枯蔦 の俳句

枯蔦 の俳句

枯蔦 

からみつく枯蔦長し牛の角 枯蔦 正岡子規
ひかり吐き終へし閑かさ蔦枯るる なかのまさこ
ふつと蔦枯るる感覚パン焦がす 北村美都子
ゆるやかに幹を縛め蔦枯kゝ 清崎敏郎
ジャズが湧く蔦ことごとく枯れ尽くし 高野ムツオ 鳥柱
一面に枯蔦からむ仏かな 高浜虚子
城垣の昼を深めて蔦枯れる 大野紫陽
大悲閣の碑石の蔦も枯れにけり 西山泊雲 泊雲句集
大木の枯るゝに逢へり蔦蘿 鬼城
御岩屋の錠さび垂るゝ蔦も枯れ 岸風三楼 往来
我は今網状の枯蔦のどの辺り 高野ムツオ 陽炎の家
枯れきりし蔦いさかひの犬に垂れ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
枯れし幹をめぐりて蔦の芽生かな 大橋櫻坡子 雨月
枯れてのち蔦天辺に這い出せり 高野ムツオ 雲雀の血
枯色に秘めて蔦の芽なりしかな 稲畑汀子
枯蔦が踊りつづけて海へ行く 加藤 晃
枯蔦が這ひ吸盤に類すもの 高澤良一 素抱
枯蔦となりて葛藤顕はるる 田中政子
枯蔦となり一木を捕縛せり 三橋鷹女(1899-1972)
枯蔦に山の残照近づけり 米沢吾亦紅 童顔
枯蔦に日の当るのみ甲子園 岡澤康司
枯蔦のあくまでからむ官舎塀 松村蒼石 雁
枯蔦のぐるり取り巻く御用邸 高澤良一 素抱
枯蔦のしがみついたる巖かな 枯蔦 正岡子規
枯蔦の垂れ端とざす氷かな 西山泊雲 泊雲句集
枯蔦の尖端水にとどかざる 長田等
枯蔦の引けど引かせぬ力あり 鳥居すゞ
枯蔦の毛蔓巻きゐる春日かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
枯蔦の系図を横に拡げけり 高澤良一 素抱
枯蔦の網目がかこむネロの首 中村和弘
枯蔦の胃腸病院となりにけり 久米正雄 返り花
枯蔦の込み入る意図を詮索す 高澤良一 素抱
枯蔦の隙間 編物教室の手の類型 伊丹公子 陶器の天使
枯蔦も遠ざかりゆくものを見る 有働亨 汐路
枯蔦や不動に吹雪く瀧の裏 会津八一
枯蔦や家守る形崩さずに 松山清子
枯蔦や明治の倉の赤煉瓦 加藤みさ子
枯蔦や昨日に過ぎしクリスマス 増田龍雨 龍雨句集
枯蔦や石につまづく宇都の山 枯蔦 正岡子規
枯蔦や石の舘の夜の雨 東洋城千句
枯蔦や石の館の夜の雨 松根東洋城
枯蔦や石塀の角廻り込み 高澤良一 素抱
枯蔦や絵馬は古りたる神の杉 寺田寅彦
枯蔦や藍ことに濃き色硝子 久米正雄 返り花
枯蔦や賣家覗く破れ門 枯蔦 正岡子規
枯蔦を引けば鉄鎖となりにけり 澁谷道
枯蔦片々独逸文字と衒気遠し 香西照雄 対話
枯蔦片々独逸文学と衒気遠し 香西照雄
湯の唄をうたひ枯蔦からみあふ 萩原麦草 麦嵐
狂院を緊縛しつつ蔦枯れたり 谷野予志
球場の百の玻璃窓蔦枯るる 小路智壽子
石を抱く力ゆるみて蔦枯るゝ 木村左近
石垣に薩摩の家紋蔦枯るる 城間信子
窓の蔦枯れ~に陽も皺みけり 飯田蛇笏 霊芝
聖堂の北側蔦の枯るる声 佐野まもる
草の戸や蔦の葉枯れし日の移り 室生犀星 魚眠洞發句集
蔦の葉の枯れゆくひかり火の夜空 加藤楸邨
蔦の蔓かくも枯れゐし春夜かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
蔦枯るる先々の葉へ追ひつめて 正木ゆう子
蔦枯るる壁くちづけに髪が邪魔 正木ゆう子 悠
蔦枯るゝ大き巌を縛すまゝ 岸風三樓
蔦枯れて一身かんじがらみなり 三橋鷹女
蔦枯れて一身がんじがらみなる 三橋鷹女
蔦枯れて十字架の十現れる 森田智子
蔦枯れて塀枯色になりにけり 上野小百合
蔦枯れて幹の脈拍整いぬ 赤澤丹雪
蔦枯れて戀のかな橋中絶えぬ 枯蔦 正岡子規
蔦枯れて断崖の肌理あらくなる 柴田白葉女 『月の笛』
蔦枯れて茎の丈夫を日光裡 池田澄子 たましいの話
蔦枯れて蔓の呪縛の残りけり 稲畑汀子
蔦枯れて蔦の爪あと石にのこる 大橋敦子
蔦枯れて蔦の爪あと遺りけり 大橋敦子
蔦枯れて額吹く風や洞の門 会津八一
街裏の捨百度石蔦枯れて 有馬籌子
表札にアラビア文字蔦枯るる 西村和子 かりそめならず
霜枯るるこの山陰や松の蔦 広瀬惟然


枯蔦 補遺

からみつく枯蔦長し牛の角 正岡子規 枯蔦
ゆるやかに幹を縛め蔦枯るゝ 清崎敏郎
大木の枯るゝに逢へり蔦蘿 村上鬼城
枯蔦となり一木を捕縛せり 三橋鷹女
枯蔦のあくまでからむ官舎塀 松村蒼石 雁
枯蔦のしがみついたる巖かな 正岡子規 枯蔦
枯蔦の交叉幾筋何為さん 三橋鷹女
枯蔦の錯綜子への愛ひとすぢ 鷹羽狩行
枯蔦や石につまづく宇都の山 正岡子規 枯蔦
枯蔦や賣家覗く破れ門 正岡子規 枯蔦
枯蔦片々独逸文字と衒気遠し 香西照雄 対話
窓の蔦枯れ~に陽も皺みけり 飯田蛇笏 霊芝
蔦かづら素直に枯れてしまひけり 阿波野青畝
蔦枯て壁をぬりたす菴哉 琴風
蔦枯れし左右の築地やほとけがり 伊丹三樹彦
蔦枯れて一身がんじがらみなり 三橋鷹女
蔦枯れて戀のかな橋中絶えぬ 正岡子規 枯蔦
蔦枯れて緋縅鎧わが夢に 三橋鷹女
蔦枯れて蔓の呪縛の残りけり 稲畑汀子
親の鬱子の鬱蔦の枯れ枯れに 赤尾兜子 玄玄

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26591063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング