空風 の俳句

空風 の俳句

空風

例句を挙げる。

すがれたる蔓の蔓打つ空つ風 高澤良一 ぱらりとせ
上州の空つ風さへなく晴れて 稲畑汀子
人間の嘘生きはしる空つ風 能村登四郎
八束亡く憂き世仮の世空つ風 小出秋光
吹き寄せられてゆく東京の空つ風に 高澤良一 ねずみのこまくら
垣の上の舟の舳や初御空 風生
手の空や蝉殻の空風が過ぐ 櫛原希伊子
日の光まぜつ返して空つ風 檜 紀代
東京に疲る空風に髪吹かれ 橋本美代子
清教徒着きし岬の空つ風 仙田洋子 雲は王冠
牛は生涯大空を見ず空つ風 宮武寒々
牡蠣殻の山空風と馴れ合ふよ 百合山羽公 寒雁
物売りの声のとぎるる空つ風 貴田将子
百獣の王寝てばかり空つ風 高澤良一 寒暑
目に耳に又空風が余るなり 相生垣瓜人 明治草抄
空つ風どんと吾が家を衝きにけり 高澤良一 さざなみやっこ
空つ風六区は塵をとばすばかり 千葉玲子
空つ風埃吹き上げ慈善鍋 高野素十
空つ風忘れて過ぎし菊屋橋 石川桂郎 高蘆
空つ風濁りし胸の打診音 村本畔秀
空風にかなしき胼のきれにけり 阿部みどり女 笹鳴
空風にご幣ひらひら道祖神 斉木 うた子
空風にガサツな歩き方通す 高澤良一 寒暑
空風に乾びてゐたり氷下魚売 金箱戈止夫
空風に園児吹き飛ばされしとか 川井 梅峰
空風に場所を置き去る靴磨 百合山羽公 寒雁
空風に逆らふ睫毛もてあます 長谷川かな女 雨 月
空風の道ゆくは野良人ばかり 太田鴻村 穂国
空風は青空の日を支へたる 阿部みどり女
空風も詰めだるま籠真ッ赤なり 宮津昭彦
空風や吹き分れたる石たゝき 島村元句集
空風や湾口に泛く荷物船 飯田蛇笏 雪峡
空風や練馬の駅の大泉 石塚友二 光塵
空風や鎖骨に触るる主治医の手 高澤良一 寒暑
空風を繰り出して山何もなし 百合山羽公 寒雁
竹藪の日を踊らせて空つ風 福田千栄子
翔ちし鷺吹き戻されし空つ風 永井善郎
胸中に抱く珠あり空つ風 富安風生
自販機の明るき路地の空つ風 佐倉あさ子
蕎麦食ひに出て父の忌の空つ風 奈良文夫
赤城山までがこの村空つ風 岸善志
路鋲ふむ靴のあらたに空つ風 飯田蛇笏 雪峡
遮れる何物もなく空つ風 豊田光世
風の無い夜は厭だと空つ風に死にゆけり 石橋辰之助
鯔網に冬ふかみつつ空つ風 飯田蛇笏 雪峡

空風 補遺

わが伏屋吹つとばさんず空つ風 富安風生
三叉の花に落ちくる空つ風 山口青邨
北颪白き手が来て髪を剃る 赤尾兜子 歳華集
大き湖据う遠州の空つ風 大野林火 月魄集 昭和五十六年
大年の一空つ風わが舞ひぬ 岸田稚魚 紅葉山
夷俘の血を呼び北颪身ぬち過ぐ 佐藤鬼房
小わつぱのちさき争ひ空つ風 上村占魚 鮎
彼の茶屋にラムネ飲みしが空つ風 永田耕衣
曾祖父仙蔵以前姓なし空つ風 三橋敏雄
枯桑に咋日も今日も空つ風 高浜年尾
柴小屋に空風わたるくき菜哉 三宅嘯山
湖波をそそのかしゐる北颪 上村占魚
牡蠣殻の山空風と馴れ合ふよ 百合山羽公 寒雁
産土の砂が砂擦る空つ風 三橋敏雄
白みゆく空風もなく海は堪へたり 種田山頭火 自画像 層雲集
目に耳に又空風が余るなり 相生垣瓜人 明治草抄
目に耳に又空風が餘るなり 相生垣瓜人 明治草
空っ風の強き日餅の焼きざまし 橋閒石
空つ風にアカハタの歌一襤褸 角川源義
空つ風の強き日餅の焼きざまし 橋閒石 朱明
空つ風忘れて過ぎし菊屋橋 石川桂郎 高蘆
空つ風痩身の師の飄とありき 金子兜太
空風が耳をちぎりに来りけり 相生垣瓜人 明治草
空風に場所を置き去る靴磨 百合山羽公 寒雁
空風に打擲されて我慢せり 相生垣瓜人 負暄
空風の浜松小隊社会鍋 百合山羽公 樂土以後
空風や湾口に泛く荷物船 飯田蛇笏 雪峡
空風や練馬の駅の大泉 石塚友二 光塵
空風を繰り出して山何もなし 百合山羽公 寒雁
聖日の兵ら艀に空つ風 飯田蛇笏 白嶽
花束だって貰うさ 空っ風野郎 伊丹三樹彦
行くさ来さ中山道は北颪 三橋敏雄
赤城颪となるまではただ空つ風 加藤秋邨
路鋲ふむ靴のあらたに空つ風 飯田蛇笏 雪峡
飛花たかく瑠璃空風は濁りけり 西島麦南 人音
鯔網に冬ふかみつつ空つ風 飯田蛇笏 雪峡

以上

by 575fudemakase | 2017-01-27 17:57 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26588069
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング