霜除 の俳句

霜除 の俳句

霜除

例句を挙げる。

すべて為せしごとく霜除の藁結ぶ 加倉井秋を 午後の窓
たそがれの霜除に来し霰かな 大峯あきら 宇宙塵
わが作る霜除の藁ばさとばさと 皆吉爽雨 泉声
伊達結びして霜除の何やらむ 富安風生
夏みかんに霜除け笹し河豚の宿 田中冬二 若葉雨
大寺や霜除しつる芭蕉林 村上鬼城
大雑把にも霜除の積りかや 白石天留翁
挿しいそぐ霜除笹や風夕べ 太田 蓁樹
春近し霜除笹のささやけば 鈴木青園
月光に霜除も花も埋るかな 中島月笠 月笠句集
枯櫟霜除したる木に隣る 銀漢 吉岡禅寺洞
武蔵野の霜除の笹ところどころ 清家桂三郎
独霜除を作る冬の鵙がだまつて働く 梅林句屑 喜谷六花
結ひ上げし霜除の藁匂ひけり 倉田静子
霜除けて拾ひし珠や掌に赤く 長谷川かな女
霜除けの笹の小揺れに初雀 田中冬二 俳句拾遺
霜除けの藁に痩穂の付きしまま 斉藤葉子
霜除けを解くもの鹿火屋にもありぬ 茨木和生
霜除すあるじがのこせし牡丹に 阿部みどり女 笹鳴
霜除すなほ玉を巻く芭蕉より 篠田悌二郎
霜除す芭蕉大人童子かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
霜除としたり僧衣のやうなもの 吉本伊智朗
霜除にさや~と来ては粉雪やみぬ 青峰集 島田青峰
霜除にちらり~と凧の影 池内たけし
霜除にぬれさぎ白き障子かな 増田龍雨 龍雨句集
霜除に眼鏡を忘れ一夜過ぐ 山口青邨
霜除に翌朝霜を見たりけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
霜除に菜の花黄なりお正月 村上鬼城
霜除に霜なき朝の寒さかな 高浜虚子
霜除の*ほう鬆(ほうしょう)と春立ちにけり 茅舎
霜除のぽくぽくふくれ大蘇鉄 石崎 晋象
霜除の下離々として野は葛飾 山口青邨
霜除の中に蕾みし冬牡丹 鈴木花蓑句集
霜除の中の草木や雪の中 温亭句集 篠原温亭
霜除の中の跼んでをりにけり 後藤立夫
霜除の家に赤子の生れけり 上野泰子
霜除の影のあゆめる障子かな 大橋櫻坡子 雨月
霜除の影引く影のさま~に 萩原寿水
霜除の畝とりどりに薬草園 長屋せい子
霜除の縄なが~と解かれけり 銀漢 吉岡禅寺洞
霜除の縄の結びめきく~と 高浜虚子
霜除の藁かぐはしや鴬巣駅 草間時彦 櫻山
霜除の藁かこふ暗みぬくからむ 野沢節子
霜除の藁が日を溜め母遠し 石田波郷
霜除の藁に降る雨だけ見えず 後藤比奈夫
霜除の藁結ひしたのしさあまる 加倉井秋を 午後の窓
霜除の蜜柑山わが見舞ふのみ 百合山羽公 寒雁
霜除の門の芭蕉に及びけり 黒田杏子 花下草上
霜除の雪ふはふはと日にとべり 阿部みどり女
霜除はみな牡丹や中尊寺 宮下麗葉
霜除は納豆の苞や牡丹の芽 渡辺水巴 白日
霜除やこころにくくも蝶の影 阿波野青畝
霜除や三重丸の日を天に 田中芥子
霜除や下駄の鼻緒の朱も失せて 田中裕明 山信
霜除や大和三山暮れつつあり はりまだいすけ
霜除や日表の洋館日裏の和館 島村はじめ
霜除や月より冴ゆるオリオン座 渡辺水巴
霜除や月を率き行くオリオン座 渡辺水巴 白日
霜除や月を率てゆくオリオン座 渡辺水巴
霜除る菊の小庭や敷松葉 井月の句集 井上井月、下鳥勲編
霜除をしてゐるらしや針仕事 阿部みどり女 笹鳴
霜除をして高きもの低きもの 本郷昭雄
霜除をとりし牡丹のうひ~し 高浜虚子
霜除をとればぱらぱら落つ葉かな 高野素十
霜除を外して去りぬ甘利山 斉藤夏風
霜除を怪しみ鶏のついばめる 白岩 三郎
霜除を終へたる木々の夜を迎ふ 銀漢 吉岡禅寺洞
霜除を見しのみ道をいそぐのみ 阿部みどり女
霜除を解かざる寺に忌を修す 森田峠
風吹いて大霜除に水の玉 田中裕明 花間一壺
黄水仙に尚霜除のありにけり 長谷川零余子
おほかたの星そろひけり霜囲 大峯あきら 宇宙塵
万葉の木々育苗の霜囲 茨木和生 倭
喪の庭の手つかずにあり霜囲 山田弘子 螢川
庵主の好きなものから霜囲ひ 後藤比奈夫
役に立つとも思はれぬ霜覆 稲畑汀子
時といふものに目かくし霜囲 上野 泰
男霜女霜とや霜囲ひ 青山 冬至
藁担ぎ来て甘藷穴の霜覆 根岸善雄
裏山に風の荒れゐる霜囲 ほんだゆき
霜囲ひしたる二三も見かけたる 清崎敏郎
霜囲ひしてあり庭の花三種 伊藤観魚
霜囲時には外し日を入るゝ 浅井青陽子
葉ぼたんの霜よけ住吉さまの母子 昆 みき

霜除 補遺

おちぶれて霜も防がぬ牡丹哉 正岡子規 霜除
たらちねの遺愛の蜜柑霜よけす 正岡子規 霜除
ていねいに霜囲ひして何ならん 清崎敏郎
丁寧に霜よけしたる蘇鐡かな 正岡子規 霜除
何の木そ霜よけしたる塀の内 正岡子規 霜除
初日うらうら霜除の下紅粉花そだつ 山口青邨
大寺や霜除しつる芭蕉林 村上鬼城
小松菜に霜よけしたる畠かな 正岡子規 霜除
尼寺の藁あたらしき霜覆 亭午 星野麥丘人
庵主の好きなものから霜囲ひ 後藤比奈夫
時といふものに目かくし霜囲 上野泰
暮六つの何とわかねど霜囲ひ 清崎敏郎
牡丹ありし處なるべし霜掩ひ 正岡子規 霜除
牡丹の芽に霜囲花に苞 後藤比奈夫
神前の橘の木に霜よけす 正岡子規 霜除
移し植ゑて霜よけしたる芭蕉哉 正岡子規 霜除
舶來の大事の木なり霜掩ひ 正岡子規 霜除
藁密に並べて何の霜囲 右城暮石 散歩圏
蘇鉄にも厚手当や霜覆 桃隣
金魚囲ふ霜除よりも懇ろに 百合山羽公 樂土以後
霜よけの俵破れし霰かな 正岡子規 霰
霜よけの出来たる庭をひとめぐり 上村占魚 球磨
霜よけの垣の北側残る雪 正岡子規 残雪
霜よけの笹に風吹く畠哉 正岡子規 霜除
霜よけや牡丹の花の一つ咲く 正岡子規 霜除
霜囲しありし故に覗かるる 後藤比奈夫
霜囲してある裾に萌ゆるもの 清崎敏郎
霜囲ひしたる二三も見かけたる 清崎敏郎
霜囲めをとのごとくそれは牡丹 山口青邨
霜掩ひ蘇鐵は泣かずなりにけり 正岡子規 霜除
霜早き根岸の庭や霜掩ひ 正岡子規 霜除
霜枯菊霜除藁を肯ぜず 阿波野青畝
霜覆ひしてあるものをたしかめし 中村汀女
霜除けすまだ実の成らぬ文旦も 右城暮石 散歩圏
霜除と思ふ風除とも思ふ 後藤比奈夫
霜除に大きな足が来てとまる 岡本眸
霜除に眼鏡を忘れ一夜過ぐ 山口青邨
霜除に触れむとすなる半旗かな 阿波野青畝
霜除の下離々として野は葛飾 山口青邨
霜除の夜の暗さを思ひ遺る 岡本眸
霜除の花笠の如く何囲ふ 山口青邨
霜除の藁かぐはしや鴬巣駅 草間時彦 櫻山
霜除の藁に降る雨だけ見えず 後藤比奈夫
霜除の藁の表情ゆるびし日 後藤比奈夫
霜除の藁苞に指入れ覗く 高浜年尾
霜除の蜜柑山わが見舞ふのみ 百合山羽公 寒雁
霜除の逞とび出し地虫かな 阿波野青畝
霜除は納豆の苞や牡丹の芽 渡邊水巴 白日
霜除へ草履引つかけ怠け者 波多野爽波
霜除やいとけなき菜のかたまりて 山口青邨
霜除やこころにくくも蝶の影 阿波野青畝
霜除や月を率き行くオリオン座 渡邊水巴 白日
霜除をとればぱら~落つ葉かな 高野素十
霜除を出て金屏に寒牡丹 松本たかし
霜除を被せるものと巻くものと 後藤比奈夫
霜除を見て通りけり藪巻も 星野麥丘人
風吹けばはためきさうな霜除も 後藤比奈夫

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:29 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26589124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング