ジャケツ の俳句

ジャケツ の俳句

ジャケツ 

このジヤケツ着るたび遠き母近し 大島民郎
すれちがいし革ジャケットは緒形拳 中原徳子
まつすぐに日射すジヤケツの妻の胸 藤田湘子 雲の流域
ゆるぎなくジヤケツ二十の躯をつつみ 丸山一実
カーディガン語学教師の胸薄き 櫂未知子
カーディガン青し看護婦と患者われ 黒崎治夫
キリストを着よと手編のジャケツ賜ぶ 田川飛旅子 『使徒の眼』
ジャケットの羽毛ふくれに汝が青春 清水衣子
ジャケツの端のどをつつみて花とひらく 中村草田男
ジャケツ厚し落葉焚きゐし香をこめて 草間時彦
ジャケツ着て出て椋鳥をふり仰ぎ 野澤節子
ジャケツ着て快晴の海想ひけり 林桂 銅の時代
ジヤケツの娘自転車とばし来りけり 上村占魚 球磨
ジヤケツの子鼻梁は吾れに瞳は妻に 大岳水一路
ジヤケツの端のどをつつみて花とひらく 中村草田男
ジヤケツの胸突如仔牛になめられて 飯利勝郎
ジヤケツトの赤着て今日を道化役 上田日差子
ジヤケツ厚し落葉焚きゐし香をこめて 草間時彦
ジヤケツ真赤く縄飛はまだ出来ず 富安風生
ジヤケツ編む日向の鶏に竹さがり 飯田龍太
スケートの憩ひジヤケツの身をほそめ 岸風三楼 往来
ズボンに手ジャケツの漁夫ののぼる岨 橋本鶏二
ラグビーのジャケツちぎれて闘へる 山口誓子
一少女ジヤケツの胸に鍵垂らし 田川飛旅子 花文字
制服がジャケツ締めつけ試験期なり 香西照雄 素心
勝独楽は派手なジャケツの子供かな 上野 泰
勝独楽は派手なジヤケツの子供かな 上野泰 佐介
厚ジャケツ一枚着足す国境 鈴木栄子
受験日の母ジャケツト狭秋し 遠藤寛子
古ジャケツ愛し雑木の影を愛す 大嶽青児
古ジヤケツあたまより着て老はまくす 森川暁水
古ジヤケツ愛し雑木の影を愛す 大嶽青児
妻編みしジャケツを旅の華やぎに 甲斐遊糸 『冠雪』
小鳥来ぬジヤケツの赤き子供らに 岸風三楼 往来
屑買ひは青空仕事紺ジャケツ 香西照雄 対話
平静をよそほふだぶだぶジャケツ着て 上田五千石
愛をもて編みしジャケツのかく痒し 鷹羽狩行
愛をもて編みしジヤケツのかく痒し 鷹羽狩行
楽屋口水の江滝子ジャケツきて 星野立子
毛糸たぐり消えゆくジャケッツいくさ謗り 川口重美
毛糸編む紅のジヤケツの子が紅を 上村占魚 鮎
海をゆく心細さよジャケツ着込む 津田清子 礼 拝
海を航く心細さよジャケツ着込む 津田清子
着ぶくれて赤きジヤケツや舸子の妻 高浜虚子
紅葉且散るカーディガン肩辷りがち 楠本憲吉
紙漉けり手編みジヤケツの袖浅く 千田一路
背の厚き新斧老の黒ジャケツ 香西照雄 素心
花真菰似合うジヤケツト薄紫 島川允子
袖通す他なきジャケツぎっくり腰 高澤良一 寒暑
跫音高し青きジャケツの看護婦は 石田波郷
闘争歌ジヤケツがつゝむ乙女の咽喉 藤田湘子 雲の流域

ジャケツ 補遺

そがひなるジヤケツをとめはやはらかき 日野草城
まつすぐに日射すジヤケツの妻の胸 藤田湘子
ジャケツだけ着て公園の鳰を見に 安住敦
ジャケツ厚し落葉焚き来し香をこめて 草間時彦 中年
ジャケツ着て達磨のやうに坐してをり 上村占魚
ジヤケツの娘自転車とばし来りけり 上村占魚 球磨
ジヤケツの子等何か遊びブルつまらなく 富安風生
ジヤケツ着て吾子の細脛傷はしる 能村登四郎
ラグビーのジャケツちぎれて闘へる 山口誓子
ラグビーの饐ゑしジャケツを着つゝ馴れ 山口誓子
制服がジャケツ締めつけ試験期なり 香西照雄 素心
勝独楽は派手なジヤケツの子供かな 上野泰 佐介
墓地に草生やしはせぬ と ジャケツ老爺 伊丹三樹彦
屑買ひは青空仕事紺ジャケツ 香西照雄 対話
平静をよそほふだぼだぼジャケツ着て 上田五千石『琥珀』補遺
愛をもて編みしジャケツのかく痒し 鷹羽狩行
楽屋口水の江瀧子ジャケツ著て 星野立子
毛糸編む紅のジヤケツの子が紅を 上村占魚 鮎
海をゆく心細さよジヤケツ着込む 津田清子 礼拝
白ジヤケツ鶴の聖女の旅途中 平畑静塔
紺のジャケツの女町川瀬にさやぎ 中村草田男
置き琴にぽろんと触れてジャケツ着る 右城暮石 句集外 昭和三十三年
背の厚き新斧老の黒ジャケツ 香西照雄 素心
菊人形武蔵黄色のジャケツ被る 山口誓子
葡萄酒はロゼでジヤケツは真赤なる 石田勝彦 雙杵
赤ジャケツ着て我が冬を訪ね来よ 右城暮石 句集外 昭和三十八年
跫音高し青きジヤケツの看護婦は 石田波郷
闘争歌ジヤケツがつゝむ乙女の咽喉 藤田湘子
黒き縞は無頼のジヤケツ熱帯魚 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 23:09 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26591114
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

冬瓜 の俳句
at 2017-05-25 06:58
新酒 の俳句
at 2017-05-25 05:41
後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15

外部リンク

記事ランキング