寒し その1

寒し その1

風寒し破れ障子の神無月 山崎宗鑑
「無意味」が寒し電車の連結幌ゆらゆら 磯貝碧蹄館 握手
あご髭寒い異動期の囲われ羊 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
あしたより霧雨さむくくらく降る 長谷川素逝 砲車
あたらしき筆を噛む歯の寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
あたゝかに冬の日向の寒きかな 上島鬼貫
あだに寒き花に日輪照りまさる 渡邊水巴 富士
あつまつて写真撮り寒く別れた シヤツと雑草 栗林一石路
あとからあとから月の出寒い波頭 鈴木六林男 第三突堤
あともどる寒さに蝶の生れけり 百合山羽公 故園
あまり寒く笑へば妻もわらふなり(一片の炭無し) 石川桂郎
あら寒し~と浅間見上たり 大江丸
あら海のとりとめかたき寒さ哉 寒さ 正岡子規
あら海へ打火こぼるる寒さかな 大魯
ありし日の周辺たたむ寒き書斎 山本つぼみ
あるじ白衣の医に老ゆ寒さかな 室生犀星 魚眠洞發句集
ある夜月に富士大形の寒さかな 飯田蛇笏(1885-1962)
あゝ寒いあらあら寒いひがん哉 一茶
いくたびもうぶごえきいた寒い壁だ 西畑公喜
いくたびもすわり直して寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
いくつもの山の寒気が村に来る 廣瀬直人
いく年荒ぶアングルよ霧寒くなる 古沢太穂 古沢太穂句集
いさかひし寒きこゝろに一ト日過ぎ 後藤比奈夫
いざよひは雲ひとつなき寒さ哉 高井几董
いちにちの引潮刻の寒さ来る(相州上富田海岸) 上村占魚 『橡の木』
いつくしめば叱るときける寒さかな 東洋城千句
いつそうに喚いてかへる寒さかな 膳所-点吹 俳諧撰集「有磯海」
いつまでも寒さほどけず楓の芽 岡村閑月
いつまでも田畑のさむき鴨帰る 百合山羽公 故園
いふこともあとさきになる寒さかな 久保田万太郎 草の丈
いもくひながら四谷歸る夜の寒かりし 寒し 正岡子規
いも喰ひながら四谷戻る夜の寒かりし 寒し 正岡子規
いやなこと家に待ちをる路地寒く 菖蒲あや 路 地
うかうかと芽を出すなんと寒い日ね 広瀬ちえみ
うかれ女の小舟に歸る寒さ哉 寒さ 正岡子規
うきて行く雲の寒さや冬の月 斯波園女
うごけば、寒い 橋本夢道(1903-74)
うすかげのパン皿にある寒さかな 下村槐太 光背
うたたねはさめて背筋の寒さ哉 正岡子規
うたゝねはさめて背筋の寒さ哉 寒さ 正岡子規
うつせみと香の銘さへ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
うつむいて行く顔すべる寒さかな 上野 章子
うつ伏せに寝てゐる妻を見てさむき 松崎 豊
うづくまる薬の下の寒さ哉 内藤丈草
うどんげや寒さにつづく雨三日 石川桂郎 四温
うどん買ふ小銭出すさへ寒さ哉 小澤碧童 碧童句集
うねうねと兀山寒し三河道 寒し 正岡子規
うねうねと赤土山の寒さ哉 寒さ 正岡子規
うのはなに寒き日も有山里は 高井几董
うめもどき触るればこぼれ夜の寒さ 岸風三楼 往来
うろたへな寒くなる迚赤蜻蛉 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
うろたへんとはそもいかにさむくとも 広瀬惟然
えんぶりの逸(はぐ)れ大黒舞ひて寒し 村上しゆら
おゝ寒い寒いといへば鳴く千鳥 千鳥 正岡子規
お座敷の中も寒くて実南天 岸本尚毅 鶏頭
お旅舎に寒さの戻り花三分 森村誠一
お月さまが地蔵さまにお寒くなりました 山頭火
お梅見の白粉厚き寒さかな 梅 正岡子規
お涅槃の満月寒きお山かな 吉武月二郎句集
かあゆやな畳にさむき児の寝顔 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
かくしても気のやさしさは寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
かく晴れてゐてかく寒し迎春花 河原白朝
かさぶたに近い寒さを持ち帰る 櫂未知子 貴族
かしこげに着て出て寒き袷哉 炭 太祇 太祇句選
かたくりのともしき花は風さむき幾日を経つつすでに凋みぬ 柴生田稔
かの家も夕餉や寒く父を待つ 千代田葛彦 旅人木
かはたれのひかりのさむき単衣かな 有風
かまど詣牛の子寒し里の雪 言水
からびたる蝋の鋳形の寒哉 寒さ 正岡子規
から尻のうしろは寒き姿かな 寒し 正岡子規
から風に片頬さむき花野かな 許六
から~と正月寒し結昆布 上川井梨葉
かりがね寒き切札をどう使はうか 大石悦子
かろ~と帰る葬具の寒さかな 渡邊水巴
かんころ掘る寒き天よりエホバの声 成瀬櫻桃子 風色
きかさねて後ロの見えぬ寒さ哉 松岡青蘿
きがらしの煙草いたはり露さむく 田中冬二 俳句拾遺
きさらぎに入りての寒さなつかしき 野見山ひふみ
きさらぎや山茶花寒きわすれ花 青蘿
きぬきぬにものいひ殘す寒哉 寒さ 正岡子規
きぬきぬに念佛申す寒さ哉 寒さ 正岡子規
きらきらと吉野の寒さ木に空に 茨木和生 野迫川
ぎゆうぎゆうのエレベーターに寒さ言ふ 宇佐美ちゑ子
くさめ聞く寒さうつりや十夜堂 皆吉爽雨
くつくつと鴨も寒さを諾へり 高澤良一 随笑
くび巻に咽引きしめる寒哉 寒さ 正岡子規
くやみいふ口のどもりし寒さ哉 寒さ 正岡子規
くらがりに大佛見ゆる寒さ哉 寒さ 正岡子規
くらがりの人に逢ふたる寒さ哉 寒さ 正岡子規
くらき夜はくらきかぎりの寒さかな 白雄
くら闇の人に逢ふたる寒哉 寒さ 正岡子規
くれなゐの色を見てゐる寒さかな 綾子
くわんのんの手の厚かりき寒さくる 高澤良一 ねずみのこまくら
けだものと同じ寒さの中にゐる 山口波津女
けふいちにち寒き幾語をもらしけむ 榎本冬一郎 眼光
けふ出来て植田は寒し机にゐ 中拓夫
けふ寒き藁塚に手をさし入れぬ 草田男
けむりのように寒さ来ている回転椅子 佐伯昭市
こがらしや眉寒き身の俳三昧 太宰治
こぞりあふ寒さも桶の海鼠哉 万吉
こでまりの花のりかぬる寒さかな 八木林之介 青霞集
ことばさへなくて月見る寒さ哉 子曳
