懐手 の俳句

懐手 の俳句

懐手 の例句


懐手 補遺

えいのごとゆらぎそめたる懐手 藤田湘子
から駕や梅の中行懐手 高井几董
じだらくに女がしたる懐手 高浜年尾
だんまりを解く機うしなふ懐手 上田五千石『琥珀』補遺
はしたなく見られもしたり懐手 高浜年尾
ふところ手かく深くして老いゆくか 能村登四郎
ふところ手こころ見られしごとほどく 中村汀女
ふところ手してありありと咳窶れ 能村登四郎
ふところ手して通りけり年の市 森澄雄
ふところ手して雪女まかり出づ 鈴木真砂女 紫木蓮
ふところ手男の優雅さながらに 能村登四郎
ふところ手臍に触れたるなつかしき 能村登四郎
ままごとのわらべのしたる懐手 飴山實 花浴び
もののふの隼人とぶらふ懐手 阿波野青畝
われとわが冷えてゐし身に懐手 中村汀女
メリーゴーラウンドその番人の懐手 中村草田男
世話ずきを見て笑ひゐて懐手 阿波野青畝
人買や懐手して頽風行 東皐
今燃えし手を懐手して妻送る 岸田稚魚 負け犬
何もなき懐手して雁の列 平井照敏 猫町
何を手握る銅像も懐手 山口誓子
初霜や黒木いたゞく懐手 露川
去年よりも自愛濃くなる懐手 能村登四郎
吾子の母乳房もやすき懐手 中村草田男
喜捨函をつるし傷痍の懐手 阿波野青畝
夕闇は地から湧くもの懐手 能村登四郎
夜は寒き片懐手稿をつぐ 山口青邨
大伽藍われを呑むべく懐手 山口青邨
夫と子をふつつり忘れ懐手 中村汀女
妻亡きは吾のみならず懐手 松崎鉄之介
少姐(シャオチェ)と握手のあとの懐手 鷹羽狩行
山の子の出迎へくるる懐手 後藤比奈夫
山の子は山の入日に懐手 福田蓼汀 山火
帰花に盗気はなし懐手 中川乙由
年の市師走坊主の懐手 〔ブン〕村
懐手して 寒雲は流れやまず 富澤赤黄男
懐手しても詮なししなくても 亭午 星野麥丘人
懐手して上段に瀧の音 古舘曹人 砂の音
懐手して考への門にをり 上野泰
懐手して萬象に耳目かな 松本たかし
懐手して説くなかれ三島の死 阿波野青畝
懐手して躓きぬ老あはれ 川端茅舎
懐手して鍛冶の火を見る子かな 上野泰 佐介
懐手して電燈を仰ぐ子よ 高野素十
懐手すぐぬくもるや疲れたり 野澤節子 未明音
懐手ときしばかりに灯をともす 高浜年尾
懐手は竜馬に如かず 石蕗の花 伊丹三樹彦
懐手ばかりの群の競馬目指す 伊丹三樹彦
懐手やめてあそぶや花篝 阿波野青畝
懐手リフトの角に肩嵌めて 岡本眸
懐手人に見られて歩き出す 香西照雄 対話
懐手剣を蔵すや恋秘むや 山口青邨
懐手大志いだくが如くゆく 山口青邨
懐手故郷の町も久しぶり 福田蓼汀 山火
懐手海鴎擾乱の中にあり 古舘曹人 樹下石上
懐手解かぬは御空広きゆえ 斎藤玄 雁道
懐手解けば鯛焼の香なりけり 水原秋櫻子 餘生
新聞配達今了りたる懐手 香西照雄 対話
昂然と今無為ならぬ懐手 林翔 和紙
易道にふりまはされて懐手 阿波野青畝
昨夕に似て昨夕より深き懐手 斎藤玄 雁道
晴富士の器量に対す懐手 上田五千石 天路
書きだめて手紙ふところ青田道 石橋秀野
書き出しのまとまるまでの懐手 鷹羽狩行
朝よりの懐手出し遊びけり 山口誓子
東京にまれの星空懐手 森澄雄
柩担ぐ男片手を懐手 香西照雄 対話
水鳥やマントの中のふところ手 原石鼎 花影
病床にありて自然に懐手 高浜年尾
石円し石に腰掛け懐手 三橋鷹女
石橋に懐手する子のゆふべ 山口誓子
福達磨購はむと解きし懐手 岡本眸
笹鳴の来しふところ手ほどきけり 石田波郷
糶はじまるまでは女も懐手 松崎鉄之介
自愛これなるべし而立の懐手 鷹羽狩行
芦火の前虚子懐手してとほる 山口青邨
英霊車去りたる街に懐手 石田波郷
苺食ひ談了りたる懐手 石田波郷
茶の花や人の心はふところ手 仙化
藪入や小銭かそふる懐手 正岡子規 藪入
虚子悠然句帳もろとも懐手 山口青邨
袂には風がはためく懐手 林翔
西京の山ふところに懐手 佐藤鬼房
解けば子のものなり父の懐手 鷹羽狩行
買物の妻にしたがひ懐手 上村占魚 球磨
通天を小走りながら懐手 阿波野青畝
遠濤のさえざえとある懐手 鷲谷七菜子 花寂び
選句地獄のただなかに懐手 鷹羽狩行
都鳥はまたたつ鳥や懐手 中村汀女
銭湯に嫌々来る懐手 山口誓子
雪の上に懐手して集まれる 高野素十
麦すべて倒したる野や懐手 渡邊白泉

以上


by 575fudemakase | 2017-01-27 17:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26588030
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング