樹氷 の俳句

樹氷 の俳句

樹氷 

おうおうと樹氷も並び寒念仏 小島洪資
ぐうぐうと電柱うなる樹氷咲かせ 宮坂静生 青胡桃
この谿の春の樹氷や窓近み 石橋辰之助 山暦
こまやかに咲きことごとく樹氷林 大橋敦子
しき鳴くは樹氷の山に何の鳥 三好達治 路上百句
ひとひらの雲燃え樹氷暮れにけり 望月たかし
まさをなる空へ空へと樹氷林 水野雅子
よぎりゆく影の固さや樹氷林 石田阿畏子
オーロラは天の羽衣樹氷立つ 澤田緑生
ガリガリと四駆で抜ける樹氷林 田原直子
コバルトの湖の覗ける樹氷かな 谷口白葉
メルヘンのこびと出さうな樹氷林 児島倫子
ライターの炎ひとひら樹氷林 高橋正子
リフト一路宙吊り婆に樹氷浮く 秋元不死男
七つ星樹氷の空をありくなる 中川宋淵
両界へつらなりて樹氷せる 大西淳二
人といふこの小さきもの樹氷原 森田桃村
僧兵の古寺を奈落に樹氷咲く 木村仔羊
光の玉樹氷に隕ちつ地に弾く 石橋辰之助 山暦
八方のそれぞれ真昼樹氷林 脇本星浪
初空に樹氷うかべて甲武信岳 小野宏文
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
咲く樹氷雲ひとひらの空のもと 石橋辰之助 山暦
壮語みな傷つき戻る樹氷林 長山遠志
夕日なか樹氷かがやく藻岩山 長沼史子
大いなる金星いでし樹氷かな 加藤三七子
姓転々とかはる生徒髪に樹氷咲かせ 宮坂静生 青胡桃
少年は小鳥の動き樹氷林 茨木和生
山彦をすぐに戻せぬ樹氷林 北見弟花
年の夜の樹氷が囲むキヤンプの灯 太田 蓁樹
心なき吾が木ら樹氷かがやかせ 細谷源二 砂金帯
心なき吾が樹ら樹氷かがやかせ 細谷源二
愛宕山注連にも樹氷及びけり 巽恵津子
敲くべき扇もなくて樹氷界 平畑静塔
敲くべき扉はなくて樹氷界 平畑静塔
日ぞ落ちし樹氷さまよひ息はずむ 石橋辰之助 山暦
明けて来し樹氷の山を遙拝す 茨木和生 倭
暮れてなほ銀色の帆に樹氷群 佐川広治
月を背の樹氷を山の魔像とも 瀬川蟻城
朝はまづ樹氷のもとに温泉を汲む 木村蕪城 寒泉
朝日うけ色のうまれし樹氷林 樹生まさゆき
楡樹氷落葉松樹氷牧夫住み 石井とし夫
極光が結ぶ樹氷の夜明あり 藤浦昭代
樹氷いま育ちざかりや蔵王山 横山庄一
樹氷いま鳴れば一山鈴の音に 長沼三津夫
樹氷に気負ふ数歩風湧く渋峠 住谷不未夫
樹氷の奥で青い化石になっている 齋藤白砂
樹氷ぱりぱり触れてのぼりぬ遠嶺見に 及川貞 夕焼
樹氷また鳥を放てり雪熄むか 大島民郎
樹氷今雫となりぬ雀たち 丸山比呂
樹氷凝る汝は何の木と知れず 山口誓子
樹氷原わが白息の生臭し 渡辺恭子
樹氷持ちかへると童折りて待つ 山口波津女
樹氷林あゆみて過去へゆくごとし 奥坂まや
樹氷林いまだ覚めざる日をかゝげ 高濱年尾 年尾句集
樹氷林にたそがれはなくすぐ暮るゝ 安元しづか
樹氷林にも日溜りのありて佇つ 嶋田摩耶子
樹氷林はぐれ鴉が来て漂ふ 岡田日郎
樹氷林むらさき湧きて日闌けたり 石橋辰之助 山暦
樹氷林めぐりて風が地より起つ 河野南畦
樹氷林ホテルのけぶり纒きて澄む 橋本多佳子
樹氷林咳をするとき身のひかり 寺田京子 日の鷹
樹氷林声なき木霊空に充ち 伊東宏晃
樹氷林満開にして花ならず 井村アイ子
樹氷林無明越年しつゝあり 加藤かけい
樹氷林照り成人を祝ぐ日なり 米谷静二
樹氷林燦浴槽に湯を充たす 前山松花
樹氷林生きて出てくる愚か者 水谷仁志子
樹氷林男追うには呼吸足りぬ 寺田京子 日の鷹
樹氷林男追ふには呼吸足らぬ 寺田京子
樹氷林白を豪華な彩と知る 福田小夜
樹氷林睫毛しぱしぱと日を仰ぐ 石川桂郎 含羞
樹氷林細く鋭く日の流れ 岸田稚魚 筍流し
樹氷林踏みかがやきて一路あり 依田由基人
樹氷林輻(や)のごとき影移りゆき 友岡子郷 風日
樹氷林青き天路に出てしまふ 平畑静塔
樹氷林鳴りてさぬきとあわ領つ 松浦礼子
樹氷林黙せり吹雪天に鳴り 中島斌雄
樹氷満ちゐて頂上といふ幽さ 鷲谷七菜子
樹氷照りロッキーの冬揺ぎなし 有働亨 汐路
樹氷笛吹きおんなの老いは背後から 寺田京子 日の鷹
樹氷群黙せり吹雪天に鳴り 中島斌雄
櫟山春の樹氷の宝冠す 矢島渚男 延年
母泊めて樹氷とあそぶ火を創る 栗林千津
水晶島樺の樹氷の間に見ゆ 佐藤 哲
氷点を炎ゆ太陽や樹氷林 曽我部介以
烈風に影をみじかく樹氷立つ 望月たかし
百本の樹氷に月の青雫 加藤耕子
真日照るや樹氷に冥き空の色 内藤吐天
眼底に樹氷の像や立ちくらむ 相馬遷子 山国
瞑むれば樹氷林ゆく霧の音 羽部洞然
窓の灯は樹氷を照らし橇をてらす 石橋辰之助 山暦
立ち去らねば樹氷とならむ吾もまた 大橋敦子
美しき朝の始まる樹氷林 北村多打志
耐へがたき真闇樹氷をおしたてる 石橋辰之助 山暦
荒霧を払ふ樹氷が他を統べし 岸田稚魚 筍流し
落つる日の嶺をはしれる樹氷かな 石橋辰之助 山暦
蒼天の傷つくはかなし樹氷林 三嶋隆英
蒼穹に日はうちふるへ樹氷満つ 石橋辰之助 山暦
薄き日へ樹氷のかかぐ白十字 羽部洞然
虫の息でジャコメッティの樹氷たち 田川飛旅子 『山法師』
製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす 臼田亞浪 定本亜浪句集
谿削がれ月明にあり樹氷林 宮下白泉
身の修羅を封じ切つたる樹氷かな 渡辺恭子
身を出づる息ひとすぢや樹氷林 岡田貞峰
雪原の風遠し樹氷晶々と 内藤吐天
雪原の風遠し樹氷晶晶と 内藤吐天
雪原の風遠樹氷晶晶と 内藤吐天
霧氷林樹氷林藍憂愁林 黒田杏子 花下草上
頂へ逆立つ樹氷奥信濃 三栖隆介
風の樹氷浅間の裾野むらさきに 宮坂静生 青胡桃
風鳴れば樹氷日を追ひ日をこぼす 石橋辰之助 山暦
黄昏れて色重ねゆく樹氷林 谷島展子

樹氷 補遺

きたきつねたちまちけぶり樹氷林 鷲谷七菜子 天鼓
さし覗く林間暗き樹氷林 山口誓子
はらはらと脱ぐなり樹氷愛撫され 平畑静塔
カメラK氏の鞄にすこし樹氷落つ 飯田龍太
ブドー酒の樽と赤児に樹氷ゆるむ 橋閒石 風景
ラヂエター鳴りて樹氷の野が暁くる 橋本多佳子
リフト一路宙吊り婆に樹氷浮く 秋元不死男
億兆の微塵即ち樹氷かな 阿波野青畝
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
地の雪を太陽照らす樹氷林 右城暮石 虻峠
心なき吾が木ら樹氷かがやかせ 細谷源二 砂金帯
敲くべき扉はなくて樹氷界 平畑静塔
日当りて霧氷と樹氷分ちたる 稲畑汀子
朝はまづ樹氷のもとに温泉を汲む 木村蕪城 寒泉
樹氷の宙航く身リフトの棒となる 角川源義
樹氷ぱりぱり触れてのぼりぬ遠嶺見に 及川貞 夕焼
樹氷凝る汝は何の木と知れず 山口誓子
樹氷林いまだ覚めざる日をかゝげ 高浜年尾
樹氷林ホテルのけぶり纏きて澄む 橋本多佳子
樹氷林森羅万象ありにけり 阿波野青畝
樹氷林睫毛しぱしぱと日を仰ぐ 石川桂郎 含羞
樹氷林細く鋭く日の流れ 岸田稚魚 筍流し
樹氷満ちゐて頂上といふ幽さ 鷲谷七菜子 一盞
樹氷群れ蒼天星によみがへる 飯田蛇笏 山響集
樹氷群旭ふくめりただかがやき 山口青邨
樹氷群翳といふべきものを持ち 清崎敏郎
眼底に樹氷の像や立ちくらむ 相馬遷子 山国
積雪の嶺樹氷にて天に触る 山口誓子
索道に落ちし樹氷のひびきけり 右城暮石 句集外 昭和五十一年
翼なす樹氷内なる光密に 鷲谷七菜子 銃身
聖の木の樅立木にて樹氷凝る 山口誓子
荒霧を払ふ樹氷が他を統べし 岸田稚魚 筍流し
虎落笛樹氷の林抜けるとき 山口誓子
製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす 臼田亜郎 定本亜浪句集
顔に手に樹氷の散華きりもなし 藤田湘子 神楽

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 22:58 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26591087
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング