褞袍 の俳句

褞袍 の俳句

褞袍

例句を挙げる。

ひさびさに褞袍を着しにつかれけり 川島彷徨子 榛の木
みごもりてますます好きな褞袍かな 仙田洋子 雲は王冠
一二泊して友誼よき褞袍かな 飯田蛇笏 霊芝
声高に湯の町をゆく褞袍かな 渋沢渋亭
変身が好き早速の宿褞袍 嶋田摩耶子
夜の客に褞袍姿を詫びて会ふ 井上木子
山茶花を愛す褞袍にくつろいで 遠藤梧逸
平熱と体温計を振る褞袍 高澤良一 宿好
招かざる客なり褞袍のままで会ふ 北野民夫
据膳に褞袍崩るゝばかりかな 清水基吉
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
春の炉や褞袍汚せし永やどり 楠目橙黄子 橙圃
昨今のこころのなごむ褞袍かな 飯田蛇笏 山廬集
晩年のなき源義の褞袍かな 増成栗人
父よ貧し褞袍をわれにゆづりたまへる 川島彷徨子 榛の木
病み坐る人や褞袍に顔嶮し 高浜虚子
病み暮らす月日も古りし褞袍かな 稲田都穂
百日の病躯包みし褞袍脱ぐ 景山筍吉
祖母よりの父の遺品の褞袍干す 矢口由起枝
秋雨や昼の褞袍の坑夫達 楠目橙黄子 橙圃
綻(ほころび)の坐りかくれし褞袍かな 安達緑童
脱いである褞袍いくたび踏まれけり 波多野爽波 『一筆』
茂吉集脱ぎし褞袍の下になる 向井 秀
葦苅女きりきり褞袍脱ぎにけり 川端茅舎
褞袍きて出て鍬持てり日曜日 野村泊月
褞袍の脛打つて老教授「んだんだ」と 加藤楸邨
褞袍着てなんや子分のゐる心地 大住日呂姿
褞袍着て風邪の女房となりけらし 原コウ子
褞袍著し膝が机につかへけり 山川能舞
骨折の片手通さぬ褞袍かな 大森羽青
しんぼしたどてらの綿〔よ〕隙やるぞ 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
てつちりや犬の匂ひのどてら着て 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
どてらの手遠くで動き竹瓮編 草間時彦 櫻山
どてら着てすわれば猫のすぐ膝に 河野 照代
どてら着て籠れば日の目うとくなる 太田鴻村 穂国
をなごらもどてら着ぶくれさみだるゝ 日野草城
初買に出ばやどてらを引かけて 竹冷句鈔 角田竹冷
山茶花やをんなどてらを着るべからず 林原耒井 蜩
据膳にどてら崩るゝばかりかな 清水基吉 寒蕭々
星移り物変りどてら古びけり 日野草城
昼の淋しさどてら着て顔を剃らせる 荻原井泉水
汐風呂に千鳥きく夜や貸どてら 岡野知十
燕鳴く朝餉のゴングどてら脱ぐ 林原耒井 蜩
茶碗酒どてらの膝にこぼれけり 巌谷小波
草まくら女に狎れるどてらかな 楠目橙黄子 橙圃
貧乏のしみこんでゐるどてらかな 浜川 穂仙
通草売宿のどてらを知れば親し 原田種茅 径
みちのくの厚き丹前雪見酒 松本澄江
丹前の袂が重し山の音 北見さとる
丹前の襟つかむ子の笑ひ出す 杉山岳陽 晩婚
丹前もかけて艶めく布団哉 小澤碧童 碧童句集
丹前やまたアメリカヘ地図の旅 大島民郎
丹前を早や干し栃本関所阯 八木林之介 青霞集
丹前を着れば丹田しづかなり 長浜勤
丹前を着れば馬なり二児乗せて 目迫秩父
丹前着て花屋を出るは面映ゆし 板垣鏡太郎
新しき丹前着初し夜寒かな 吉屋信子
日曜は丹前の夫になつてもらふ 栗林千津
阿夫利宿窓に丹前重ね干す 斉藤妙子
褞袍被てぎっくり腰の言ひなりに 高澤良一 寒暑

褞袍 補遺

どてらの手遠くで動き竹瓮編 草間時彦 櫻山
どてら着て金色の鯉いやしみぬ 森澄雄
どてら著て長脇指の素足哉 正岡子規 どてら
をなごらもどてら着ぶくれさみだるゝ 日野草城
一二泊して友誼よき褞袍かな 飯田蛇笏 山廬集
小袖の入褞袍の人や島の春 山口青邨
挙くるぶしをあらはに褞袍着て 鷹羽狩行
新らしき褞袍を着るやクリスマス 日野草城
星移り物変りどてら古びけり 日野草城
昨今のこころのなごむ褞袍かな 飯田蛇笏 山廬集
脱いである褞袍いくたび踏まれけり 波多野爽波
蘆苅女きり~褞袍脱ぎにけり 川端茅舎
褞袍着て八十三翁蟠踞せり 百合山羽公 樂土以後
褞袍着て写真記者にも会ふ日なり 百合山羽公 樂土以後
褞袍着て日向にゐたり晩年か 草間時彦
鱶七でござんす御殿へ褞袍着て 富安風生
黒く太き丹前の衿風邪ごこち 岡本眸

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 07:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26586967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング