綿入 の俳句

綿入 の俳句

綿入

例句を挙げる。

あたらしき綿入着たる夜寒哉 月居
こしかたや重ね着る皆綿入れて 長谷川かな女 花寂び
わが病みし日の綿入を受験子に 堀口星眠 樹の雫
兵服も綿入れ北緯四十度 品川鈴子
日あたつて来ぬ綿入の膝の上 臼田亞浪 定本亜浪句集
洟たれ児立てり綿入盲縞 西村公鳳
淋しくて綿入れのこと教はれり 清水径子
綿入いくつも重ねてをる母の写真ができた 梅林句屑 喜谷六花
綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢(1947-)
綿入に坐り馴れたる此間かな 温亭句集 篠原温亭
綿入に干栗はさみ到きけり 室生犀星 犀星発句集
綿入の借着おかしき夜伽かな 尾崎紅葉
綿入の内側よごれ婆ねむる 中山純子 沙羅
綿入の絣大きく遊びけり 金尾梅の門 古志の歌
綿入の袖口揃ふ火鉢かな 温亭句集 篠原温亭
綿入は明治のころの盲縞 森婆羅
綿入や妬心もなくて妻哀れ 村上鬼城
綿入や姑となりたる昨日今日 高橋淡路女 淡路女百句
綿入や山祗祀る山の子ら 金尾梅の門 古志の歌
綿入や気たけき妻の着よそほふ 飯田蛇笏 山廬集
綿入や産小屋二代さかのぼる 斎藤夏風
綿入や賓頭盧抱けば山遠し 古舘曹人 樹下石上
綿入れの肩に重しと姑老いし 佐藤 佳津
綿入れの背のふつくらと日向ぼこ 田中冬二 冬霞
綿入れを被てゐる水子地蔵かな 谷口和子
綿入を着て忽ちに十日たち 佐久間 道子
綿入を着れば忌日の近々と 龍胆 長谷川かな女
綿入を脱げば妄想の鳥肌なり 川端茅舎
膝を正しく坐すこれきりの純綿の綿入か 安斎櫻[カイ]子
菊ざけに薄綿入のほめきかな 井原西鶴
襖に母堂の綿入羽織の肩を見せけり 梅林句屑 喜谷六花
託児所の*保母椅子にをる綿入よごるる 梅林句屑 喜谷六花
酒くさきふる綿入も名残哉 会津八一
鏡中に母を灯して綿入れ縫う 浜 芳女
うたゝねの裾におきけりかし小袖 服部嵐雪
けし咲くや雛の小袖の虫払ひ 可南 俳諧撰集玉藻集
しぐるるやもみ(紅)の小袖を吹きかへし 去来 俳諧撰集「有磯海」
しぐるるや津和野人形の紙小袖 山田弘子 螢川
むめが香に濃き花色の小袖かな 許六 正 月 月別句集「韻塞」
よろよろと出て街道の布子婆 谷野予志
一院の小袖の寄進嵯峨念仏 森孝子
丁子かく祖母が布子や初霰 中勘助
世事肚に畳んで忘じ宿布子 杉本零
亡き人の小袖も今や土用干 芭蕉
初釜にまがる小袖の梅小紋 今井つる女
卯の花に布子の膝の光哉 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
友禅のをんなのごとき小袖着て嬰児は瓶の底にしづみぬ 木下利玄
古布子ねまきになりて久しけれ 高浜虚子
古布子ふき出る綿もなかりけり 高濱年尾 年尾句集
古布子新しきごと畳まれぬ 前田普羅
古布子花に対して羞ちて出でず 尾崎紅葉
古布子著のみ著のまゝ鹿島立 高浜虚子
壬生の舞小袖が蝶を放ちけり 山田弘子 こぶし坂
夕霧の閨かもしらず貸小袖 松瀬青々
好ましき色とり~や貸小袖 井月の句集 井上井月
小廊下や布子の児等が目白押し 西山泊雲 泊雲句集
小袖いま盛りでありし菊人形 田中祥子
布子なと着て海鳴りをきゝに来よ 金尾梅の門 古志の歌
布子売回国どのよころもがへ 炭 太祇 太祇句選後篇
布子着てうれし顔なる十夜哉 高井几董
布子着てむかし顔なり達磨市 篠原巴石
布子著て庭に居る児や花八ツ手 西山泊雲 泊雲句集
布子著て淋しき顔や神送り 去来
御忌戻り小袖たたむや京の宿 水落露石
指あてて耳のつめたき御忌小袖 古舘曹人
散はなによき人がらや黒小袖 松岡青蘿
暖かに着て罪深し御忌小袖 草 阜
棲こ猿こ布子とかへん木の実酒 中勘助
櫂あたる布子の肩やつゞくりぬ 西山泊雲 泊雲句集
無き人の小袖も今や土用干 芭蕉
熊突や爪かけられし古布子 松根東洋城
猿引は猿の小袖を砧哉 松尾芭蕉
百姓となりすましたる布子かな 飯田蛇笏 霊芝
縫ひあげし御忌の小袖を肩にかけ 櫛橋梅子
繰り言をもつて貫く布子召す 赤松子
罪ふかき小袖の下の紙衣かな 管鳥
老いてだに嬉し正月小袖かな 信徳
老人のとかくに未練古布子 丹治蕪人
肌寒の小袖羽掻ひにひとりの夜 石塚友二 方寸虚実
肩に置く小袖露けし狂ひては 都筑智子
肩光る布子ぞ父の臭ひなる 阿波野青畝
草の戸や晴れがましくも貸小袖 高橋淡路女 梶の葉
藤葛籠そこさへ匂ふ小袖かな 西 鶴
裄丈も身にそひしこの古布子 高浜虚子
触れて見れど唯つめたさの小袖哉 寺田寅彦
訴へを直に聴くなり節布子 許六 極 月 月別句集「韻塞」
誰が布施の昔小袖や壬生念仏 召波
貸小袖またたき交す星の数 廣瀬町子
貸小袖袖を引切るおもひかな 泉鏡花
野に干せる四五歳の子の布子かな 高野素十
音羽屋の浅葱小袖も二月かな 作田 幸子
綿入に行方不明の本やあーい 高澤良一 ぱらりとせ
角力好き患者綿子にくるまれて 高澤良一 ぱらりとせ

綿入 補遺

いつこくの田植布子と覚えたり 飯島晴子
うそ寒や綿入着たる小大名 正岡子規 うそ寒
これもうし菊に晴着の黒小袖 正岡子規 菊
すれちがふ田植布子といふべしや 飯島晴子
ちる紅葉綿入を来て瀧見哉 正岡子規 散紅葉
つと入に小袖をかざす寐顔哉 正岡子規 つと入
むくろじの幹に触れける御忌小袖 岡井省二 鯛の鯛
一年の事今にある綿衣かな 正岡子規 綿子
三十路たつわぎもが春の小袖かな 西島麦南 人音
下総の布子子供の頃のわれ 高野素十
交錯の日曜広場春小袖 山口青邨
何を見んとて二ン月の小袖見し 岡井省二 前後
元日や曙染の振小袖 正岡子規 元日
入相や花見小袖の一衣桁 正岡子規 花見
古布子ふき出る綿もなかりけり 高浜年尾
古布子新しきごと畳まれぬ 前田普羅 普羅句集
大仏の小袖かはゆきさくらかな 正岡子規 桜
小袖たたむ花茣蓙しきて女の間 山口青邨
小袖の入褞袍の人や島の春 山口青邨
小雨して小袖に菊の香をしたむ 正岡子規 菊
布子着て好々爺にはなりにくし 後藤比奈夫
年の鬼綿子の肩のそびえたる 百合山羽公 春園
御忌小袖とて裏庭の鯉を見に 岡井省二 山色
日あたつて来ぬ綿入の膝の上 臼田亜郎 定本亜浪句集
春なれて姫の夜を縫ふ小袖かな 飯田蛇笏 山廬集
春寒や一枚布子ひき被ぎ 石橋秀野
春寒や母のなりしを絹小袖 尾崎放哉 大学時代
春小袖すでに折節ありにけり 岡井省二 鯛の鯛
春小袖はかなきいのち欺かるゝ 村山故郷
春小袖生きてゐる間の紐の数 中村苑子
木犀の夕小袖にたきものす 正岡子規 木犀
泥眼にきと見て露の出し小袖 富安風生
浮世哉菊に晴レ着の黒小袖 正岡子規 菊
無患子の幹にふれてや御忌小袖 岡井省二 大日
焼く土手の上にぬぎたる布子かな 中村汀女
片見替りといふ秋草の小袖かな 能村登四郎
猿曳や猿に着せたる晴小袖 正岡子規 猿曳
環七を歩道橋下に春小袖 山口青邨
生き恥を重ね古りたる布子かな 石塚友二 磊[カイ]集
病みてかく綿子ぐるみとなりにけり 小林康治 四季貧窮
百姓となりすましたる布子かな 飯田蛇笏 霊芝
砂叺負ひて布子の衿紅く 富安風生
簷にぶらさげたる鴨と初小袖 岡井省二 鯨と犀
紀元節小諸に住みて綿子著て 星野立子
綻びて布子の綿の見ゆるかな 後藤比奈夫
綿入のポンチヨ著るかといふ電話 後藤比奈夫
綿入の肩あて尚も鄙ひたり 河東碧梧桐
綿入の袂探りそなじみ金 正岡子規 綿子
綿入の裾まで板の塀詰まる 永田耕衣
綿入や妬心もなくて妻哀れ 村上鬼城
綿入や気たけき妻の着よそほふ 飯田蛇笏 山廬集
綿入や賓頭盧抱けば山遠し 古舘曹人 樹下石上
綿入を着てかまくらの母の役 後藤比奈夫
綿入を脱げば妄想の鳥肌なり 川端茅舎
綿子被て四十一とはなりにける 石塚友二 磯風
綿衣黄也村醫者と見えて供一人 正岡子規 綿子
繍球花をたが織りそめて紅小袖 正岡子規 小粉団
老が家に干さるる小袖蓬原 鷲谷七菜子 游影
肌寒の小袖羽掻ひにひとりの夜 石塚友二 方寸虚実
肩光る布子ぞ父の臭ひなる 阿波野青畝
若草に薄桃色の小袖哉 正岡子規 若草
葛籠なる小袖思ふや野分の夜 前田普羅 普羅句集
蒲団綿入たのしむごとし妻と母 能村登四郎
虫干しや小袖長絹水ごろも 能村登四郎
虫干の小袖に蝶のとまりけり 正岡子規 土用干
蝶のように綿入れの手振り吾子育つ 金子兜太
袖狭きも知らず奥人綿子かな 河東碧梧桐
見仏の問法の時の綿子かな 河東碧梧桐
貯炭場に綿入れ赤し鉱区萌え 飴山實 おりいぶ
野に干せる四五歳の子の布子かな 高野素十
頸あらはに薩摩飛白の綿子哉 正岡子規 綿子

綿入 続補遺

うたゝねの裾におきけりかし小袖 嵐雪
かすみ来てまぎれにけらしふる小袖 夏目成美
しぐるゝやもみの小袖を吹かへし 去来
しらなみのかへして涼しふる小袖 寥松
すゝはきやあをのけに干下小袖 りん女
せき俵もかちん布子ででかしけり りん女
たちばなやむかし小袖の売に出る 夏目成美
とも泣や其人がらの節小袖 野坡
むめが香に濃花色の小袖哉 許六
ものゝふの小袖みじかき九月かな 左次
やかましき火燵あたりの小袖哉 林紅
やがて脱布子に春の光かな 三宅嘯山
五月雨やうき世揃はぬ大布子 百里
化粧のみ菊の小袖や簾越 三宅嘯山
卯の花の雪にもそゝげ古布子 晩得 哲阿弥句藻
口切の朝蠧はふ小袖かな 一笑(金沢)
古小袖人には恥ずうめの花 五明
小座頭に小袖の出来る九日哉 土芳
小袖ほす尼なつかしや窓の花 去来
小袖着せて俤匂へ梅がつま 其角
小袖着た鳥のあそびや花の中 吾仲
布子からかたびらへ飛坊主かな 雪芝
布子売回国どのよころもがへ 炭太祇
布子着てうれし顔なる十夜哉 高井几董
布子着て淋しき顔や神送 去来
年~や梅ぼしくさきかし小袖 建部巣兆
引ちぎる紙子はもとの綿子哉 丈草
散はなによき人がらや黒小袖 松岡青蘿
時しらぬ布子羽織や富士詣 米翁 染井山荘発句藻
梅が香や姿もかはる小袖時 紫白女
水仙の葉は綿入と見ゆるかな 桜井梅室
水無月の布子や富士の砂ふるひ 許六
無人の小袖引ツぱる魂参リ 路健
煤払やあをのきに干ス下小袖 りん女
燕や小袖をあらふ橋の下 紫白女
狭布子のひとへ夢の時雨の五月庵 杉風
留主がちの夜を守妻の綿子哉 黒柳召波
着すぐれぬ伯母の小袖や土用干 高井几董
稲の香にむかし小袖や村かぶき 東皐
節小袖十三*年の寒さかな 許六
節小袖十三年の寒かな 許六
糊水の艶走るなる綿子哉 三宅嘯山
綿入つ抜つ年経るころも哉 田川鳳朗
綿入に羽織で見たる月見かな 臥高
綿入も帷子も着て月見哉 嵐青
綿子にははなれて寒き涅槃哉 荻子
綿子見て時代を呵る翁かな 三宅嘯山
腕余る妹が布子の夜寒かな 東皐
花に行我襟垢の青布子 臥高
花鳥や実もと思ひ染小袖 凉菟
芳野出て布子売おし杜国
菊ざけに薄綿入のほめきかな 西鶴
菊に着る小袖も裾に籬かな 林紅
藤葛籠そこさへ匂ふ小袖かな 西鶴
蛤の煮汁かゝるや春小袖 高井几董
衣配猿の小袖もゑらばれぬ 梅人 栞集
訴を直に聴也節布子 許六
誰ための祭りか嫁のかし小袖 早野巴人
都辺や小袖に消ゆる春の雪 高桑闌更
陽炎や春の汗干下小袖 松岡青蘿
雪の夜や布子かぶれば足の先 千川
麻ひめのをしへ成らん貸小袖 加藤曉台

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 05:20 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26589203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング