毛衣 の俳句

毛衣 の俳句

毛衣 

かの男やゝ生臭し裘 高橋淡路女 淡路女百句
けさの冬よき毛衣を得たりけり 蕪村
しろがねの出羽を立ちけり裘 斎藤梅子
すはだかに裘まとふ煖炉かな 西島麦南 人音
どうしてかうボタンのあはぬ裘 如月真菜
なゐの夜のふつと匂ひし裘 大林 勉
ぼろ市に裘着て無頼めき 佐藤素人
むまさうに饂飩すすれり裘 高澤良一 宿好
われになし妻にはありて裘 星野麥丘人
オリエント文化旅せし裘 山田弘子 懐
カンヴァスを抱く裘は緋に映えて 石原八束
ダンサーの裸の上の裘 高浜虚子
一冬の炉に主たり裘 青木月斗
其銀で裘なと得よ和製ユダ 中村草田男
冬やことしよき裘得たりけり 蕪村遺稿 冬
冬待つやこれもかたみの裘 斎藤紫々
冬待つやつはものどもの皮衣 正岡子規
単車降り少年となる裘 木暮つとむ
厚肉買う毛衣の背で順を待つ 赤城さかえ句集
双肩に月光重し裘 橋本榮治 麦生
妻の通夜裘着たる杣頭 三浦勲 『生きる』
寒中の毛衣磨れば火の走る 大須賀乙字
山川のこゑ鋭くなりぬ裘 服部鹿頭矢
巻舌のスペインガイド裘 岩崎照子
師ゆ賜ひし毛衣もはや仕舞ひ頃 溝口青於
弔ひのうしろを通る裘 黛 執
映画館裘匂ひ穢土なるや 山口誓子
母の背や毛衣古りし茶のまどゐ 石川桂郎 含羞
毛衣につつみてぬくし鴨の足 ばせを 芭蕉庵小文庫
毛衣に包みてぬくし鴨の足 芭蕉
毛衣に女の肌を甘やかす 樋笠文
毛衣の品定めする旅車中 高澤良一 宿好
毛衣の四日のをんな鬼子母神 黒田杏子
毛衣の悪女俳句を得手とせり 小松道子
毛衣の男が鳴らす鍵の束 有働亨 汐路
毛衣の試着鏡よ鏡よと 高澤良一 宿好
毛衣の雪白他の子の上ぞ 石塚友二 光塵
毛衣やチェーホフの世へ幕上がり 岡田 貞峰
毛衣や支那浪人の支那話 河野静雲
毛衣を尻まで垂らし杣通る 高濱年尾 年尾句集
毛衣を着ての往来や幾種族 依田明倫
毛衣を脱げば真肌のあらはなり 高浜虚子
毛衣を著ての往来や幾種族 依田明倫
洋人の毛衣臭ふ古画の前 瀧春一 菜園
海は夕焼裘のぼる坂の町 角川源義
父子ならん対の毛衣歯朶を負ふ 大野せいあ
父恋し夏さむざむと裘 川端茅舎
牛売って購ひしこれ裘 真鍋蕗径
犬抱いて猫かぶりたる裘 上谷昌憲
白梅や枕をつつむ裘 会津八一
皮衣ぴたりと女収めけり 小澤克己
着せかける毛衣ほのと脂粉の香 大野南蒼
石山の石に躓く裘 高澤良一 燕音
突堤に毛衣ひとり暮れのこり 綾部仁喜
糶馬のどれが売り手や皮衣 嶋田摩耶子
職替へて増ゆる外出や裘 山岡正典
脱ぎすててこんな重き裘 辻桃子
裘 銃身に似し身をつつむ 桂信子
裘(かはごろも)銃身に似し身をつつむ 桂信子(1914-)
裘(かわごろも)銃身に似し身をつつむ 桂信子 樹影
裘いつのタンポポ吹き立てし 久米正雄 返り花
裘かけて貰うて漁夫病める 松田弟花郎
裘ぬぎすてにけり寒泳ぎ 五十嵐播水 播水句集
裘はるかより濤来つつあり 小野恵美子
裘を湖とひとえの壁に吊る 澁谷道
裘一番星と呟けり 飯島晴子
裘似合ひたまふと見てとりし 後藤夜半 底紅
裘似合ふ大柄スタイリスト 高澤良一 石鏡
裘匂ふ女と相席す 高澤良一 宿好
裘女だてらに腕組みす 高澤良一 宿好
裘星のとどかぬ匂ひせり 栗林千津
裘椅子にあづけしモデルかな 樫村 英
裘浪人者の男ぶり 阿波野青畝
裘湯呑を玉のごとく掌に 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
裘着てむささびのとぶを待つ 安藤尚子
裘着て犬くさき蟹工女 三戸杜秋
裘着る助手席の女かな 井桁蒼水
裘着れば決断力生るる 山田喜代子
裘砂丘案内の女馬子 加藤三七子
裘脱げばいつもの仲間かな 稲畑 汀子
裘裘見て振り返る 高澤良一 宿好
裘銃身に似し身をつつむ 桂信子
軍属といへどをさなし裘 田村了咲
逆撫でもして毛衣をしまふかな 中原道夫
透明なビルに入りけり裘 永島靖子
遠のいてゆく裘径真直ぐ 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
鎌倉の日向をあるく裘 高澤良一 ももすずめ
鏡中にわが髯白し裘 島田五空
闘犬の診療医たり裘 岡本秋雨路
雨止んで毛衣を脱ぐ今年竹 鈴木富美子
頭から見下ろされゐる裘 高澤良一 宿好
顛末のすぐにぬけがら裘 松澤雅世
馬喰の二代目として裘 菅崎磨もる
駄菓子屋の奥の毛衣動きけり 今 去就
鴉囃す毛衣黒くわが行くを 斎藤道子


毛衣 補遺

すはだかに裘まとふ煖炉かな 西島麦南 人音
めぐりあふ空にひきずる裘 飯島晴子
われになし妻にはありて裘 雨滴集 星野麥丘人
其銀で裘なと得よ和製ユダ 中村草田男
冬待つやつはものどもの皮衣 正岡子規 冬近し
指環三つ毛衣を被て人買は 山口青邨
旅の身の自由不自由裘 鷹羽狩行
映画館裘匂ひ穢土なるや 山口誓子
昭和果つかたまつてゆく裘 桂信子 樹影
材出しせる人の裘だらりとす 松崎鉄之介
母の背や毛衣古りし茶のまどゐ 石川桂郎 含羞
毛ごろもは漆黒に人は乳白に 日野草城
毛衣に腹黒き名を雪めけり 其角
毛衣の難波乙女を攫ひたし 佐藤鬼房
毛衣の雪白他の子の上ぞ 石塚友二 光塵
毛衣や頭すくめてとし暮ぬ 五明
毛衣をたたいて撫でて売る男 上田五千石『琥珀』補遺
海は夕焼裘のぼる坂の町 角川源義
蒲の絮付けて因幡のけごろもよ 平畑静塔
裘の男の愛の夜は荒し 松崎鉄之介
裘一番星と呟けり 飯島晴子
裘似合ひたまふと見てとりし 後藤夜半 底紅
裘沖の鵜の眼を感じをり 岡井省二 明野
裘浪人者の男ぶり 阿波野青畝
裘脱げばいつもの仲間かな 稲畑汀子
裘銃身に似し身をつつむ 桂信子 樹影
里人のみな裘大狐 山口青邨

以上

by 575fudemakase | 2017-01-28 23:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26591126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング