冬凪 の俳句

冬凪 の俳句

冬凪

例句を挙げる。

わが車窓板張りに寒凪の海 林原耒井 蜩
世を捨てしごと冬凪の波止に釣る 上崎暮潮
伊吹峨々と眉に迫りて冬凪げり 高木蒼梧
光る海光らぬ熔岩と冬凪げり 下村ひろし 西陲集
冬凪いでゐても欠航なりし霧 稲畑汀子
冬凪ぎて勅語ひゞきし御空なる 渡邊水巴 富士
冬凪ぎて砂に小貝の美しく 吉屋信子
冬凪ぎて黄泉比良坂どの撓ぞ 宮津昭彦
冬凪ぎにまゐる一人や山神社 飯田蛇笏 霊芝
冬凪ぎの山国目覚め黒き猫 五十嵐春草
冬凪げる湖心に遇ひし雁の列 相馬遷子 山国
冬凪げる瀬戸よ比売宮ふしをがみ 杉田久女
冬凪といふと雖も浪の音 高浜虚子
冬凪に六万五千トンの航く 稲畑廣太郎
冬凪に冥き沖あり河豚干さる 高本松栄
冬凪に老の美貌をしげしげと 大塚去村
冬凪のおろかに晴るる芯にゐて 平井照敏 天上大風
冬凪のさざ波天に連なりぬ 工藤久平
冬凪のしづけさ空の鳶にまで 永田耕一郎 雪明
冬凪のつひにしづめる日なりけり 久保田万太郎 流寓抄
冬凪の伊豆見通しにつばき御所 荒井正隆
冬凪の倒れくるもの本その他 永末恵子 発色
冬凪の松傾くに貯木守る 木村蕪城 寒泉
冬凪の檸檬色づくほのかなり 水原秋櫻子
冬凪の波こそ愛せあはうどり 大木あまり 火球
冬凪の波止に荷下ろす旅一座 伊東白楊
冬凪の海の上まで鳥羽市内 右城暮石 上下
冬凪の海岸の家の若き人の死 梅林句屑 喜谷六花
冬凪の海岸道路出来つゝあり 高濱年尾 年尾句集
冬凪の海引き潮か満ち潮か 鈴木半風子
冬凪の漁舟きらめくもの積めり 米澤吾亦紅
冬凪の虚子先生の浜に来し 後藤比奈夫
冬凪の表面張力妻の恋 高橋彩子
冬凪の馬体たびたび現はると 中田剛 珠樹以後
冬凪の魚油浮く潮に堂の影 下村ひろし 西陲集
冬凪は余りに淋し菊を切る 宮崎 寒水
冬凪やうしろ手に待つ島渡舟 塙 三千男
冬凪やひたと延べあふ岬二つ 井沢正江
冬凪やめし白ければまた涙 宇佐美魚目 秋収冬蔵
冬凪や一木の齢ここに澄む 赤尾兜子
冬凪や埠頭倉庫は荷の満てる 五十嵐播水 埠頭
冬凪や岩のくぼみに小蟹這ふ 河本好恵
冬凪や橋の上から鯊釣って 鈴木真砂女
冬凪や比枝の杉間の琵琶巨細 東洋城千句
冬凪や水に映れる船の文字 加藤霞村
冬凪や沖の巨船の向き変る 久米谷和子
冬凪や漁師ばかりの理髪館 水野李村
冬凪や煙のごとき雑木山 高須茂
冬凪や置きたるごとく桜島 轡田 進
冬凪や老いても太き祖父の腕 安部亜紀
冬凪や身透きし烏賊を干しならべ 北野民夫
冬凪や鉄塊として貨車憩ふ 木下夕爾
大御空敵機それしか冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
寒凪ぎのせきれいつぐむ谷の石 中勘助
寒凪ぎの高鳥見ゆる峠かな 乙字俳句集 大須賀乙字
寒凪ぐや比叡頂きはとんがり帽 及川貞
寒凪といへども枕ひびきけり 黒田杏子
寒凪のたまたまかすみわたりけり 久保田万太郎 流寓抄
寒凪のひと日の起居のぞかばや 金尾梅の門 古志の歌
寒凪の初場所日和つヾきけり 久保田万太郎 流寓抄
寒凪の夕月早く葱掘れる 金尾梅の門 古志の歌
寒凪の夜の濤一つ轟きぬ 川端茅舎
寒凪の孤舟となりて鯛を釣る 佐野まもる 海郷
寒凪の微塵もたゝぬ家居かな 金尾梅の門 古志の歌
寒凪の担架の空の屋根ばかり 太田鴻村 穂国
寒凪の水にやすらふ羽虫かな 渡辺水巴 白日
寒凪の沖の小島ゆ雲に伏す 田中水桜
寒凪の海へ寒河の光りゆく 百合山羽公 寒雁
寒凪の海を動かす澪つくし 百合山羽公 寒雁
寒凪の渦をゆたかに押しながす 佐野まもる 海郷
寒凪の筬の音追ふ筬の音 殿村莵絲子 雨 月
寒凪の網そそぐ音江におこる 木村蕪城 寒泉
寒凪の落木もろく踏まれけり 西島麦南 人音
寒凪の鴎かたむき水尾に下る 米沢吾亦紅 童顔
寒凪やなかなか消えぬ汽車の尻 飴山實 少長集
寒凪やはるかな鳥のやうにひとり 清水径子
寒凪やタブの影おく海鼠の江 前田普羅 能登蒼し
寒凪や亀甲厚き松の瘤 百合山羽公 寒雁
寒凪や伊根の舟屋は魚籠を干し 秋田安穂
寒凪や歩いて行けさう初島は 和田 祥子
寒凪や水平線に船生れし 東 容子
寒凪や浅からぬ遠ちの友来る日 及川貞 榧の實
寒凪や積木のごとき山の墓 岡本高明
寒凪や薩摩切子も海のいろ 大立しづ
寒凪や重なる伊豆の島ふたつ 三溝沙美
寒凪や銀河こぼるゝなまこの江 前田普羅 能登蒼し
忘却の冬凪身もだえ詑ぶ者無し 香西照雄 対話
戦場に続く海なり冬凪げる 水原春郎
柿の木のしだれ照る実の冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
残照といへど寒凪の起重機にのみ 米沢吾亦紅 童顔
猫柳寒凪ぎに似し日嫋々 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
男は次郎長の清水の海の冬凪 中塚一碧樓
聖堂を芯に一湾冬凪げり 下村ひろし 西陲集
荒野深く実生の松の冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
農の閑愛書ひたすら冬凪す 飯田蛇笏 春蘭
返照におちょろ船かも冬凪ぎて 及川貞 夕焼

冬凪 補遺

佐渡曇る冬凪趺坐のミイラ仏 角川源義
冬凪いで骨壷のこと筆のこと 岡井省二 有時
冬凪ぎて勅語ひゞきし御空なる 渡邊水巴 富士
冬凪ぎて龍馬着袴の後姿 山口誓子
冬凪ぎにまゐる一人や山神社 飯田蛇笏 霊芝
冬凪げる和布刈の磴に下りたてり 杉田久女
冬凪げる湖心に遇ひし雁の列 相馬遷子 山国
冬凪に写せし写真五六枚 右城暮石 句集外 昭和二十四年
冬凪に連ねて巌のロザリオよ 上田五千石 天路
冬凪に適ひて市場言葉かな 飯田龍太
冬凪のおろかに晴るる芯にゐて 平井照敏 天上大風
冬凪のまさにちりめん波なりし 清崎敏郎
冬凪の七里沖縄直ぐそこに 山口誓子
冬凪の兵粮山は烏山 佐藤鬼房
冬凪の小島丸ごと買ひたしや 右城暮石 虻峠
冬凪の松傾くに貯木守る 木村蕪城 寒泉
冬凪の櫓の音きこゆ懺悔台 水原秋櫻子 蓬壺
冬凪の波打際をしやがみ聴く 三橋敏雄
冬凪の海おもひをり人泊めて 飯島晴子
冬凪の海の上まで鳥羽市内 右城暮石 上下
冬凪の海補陀落の天へ充つ 右城暮石 句集外 昭和五十四年
冬凪の畦のそこらに剪りしとや 山口青邨
冬凪の虚子先生の浜に来し 後藤比奈夫
冬凪の雌山は裾をひろげたり 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
冬凪の鳥ゐて墓石風化せり 橋閒石 朱明
冬凪やいくにち繋がるソ連船 阿波野青畝
冬凪や地にありありと俵痕 能村登四郎
冬凪や島のみどりはどれも松 上村占魚
冬凪や橋の上から鯊釣つて 鈴木真砂女 居待月
冬凪や櫂へらへらと島渡舟 富安風生
冬凪や浦は蒲公英咲くところ 高屋窓秋
冬凪や網干す人も顔なじみ 鈴木真砂女 夏帯
冬凪や越前岬まで行かず 星野麥丘人
冬凪を家一ぱいにして咳す 右城暮石 句集外 昭和二十四年
大御空敵機それしか冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
孫三人竿三本持たせ冬凪あたたかし 荻原井泉水
寒凪に魚貝そろひしちらし鮨 水原秋櫻子 緑雲
寒凪の夜の濤一つ轟きぬ 川端茅舎
寒凪の島の一日暮るる刻 岸田稚魚 紅葉山
寒凪の日も人を焼く黒けむり 日野草城
寒凪の日暮夫婦に方位盤 佐藤鬼房
寒凪の水にやすらふ羽虫かな 渡邊水巴 白日
寒凪の海へ寒河の光りゆく 百合山羽公 寒雁
寒凪の海を動かす澪つくし 百合山羽公 寒雁
寒凪の海を普賢と思ひをり 岡井省二 鹿野
寒凪の網そそぐ音江におこる 木村蕪城 寒泉
寒凪の落木もろく踏まれけり 西島麦南 人音
寒凪やなかなか消えぬ汽車の尻 飴山實 少長集
寒凪やタブの影おく海鼠の江 前田普羅 能登蒼し
寒凪や亀甲厚き松の瘤 百合山羽公 寒雁
寒凪や初更の煙まつすぐに 石橋秀野
寒凪や妻に送られかの舟も 高田風人子
寒凪や浅からぬ遠ちの友来る日 及川貞 榧の實
寒凪や礁に乾く蜑草履 富安風生
寒凪や舞ひ澄む鳶の眼にはつと 川端茅舎
寒凪や草にこぼれし青ペンキ 岡本眸
寒凪や銀河こぼるゝなまこの江 前田普羅 能登蒼し
師の賜ひたる寒凪を見て飽かず 岡本眸
忘却の冬凪身もだえ詑ぶ者無し 香西照雄 対話
柿の木のしだれ照る実の冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
父の忌日が来る冬凪潮のうごき 中川一碧樓
男は次郎長の清水の海の冬凪 中川一碧樓
胸中にあり冬凪の街の河 右城暮石 句集外 昭和二十三年
荒海に大冬凪の二三日 阿波野青畝
荒野深く実生の松の冬凪ぎぬ 渡邊水巴 富士
農の閑愛書ひたすら冬凪す 飯田蛇笏 春蘭
農閑の愛書ひたすら冬凪す 飯田蛇笏 心像
返照におちょろ船かも冬凪ぎて 及川貞 夕焼

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:21 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26589120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング