紙漉 の俳句

紙漉 の俳句

紙漉

例句を挙げる。

あはき灯の紙漉工房秋時雨 緑川 啓子
かりがねの夜を均して紙漉ける 北澤瑞史
きさらぎや獣くさき紙漉村 丸山嵐人
そうめんが川に沈める紙漉村 細見綾子 伎藝天
をちこちに夜紙漉とて灯るのみ 阿波野青畝
一と朝の紙漉き家族の蜆殻 加倉井秋を 『真名井』
一枚を念ずるごとく紙漉けり 山口誓子 方位
三椏や紙漉村は渓沿ひに 鈴木良花
冬をはる尾長が紙漉く小屋に来て 皆川盤水
凍解の水をまた練り紙漉ける 百合山羽公 寒雁
初晴れの蔀戸を揚ぐ紙漉場 立半青紹
卯花や塵紙漉が垣の隙 昌夏 選集「板東太郎」
口寒く紙漉女紙を使ひをり 萩原麦草 麦嵐
吹き込みしよべの雪凍て紙漉場 桑田青虎
墓山より鳥のつぶての紙漉村 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
夕ぐれておのが紙漉く音とゐる 長谷川素逝
大いなる日めくり紙漉女の上に 辻桃子
女の月日白き紙漉き重ねては 津田清子
妊りて紙漉く乳房冷々と 井筒紀久枝
娘と嫁の紙漉きし嵩ほゞ同じ 大橋敦子 母子草
婆・嫁・乙女の黙が深まり紙漉きだす 加藤知世子 花寂び
嬰かたはらにうなづきて紙漉けり 長谷川双魚 風形
山水の切れず凍らず紙漉ける 百合山羽公 寒雁
山裾や落花引き込み紙漉女 河野南畦 湖の森
廃されず老母の坐る紙漉場 百合山羽公 寒雁
廃屋と思ひしが紙漉く音す 今瀬剛一
手織縞着て新茶汲む紙漉婆 長谷川かな女 花 季
日々水に顔をさらして紙漉女 直江るみ子
日当ればすぐに嬉しき紙漉女 橋本多佳子
明け方の山近づけて紙漉けり 佐々木六戈 百韻反故 初學
春水のかなでそめつゝ紙漉けり 高濱年尾 年尾句集
春風や紙漉く水に玉襷 野村喜舟 小石川
曇り日の水の粘りや紙漉女 宮坂静生 樹下
杉に降る雪さらさらと紙漉場 西村公鳳
枇杷咲いて紙漉一戸一乙女 赤松[ケイ]子
枯木星ひとつぶ紙漉村眠る 迫田白庭子
死金を一壺に蓄めて紙漉婆 近藤一鴻
残菊や日ざし乏しき紙漉場 成瀬桜桃子 風色
水ぎわの光を揺らす紙漉女 武藤あい子
汚れたる灯の一つ垂れ紙漉場 大橋敦子 母子草
泡を吹き塵をつまみぬ紙漉女 湯浅五生
灯がひとつ紙漉く谷の夕紅葉 栗田やすし
焚火して紙漉村の川辺なる 所 山花
百漉けば百の祈りや紙漉女 林翔
秋の日のつるべ落しや紙漉村 鈴木真砂女 夕螢
秋澄むや紙漉く里の水の音 稲垣一雄
秋祭すめば女は紙漉きに 藤後左右
紅梅のしんじつ紅き紙漉村 馬場移公子
紙ふせの風のしめれる夜紙漉 中戸川朝人 残心
紙漉いてふぬけの爪よ日向ぼこ 田中英子
紙漉いて九官鳥も可愛いがり 京極杞陽
紙漉いて村に雪ばんばを殖やす 長谷川双魚 風形
紙漉きし昔の家の窓低し 森田峠 避暑散歩
紙漉きし水まだ敏く銀河の尾 中戸川朝人 残心
紙漉きのこの婆死ねば一人減る 大野林火
紙漉きのにほひ来る日や返り花 内田百間
紙漉きのひととゆびきりきれるまで 渋谷道
紙漉きの乾きし土間に手毬つく 長田等
紙漉きの家の雪庇の落ちんとす 山口誓子 一隅
紙漉きの山ふところに久女の碑 杉浦小冬
紙漉きの干し場に咲ける福寿草 田中冬二 俳句拾遺
紙漉きの廃れし沢に花楮 黒岩保行
紙漉きの母よりうすきものありや 齋藤愼爾
紙漉きの水音さむく暮れにけり 田中冬二 麦ほこり
紙漉きの紙とならざる滴りよ 塩川雄三
紙漉きの若水汲んでゐたりけり 坂内佳禰
紙漉きの薄紙かさぬ雪の界 大野林火
紙漉きの言葉の端も地の處女 津田清子
紙漉き女黙せり何か怺へをり 津田清子
紙漉くは寂しき故によく喋る 桜井一尾
紙漉くやましろの光ゆりおこし 平井照敏 天上大風
紙漉くや天の羽衣より薄く 有馬朗人(1930-)
紙漉くや小学校と谷距て 沢木欣一
紙漉くや橙のまたしぐれをり 大峯あきら 鳥道
紙漉くや水あるところ氷張り 大橋敦子
紙漉くや水いちまいを転ばして 白岩 三郎
紙漉くや水のつかれをあやしつつ 筒井しのぶ
紙漉くや水泳選手出でし家 大島民郎
紙漉くや汚れし雪をまだ置きて 百合山羽公 寒雁
紙漉くや薄氷掬ふごとくにも 高橋睦郎 金澤百句
紙漉くや雪の無言の伝はりて 細見綾子 黄 炎
紙漉くや鷽は来てゐし淵の上 藤田湘子
紙漉くを雁の羽音のごとく聴く 冨田みのる
紙漉く唄のよなあらぬよな末枯れに 内田百間 新輯百鬼園俳句帖
紙漉く家白鷲流るごと渡る 西村公鳳
紙漉く日近づく大き井を湛ふ 栗生純夫 科野路
紙漉く村一葦の水の貫けり 加倉井秋を
紙漉く灯月の庇の奥にかな 川村紫陽
紙漉に撃ちのこされし雉子鳴けり 米沢吾亦紅 童顔
紙漉に英霊門標古りにけり 米沢吾亦紅 童顔
紙漉のいのち梳きこむ紙のいろ 中村敏子
紙漉のこの婆死ねば一人減る 大野林火(1904-84)
紙漉のはじまる山の重なれり 前田普羅
紙漉の児等の紙漉あそびかな 吉田 立冬子
紙漉の天気都合や初霙 井月の句集 井上井月
紙漉の娘と浮舟のことなどを 橋本 薫
紙漉の寡黙もらせば八女訛り 赤松[けい]子 白毫
紙漉の手鏡己れのみ映す 津田清子 二人称
紙漉の村より賀状和紙白し 山崎和賀流
紙漉の梅の日向は猫歩く 森澄雄
紙漉の槽に匠の息太し 大川輝子
紙漉の止みて夜に入る沢の音 島田 尚子
紙漉の濡れ手そのまま娶るべし 辻田克巳
紙漉の神技手技里に雪 文挟夫佐恵
紙漉の舟の上なる鏡餅 市川三三
紙漉の荒れも見せざる男指 ふけとしこ 鎌の刃
紙漉の裾より寒さひろがりぬ 石田あき子
紙漉の跡ひそひそと冬の水 殿村莵絲子
紙漉の里なれば濃し川の紺 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
紙漉は枯野に住みて日和かな 渡辺水巴 白日
紙漉もやめて遠退く冬山家 百合山羽公 寒雁
紙漉やとぷとぷ水の裏返る 山田弘子 初期作品
紙漉や日あたれば又石叩き 大峯あきら 鳥道
紙漉や水を平らにあやしつつ 嶋田麻紀
紙漉を三日休めば水逸る 行方克己 昆虫記
紙漉を天職として村を出ず 清宮文江
紙漉を見て彳めば暮早き 風生
紙漉を見にきて鼻を赤くせる 瀧澤伊代次
紙漉唄ありて青嶺の富める村 神尾久美子 桐の木
紙漉場物込み合ひて梅咲くよ 百合山羽公 寒雁
紙漉場紙に成れざる氷浮く 百合山羽公 寒雁
紙漉場紙漉く音の濡れてゐし 福井貞子
紙漉場高野の冷えのつづきにて 山口波津女
紙漉女しづかに立居振舞へり 佐藤美恵子
紙漉女と語る水音絶間なし 橋本多佳子
紙漉女に「黄蜀葵糊」(ぬべし)ぬめぬめ凍てざるもの 橋本多佳子
紙漉女ねむれる髪に水ながれ 北さとり
紙漉女冬万灯をゆくごとし 栗林千津
紙漉女冬百日の手炉ひとつ 石田波郷
紙漉女水のかがやきなりしかな 影島智子
紙漉女水の暮色をしたたらす ほんだゆき
紙漉女浮ぶ一穢も見のがさず 山口白甫
紙漉女稼ぎを問はれ恥ぢらひぬ 細見綾子 黄 炎
紙漉女襟巻のことを私話めけり 萩原麦草 麦嵐
紙漉川おはぐろとんぼ早や出でし 細見綾子 天然の風
紙漉村嫁に出さぬをしきたりに 影島智子
薄氷か紙の水子か紙漉場 百合山羽公 寒雁
藤垂れて紙漉くひとりふたり見ゆ 相生垣瓜人 微茫集
藪の中紙漉く家のありといふ 田中冬二 行人
跡つぐ子槽を並べて夜紙漉 大野林火
阿武隈山なみ黒く赫くて紙漉く家 瀧 春一
雪しろや紙漉村の畦もつれ 西本一都 景色
雪を来て紙漉く人と立話 高橋睦郎 金澤百句
雪解風紙漉小屋をゆさぶりぬ 森重昭
雲残る田に紙漉きし水落とす 栗田やすし
露暁の灯に手もつれて紙漉けり 森川暁水 淀
頬照りて若き紙漉き雪解川(内山村) 橋本榮治 越在
風邪声を紙漉く水に俯向ける 殿村莵絲子 遠い橋
風鳴りに眼を休めをり紙漉女 猪俣千代子 堆 朱
鳶飛んで木の雪落す紙漉き場 細見綾子 黄 炎
かきまはすことより紙を漉き始む 関森勝夫
すたれゆく業を守りて紙を漉く 藤丸東雲子
たゞ一戸たゞ一槽や紙を漉く 森田峠 逆瀬川以後
ちり紙に漉込るゝな風のてふ 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
ひと槽は鯉紙を漉く長簀かな 西本一都 景色
まだ水の重みの紙を漉き重ね 今瀬剛一
一峡に充ちし一姓紙を漉く 林十九楼
一枚の紙を漉く間の照り昃り 江川虹村
一枚の雲の如くに紙を漉く 井桁白陶
一画家の望みに叶ふ紙を漉く 森田峠 逆瀬川以後
万緑や波をつくりて紙を漉く 近藤静輔
五箇山は雪解のさなか紙を漉く 石原 緑
勘といひ根気てふもの紙を漉く 板場武郎
勘といふ決め手素早き紙を漉く 関口ふさの
同じ紙三世も漉きて梅咲くよ 百合山羽公 寒雁
名人は概ね無口紙を漉く 鎌倉園月
嗣ぐ子あり漆漉く紙すき続け 田中英子
国栖人はさくらの色の紙を漉く 加藤三七子
天井を汚すなりはひ紙を漉く 森田峠 避暑散歩
如月の漉く紙水にうつりけり 萩原麦草 麦嵐
子に託す一縷の望み紙を漉く 小川翠畝
山茶花や羽衣いろに紙を漉く 伊藤敬子
峡より峡に嫁ぎて同じ紙を漉く 橋本多佳子
崖下に沈む一戸や紙を漉く 鳴沢富女
手温めへ紙を漉く手のふるへつつ 皆吉爽雨
掻棒に水を覚まして紙を漉く 大森井栖女
揺らしては紙に漉きこむ桜かな 長谷川櫂 蓬莱
新しき波を育てて紙を漉く 稲田 眸子
書き初めの紙は石見の手漉紙 田中冬二 冬霞
朝顔や塵紙を漉く一つ家 正岡子規
枯野宿陸奥紙は漉けるかな 野村喜舟 小石川
楮剥ぐ指より湯気の逃げてゆく 毛利提河
水責の道具揃ひて紙を漉く 後藤夜半
漉きあげし紙まだ水の光もつ 金藤優子
漉きなほす紙の臭や冬の蝿 内田百間
漉き紙のほの暗き水かさねたり 矢島渚男 采薇
漉き紙の仮の世界に雪降れり 和田悟朗
漉き紙の屑焚き西行忌なりけり 迫田白庭子
漉き舟にをどる日射や紙を漉く 西川かずを
漉く紙のほの暗き水かさねたり 矢島渚男
漉く紙のまだ紙でなく水でなく 正木ゆう子 静かな水
漉槽のさざなみを汲み紙となす 大石悦子 群萌
白といふしづかな色の紙を漉く 大崎ナツミ
白菊はそびらの明り紙を漉く 加藤知世子 花 季
目のくばり止りし紙の漉き上る 後藤夜半 底紅
目の疎き父にかはりて紙を漉く 後藤夜半 底紅
粗壁に裸灯淡し紙を漉く 山田和子
粗壁を貫く筧紙を漉く 谷口雲崖
紙を漉くにおい草木に父母埋まり 井沢子光
紙を漉くひたひたと泣く暇も無し 今瀬剛一
紙を漉く一人一人の音ちがふ 大西不葉
紙を漉く匂ひの村となつてゐし 江口久子
紙を漉く四角に水を掬ひては 柊 愁生
紙を漉く国栖の翁の昔より 田畑比古
紙を漉く女の業に寒明くる 長谷川かな女 雨 月
紙を漉く強くたしかに世襲の手 高橋悦男
紙を漉く技も曾っての武蔵紙 高澤良一 ぱらりとせ
紙を漉く明治と同じ雪明り 長田等
紙を漉く水を平らになだめつつ 吉田 素直
紙を漉く灯のちらばりて村をなす 森田峠 避暑散歩
紙を漉く簀の面に浮きてくる白さ 小田切ふみ子
紙を漉く背山の墓に日の当り 中戸川朝人 残心
紙を漉く静かな業の為人 森田峠 避暑散歩
紙を漉く音たぼたぼと暮れにけり 小倉英男
紙を漉く音を正しく繰返す 橋田憲明
紙一枚漉く間に老ゆる女かな 小泉八重子
翠巒や風を漉き込む吉野紙 倉田勝栄(けごん)
老いぬれど手馴仕事と紙を漉く 岡崎多佳女
而も誇らず天衣無縫の紙を漉く 加藤かけい
荒ら使ふ水の光りに紙を漉く 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
薄き紙はげしく練りし水に漉く 百合山羽公 寒雁
谿を出ぬ一生や紙を漉く女 長谷川素逝
谿空に錆びし日輪紙を漉く 長谷川素逝
貫ける太梁一つ紙を漉く 深見けん二
身のしなひややに失ふ紙を漉く 赤松[けい]子 白毫
雁やひと日漉きたる紙の量 鈴木真砂女 夕螢
雪匂ふ鳥の子紙の漉雫 影島智子
雪国のひかりを紙に漉き込める 三森鉄治
風の音なき日は淋し紙を漉く 原田青児
風鳴るや雪の匂の紙を漉く 丸山美奈子


紙漉 補遺

*はまなすの白きを咲かす紙漉場 松崎鉄之介
いち早く冷えよぶ紙を漉きかさね 能村登四郎
うら若くあからひく手を紙漉女(富山県八尾紙漉き四句) 細見綾子
かこはれて日差し散乱紙干場 松崎鉄之介
これでよし紙を漉きゐし手をとどむ 山口誓子
さうめんが川に沈める紙漉村(京都府黒谷) 細見綾子
しやぶしやぶと手をうごかして紙漉ける 阿波野青畝
じろじろと見られ通しに紙を干す 右城暮石 句集外 昭和四十四年
その姉もその姉も紙を漉き嫁ぎ 高野素十
ぢぢさまは日向極楽紙干して 平畑静塔
みせばやの花を土瓶に紙漉場 山口青邨
われら見るも去るも黙々紙を漉く 大野林火 雪華 昭和四十年
をちこちに夜紙漉とて灯るのみ 阿波野青畝
ロボットの腕は腕とし紙漉ける 百合山羽公 樂土以後
一枚を念ずるごとく紙漉けり 山口誓子
何代も土を隠さず紙漉場 山口誓子
働く血透きて紙漉くをとめの指 橋本多佳子
凍解の水をまた練り紙漉ける 百合山羽公 寒雁
十一や紙漉村に瀬音のみ 松崎鉄之介
土砂降りの紙漉場より水流れ 橋本多佳子
夕立や紙漉隣麻つくる 野坡
外に漏るゝ音なし秋を紙漉く業 右城暮石 句集外 昭和十七年
夜泣子に紙漉く音のざぶ・ざぶり 大野林火 飛花集 昭和四十六年
大峰のそこには雪の紙を干す 山口誓子
天井に竿をどらしめ紙漉けり 阿波野青畝
天日を仰いで紙を干しにけり 石田勝彦 秋興以後
子とは無縁の 紙漉き加減 手風呂加減 伊丹三樹彦
家々へ木橋土橋よ紙漉き村 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
山々は星をかぶりて夜紙漉 大野林火 飛花集 昭和四十六年
山水の切れず凍らず紙漉ける 百合山羽公 寒雁
山里は紙漉く宿の牡丹かな 村山故郷
干し板の罅目貼りして紙を干す 右城暮石 虻峠
廃されず老母の坐る紙漉場 百合山羽公 寒雁
憂ひあれば憂ひのつやに夜紙漉 大野林火 飛花集 昭和四十六年
手打ちそば味噌汁仕立て紙漉き村(埼玉県小川町三句) 細見綾子
日ればすぐに嬉しき紙漉女 橋本多佳子
日輪はともるものなり紙漉場 平畑静塔
朝顔や塵紙を漉く一つ家 正岡子規 朝顔
村にただ一軒一人紙を漉く 右城暮石 句集外 昭和四十七年
松竹梅紙漉にあり竹の動 平畑静塔
梅匂ふなぞへなぞへを紙干場 大野林火 月魄集 距和五十七年
楮蒸す湯気あげてをり雪の嶺へ 右城暮石 句集外 昭和九年
榛の木の根株をゑぐる雪代川(富山県八尾紙漉き) 細見綾子
正面に太陽を呼び紙を干す 山口誓子
残雪のとける日数よ紙漉女(埼玉県小川村五句) 細見綾子
水責めの道具揃ひて紙を漉く 後藤夜半 底紅
滴る流る紙漉き場水多し 山口誓子
炉火榾を 持ち寄り 在家の紙漉唄 伊丹三樹彦
玉ねぎを結ひて吊せり紙漉く家(埼玉県小川町) 細見綾子
生ま紙に重石をかけて春を待つ(小出紙漉を見る) 細見綾子
白梅高みに 滅びの業の紙漉く村 伊丹三樹彦
百漉けば百の祈りや紙漉女 林翔
目の疎き父にかはりて紙を漉く 後藤夜半 底紅
石州を讃ふでもなく紙漉ける 後藤比奈夫
秋の日のつるべ落しや紙漉村 鈴木真砂女 夕螢
秋櫻子誓子の色紙紙漉き場 右城暮石 虻峠
秋深く紙漉工場胡麻を干す 山口青邨
立春の日ざしも入れて紙を漉く 能村登四郎
竹落葉浮きて流るる紙漉川(京都府黒谷二句) 細見綾子
簀桁揺り揺りて紙漉終りなし 松崎鉄之介
紙を干すたび三十三才山の空 岡井省二 明野
紙を干す富士新雪と相照らひ 山口青邨
紙を干す山家のわざも菊日和 水原秋櫻子 霜林
紙を漉く水音こそは秋の音 鈴木真砂女 夕螢
紙を漉く術雨中の朽屋にて 平畑静塔
紙干して白を忘るることもなし 後藤比奈夫
紙干しに出るたび雪の飛騨山脈(富山県八尾紙漉き二句) 細見綾子
紙干しの純白結界 茄子咲く村 伊丹三樹彦
紙干し場までにて道のすべて消ゆ 右城暮石 上下
紙干すは国栖の翁のおふくろか 阿波野青畝
紙干すや丹波の山がぬとありぬ 藤田湘子
紙干せる川越道の花柘榴 角川源義
紙干場人影とてもとりのぞく 平畑静塔
紙漉いて彼岸の雨に仕へゐる 岡井省二 明野
紙漉きが洟かむを見つつ囲み立つ 石田波郷
紙漉きごもりの ぴたぴた 雨音とは別の 伊丹三樹彦
紙漉きて一と畝の葱一と畝の菊(埼玉県小川町三句) 細見綾子
紙漉きて峡をいでざる人に盆(京都府黒谷三句) 細見綾子
紙漉きて棒立ちの脚若き脚 山口誓子
紙漉きのこの婆死ねば一人減る 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
紙漉きのたつきに竹の葉が散れり(京都府黒谷二句) 細見綾子
紙漉きの家の雪庇の落ちんとす 山口誓子
紙漉きの寒の水見る約束す 細見綾子
紙漉きの恋に咲きけり鳳仙花 河東碧梧桐
紙漉きの薄紙かさぬ雪の界 大野林火 雪華 昭和三十五年
紙漉きを見に来て炭の火色ほむ(埼玉県小川村五句) 細見綾子
紙漉きを見ん見る吾も夙く起きて 山口誓子
紙漉き村川の氷れる時に来つ(埼玉県小川村五句) 細見綾子
紙漉くに 潔癖な眉 合歓明かり 伊丹三樹彦
紙漉くはこころ漉くこと松の芯 鷹羽狩行
紙漉くも干すも夫婦っきり 晩蝉 伊丹三樹彦
紙漉くやましろの光ゆりおこし 平井照敏 天上大風
紙漉くや天の羽衣より薄く 有馬朗人 天為
紙漉くや山を焼く声近ぢかと 岡井省二 明野
紙漉くや杉にまじはる山ざくら 森澄雄
紙漉くや汚れし雪をまだ置きて 百合山羽公 寒雁
紙漉くや玉芍薬を窓にして(京都府黒谷) 細見綾子
紙漉くや雪の無言の伝はりて(富山県八尾紙漉き四句) 細見綾子
紙漉くや鷽は来てゐし淵の上 藤田湘子 途上
紙漉ける限り意固地の寒にあり 上田五千石『琥珀』補遺
紙漉のぬれ胸乳張る刻が来て 橋本多佳子
紙漉の家の調度の紙箪笥 山口青邨
紙漉の手鏡己れのみ映す 津田清子
紙漉の梅の日向は猫歩く 森澄雄
紙漉の瀬まくらはなせ月の宿 秋色 のぼり鶴
紙漉の額のしろさよ梅日和 石田波郷
紙漉は枯野に住みて日和かな 渡邊水巴 白日
紙漉もひとりとなれば身を正す 赤尾兜子 玄玄
紙漉もやめて遠退く冬山家 百合山羽公 寒雁
紙漉や初雪ちらりちらり降る 正岡子規 初雪
紙漉場何の数字の正正正 山口誓子
紙漉場汚すよ紙になり損ね 清崎敏郎
紙漉場物込み合ひて梅咲くよ 百合山羽公 寒雁
紙漉場紙に成れざる氷浮く 百合山羽公 寒雁
紙漉場荒れてもみづる帚草 松崎鉄之介
紙漉場遅れし時計時刻む 津田清子
紙漉女と語る水音絶間なし 橋本多佳子
紙漉女に「黄蜀葵糊(ぬべし)」ぬめぬめ凍てざるもの 橋本多佳子
紙漉女に春告ぐ瀬音佐梨川(小出紙漉を見る) 細見綾子
紙漉女の背の影細し大連翹 赤尾兜子 玄玄
紙漉女盆のあぶらげ笊に買ふ(京都府黒谷三句) 細見綾子
紙漉女稼ぎを問はれ恥ぢらひぬ(富山県八尾紙漉き四句) 細見綾子
紙漉女老いて蕎麦打つ手元かな(埼玉県小川町三句) 細見綾子
紙漉村おはぐろとんぼ早や出でし(京都府黒谷) 細見綾子
紙漉村意外に富めり鯉のぼり 百合山羽公 樂土
紙漉村洗ひ干されし盆浴衣(京都府黒谷三句) 細見綾子
紙漉漕(すきぶね)を掻きかく吹雪衰へず 佐藤鬼房
紙漉谷とんぼは川に遊びゐし(丹波黒谷) 細見綾子
老いてなお紙漉くやがて雪ならん 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
老いの顎うなづきうなづき紙を漉く 橋本多佳子
芍薬赤芽紙漉村の地のしめり 松崎鉄之介
若き日の如くまぶしき紙干場 橋本多佳子
葛咲いて紙漉谷をおほふかな 細見綾子
葛咲けり紙漉川をのぼり来て(丹波黒谷二句) 細見綾子
薄氷か紙の水子か紙漉場 百合山羽公 寒雁
藤垂れて紙漉くひとりふたり見ゆ 相生垣瓜人 微茫集
蝶の影紙漉く槽は波立ちて 水原秋櫻子 玄魚
裏山に雪ある冷えに紙漉ける 能村登四郎
誰が袖の匂ひぞこめし紙を漉く 有馬朗人 天為
貰ける太梁一つ紙を漉く 深見けん二
跡つぐ子槽を並べて夜紙漉 大野林火 飛花集 昭和四十六年
遠燈点くはつとして紙漉場点く 橋本多佳子
雪つぶて投げ入れにけり佐梨川(小出紙漉を見る) 細見綾子
雪嶺が雪嶺を負ひ紙漉き老ゆ 橋本多佳子
雪嶺のかがやき集め紙乾く(富山県八尾紙漉き二句) 細見綾子
雪水を誘ひ入れし紙漉場(小出紙漉を見る) 細見綾子
雪雫影し音して紙漉き場 右城暮石 句集外 昭和四十一年
雲厚し紙漉衆はせぐくまる 平畑静塔
青壷の吉野川見ゆ紙漉場 山口誓子
顎に力をとめ紙漉く脚張つて 橋本多佳子
鳴く鼠制しつ夜紙漉きつづけ 大野林火 飛花集 昭和四十六年
鳶飛んで木の雪落す紙漉き場(富山県八尾紙漉き四句) 細見綾子

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:35 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26589127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

田鳧 の俳句
at 2017-12-13 09:12
山藤章二著 ヘタウマ文化論 ..
at 2017-12-13 08:29
電飾 の俳句
at 2017-12-11 12:10
宿木 の俳句
at 2017-12-10 18:42
冬 の俳句
at 2017-12-10 16:58

外部リンク

記事ランキング