このたびは一人で通る寒さ哉 寒さ 正岡子規
このわたを啜るいのちの寒さかな 日美清史
この人や闇寒く訪ひ闇戻る 石川桂郎 四温
この家の寒きところに大きな箕 長谷川櫂 天球
この寒さどこから来ると魚山見る 右城暮石 声と声
この寒さはじき飛びけり杉の枝 室生犀星 犀星発句集
この寒さ北に向いたる別れ哉 寒さ 正岡子規
この寒さ君に別るゝあしたより 寒さ 正岡子規
この寒さ君何地へか去らんとす 寒さ 正岡子規
この寒さ尾張の人のなつかしき 寒さ 正岡子規
この寒さ心得てをり籾おろし 青畝
この寒さ比良八荒と聞くときに 稲畑汀子
この寒さ比良八講と聞くときに 稲畑汀子
この寒さ神だちも看とり參らせよ 寒さ 正岡子規
この寒さ越後の人のなつかしき 寒さ 正岡子規
この岩の百尺寒し鬼ケ城 桂樟蹊子
この朝は昔の寒さ膳につく 川崎展宏
この風に残る寒さもあと幾日 高木晴子 晴居
こり性もなくて矢立の寒さかな 井上井月
これほどの霰に寒き朝かな 日鮮 霜 月 月別句集「韻塞」
ごを焚いて手拭あぶる寒さ哉 ごを焚いて手拭あぶる氷哉 松尾芭蕉
ごを焼(た)いて手拭あぶる寒さ哉 松尾芭蕉
さくらの芽寒し俯向く雲と馬 千代田葛彦 旅人木
さしかゝる日も田の上の寒さかな 右城暮石 声と声
さし覗く別の寒さの座禅堂 後藤夜半 底紅
さだまれる寒さのなかに鴨ひかり 宮津昭彦
さち子待つ麻羅さやに立つ寒くとも 清水基吉 寒蕭々
さびしかつた生涯の死顔に化粧してさむき 栗林一石路
さむきぬかるみのくさめが涙となりし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
さむきまで書を曝したり怠れり 萩原麦草 麦嵐
さむきまで蝌蚪うまれたり溺れけり 萩原麦草 麦嵐
さむきよやおもひつくれば山の土 向井去来
さむきわが影とゆき逢ふ街の角 加藤楸邨(1905-93)
さむき地球愛づるごと坐す少年ら 山崎しんぺい
さむき夜の歯車に影をきざまれどうし 細谷源二 砂金帯
さむき夜は裾に鞍置く旅ねかな 左次 極 月 月別句集「韻塞」
さむき夜や探れば窪き老が肩 炭 太祇 太祇句選後篇
さむき方に立ちて若菜の御供かな 大江丸
さむき田や馬上にすくむ影法師 松尾芭蕉
さむき睡りのシンナー遊び優曇華咲く 穴井太 天籟雑唱
さむくとも梅か香くはる風のむき 梅が香 正岡子規
さむく痛く腹をぬらして雨やまず 長谷川素逝 砲車
さむく青く石蓴を透きて指の紋 加藤楸邨
さむく~岳陽障子貼らで居り 萩原麦草 麦嵐
さむく~橇道消ゆる震源地 萩原麦草 麦嵐
さらでだに寒き一ト間や餅莚 小杉余子 余子句選
しかめたる鏡のかほの寒さかな 伊賀-九節 俳諧撰集「有磯海」
しかられて次の間へ出る寒さかな 支考
しっとりと土に寒さが粟畠 松瀬青々
しみじみと餅腹寒きゐのこかな 徐寅 閏 月 月別句集「韻塞」
しらしらとゐてわた虫のとぶ寒さ 長谷川素逝
しら菊や寒いといふもいへる比 千代尼
しれものの舎(やどり)か寒し椚木(くぬぎ)原 園女 俳諧撰集玉藻集
しろがねもまぜて銭ある寒さかな 室生犀星 犀星發句集
しろじろとくだけて寒き仏かな 太田鴻村 穂国
しんしんとしんそこ寒し小行灯 一茶
しんしんと寒さがたのし歩みゆく 立子
しんとして音なく更ける寒さかな 室生犀星 犀星発句集
しん~と寒さがたのし歩みゆく 星野立子
すこしづゝ夜のあけて来る寒さかな 久保田万太郎 草の丈
すみがまや焼人みえて猶寒し 松岡青蘿
すりこぎに取つく老の寒さかな 野明 俳諧撰集「有磯海」
せはしさに寒さわするゝ師走哉 師走 正岡子規
せめぐごと足音さむくきては去れり 金丸鐵蕉 『動輪』
それぞれの星あらはるる寒さかな 太祇
たくさんの活け花のある寒さかな 岸本尚毅 舜
ただでさへ苦手な朝の寒さかな 今橋真理子
ただ寒い川が傷兵の眼に奔る 三谷昭 獣身
ただ寒きばかりに過ぎて今昔 能村登四郎 冬の音楽
ただ寒き村なり鶏を合す日も 百合山羽公
ただ寒く佇つ青銅のキリストは 秦 夕美
たち咄するうち寒しはつ袷 梅室「梅室家集」
たてがみが寒いと女ただよえり 岸本マチ子
たふとさに寒し神楽の舞少女 正岡子規
たふとさに寒し神樂の舞少女 神楽 正岡子規
たましひが人を着てゐる寒さかな 山田露結 銀化
たましひの抜けしとはこれ、寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
たゞ寒く変らぬひと日冬の雷 及川貞 榧の實
たゞ寒く芯の濁りにいねまらず 石塚友二 方寸虚実
ちらちらと明星寒し山の上 寒し 正岡子規
ちらと目をあげてもさむく街をゆく 京極杞陽 くくたち下巻
ちる芒寒くなるのが目にみゆる 一茶
つくばひに笹の葉沈み伊賀寒し 鍵和田[ゆう]子 未来図
つながらぬ水幾すぢの寒さかも 和田 祥子
つなぐ手を口にもてきし寒き夜 宮下明子
つまづきて気寒きわれを取り戻す 稲垣きくの 黄 瀬
てのひらに群盗伝の寒いかな 松澤昭 面白
てのひらに須磨の寒さと覚えけり 岸本尚毅 舜
でで虫の腸さむき月夜かな 原石鼎
でゝ虫の腸さむき月夜かな 原石鼎
ともし火の堅田は寒し鴨の聲 鴨 正岡子規
ともすれば菊の香寒し病み上り 乙二
とりわくる皿の寒さや送り膳 増田龍雨 龍雨句集
どうしてもどうしやうもなく寒い冬 加藤正尚
どこも濡れて夕ぐれ寒し早乙女は 猿橋統流子
どちらかと言へば寒さの方が厭 水見寿男
どちらから寒くなるぞよかゞし殿 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
どつと来し伊賀の寒さや渡り鳥 橋本鶏二 年輪
どの家も残る寒さの住吉区 妹尾健
どの部屋も月の光や寒き夜 高木晴子 晴居
どの鹿となく屯より声寒き 皆吉爽雨 泉声
どんぐりも首をすくめる寒さかな 高澤良一 宿好
どん底の寒さの日日や想ふのみ 石川桂郎 高蘆
どん底の寒さ夫婦は水瓶座 塚本務人
ない影はうつらで寒き鏡哉 木因 (妻におくれたる人をいたみて)
なかぞらに寒い木があり光りだす 柿木 多映
なきあとに妹が鏡の寒さ哉 寒さ 正岡子規
なき魂も通ふか寒き月の冴 寒月 正岡子規
なき魂も通ふや寒き月の下 寒月 正岡子規
なつかしき寒さに小松引き遊ぶ 加藤羝羊子
ななかまど日向も寒くなりにけり 細川加賀 生身魂
なにがうそでなにがほんとの寒さかな 久保田万太郎
なにもなきところ暮れゐて寒き海 今井杏太郎
なほ寒く水菜浮きをり家祇の井 宇佐美魚目 天地存問
なほ残る古び汚れし寒さあり 相生垣瓜人 明治草抄
なまじひに人に逢ふ夜の寒さ哉 寒さ 正岡子規
なまじよき日當りえたる寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
にはとりの日なかを歩く寒さかな 藤田あけ烏 赤松
にはとりを抱き前を抱き寒い月 攝津幸彦
ぬすまれて親の恩知る寒さ哉 寒さ 正岡子規
ねんねこを脱いで一度に背ナ寒し 田中彦影
のら猫をかゝえて寐たる寒さ哉 寒さ 正岡子規
はつきりと富士の見えたる寒さ哉 寒さ 正岡子規
はらからのうき顔さむく覗き去る 中尾白雨 中尾白雨句集
はるさむく医家の炉による奥の旅 飯田蛇笏 雪峡
はる寒く葱の折ふす畠かな 炭 太祇 太祇句選後篇
はる寒く葱の折れふす畠かな 太祗
ばせを忌に薄茶手向る寒さ哉 樗良
ひいき目にみてさへ寒し影法師 一茶
ひいき目に見てさへ寒き天窓哉 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
ひしひしとさむき法廷時計なし 飯田蛇笏 雪峡
ひた走る夜汽車たばこの火が寒い 小森清次
ひとごとのやうに寒さを言ひにけり 山本一歩
ひととびに寒さ来る地ぞ唐辛子 村越化石
ひとの眼を見てをり寒くなりにけり 今井杏太郎
ひとびとに寒さ来る地ぞ唐辛子 村越化石
ひとりずつ回転ドアにある寒気 大脇みや
ひとりぼつちの泊灯ね 寒いわ お父さん 伊丹三樹彦 樹冠
ひなたには日向の寒さ竜の玉 片山由美子
ひる月をさむきデッキの子等に指す 横山 房子
ひろがりしうはさの寒き二月かな 久保田万太郎 流寓抄
ひろげたる大畫仙紙の寒さかな 会津八一
ふうわりと着心寒し紙子夜着 支考
ふじ山の横顏寒き別れかな 寒し 正岡子規
ふりそゝぐ日射しの中に寒さあり 高木晴子 花 季
ふるさとに身もと洗はる寒さかな 室生犀星 魚眠洞發句集
ふるさとの寒さの中の父母よ 五十嵐播水 播水句集
ふるさとの戻る寒さに父残す 杉山やす子 『梅東風』
ふるさとの空まだ寒き菜飯かな ながさく清江
ふるさとや東風寒き日の鰯売り 鈴木真砂女
ふろしきのなかの近江の寒さかな 松澤昭 宅居
ぶしつけに石人石馬寒きかな 久保田万太郎 草の丈
へう柄の豹を見てゐる寒さかな 内田美紗
へんさんを着けても寒し仮位牌 錦江 俳諧撰集玉藻集
ぺたぺた寒い鰈をならべる シヤツと雑草 栗林一石路
ほつちりと味噌皿寒し膳の上 寒し 正岡子規
ほとけ寒しほこりの書架の歎異鈔 中山純子 沙羅
ほどほどの寒さ千鳥がよく鳴いて 今井杏太郎
ほほゑみて遺影ふくよかなり寒し 耕二(石田あき子氏逝く)
ほんたうは寒くて罷りたる憶良 今瀬剛一
まじまじと骨肉寒き泣黒子 木村蕪城 寒泉
またたかぬ眼のあり寒き鏡中 澤村昭代
また人の惜まれて死ぬ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
また同じ夢よりさめて夜の寒き ながさく清江
まだ去年の暦も棚に寒さ哉 横井也有 蘿葉集
まだ寒き茎の赤みやはうれんそ 植蘭
まだ寒くどこかあたたか狐塚 児玉輝代
まだ寒くないと云ふ妻齢の差 高澤良一 素抱
まだ寒し野梅力を入れて咲く 野梅 正岡子規
まだ息のあるに葬談寒き家 溝口青於
まだ立てぬ石の鳥居の寒さ哉 寒さ 正岡子規
まだ足りぬ寒さ氷らぬ岸に佇つ(富士・本栖湖四句) 原裕 『青垣』
まだ顔の寒き日向を歩みけり 高澤良一 素抱
まだ馴れぬこの世の寒さ乳を欲る 鷹羽狩行
まつしぐらなりしは寒き梅の鵯 後藤夜半 底紅
まつだけの灰やき寒し小のの奥 暁台
まどろみの覚めぎは寒し昼蛙 中拓夫
まなじりと遠嶺かかはり合ふ寒気 水谷キミエ
まのあたりみちくる汐の寒さかな 道芝 久保田万太郎
まのあたり地かげりゆく寒さかな 八木絵馬
みかん剥く指に寒さの残りけり 久保田万太郎 流寓抄以後
みちのくの如く寒しや十三夜 青邨
みちのくの性根を据ゑし寒さかな 上田五千石 田園
みちのくの苗代の辺にその寒さ 皆吉爽雨 泉声
みづうみは真水の寒さ舟を出す 長谷川櫂 天球
みづどりにさむきこころをおほひけり 飯田蛇笏 山廬集
みづどりにさむきこゝろを蔽ひけり 飯田蛇笏
みとりする人は皆寐て寒哉 寒さ 正岡子規
みとりする人は皆寝て寒さかな 正岡子規
みどりごの寒き山茶花掃くべかり 斎藤玄
みよし野のちか道寒し山桜 蕪村
むさゝびの石弓渡る寒さ哉 寒さ 正岡子規
むしろ寒くて雛の間に灯をやれば 金田咲子 全身
むらさきも水晶さむし買始 渡辺水巴
むらちどり其夜は寒し虎が許 榎本其角
むら雲の劍を拜む寒さ哉 寒さ 正岡子規
めでたさに袴つけたる寒さ哉 寒さ 正岡子規
もう堤が焼かれている 寒い天気図のように 吉岡禅寺洞
もつ本の寒さはおなじ電車かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
もとほるにやうやく寒し大き林泉 槐太(嵯峨修学院)
もの音もあらぬ書斎の寒さかな 英治
もろもろの寒さも妍を競ふべし 相生垣瓜人 微茫集
もろもろの寒さ育てゝ海苔黒し 右城暮石 上下
やす~と描かるゝ我よ夜の寒き 中島月笠 月笠句集
やゝひくき枕かたしく寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
ゆきずりの寒さ分けあう無人駅 望田ちゑ
ゆふぐれの鶴はをみなにて胸さむし胸さむければひと恋ふならむ 今野寿美
ゆふべやや寒き家路や梨の花 相馬遷子 雪嶺
ゆるく歯にあつれば寒し氷餅 蝶夢「草根発句集」
よき衣の衿もと寒し松の内 阿部みどり女 笹鳴
よりあひて寒し寒しと遺されし 今瀬剛一
よるべなく童女のこゑの日々寒し 飯田蛇笏 椿花集
れきれきの水鼻たるる寒さかな 利牛 俳諧撰集「有磯海」
わが前生切株かも知れず寒くあゆむ 細谷源二 砂金帯
わが園に寒く枯れたる草木かな 尾崎迷堂 孤輪
わが家の門の寒さよ霜柱 京極杞陽 くくたち上巻
わが影の付き来て楽し寒き日も 高橋信之
わが恃む寒気日向もその裡に 野澤節子 黄 瀬
わが息見ゆピエロの寒き息見えて 津田清子 二人称
わが月日妻にはさむし虎落笛 加藤楸邨
わが病めば子らいさかはぬ夕餉寒し 吉野義子
わが買へば露店暮れきる寒さかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが顔を水底に見し寒さかな 杉本寛
わが風邪のつのるや寒き患家にて 相馬遷子 雪嶺
わたる鴨はなれはなれの寒き砂丘 森川暁水 淀
わらはずにゐる口もとの寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
わりきれる数われきれぬ数寒き 久保田万太郎 流寓抄
われとわがつぶやきさむき二月かな 久保田万太郎 流寓抄
われとわが身をかばへばの寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
われ起きてはじまるけふの寒きびし 山口波津女 良人
をさな子の泣く泣く歸る寒哉 寒さ 正岡子規
をし鳥や廣間に寒き銀屏風 鴛鴦 正岡子規
をちこちの薄暮寒気に洗はるる 松澤昭
ウマズラハギ目は人を見て寒き鰭 和知喜八 同齢
オリオンの方舟西下して寒し 上田五千石 田園
オリオン落ちて寒き日本中明ける 松村禎三
オリーブの残り実さむし風の坂 五十崎朗
キリストの像の鼻見て鼻寒し 菖蒲あや 路 地
コーヒーゼリー雁の寒さを思ひ出す 大木あまり 火のいろに
サーチライト叉を解かず寒き雲を過ぐ 篠原梵 雨
スチーム寒し光の雨の降る映画 宮坂静生 雹
スト妥結ひげ剃り寒さ覚えたり 岡田透子 『珊瑚樹』
セルに寒き雨降る遠く山羊が啼く 中島斌男
セーターに枯葉一片旅さむし 加藤楸邨
ナース室メス一つ落ち夕さむし 五木田政子
ニツケルの時計とまりぬ寒き夜半 漱石
パパイアの青果たわわに額さむし 金子兜太
ピッケルが手を吸ふ寒さ穂高立つ 岡田 貞峰
フィヨルドの天蓋さむき野菊かな 有働亨 汐路
ブランコ軋むため傷つく寒き駅裏も 赤尾兜子
ボロ市の寒さ昔は父と来し 太田土男
マスクして寝るほど寒き恐はき夜 池内友次郎
モナリザが寒き夜店の土の上 三好潤子
ユダの鬚逆剃り寒くボーナス期 原裕 葦牙
ロシア木材 寒く大きく 市中ゆく 伊丹公子 沿海
一かぶの牡丹はさむき若菜かな 尾頭 芭蕉庵小文庫
一つ火の宙に座れる寒さかな 原裕 正午
一つ身に雨寒くして落葉松は 有働亨 汐路
一ツ目も三ツ目も光る寒さ哉 正岡子規
一トすぢのまことにすがる寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
一人と帳面につく寒さかな 一茶
一信も来ずオリオンは寒き函 友岡子郷 遠方
一冬の寒さ凌ぎし借頭巾 高浜虚子
一塔の寒さより濃き木瓜の花 鳥居おさむ
一夜二夜ふるものかはる寒さ哉 東瓦
一年の梦さめかゝる寒さかな 寒さ 正岡子規
一心に鮭上り来る寒さかな 辻桃子
一日に二つの忌ある寒さかな 野村喜舟 小石川
一本の棒の立ちたる寒さかな 石田勝彦
一歩づつ一歩づつ霧寒くなる 綾部仁喜 寒木
一水を巡りて寒き影法師 山田弘子 懐
一湾の残る寒さを抱きをり 山田弘子 こぶし坂
一眠りしたる寒さの富士見えて 山西雅子
一碧楼の死にし日なりき寒き除夜 西山惟空
一福を残して寒き詣かな 富安風生
一禽を置きゐて寒き水明り 白井爽風
一稿の口述寒し開戦日 石川桂郎 高蘆
一筋の寒き町なり鳥総松 清原枴童 枴童句集
一筋の流れの寒くなるばかり 小倉草人
一粒の真珠のごとき寒さかな 田中芙美子
一茶忌に適ふ寒さとなりにけり 古沼徹
一葉忌の雪やんで寒き勝手口 中拓夫 愛鷹
一鍬づつ浅間あかねの寒さかな 庄司圭吾
七十や抱へて寒き欝の妻 猿山木魂
七十や抱へて寒き鬱の妻 猿山木魂
七生の人形のとき寒いとき 池田澄子 たましいの話
七種も過ぎてあか菜の寒さかな 浪化
七輪に寒い焔の翅相住ひ 辻田克巳
万緑や火を焚けばなにか寒さあり 斎藤空華 空華句集
万葉の古都の寒さもなつかしく 稲畑汀子
三か月はそるぞ寒さは冴えかへる 一茶
三つ星の上に月ある寒さかな 及川貞 夕焼
三十やひとり餅やく膝寒く 菖蒲あや 路 地
三山はかりがね寒き昼の酒 小島健 木の実
三年の洋服ぬぎし寒さ哉 寒さ 正岡子規
三日月のうつらで寒し濁酒 濁酒 正岡子規
三日月はそるぞ寒さは冴えかへる 小林一茶
三日月は反るぞ寒さは冴えかへる 一茶
三月も閏の分の寒さかな 水魚 閏 月 月別句集「韻塞」
三月風ひと日ひかりてはたと寒し 森澄雄
三椏の花に寒さのとどまりし 今井千鶴子
三橋敏雄死す寒くなるはじめの日 矢島渚男 延年
三鬼亡し湯殿寒くて湯は煮えて 鈴木六林男 桜島
上州の寒さ半鐘いまも吊り 昭彦
上空に寒気みとせの神の妻 雨宮抱星
下りかへすとき石段の寒さかな 道芝 久保田万太郎
下り立ちて槍の稽古やあさ寒き 会津八一
下北の寒きほくろに酔はされし 菅原鬨也
下屋敷如月寒き水べかな 小杉余子 余子句選
下萌えもいまだ那須野の寒さかな 惟然
下野にとどめ刺されし寒さかな(鶴連衆と赤麻に遊ぶ) 岸田稚魚 『雪涅槃』
下野にとどめ刺れし寒さかな 岸田稚魚
不二こりや朝風寒き濡褌 嘯山「葎亭句集」
不二見えてさるほどに寒き木間かな 斯波園女
不安と寒さ楽の高まる音脅す 田川飛旅子 花文字
不況貯炭の襞や虚実の舌寒し 小林康治 玄霜
不知火のしらけて寒き夜明かな 不知火 正岡子規
世の中のひつそりとなる寒さ哉 寒さ 正岡子規
世の寒さ胸に溜りて白鳥瞶る 高島茂
世の寒さ鳰の潜るを視て足りぬ 澤木欣一
世界は二つであることか一つの月寒くなる 荻原井泉水
世紀末の寒さ古書街の寒さ 黒田杏子 花下草上
丘あれば人来て寒き沖を見る 増田河郎子
両の手に朝茶を握る寒さかな 杉風
両眼の雫も寒し白がへし 中村史邦
両肩に夜の寒さの鞭つごとし 山口誓子
両脇に足袋屋の弟子の寒さかな 毛* 極 月 月別句集「韻塞」
丹前の袖のさむしやふかし飯 杵屋栄美次郎
主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空 地霊
久作の顔作らるる寒さかな 永井龍男
乗り替へて客まばらなる寒さかな 坊城 中子
乙字の忌孤独地獄といふ寒気 新谷ひろし
乙字忌の滅法寒くなりにけり 川崎展宏
乙学忌の滅法寒くなりにけり 川崎展宏
乾鮭の顔の寒きを切りにけり 小林康治
二十世紀過ぎてしまひぬただ寒し 桂 信子
二番三畳六畳とある寒さかな 小杉余子 余子句選
二階から足がおりてくる寒い顔になる シヤツと雑草 栗林一石路
五円着いたと兵隊の弟から寒いたよりが来た 橋本夢道 無禮なる妻抄
五圓着いたと兵隊の弟から寒いたよりが来た 橋本夢道
五月雨や桃の葉寒き風のいろ 才麿「この華」
五月雨や梅の葉寒き風の色 椎本才麿
五浦/六浦/東雲寒き/椿浦 林桂 銀の蝉
井のもとへ薄刃を落す寒さかな 蕪村
井戸ばたの舐石寒くてやがて冷ゆ 竹中宏 饕餮
井戸端より日の出て貧の庭寒し 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
亡き人のまほろし寒し化粧の間 寒し 正岡子規
亡き犬に犬小屋覗く寒さ哉 寒さ 正岡子規
亡骸をうづめて寒き衾かな 山本洋子
京はまだしばらく寒く椿餅 青木紅酔
人々をしぐれよ宿は寒くとも 芭蕉
人ごみの空に星ありて夜の寒き 内田百間
人さればまだ風寒し花の下 花 正岡子規
人の世の寒さを啼くやおつとせい 太田鴻村 穂国
人の世の月日ながるゝ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
人の妻と酔ひてわづかに舌寒し 小林康治 玄霜
人の死に始まり寒さゆるみなし 村越化石 山國抄
人の母の尼でありける寒さかな 岡本松浜 白菊
人の顔の俄かにさむし鶫とぶ 右城暮石
人の顔ふたたび寒く松過ぎぬ 井沢正江 火襷
人の顔俄かにさむし鶫とぶ 右城暮石 声と声
人の顔俄にさむし鶫とぶ 右城暮石
人ゆきて我往かねども寒き畦 槐太
人一人二人寒しや大廣間 寒し 正岡子規
人住まぬ別莊寒し樫木原 寒し 正岡子規
人去つてぽかりと寒き露店かも 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
人声の夜半を過ぐる寒さかな 野坡
人揉まぬ一日を寒くふところ手 佐藤母杖 『一管の笛』
人死なせ来し医師寒し吾子を診(み)る 竹下しづの女句文集 昭和十五年
人消えて寒き思ひののこさるる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
人穴に折ふし寒し風の音 上島鬼貫
今日病まず寒いきいきと渚あり 岸田稚魚 筍流し
今死ねばすつからかんの寒さかな 羽原青吟
仏に灯寒くなつたと声かけて 菖蒲あや
仏頭の夢見て朝の寒さかな 和田悟朗
仔犬の眼もどる寒さの袖のうちに 及川貞 榧の實
仮名拾ふ子の声寒し根深汁 龍男
仰向けぬ入道畠の寒さ哉 寒さ 正岡子規
任のまゝに征けるもとなき寒さかな 清水基吉 寒蕭々
会堂に日晴れて寒し国民葬 石塚友二 方寸虚実
会社てふ寒き胃袋のなかに栖む 宮津昭彦
伽陀僧の引き声寒し仏名会 名和三幹竹
伽陀僧の引き聲寒し佛名会 名和三幹竹
何かわがいそぎゐたりき顔さむく 加藤楸邨
何か得て何か失ふ旅寒し 毛塚静枝
何となく笑ひぬ寒き踊子と 塩川秀子
何やらの足跡寒き廚かな 寒し 正岡子規
何云はれ言の葉のなき寒さかな 井上井月
何色の何が寒きか花御堂 金田咲子
何見ても影あぢきなき寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
余れども雪へはたらぬ寒さかな 涼袋
余呉の駅寒し湖まで見通しに 山口超心鬼
余呉寒く犬にもの言ふ虚貝 古舘曹人 砂の音
余花さむし一師一弟子離れ病み 鷲谷七菜子 花寂び
余花寒し一師一弟子離れ病み 鷲谷七菜子
余花寒し何焚きつぐも黄の煙 殿村莵絲子 牡 丹
佛でもなうて焚かれぬ寒さかな 寒さ 正岡子規
佛焚いて佛壇寒し味噌の皿 寒し 正岡子規
使者独り書院へ通る寒さかな 其角
供華立ての花屑寒しうしろ堂 大谷句佛 我は我
便所の扉石で押へて吉野寒し 右城暮石
俊寛の岩掴む寒さもて終る 桂樟蹊子
俊寛の岩櫚む寒さもて終る 桂樟蹊子
俎板に人参の根の寒さ哉 沾圃
俎板に寒し薺の青雫 此筋 正 月 月別句集「韻塞」
信州のまんまん中の寒さかな 龍岡晋
信州の人を育てし寒さなり 谷川水車
信州の寒さを思ふ蕎麥湯哉 蕎麦湯 正岡子規
信濃川残る寒さを流しをり 坊城俊樹
俳諧に残る律義の寒さかな 増田龍雨 龍雨句集
俳諧の御師(おし)のひとりの寒さかな 角川源義
俳諧は寒きものぞと教へしが 松根東洋城
倒れるまでタイヤ転がる寒い空港 三橋敏雄 まぼろしの鱶
倚り馴れて寒き柱を愛しけり 東洋城千句
傷はいずれ消えていくという声を聞き消えざれば寒き風に蹌踉(よろぼ)う おおのいさお
傾城と千鳥聞く夜の寒さ哉 千鳥 正岡子規
傾城のひとり寐ねたる寒さかな 寒さ 正岡子規
傾城はうしろ姿の寒さ哉 寒さ 正岡子規
傾城を舟へ呼ぶ夜の寒さかな 寒さ 正岡子規
像の画に物いひかくる寒さかな 智月 俳諧撰集玉藻集
僧去りてより通夜の座の寒さかな 大熊輝一 土の香
兀殿の先だち寒し冬の月 水田正秀
元日のつぶやき寒しオルゴール 久保田万太郎 流寓抄以後
元日の住吉寒し松の風 元日 正岡子規
元日を白く寒しと昼寐たり 西東三鬼
元日を白く寒しと昼寝たり 西東三鬼(1900-62)
元旦や寒気の匂ひ菊の如し 渡邊水巴 富士
兄弟の心異る寒さかな 高浜虚子(1874-1959)
先生のお留守寒しや上根岸 正岡子規
先生の黒のトンビの寒さかな 野村喜舟 小石川
児の軍歌意味なしなさず寒き落暉 中島斌雄
入棺の釘の響きや夜ぞ寒き 寒し 正岡子規
入海の寒き汐時牡蠣を割る 百合山羽公 故園
八丈のおもはぬ寒さ仏桑花 田中緑風子
八手咲きゆくさきざきのこの寒さ 加藤かけい
八朔やかたびらさむし酒酌まむ 樗良
公魚のくちびるさむく釣られけり 白井 爽風
六人に硯一つの寒さかな 会津八一
六十にして洗禮受くる寒さ哉 寒さ 正岡子規
六月の寒さ病む母尿まめに 嶋田麻紀
六角と一字違ひの寒さかな(義仲寺を建立せしは佐々木六角) 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
六角と一字違への寒さかな(義仲寺を建立せしは佐々木六角) 佐々木六戈
兵の墓死後も隊伍を組み寒し 山崎ひさを
兵馬俑並びて寒き叫びあり(西安にて二句) 石原八束 『幻生花』
兵馬俑並びて寒き呼びあり 石原八束 仮幻の花
兵馬俑棋峙(きぢ)して寒き地を走る 石原八束 『幻生花』
其寒さ煮て取かへせ大根引 横井也有 蘿葉集
内海の一と目に寒し鰈舟 百合山羽公 寒雁
内陣に膝すすめたる寒さかな 綾部仁喜 寒木
再びは歸らぬ道の寒さかな 寒さ 正岡子規
写し見る鏡中の人吾寒し 正岡子規
冬寒く舟より炭を我あげし 松瀬青々
冬川の涸れて蛇籠の寒さ哉 冬の川 正岡子規
冬支度ヌードの写真寒さうな 前田野生子
冬河へ突き出し寒き一枚の耳にうつし身すがり眠れる 谷井美恵子
冴え返る空に愛宕の雲寒し 冴返る 正岡子規
冷酒一杯ますます寒し鰥夫めく 安江緑翠 『枯野の家』
冷飯に鳴らして寒し銀の箸 龍胆 長谷川かな女
凍りたる河よりあがり来る寒さ 依田明倫
凩にうめる間寒き入り湯かな 荊口 十 月 月別句集「韻塞」
凩に吹かれて寒し鰒の面 凩 正岡子規
凩や沖よりさむき山のきれ 榎本其角
出女のへりて目黒の寒さ哉 寒さ 正岡子規
出家せんとして寺を思へば寒さ哉 寒さ 正岡子規
刀賣つて土手八町の寒さ哉 寒さ 正岡子規
刃を入るる越前蟹の寒さかな 永井龍男
分入ば川上さむし花に鳥 重厚
分入れば川上寒し花に鳥 さが 重厚 五車反古
分宿の兵ら征く寒気晴れやかなり 渡邊水巴 富士
切支丹坂を下り来る寒さ哉 芥川龍之介 澄江堂句集
切羽出て大坑道の寒さかな 片山雪洋
刈り込まれ並木の空が寒くなる 堤高嶺
初七日の百畳敷の寒さかな 河合順
初午の遥かに寒き雲ばかり 百合山羽公 故園
初午や松風寒き東福寺 蝶夢
初大師雪降りたらぬ寒さかな 白水郎句集 大場白水郎
初寅や信貴の山影寒きかな 石井桐陰
初旅や寒き若狭へ志ざし 野村喜舟
初花に山の寒さの朝月夜 青木月斗
初詣寒くせばまる母の肩 依田由基人
初雀むさし野の寒気ふりしぼり 渡辺桂子
初雁の信濃にかゝる夜は寒し 暁台
別れいふ喉を見てゐる寒さかな 谷口桂子
別れ路の水べを寒きとひこたへ 清原枴童 枴童句集
利休忌や衿掛けかへて首さむき 草村素子
剃りたての顔が寒さうハムエッグ ふけとしこ 鎌の刃
前よりもうしろの畦の寒さかな 前澤宏光
前以て寒さ強調しておきぬ 高澤良一 さざなみやつこ
前髪をきられて寒きわかれかな 幸田露伴
剣に舞へば蝋燭寒き焔哉 寒し 正岡子規
剣に舞へば蝋燭寒き酒宴かな 寒し 正岡子規
剥かるゝ程に伸ぶ程に棕櫚の寒かな 寒さ 正岡子規
力餅寒き人垣もて作り 阿波武彦
動かずにゐられぬ寒さ京都駅 福本須代子
動かぬ犀寒さがわれを歩ましむ 岡崎光魚
動く寒さの時計は外し手術台 加藤知世子 花寂び
動物園子等には寒さなかりけり 岡安仁義
動物園寒し両掌でもの食ふ猿 右城暮石 声と声
務めつつけさの寒さのことどもを 上村占魚 球磨
勤変ふ寒さに向ふごと構ヘ 菖蒲あや
勾欄に人顔明けて花寒し 花 正岡子規
化粧水つけて寒さのはしりけり 土井治子
北むけば比良八講の寒さ哉 松瀬青々
北向のがらすの窓や稍寒き 寺田寅彦
北風寒しだまつて歩くばかりなり 高浜虚子
匙の背は人かたまりてゆく寒さ 栗林千津
十に足らぬ子を寺へ遣る寒哉 寒さ 正岡子規
十二貫山に日のある寒さかな 田中冬二 行人
十六夜の寒さや雲もなつかしき 渡邊水巴
十勝野の風まだ寒き厩出し 島田一耕史
十四屋は海手に寒し雪の門 許六 霜 月 月別句集「韻塞」
十界に餓鬼界のその寒さかな 尾崎迷堂 孤輪
千体のほとけ犇めく寒さかな 角川春樹
千年の仰臥屈葬まざと寒し 齋藤玄 『狩眼』
午の日のうかびて寒き焚火かな 金尾梅の門 古志の歌
半燒の家に人住む寒さ哉 寒さ 正岡子規
半鐘の小一里響く寒さかな 蘇山人
卒業式劇の仕種に似て寒し 宮坂静生 青胡桃
南京錠こはれて世界寒くなる 中烏健二
南部の寒さ横浜の師へいきなりよ 櫻井菜緒 『帰雁』
南部より伊達へ攻め入る寒さかな 徳永松雄
卯の花の明けがた寒し窓のもと 蝶夢「四国に渉る記」
卯の雪に負褶さむし初瀬山 向井去来
厄落し小さく寒く母蹤けり 外川飼虎
厄銭を投げれば寒き音かへる 田村義貞
原ひろくなれば白らけつ寒きかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
原子炉を出で落日のあな寒き 岸風三樓
原本の写本の更に誤字寒し 久米正雄 返り花
原荒れて明星寒し菎布の屋根 寒し 正岡子規
厨さむし指にのこれる芹の香も 木下夕爾
去りまして永き昭和の寒さかな 山田みづえ 草譜以後
又例の羅漢の軸の寒さ哉 寒さ 正岡子規
友二の方へ柩傾き出づ寒し 鈴木鷹夫 渚通り
友木の緑たもたれて寒きさるすべり 林原耒井 蜩
受刑者の望郷の詩の寒さかな 結城 幸
受験子の寒い寒いと言ひ小さし 今瀬剛一
叡山のはや十月の寒さかな 野田 迪子
口々に寒さを言ひて日脚伸ぶ 綾部仁喜 寒木
口もとに愛ふかゝりし寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
口を閉じ寒し寒しのほか言わず 宇多喜代子
口寒く紙漉女紙を使ひをり 萩原麦草 麦嵐
口紅つかう気力体力 寒いわ 池田澄子
口紅の濃きも身すぎのため寒き 川上梨屋
口虹つかう気力体力 寒いわ 池田澄子
古刀人の味知る寒さ哉 寒さ 正岡子規
古城の石かけ崩す寒さ哉 寒さ 正岡子規
古屏風の金泥淑気はた寒気 鈴木鷹夫
古辻に郵便箱の寒さかな 寒さ 正岡子規
句を作り耐ふ寒さにも疼きにも 西本一都 景色
句碑ばかりおろかに群るゝ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
只寒し白き御帳黒き椅子 寺田寅彦
召したまふ御聲もなくて寒き夜や 寒し 正岡子規
叱られて次の間へ出る寒さかな 支考
叱咤する他なき寒さ鉄を積む 中田勘一 『雪礫』
合ひし眼をそらしてよりの病父寒し 金久美智子
合掌もせず寒き墓とゐしのみか 猿橋統流子
吉原の裏道寒し卵塔場 寒し 正岡子規
吉良に焚く香煙寒し回向院 堀口星眠
名處は冬菜の肥ゆる寒さかな 寒さ 正岡子規
向きあうて寒し痛しと張扇 高橋睦郎 稽古飲食
君よりは身のため寒し若菜売 横井也有 蘿葉集
吾子見送り錐揉み寒気もどりけり 平井さち子 完流
吾子逝きしその日の寒さおぼえなし 上村占魚 球磨
呉れし飴寒さ凌ぎのつもりらし 森田峠 避暑散歩
味噌汁がおいしくなつて寒くなる 塙告冬
呵(しか)られて次の間へ出る寒さかな 各務支考 (1665-1731)
呵々と寒し君もマッチを持たざるか 林原耒井 蜩
呵られて次の間へ出る寒さかな 各務支考
哨戒機がう~と寒気裂けるなり 渡邊水巴 富士
哲学も科学も寒き嚏かな 寺田寅彦
哲學も科学も寒き嚏哉 寺田寅彦
唐紙をあけては別の寒さあり 大井戸辿
問い詰めて人を泣かせし寒さかな 美智
問ひ詰めて人を泣かせし寒さかな 佐野美智
啓蟄の寒さこつこつ卵割る 百合山羽公 寒雁
啼きに来る山鳩寒し柿の色 樗堂
善き名遺さん寒気に膝をいくどもつき 細谷源二
喜久女忌と人に詠まるる寒さかな 小川原嘘帥
喪の家の灯のみはみ出し寒い路地 菖蒲あや
喪の矢印すぐにはがされ路地寒し 菖蒲あや
喪服寒く泣きけり女五十人 細川加賀
喪服着て車中に酒を飲む寒さ 石原八束 空の渚
喪終ひの茶柱を噛む寒さかな 城ちはる
囀や遠さざなみに寒さ見ゆ 石原八束
囚人の頸筋寒し馬の上 寒し 正岡子規
囚徒の列姿勢ばらばら黙寒し 加藤知世子 花寂び
四十にて子におくれたる寒さ哉 寒さ 正岡子規
四十にも余る寒さやものゝ悔 召波 (自悔)
四十路も寒し事の序に生れ来て 北野民夫
固まれば砂糖も寒し黄泉の父 鍵和田釉子
国会の寒気に堪えて髪鬆立 香西照雄 対話
国寒し読めぬ書けぬと今更に 藤田湘子 てんてん
土や寒きもぐらに夢や騒がしき 寺田寅彦
土佐の人今朝寒しとか言ひ居りぬ 高濱年尾 年尾句集
土器に煤寒し用ひししるしにして 宮津昭彦
土船の裸火寒し汐ぞこり 幸田露伴 江東集
土鈴買ふ信濃の寒き夕焼に 鈴木鷹夫 渚通り
土間梁より寒さ下り来る豆を煮る 宮坂静生 青胡桃
地下工場寒き奥処に歯車あり 細谷源二 鐵
坂くだる寒き夕焼に腕を振り 加藤楸邨
坐漁荘の跡とて寒く家並欠く 富安風生
坑を出て荒男の仰ぐ星寒し 三谷昭 獣身
埋火に氷りてさむし梅の花 浜田酒堂
埋立地小さな吾を寒くする 有働亨 汐路
城寒し群立つ柱亡者のごと 藤岡筑邨
堂守の寒き昼餉や湖の国 草間時彦 櫻山
堂寒く仏瞬きせざりしや 有働亨 汐路
堂寒し五百羅漢の眼の光 寒し 正岡子規
堂寒し空也踊に背こごめ 志賀松声
堂寒し羅寒五百の眼の光 寒し 正岡子規
塀越に狐火見ゆる寒さ哉 寒さ 正岡子規
塩が呼びこむ水気や寒くなっており 池田澄子
塩つぼに塩充たすさむくあかるき眸 柴田白葉女 花寂び 以後
塩田あとまた寒き雨海濡らす 西村公鳳
塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店 芭蕉
墓で終る畦ひと筋が寒さ溜め 鈴木鷹夫 渚通り
墓の辺の寒さ死はかく寒からむ 安住敦
墨工房寒気はなれぬ煤天井 谿昭哉 『航跡』
壁寒く議長と呼ぶ語反響す 中島斌男
壁寒し自恃のはかなさ念ひ寝る 石塚友二 方寸虚実
壕出づや汗ばみゐしか腋寒し 原田種茅 径
声つかふ寒さや児の里ごころ 水田正秀
声寒く無心す家賃四年溜め 石川桂郎 四温
声消えぬ空の雲雀は寒きかな 太田鴻村 穂国
夕さむき潮に浸りて吾が拾ふ牡蠣にも海苔のつきてゐるかも 土屋文明
夕さむく落葉しげきに血を喀きし 中尾白雨 中尾白雨句集
夕さむし麦踏に声かけてより 馬場移公子
夕されば松籟さむき御祓かな 岸風三楼 往来
夕刊の寒さ六林男を逝かしめき 藤田湘子 てんてん
夕刊配り艀の寒き灯にも来て 手島 靖一
夕富士のいろの寒さとなりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
夕寒く君が担架はガタンと地に 片山桃史 北方兵團
夕寒しどこの部屋にも雨の音 野澤節子 黄 瀬
夕張に鴉棲みつく寒さかな 秦 夕美
夕星の寒さ枯芦の根より石間より シヤツと雑草 栗林一石路
夕景の森あり寒き距離と思ふ 藤田湘子 てんてん
夕月が白し寒しと鵯叫ぶ 堀口星眠 樹の雫
夕月の寒しと水菜さげてゆく 太田鴻村 穂国
夕汽笛一すじ寒しいざ妹へ 中村草田男(1901-83)
夕汽笛一すぢ寒しいざ妹へ 中村草田男
夕焼けて寒し待たざるものも来ず 油布五線
夕焼寒しかはほりはブリツヂヘとぶ 太田鴻村 穂国
夕眺め枯葉ひとつら寒さ呼ぶ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夕陽(せきよう)の流石に寒し小六月 上島鬼貫
夕陽の流石に寒し小六月 鬼 貫
夕霽り寒く雛の灯さゝげけり 金尾梅の門 古志の歌
夕風に寒ささそふや揚雲雀 揚雲雀 正岡子規
夕鶴の虚空つかめる寒さかな 塚本邦雄 甘露
外出す机辺の寒気そのまゝに 百合山羽公 寒雁
外套の中の寒さを覚え立つ 深見けん二
外食のひと日寒しや妻の留守 吉澤卯一
夜さむし顎を埋むるばかりなり 高浜虚子
夜の富士に残照寒く照りもしつ 渡邊水巴 富士
夜の寒し一枚多くはおり出づ 高澤良一 燕音
夜の市ののこる寒さにシクラメン 鈴木 元
夜の辺の花をかたどる寒さかな 松澤昭 神立
夜は寒し古肩掛を膝に掛け 山口青邨
夜や寒き降る葉絶えしと道に出づ 原田種茅 径
夜をひとり省墓の記書く寒さかな 芥川龍之介
夜を残す風なほ寒しひとつ窓 上島鬼貫
夜着に寝てかりがね寒し旅の宿 芭蕉
夜神楽に歯も喰ひしめぬ寒さかな 史邦 芭蕉庵小文庫
夜神楽や眠し寒しとかつぽ酒 清水諄子
夜著かたくからだにそはぬ寒さ哉 正岡子規
夜著に寝てかりがね寒し旅の宿 芭蕉
夜霧さむし海豹などは灯なく寝む 藤田湘子(1926-)
夢猶さむし隣家に蛤を炊ぐ音 榎本其角
大いなるまたたき寒し檻の鷲 田村木国
大いなるまたゝき寒し檻の鷲 田村木国
大事終へ帯解き放つ寒さかな 池田あや美
大仏の胎内寒くめぐり出づ 結城昌治
大佛や陣々寒き風の煤 松瀬青々
大勢で居ても一人の寒さかな 福林順子
大名の寐間にもねたる寒さ哉 森川許六 (きょりく)(1656-1715)
大名の寝間にもねたる寒さかな 許六 芭蕉庵小文庫
大名の寝間にも寝たる寒さかな 許六
大名の通つてあとの寒さ哉 寒さ 正岡子規
大名は牡丹のお間の寒さ哉 寒さ 正岡子規
大名をゆすりにかゝる寒さ哉 寒さ 正岡子規
大寺に籠る寒さや時頼忌 石塚友二
大將の星になつたる寒さ哉 寒さ 正岡子規
大川に月吹かれゐる寒さかな 橋本榮治 越在
大晦日は昔も今もさむき夜ぞ 大野林火
大木のうしろの寒さ身につたふ 上村占魚 球磨
大根に実の入る旅の寒さかな 斯波園女
大津画にほこりのたまる寒さ哉 寒さ 正岡子規
大海のとりとめ難き寒さ哉 寒さ 正岡子規
大海を見遣る眼の寒さかな 上田日差子
大絵馬のすき間なき文字寒気しむ 松本ミツ子
大船の中を漕ぎ出し寒哉 寒さ 正岡子規
大船の干潟にすわる寒さかな 正岡子規
大阪にのこる寒さやぬくめ鮓 北詰雁人
大阪の寒さこれより初戎 西村和子
大頭に飛鳥仏の寒さかな 石田勝彦
大髭に剃刀の飛ぶ寒さ哉 許六
天井に貂のあばるる寒さかな 野村喜舟
天地に人と生れし寒さかな 東洋城千句
天地の寒さ知らざる雛かな 中島月笠 月笠句集
天寒く担架を嶺に舁きならぶ 片山桃史 北方兵團
天寒く花の遊べる真夜かな 飯田龍太
天寿とは他人の言や梅寒し 岸風三樓
天暗うして大佛の眼の寒哉 寒さ 正岡子規
天暗し炭塊寒く地に光り 三谷昭 獣身
天災に人間弱く寒きびし 菅原章風
天龍の石原きつて鴨寒し 百合山羽公 故園
太幹の裏の寒さのしづかなり 長谷川素逝 暦日
太郎三郎次郎も寒し塔の下 山崎聡
奇蹟信ぜずも教徒なる寒さかな 中塚一碧樓
奈良寒し鼻孔はっきり鬼瓦 森田智子
奏楽寒し苔むすまでぞと打楽器が 赤城さかえ句集
奔流にいでて日さむき桜狩 石原舟月 山鵲
奥底の知れぬ寒さや海の音 歌川 (かせん)(1717-1776)
如意輪観音寒き蹠あはせられ 川崎展宏 冬
妄動のひそみ居る街灯の寒し 新居ッャ子
妻とほし噴煙ゆたかにて寒し 杉山岳陽 晩婚
妻と云ふ寒さ山にも忿怒仏 加藤知世子 花寂び
妻と其の寒気凛々しきピアノの音 中村草田男
妻の瞳のかまど火明り寒きびし 柏燹
妻も寒き教師減りゆく針の数 羽部洞然
妻恋ふ寒さ画報の裸女を焚刑に 磯貝碧蹄館 握手
妻癒えぬ朝むらさきに寒しじみ 綾部仁喜
姑曰く谷原は寒く波郷亡し 星野すま子
威る寒さよりあたたまらざる煖炉 後藤夜半 底紅
婆の言ふ寒い寒いは唄ふごと 今瀬剛一
媒にはしる鼬の寒さ哉 寒さ 正岡子規
嫁の十年喪服の双肩がさむし 山本つぼみ
子が居ねば一日寒き畳なり 臼田亞浪 定本亜浪句集
子が引きし傍線寒し「死後の世界」 田川飛旅子
子にいのち伝へてうすら寒き日よ 平井照敏 天上大風
子に寝られ掴みどころのなく寒し 石塚友二 光塵
子を叱りそのあと寒さ俄かなる 山田弘子 螢川
子烏のくちばし鳴らす寒さ哉 中川宋淵 詩龕
季はづれの寒さにおびえ遅桜 大場白水郎 散木集
学問の黄昏さむく物を言はず 加藤楸邨
宇宙船めきて屋根裏部屋寒し 皆吉司
宇治寒ししまひ渡舟に乗れといふ 高濱年尾 年尾句集
安珍の臀さむきかな浦芝居 本土みよ治
実梅落ちいちにちさむき髪膚かな 古沢太穂 古沢太穂句集
客一人泊まりて去りぬ寒き家 赤地鎭夫
客席も舞台も寒き風の中 夢声
客稀に大丸寒し釜の湯氣 寒し 正岡子規
室咲のあしもと寒きダンサー達 岩田昌寿 地の塩
宵戎真底寒くなりにけり 大島雄作
宵月の雲にかれ行く寒さかな 上島鬼貫
家こぼつ木立も寒し後の月 榎本其角
家めぐる冬田の水の寒さかな 正岡子規
家寒く有磯の海に向ひけり 寒し 正岡子規
家移り来て踏む寒き畳数 三好潤子
宿り木を仰ぎて寒きふたりなり 山尾玉藻
宿坊の明け方さむき切籠かな 小川玉泉
宿直の夜更けて大鼓の寒さ哉 寒さ 正岡子規
寄り合ひて眠れる鴨の首さむし忍従といふとほき生き方 竹下奈々子
密やかに這ひ上り来る寒さあり 瓜人
寒 い 雲 が い そ ぐ 山頭火
寒いかと問へばうなづきシルエツト 京極杞陽
寒いぞよ軒の蜩唐がらし 一茶 ■文化年間
寒いちご親子四人の匙の音 福永みち子
寒いとも月が美しとも言ひぬ 蔦三郎
寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子
寒いはずなり鴨千羽ゐる上野 鈴木鷹夫 風の祭
寒いよよ月の菁さを仰ぎみる 滝戸蓮
寒いペンギン考えは今首の中 墨谷ひろし
寒いペンギン考へは今首の中 墨谷ひろし
寒いホーム嫁かせて泣く母綿みたり 平井さち子 完流
寒い哉つるされた鮭の大なるが斑 幸田露伴 拾遺
寒い国のジンタヘ膝を屈した象 伊丹三樹彦 人中
寒い壁に囲まれて読む出エヂプト記 有馬朗人 母国
寒い夜ののっぽキリストかもしれぬ 宇多喜代子
寒い夜の鏡の中にまた鏡 今瀬剛一
寒い日がつゞく抜き草生きてゐて 林原耒井 蜩
寒い日が梅を見る日の浮世かな 尾崎紅葉
寒い日の終わりは熱い眼と会う 高澤晶子 純愛
寒い月 ああ貌がない 貌がない 富澤赤黄男
寒い朝巨大空母と茶の間に居り 国 しげ彦
寒い枝であつた猫柳となつた シヤツと雑草 栗林一石路
寒い藻の水に映っている 自分 古川克巳
寒い足が出てシベリアの地図をかぶつて寝ていた夢というもの 橋本夢道 無禮なる妻抄
寒い鍵束おのおの持ちて鳥の群 栗林千津
寒い雲がいそぐ 種田山頭火 草木塔
寒からう痒からう人に逢ひたからう 寒し 正岡子規
寒きかなエデンの園を追はれしより 大木あまり 火のいろに
寒きこと下仁田葱のうまきこと 綾部仁喜 寒木
寒きびし一刀彫のごとくなり 鈴木青園
寒きびし學生駅へ群れよぎり 及川貞 夕焼
寒きびし気を張りつめて参籠す 島村茂雄
寒きびし海の匂ひに街暮るる 河野南畦 湖の森

以上

by 575fudemakase | 2017-02-10 19:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26622985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング