藪巻 の俳句

藪巻 の俳句

藪巻

例句を挙げる。

山門の大藪巻は蘇鉄らし 西沢破風
薮巻やこどものこゑの裏山に 星野麥丘人
薮巻や晴を見に行く日本海 森 澄雄
藪巻きや藪の中なる作水村 今井九十九
藪巻となりてもリラは姿美し 古賀まり子
藪巻に雪まじり雨比叡より 高澤良一 燕音
藪巻のひとつひとつに風の鳴る 法師浜櫻白
藪巻のふところがくれ栗鼠あそぶ 掛札常山
藪巻のをはりの縄に雨雫 向山隆峰
藪巻の影立ちすくむ風の中 山崎秋穂
藪巻の新しければ発つごとし 岡本眸
藪巻の松千本や法隆寺 細川加賀 生身魂
藪巻の棒一本の突ん抜けて 村上三良
藪巻の縄の緊りしひとところ 池田秀水
藪巻の道ひろびろとなりにけり 古川芋蔓
藪巻やこどものこゑの裏山に 星野麥丘人
藪巻やののさまと日を指差して 茨木和生 三輪崎
藪巻やま直ぐなる松傾ぐ松 池田秀水
藪巻や今年逢ひたる人の数 原裕 『出雲』
藪巻や子よりも母の寒かろに 金箱戈止夫
藪巻や定年近く家整う 富岡せい
藪巻や思はぬみちに植木畑 石川桂郎 四温
藪巻や旅に馴染みし一茶房 岡本眸
藪巻や晴を見にゆく日本海 森澄雄
藪巻や柿の木畑も一と構 小杉余子
藪巻や死は送られぬきらきらと 岡井省二
藪巻や母より少しもの知りて 山田みづえ
藪巻や目隠し鬼をひとくくり 二村典子
藪巻や農納めして峡の家 高橋悦男
藪巻や雲にかさなる嶽晴れて 三輪不撓
藪巻をほどいてゐたる鹿の中 岡井省二
藪巻を柑子の金のこぼれけり 大石悦子 百花
藪巻を覗きたる鼻濡れにけり 大石悦子 聞香
藪巻を解く日近づく松の晴 河合多美子
ほそ幹に繃帯ほどの菰巻かれ 南 典二
南国の志摩菰巻かぬ蘇鉄立つ 山口波津女
松は菰巻かれはべりぬ浮見堂 片山由美子 天弓
聞えさうなる菰巻きの息づかひ 国保泰子
菰巻いてものなつかしき四辺かな 綾部仁喜 寒木
菰巻いて松は翁となりにけり 大石悦子 聞香
菰巻かず大王崎の大蘇鉄 奥谷郁代
菰巻にされ大蘇鉄王者の風 富田木荘
菰巻のまだ新しき勿来関 伊藤伊那男
菰巻の桜花束吉野駅 茨木和生 遠つ川
菰巻の植樹若葉す新設校 田中照子
菰巻の樒がとどく十夜寺 福島せいぎ
菰巻をしてことごとく傾ぎけり 藤本美和子
菰巻をほどきたる松歩きけり 綾部仁喜 樸簡
菰巻を枝にもらへる松の古り 綾部仁喜 寒木


藪巻 補遺

いやがれる枝をからめて藪巻きす 右城暮石 句集外 昭和六十二年
このあたり痛む藪巻してありぬ 石田勝彦 百千
平和論竹巻き締めて南瓜育つ 飴山實 おりいぶ
杜の端の藪巻が飛ぶ力溜め 佐藤鬼房
注連に非ず菰巻きつける池の松 阿波野青畝
竹巻けども胸熱き蛇舌吐けり 中村草田男
菩提寺の藪巻の裾濡れてゐる 佐藤鬼房
菰巻の蘇鉄の群は龍の族 山口誓子
菰巻の蘇鉄筋肉隆々と 山口誓子
菰巻やいよいよ跼む松の腰 石田勝彦 秋興以後
菰巻や莟そろへてかきつばた 卓池
藪巻となりたる松や日本海 森澄雄
藪巻のあたりもつとも陽炎へり 佐藤鬼房
藪巻の一つ一つに迎へられ 石田勝彦 秋興以後
藪巻の新しければ翔つごとし 岡本眸
藪巻の腰たしかなる神の松 石田勝彦 雙杵
藪巻やこどものこゑの裏山に 星野麥丘人
藪巻や夜の浅ければ雲あそび 岡本眸
藪巻や工の道も埴寂びて 上田五千石『天路』補遺
藪巻や思はぬみちに植木畑 石川桂郎 四温
藪巻や晴を見にゆく日本海 森澄雄
藪巻や死は送られぬきらきらと 岡井省二 明野
藪巻や美童攫はれたるはなし 能村登四郎
藪巻をほどいてゐたる鹿の中 岡井省二 山色
霜除を見て通りけり藪巻も 星野麥丘人

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 03:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26589144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42
夏蕨 の俳句
at 2017-06-18 16:40

外部リンク

記事ランキング