ずわい蟹 の俳句

ずわい蟹 の俳句
ずわい蟹 

あふむきで値切られている越前蟹 栢尾さく子
お歳暮を開けて毛蟹が畏る 和泉伸好
ずわい蟹いま燦々と切られをり 飴山實
ずわい蟹ひたすら食らふ閑かさよ 斉木 永久
ずわい蟹両腕組んで豪のもの 高澤良一 ぱらりとせ
ずわい蟹包むローカル新聞紙 駒木根淳子
ずわい蟹肢折りしやぶる岬人 高島筍雄
ずわい蟹肩肘張つて届きけり 三宅郷子
ずわい蟹能登朝市の雨急なり 皆川盤水
ずわい蟹茹でる灯靄の人だかり 坂本其水
ずわい蟹食ふ狼藉をつくしけり 白岩三郎
ずわい蟹食ふ狼藉を尽しけり 白岩三郎
ずわい蟹食ぶる器用と不器用と 椎橋清翠
たらば蟹ずばと包丁入れにけり 高澤良一 さざなみやつこ
ゆきゆきて花咲蟹に触(さや)りけり 阿部完市 軽のやまめ
ゆつくりと来てずわい蟹裏返す 梶山千鶴子
キリストの鬚生やしたる毛蟹売り 寺田京子
一塊の氷となつて毛蟹かな 長谷川櫂 天球
久闊の教へ子は古稀松葉蟹 高橋せをち
冬の靄毛蟹を藁で縛りをり 長谷川櫂 天球
刃を入るる越前蟹の寒さかな 永井龍男
友生きているかぎり来る松葉蟹 伊佐利子
口に雪詰めて毛蟹の売られけり 大木あまり 火球
垂れこめて雪か飛沫か鱈場蟹船 山田尚良
売約の足括られし松葉蟹 村瀬美智子
多喜二忌の毛蟹抛られ糶られけり 菖蒲あや あ や
大皿に越前蟹の畏まる 檜紀代
大皿に越前蟹の畏る 檜紀代
大笊に選り分けられし鱈場蟹 林周平
大膳に越前蟹の雌雄かな 磯野充伯
大輪の越前蟹を笹の上 鷹羽狩行
店赤くなる程松葉蟹ならべ 山下美典
新樹光花咲蟹とはおもしろや 角川源義
月光に波の穂の散るずわい蟹 井上弘美
朝市や湯気にあらはる鱈場蟹 沼澤 石次
松葉蟹うまし一献さらによし 大橋敦子
松葉蟹せせり精進落しとや 西尾照子
松葉蟹たべてピカソの話など 早川信一
松葉蟹の殻の始末も食べ上手 浅井青二
松葉蟹海恋ふ色に届きけり 田中美彦
松葉蟹男の膝を巡るなり 宇多喜代子
松葉蟹眼を立て日本海暗む 三好潤子
松葉蟹雪一尺の地に括る 松瀬青々
毛蟹さえ小刀ほどの氷河抱き 渋谷道
毛蟹まだ息ある爪の春の雪 吉田紫乃
毛蟹啖ふ何問はれてもうはのそら 山田みづえ 木語
毛蟹喰ふ生涯かけし詩は無惨 福田蓼汀 秋風挽歌
毛蟹食べ雪国の夜のみづみづし 古賀まり子 緑の野以後
沖へ去る雪天ずわい蟹売られ 豊山千蔭
流氷来る海を見てをり毛蟹売 古賀まり子 緑の野以後
海の色捨て切つて紅ずわい蟹 森川敬三
深海の松葉蟹とて甘かりし 星野 椿
盤台の椹平葉に松葉蟹 水原春郎
空輪待つ花咲蟹の身じろがず 平賀扶人
糶声の気合一本ずわい蟹 長谷川史郊
花咲蟹すすりて旅の顔よごす 高井北杜
花咲蟹茄でて真紅を越えにけり 吉田紫乃
茄であげし毛蟹に燈波打てり 上村占魚 『萩山』
荒海の能登より届く松葉蟹 星野椿
行儀よく並ぶ高値の松葉蟹 由木みのる
越前蟹みな仰向けに糶られたる 田上さき子
越前蟹糶のうしろの夜の面 文挟夫佐恵
酒やれば風が募りて松葉蟹 高澤良一 鳩信
鉤打ちて花咲蟹と女云ふ 井桁蒼水
鋏挙ぐ毛蟹とどきて寒見舞 矢ヶ崎雅雲
雪催毛蟹茹でねば紅生れず 鈴木真砂女 夕螢
雪夜思ふ花咲蟹の濃き脂肪 小檜山繁子
鱈場蟹おのが甲羅で煮られをり 長谷川櫂 蓬莱
鱈場蟹北方領土守る子より 木下慈子
鱈場蟹売れる露人に人殺到 小林道子 『下萌』
黒山の中のだみ声毛蟹糶る 佐藤俊子 『雪の本丸』


ずわい蟹 補遺

ずわい蟹いま燦々と切られをり 飴山實 句集外
ずわい蟹とろとろ甘し旅遠し 岡本眸
ずわい蟹の鋏噛み割り流人めく 上田五千石『琥珀』補遺
大輪の越前蟹を笹の上 鷹羽狩行
怒濤越前 蟹喰い散らす男の旅 伊丹三樹彦
新樹光花咲蟹とはおもしろや 角川源義
松葉蟹出て沈黙の座となりぬ 稲畑汀子
松葉蟹食はんと芭蕉忘れをり 加藤秋邨
毛蟹むしることに一途や夕霙 鈴木真砂女 夏帯
毛蟹啖ふ何問はれてもうはのそら 山田みづえ 木語
毛蟹喰ふ生涯かけし詩は無惨 福田蓼汀 秋風挽歌
毛蟹食えば雪降りウイマム以後の民 古沢太穂 火雲
波まろぶ花咲蟹の大はさみ 角川源義
添へられし一信もなし能登毛蟹 能村登四郎
皆言葉なくひたすらに毛蟹食ぶ 能村登四郎
短日の顔昏れきつて毛蟹売 岡本眸
雪の駅花咲蟹を持つ客ら 阿波野青畝
雪催毛蟹茹でねば紅生れず 鈴木真砂女 夕螢
食われた毛蟹のごとき散乱不漁の群 金子兜太

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26590963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング