夜神楽 の俳句

夜神楽 の俳句

夜神楽 

噴き出づる酔夜神楽の鬼の面 後藤比奈夫 めんない千鳥
埋火の珠となるまで神楽宿 神尾久美子 桐の木
夕月夜神楽のまえのためし笛 渡辺寿子
夜神楽にいつ加はりし雨の音 野澤節子 『存身』
夜神楽にむささびの啼く夜もあらん 江口竹亭
夜神楽に拍子抜けたる仕草あり 矢島渚男 延年
夜神楽に歯も喰ひしめぬ寒さかな 史邦 芭蕉庵小文庫
夜神楽に神のはばたくうしろ影 桂樟蹊子
夜神楽に鬼の生きざま垣間見し 石崎素秋
夜神楽のいたづら鬼は村長ぞ 富永 小谷
夜神楽のお福哀しきまで笑ふ 島津余史衣
夜神楽のざんざん降りの大太鼓 高橋悦男
夜神楽のしらじら暁けの怒濤見ゆ 橋本鶏二
夜神楽のひようたんころり花茣蓙に 昆ふさ子 『冬桜』
夜神楽のもどきの鬼の草鞋ばき 西本一都
夜神楽の一戸へ雪の筧ひく 神尾季羊
夜神楽の出を待つ神の足拍子 川崎慶子
夜神楽の出番のおろち既に酔ふ 橋詰沙尋
夜神楽の室の八嶋へ厚着せり 舘野たみを
夜神楽の庭燎に匂ふ巫女袴 高澤良一 石鏡
夜神楽の怪鳥を湖に追ひやりぬ 長谷川かな女 花寂び
夜神楽の或は近き囃子かな 星野麦人
夜神楽の暁こそは高潮す 宇咲冬男
夜神楽の末座に加はりどっこいしょ 高澤良一 石鏡
夜神楽の果てたる北斗七星よ 小林貴子
夜神楽の死にゆく鬼に手を叩く 野見山ひふみ
夜神楽の炎影に剣正しけり 渡辺和弘
夜神楽の神と両脚見てをりぬ 楠本信子
夜神楽の神と人との間かな 後藤比奈夫
夜神楽の神と雨脚見てをりぬ 楠本信子
夜神楽の神のつぶやき白ろ面 竹内一笑
夜神楽の神を舞ふまで嬰をあやす 瀬尾ふくの
夜神楽の神憑きたまふしぐさかな 八牧美喜子
夜神楽の笛に澄みゆく高嶺星 西村博子
夜神楽の笛哭くやうに高嶺村 橋本和子
夜神楽の篠に拾はる蚕神さま 佐野美智
夜神楽の舞ひねぢれたる足袋の先 千々和恵美子
夜神楽の霧呼ぶ声か奥秩父 橋本榮治 麦生
夜神楽の面をはみ出す無精髭 山崎赤秋
夜神楽の面を外してはにかみぬ 小島照子
夜神楽は果てるか下駄の氷る音 許六
夜神楽は畳に酒を打ちて舞ふ 橋本鶏二
夜神楽や些細なことを大仰に 高澤良一 随笑
夜神楽や優しき鬼に踏まれもし 矢島渚男 延年
夜神楽や太き椿の蔭の宮 尾崎迷堂 孤輪
夜神楽や子の頭撫で去る手力男 大橋敦子 勾 玉以後
夜神楽や戸の開くかたに冬の梅 野坡
夜神楽や水涕拭ふ舞の袖 高井几董
夜神楽や焚火の中へちる紅葉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
夜神楽や燗も熱めのかつぽ酒 梶原 宇良
夜神楽や眠し寒しとかつぽ酒 清水諄子
夜神楽や神の饗宴うつくしく 竹下陶子
夜神楽や神は日向の国なまり 寺岡慶二
夜神楽や荒ぶる神を笛鎮め 岩渕英子
夜神楽や霰のおとも聞ゆなる 几董
夜神楽や鳥の姿して山の神 斉藤夏風
夜神楽や鼻息白し面の内 榎本其角
夜神楽を仰ぐとなりも旅の顔 古賀まり子 緑の野
夜神楽を触れて太鼓の昼間より 竹森登美恵
夜神楽明けの村去る 刈田に光溜めた 伊丹公子 沿海
夜神楽終う神も大蛇も疲れけり 谷計冶
夜神楽舞う少年の祖母 箸つかう 伊丹公子 沿海
日月の灰美しき神楽宿 橋本榮治 越在
楠へ消えた むささび 夜神楽急調子 伊丹公子 沿海
火の国の焼酎届く神楽宿 永伊予人
神楽宿の わやわや切り口並ぶ野菜 伊丹公子 沿海
神楽宿奥に赤子を眠らせて 児玉美代
神楽宿襖はづして月入れぬ 井上千代美
祭壇の下に米櫃神楽宿 津田清子
苗障子夜をしつとりと神楽宿 田中英子
藁に寝て子牛守る爺神楽宿 田中英子
農の血を継ぐ夜神楽の太き指 佐川広治
醤油とつくとつく夜神楽きりもなし 加倉井秋を
闇を裂く笛に夜神楽はじまりぬ 押川歌子

夜神楽 補遺

ひしめくは天の星 神楽宿の衆 伊丹三樹彦
刈田には滅灯駐車ら 神楽宿 伊丹三樹彦
噴き出づる酔夜神楽の鬼の面 後藤比奈夫
夜神楽に高千穂の夜を見とどけし 後藤比奈夫
夜神楽の抜刀きらり 又も きらり 伊丹三樹彦
夜神楽の明けての霧に 落幣(おちしで)踏む 伊丹三樹彦
夜神楽の灯に 尾であそぶ梢の栗鼠 伊丹三樹彦
夜神楽の神と人との間かな 後藤比奈夫
夜神楽の舞台星座も出揃ひて 津田清子
川明り美し夜神楽の帰り道 飯島晴子
招霊(おがたま)にむささび天降る 神楽宿 伊丹三樹彦
神楽宿 掛稲匂う闇の 芯の 伊丹三樹彦
笛方は舞に合はせて里神楽(高千穂の夜神楽五句) 鷹羽狩行
篝火に星の座ゆるぶ 神楽宿 伊丹三樹彦
耳立てゆく 神楽宿の灯見つけての 伊丹三樹彦
腰ひねり夜神楽ま向そ向舞ふ 阿波野青畝

夜神楽 続補遺

夜神楽に歯も喰しめぬ寒さ哉 史邦
夜神楽の果てるか下駄の氷る音 許六
夜神楽は果てるか下駄の氷る音 許六
夜神楽や坐をせる嶋の年木樵 野坡
夜神楽や寐耳をすます淡路島 仙化
夜神楽や戸の開かたに冬の梅 野坡
夜神楽や戸の開くかたに冬の梅 野坡 百曲
夜神楽や水涕拭ふ舞の袖 高井几董
夜神楽や襟にあられのはくほろり 尚白
夜神楽や鼻息白き面の内 宝井其角
夜神楽や鼻息白し面の内 其角 猿蓑
夜神楽や鼻息白し面ンの内 其角

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:27 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26590993
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

軍艦 の俳句
at 2017-11-22 08:20
那智の滝 の俳句
at 2017-11-22 08:16
後評(2017・9)
at 2017-11-22 06:00
後評(2017・11)
at 2017-11-22 05:52
火恋し の俳句
at 2017-11-18 16:26

外部リンク

記事ランキング