笹鳴 の俳句

笹鳴 の俳句

笹鳴 

あやとりのさまに笹鳴飛び交し 八染藍子
かはたれの白き闇にて笹子鳴く 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
さゝ啼やうすぬくもりの湯の煙 笹鳴 正岡子規
さゝ啼や小藪の隅にさす日影 笹鳴 正岡子規
さゝ啼や百草の奥の松蓮寺 笹鳴 正岡子規
さゝ鳴くや鳴かずや竹の根岸人 笹鳴 正岡子規
さゝ鳴や張笠乾く竹の垣 笹鳴 正岡子規
しかと笹鳴瑞鹿山円覚寺 高澤良一 ねずみのこまくら
しんがりに居て笹鳴をききもらす 道川虹洋
そばどころ元祖本家と笹子鳴く 高橋悦男
それきりの笹鳴なりきはや没日 徳永山冬子
みちのくの笹鳴なれば馬も聞く 佐藤秋浪子
もやひ湯に篆字の湯名笹子鳴く 中戸川朝人 星辰
わが忌中ならねば近し笹鳴は 斎藤玄 狩眼
ニュアンスを変へて小藪の笹子鳴く 高澤良一 宿好
一としきり笹鳴のしてまたも雪 田畑さと
一切の先づ笹鳴にあひにけり 斎藤空華 空華句集
七といふ好きな日の朝笹子鳴く 高田風人子
分かち合ふ野良の昼餉や笹子鳴く 芝 哲雄
切片をなし笹鳴の水際なり 山西雅子
前略と書いてひと息笹子鳴く 増田斗志
千仏のうしろに一鬼笹子鳴く 斎藤梅子
千姫の化粧櫓や笹子鳴く 谷中隆子
参道の風軽くなる 笹子鳴く 市橋一男
双塔をつなぐ古道笹子鳴く 赤松[けい]子 白毫
夕ぐれの笹鳴の方へ寝返りぬ 大石悦子 百花
外輪の頬刺す風や笹子鳴く 杉本怜子
大工来て笹鳴聴かず二三日 富田木歩
大藪を洩るる朝日や笹子鳴く 藤本哲夫
妙円寺詣での道に笹子鳴く 小林典子
尼眠る葎をくゞり笹子鳴く 長谷川かな女 雨 月
山吹の黄葉のちりぢり笹鳴す 室生犀星 魚眠洞發句集
岬端の笹鳴死にそこねては 齋藤愼爾
師の墓碑へ伝え事あり笹子鳴く 矢野嘉子
幾度か聞きし笹鳴まざと見る 徳永山冬子
庭祠ありてそこらに笹子鳴く 上村占魚 球磨
弁当に牛蒡うれしく笹子鳴く 岸本尚毅 鶏頭
影淡き師走の寺や笹子鳴く 角川春樹 夢殿
文弱にながるる月日笹子鳴く 古舘曹人 砂の音
日もうすれ閑まる家ぞ笹鳴す 室生犀星 魚眠洞發句集
日差したる加佐の岬に笹子鳴く 西畠 匙
日面のだんだん日陰笹子鳴く 深見けん二 日月
木の影も笹鳴も午後人恋し 石田波郷
東塔の影笹鳴の移りたる 中原道夫
松こぼれして笹鳴のありかかな 永井龍男
毎日の笹鳴に居る主かな 高浜虚子
毛利本邸のいづこぞ笹鳴す 高瀬竟二
水中の日を見てあれば笹鳴す 渡邊水巴 富士
浅かりし旅寝のあした笹子鳴く 赤松[けい]子
湖照りて舘山寺裏笹子鳴く 依田安子
灘照るや笹鳴移る浜王子 坂口麗峰
無始無終北上川に笹子鳴く 平井照敏 天上大風
燈台へ笹鳴の径折れつづく 砂田貴美子
琴箱のうらは藪也さゝ鳴す 笹鳴 正岡子規
目礼といふ笹鳴のごときもの 神尾久美子 桐の木
石組みに庭師のこころ笹子鳴く 中野陽路
石鼎忌笹鳴翔つて垣よぎり 原裕 葦牙
砂糖水ドーナツと来て笹鳴す 石川桂郎 四温
硝子障子は曇天のいろ笹子鳴く 中尾寿美子
福袋笹鳴詰めて出来あがる 中原道夫
稀に来し笹鳴なれば長居せず 釣巻三男
笹子鳴き「蕁麻疹(ほろせ)」が疼きし母の忌よ 平井さち子 完流
笹子鳴き世に古びたる渡来仏 大橋敦子 勾 玉以後
笹子鳴き人々起きて働けり 橋田憲明
笹子鳴くいま来し道に日の当り 神蔵 器
笹子鳴くや月斗の墓は月斗の書 青木重行
笹子鳴くわが丈笹にしづむとき 皆吉爽雨 泉声
笹子鳴くわが文殻を焚きをれば 斎藤 梅子
笹子鳴く主税も腹を召されけり 木田千女
笹子鳴く佛の里の佛道 都甲憲生
笹子鳴く吉祥天の唇欲しと 木田千女
笹子鳴く夫とふたりの峡ぐらし 山口シズホ
笹子鳴く妻の言葉のあと満たし 加倉井秋を 『真名井』
笹子鳴く山々靄に隠れけり 竹川武子
笹子鳴く左千夫の墓は不折の書 安井やすお
笹子鳴く旅もどりまだ庭を見ず 皆吉爽雨 泉声
笹子鳴く日の差してゐるそのあたり 門居米子
笹子鳴く泉に声を試すごと 羽部洞然
笹子鳴く藪また藪の岬道 小川斉東語
笹子鳴く鋸山に磨崖仏 大西八洲雄
笹子鳴く鞄の四隅鋲ひかり 中戸川朝人 尋声
笹鳴がきこえて土の中ならず 萩原麦草 麦嵐
笹鳴が初音となりし頃のこと 高浜虚子
笹鳴が呼ぶ遭難者手がかりなし 福田蓼汀 秋風挽歌
笹鳴にうつむいてゆく癖捨てよ 有働亨 汐路
笹鳴につくばい溢れいたりけり 吉屋信子
笹鳴にひらめく老の瞳縮緬織る 加藤知世子 花寂び
笹鳴にまたぎて知りし一墓標 加藤楸邨
笹鳴に一日を恃み籠るかな 吉野義子
笹鳴に前歩かれて背が寒し 加藤知世子 黄 炎
笹鳴に去年今年なく庵せり 高濱年尾 年尾句集
笹鳴に唇そらし鉄漿つける 長谷川かな女
笹鳴に大きかりける人の咳 有働亨 汐路
笹鳴に対す二日の主かな 高浜虚子
笹鳴に息合はすごと佇づめり 石井紅楓
笹鳴に暮るる日蓮誕生寺 大坪貞子
笹鳴に枝のひかりのあつまりぬ 長谷川素逝
笹鳴に沼日輪を擁すのみ 斎藤梅子
笹鳴に潮の満ちくる和歌の浦 朝妻 力
笹鳴に石柱の影ふくらめり 山田貴世
笹鳴に蛇口のさらし袋かな 長谷川倫子
笹鳴に近づきすぎたかも知れず 久保康輔
笹鳴に逢ひたき人のあるにはある 三橋鷹女(1899-1972)
笹鳴に逢ふさびしさも萱の原 加藤楸邨
笹鳴のありしあたりへ静かな眼 関根章子
笹鳴のいつ来て二ついろめきぬ 原コウ子
笹鳴のうしろは淋し九品仏 武田鶯塘
笹鳴のかげふかくいし人ならむ 古沢太穂 古沢太穂句集
笹鳴のきこえずすでに昏れゐたる 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴のきのふを探しゐるごとし 岸原清行
笹鳴のくる日こぬ日と病みたへぬ 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴のけふこの道を何故歩む 相馬遷子 雪嶺
笹鳴のしばなくこゑに夢やぶれ 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴のしばなくこゑを夢かとも 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴のそっちへ行けば島の端(はな)(仁右衛門島) 高澤良一 石鏡
笹鳴のたどたどしさよ切通し 長谷川浪々子
笹鳴のちらちら赤き経机 鈴木鷹夫 風の祭
笹鳴のつたなし父と縁うすく 成瀬桜桃子 風色
笹鳴のひとこゑありぬ那須の牧 渡邊水巴 富士
笹鳴のひとつ来てゐる庭仕事 石田郷子
笹鳴のほとを忘れしほとの神 森澄雄
笹鳴のまにまに麻酔きかさるる 斎藤玄 雁道
笹鳴のみちあらはるる仏みち 原裕 青垣
笹鳴のゆふ鳴きされば熱のぼる 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴の主なき庵に今年また 川口咲子
笹鳴の二日はや過ぎたりしこと 高濱年尾 年尾句集
笹鳴の先廻りする散歩道 園部蘆草
笹鳴の内向の声われも持つ 田川飛旅子
笹鳴の勁き舌根を感じをり 岡井省二
笹鳴の古文書拾ひ読むに似つ 勝亦年男 『枠場』
笹鳴の声のちらちら夕日射す 伊藤公子
笹鳴の声のみどりにさす日かな 飯田龍太
笹鳴の声吐き捨ててゐたりけり 茨木和生 往馬
笹鳴の声白壁を打ちて去る 井沢正江
笹鳴の大いなる訃を齎せし 高浜虚子
笹鳴の小さなる音をきゝすまし 阿部みどり女 笹鳴
笹鳴の径があるいつもの枝 原田種茅 径
笹鳴の日のある方へ移りけり 布施れい子
笹鳴の日和くづれて来りけり 大場白水郎 散木集
笹鳴の日課の如く来て去りぬ 桜井照子
笹鳴の朝な朝なの声なりし 古賀昭子
笹鳴の木の裏あたり母の咳 長谷川かな女 雨 月
笹鳴の杜にいろはにほへとの句 平 清
笹鳴の来そめて関守石一つ 八木林之介 青霞集
笹鳴の来ぬ日とてなし針仕事 高橋淡路女 梶の葉
笹鳴の来る戸すなはち目覚め時 石川桂郎 四温
笹鳴の渡りすぎけり枇杷の花 室生犀星 犀星発句集
笹鳴の玻璃戸なきごと近づき来 西井五山
笹鳴の碑裏碑表濡れいろに 原裕 青垣
笹鳴の移りし影と思はるゝ 大久保橙青
笹鳴の移りし影と思わるゝ 大久保橙青
笹鳴の移りし枝の日をこぼす 上迫しな女
笹鳴の移りて残る日差しかな 星野恒彦
笹鳴の穏密の声しきりなる 川端茅舎
笹鳴の笹の高さを移り来つ 黒坂紫陽子
笹鳴の範囲を連れて移りたる 塙告冬
笹鳴の経を忘れてゆきしかな 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
笹鳴の背戸にきてゐし二日かな 森澄雄
笹鳴の舌の強さよ藪の中 滝沢伊代次
笹鳴の舌を何處かで洗ひをる 中原道夫
笹鳴の舌頭見ゆるかに近し 皆吉爽雨
笹鳴の路せばまりて風の消ゆ 原田種茅 径
笹鳴の途切れては又源氏山 山田閏子
笹鳴の隠密の声しきりなる 川端茅舎
笹鳴の顔まで見せてくれにけり 綾部仁喜 樸簡
笹鳴の鳴き移るさま見ゆるかに 右城暮石
笹鳴の鳴き翔つ光りいつまでも 加藤知世子 花寂び
笹鳴の鳴く間黙す間時が充つ 加藤楸邨
笹鳴の鳴けば亡き母呼ぶかとも 福田蓼汀
笹鳴はさびしきいろに死にゐたり 中尾白雨 中尾白雨句集
笹鳴は水沁む原を飛びにけり 右城暮石 声と声
笹鳴は汀に濡るゝほど近し 高橋馬相 秋山越
笹鳴は空耳なりし雪が降る 原田青児
笹鳴は袂に溜まるごとくなり 友岡子郷
笹鳴は袂に留まるごとくなり 友岡子郷
笹鳴やけふ故里にある思ひ 篠原鳳作
笹鳴やけふ開眼の木彫仏 伊東白楊
笹鳴やこの一間のみ青畳 友岡子郷
笹鳴やさそはれ抱く膝がしら 杉山岳陽
笹鳴やしづかに崖が応へをり 池芹泉
笹鳴やつくばひかけて積る雪 軽部烏帽子 [しどみ]の花
笹鳴やはうむり去りし小とむらひ 河野静雲 閻魔
笹鳴やふたりの影の道祖神 猪俣千代子 堆 朱
笹鳴やもぐさ大きくしがちなる 小島千架子
笹鳴やわが身一つの影のなか 遠藤はつ
笹鳴やダム底亀裂もて笑ふ 木下夕爾
笹鳴や一人おくれて門に入る 五十嵐播水 埠頭
笹鳴や一壺に充たぬ母の骨 佐藤国夫
笹鳴や一行ひかる子の作文 中村明子
笹鳴や万年筆が見つからぬ 川崎展宏
笹鳴や世をしづめたる山家集 野村喜舟 小石川
笹鳴や丸太を銃のごと担ぎ 西山常好
笹鳴や丸太積みある吉野口 荻原芳堂
笹鳴や乾き岐れし潦 大橋櫻坡子 雨月
笹鳴や二段にひらくお弁当 黒田杏子 花下草上
笹鳴や井戸また涸るゝ日の匂ひ 佐野青陽人 天の川
笹鳴や保育器にさく十指あり 田川飛旅子(1914-99)
笹鳴や勤めなければ門を出ず 三溝沙美
笹鳴や十能の火を書院まで 大峯あきら
笹鳴や博奕の宿へ藪の穴 河野静雲 閻魔
笹鳴や厨ごとこそ大切に 及川貞 夕焼
笹鳴や吾子の描く絵に赤多く 加倉井秋を
笹鳴や塔頭さらに垣を結ふ 米沢吾亦紅 童顔
笹鳴や壬生菜にふりし味の素 鈴木真砂女 夕螢
笹鳴や大刈込をくぐりては 水原秋櫻子
笹鳴や大望の身の懐手 佐々木有風
笹鳴や失ひしものみな寂か 山田みづえ 草譜
笹鳴や女ばかりの昼ながし 桂信子 黄 炎
笹鳴や妻いくたびも燐寸擦る 加倉井秋を
笹鳴や妻いくたびも隣寸擦る 加倉井秋を
笹鳴や学習院を通り抜け 川崎展宏
笹鳴や寺領はいつも期待あり 稲畑汀子 春光
笹鳴や封書もたらす幼き手 持田石映 『まぼろし』
笹鳴や小壜の多き女の部屋 志摩知子
笹鳴や小町通りをそれてすぐ 川崎展宏
笹鳴や居間に厨にわが起居 殿村菟絲子 『繪硝子』
笹鳴や山の宮へと道岐れ 雨宮美智子
笹鳴や山田いつより捨てられし 岡本まち子
笹鳴や峡に空家の又ひとつ 空林美恵子
笹鳴や峡の自足の茶の籬 伊藤いと子
笹鳴や巌にもたせて木の鳥居 比叡 野村泊月
笹鳴や師を棄つるまで啼きとほし 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
笹鳴や帰りのやうな午後の雲 児玉南草
笹鳴や平群の山は畳なはり 山口誓子
笹鳴や幼子がわが門にゐて 原田喬
笹鳴や思惟の手解かぬ苔仏 三橋迪子
笹鳴や我はひと代を火炎上 加藤秋邨 まぼろしの鹿
笹鳴や手は見え足は忘じたり 島津亮
笹鳴や手沢出でたる桐火鉢 日野草城
笹鳴や掌にぬくもりし化粧水 石田あき子 見舞籠
笹鳴や新藁かわく薄緑 碧雲居句集 大谷碧雲居
笹鳴や日の出の何ぞなつかしき 加藤秋邨 火の記憶
笹鳴や日は墳山の後ろにて 藤田あけ烏
笹鳴や日向日蔭へ道伸びて 岸田稚魚 筍流し
笹鳴や日移りはやき竹の幹 村上 光子
笹鳴や昼の暗さの懺悔室 水原春郎
笹鳴や昼は鉄打つ軍畑 石寒太 あるき神
笹鳴や朗報しかと胸に抱き 星野椿
笹鳴や朱をふんだんに絵蝋燭 村田白峯
笹鳴や杣の忘れし鉈袋 原 天明
笹鳴や杭うちしごと人彳てる 橋本鶏二 年輪
笹鳴や松にある日の障子にも 比叡 野村泊月
笹鳴や枯燕子花誰も見ずに 徳永山冬子
笹鳴や椿緑り葉篠の中 尾崎迷堂 孤輪
笹鳴や榾火吹きにしなみだ顔 古沢太穂 古沢太穂句集
笹鳴や機嫌雀の唄の中 石塚友二 光塵
笹鳴や母がかたみの仮名手紙 石田あき子 見舞籠
笹鳴や水のゆふぐれおのづから 日野草城
笹鳴や法然院の苔庇 桑田青虎
笹鳴や浄土追はれし磨崖仏 加藤楸邨
笹鳴や浅谷杉の小百本 尾崎迷堂 孤輪
笹鳴や海女が入る温泉の萱がくれ 宮下翠舟
笹鳴や深山たびたび日をかくす 長谷川双魚 風形
笹鳴や渚を越ゆる波ばかり 脇田裕司
笹鳴や満月登る富士の肌 澤木欣一
笹鳴や無為に馴れたる我が耳に 京極杞陽
笹鳴や熱海湯の町坂の町 高瀬竟二
笹鳴や片言の児を手から手へ 茂木奈津
笹鳴や生あたゝかく言生きて 石塚友二 光塵
笹鳴や痩せし日射しを膝の上 岸田稚魚 筍流し
笹鳴や目を走らする梅檜 阿部みどり女 『陽炎』
笹鳴や石に日が跳ぶ杉襖 古館曹人
笹鳴や砂にちらばるうつせ貝 福田蓼汀 秋風挽歌
笹鳴や磨きて覚ます杉の肌 本多静江
笹鳴や空気緻密に林ある 徳永山冬子
笹鳴や竹の日ざしに遺句に坐す 手塚 美佐
笹鳴や篠竹原に道開け 広瀬直人
笹鳴や終日開けぬ寺障子 比叡 野村泊月
笹鳴や置釣の綸ひかりゐて 金子 潮
笹鳴や義経越えしといふ峠 石原 栄子
笹鳴や習ふと言ふは密かなる 殿村菟絲子 『菟絲』
笹鳴や職場に知己ある謂なし 中村草田男
笹鳴や舞納めたる夕ごころ 吉川与音 『琴柱』
笹鳴や艦入り替ふる麓湾 飯田蛇笏 山廬集
笹鳴や芋銭旧居の大硯 綱川恵子
笹鳴や茶山へ運ぶ古き藁 下田稔
笹鳴や落葉くされし水の冴え 室生犀星 魚眠洞發句集
笹鳴や蔦の細道石粗し 関根近子
笹鳴や裏つゞきなる二塔頭 河野静雲 閻魔
笹鳴や西行塚はまんまるく 成瀬桜桃子
笹鳴や西行谷の流れ水 小澤碧童
笹鳴や読めぬカルテを見てゐたり 宮根 實
笹鳴や謡の節に句の調子 松根東洋城
笹鳴や谷戸を包める日の温き 鈴木壽夫
笹鳴や豊公利久伊勢の鷹 石塚友二 光塵
笹鳴や赤の瓦のぎつしりと 大木あまり 火球
笹鳴や逢はでかへりし声は誰 加藤秋邨 火の記憶
笹鳴や遠まはりしてご用聞き 吉田ひで女
笹鳴や遺書は十七文字で足る 植村幸北
笹鳴や野仏おはすどんづまり 渡邊たけし
笹鳴や野良着にもある好き嫌ひ 影島智子
笹鳴や鉛筆書きの妻の遺書 三村太虚洞
笹鳴や鎌倉街道切通し 矢田邦子
笹鳴や開扉のほとけたをやかに 織田春美
笹鳴や防人の道荒るるまま 浦野志与平
笹鳴や雪に灯ともす東大寺 中川宋淵 詩龕
笹鳴や青淵覗く危さに 馬場移公子
笹鳴や飛島川とて涸れのこる 水原秋桜子
笹鳴や飛行機雲の交叉して 毛塚うめ
笹鳴や馬込は垣も斑にて 室生犀星 魚眠洞發句集
笹鳴や鬼の窟に鬼の影 田中水桜
笹鳴や鳴かで啄む枝移り 東洋城千句
笹鳴よこの身焼かるる日も鳴くや 橋間石
笹鳴をききとめて耳あたたかし 大石悦子 群萌
笹鳴をききゐて眼遠く置く 森澄雄
笹鳴をまねつゝ急ぐ法師かな 比叡 野村泊月
笹鳴を再び聞きし目を合はす 宮原節子
笹鳴を四方に厩は日あたれり 高橋馬相 秋山越
笹鳴を庭先にして私宅ミサ 村越化石 山國抄
笹鳴を待ちもう少し待つてみる 清水径子
笹鳴を疎林のひかり弾き合ふ 相馬遷子 山河
笹鳴を聞いて居籠る夫婦かな 比叡 野村泊月
笹鳴を聞き得て生がありにけり 斎藤空華 空華句集
笹鳴を聞く東京のど真ん中 奥てるを
笹鳴を聴いて見知らぬ人同志 小林草吾
笹鳴を背ナにきゝつゝ暫くは 星野 椿
笹鳴を覗く子と待つ雑煮かな 渡邊水巴
箸箱に箸二並び笹子鳴く 赤松[けい]子 白毫
粥占に由緒の神社笹子鳴く 小山今朝泉
紫の立子帰れば笹子鳴く 川端茅舎
結納の娘の帯締むる笹子鳴く 伊東宏晃
絵の売れし画室のさびれ笹子鳴く 皆吉爽雨
耳打ちの笹鳴なりし南畦忌 鈴木蚊都夫
聞きとめて病後なりけり笹子鳴く 鈴木鷹夫 千年
落書の四高の机笹子鳴く 山本悦子
裏山に笹鳴殖やし醤油蔵 冨田みのる
西空の朱もわづかや笹鳴す 岩田昌寿 地の塩
観音の裏笹鳴の来てゐたり 石寒太 翔
角砂糖に水色の翳笹鳴す 田川飛旅子
起きぬけの指まだ固し笹子鳴く 百瀬和子
踏み入れば笹鳴少し遠くなる 太田昌子
躙口開けられてあり笹子鳴く 広瀬由紀夫
車おりてしばらくゆけば笹子鳴く 上村占魚 鮎
逆落しの山間に道笹子鳴く 瀬野美和子 『毛馬堤』
選り抜きの蘭の出荷口笹子鳴く 野本 嘉子
遺影とは微笑むものか笹子鳴く 千代田葛彦
遺影まで届く朝の日笹子鳴く 縣信彰
間のありて又笹鳴の磴となる 中川秋太
雨傘のなか笹鳴をききとめて 神尾久美子 桐の木
願成就院裏山に笹子鳴く 森賢之助
飴細工吾が口中に笹子鳴く 下村喜一
鵯その他去り笹鳴の登場す 石塚友二 光塵
麻酔覚める瞳街の笹鳴もう句にして 加藤知世子 花寂び


笹鳴 補遺

いのちあるものなつかしく笹鳴けり 加藤秋邨
から~の大つくばひや笹子鳴く 日野草城
こころ待ちせし笹鳴きの今日も来ず 鷹羽狩行
こゝに返す逍遥の歩や笹子鳴く 日野草城
さゝ啼やうすぬくもりの湯の煙 正岡子規 笹鳴
さゝ啼や小藪の隅にさす日影 正岡子規 笹鳴
さゝ啼や百草の奥の松蓮寺 正岡子規 笹鳴
さゝ鳴くや鳴かずや竹の根岸人 正岡子規 笹鳴
さゝ鳴や張笠乾く竹の垣 正岡子規 笹鳴
しばらくは笹鳴のみのきこえけり 桂信子 花影
せよ~と笹鳴いひてゐる如し 星野立子
ふもとにて笹鳴きゐしが鵯の寺 水原秋櫻子 霜林
わが夢の枯野をゆけば笹子鳴く 山口青邨
わが忌中ならねば近し笹鳴は 斎藤玄 狩眼
一つ二つ明治の調度笹子鳴く 山口青邨
一月の笹鳴や目をしばたたく 森澄雄
七といふ好きな日の朝笹子鳴く 高田風人子
主は復活聖母は老いず笹鳴ける 中村草田男
乗越の熊笹日和笹鳴けり 福田蓼汀 秋風挽歌
二三日ちらつきゐしが笹鳴けり 水原秋櫻子 餘生
佛から笹鳴の声おこりけり 加藤秋邨
初音とも言へず笹鳴とも言へず 稲畑汀子
到来の小包解くや笹鳴いて 村山故郷
勾当内侍の塚や笹鳴ける 飴山實 句集外
厠出し人に笹鳴つゞくかな 原石鼎 花影
厨子奥はこのへんにして笹鳴す 高野素十
叡感の琴弾くがごと笹鳴す 阿波野青畝
商人が耳傾げをり笹鳴す 伊丹三樹彦
夜に入りて笹鳴こはくなりにけり 赤尾兜子 玄玄
大年の笹鳴る闇となりにけり 石橋秀野
子等が来る日の笹鳴はかはいらし 野見山朱鳥 愁絶
客去れば笹鳴とわが時間かな 加藤秋邨
山のさま鎌倉めきて笹子鳴き 後藤比奈夫
巌・濤どこか笹鳴してゐたり 加藤秋邨
干昆布塩吹く日南笹鳴いて 村山故郷
庭先に何の雫や笹鳴ける 桂信子 草影
庭祠ありてそこらに笹子鳴く 上村占魚 球磨
手袋の赤きを拾ふ笹鳴す 橋閒石 雪
文弱にながるる月日笹子鳴く 古舘曹人 砂の音
日あたりて笹鳴近くなきにけり 原石鼎 花影
日の萱に逃避の我や笹鳴ける 相馬遷子 雪嶺
昃るや笹鳴しげき登り窯 山田みづえ まるめろ
時流れゆく笹鳴と我とにのみ 加藤秋邨
朝々の笹鳴今日は日曜日 高田風人子
木の影も笹鳴も午後人恋し 石田波郷
柴漬に笹鳴の来てをりにけり 日野草城
棘(けいきょく)の冠かづき笹鳴けり 川端茅舎
槙囲笹鳴の穴百舌鳥の穴 百合山羽公 樂土
歩みをり我に向ひて笹鳴くとき 加藤秋邨
死はひとつ手ぶらあるきに笹子鳴く 秋元不死男
水中の日を見てあれば笹鳴す 渡邊水巴 富士
無始無終北上川に笹子鳴く 平井照敏 天上大風
焼あとの雪見灯籠笹子鳴く 山口青邨
爪木折る音もありつつ笹鳴ける 中村草田男
獺か笹鳴か霜くらきうち 右城暮石 句集外 昭和十四年
琴箱のうらは藪也さゝ鳴す 正岡子規 笹鳴
眼鏡拭くやまた冴え冴えと笹鳴けり 加藤秋邨
石鼎忌笹鳴翔つて垣よぎり 原裕 葦牙
砂糖水ドーナツと来て笹鳴す 石川桂郎 四温
祖母いますその日のごとく笹鳴ける 福田蓼汀 山火
笹子鳴きふたゝび空はくもりけり 桂信子 月光抄
笹子鳴くこの帯留が気に入らぬ 三橋鷹女
笹子鳴く方へ下りゆき水を汲む 佐藤鬼房
笹子鳴く真昼やさしき甲斐の山 飯田龍太
笹鳴いて枯山腹を見せにけり 石田勝彦 百千
笹鳴か簀垣過ぎりし人影か 清崎敏郎
笹鳴がなどと空々しいことを 橋閒石 虚 『和栲』以後(I)
笹鳴が光る松葉に影として 篠原梵 年々去来の花 中空
笹鳴が去つて大石動かれず 加藤秋邨
笹鳴が去り雪は雪我は我 加藤秋邨
笹鳴が吾等の動き窺へり 右城暮石 散歩圏
笹鳴が呼ぶ遭難者手がかりなし 福田蓼汀 秋風挽歌
笹鳴が笹鳴を呼ぶやうに鳴く 右城暮石 句集外 昭和六年
笹鳴が耳に残りて支那料理 星野立子
笹鳴が降るにも過ぐる配膳車 斎藤玄 狩眼
笹鳴きがわらびぜんまい焼きし跡(越前岬二句) 細見綾子
笹鳴きに枝のひかりのあつまりぬ 長谷川素逝 暦日
笹鳴きに覚めて朝とも日暮とも 中村苑子
笹鳴きのこゑのみけふの安居寺 森澄雄
笹鳴きやもの書きにして筆無精 鷹羽狩行
笹鳴きや一日を文書くときめ 鷹羽狩行
笹鳴きや二度寝の肩を少し出し 鷹羽狩行
笹鳴きや出土の石器綿の上 鷹羽狩行
笹鳴きや土牢の桟嵌め殺し 鷹羽狩行
笹鳴きや墓も巌も地より生ひ 鷹羽狩行
笹鳴きや強き火きらふ煮つめもの 鷹羽狩行
笹鳴きや昼近く剃る無精髭 鷹羽狩行
笹鳴きや朱の黄ばみし観世縒り 鷹羽狩行
笹鳴きや机の端の薄ぼこり 鷹羽狩行
笹鳴きや柄の逞しき肥柄杓 鷹羽狩行
笹鳴きや次の笹鳴きもう聴けず 桂信子「草影」以後
笹鳴きや湯揉唄なく出湯揉み 鷹羽狩行
笹鳴きや湯気をしきりに落し蓋 鷹羽狩行
笹鳴きや琴の袋の口ゆるみ 鷹羽狩行
笹鳴きや眼をしひたげし文庫本 鷹羽狩行
笹鳴きや眼鏡を徹夜稿の上 鷹羽狩行
笹鳴きや箱書きを待つ軸ひとつ 鷹羽狩行
笹鳴きや親展の文二つ来て 鷹羽狩行
笹鳴きや鼻肉ゆたかに磨崖仏 鷹羽狩行
笹鳴きを聞きて昼餉としたりけり 右城暮石 句集外 大正十四年
笹鳴くとひとりごちせるそのあとも 岸田稚魚 紅葉山
笹鳴くや旅のつかれを昼の風呂 上村占魚 鮎
笹鳴くや石にいろなき野の夕日 上村占魚 鮎
笹鳴けり機は仕舞ひて事始め 及川貞 夕焼
笹鳴ちらちら亡母はいつも訪ひ姿 中村草田男
笹鳴と風花と手の灰ふるひ 三橋鷹女
笹鳴にかさりこそりとお滝守 阿波野青畝
笹鳴にはたして下痢となりにけり 伊丹三樹彦
笹鳴に医師棲みて清潔に老ゆ 伊丹三樹彦
笹鳴に姉より長き睫かな 加藤秋邨
笹鳴に掌をのべ古風な庭木らよ 三橋鷹女
笹鳴に明日の娶りの厨事 高田風人子
笹鳴に朝が又来て働けり 高田風人子
笹鳴に水音に山深きかな 稲畑汀子
笹鳴に粗懶の百舌のまじりたる 阿波野青畝
笹鳴に逢ひたき人のあるにはある 三橋鷹女
笹鳴に逢ふさびしさも萱の原 加藤秋邨
笹鳴に雑木のなかの耳ひかる 伊丹三樹彦
笹鳴のあるとき近し休み窯 上田五千石『田園』補遺
笹鳴のかげふかくいし人ならむ 古沢太穂 古沢太穂句集
笹鳴のけふこの道を何故歩む 相馬遷子 雪嶺
笹鳴のこゑも刈り込み槙囲 百合山羽公 樂土
笹鳴のごとく来てゐき去りにけり 加藤秋邨
笹鳴のたえだえにわが月日かな 加藤秋邨
笹鳴のひとこゑありぬ那須の牧 渡邊水巴 富士
笹鳴のふりかかりたる素顔持す 斎藤玄 狩眼
笹鳴のほとを忘れしほとの神 森澄雄
笹鳴のまこと稚し焼け山に(越前岬二句) 細見綾子
笹鳴のまにまに麻酔きかさるる 斎藤玄 雁道
笹鳴のみちあらはるる仏みち 原裕 青垣
笹鳴のもうひと息が鳴ききれず 加藤秋邨
笹鳴の一と声を直ぐに人に言ふ 細見綾子 桃は八重
笹鳴の一と声を直ぐ人に言ふ 細見綾子
笹鳴の中空を日の漂える 橋閒石 微光以後
笹鳴の初音鼓幕にはづみけり 石塚友二 磯風
笹鳴の勁き舌根を感じをり 岡井省二 明野
笹鳴の声のみどりにさす日かな 飯田龍太
笹鳴の姿となりて庭前に 高浜年尾
笹鳴の忿ふくめる一日あり 石田波郷
笹鳴の思ひ出さねば鳴かぬなり 加藤秋邨
笹鳴の曇りて昏れぬ土瓶蒸 岡井省二 鹿野
笹鳴の来しふところ手ほどきけり 石田波郷
笹鳴の来る戸すなはち目覚め時 石川桂郎 四温
笹鳴の枝移りつつ林泉去らぬ 伊丹三樹彦
笹鳴の眦振つて向きにけり 川端茅舎
笹鳴の碑裏碑表濡れいろに 原裕 青垣
笹鳴の秀枝離れて下枝に居 阿波野青畝
笹鳴の突ともう起きねばならぬ 星野立子
笹鳴の粕谷御殿は襖破れ 山口青邨
笹鳴の背戸にきてゐし二日かな 森澄雄
笹鳴の見えぬところに黒子あり 橋閒石 卯
笹鳴の隠密の声しきりなる 川端茅舎
笹鳴の青きすがたの見えにけり 日野草城
笹鳴の鳴き移るさま見ゆるかに 右城暮石 句集外 昭和六十三年
笹鳴は寺の新嫁讃へけり 阿波野青畝
笹鳴は水沁む原を飛びにけり 右城暮石 声と声
笹鳴やあちこち墜つる杉の雪 日野草城
笹鳴やあまり間近かに山巨き 飯田龍太
笹鳴やたかし来し日は光り飛び 川端茅舎
笹鳴やときに影して走り雲 鷲谷七菜子 花寂び
笹鳴やなかの強ハ音を恵方とし 飴山實 句集外
笹鳴やひやびやと坐す神の前 角川源義
笹鳴やほとほと燃ゆる火山岩 加藤秋邨
笹鳴やまたぎて知りし一墓標 加藤秋邨
笹鳴やめつむり聞けば身のほとり 加藤秋邨
笹鳴やわれ金石の本を読む 山口青邨
笹鳴や一高の松その笹生 石田波郷
笹鳴や世にもきれいな夕日今 星野立子
笹鳴や亡蕪村はた亡大魯 石田勝彦 雙杵
笹鳴や何か踏みたきわが蹠 加藤秋邨
笹鳴や何に通へる山の径 石田勝彦 雙杵
笹鳴や全山の馬影を曳く 加藤秋邨
笹鳴や午後とも見えぬ野の光り 飯田龍太
笹鳴や厨ごとこそ大切に 及川貞 夕焼
笹鳴や吉水は暮れ終るべく 日野草城
笹鳴や呪文となへて子守沙弥 川端茅舎
笹鳴や土に膝つく墓仕へ 岡本眸
笹鳴や壬生菜にふりし味の素 鈴木真砂女 夕螢
笹鳴や夕されば吾子帰りくる 角川源義
笹鳴や夢二の女の黄八丈 桂信子 草影
笹鳴や大刈込をくぐりては 水原秋櫻子 旅愁
笹鳴や失ひしものみな寂か 山田みづえ 草譜
笹鳴や女ばかりの昼ながし 桂信子 女身
笹鳴や妻なす波紋及び来る 岸田稚魚 負け犬
笹鳴や崖の一日音もなく 加藤秋邨
笹鳴や廻廊渡る茶菓もちて 星野立子
笹鳴や忘れてゐたる舌の先 加藤秋邨
笹鳴や我はひと代を火炎上 加藤秋邨
笹鳴や手沢出でたる桐火鉢 日野草城
笹鳴や日の出の何ぞなつかしき 加藤秋邨
笹鳴や日向日蔭へ道伸びて 岸田稚魚 筍流し
笹鳴や日暮のごとき日本海 加藤秋邨
笹鳴や昔男の隠紋 山口青邨
笹鳴や書屋は昼をひともして 山口青邨
笹鳴や村の床屋の午前尽く 楠本憲吉 孤客
笹鳴や東司のうしろあたりから 飴山實 句集外
笹鳴や榾火吹きにしなみだ顔 古沢太穂 古沢太穂句集
笹鳴や機嫌雀の唄の中 石塚友二 光塵
笹鳴や死後への汚れ焚きすてて 加藤秋邨
笹鳴や母のやつれは言ふまじく 桂信子 月光抄
笹鳴や水のゆふぐれおのづから 日野草城
笹鳴や浄土追はれし磨崖仏 加藤秋邨
笹鳴や海への道のひぐれどき 加藤秋邨
笹鳴や漬靴下の洗面器 秋元不死男
笹鳴や火桶にかゝる女の手 日野草城
笹鳴や炭火たのしきたなごゝろ 日野草城
笹鳴や燗を過せし朝の酒 日野草城
笹鳴や牛乳ひとり沸騰す 加藤秋邨
笹鳴や玻璃に頬あて吾を見る子 加藤秋邨
笹鳴や生あたゝかく言生きて 石塚友二 光塵
笹鳴や畦は乾きて径となる 加藤秋邨
笹鳴や痩せし日射しを膝の上 岸田稚魚 筍流し
笹鳴や目休めに繰る素描集 上田五千石『琥珀』補遺
笹鳴や石に日が跳ぶ杉襖 古舘曹人 砂の音
笹鳴や砂にちらばるうつせ貝 福田蓼汀 秋風挽歌
笹鳴や繊月既にありて冱ゆ 日野草城
笹鳴や職場に知己ある謂なし 中村草田男
笹鳴や艦入り替ふる麓湾 飯田蛇笏 山廬集
笹鳴や茨の刺の真紅 川端茅舎
笹鳴や蔭雪は白失はず 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
笹鳴や豊公利久伊勢の鷹 石塚友二 光塵
笹鳴や逢はでかへりし声は訛 加藤秋邨
笹鳴や達谷先生は痔にこもり 加藤秋邨
笹鳴や雑草園ははやともす 山口青邨
笹鳴や風花の澄む夕あかり 日野草城
笹鳴や鰯配給みかん配給 星野立子
笹鳴よこの身焼かるる日も鳴くや 橋閒石 和栲
笹鳴をたしかめてゐる間の閑か 桂信子 花影
笹鳴を疎林のひかり弾き合ふ 相馬遷子 山河
笹鳴を聴きゐるらしき妻の黙 加藤秋邨
笹鳴を聴く君のほか目に見えず 加藤秋邨
笹鳴を覗く子と待つ雑煮かな 渡邊水巴 白日
臥して聴く笹鳴もまた興のうち 森澄雄
荊棘のアーチ笹鳴面白く 川端茅舎
見てをれば笹鳴出でて来りけり 山口青邨
賀状のGanは巌のことか笹鳴ける 加藤秋邨
赤富士はいまも笹鳴くばかりかな 岡井省二 明野
車おりてしばらくゆけば笹子鳴く 上村占魚 鮎
還り来し尺八に笹鳴おこりけり 原石鼎 花影以後
酔ひし顔母に見られぬ笹鳴ける 桂信子 女身
雪村の墓てふ巨石笹鳴けり 飯島晴子
鳴かずゐる笹鳴の目を感じをり 加藤秋邨
鵯その他去り笹鳴の登場す 石塚友二 光塵

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:22 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26590983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

初夏である
at 2017-05-27 16:49
夜半と比奈夫
at 2017-05-27 13:08
冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08

外部リンク

記事ランキング