足袋 の俳句

足袋 の俳句

足袋

例句を挙げる。

あちら向き古足袋さして居る妻よ 正岡子規
あぶるとすぐに屍臭をはなつ坑夫の足袋 細谷源二
あら玉の年立つて足袋大きかり 川崎展宏
いたづらに足袋のみ白く寒の墓地 阿部みどり女
いつの世も足袋の白さは手で洗ふ 朝倉和江
いつも留守足袋を一つか二つ干し 波多野爽波 『骰子』
いづくへも行くにはあらず足袋穿き替ふ 山口波津女 良人
うしろむき足袋はく妻に謝しにけり 榎本冬一郎 眼光
うらゝかや足袋ぬいで足袋洗ふ日の 四明句集 中川四明
お下がりの福助足袋を呼びつける 仁平勝 東京物語
かくも小さき白足袋ありし七五三 林 翔
かたくなに定めて白襟白足袋と きくちつねこ
かなかなにマタギ皮足袋雪恋ふや 石川桂郎 高蘆
かなかなに履く足袋ほそき思ひかな(埋骨) 石川桂郎
きつき足袋過去より響きくるものあり 川口重美
こころみに足袋ぬぎし日や花あしび 林翔 和紙
この頃の買ひ置き足袋や暮し向 尾崎迷堂 孤輪
しぐるるや旅の日数の足袋の数 影島智子
しばし待て今足袋をはくところなり 寺田寅彦
すべったか革足袋はいた初とがめ 斯波園女
だぶ~の足袋を好みてはきにけり 高浜虚子
ちちを埋めはは埋め乾く福助足袋 穴井太 天籟雑唱
はく日からはや白足袋でなかりけり 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
はしたなく水薬にぬれし紺足袋よ 青愁 佐竹草迷宮
ほぎごとの白足袋も入れ旅鞄 柴田只管
ほととぎす足袋ぬぎ捨てし青畳 鈴木真砂女 夕螢
みちのくの子の赤足袋の鞐見え 阿波野青畝
もとほると言へるこころの足袋白し 後藤夜半 底紅
よこがほがさびしく足袋をはいてゐる 安住 敦
わが足袋の重ねてあるがやるせなき 佐野青陽人 天の川
をみな若きは足袋の白きを匂はしめ 太田鴻村 穂国
をんなは女外出気負うて白足袋に 河野多希女 琴 恋
一と竿に干しも干したり足袋ばかり 高橋淡路女 梶の葉
一欲を捨てたる尼の足袋白し 磯野充伯
一重足袋日の頂上を履きにけり 増田龍雨 龍雨句集
七文半の吾子の白い足袋にあした正月がくる 橋本夢道 無禮なる妻抄
七月の足袋白く穿き夜毎の雨 長谷川かな女 花寂び
万両に賽ころひらふ足袋はだし 河野静雲 閻魔
万灯引く衆の白足袋白法被 高澤良一 随笑
三日はや小童が足袋破れ初む 石塚友二 光塵
上向く芽洗濯の足袋みな破れ 西東三鬼
下帯も白足袋も濡れ出初式 宮田 勝
下駄に足袋の混血児連れ日本の祖母 田川飛旅子 花文字
両脇に足袋屋の弟子の寒さかな 毛* 極 月 月別句集「韻塞」
中啓の舞破れ足袋をかくすなし 西本一都 景色
九文の白足袋はかす死出の母 品川鈴子
乞食の足袋に入れたる小銭哉 会津八一
乳児寝たり歩く形に足袋ぬいで 加藤知世子 黄 炎
二つ三つ足袋干す音を枯園に 井上雪
二趾(ゆび)の邪鬼足袋はける吾もまた 品川鈴子
亡き師恋し片足立ちて足袋履けば 肥田埜勝美
人の賀の足袋の白きを保ち了ふ 渡邊千枝子
今日もはく娑婆苦の足袋の白かりき 飯田蛇笏
今日足袋をはき替へにけり寒ければ 原石鼎 花影以後
今朝より冬黒ビロードのかがやく足袋 古沢太穂 古沢太穂句集
保線夫の足袋裏厚しすべりひゆ 小林幸子
俵重ね足袋清浄と白きかな 増田龍雨 龍雨句集
僧に尾いて足袋冷え渡る廊下かな 楠目橙黄子 橙圃
僧の足袋菜の花あかりしてみどり 河野静雲 閻魔
元旦や前山颪す足袋のさき 飯田蛇笏 山廬集
六月や能の亡霊足袋真つ白 北野民夫
冬の日 日雇女のじか足袋から 街は暮れる 吉岡禅寺洞
冬夜の静けさたてよこに足袋をつづくる 人間を彫る 大橋裸木
冬蝶を翔たす庭師の紺の足袋 石川文子
冷まじき滝川白き足袋に添ふ 野澤節子 黄 炎
冷まじき面や足袋や薪能 石川桂郎 四温
冷水のつややかをもて足袋濯ぐ 鳥居美智子
凍る足袋いづれが夫のものなりや 井上雪
初夢の夢の叶はぬ足袋をはく 径子
初夢もなく穿く足袋の裏白し 渡邊水巴
初大師なり紺足袋の男など 神尾久美子 桐の木以後
初蝶に会ふ白足袋に退け目なし 神尾久美子 桐の木
初蝶を追ふと数歩の足袋はだし 上田五千石 田園
初飛行柿の木に子の足袋赤し 渡邊水巴 富士
別るると教授夫人ら足袋しろく 柴田白葉女 遠い橋
勁き拇指蝸牛のごとく覗く足袋 中村草田男
十三夜真白くきつき足袋をはく 菖蒲あや 路 地
卯の花や愚かにかばふ雨の足袋 馬場移公子
厄年や足袋の温みを愛ではじむ 竪阿彌放心
厨子像の近松翁の足袋白し 山田弘子 螢川
受験勉強父より大き足袋穿きて 田中灯京
古足袋の四十に足をふみ込みぬ 服部嵐雪
古足袋の四十もむかし古机 永井荷風
古足袋の妻一病を捨てきれず 荒川邪鬼
古足袋もそのまま履くや去年今年 龍男(毎日新聞連載小説の題名を決め、歳晩より仕事部屋に籠る)
古足袋をさがしあつめて奉謝かな 森川暁水 黴
句一念わが白足袋の指太き 岡本圭岳
名優の余技足袋しろく笛吹けり 宮武寒々 朱卓
向日葵や足首細きとびの足袋 高井北杜
喀血す足形足袋を置きて臥す 石川桂郎 含羞
堅き足袋はきて初日ををろがめり 鈴木白路子
夕蝉に足袋脱ぐ膝を立てにけり ほんだゆき
外套の下は僧衣の足袋白し 青峰集 島田青峰
夜は孔雀拡がるごとし足袋はくとき 中嶋秀子
大寒や足袋に吸ひつく夜の舞台 佐野青陽人 天の川
大川を越え浅草へ足袋買ひに 館岡沙緻
大晦日蓬髪足袋をはきながら 赤尾兜子
大足の使徒となるかな足袋を脱ぐ 平畑静塔
天つ日は聖戦のひかり足袋をつぐ 渡邊水巴 富士
天国ヘルイス茨木足袋はいて 林翔
夫の忌の白足袋濡るる傘の中 日野晏子
奉仕すんで足袋はきかゆる巫女幼な 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
女老ゆ風呂場の隅で足袋洗ひ 菖蒲あや 路 地
女足袋をぬいで悲しい顔をする 関口比良男
女足袋紫野行くゆかりなり 椎本才麿
女面打つ黒足袋を穿きにけり 山口都茂女
妄想の足袋百間を歩きけり 永田耕衣(1900-97)
妻にて候死後の証しの白足袋は 栗林千津
妻の足袋すでに汚れぬ死までの距離 小林康治 玄霜
妻まろく足袋の鞐をかけてをり 椎橋清翠
妻今も紅足袋ちさし仕事多し 香西照雄 対話
妻死後を覚えし足袋のしまひ場所 能村登四郎(1911-2002)
姥捨の闇に足袋売る燈影かな 尾崎紅葉
子の縁にうすくて石に足袋を干す 長谷川双魚 風形
家護りて妻はもひとり足袋つゞる 岸風三楼 往来
寐るのみの明るさ足袋を脱ぎにけり 碧雲居句集 大谷碧雲居
寒燈に揃へておかな母の足袋 萩原麦草 麦嵐
小兎や真白の足袋に父とゐて 中山純子 茜
小夜時雨ほとけに履かす足袋買ひに 梶山千鶴子
就中首里城衛士の足袋真白 北見さとる
尼御前の白足袋濡らす著莪の雨 井口 秀二
尼法師足袋ねむごろに綴りけり 野村喜舟 小石川
川渉りてすぐはく足袋や日の枯野 阿部みどり女 笹鳴
干し足袋も鴨の形す湖辺宿 右城暮石 上下
干足袋にかもめのこゑのくれさそふ 金尾梅の門 古志の歌
干足袋に日の古びゆく風の音 三橋迪子
干足袋に湿りのもどる晝の月 松村蒼石 雪
干足袋のこはぜの光り草枯るゝ 金尾梅の門 古志の歌
干足袋の乾くまもなく盗られけり 森川暁水 黴
干足袋の夜のまゝ月のまゝとなり 河東碧梧桐
干足袋の天駆けらんとしてゐたり 上野泰(1918-73)
干足袋の日南(ひなた)に氷る寒さかな 大須賀乙字(1881-1920)
干足袋の裏返されて突つ張りて 高浜虚子
干足袋や糸に吊して梅の枝 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
干足袋を逃げし日松に当り居る 雑草 長谷川零餘子
干足袋を飛ばせし湖の深さかな 前田普羅
平凡な妻の倖はせ色足袋はき 柴田白葉女 牡 丹
年新たな凍み足袋裏を堅くせり 節子
年明くとベツドに凭りて足袋はけり 石田波郷
年暮るる干足袋の白空跳んで 殿村莵絲子 花寂び 以後
幾日も乾かぬ北國の足袋かなしからずや 細谷源二
店先に足袋干す籠や木曾の宿 会津八一
座を掃けば干足袋高く暮れにけり 金尾梅の門 古志の歌
弥生とは洗ひ縮みし足袋のことか 米沢吾亦紅 童顔
律僧の紺足袋穿つ掃除かな 子規句集 虚子・碧梧桐選
悪役となる足袋きつき控室 北光星
悴みて手袋ぎらひ足袋ぎらひ 太田育子
扇収めて辞し去る客の足袋白し 青峰集 島田青峰
手づくりの足袋寛闊にはきよくて 高浜虚子
手と目のわざ色足袋えんじに糸を繰る 古沢太穂 古沢太穂句集
打連れて足袋の白さや御坊達 村上鬼城
抽出しの白足袋の波母老いぬ 小檜山繁子
拇指反らす妻の新足袋子のスキー 香西照雄 対話
拝殿へ足袋穢れなく七五三 佐藤美恵子
探梅のどろんこの足袋提げてをり 米澤吾亦紅
数へ日や足袋幾足の生乾き 永井龍男
文芸無頼枕頭の書へ足袋重ね 北野民夫
断崖へ松茸採りの足袋脚絆 岡田日郎
新年のくるぶし緊むるかたき足袋 能村登四郎
旅しらぬ幾とせ妻に足袋白し 軽部烏頭子
旅嚢より足袋いだし履き山国ヘ 古沢太穂 古沢太穂句集
日々の足袋の穢しるし書庫を守る 竹下しづの女 [はやて]
日だまりに足袋屋の築く足袋の山 本庄登志彦
日の出でて東さみしき足袋を干す 寺田京子
日脚伸ぶ足袋干してある竿の先 高濱年尾 年尾句集
早乙女の足袋脱いでゐる寺の縁 田中冬二 麦ほこり
昼寝覚素通る猫が足袋履いて 高澤良一 寒暑
暑に抗すとりわけ足袋の白きもて 鈴木真砂女 夕螢
月下美人足袋はきかへてより講師 影島智子
月祀るための白足袋替へにけり 青木まさ子
望の夜の色足袋召して尼ぜかな 桑田青虎
朝の雨昨日の足袋をはきにけり 細見綾子 花寂び
朝日は軒ふかくさしいり日曜日の足袋を穿く 橋本夢道 無禮なる妻抄
朝曇白足袋はいて出でにけり 増田龍雨 龍雨句集
木屋町の宿から足袋を買はせけり 野村喜舟
未婚一生洗ひし足袋が合掌す 寺田京子
松の内すでに足袋裏よごれけり 吉屋信子
松納めし日向あり足袋下しにけり 中島月笠 月笠句集
枕頭に波と紺足袋漁夫眠る 鈴木六林男 第三突堤
梳き初めや足袋ほのしろき立鏡 上川井梨葉
楠の冷八十八夜足袋をはく 森 澄雄
業病に背中を向けて足袋を穿く 三好潤子
樒咲く尼寺に干す足袋二足 猿橋統流子
横光忌齢の足袋も幾重ね 石塚友二
横坐りの足袋の鼻緒の跡しるし 原田種茅 径
欝然と富めり葬列の足袋しろく 藤木清子
次の間に足袋ぬぎに立つ女かな 柴浅茅
正月の足袋白うして母在はす 大谷碧雲居
此日巡遊興のなかりし足袋払ふ 河東碧梧桐
歯朶の葉の塵清らなり足袋の先 紅葉
死出の足袋足にあまるや法師蝉 角川源義
母の足袋汚れきつたり父死なす 小林康治 四季貧窮
母枯れゆく跳べるかたちに足袋ぬいで 中嶋秀子
母訪はむ足袋のこはぜのはめ難し 永田耕衣 奪鈔
水仙に湯をいでて穿く毛足袋かな 飯田蛇笏 山廬集
水兵と行くは妹か足袋もはかず 佐野青陽人 天の川
水無月やあしたゆふべに足袋替へて 鈴木真砂女 夕螢
沓足袋や鐙にのこる初ざくら 榎本其角
法善寺横丁をゆく足袋白く 後藤比奈夫 初心
法善寺色足袋の紅かなしけれ 大石悦子 群萌
法衣にも足袋にも継の當りたる 後藤夜半
津山足袋やぐらに足をかけてはきし 廣江八重櫻
海士の子の足袋はく姿見る世哉 井原西鶴
海市(かいやぐら)あまたの足袋の干されゐる 柿本多映
海市あまたの足袋の干されゐる 柿本多映
温みある足袋を重ねて花疲れ 三好潤子
湯上りの指やはらかし足袋のなか 桂信子 黄 炎
滝一気死後の出合ひは足袋はだし 鳥居美智子
濡れ足袋のまゝに失火の調べ受く 矢倉信子
火燵出る足袋の白さや蓍衣始 中村烏堂
烈風の青空白足袋だけを干す 川島千枝
烈風踏みしめて来る足袋白し 林原耒井 蜩
烏賊のごと足袋つるされし近松忌 寺井谷子
無精さや蒲団の中で足袋を脱ぐ 正岡子規
焼杭に干す足袋赤く年つまる 古賀まり子 洗 禮
煤逃げや赤別珍の足袋買うて 市橋千翔
片方の足袋のありしは障子ぎは 細見綾子 花 季
狂言の足袋黄色なる虚子忌かな 岸本 尚毅
猿蓑塚山深ければ足袋汚る 殿村莵絲子 牡 丹
玄関で足袋はき替へし礼者かな 大場白水郎 散木集
甘酒や木影添ひ来る足袋の白 島村元句集
生き耐へし女どうしの小さき足袋 柴田白葉女 『夕浪』
生れし日を忘じ干足袋風の中 寺田京子
生活の確かさ白足袋乾き切る固さ 中村明子
生涯を足袋干す暮らし仏生会 井上雪
病みがちの足袋を離せず四月尽 猪俣千代子 堆 朱
病む人の足袋白々とはきにけり 前田普羅 新訂普羅句集
病よし医師の白足袋目にしるく 島村元句集
病上り白足袋ゆるく人と逢ふ 野澤節子 黄 瀬
癇性のすぐ雪晴に足袋干して 及川貞 榧の實
白妙の足袋踏み出しぬ飛鳥展 都筑智子
白足袋にいと薄き紺のゆかりかな 河東碧梧桐
白足袋に狭目の下駄も好みかな 野村喜舟
白足袋に皺殖え老母花見得たり 香西照雄 素心
白足袋のいちにん深山朝櫻 黒田杏子 花下草上
白足袋のじよんがら弾のづかと来る 田中英子
白足袋のつるつる縁やつく手毬 野村喜舟
白足袋のどこまでゆけば弥陀に会ふ 神尾久美子 桐の木
白足袋のひたひたと来る破芭蕉 川崎展宏
白足袋のよごれもつかずぬがれけり 富安風生
白足袋のよごれ尽せし師走哉 正岡子規
白足袋のチラチラとして線路越ゆ 中村草田男(1901-83)
白足袋の位置の磐石弓始 岩田千恵
白足袋の僧より落ちし名刺かな 桂信子 樹影
白足袋の暑中稽古や鞍馬寺 小中 勿思
白足袋の汚れざりしがさびしき日 鷲谷七菜子 黄 炎
白足袋の汚れもあはれ鹿踊 田村了咲
白足袋の熔岩原を踏み行けるかな 草間時彦 櫻山
白足袋の爪先そろへて御仏がくらい 人間を彫る 大橋裸木
白足袋の父にしたがふ墓参かな 五十嵐播水 播水句集
白足袋の若き和尚や花あせび 田中冬二 麦ほこり
白足袋の足の先まで几帳面 竹崎玉子
白足袋の踏んでゆきける瓦礫かな ふけとしこ 鎌の刃
白足袋も五つこはぜの針供養 今泉貞鳳
白足袋も鼻緒もきつめなのが好き 榊原 弘子
白足袋や大僧正の袈裟の下 野村喜舟 小石川
白足袋や帯の固さにこゞみ穿く 阿部みどり女 笹鳴
白足袋や母の天寿をわれ知らねど 平井さち子 完流
白足袋や箱階段の黒き艶 今泉貞鳳
白足袋や継もなか~清浄に 野村喜舟 小石川
白足袋をぬぐや流るる天の川 野澤節子 『駿河蘭』
白足袋を一歩も退かず怒濤見る 神尾久美子 桐の木
白足袋を穿きて心を立つるなり 岡野美代子
白足袋を穿けば歩幅の改る 小林一鳥
白足袋を脱ぐに流れて天の川 野沢節子 八朶集以後
白足袋を脱ぐや流るる天の川 野澤節子
白足袋裾ずれこの用もあの用も 河東碧梧桐
白足袋遺し泣くほか寝るほかなかりしか 中村草田男
白鹿と足袋にも銘すはきにけり 赤松[ケイ]子
短日の足袋を湯殿に脱ぎにけり 汀女せん 吉屋信子
石の上花のごとくに足袋を干す 柏禎
破れ足袋やはたと夜の階のぼりゆく 『定本石橋秀野句文集』
硝子戸の中の幸福足袋の裏 細見綾子 花 季
祖母の足袋もつとも白し野遊びへ 福島延子
祝ぎ事の済みし白足袋干されけり 高橋利雄
神官の足袋はかぬ日は麦を踏む 後藤智子
神楽舞ひ砂利踏む足袋の白きこと 城間芙美子
禰宜達の足袋だぶ~とはきにけり 村上鬼城
秩父颪看板に鳴る足袋屋かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
穿き寝せし足袋の裏いつか汚れけり 月舟俳句集 原月舟
立像は足袋穿きたまひ右近の忌 森田峠 三角屋根
竹馬やひたと竹吸ふ足袋の股 林 翔
紐足袋の昔おもへば雲がゆく 臼田亞浪 定本亜浪句集
細梯子足袋裏白くはづみけり 小島千架子
細見と足袋を懐に歩きけり 野村喜舟
紺足袋の女も冬の初めかな 大谷句佛 我は我
紺足袋の底の真白し初仕事 武田克美
紺足袋の強げに見ゆる女かな 会津八一
紺足袋の紺に好みのありしこと 後藤夜半 底紅
縁あればをみなは白き足袋を穿く 萩原麦草 麦嵐
繕ひし足袋抽斗に母逝けり 石垣 弘子
老い老いて足袋潔白に冴えにけり 小寺正三
老足(ろうそく)に足袋美しや二日灸 後藤夜半
老足に足袋美しや二日灸 後藤夜半 底紅
肩借りて足袋ぬげるあり若菜摘む 皆吉爽雨 泉声
脱ぎし足袋冷えてよごれの目立つかな 野澤節子 黄 瀬
脱ぎすてし足袋の白きに雪降り出す 内藤吐天 鳴海抄
腰ひもに足袋つつぱさみ石蓴掻く 上村占魚 『霧積』
色足袋で来て拝みけり竹生島 山本洋子
色足袋に替へて自分に戻りけり 江頭けい子
色足袋に迎へてくれし雪の宿 茂里正治
色足袋に馴れて女房らしくあり 上野泰 佐介
色足袋のまゝの遠出となりしかな 島崎きよみ
色足袋のまゝよ遠くへ行き居らじ 宮城きよなみ
色足袋や尼ともならず寺暮し 中山純子 沙羅
色足袋や律儀に老いて路地ぐらし 菖蒲あや
色足袋や湯女に老婆のかかりうど 西本一都
色足袋を買初めに町ぬかるみて 綾子
花の雨延年舞の白足袋に 沢木欣一 地聲
花冷えの旅鞄足袋加へけり 近藤一鴻
花疲れ灯にちらばつて足袋と足 今瀬剛一
花衣足袋をよごしてかへりけり 山口波津女 良人
花足袋の南枝はしめて幼稚園 尾崎紅葉
草の雨一歩踏み出す足袋白し 阿部みどり女 月下美人
草市に足袋を濡らして女老ゆ 菖蒲あや 路 地
荒梅雨の足袋に蝋塗る野外能 田川飛旅子
萩のトンネル白足袋の母に蹤きゆきぬ 杉本寛
蓑虫や足袋穿けば子もはきたがり 渡邊水巴
蛇穴を出づる喪の足袋脱ぎ了へて 橋本榮治 越在
行きはわが足袋の真白く下萌ゆる 中村汀女
行く年の水美しく足袋洗ふ 有馬籌子
行年の干足袋一つ吹かれけり 中島月笠 月笠句集
表より裏にねんごろ足袋洗ふ 池田のぶ女
裏白や新しき足袋さがしあて 石川桂郎 四温
見るたびに干足袋うごく霙なか 谷野予志
貧乏の足袋のこはぜが光りけり 長谷川双魚 風形
買ひ戻る足袋のつつぱる袂かな 森川暁水 黴
赤い足袋買つて欲しいと粥を炊く 中山純子 茜
赤き足袋はき家中を明るくす 中山純子 茜
赤足袋にゐのこづち着け子が生れず 中山純子 沙羅
赤足袋のふくらんだまま脱がれある 上野泰 佐介
赤足袋を手におつぱめる子ども哉 一茶
足るといふ事知る暮し足袋つゞる 楠井光子
足袋あぶる能登の七尾の駅火鉢 細見綾子 雉子
足袋かがる一身の悔背にこめて 小林康治
足袋かさね穿いて死神よせつけず 富田潮児
足袋かたしかたかた風が鳴らしけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
足袋かへぬ人卑しさよ更衣 島村元句集
足袋かゞる一身の悔背にこめて 小林康治 四季貧窮
足袋かゞる灯かげに遠く艦うかぶ 金尾梅の門 古志の歌
足袋きつく父の気質を吾が受けし 上野さち子
足袋きよく光は励む妻が負ふ 山田 文男
足袋きよく成人の日の父たらむ 能村登四郎
足袋こはぜかたく女の意地とほす 上村占魚 『橡の木』
足袋しろくなにか哀しき急ぎあし 相馬 黄枝
足袋すこしよごれ元日昏れにけり 文挟夫佐恵 黄 瀬
足袋つがんと日々思ふのみ思ふのみ 山口波津女 良人
足袋つくろふ雪嶺の朝から晴れて 内藤吐天 鳴海抄
足袋つぐごと心つくろひつつ生くも 吉野義子
足袋つぐやノラともならず教師妻 杉田久女(1890-1946)
足袋つづるくらくて低き灯の畳 長谷川素逝 村
足袋つゆにぬれつゝ仰ぐ天高し 及川貞 夕焼
足袋つゞる小指の当りていねいに 田中政夫
足袋と干菜とうつる障子かな 室生犀星 魚眠洞發句集
足袋と見えて時々触はる火燵哉 会津八一
足袋にあり男の白といふ色も 山崎みのる
足袋にふれし手をすゝぎ燈明奉る 高田蝶衣
足袋にアイロンあな憎き顔足袋になれ 稲垣きくの 牡 丹
足袋に指きつちり家庭内別居 稲井優樹
足袋ぬいであかがり見るや夜半の鐘 正岡子規
足袋ぬいでうららけき足の裏かな 冬の土宮林菫哉
足袋ぬいでからびはてたる肉刺を剥く 川島彷徨子 榛の木
足袋ぬいでそろへて明日をたのみとす 細見綾子 花 季
足袋ぬいでつかれ覚えぬ花衣 山口波津女 良人
足袋ぬいで卯の花腐しゆく娘かな 麻田椎花
足袋ぬいで耳より眠むる積木の城 浜 芳女
足袋ぬがぬ臥所や夜半の乳つくり(乳なければ) 『定本石橋秀野句文集』
足袋ぬぐに聖痕を見るごときかな 平井照敏 天上大風
足袋ぬれて寄る火の灰揚れり 安斎櫻[カイ]子
足袋のせて明日の外出に着る着物 木暮英子
足袋の値に驚くことも現世かな 尾崎迷堂 孤輪
足袋の先火燵にあつくお元日 廣江八重櫻
足袋の型おろかし逢ひにゆくときも 寺田京子
足袋の持つ演劇的な要素かな 京極杞陽
足袋の紐の解けたるを知らす行く人よ 尾崎紅葉
足袋の紺匂ふを知りつ階上る 久米正雄 返り花
足袋の裏汚れずにゐることは死か 安東次男 裏山
足袋はいて夜着ふみ通る夜ぞ更けし 飯田蛇笏 山廬集
足袋はいて宿の浴衣のなじまざる 高濱年尾 年尾句集
足袋はいて寝る夜ものうき夢見哉 蕪村 冬之部 ■ 御火焚といふ題にて
足袋はいて心を謙となしにけり 小杉余子 余子句選
足袋はきていよいよ仕事はかどりて 黒田杏子 花下草上
足袋はきて寝る夜隔(へだて)そ女房共 服部嵐雪
足袋はくやうしろ姿を見られつつ 大野林火
足袋はくやはじめを強く喪の太鼓 長谷川双魚 『ひとつとや』
足袋はくや心つまづくばかりなり 清水基吉 寒蕭々
足袋はくや故園の霜のくまなくて 百合山羽公 故園
足袋はくや装ひなりし帯固く 高橋淡路女 梶の葉
足袋ぼこり買ひあぐねつつ外足に 香西照雄 対話
足袋ゆるく穿く旅十万億土とやら 榎本嵯裕好
足袋をつぐより小説が読みたけれ 山口波津女 良人
足袋をつぐ絲長々とさしにけり 高橋淡路女 梶の葉
足袋をはくとき虫更けてゐたりけり 道芝 久保田万太郎
足袋を穿くだけの十万億土かな 橋間石
足袋を継ぐ母の背ゆすり金せがむ 宮坂静生 青胡桃
足袋を脱ぐ足のほてりや花疲れ 鈴木真砂女 生簀籠
足袋先の冷えしんしんと父の通夜 鈴木愛子
足袋堅く爪先へ気や初点前 牧野寥々
足袋売の声うち曇師走哉 高井几董
足袋外套脱ぎ散らさでや孤独慣れ 石塚友二 方寸虚実
足袋嫌ひとことん齢を喰つてみむ 後藤綾子
足袋少し汚し枯野を越え来たり 鈴木真砂女 夕螢
足袋履いて夜は昼の足と別にある 松原地蔵尊
足袋履くと上布の翅の身を離る 殿村菟絲子 『牡丹』
足袋干して星が消えさう蜜柑村 中拓夫 愛鷹
足袋干すに薄き山の日ななかまど 稲垣きくの 牡 丹
足袋干すや山ふところは梅早し 青峰集 島田青峰
足袋干すや影を馴れゐる小鳥共 野村喜舟 小石川
足袋幾つ衣の隙に干されけり 柑子句集 籾山柑子
足袋底に滲む残雪橡芽吹く 松村蒼石 雁
足袋底のうすき汚れや松の内 三橋鷹女
足袋替へしこころにひらく茶道口 小澤満佐子
足袋替へる母の足首細りけり 吉宇田敬子
足袋替へる青木の花のくらがりに 平沢美佐子
足袋洗ひそれで和みて一日を 細見綾子 花寂び
足袋洗ひ訃報を待ちてゐたらずや 白岩 三郎
足袋清く凱旋の友来りけり 森川暁水 淀
足袋甲の縫目鼻筋通す貴女 香西照雄 素心
足袋白き人の裏側まで知らず 林 翔
足袋白くくらしに甘え宥されず 鈴木真砂女 夕螢
足袋白くわれをいざなふ天高し 阿部みどり女
足袋白く人の愁にまじりけり 西島麦南 人音
足袋白く埃をさけつ大暑かな 室生犀星 犀星発句集
足袋白く衣食の道を求めけり 楠目橙黄子 橙圃
足袋白く踊りはじめし阿波踊 上崎暮潮
足袋白く霞の中をなほいでず 橋本多佳子
足袋穿くを見下し妻を葬に遣る 山口誓子
足袋綴りしもの赤う塵と片寄せつ 安斎櫻[カイ]子
足袋脱いて居るといふ也夜着の中 尾崎紅葉
足袋脱いで旅寝の衾短かり 萩原麦草 麦嵐
足袋脱いで眠りは森に入るごとし 神尾久美子 桐の木
足袋脱いで素足となりぬ花疲れ 田中冬二 俳句拾遺
足袋脱ぐやわが痩せし身を念ひいづ 石田波郷
足袋脱ぐや汝が肩埋めしかの雑踏 香西照雄 対話
足袋脱げばよみがへる梅雨の寝しなかな 中島月笠 月笠句集
足袋裏に東風の埃や茶屋廊下 阿部みどり女 笹鳴
足袋裏を向け合うて炉の親子かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
足袋買ふ老婆骨の窪より銀貨出し 宮坂静生 青胡桃
踊足袋ぴつたりと穿き皮膚となる 品川鈴子
身の髄まで侮蔑くひ込む足袋白し 稲垣きくの 黄 瀬
身を曲げて足袋脱ぐ豆を撒きし闇 野澤節子
身を飾るをみな淋しみ足袋をはく 大橋敦子
軒深く神に仕ふる足袋を干す 阿陪青人
遍路脱ぐ今日のよごれの白足袋を 中村草田男
遠き記憶甘く憂しく足袋に紐 富安風生
遠蛙その日の足袋はその夜洗ひ 鈴木真砂女 夕螢
遺影の前身をさかしまに足袋をはく 平井さち子 完流
酒運ぶ足袋のちらつく十二月 椎橋清翠
野良着脱ぎ神楽の足袋を穿きにけり 佐川広治
釣忍母在る限り足袋干され 鈴木栄子
鈍き日や白足袋干せる二三日 野村喜舟 小石川
降りかけの塀に倚りゐつ足袋を脱ぐ 原田種茅 径
陶工のろくろの足は足袋はかず 松岡巨籟
雨にじむにじむ鉾曳く白足袋に 山田弘子 初期作品
雨に来て足袋はきかへて盆の僧 小倉恵都子
雨の日のちやつきらことて足袋はかず 田中午次郎
雪ぬれの足袋ぬぎ訪ふに梅紅し 皆吉爽雨 泉声
雪の人袂に足袋を置きにけり 小杉余子 余子句選
雪の道足袋濡れて来て心細 星野立子
雪を来しまらうど足袋を焙りけり 野村喜舟 小石川
雪晴れに足袋干すひとり静かなる 沢木欣一 雪白
雪泥の足袋すててまた出づる子よ 古沢太穂 古沢太穂句集
雪解や古足袋からむ枳殻垣 金尾梅の門 古志の歌
雪解や鳥籠にかけて干せる足袋 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
雲の峰盲人しろき足袋穿けり 久保田万太郎 流寓抄以後
雲衲は足袋もうがたず大かがと 河野静雲
霜やけのかゆきをかくや足袋の穴 寺田寅彦
露地曲る足袋の白さや初稽古 八木浩二
革足袋や建前見舞ふ木工頭 喜谷六花
革足袋や野はあたたかに木瓜の花 銭し 三 月 月別句集「韻塞」
靴下の見當たらなくて足袋をはく 佐々木六戈 百韻反故 初學
頬ふれて足袋の乾きをたしかむる 赤松[ケイ]子
頼まれし妻の足袋買ふ一葉忌 福永耕二
髪詰めて教師となりし足袋をはく 柴田白葉女 遠い橋
鳥雲に入ると足袋反る橋掛り 高橋睦郎 稽古
鵙高音死ぬまでをみな足袋を継ぐ 渡辺桂子
鷺舞の老の白足袋光りけり 上野さち子
黄泉に発つ足袋白すぎる薄すぎる 石田阿畏子
黄菊白菊鞐もうすき女足袋 石川桂郎 含羞
黒足袋の聖處女ミサヘ磯づたひ 下村ひろし 西陲集
黒髪や足袋干す下の梳り 野村喜舟 小石川

足袋 補遺

あちら向き古足袋さして居る妻よ 正岡子規 足袋
あやめ咲きつぎをあてたる足袋をはく 桂信子 月光抄
いち日で足袋は乾かず花八ッ手 鈴木真砂女 都鳥
いつも留守足袋を一つか二つ干し 波多野爽波
うまし世の足袋の先まで来たりけり 永田耕衣
かくも小さき白足袋ありし七五三 林翔
かなかなにマタギ皮足袋雪恋ふや 石川桂郎 高蘆
かなかなに履く足袋ほそき思ひかな 石川桂郎 含羞
けふもはく娑婆苦の足袋のしろかりき 飯田蛇笏 山響集
こころみに足袋ぬぎし日や花あしび 林翔 和紙
この家の足袋干す墓石軒端より 山口青邨
すすり泣く艶容足袋をしろうしぬ 飯田蛇笏 山響集
ただ白き足袋をたのみや業平忌 中村汀女
ちごわにたけなが亡母の足袋に足つつこみ 三橋鷹女
つゆじもや発つ足袋しろくはきかふる 橋本多佳子
なりはひの足袋穿けど足袋は継がず 鈴木真砂女 居待月
はきかへて足袋新しき遍路かな 星野立子
ひらひらと 妻の白足袋 樹海ゆく 伊丹三樹彦
ほととぎす足袋ぬぎ捨てし青畳 鈴木真砂女 夕螢
みちのくの子の赤足袋の鞐見え 阿波野青畝
みづからを憐れみ足袋のままに寝る 大野林火 方円集 昭和五十三年
もとほると言へるこころの足袋白し 後藤夜半 底紅
よこがほがわびしく足袋をはいてゐる 安住敦
わが足の格好の古足袋ぬぎすてる 尾崎放哉 須磨寺時代
われの足袋祚いふこときかぬかな 阿波野青畝
一日の疲れの足袋を脱ぎ揃へた揃ふ 中川一碧樓
三日はや小童が足袋破れ初む 石塚友二 光塵
上向く芽洗濯の足袋みな破れ 西東三鬼
亡き友に足袋の句のあり遺児いかに 松崎鉄之介
人の世の女と生れ足袋をつぐ 上野泰
今ぬぎし足袋ひやゝかに遠きもの 細見綾子
今日に処す足袋の真白をはきにけり 中村汀女
今日足袋をはき替へにけり寒ければ 原石鼎 花影以後
今朝より冬黒ビロードのかがやく足袋 古沢太穂 古沢太穂句集
何か失ふ脱ぎし足袋より砂こぼれ 岡本眸
信心の祈り伏したる足袋のうら 星野立子
元日新しき足袋をはく幼きときより 荻原井泉水
元旦や前山颪す足袋のさき 飯田蛇笏 山廬集
兵の碑へ 白足袋進め 旗日の母 伊丹三樹彦
冷まじき面や足袋や薪能 石川桂郎 四温
凩に干す地下足袋の鞐の列 飯島晴子
出迎へし阿波の医師も踊足袋 飴山實 句集外
初夢もなく穿く足袋の裏白し 渡邊水巴 白日
初蝶を追ふと数歩の足袋はだし 上田五千石 田園
初飛行柿の木に子の足袋赤し 渡邊水巴 富士
千足袋の其まゝ氷る株かな 正岡子規 凍る
召されしといふはりつけの足袋はだし 平畑静塔
君來まさんと思ひがけねば汚れ足袋 正岡子規 足袋
啓蟄の足袋きつちりと穿きにけり 鈴木真砂女 紫木蓮
喀血す足形足袋を置きて臥す 石川桂郎 含羞
嘲笑に足袋の拇指出で抗ふ 岸田稚魚 雁渡し
嘲笑に足袋の親指出で抗ふ 岸田稚魚 負け犬
囀やなほ破れ足袋履き出づる 岸田稚魚 負け犬
地下足袋が踏んでおが屑霜まばら 佐藤鬼房
地下足袋に露踏む山の郵便夫 大野林火 雪華 昭和三十四年
地下足袋を霜に内輪の日傭女 伊丹三樹彦
地震すぎの更けし廊下に父の足袋 岡本眸
大寒に処す白すぎる足袋をもて 後藤比奈夫
大晦日蓬髪足袋をはきながら 赤尾兜子 [はやて]
大足の使徒となるかな足袋を脱ぐ 平畑静塔
天つ日は聖戦のひかり足袋をつぐ 渡邊水巴 富士
女には足袋の白さといへるもの 後藤比奈夫
妄想の足袋百間を歩きけり 永田耕衣
妻の足袋すでに汚れぬ死までの距離 小林康治 玄霜
妻今も紅足袋ちさし仕事多し 香西照雄 対話
妻死後を覚えし足袋のしまひ場所 能村登四郎
娘赤足袋男の子黒足袋著ぶくれて 星野立子
子の足袋を干すや木の枝青空に 細見綾子
対き合うて子が足袋穿けり日矢の中 石田波郷
小町足袋覆いて演ずる役のこと 後藤比奈夫
山登る地下足袋に吾が趾の股 山口誓子
干し足袋も鴨の形す湖辺宿 右城暮石 上下
干す足袋の雫も紺に日をはじく 伊藤白潮
干潟に立つ盛装の足袋脱ぎしのみ 山口誓子
干足袋に湿りのもどる昼の月 松村蒼石 雪
干足袋のまわりどうろの如廻り 上野泰
干足袋の天駆けらんとしてゐたり 上野泰 佐介
干足袋を飛せし湖の深さ哉 前田普羅 普羅句集
年明くとベツドに凭りて足袋はけり 石田波郷
底かたき足袋はきたればやや涼し 細見綾子
律僧の紺足袋穿つ掃除かな 正岡子規 足袋
御降りに新しき足袋ぬらしけり 尾崎放哉 大学時代
我が病臥足袋脱ぐ妻の後ろむき 石田波郷
手が足袋のコハゼかけられるほどの軽快 荻原井泉水
手と目のわざ色足袋えんじに糸を繰る 古沢太穂 古沢太穂句集
手を入れて干足袋ほぐす夕明り 岡本眸
拇指の股に集中足袋の継 後藤比奈夫
拇指反らす妻の新足袋子のスキー 香西照雄 対話
新しき足袋はきて足るいちにちは 伊丹三樹彦
旅嚢より足袋いだし履き山国ヘ 古沢太穂 古沢太穂句集
日向ぼこ足袋の甲よりぬくもり来 松崎鉄之介
晩春を吾が白き足袋汽車に乗る 細見綾子
暑に抗すとりわけ足袋の白きもて 鈴木真砂女 夕螢
月光の氷柱めぐらし足袋脱ぐよ 角川源義
朝の雨咋日の足袋をはきにけり 細見綾子 桃は八重
朝の雨昨日の足袋をはきにけり 細見綾子
末つ子の色足袋らしく脱がれあり 上野泰
末の子の足袋を穿きをる背中かな 上野泰
杣の子の白足袋總出三番叟 百合山羽公 樂土
松過ぎて足袋屋は足袋を作りをり 藤田湘子 神楽
梅が枝に干す足袋多し梅の園 山口青邨
梅の木に足袋をほす也年のくれ 正岡子規 年の暮
梅雨冷やこはぜもかけず足袋はいて 山口青邨
棒先に地下足袋これも鳥威し 右城暮石 天水
死を前にやぶれたる足袋をぬぐ 種田山頭火 自画像 落穂集
死出の足袋足にあまるや法師蝉 角川源義
死火山麓足蹴の形に足袋干され 鷹羽狩行
母の足袋汚れきつたり父死なす 小林康治 四季貧窮
母へ買ふ足袋の文数そらんずる 伊藤白潮
母訪はむ足袋のこはぜのはめ難し 永田耕衣
水仙に湯をいでて穿く毛足袋かな 飯田蛇笏 山廬集
水打つて足袋に及びし湿りかな 鈴木真砂女 都鳥
水無月やあしたゆうべに足袋替へて 鈴木真砂女
水無月やあしたゆふべに足袋替へて 鈴木真砂女 夕螢
水駅や外の枯木に足袋干せる 右城暮石 句集外 大正十五年
汚れし足袋ベツトの間に疲れ激し 岸田稚魚 負け犬
法善寺横丁をゆく足袋白く 後藤比奈夫
洗ひ足袋しつくりと身の一部かな 松崎鉄之介
海暮れて踊子の足袋白くめぐる 角川源義
湯上りの指やはらかし足袋のなか 桂信子 女身
湯所は白足袋穿いて按摩かな 尾崎放哉 中学時代
滝を見に谷底降る足袋白し(深田久弥氏夫妻と手取峡谷に遊ぶ三句) 細見綾子
炎天を戻りし足袋を洗ひけり 鈴木真砂女 紫木蓮
無精さや蒲團の中で足袋をぬぐ 正岡子規 足袋
父穿きし白足袋穿きし記憶なし 後藤比奈夫
片々に脱ぎし足袋夜が明けてゐし 右城暮石 句集外 昭和三十一年
片方の足袋のありしは障子ぎは 細見綾子
生涯をかけて色足袋すくはれず 飯田蛇笏 家郷の霧
病む人の足袋白々とはきにけり 前田普羅 普羅句集
病上り白足袋ゆるく人と逢ふ 野澤節子 未明音
痺れゐる足に足袋穿く危さよ 後藤比奈夫
癇性のすぐ雪晴に足袋干して 及川貞 榧の實
白足袋にいと薄き紺のゆかりかな 河東碧梧桐
白足袋に皺殖え老母花見得たり 香西照雄 素心
白足袋に褄みだれ踏む畳かな 杉田久女
白足袋の 小町で老いて 葛の花 伊丹三樹彦
白足袋のよごれ盡せし師走哉 正岡子規 師走
白足袋のチラチラとして線路越ゆ 中村草田男
白足袋の中へ白足袋妻在らず 中村草田男
白足袋の僧より落ちし名刺かな 桂信子 樹影
白足袋の汚れざりしがさびしき日 鷲谷七菜子 黄炎
白足袋の汚れはかなみ出勤せり 伊丹三樹彦
白足袋の熔岩原を踏み行けるかな 草間時彦 櫻山
白足袋の足をのせては鮓を圧す 阿波野青畝
白足袋はすいすいと行くものなりし 林翔
白足袋も青きつむりも身を鎧ふ 後藤比奈夫
白足袋をあやにも白く穿ちたり 日野草城
白足袋をはき温室の花に遇ふ 平畑静塔
白足袋を皺無く履きて人嫌ふ 岡本眸
白足袋を脱ぐに流れて天の川 野澤節子 八朶集以後
百姓の足袋の白さや野辺送り 松本たかし
破れ足袋やはたと夜の階のぼりゆく 石橋秀野
硝子戸の中の幸福足袋の裏 細見綾子 冬薔薇
禰宜達の足袋だぶ~とはきにけり 村上鬼城
窓は氷雨こはぜの固き足袋をはく 橋閒石 朱明
筆耕や足袋ぬぐことも片手もて 鷲谷七菜子 黄炎
紋服と白い足袋と出してあつて日盛り着て行く 荻原井泉水
紐足袋の昔おもへば雲がゆく 臼田亜郎 定本亜浪句集
紐足袋も義足の主の褄ずれや 河東碧梧桐
紺足袋の紺に好みのありしこと 後藤夜半 底紅
紺足袋や丁稚のころの紋日の香 村山故郷
絨毯に足袋重ねゐて椅子深く 杉田久女
罪障や足袋のこはぜは金の爪 岡本眸
老の歩を固めて足袋と藁草履 藤田湘子 てんてん
老婆掃く己が足袋の上掃き勝ちに 中村草田男
老足に足袋美しや二日灸 後藤夜半 底紅
肌ぬぎの白足袋の母乳をやる 高野素十
脱ぎし足袋ふところにして宮掃除 岡本眸
脱ぎし足袋冷えてよごれの目立つかな 野澤節子 未明音
脱ぎし足袋吹飛びぬかろんぜられぬ 中村草田男
脱ぎすてし紐付足袋も囚衣の色 能村登四郎
腰紐白足袋脱ぎあり仏壇之を護る 中村草田男
舞初めの足袋の汚れのなしとせず 鷹羽狩行
色足袋に馴れて女房らしくあり 上野泰 佐介
色足袋のななめ坐りの妻の刻 草間時彦 中年
色足袋のみつ子みなし子湯女づとめ 高野素十
色足袋や己れに負けしことはなく 鈴木真砂女 居待月
色足袋をはいて遠慮のいらない日 後藤比奈夫
色足袋を一足おろし冬に入る 後藤比奈夫
色足袋を買初めに町ぬかるみて 細見綾子 桃は八重
菊枯て垣に足袋干す日和哉 正岡子規 足袋
萸泉への足袋 穿かす 補聴器 眼鏡不要 伊丹三樹彦
蓑虫や足袋穿けば子もはきたがり 渡邊水巴 白日
薄氷や白さきびしき寡婦の足袋 日野草城
虫買はんとす汝が白足袋のぬれてゐる 大野林火 冬青集 雨夜抄
蚊喰烏足袋穿き替へる仕事前 鈴木真砂女
蚊喰鳥足袋穿き捨てといふ慣ひ 鈴木真砂女 居待月
蚊喰鳥足袋穿き替へる仕事前 鈴木真砂女 居待月
蝶あとさき 足袋脱いだ日の鼻緒ゆるみ 伊丹三樹彦
行きはわが足袋の真白く下萌ゆる 中村汀女
裏干しの足袋にも薬指小指 平畑静塔
裏白や新しき足袋さがしあて 石川桂郎 四温
角構へ小城下ながら足袋屋かな 河東碧梧桐
誕生日母に貰ひし足袋はきぬ 桂信子 月光抄
語りつつか白足袋二双下窓過ぐ 中村草田男
賽し去る娼婦足袋干す坊が妻 富安風生
赤足袋のこはぜとめ山国が故郷 細見綾子
赤足袋のふくらんだまま脱がれある 上野泰 佐介
足袋あかき妻が追ひゆく厨芥車 能村登四郎
足袋あかく槍俯きゆけり枯るる中 鷲谷七菜子 黄炎
足袋あぶる能登の七尾の駅火鉢(七尾線) 細見綾子
足袋かゞる一身の悔背にこめて 小林康治 四季貧窮
足袋きよく成人の日の父たらむ 能村登四郎
足袋つぐやノラともならず教師妻 杉田久女
足袋つづるくらくて低き灯の畳 長谷川素逝 村
足袋つゆにぬれつゝ仰ぐ天高し 及川貞 夕焼
足袋ぬいであかゞり見れば夜半の鐘 正岡子規 足袋
足袋ぬいでそろヘて明日をたのみとす 細見綾子
足袋ぬいでやはらかき母指嬰児とす 能村登四郎
足袋ぬいで石ころを捨てる 尾崎放哉 須磨寺時代
足袋ぬいで足のしめりを灯にさらす 大野林火 冬青集 雨夜抄
足袋ぬがぬ臥所や夜半の乳つくり 石橋秀野
足袋ぬぎし足につれなき畳かも 日野草城
足袋ぬぐに聖痕を見るごときかな 平井照敏 天上大風
足袋ぬぐや森に何棲む沖の島 角川源義
足袋ぬちに歩きづかれのほてりかな 中村草田男
足袋のこと手紙追ひ書きしたるかな 細見綾子
足袋の底記憶の獄を踏むごとし 平畑静塔
足袋はいて夜着ふみ通る夜ぞ更けし 飯田蛇笏 山廬集
足袋はいて朝のぬかるみ蒼きかな 大野林火 冬青集 雨夜抄
足袋はいて足定まりし寒露かな 百合山羽公 樂土以後
足袋はくやうしろすがたを見られつつ 大野林火 早桃 海風抄
足袋はくやうしろ姿を見られつつ 大野林火 海門 昭和十四年
足袋はくや吾子の足はいくつ入るらむ 篠原梵 年々去来の花 皿
足袋はくや年のをはりの朝日さす 森澄雄
足袋はくや愛の潮騒胸にきゝ 「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
足袋はくや故園の霜のくまなくて 百合山羽公 故園
足袋ばかり変らず九文七分かな 石塚友二 玉縄以後
足袋ぼこり買ひあぐねつつ外足に 香西照雄 対話
足袋よごし佇つ山陰に鴨啼けば 橋閒石 無刻
足袋をぬぎ袴をとりて涼しけれ 松本たかし
足袋をはくときさらさらと雪きこゆ 大野林火 冬青集 雨夜抄
足袋を穿くだけの十万億土かな 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
足袋を脱ぐ足のほてりや花疲れ 鈴木真砂女 生簀籠
足袋・靴下干して彩る有刺柵 伊丹三樹彦
足袋先の冷たさのみにかかはりて 中村汀女
足袋刺す夜の長さへ 母の上眼使い 伊丹三樹彦
足袋外套脱ぎ散らさでや孤独慣れ 石塚友二 方寸虚実
足袋少し汚し枯野を越え来たり 鈴木真砂女 夕螢
足袋干してあり老人のゐるらしき 亭午 星野麥丘人
足袋干すや女に緩き時の枷 上田五千石『森林』補遺
足袋底に滲む残雪橡芽吹く 松村蒼石 雁
足袋底のうすき汚れや松の内 三橋鷹女
足袋洗ひそれで和みて一日を 細見綾子 桃は八重
足袋濡らし来りて萩の黄葉の艶(唐招提寺二句) 細見綾子
足袋甲の縫目鼻筋通す貴女 香西照雄 素心
足袋白き人の裏側まで知らず 林翔
足袋白くくらしに甘え宥されず 鈴木真砂女 夕螢
足袋白くすこしも媚態あらざりき 飯田蛇笏 山響集
足袋白く人の愁にまじりけり 西島麦南 人音
足袋白く結び柳の裾踏まず 平畑静塔
足袋白く農婦に待たれ橋渡る 野澤節子 未明音
足袋白し「一日看護婦」立ち居てよ 平畑静塔
足袋白し靴の乱れのひまを行き 日野草城
足袋穿きて小鉤もかけず冬浅し 山口青邨
足袋穿くを見下し妻を葬に遣る 山口誓子
足袋脱いで顔のつめたき夕霞 飯田龍太
足袋脱ぐやわが痩身を念ひ出づ 石田波郷
足袋脱ぐや汝が肩埋めしかの雑踏 香西照雄 対話
足袋脱ぐ妻ひとりの衾踏み立ちて 石田波郷
足袋脱げば恨みびかりの鞐かな 林翔
足袋袷やりたや木曾ははや夜寒 山口青邨
足袋裏のかすかなる穢の二日かな 能村登四郎
足袋裏を向け合うて炉の親子かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
足袋褪せてゆるし戦後の一病者 石田波郷
足袋越しに足打ちし水重かりし 中村草田男
踏青や底薄き靴足袋めきて 香西照雄 素心
踏青や草履駒下駄足袋はだし 正岡子規 青き踏む
蹤く妻の 白足袋 稲架木の 縞影浴び 伊丹三樹彦
身の上を足袋にやつれし女哉 正岡子規 足袋
身を緊めてこはぜ固しよ洗ひ足袋 松崎鉄之介
軍靴地下足袋ホームへたたく冬の泥 古沢太穂 三十代
軒の足袋はづしてあぶりはかせけり 杉田久女
遍路脱ぐ今日のよごれの白足袋を 中村草田男
道端の萩赤し足袋はたきけり 尾崎放哉 大正時代
遠蛙その日の足袋はその夜洗ひ 鈴木真砂女 夕螢
野中にて生身の足袋を剥がれしとか 山口誓子
鍬始め地下足袋の跡ふんわりと 香西照雄 対話
陽炎へ をんなは白く足袋脱げり 富澤赤黄男
階降りくる 白足袋のもう穢されて 伊丹三樹彦
雪あかりの足袋の破れからつまさき 種田山頭火 自画像 落穂集
雪の道足袋濡れて来て心細 星野立子
雪泥の足袋すててまた出ずる子よ 古沢太穂 古沢太穂句集
青き足袋穿いて囚徒に数へらる 秋元不死男
青尼の盆の白足袋白鼻緒 百合山羽公 樂土
靴白きこと足袋白きことに似て 後藤比奈夫
鞦韆の赤の足袋裏もまた赤き 加藤秋邨
音もなく足袋のつぎしてゐし時間 細見綾子
頸き拇指蝸牛のごとく覗く足袋 中村草田男
額の花簾の裾を足袋の白 加藤秋邨
駒鳥や地下足袋に繩結び足し 石川桂郎 四温
鮎料理長き地下足袋脱がれあり 飯島晴子
鰥めくおのが履く足袋おのれ買ひ 安住敦
鳴り立つ落葉松足袋はく間も日の出すすむ 加藤秋邨
鴎来ぬ康治夫人が干す足袋に 草間時彦 中年
鶯や旅二日目の足袋替へて 安住敦
黄菊白菊鞐もうすき女足袋 石川桂郎 含羞
黒足袋や男のこころ明日へ向く 藤田湘子 神楽

足袋 続補遺

あさましや足袋に足袋はく虚労病 黒柳召波
いそがしや足袋売に逢うつの山 其角 五元集
すべつたか革足袋はいた初とがめ 園女
ちる花や毛氈ふるふ足袋の砂 昌房
はつ雪の足袋かん板にかゝりけり 寥松 八朶園句纂
ふつゝかに革足袋はいて袷哉 凉菟
むすぼれやいたく酔ぬる夫の足袋 三宅嘯山
一列は正月足袋の花見かな 野坡
両脇に足袋屋の弟子の寒さ哉 毛〔ガン〕
乾鮭は足袋干杭と成にけり 露川
京の地を放れてみるや紺の足袋 五明
佗しさや立かゞまりて足袋の紐 土芳
出女房や六斎男足袋でまつ 蘆本
初秋や数寄屋足袋はく草履取 許六
千代かけて結び納む閨の足袋 土芳
古足袋の世に嫌るゝうれしさよ 舎羅
古足袋の四十に足をふみ込みぬ 嵐雪 いつを昔
古足袋や色有はなほうとましき 寥松 八朶園句纂
女足袋紫野行くゆかりなり 椎本才麿
強からぬ絹やおゝなの*足袋なれば 三宅嘯山
懐に足袋あたゝむるわかれ哉 尚白
扨あかき娘の足袋や都どり 黒柳召波
更衣古足袋くさくなりにけり 舎羅
正月はみなが足袋はく月夜哉 鈴木道彦
正月や皮足袋白き鍛冶の弟子 高桑闌更
水せんや藜携ふ*足袋頭巾 三宅嘯山
沓足袋や鐙にのこる初ざくら 其角
海士の子の足袋はく姿見る世哉 西鶴
町人はけふから足袋の節句かな 馬場存義
禅門の革足袋おろす十夜哉 許六
維ぎ舟蜑の小櫛や袋足袋 興也 富士石
脱である*足袋なつかしき細み哉 三宅嘯山
花足袋のあとさへもなき霜の上 寥松
若菜摘足袋の白さよ塗木履 支考
親指の隔を足袋の風情かな 三宅嘯山
起出て事しげき身や足袋頭巾 其角
足耻る女に足袋を撰せけり 蓼太 蓼太句集二編
足袋の土きのふ摘菜の余波哉 亀世
足袋の紐お側去らずの痛サかな 抱一 軽挙観句藻
足袋はいてじつとして居る時雨哉 杉風
足袋はきて寐る夜隔そ女房共 嵐雪
足袋売の声うち曇師走哉 高井几董
足袋売やたびかさなれば学鰹 其角
足袋打音隣の冬の今宵哉 尚白
足袋脱で小石振ふや菫草 露印
革足袋で村あるかるゝ医師哉 黒柳召波
革足袋のにほひもしらず更衣 凉菟
革足袋や野は暖かにぼけの花 許六
鴬や足袋はきかゝる障子越 牧童

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 17:16 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26587998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング