寒し その2

寒し その2

寒きびし醪湧くこと遅れ勝ち 中井余花朗
寒き三叉路にて癌研の方に向く 岸風三樓
寒き世に泪そなへて生れ来し 正木浩一
寒き世を人と生まれて笑ふなり 藺草慶子
寒き今日母撓の厠にほひせり 阿波野青畝
寒き会議いずこかビルの奥毀す 中島斌雄
寒き光芒吾に見えざる海照らす 山口誓子
寒き児の凧の形して戻り来る 小松崎爽青
寒き国へ帰るよ赤き鞄提げ 佐藤ゆき子
寒き地に落ちて鳴りだす玩具かな 恒藤滋生
寒き夕映え被爆ドームを宙にして 岸 風三楼
寒き夕饒片膝ついて薪を積む 細谷源二
寒き夜に生れて黒き目をひらく 谷野予志
寒き夜のいづこかに散る河豚の毒 能村登四郎 有為の山
寒き夜のオリオンに杖挿し入れむ 山口誓子 晩刻
寒き夜の一角燃ゆるただに見る 岸風三楼 往来
寒き夜の仏に何を参らせん 渡辺水巴 白日
寒き夜の佛に何を參らせん 渡邊水巴
寒き夜の嘘泣きをして児の甘え 伊藤トキノ
寒き夜の夫との間の畳の目 波津女
寒き夜の子を抱けばしなやかな反り 今瀬剛一
寒き夜の戯画にも弱き者強き者 千賀静子 『種壷』
寒き夜の手と手合せて話す子よ 田中菅子 『紅梅町』
寒き夜の枕詞をさがそうよ 永末恵子
寒き夜の枯竹藪に明けにけり 暁台
寒き夜の水盤しかと水を張る 河野南畦 湖の森
寒き夜の溲瓶をつかふ音起こす 富安風生
寒き夜の町の噂や箒星 寒し 正岡子規
寒き夜の畳におきし時計かな 徳川無声
寒き夜の記憶に父母の争ふを 林火
寒き夜の貨車駐らむとしつつあり 山口誓子
寒き夜の錢湯遠き場末哉 寒し 正岡子規
寒き夜はむしろ静けく寝ぬべかり 藤森成吉 天翔ける
寒き夜は一家かたまり寝ぬるのみ 菖蒲あや 路 地
寒き夜は胎児のかたちして眠る 大浜恵一
寒き夜やをりをりうづく指の傷 鈴木しづ子
寒き夜や二階の下の車井戸 探志 極 月 月別句集「韻塞」
寒き夜や妹か門邊の温飩賣 寒し 正岡子規
寒き夜や妹がり行けば温飩賣 寒し 正岡子規
寒き夜や子の寐に上る階子段 龍雨
寒き夜や家に歸れば鮟鱇汁 寒し 正岡子規
寒き夜や我が身をわれが不寝番(ねずのばん) 小林一茶 (1763-1827)
寒き夜や我身をわれが不寝番 一茶
寒き夜や折れ曲がりたる北斗星 村上鬼城
寒き夜や折れ曲りたる北斗里 村上鬼城
寒き夜や探れば窪き老が肩 太祇
寒き夜や清貧なぐさめとはならず 佐野美智
寒き夜や物読みなるゝ膝の上 荷風
寒き夜や虚子まづ飲めば皆酔へり 星野立子
寒き夜をしくしくに目の冴ゆるとき詳(つば)らなり胃の腸の全體 高橋睦郎 飲食
寒き夜を猶むつまじく契るべし 寒し 正岡子規
寒き夜を術なくて飛び立ちにけり 今瀬剛一
寒き天より鳥糞が石に落つ 榎本冬一郎 眼光
寒き子になぞなぞ顔の浚ひ神 加藤知世子 花寂び
寒き宙支へ阿修羅の肘直角 横山房子
寒き影曳き合ひ行途なき如し 石塚友二 光塵
寒き故くれなゐ色がうち沈む 細見綾子 花寂び
寒き故我等四五人なつかしく 高浜虚子
寒き故灯の美しき酉の市 深川正一郎
寒き日がわたり萱鳴り萱鳴れり 加藤楸邨
寒き日と云ふより木等のさわぐ日よ 細谷源二 砂金帯
寒き日にきつとがましや枇杷の花 広瀬惟然
寒き日の手足より息疲れをり 宍戸富美子
寒き日の畳の蠅が這ひ出しぬ 臼田亜浪 旅人
寒き日の簑をつけしがなつかしく 中塚一碧樓
寒き日の踏絵に差せばレモン色 佐野まもる
寒き日の鴉黒くわれは男なり 中塚一碧樓
寒き日はさむしさむしをちからかな 中村史邦
寒き日は猶りきむ也たばこ切 千那 極 月 月別句集「韻塞」
寒き日も我に暇の多かりき 相生垣瓜人 微茫集
寒き日やこゝろにそまぬことばかり 久保田万太郎 流寓抄以後
寒き日や川に落ちこむ川の水 永井荷風
寒き日や川に落込む川の水 永井荷風
寒き日や枯れて立ちたるかくれみの 久保田万太郎 流寓抄以後
寒き日や胸中白く城が占む 鍵和田釉子
寒き日や障子のうちに煮ゆるもの 高橋睦郎 舊句帖
寒き日や髪もおどろの古御達 村上鬼城
寒き日を土の達磨に向ひける 寒し 正岡子規
寒き日を書もてはいる厠かな 寒し 正岡子規
寒き日を穴八幡に上りけり 寒し 正岡子規
寒き日撚りをかけるしんじつ絹糸の撚れ合ひ 安斎櫻[カイ]子
寒き會議いづこかビルの奥毀す 中島斌男
寒き松ばかり男が熟睡なす 中山純子 茜
寒き檻充たす孔雀の翼拡げ 津田清子 礼 拝
寒き檻満たす孔雀の翼拡げ 津田清子
寒き歌ぐら泥に倒れて息絶えしと 友岡子郷 遠方
寒き江に顔を浮べて魚泳ぐ 西東三鬼
寒き汽車パンを輪型に噛み切つて 田川飛旅子 花文字
寒き沖見るのみの生狂ひもせず 山口誓子(1901-94)
寒き灯にみどり児の眼は顔輪の眼 篠原梵
寒き灯にわが荷ちひさく人の家 鷲谷七菜子
寒き灯のすでにゆくてにともりたる 久保田万太郎 草の丈
寒き灯の大玄関はやや明かく 中村汀女
寒き灯や鬼を逸れたる豆青し 会津八一
寒き燈にみどり児の眼は埴輪の眼 篠原梵
寒き燐寸十指で囲み教師業 齋藤愼爾
寒き町芝居かかりてゆききあり 森川暁水 黴
寒き病棟どこかでさやうならの声 上野さち子
寒き癌院全身うつる鏡据ゑ 菖蒲あや
寒き目をしてフルートに息入るる 浦川 聡子
寒き眼のあふは睥睨ぼとけのみ 赤松[ケイ]子
寒き種子分ち農兄弟田に別る 齋藤愼爾
寒き種子播ききて崖に突き当る 齋藤愼爾
寒き聲もて容體を問はれけり 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
寒き背を正し殉教像仰ぐ 山田弘子 螢川
寒き舷に闇を見飽かぬ若人ら 津田清子 礼 拝
寒き薄髭生徒に好かる農教師 大熊輝一 土の香
寒き訃の一言の外聞かざりし 加藤亮 『山幾重』
寒き詩豚らかなしき声すなる 八木三日女 赤い地図
寒き身を忘れんとして一縷かな 尾崎迷堂 孤輪
寒き野を都に入や葱売 高井几董
寒き雁つゞけざま落ち真野灯る 阿波野青畝
寒き顔ピエロの顔になるまで塗る 橋本美代子
寒き馬よぎる夕べの鏡店 桂信子 花寂び 以後
寒き髪包みはつきり目鼻立 後藤夜半 底紅
寒き鵜を砂丘行く身のあてどとす 佐野美智
寒くして汐水真水分ちなし 暮石
寒くせまき心の周囲團なす雪 細谷源二
寒くともよく晴るる日を好む父 杉本寛 『杉の実』
寒くとも一網おろせ暮の月 立花北枝
寒くとも三日月見よと落葉哉 素堂
寒くとも人の後に従うな 橋本夢道 『無類の妻』以後
寒くとも吹雪ともわが街が好き 高橋笛美
寒くなりけふも饂飩の昼餉かな 高澤良一 宿好
寒くなりぬ日陰は椿咲きつらね 太田鴻村 穂国
寒くなりぬ港の見ゆる窓に雨 町田しげき
寒くなる八ッ手の花のうすみどり 甲田鐘一路
寒くなる雨か暖かくなる雨か 稲畑汀子
寒くなれば篝にも立ち除夜の鐘 星野立子
寒くぽかりと柱と頼む父の座空く 田川飛旅子 花文字
寒く剃り寒く呟やく「還暦か」 楠本憲吉
寒く居て寒玉の心生れけり 村上鬼城
寒く居れば茜こぼるゝ夕日かな 碧童
寒く手の皺 シヤツと雑草 栗林一石路
寒く暗く独房に覚む前後なし 岩田昌寿 地の塩
寒く暗く面会謝絶としまりし扉 長谷川素逝
寒く淡し父子の夕影重ねても 香西照雄 対話
寒く潔き少年の日の牛乳配り 成田千空 地霊
寒く照る路地にひとつの水溜り 菖蒲あや 路 地
寒く黒く人ら集まり路地の葬 菖蒲あや 路 地
寒く黒く人ら集り路地の葬 菖蒲あや
寒けれど不二見て居るや阪の上 寒し 正岡子規
寒けれど富士見る旅は羨まし 寒し 正岡子規
寒けれど酒もあり温泉もある處 寒し 正岡子規
寒けれは木の葉衣を參らせん 寒し 正岡子規
寒ければ寝られずねねば猶寒し 支考 極 月 月別句集「韻塞」
寒さあまりて横むきの涅槃見る 金田咲子 全身
寒さうな外の草木やガラス窓 寒し 正岡子規
寒さうな笠さへみればなみだかな 斯波園女
寒さうな顔にはじまる授業かな 稲畑汀子 汀子第二句集
寒さうな高さの塔があたたかし 鳥居おさむ
寒さうにあたたかさうにふきのたう 岩岡 中正
寒さうに夜伽の人の假寐哉 寒し 正岡子規
寒さうに母の寐給ふ蒲團哉 蒲団 正岡子規
寒さうに母の寝たまふ蒲団かな 正岡子規
寒さうに母の寝給ふ蒲団哉 正岡子規
寒さうに犬這ひ込むや破れくど 寺田寅彦
寒さうに皆きぬきぬの顏許り 寒し 正岡子規
寒さうに語る夕日の木こり哉 寒し 正岡子規
寒さうに金魚の浮きし日向哉 寒し 正岡子規
寒さうに鳥のうきけり牛久沼 寒し 正岡子規
寒さが汽罐車のような真つ黒い形でやつて来た 橋本夢道 無礼なる妻
寒さくら乙女さびたるくれなゐと言ひさしてやむ 死者杳かなり 山本かね子
寒さくら咲いて一輪づつのもの 皆吉爽雨
寒さくる向う岸から鳥の羽 今瀬剛一
寒さとはにんげんにある穴の数 片山和華子
寒さとは重たきものよ背負ひ歩す 嶋田一歩
寒さには俗ならぬものありながら 相生垣瓜人 微茫集
寒さにゆがむ部屋なりわれもゆがみてあり 川島彷徨子 榛の木
寒さに坐し虹の間の虹うかぶ待つ 能村登四郎
寒さに目覚め誰にともなき敵意 栗林千津
寒さに襟立てて無頼のごと帰宅 安田杜峰 『蛍草』
寒さのみ庖丁の音皿の音 細見綾子 花寂び
寒さは若さ朝のミルクに膜生れて 川口重美
寒さまたうべなひ円空仏ゑまふ 占魚
寒さもう言はない母へ逆さ掛け 藤原照子
寒さより来る疲れもある如し 相生垣瓜人 微茫集
寒さをも主とせむと思ふなり 相生垣瓜人 微茫集
寒さ中枕木割れば木色生く 榎本冬一郎 眼光
寒さ云ふきつかけとして水たまり 岡本眸
寒さ佳し欲望なしに野を歩く 山田みづえ
寒さ充つ万に一人の病負ひ 吉田三船
寒さ受くまゝに椿の葉重なり 右城暮石 声と声
寒さ夕月となる麦の芽 シヤツと雑草 栗林一石路
寒さ戻れる土の中より咲く苺 太田鴻村 穂国
寒さ来る痛い所をさがすやうに 金子光利
寒さ疲れ線香煙らしてながめけり 渡辺水巴 白日
寒さ解くひかりたづさへ番鴛鴦 雨宮抱星
寒さ言ひしがチンドンヤとなり出で行くも 岩田昌寿 地の塩
寒さ言ひしつかり洗ふ耳の裏 中山純子
寒さ防ぎの粗毛身につけ越の蟹 相葉有流
寒さ頂点たのむ一人の吾子も無く 菖蒲あや 路 地
寒しじみ掻く音に覚む瀬田泊り 北川英子
寒しじみ近江の人の話好き 庄子のぼる
寒しとはこの世のことよ墓拝む 星野立子
寒しとは小町が嘘よほとゝぎす 高井几董
寒しらじらと梅もどきこぼれてゐたり 林原耒井 蜩
寒し愛は波止場渡しということに 池田澄子 たましいの話
寒し熱しわらはやみこそ新枕 正岡子規
寒といふ字のー劃々々の寒さ 富安風生
寒の入と聞て俄の寒サ哉 寒さ 正岡子規
寒暖計よりも寒さに聡くして 相馬遷子 山河
寒月や山を出る時猶寒し 寒月 正岡子規
寒気とて邪気や妖気の類あり 相生垣瓜人
寒気に楽ペリカン嘴を腋ばさむ 田川飛旅子 花文字
寒聲や横頬寒き小夜嵐 寒声 正岡子規
寒鮒をころし喰ひたり今日さむし 中山純子 沙羅
寝おくれて寒さあつまる我が蒲團 高田蝶衣
寝ぬ室に地図広く掛かる寒さかな 龍胆 長谷川かな女
寝よからうたとへ嵐は寒くとも 広瀬惟然
寝られぬぞいまだ寒さのむめの花 広瀬惟然
寝るまでを一日といふ寒さかな 大石悦子 聞香
寝んとする頭の骨の寒さかな 杞陽
寝不足も加はり坊の寒さまた 白石峰子
寝寒さの思ひしぐれにあつまりぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
寝巻換ふに口衝き出づる寒さかな 石塚友二 方寸虚実
寝起きにてさむき山吹ながめをり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
寝返りの髪の根さむし一葉忌 樗木秀子
寝釈迦山裾膝そろへをる寒さかな 小林康治
寢殿に蟇目の音の寒さ哉 寒さ 正岡子規
寫し見る鏡中の人吾寒し 寒し 正岡子規
寮買へは都は寒し冬の海 尾崎紅葉
寶刀の酒に利尻の寒さ断つ 上村占魚 『自門』
寺にまた鶏の出ている寒さかな 永末恵子 留守
寺寒く樒はみこぼす鼠かな 蕪村 冬之部 ■ 御火焚といふ題にて
寺寒し監視カメラのそこここに 相河美智子
寺焼けて墓より寒きその他の石 八木三日女 赤い地図
將門の都睨みし山寒し 寒し 正岡子規
小倉百人かたまつてゆく寒さ哉 高山れおな
小屏風に茶を挽きかかる寒さかな 斜嶺 芭蕉庵小文庫
小手寒く廻す轆轤に猪口あれ来 清水基吉 寒蕭々
小手寒し麦播きをれば貧迫る 小林康治 四季貧窮
小枕にかりねのさむき御祭風かな 飯田蛇笏
小枕に仮りねのさむき御祭風かな 飯田蛇笏 霊芝
小気味よき寒さとなりぬ年の暮 星野立子
小男のナンバに寒し水の音 幸田露伴
小走りのわが影さむし道路鏡 下村ひろし 西陲集
小鳥網笛調子出て山の寒さかな 中島月笠 月笠句集
尻さむし街は勝手にクリスマス 仙田洋子 橋のあなたに
尻寒くほとべは医師の残虐待つ 赤城さかえ句集
尼宮に風まださむき菜種御供 高木石子
尿する茶壷も寒し枕上 芥川龍之介
居風呂に入時寒し雁の声 太無
屋上に出づを試歩とし風寒し 岸風三樓
屋台ひく寒気渚をなす夜へ 大井雅人 龍岡村
屋根澄んで寒き夜ぞくる古王宮 西村公鳳
屋根石を見あげて寒き宿とるも 皆吉爽雨
屋根裏に鼠なく日の雨寒し 暁台
屏こぼつ跡の寒さや冬椿 游刀
屑拾ふ一歩一歩や寒しまる 古賀まり子 洗 禮
屑鉄の山に日当りゐて寒し 菖蒲あや 路 地
屠所へ曳く馬の提灯寒きかな 野村喜舟 小石川
山かげは日の没るはやし村人は寒きひかりの中に働く 岩波香代子
山ぬける燕がさむく鳴きさりぬ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山の五月は寒しとばかり昼をこやる 臼田亞浪 定本亜浪句集
山の寒さかぶるま黒なお寺見ゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
山の田に水ひくころはうす寒し 田中冬二 俳句拾遺
山の音うしろに聞きし寒さかな 百瀬美津
山はらに船の噺の寒さかな 内藤丈草
山上湖とゞろ波立ち日の寒き 石塚友二 方寸虚実
山中の巨石の季節苔寒し 林翔
山国や寒き魚介の小商人 飯田蛇笏 山廬集
山國の大きな道の寒さかな 廣江八重櫻
山城に睨まれて居る寒さ哉 寒さ 正岡子規
山城の風まだ寒き梅見かな 津田仙子
山姥が塩買ひにくる寒さかな 大石悦子 群萌
山寒し年改まる三日前 飯田龍太
山寒し星揺り出だす木曾の風 大串章
山寒し樵夫一人下りて行く 寒し 正岡子規
山寺のゆふぐれ寒し桃の花 大峯あきら 鳥道
山屏風かりがね寒き闇囲ひ 鳥越すみこ
山彦の口まね寒きからすかな 千代尼
山桜丹波の風は未だ寒し 雅因
山消えし木々の寒さの旱なす 松澤昭 神立
山空のさむき茜とながめけり 太田鴻村 穂国
山端は寒し素逝を顧みし 高浜虚子
山茶花の散れば掃かるる寒さかな 蓬田紀枝子
山茶花の白き花びら散るところ土より冬の寒さはのぼる 藤岡武雄
山茶花の終りの寒さ降り出せり 伊藤京子
山茶花の莟こぼるる寒さかな 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
山茶花や宿下り寒し屋形者 浜田酒堂
山里は李さく頃の寒さ哉 李の花 正岡子規
山頂駅寒き映画の闇のぞく 石原八束 空の渚
山頂駅迅風は寒し楽鳴らし 石原八束 空の渚
山風にほうと立つたる寒さ哉 寒さ 正岡子規
山風に鶴が啼いたる寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
岩壁にむかへば寒気柱なす 上田五千石 田園
岩寒し殘暑の空へ五十丈 残暑 正岡子規
岩群の空支へ合ふ寒さ哉 中川宋淵 詩龕
岬山に月沁む寒さ土竜みち 石田阿畏子
岳蔽ふ雲を寒しと木賊刈る 三輪不撓
峡の日の落つれば寒し温泉に浸る 高濱年尾 年尾句集
島旅籠一景さむく雑魚を煮る 佐野まもる 海郷
崖さむし海鵜の糞の純白に 矢島渚男 延年
崖の翳大きくさむくその翳行く 杉山岳陽 晩婚
嵯峩寒しいざ先くだれ都鳥 蕪村 冬之部 ■ 泰里が東武に歸を送る
巌うちし余勢の濤として寒し 岸風三樓
川上は川下はばつと寒さ哉 寒さ 正岡子規
川上も川下もばつとして寒し 寒し 正岡子規
川寒くドームと枯れし木を映す 菖蒲あや 路 地
川涸れて水鳥さむきあしたかな 大江丸
左義長やうしろは寒き河原風 田子六華
己れより離れて寒き声となる 朝倉和江
巻貝の巻きに嘆きの寒さかな 上田日差子
師の句碑に一礼寒き日本夫る 大橋敦子
師の語ひしと末座に緊むる膝寒し 茂里正治
師走寒し血を出す罪と火を出す罰 磯貝碧蹄館 握手
帯揚の水いろさむき喪服かな 久保田万太郎 草の丈
帰らうと思へは寒し山の庵 闌更 (冬嶺亭に遊ひて)
帰りたし帰りたくなし梅寒し 保田白帆子
帰路寒し胸中に人そしりつつ 猿橋統流子
幕あきて舞台の寒気初芝居 依田由基人
干足袋の日南(ひなた)に氷る寒さかな 大須賀乙字(1881-1920)
干鮎にはらわたのなき寒さかな 水内 鬼灯
年くるゝ山里寒し塩肴 成美
年の瀬や旅人さむき灯をともす 飯田蛇笏 山廬集
年よれば鼠もひかず寒さかな 園女 俳諧撰集玉藻集
年功序列女にはなし寒し職場 菖蒲あや あ や
年寒しうつる空よりうつす水 久保田万太郎 流寓抄
年寒し死なれて困る人に死なれ 安住敦
年寒し銀行ばかりやたら建ち 久保田万太郎 流寓抄以後
幹の影踏む一瞬の寒さかな 片山由美子 風待月
幻覚の寒き白き手宙に伸ぶ 石田あき子 見舞籠
幻覚の蚰蜒の這ふ壁寒し 大石悦子 百花
広告裏に狂院の地図描きて寒し 岩田昌寿 地の塩
広肩の畏む寒さ神輿彫 林翔 和紙
広袖も寒きけしきや水あびせ 東以
床の間に櫁の青き寒さ哉 寒さ 正岡子規
座ほとりのきよらに寒き賀客かな 石原舟月
座ほとりを掃かれて寒き主かな 橋本鶏二 年輪
庫裡を出て帰りは寒し十三夜 緒方無元
庭の月晝のやうなる寒さ哉 寒さ 正岡子規
庭椅子の白が寒さを呼ぶ頃に 山田弘子 こぶし坂以後
庭石に紅葉の雨の寒きかな 増田龍雨 龍雨句集
庵主寒さに腹を立てにけり 清原枴童 枴童句集
康治忌の一入さむき日なりけり 辻川オサム
廃工場寒し宮本百合子の忌 成瀬櫻桃子 風色
廓出て仕置場を行く寒哉 寒さ 正岡子規
廓行きの車夫にぬかれる寒さ哉 寒さ 正岡子規
廬の内チ外君見る如く寒さかな 尾崎迷堂 孤輪
廻るだけ廻る寝首に寒気くる 石井保
引き鶴や我鬼先生の眼ン寒し 芥川龍之介 我鬼窟句抄
引く手なき袂は寒きざこ寝かな 島田五空
引張りてふとんぞ寒き笑ひ声 惟然
引据ゑて馬に灸ぶつ寒さかな 萩原麦草 麦嵐
張り壁に風のうまるる寒さかな 太田鴻村 穂国
当麻道葱落ちてゐる寒さかな 大石悦子 百花
影よりも蓬髪のわれ寒きかな 中戸川朝人 残心
彼岸会の片頬さむし水飲んで 中拓夫 愛鷹
彼岸前寒さも一夜二夜かな 路通
彼岸桜にさむきひとりとなりし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
彼岸過ぎてより暗き日も寒き日も 高木晴子 晴居
待つ宵を鏡に向ふ寒さかな 寒さ 正岡子規
後脚より牛起ち寒きかげつくる 大熊輝一 土の香
御あかしを消さじと寒き詣かな 清原枴童 枴童句集
御佛のうしろより暮れ奈良寒し 関成美
御命早めしと思ふ花さむし 長谷川かな女 雨 月
御格子に切髪かくる寒さ哉 寒さ 正岡子規
御格子に切髪さげる寒さ哉 寒さ 正岡子規
御灯青く通夜の公卿衆の顏寒き 寒し 正岡子規
御船前に眞榊隱れ灯の寒き 寒し 正岡子規
御船前や眞榊隱れ灯の寒き 寒し 正岡子規
御衣褶拝観さむく流れ出づ 皆吉爽雨 泉声
御降や月代寒き朝詣 寺田寅彦
心せし京の寒さに会はず去る 石川桂郎 高蘆
心ゆく風見の風やあささむき 会津八一
心臓が縮こむけさは寒いねぇ 高澤良一 宿好
心臓の鼠鳴きする寒さかな 高澤良一 鳩信
心頭にこびりつきたる寒さあり 相生垣瓜人 明治草抄
念ひ寒し逆行の汽車車窓過ぎ 中島斌男
念佛に紛らして居る寒さ哉 寒念仏 正岡子規
忽然と逝きたる人の席寒し 岡安仁義
思ひやる都のあとの寒さ哉 寒さ 正岡子規
急逝を羨む父母を寒く見る 神長裕子 『苦楽園』
性分とばかりですまぬ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
恋う寒し鼻黒犬と生まれ来て 三谷昭 獣身
恋ふ寒し身は雪嶺の天に浮き 西東三鬼
恋をして伊勢の寒さは鼻にくる 大木あまり 火球
息さむく朱蝋三千ともる待つ 中尾杏子
悉く人に名のある寒さかな 藤田湘子 てんてん
患者食往来の寒さ窓に見て 石川桂郎 四温
愛憎の果ての寒さの見え来る 氷高 爽
慇懃に金貸す銀行出て寒し 相馬遷子 雪嶺
慈姑煮て寒き畷を思ひけり 百合山羽公 故園
憑かれしごと白扇に舞ふ寒き夜ぞ 吉川与音 『琴柱』
憤る声うはずりて身の寒し 吉川与音 『琴柱』
懈怠恥づる襟もと寒し覚如御忌 魯 牛
懐炉二つ残る寒さを歩きけり 前田普羅
懸煙草いたはり居れり露さむく 田中冬二 行人
懺悔室に寒く来し貌突きいだす 成瀬桜桃子 風色
成人の日の風寒し海からも 皆川白陀
我が寐たを首上て見る寒さかな 小西来山 (1654-1716)
我が寝たを首あげて見る寒さかな 来山
我が寝たを首上げて見る寒さ哉 来山
我が門(かど)に富士を見ぬ日の寒さかな 和田希因(1770頃-1750)
我が門に富士のなき日の寒さかな 沾洲
我が馬を楯にしてゆく寒さかな 其角
我寒し君はた歸りきませとよ 寒し 正岡子規
我顔のうつりて寒き清水哉 清水 正岡子規
戒名のおぼえやすきも寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
或夜月に富士大形の寒さかな 飯田蛇笏
或時は妻をさげすむ寒さかな 吉武月二郎句集
戻りは寒しうしろ姿を墓に見せ 猿橋統流子
戻るたびさむく四角きわが部屋なる 篠原梵
手がさむし君のあばらに手をやれば 鎌倉佐弓
手にふるるものよりうつる寒さかな 鳳朗
手の先のすぐによごるゝ寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
手もださで机にむかふ寒さかな 大阪-舎羅 俳諧撰集「有磯海」
手をたれて寒くもあらぬ花圃に出ぬ 飯田蛇笏 霊芝
手箒を蛤に編む寒しごと 西本一都 景色
手足もぎとられ煙突影さむし 仙田洋子 橋のあなたに
打よする藻屑も寒し波の跡 乙由 (阿漕浦)
扣所に呼出しを待つ寒哉 寒さ 正岡子規
投函の意を削がれたるこの寒気 高澤良一 宿好
抗うに舌一枚の寒さかな 出口善子
折れし蘇鉄に藁覆せず寺寒し 河野静雲
折鶴の嘴尖る寒さかな 石川ひで子
抱かれし人の骨抱く寒さかな 上原恒子
押入に白布を積む寒さかな 嶋田麻紀
押入れに寒さびつしり白鳥きて 寺田京子
拓きゆく寒気や一歩ごとに閉づ 野澤節子 黄 瀬
括られて残菊寒し日本海 殿村莵絲子 牡 丹
拭きこめて尼寺さむき板鏡 宮坂静生 雹
指に入ル風はや寒し今日の菊 服部嵐雪
振子ただうごく左右にさむき壁 成田千空 地霊
捨てんとす犬の動かぬ寒さかな 小沢碧童
捨て湯の香明日晴れ寒さ極まらむ 登四郎
捨て軍鶏の東風を寒しと浜小松 高井北杜
掃き出して仏間すぐさま寒気満つ 桂信子 黄 瀬
授業寒し木の音をして生徒起つ 中島吐詩
掌が寒しまだ一本の蟻の道 対馬康子 吾亦紅
掌に桑の実寒き浴衣かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
掛けられて汝に浮世の風寒し 寒し 正岡子規
掛られて汝に此世の風寒し 寒し 正岡子規
掛乞の帽子忘れし寒さ哉 掛乞 正岡子規
探梅の寒さばかりを言ひどほし 正木ゆう子 静かな水
探梅の暖かき日と寒き日と 高濱年尾 年尾句集
探梅や海見えて川寒くなる 中拓夫
推敲の句の痩せていく寒さかな 庭野治男
提灯に我影さむし寒詣 田中王城
揚雲雀寒き相模を見て帰る 攝津幸彦 鹿々集
摩り跡に寒さただよふ燐寸箱 源 鬼彦
摶たるる夢罪何ならむ肩寒し 石渡芳美 『花舗日記』
摺鉢を海鼠匍い出す寒さかな 海鼠 正岡子規
撫で仏なでられお目のなき寒さ 立松けい
撫房(なでぼう)の寒き姿や堂の月 素牛 俳諧撰集「藤の実」
擔送車寒き手燈につきゆくも 石田あき子 見舞籠
改易を云渡されて稍寒き 寺田寅彦
故郷の寒さを語り給へとよ 寒さ 正岡子規
故郷寒しうつくしき雨垂れの砂 榎本冬一郎 眼光
故里の入口寒し亂塔場 寒し 正岡子規
教壇にあがらず寒く教師立つ 森田峠 避暑散歩
教壇下り生徒と寒さをわかつ 宮坂静生 青胡桃
教室の寒く生徒ら笑はざり 森田峠 避暑散歩
教師寒し菜を圧すごとつめ込み居て 宮坂静生 青胡桃
散りそめて紅葉にさむし本福寺 涼菟
散る芒寒くなつたが目に見ゆる 一茶
散る芒寒くなるのが目に見ゆる 一茶
散芒寒く成つ〔た〕が目に見ゆる 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
数の子に下戸正月の寒さかな 小杉余子
数珠下げていよ~美女の寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
敷松葉節分さむき日なりけり 久保田万太郎 流寓抄
敷石の角の寒さの万福寺 毛塚静枝
文債や鏡の中に寒い顔 福士光生
文鳥のちよと報せる寒さかな 野末たく二
斜塔となつて見かへれば寒い真赤な絶景 高柳重信
断食月を告げゐる繊き月あふぎ絶対神なきわれら寒しも 大塚寅彦
新しき墓にもの言ふ寒さかな 橋本榮治 麦生
新娶り一友在りて酔寒し 三谷昭 獣身
新宅の其頃出來し寒さ哉 寒さ 正岡子規
新宅の柱卷きある寒さ哉 寒さ 正岡子規
新棉の荷をこぼれ出る寒さ哉 新棉 正岡子規
新田に家建ちかゝる寒さかな 寒さ 正岡子規
新築の庭赤つちの寒さかな 川本良佳
新築の窓に墨つく寒哉 寒さ 正岡子規
旃檀の實ばかりになる寒さ哉 寒さ 正岡子規
旅なれや花にさむしと書くばかり(山陰にて) 『定本 石橋秀野句文集』
旅に年送るはさむし怒濤音 中戸川朝人 残心
旅の肌着数へて詰める寒さ急 上山茂子 『父似』
旅一夜の身寒さ霧の町上野 桂 信子
旅人に七月さむき風吹けり 福田甲子雄
旅人の鼻まだ寒し初ざくら 蕪村
旅籠屋の我につれなき寒さ哉 寒さ 正岡子規
日さむく青く石蓴を透きて指の紋 加藤楸邨
日ざす渚だんだん寒く飛燕澄む 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
日の出殊に寒き刻なる農家族 右城暮石 声と声
日の尾根の太虚に亙り寒き聯 木村蕪城 寒泉
日の影のかなしく寒し発句塚 中村史邦
日の影の悲しく寒し発句塚 史邦
日の落ちて波の形に寒さあり 稲畑汀子
日をのせて川波寒く流れをり 清崎敏郎
日光写真笑ふと寒き母ならむ 磯貝碧蹄館
日向から日陰へ鳰のこゑ寒し 鈴木鷹夫 渚通り
日向ぼこしてゐて寒くなりにけり 辻桃子 ねむ 以後
日向ぼこのあとの寒さの落葉かな 林原耒井 蜩
日向より園児消えれば寒き町 飯田龍太
日向路も寒しと綴る初日記 渋田有紅
日曇りてしばし寒さの寄すばかり 石塚友二 方寸虚実
日本のうたごゑ知らぬ一節さむく過ぐ 中戸川朝人 残心
日本の家が寒くてごまめ曲る 辻田克巳
日本の母の顔せし寒さかな 栗林千津
日本海の寒さの沁みし蟹甘し 宮津昭彦
早乙女が狩野川渉るやゝさむし 萩原麦草 麦嵐
早春の夕富士消ゆる寒さかな 増田龍雨 龍雨句集
旭のうつる河岸裏寒し角田川 寒し 正岡子規
昃れば風まだ寒き田芹摘む 野林博子
昆布小屋に寒気と父と籠りいし 鈴木青光
明け寒き嵐の中の鶏の聲 富田木歩
明るき灯楽しや寒さなれぬ身に 高木晴子 晴居
明るくて雀一羽も来ぬ寒さ 小林千史
明日も寒くなるぞ十能倒す音大に 菖蒲あや 路 地
明烏けふの寒さも東より 千代女
易水にねぶか流るる寒さかな 蕪村
易水に根深流るる寒さ哉 与謝蕪村
星こぼす天の河原の寒さかな 寒さ 正岡子規
星一つ落ちて夜明の梅寒し 梅 正岡子規
星仏売る声さむし尽きにけり 京-都水 元禄百人一句
星天のおぼろに寒し隠密行 相馬遷子 山国
星寒き三ンの鼓や松のかぜ 大サカ-規柳 霜 月 月別句集「韻塞」
星寒く夜の尾花の見ゆる哉 星野麦人
星寒く氷河重たくありにけり 依田明倫
星寒し人の言尻胸に尾を 石塚友二 方寸虚実
星消えて暁梅の寒さかな 梅 正岡子規
星空のさむき夜明よ地に寝て 長谷川素逝 砲車
星空の下健康な寒さあり 中口飛朗子
星絶えず飛んであら野の寒さかな 寒さ 正岡子規
星落ちて石となる夜の寒さ哉 正岡子規
映画会病者ら寒く椅子余す 肥田埜勝美
昨日今日比良八講といふ寒さ 鈴木光紫朗
昼の月眼のふち寒くなりにけり 川崎展宏
昼寒し塗らぬ板塀獣医館 宮津昭彦
時に正行二十三歳花寒し 岸風三樓
晝さむくゐてつれづれの燈をともす 上村占魚 『かのえさる』
晩成といふはなかなか梅寒し 高橋純一
晩鐘の鳴り出づ寒気ちりぢりに 野澤節子 遠い橋
晴れし日は晴れし寒さに能登泊り 藤浦昭代
晴天に鳶の輪寒し梅の花 碧雲居句集 大谷碧雲居
暁け寒くラジオきのふの番組ならず 岸風三楼 往来
暁の寝すがた寒し九月蚊帳 暁台 五車反古
暁の寝姿さむし九月蚊帳 暁台
暁寒く枯るゝ命をめぐり坐す(悼菅沼氏) 『定本石橋秀野句文集』
暖甫にもあまりて老の寒さかな 太祇
暗きかげ寄りつつ寒し電車待つ 原田種茅 径
暗く寒き階のぼりゆき武士に会はず 藤岡筑邨
暗さが寒さ死せしキリストを運ぶの図 有働亨 汐路
暗夜の水寒き地中を落ちゆけり 永田耕一郎 海絣
暦売きのふの寒さ語りけり 白岩 三郎
暮れさむく紅葉に啼くや山がらす 白雄
暴動は寒し花野の柵低し 対馬康子 吾亦紅
曇り日のいよ~寒く沼広し 高木晴子 晴居
曇る砂利 運ぶ 巨きく寒いタイヤ 伊丹公子 メキシコ貝
曉け寒くラジオきのふの番組ならず 岸風三樓
曳くよりも曳かるる船の寒さかな 鈴木真砂女
書く程に硯の乾く寒さかな 山本智恵子
書を売つて書斎のすいた寒さ哉 幸田露伴 江東集
書を読んで寒しといひて温泉に来る 上村占魚 球磨
書庫寒し獄のごとしとふと思ふ 森田峠 逆瀬川
書楼出て日さむし山の襞を見る 飯田蛇笏 霊芝
書樓出て日寒し山の襞を見る 飯田蛇笏
曼荼羅の前の畳の寒さかな 山本洋子
曼陀羅の前の畳の寒さかな 山本洋子
最終便空席待ちの寒さかな 本田攝子
月あるも寒さしぶとき戻り道 高澤良一 宿好
月さむくあそべる人や萩の宿 飯田蛇笏 霊芝
月さむくひとつぶの星これに添ふ 辻田克巳
月さむし寺あとといふ石いちまい 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
月の鎌一茶忌過ぎしより寒し 沖里石
月の雲ちぎれて飛びし寒哉 寒さ 正岡子規
月は寒く日は白々と低くなる 斎藤空華 空華句集
月を見るうしろは寒し草の庵 松岡青蘿
月光のちらちら寒し樹にひびき 石原八束 空の渚
月光の河幅寒き警邏かな 榎本冬一郎 眼光
月光を浴びればさむし月見酒 草間時彦 櫻山
月夜から月夜に遠き寒さかな 金田咲子 全身
月寒く出づる夜竹の光かな 暁台
月寒く地図より消えしソ連邦 山崎千枝子
月寒しことわられたる獨旅 寒し 正岡子規
月寒し宿とり外すひとり旅 寒し 正岡子規
月寒し我が影の地にしみ入つて 幸田露伴 江東集
月寒し戦装の兵等との別れ 石塚友二 方寸虚実
月寒し木葉衣を風わたる 寒し 正岡子規
月寒し海坂の灯は遠の陸 田中 博
月潜む靄のかがよひ雁寒し 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
月草の色見えそめて雨寒し 暁台
月落ちて入り江は寒し舟一つ 寒し 正岡子規
月近く覗いて寒し山の寺 寒し 正岡子規
有がたさ余リて寒し神の場 高井几董
有明にふりむきがたき寒さかな 向井去来
有様は寒いばかりぞはつ時雨 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
朝が苦になりはじめたる寒さかな 杉戸乃ぼる
朝さむく蝿のわたるや竈の松 炭 太祇 太祇句選後篇
朝つくる大砲寒き門邊哉 寒し 正岡子規
朝の市馬も寒気にむせて咳く 寺田京子 日の鷹
朝の日の裾にとどかぬ寒さかな 千代尼
朝よりも昼の寒くて涅槃雪 岩田由美
朝刊を寒気ひろげるごと開く 神長裕子 『苦楽園』
朝市の寒き笑まひに見上げられ 赤松[ケイ]子
朝戸出やさむくなりきし松あらは 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
朝日から鳥の出てくる寒さかな 加藤かな文
朝日さす材木河岸の寒さかな 寒さ 正岡子規
朝日さす芒の寒気息吐くごと 桜井博道 海上
朝起の鏡に寒し梨の花 梨の花 正岡子規
朝霜を火桶にのこす寒さかな 京-謙山 霜 月 月別句集「韻塞」
朝餉なる小蕪がにほふやや寒く 貞
朝鶴のすぐ夕鶴と旅寒し 赤松[けい]子 白毫
木々の葉にさけてくだけて寒さかな 斯波園女
木々の葉のさけて砕けて寒さかな 斯波園女
木がらしは外にはげしも夜ふけて寒くもの食ふ珈琲店のなかに 中村憲吉
木がらしやあみ笠もどる寒さ橋 一茶
木がらしや折助帰る寒さ橋 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
木ぎれ石くれ寒い前歯の二人見ゆ 栗林千津
木の*かりん一弾さむくまた一弾 山崎 聰
木のあひに星のきらつく寒さ哉 寒さ 正岡子規
木木を裂く寒さの中や月のぼる 有働亨 汐路
木漁ればいつも青春肩さむし 古沢太穂
本漁ればいつも青春肩さむし 古沢太穂
朱雀門そこから寒き野となりぬ 高橋信之
朱鷺も殖え鶴も殖え国寒くあり 藤田湘子 てんてん
杉の実を干し聖林寺みち寒し 石垣青☆子
杉山の杉の寒さの能舞台 河合凱夫 飛礫
杉山の杉の直なる寒さかな 片山由美子 天弓
杉高穂山の寒さを鍾めけり 野村喜舟 小石川
村寒し四五尾の鮠を見しことも 大岳水一路
東京の首のあたりにゐて寒し 中里 結
東風さむく海女が去りゆく息の笛 橋本多佳子
東風寒き日の旅歩危に舟遊す 松尾緑富
東風寒く皮はぎ皮をはがれけり 真砂女
松すぎの寒さもどしぬ堰の上 石川桂郎 高蘆
松に帆や雪消の磯家まださむし 飯田蛇笏 山廬集
松取りて頻りに寒き旦かな 月守
松寒し小笠にしづる雲の岨 幸田露伴 拾遺
松寒し樓門兀て矢大臣 寒し 正岡子規
松寒し神籤結びを人な見そ 太田鴻村 穂国
松山の城を見おろす寒哉 寒さ 正岡子規
松明消えて江の音寒し鴨の声 雷夫
松深く東風の寒さに咳き入りぬ 久米正雄 返り花
松若し寒さはここの入江にも 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
松過ぎの寒さ白日たぎる潮 渡邊水巴 富士
松風の奥に寺ある寒さかな 犀星
板の間に居座る寒気踏めば鳴る 安田誠一
枕頭の花開きたる寒さかな 太田鴻村 穂国
林中の神に日当る寒さかな 鈴木鷹夫 風の祭
林檎赤し寒く貧しく国の果 福田蓼汀 山火
枝張りし木の枯れざまの寒さかな 久保田万太郎 流寓抄以後
枝鳴りの心にさむき無月かな 小松崎爽青
枯れ殘る角寒げ也鉦の聲 寒し 正岡子規
枯木の間滝壺寒く見下され 高濱年尾 年尾句集
枯菊を焚く世の隅の寒さかな 小林康治 『叢林』
柄を立てて砧置かれし寒さかな 岸本尚毅 舜
柚子もがれさむく静かな月夜来る 雅人
柚子一つ供へて寒し像の前 高浜虚子
柴漬ける後ろに寒し淀の城 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
柿の實の火ともえいでて寒さ哉 寒さ 正岡子規
柿喰ふや鵯の啼く音は寒しとふ 臼田亞浪 定本亜浪句集
柿売の旅寐は寒し柿の側 炭 太祇 太祇句選
柿売の旅寝は寒し柿の側 太祇
栄螺焼裾の寒さの暖簾うち 石川桂郎
栗飯やそゞろに寒き僧の影 羅蘇山人
校正ののの字ばかりの寒さかな(『川端茅舎論』校了) 石原八束 『高野谿』
根性をためされてゐる寒さとも 大槻右城
案内せむ丘などあれど今日さむく 及川貞 榧の實
桑畑へ不二の尾きゆる寒さかな 道芝 久保田万太郎
桜餅人の寒さに匂ひいでし 渡辺水巴 白日
梁の黒きひかりにある寒さ 田村了咲
梁寒くカフカの夜がまたもくる 佐藤鬼房
梅が香につれ立つ日さへまだ寒し 千代尼
梅が香に追ひもどさるる寒さかな 松尾芭蕉
梅が香に障子明くればまだ寒し 伽孝 俳諧撰集「藤の実」
梅さむし金襴の袈裟畳まれて 松村蒼石 雪
梅さむし雲さむしとて父母の山 三田きえ子
梅ちりて古郷寒しおぼろ月 青蘿
梅の花寒水石の寒さかな 梅 正岡子規
梅寒き一中ぶしの稽古かな 久保田万太郎 流寓抄
梅寒く白し眦切れにけり 殿村菟絲子 『樹下』
梅寒しあとからあとゝ人の死に 久保田万太郎 流寓抄
梅寒しぬくしといつかさかり過ぎ 下村梅子
梅寒しわが生涯の川べりに 荒木古川
梅寒し両手で運ぶ魔法瓶 藺草慶子
梅寒し報賽もせずに日過しぬ 高田蝶衣
梅寒し塔の南無釈迦牟尼仏を誦す 阿部みどり女
梅寒し夕とゞろきの月瀬川 鈴鹿野風呂 浜木綿
梅寒し奴にくるゝ小盃 高井几董
梅寒し日を失へば門閉ざす 中島杏子
梅寒し点して眠る夜のありぬ 手塚美佐 昔の香
梅寒し焚火うち消す水白う 木村蕪城 一位
梅寒し祀る鎌倉右大臣 青木月斗
梅寒し誰れかの臨終かもしれぬ 鈴木鷹夫 風の祭
梅寒し遥かなる簗かゞやきて 森田峠 避暑散歩
梅寒し野に一塊のしまき雲 内藤吐天
梅散つて鶴の子寒き二月かな 内藤鳴雪
梅散て苔なき庭の夕寒し 梅散る 正岡子規
梅散りて古郷寒しおぼろ月 松岡青蘿
梟や肩さむしとて寝がえるに 古沢太穂 古沢太穂句集
梨花の雪どびの雪翠簾の夢寒し 梨の花 正岡子規
棟上げの酒もり寒しはだか家 水田正秀
森の上に富士見つけたる寒さかな 寒さ 正岡子規
森一つ背中にさむき若菜かな 浜田酒堂
椋鳥と人に呼ばるる寒さかな 一茶
椋鳥と人に呼ばるゝ寒さ哉 小林一茶 (1763-1827)
植竹に河風寒し道の端 土芳
植込にかげりゆく日の寒さかな 白水郎句集 大場白水郎
椎の影蔽ひ盡して池寒し 寺田寅彦
極彩の版画みてよりの寒さ 柴田白葉女 花寂び 以後
極月の三日月寒し葱畑 大谷句仏
槍持の槍かつき行く寒さ哉 寒さ 正岡子規
樫といふ字づらの何といふ寒さ 富安風生
樫の葉の小いさくなりし寒さかな 佐野良太 樫
樹の上の大きな寒気甲斐の空 直人
橋くゞる時風寒し川下り 高木晴子 花 季
橙の色ののりたる寒さかな 曽我 鈴子
機屋の灯見つつ宿とる寒さかな 森川暁水
機械まはるなんともやりきれない寒さ 渡辺倫太
檻さむく豹の斑ひとつ落ちてあり 渋谷道
櫛畳紙ひろげてさむき畳かな 久保田万太郎 流寓抄
櫻餅人の寒さに匂ひいでし 渡邊水巴
欅より雀こぼるゝ寒さかな 野村喜舟 小石川
欅紅葉の明るく寒き内側をわがあふぎたり根方に立ちて 長澤一作
次々に寒さを持ちて子等帰る 木村八重
次の間の灯で膳につく寒さかな 一茶
歓送の渦の外寒く老婆負はれ 中島斌男
正客の行儀くづさぬ寒さかな 野波 俳諧撰集「有磯海」
正月の末の寒さや初不動 道芝 久保田万太郎
正直の後手に後手にと寒きかな 久保田万太郎 流寓抄
此寒さ神經一人水の中 寒さ 正岡子規
此頃の富士大きなる寒さかな 寒さ 正岡子規
武士の寒き肌や大灸 前田普羅 新訂普羅句集
武甲より寒き闇来る祭かな 鈴木鷹夫 大津絵
武藏野の明星寒し葱畑 寒し 正岡子規
歩かぬと寒いよ白の落椿 池田澄子
歩廊の端に余りし雪嶺の寒さ 内藤吐天 鳴海抄
死にし父の歯の跡寒しきせるの銀 橋本夢道
死ぬ妻が寒しと言ひし西日寒し 齋藤玄 『玄』
死を待つにあらねど寒き無聊かな 丸山哲郎
死亡カルテ机上にさむき事務始 古賀まり子
死免がれず限前に土塊寒し 村上鬼城
死顔に涙の見ゆる寒さかな 大野林火
殉教者に天国さむき露のいろ 飯田蛇笏 霊芝
残る杉一本に滲む寒さかな 仲田一笑
残菊の寒さきのふにまさりけり 成瀬櫻桃子 風色
残躯寒し鋤焼亭の花八ツ手 橋本夢道 『無類の妻』以後
殺生石ひとつひとつにある寒さ 富岡めぐみ
母の家寒さ寂しさ崖から来る 橋本美代子
母亡しと思う松山の空寒し 三谷昭 獣身
母病んで粥をたく子の寒さ哉 寒さ 正岡子規
毎年よ彼岸の入に寒いのは 正岡子規(母の詞自ら句になりて)
毎年よ彼岸の入りに寒いのは 正岡子規(1867-1903)
毒籠を靜めて淵の色寒し 寒し 正岡子規
比良伊吹雁寒きころを旅 森澄雄
毛穴寒し朝の汽笛を吸い込ませ 三谷昭 獣身
気をつけて見るほど寒し枯すすき 杉風 極 月 月別句集「韻塞」
水ぎはの寒き日還る蓮華岳 藤田湘子
水のんで湖国の寒さひろがりぬ 澄雄
水の上後道ひと日寒く昏れぬ 鈴木六林男 荒天
水仙と孰れか寒き詩の心 石井露月
水仙や何より寒き日がかなし 百合山羽公 故園
水仙や寒き都のここかしこ 蕪村
水仙や寒き都のこゝかしこ 蕪村 冬之部 ■ かの曉の霜に跡つけたる晋子が信に背きて、嵐雪が懶に倣ふ
水仙や葉蘭の陰に日の寒き 坂本四方太
水取のけふを知らねばただ寒し 百合山羽公
水取の寒き掟のごとく来る 大橋敦子
水取の寒さ掟のごとく来る 大橋敦子 匂 玉
水口ヘ大芹立てる寒さかな 廣江八重櫻
水呑みに出る桐の芽に月さむく 太田鴻村 穂国
水寒く寝入りかねたる鴎かな 松尾芭蕉
水寒く映らぬ顔は映さざり 石川桂郎 高蘆
水平線はつきり見えてゐて寒し 池田秀水
水枕ガバリと寒い海がある 西東三鬼(1900-62)
水涸れて柳短き寒さ哉 呉仙
水涸れて橋行く人の寒さ哉 寒さ 正岡子規
水音の枕に落つる寒さ哉 寒さ 正岡子規
水音の離れ蹤きくる梅寒し 岸風三樓
水飴の練り箸を折る寒さかな 渡井一峰
水鳥の月の位を見る寒さ 浜田酒堂
水鳥も見えぬ江わたる寒さ哉 蕪村遺稿 冬
水鶏笛ひようと鳴りたるあと寒し 殿村莵絲子 牡 丹
氷張る寒さの歯朶にこたへけり 増田龍雨 龍雨句集
永年勤続賞され寒し早く寝む 菖蒲あや あ や
永遠の雲寒し勤労感謝の日 皆川白陀
汐引いて棒杭寒き入江かな 寒し 正岡子規
汗寒く拝むや涙おのづから 石塚友二 方寸虚実
江に向いて一膳飯の店寒し 寒し 正岡子規
江の空を鳥も渡らぬ寒さかな 巌谷小波
江寒く蛋民の朝餉見て下る 鈴木六林男 荒天
池さむしかれぬは鴛の中ばかり 横井也有 蘿葉集
池の端に風見えてくる寒さかな 岡林三枝子
池寒く主いまなし無名庵 久保田万太郎 流寓抄以後
池水を吹く風さむき涅槃かな 白水郎句集 大場白水郎
汽車道と國道と竝ぶ寒さ哉 内田百間
沈黙の掟に寒き修道院 高橋幸子
沖寒き蒼さに桶の生海苔は 大熊輝一 土の香
沖寒く海苔*ひびの間の白い隙 田川飛旅子
河のない町の寒さは海からくる 樋口游魚
河豚で死ぬことうそでなき寒さかな 久保田万太郎 草の丈
河骨の浮葉か寒し濃むらさき 石川桂郎 高蘆
河鹿寒し障子の内の君が膝 碧雲居句集 大谷碧雲居
油焔寒し廃塩田の水の皺 原裕 葦牙
沼人に河童月夜といふ寒さ 白岩三郎
泊り山枕の寒き木根かな 蘆白
法医学の石の廊階寒さ旺ん 榎本冬一郎 眼光
法王と同じ寒さの中に立つ 有馬いさお
法要に一人遅れし寒さかな 山崎ひさを
波たてずゆく大鯉の寒さかな 渡邊水巴 富士
波百句詠まんと寒き波に立つ 鈴木真砂女
波郷亡しや在りとうなづく月寒し 林翔 和紙
波郷忌のパリの寒さのなかにをり 佐川広治
泣くためのくらがり寒し波郷亡し 細川加賀 『傷痕』
泥寒し市電終点より先は 宮津昭彦
泥舟の二つ竝んで川寒し 寒し 正岡子規
泪一筋ひかりて寒き御佛 小松崎爽青
洋服に足駄は寒し小役人 石井露月
洋服の足よりひゆる寒さ哉 寒さ 正岡子規
洗ひ菜に朝日の寒き亥子かな 広瀬惟然
洗ふごと寒し松葉の降りつもる 右城暮石 声と声
洗菜に朝日の寒き豕子かな 惟然
洗足に客と名の付く寒さかな 浜田酒堂
津軽女らやませの寒き頬被り 富安風生
津軽女等やませの寒さ頬被 富安風生
活て居るものにて寒き海鼠哉 高井几董
流木にしり声さむき蛙哉 移竹
流木にしり声寒き蛙かな 移竹 五車反古
流木の行くを天日寒く瞰る 松本たかし
浅漬の寒き匂ひや小豆粥 故流
浅草は寒さの渡る剥れ空(三十尾藤男君昇天) 石原八束 『空の渚』
浜名湖の何より寒き石鰈 百合山羽公 寒雁
浪寒し港湾地図から目離せば 友岡子郷 遠方
浪白くなりて寒しや磯遊び 福田蓼汀
海女潜き俄かに寒し芥子の花 角川源義
海寒きおのれ消えゆく手術台 加藤知世子
海底の隆起におのが寒き影 佐藤鬼房 「何處へ」以降
海底より寒しや冷蔵庫のなまこ 品川鈴子
海猫のきし便りあとさきとなりさむし 中戸川朝人 残心
海苔につく簀子の跡の寒さかな 長谷川櫂 天球
海苔乾して国の端寒き怒濤かな 斎藤空華 空華句集
海見えて寒さほどけぬ雑木山(大磯湘南平) 河野南畦 『焼灼後』
海難碑のカップ酒にも地震寒し 中戸川朝人 尋声
海鳴りや目ざめて寒き膝がしら 今井杏太郎
消し忘れのビデオテープと寒き恋 櫂未知子 貴族
涙さへ盡きて餘りの寒さかな 寒さ 正岡子規
淀寒し雪に雪ふる愛宕山 松瀬青々
淋しさに慣れてゆく日々寒さにも 稲畑汀子
淋しさに馴れてゆく日々寒さにも 稲畑汀子 汀子第二句集
淋しさも寒さも背中より襲ふ 山田弘子 こぶし坂
淋し寒し出羽の清水後の月 河東碧梧桐
深山鳥雨の木の芽の寒さかな 碧雲居句集 大谷碧雲居
深川は埋地の多き寒さ哉 寒さ 正岡子規
深川は寒き処や桃青忌 赤木格堂
深梅の暖かき日と寒き日と 高浜年尾
淵瀬より黒々のぼる寒き山 松村蒼石 雁
添水二音一音寒くしたがへり 吉野義子
清く寒き磨滅の鉄と木縁習船 大高弘達
清潭の居る山寒し獅子の声 寒し 正岡子規
渓風に天日寒きさくら哉 金尾梅の門 古志の歌
渡御寒し道に豆木を焚くならひ 西本一都 景色
渦巻きて六月寒き雄物川 青木重行
港いつも寒き漢の声に満つ 大橋敦子 匂 玉
湖さむくホテルの白は招かぬ手 大井雅人 龍岡村
湖の寒さを知りぬ翁の忌 高浜虚子
湖寒く昏るる陸封の魚とわれ 文挟夫佐恵 黄 瀬
湖寒し弥次郎兵衛ざま畦踏めば 石川桂郎 高蘆
湯にひたる顔の寒さも十月ぞ 太田鴻村 穂国
湯豆腐の暁寒し恋ころも 尾崎紅葉
湾寒く葉柄ながき落葉踏む 大岳水一路
満ちて寒き月泛き母の忌なりけり 堤 高嶺
満天の星の一つを見て寒し 行方克巳
滑り込むシーツ寒さも底打って 高澤良一 ぱらりとせ
滝の茶屋にそゞろ昼寝の足寒し 昼寝 正岡子規
滝爪立ち寒きみなかみ覗くなり 西東三鬼
漁夫の葬寒き沖向く一戸より 齋藤愼爾
漁家寒し酒に頭の雪を燒 蕪村 冬之部 ■ 題七歩詩
漁師見て来て百姓の顔さむし 右城暮石 声と声
漆黒の樟は寒気を放ちけり 有働亨 汐路
漸寒き後に遠しつくば山 一茶
潔く創よみがえる寒気の中 赤城さかえ句集
潦それみよと云ふ寒さかな 高澤良一 素抱
潮位灯寒し夜明けの壇の浦 山崎千枝子
潮寒し瞼沈みて石仏 桂樟蹊子
濁り眼の一瞥さむし縄なへる 鷲谷七菜子 花寂び
濁り眼の一瞥さむし繩なへる 鷲谷七菜子 花寂び
瀧をみる寒き数なり三人は 大木あまり 雲の塔
瀧涸れて日向に寒し山の不動尊 寒し 正岡子規
瀬々さむく水草すでに生ふあはれ 岸風三楼 往来
火の中の灯心せせる寒さかな 長谷川櫂 古志
火の山に何かとらへむとして寒し 鈴木真砂女 夕螢
火の山の空洞寒い風を溜め 三谷昭 獣身
火の消えた石の囲ろりの寒さかな 大野洒竹
火の音や一切空のただ寒し 岸風三樓
火山灰寒し赤子泣く茶屋地獄茶屋 石原八束 空の渚
火砲めく楽章寒く若き夜なる 成田千空 地霊
火鉢売場寒し鏡台並びけり 永井龍男

以上

by 575fudemakase | 2017-02-10 19:09 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26622988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング