嚏飛して誰か来る 鈴木道彦

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 06:49 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング