寒し 補遺 その1

寒し 補遺 その1

あかあかと木魚は寒きいきを吹き 川端茅舎
あかときの寒気を恃み書きつづく 上田五千石『天路』補遺
あくち又切れたる朝の寒さかな 阿波野青畝
あしたより霧雨さむくくらく降る 長谷川素逝 砲車
あだに寒き花に日輪照りまさる 渡邊水巴 富士
あともどる寒さに蝶の生れけり 百合山羽公 故園
あなかしこ残したまひしこの寒さ(松瀬青々先生追悼俳句会(於大阪寒山寺)) 細見綾子
あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎 含羞
あら海のとりとめかたき寒さ哉 正岡子規 寒さ
ありそむるちりめん皺の寒さかな 日野草城
いくつもの山の寒気が村に来る 廣瀬直人
いつまでも寒き目のある寒牡丹 岸田稚魚
いつまでも田畑のさむき鴨帰る 百合山羽公 故園
いつ迄も曲つて居る火箸で寒いな 尾崎放哉 小豆島時代
いま降りし寒き螺旋階の裏が見え 橋本多佳子
うかれ女の小舟に歸る寒さ哉 正岡子規 寒さ
うぐひすは寒さに冴えて句碑除幕(伊賀町芭蕉公園にわが句碑建つ) 細見綾子
うすかげのパン皿にある寒さかな 下村槐太 光背
うすものの如くまとへる寒さかな 上野泰
うたゝねはさめて背筋の寒さ哉 正岡子規 寒さ
うどんげや寒さにつづく雨三日 石川桂郎 四温
うなだれて襟脚寒きシヨールかな 日野草城
うねうねと兀山寒し三河道 正岡子規 寒し
うねうねと赤土山の寒さ哉 正岡子規 寒さ
うまずめは石の胎もつ寒さかな 日野草城
うれひあれば寒き目頭力こもる 松崎鉄之介
おくやみにきた雀の寒いはだしで 荻原井泉水
おゝ寒い寒いといへば鳴く千鳥 正岡子規 千鳥
お月さまがお地蔵さまにお寒くなりました 種田山頭火
お月さまが地蔵さまにお寒くなりました 種田山頭火 草木塔
お梅見の白粉厚き寒さかな 正岡子規 梅
お水取過ぎし寒さを鹿も知る 能村登四郎
かしこまる易者の前に人寒し 河東碧梧桐
かぞへきれぬ海月ぞさむく明けきたる 加藤秋邨
かたかけ、紅葉はかげるとききゆうに寒く荻原井泉水
からびたる蝋の鋳形の寒哉 正岡子規 寒さ
から尻のうしろは寒き姿かな 正岡子規 寒し
かろ~と帰る葬具の寒さかな 渡邊水巴 白日
きさらぎのうぐひす寒き庵かな 日野草城
きぬかつぎはつめたくてよろしく寒くて梅の花 中川一碧樓
きぬきぬにものいひ殘す寒哉 正岡子規 寒さ
きぬきぬに念佛申す寒さ哉 正岡子規 寒さ
くさむしり蚊帳吊草はさはやかに 松村蒼石 寒鶯抄
くづるゝまで音なき浪の寒さかな 鈴木真砂女 卯浪
くび巻に咽引きしめる寒哉 正岡子規 寒さ
くやみいふ口のどもりし寒さ哉 正岡子規 寒さ
くらがりに大佛見ゆる寒さ哉 正岡子規 寒さ
くらがりの人に逢ふたる寒さ哉 正岡子規 寒さ
くら闇の人に逢ふたる寒哉 正岡子規 寒さ
くれなゐの色を見てゐる寒さかな 細見綾子 冬薔薇
けふ寒き藁塚に手をさし入れぬ 中村草田男
ここの名に名乗るをさむく聞きゐたり 大野林火 青水輪 昭和二十六年
このたびは一人で通る寒さ哉 正岡子規 寒さ
このをとこ渇けばさむき唄うたふ 富澤赤黄男
この人や闇寒く訪ひ闇戻る 石川桂郎 四温
この寒さどこから来ると魚山見る 右城暮石 声と声
この寒さ北に向いたる別れ哉 正岡子規 寒さ
この寒さ君に別るゝあしたより 正岡子規 寒さ
この寒さ君何地へか去らんとす 正岡子規 寒さ
この寒さ尾張の人のなつかしき 正岡子規 寒さ
この寒さ心得てをり籾おろし 阿波野青畝
この寒さ神だちも看とり參らせよ 正岡子規 寒さ
この寒さ越後の人のなつかしき 正岡子規 寒さ
この雨のあとの寒さを思ひをり 稲畑汀子
こんこんとねむる骨の手寒き空 飯田龍太
さしかゝる日も田の上の寒さかな 右城暮石 声と声
さみしさが寒さとなりし鏡閉づ 岡本眸
さみしさは寒さの呼べる疲れかな 大野林火 月魄集 昭和五十六年
さむきわが影とゆき逢ふ街の角 加藤秋邨
さむき地発破にあひて激しぬる 山口誓子
さむき壁の立ちはだかるを慣れてゐし 草間時彦 中年
さむき日の淡々むくも野辺送り 飯田蛇笏 白嶽
さむき日の鱗を立てて桜鯛 能村登四郎
さむき日も臚頂見え透く冠を 山口誓子
さむき日も自然のけぶり石炭山に 山口誓子
さむき燈よ癩園の雨そこに見え 大野林火 青水輪 昭和二十六年
さむき道電柱の根に礫あつまり 岡本眸
さむくとも梅か香くはる風のむき 正岡子規 梅が香
さむく痛く腹をぬらして雨やまず 長谷川素逝 砲車
さむく遠く枯道つづく逃れ得ぬに 岡本眸
さむしろにころがしてみるいもの音 三橋敏雄
さむしろの夕べの小豆たたまれし 岡井省二 鹿野
ざわ~としてさむき日の山桜 右城暮石 句集外 昭和十年
しかすがに寒気に混じる清気あり 相生垣瓜人 負暄
しぶき寒いか 父の櫂さばきなんと下手な 伊丹三樹彦
しみ~と大和は寒き芭蕉忌や 右城暮石 句集外 昭和十四年
しん底寒し基地に光の柱立つ 西東三鬼
しん~と寒さがたのし歩みゆく 星野立子
すぐもどすと思ふ寒さがなかくに 右城暮石 句集外 昭和十年
すぐやみし雨や寒さをのこしけり 大野林火 青水輪 昭和二十五年
すこやかな同年齢と会ひて寒し 岸田稚魚 紅葉山
せはしさに寒さわするゝ師走哉 正岡子規 師走
そこいらの寒さ拾ひて寒かりき 岸田稚魚 紅葉山
その後を寒気がはしる鬼走り 能村登四郎
ただに寒し征夷拠点の藪椿 佐藤鬼房
ただ寒きばかりに過ぎて今昔 能村登四郎
ただ寒き壁大佛の背面は 橋本多佳子
たふとさに寒し神樂の舞少女 正岡子規 神楽
たゞ寒く変らぬひと日冬の雷 及川貞 榧の實
たゞ寒く芯の濁りにいねまらず 石塚友二 方寸虚実
ちさきものに寒さ加はり来し色す 右城暮石 句集外 昭和十六年
ちちははとをりてさくらの下寒し 岸田稚魚 紅葉山
ちらちらと明星寒し山の上 正岡子規 寒し
つい嘘をついてしまつて寒いぬかるみ 種田山頭火 自画像 落穂集
つま先に寒さあつめて掛取りに 鈴木真砂女
つゝぬけのやうな寒さがみぞれあと 右城暮石 句集外 昭和十一年
てつがくの寒さなりけり新老人 永田耕衣
でゞ虫の腸さむき月夜かな 原石鼎 花影
とどまればとどまりてわが寒き影 富安風生
とびからす病者に啼いて梅雨寒し 石橋秀野
ともしびの輝りはえてゐる寒さかな 日野草城
ともし火の堅田は寒し鴨の聲 正岡子規 鴨
とれしボタン掴みてさむき葬に蹤く 岡本眸
どちらから見ても仏壇市寒し 後藤比奈夫
どん底の寒さの日日や想ふのみ 石川桂郎 高蘆
どん底は寒い船渠の鉋屑 秋元不死男
なきあとに妹が鏡の寒さ哉 正岡子規 寒さ
なき魂も通ふか寒き月の冴 正岡子規 寒月
なき魂も通ふや寒き月の下 正岡子規 寒月
なほさむき海に裏木戸さして住む 山口誓子
なほ寒き沖より帰り沖に現る 山口誓子
なほ残る古び汚れし寒さあり 相生垣瓜人 明治草抄
ぬすまれて親の恩知る寒さ哉 正岡子規 寒さ
ねずみ捕り沈めて寒き川の相 岡本眸
のら猫をかゝえて寐たる寒さ哉 正岡子規 寒さ
はたと寒く傷兵を見し行人裡 石田波郷
はためくと川風の寒いつはらず 上田五千石『琥珀』補遺
はつきりと富士の見えたる寒さ哉 正岡子規 寒さ
はるさむく医家の炉による奥の旅 飯田蛇笏 雪峡
はろ~と沖べ蒼みて寒さかな 日野草城
ばたばたと戸を閉められて寒くゐき 大野林火 飛花集 昭和四十七年
ひかり今寒き運河と一つになる 右城暮石 句集外 昭和二十七年
ひざ寒きことも思ひを進まする 右城暮石 句集外 昭和十六年
ひしひしとさむき法廷時計なし 飯田蛇笏 雪峡
ひそひそと寒き祠に来る農夫 廣瀬直人 帰路
ひたさむし冬の落暉の丘をはしり 加藤秋邨
ひた寒し萎えし垂乳の小町みて 能村登四郎
ひとりごち吾にかへるも梅雨寒く 石川桂郎 四温
ひとりごと外は寒しと戻りくる 星野立子
ひとりぼっちの泊灯ね 寒いわ お父さん 伊丹三樹彦
ひとり寒し砂町銀座過ぎるとて 石田波郷
ひと征きて寒き風塵日日街に 加藤秋邨
びるばくしや筆執る寒き堂の内 阿波野青畝
ぴんと張りつめし寒さが山らしく 稲畑汀子
ふじ山の横顏寒き別れかな 正岡子規 寒し
ふとさむし階くだる音頭の上に 加藤秋邨
ふなびとの日焼もさむし北わたり 三橋敏雄
ふるさとや東風寒き日の鰯売り 鈴木真砂女
ほつちりと味噌皿寒し膳の上 正岡子規 寒し
ほどほどに残る寒さに濠澱む 上田五千石『天路』補遺
ほのぼのとして寒き目をあげたりき 加藤秋邨
まじまじと骨肉寒き泣黒子 木村蕪城 寒泉
まだ寒くひとり笑ひの雛たち 森澄雄
まだ寒し野梅力を入れて咲く 正岡子規 野梅
まだ立てぬ石の鳥居の寒さ哉 正岡子規 寒さ
まだ足りぬ寒さ氷らぬ岸に佇つ 原裕 青垣
まだ馴れぬこの世の寒さ乳を欲る 鷹羽狩行
まつすぐに騙されている寒さかな 橋閒石 微光
みちづれと訣れて四方の寒さかな 阿波野青畝
みちのくの客に芦屋の寒さかな 稲畑汀子
みちのくの性根を据ゑし寒さかな 上田五千石 田園
みちのくの田植は寒し旅衣 山口青邨
みづうみに寒き谺や冬木樵る 日野草城
みづどりにさむきこころをおほひけり 飯田蛇笏 山廬集
みとりする人は皆寐て寒哉 正岡子規 寒さ
みな寒し桐の切株穴をそなへ 中村草田男
み仏の螺髪群青なる寒さ 飯島晴子
むさゝびの石弓渡る寒さ哉 正岡子規 寒さ
むら雲の劍を拜む寒さ哉 正岡子規 寒さ
めでたさに袴つけたる寒さ哉 正岡子規 寒さ
めとり唄夕焼さむく海はあり 佐藤鬼房
もう水の上は寒くて鷺の立つ 鷹羽狩行
ものの芽や故山といふも風寒く 中村苑子
もろもろの寒さも妍を競ふべし 相生垣瓜人 微茫集
もろもろの寒さ育てゝ海苔黒し 右城暮石 上下
やぶれがさむしばみ枯れてゆくさまに 山口青邨
ゆく雁やこのさむき国我残り 加藤秋邨
よく笑ふ女となつてゐて寒し 岡本眸
より寒し忘るるための鯉の喉 斎藤玄 狩眼
よるべなく童女のこゑの日々寒し 飯田蛇笏 椿花集
わが前生切株かも知れず寒くあゆむ 細谷源二 砂金帯
わが寝台壁に触れこの寒きホテル 山口誓子
わが恃む寒気日向もその裡に 野澤節子 未明音
わが月日妻にはさむし虎落笛 加藤秋邨
わが無言子の目がさむくさしのぞく 加藤秋邨
わが立てる大根畑寒くなりぬ 山口青邨
わが腕の寒き秒音徒労ばかり 楠本憲吉 孤客
わが運命肯ひ寒き運河の辺 桂信子 月光抄
わが風邪のつのるや寒き患家にて 相馬遷子 雪嶺
わだなかに声あげて鵜はさむき鳥 大野林火 白幡南町 昭和三十年
わづかに寒き距離や貝剥く母と子に 岡本眸
われ寒きゆえに目を俯すことやめよ 岸田稚魚 雁渡し
われ寒きゆゑに目を俯すことやめよ 岸田稚魚 負け犬
ゐのししの芸を見て来し寒さかな 安住敦
をさな子の泣く泣く歸る寒哉 正岡子規 寒さ
をし鳥や廣間に寒き銀屏風 正岡子規 鴛鴦
オホツクの海荒れ番屋海霧寒し 高浜年尾
オホーツクひとたび寒し後黒し 斎藤玄 狩眼
オリオンの方舟西下して寒し 上田五千石 田園
オリーブの葉をくはへたる寒さかな 渡邊白泉
キタイスカヤのさむき夕焼煙立つ 加藤秋邨
ケーブル音寒き没日とともにやむ 佐藤鬼房
サアカスの虎を寒しと見たるのみ 伊丹三樹彦
サーチーライト叉を解かず寒き雲を過ぐ 篠原梵 年々去来の花 雨
ジャズ寒し汽車の団煙之に和し 中村草田男
ジャズ寒し骨身を故意に曲げて寝る 赤尾兜子 稚年記
ジヤズに歩の合ひゐて寒き水たまり 橋本多佳子
ジヤズ寒き家並の揃ひ来りけり 石田波郷
ジヤズ寒しそれをきき麺麭を焼かせをり 石田波郷
ストーヴの焼けも爛るゝ寒さかな 日野草城
ストーヴの石より寒くさめにけり 阿波野青畝
セーターに枯葉一片旅さむし 加藤秋邨
トレド寒し小麦畑を白馬走り 金子兜太
ト口走る音寒き日を引きたたす 山口誓子
ドレッシング混らぬ朝の寒さがな 阿波野青畝
ニュース映画梅雨寒し兵の細面 中村草田男
ネオンばかりいきいきさむし喪の深夜 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
ビルあぐ月名もなきおのが脛寒し 佐藤鬼房
ビルの裏垣根が寒き河へだつ 松崎鉄之介
ブランコ軋むため傷つく寒き駅裏も 赤尾兜子 蛇
ホロビツツ指が寒しと言ひにけり 石田勝彦 百千
ポケツトに「新潮」寒き緬羊追ひ 橋本多佳子
マスク寒し六区の夕日面上に 大野林火 冬青集 海門以後
ミカヱルが君娶る日の晨の寒さ 山口誓子
ユダの鬚逆剃り寒くボーナス期 原裕 葦牙
ラヂオの銃声看板さむく相対す 中村草田男
一つづゝ寒き影あり仏達 村上鬼城
一ツ目も三ツ目も光る寒さ哉 正岡子規 寒さ
一島の松に旭たたへ朝寒し 山口青邨
一年の梦さめかゝる寒さかな 正岡子規 寒さ
一枚々々鱗剥ぐごと稿さむし 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
一眼を恃み読み書く寒さかな 石塚友二 玉縄以後
一稿の口述寒し開戦日 石川桂郎 高蘆
一等兵眼鏡ぞさむき日曜日 石田波郷
七月の寒さを言へば衣川 伊藤白潮
万葉の歌に後なき寒さかな 河東碧梧桐
三つ星の上に月ある寒さかな 及川貞 夕焼
三十三才けふの寒さに来鳴きけり 右城暮石 句集外 昭和二年
三寒の寒さ問はるる逝くままに 斎藤玄 狩眼
三年の洋服ぬぎし寒さ哉 正岡子規 寒さ
三日月のうつらで寒し濁酒 正岡子規 濁酒
三月の畑寒しと父が言ふ 廣瀬直人 帰路
三月風ひと日光りてはたと寒し 森澄雄
三葉虫朝空に満ち父は寒し 佐藤鬼房
上の山泊りにせうぞ月寒き 河東碧梧桐
上州の寒さ伝へて来し訃報 稲畑汀子
上棟歌金星寒く濃くなりぬ 石田波郷
上毛といふ下毛といふ寒し 高野素十
上海のけさの寒さの菊の市 高野素十
下野にとどめ刺されし寒さかな 岸田稚魚
不況貯炭の襞や虚実の舌寒し 小林康治 玄霜
世ぞ寒し自棄めく学の下暗く 赤尾兜子 蛇
世の中のひつそりとなる寒さ哉 正岡子規 寒さ
世の寒さ傘の柄なれど握り締む 西東三鬼
世は寒しインバネス被て鴨を毟る 中村草田男
丹頂のくれなゐ黒き寒さかな 飯島晴子
乗り合せ受験子らしき眼の寒さ 能村登四郎
九十九里浜真実何んにもない寒さ 鈴木真砂女 都鳥
乞食の髪髯黒き寒さかな 右城暮石 句集外 昭和三十一年
争に勝ちし寒さや家にあり 前田普羅 普羅句集
事さむし多く詠はずして止みぬ 野澤節子 未明音
二月寒し父似の眉の濃き娘 日野草城
五十過ぎ寒き褥に脚を曲げ 山口誓子
亜浪忌のうすら寒さの靄巻く木 大野林火 方円集 昭和五十年
亡き人のまほろし寒し化粧の間 正岡子規 寒し
亡き犬に犬小屋覗く寒さ哉 正岡子規 寒さ
人さむく棺の別れの中身見る 平畑静塔
人さればまだ風寒し花の下 正岡子規 花
人に名を知られて寒き枯の形リ 右城暮石 句集外 昭和十三年
人の妻と酔ひてわづかに舌寒し 小林康治 玄霜
人の顔俄かにさむし鶫とぶ 右城暮石 声と声
人ゆきて我往かねども寒き畦 下村槐太 天涯
人一人二人寒しや大廣間 正岡子規 寒し
人住まぬ別莊寒し樫木原 正岡子規 寒し
人日の寒気ずしりといさぎよし 佐藤鬼房
人疑ふ心を寒くかへりみる 富安風生
人間を歳月寒く炒めけり 永田耕衣 葱室
人首と書いて何と読む寒さかな 河東碧梧桐
今日病まず寒いきいきと渚あり 岸田稚魚 筍流し
仏体光子が怖えよぶ闇さむく 加藤秋邨
仏具見て寒し物相めしに箸 後藤比奈夫
仏頭を美しと見き寒しと見き 後藤比奈夫
仔犬の眼もどる寒さの袖のうちに 及川貞 榧の實
仰向けぬ入道畠の寒さ哉 正岡子規 寒さ
仰臥して男根寒し喜寿とかや 金子兜太
伊豆の海や大島寒く横はる 河東碧梧桐
伊賀の子寒し額集めて地にかがむ 平畑静塔
会い別る残りの寒さ糺しあひ 上田五千石『琥珀』補遺
会堂に日晴れて寒し国民葬 石塚友二 方寸虚実
伸び揃ふ真竹の寒き山辺かな 廣瀬直人 帰路
何かわが急ぎゐたりき顔さむく 加藤秋邨
何といふ寒さぞ一八花咲くに 山口誓子
何に縋らむ檻解きてより肩さむく 岡本眸
何もあり彼もあり寒き闇市に 日野草城
何やらの足跡寒き廚かな 正岡子規 寒し
余呉寒く犬にもの言ふ虚貝 古舘曹人 砂の音
余花さむし一師一弟子離れ病み 鷲谷七菜子 花寂び
佛でもなうて焚かれぬ寒さかな 正岡子規 寒さ
佛寒しわめける天邪鬼に寄る 橋本多佳子
佛焚いて佛壇寒し味噌の皿 正岡子規 寒し
便所の扉石で押へて吉野さむし 右城暮石 声と声
信号の赤と青との寒さかな 岸田稚魚 紅葉山
信州の寒さを思ふ蕎麥湯哉 正岡子規 蕎麦湯
信心の足らぬ思ひの寒さとも 後藤比奈夫
俳諧の御師のひとりの寒さかな 角川源義
倒れるまでタイヤ転がる寒い空港 三橋敏雄
傷心や空を仰げば喉さむく 岡本眸
傾城のひとり寐ねたる寒さかな 正岡子規 寒さ
傾城はうしろ姿の寒さ哉 正岡子規 寒さ
働いて寒き闇より戻りし子 日野草城
元日といふ別々の寒さあり 飯田龍太
元日の住吉寒し松の風 正岡子規 元日
元日を白く寒しと昼寐たり 西東三鬼
元旦や寒気の匂ひ菊の如し 渡邊水巴 富士
元朝といふ別々の寒さあり 飯田龍太
先生のお留守寒しや上根岸 正岡子規 寒し
児を胎にトロをきしらす寒気中 佐藤鬼房
入海の寒き汐時牡蠣を割る 百合山羽公 故園
八月の体液さむく箔うつか 橋閒石 卯
六十にして洗禮受くる寒さ哉 正岡子規 寒さ
共に寒き狂者非狂者手をつなぐ 西東三鬼
内海の一と目に寒し鰈舟 百合山羽公 寒雁
再びは歸らぬ道の寒さかな 正岡子規 寒さ
冬いちばん寒き日ならむ職を辞す 能村登四郎
冬の富士昼さむくして飢いたる 加藤秋邨
冬園われも一匹のさむきけものなり 富澤赤黄男
冬川の涸れて蛇籠の寒さ哉 正岡子規 冬の川
冬牡丹べにほのかなるゆゑ寒し 日野草城
冴え返る空に愛宕の雲寒し 正岡子規 冴返る
凩に吹かれて寒し鰒の面 正岡子規 凩
出女のへりて目黒の寒さ哉 正岡子規 寒さ
出家せんとして寺を思へば寒さ哉 正岡子規 寒さ
刀賣つて土手八町の寒さ哉 正岡子規 寒さ
分宿の兵ら征く寒気晴れやかなり 渡邊水巴 富士
刈つて行く田の寒くなる日暮かな 三橋敏雄
刈跡の葭原寒し水溜 河東碧梧桐
初冬や手ざはり寒き革表紙 日野草城
初午の遥かに寒き雲ばかり 百合山羽公 故園
初茶の湯障子のみにて寒さ堰く 山口誓子
別るるは寒しと汐木焚きはじむ 岡本眸
前方に見ゆ校門の中の寒気 廣瀬直人 帰路
剣に舞へば蝋燭寒き焔哉 正岡子規 寒し
剣に舞へば蝋燭寒き酒宴かな 正岡子規 寒し
剥かるゝ程に伸ぶ程に棕櫚の寒かな 正岡子規 寒さ
動物園寒し両掌でもの食ふ猿 右城暮石 声と声
務めつつけさの寒さのことどもを 上村占魚 球磨
勲章さむく祷れる胸ゆ揃ひ垂れ 中村草田男
勾欄に人顔明けて花寒し 正岡子規 花
北国の日和たのめず蝶さむし 上田五千石『天路』補遺
北風さむし人葬る地を深く掘りぬ 山口誓子
北風寒き阜頭に吾子の舟つけり 杉田久女
匙にとり減らしし砂糖野は寒し 永田耕衣
十に足らぬ子を寺へ遣る寒哉 正岡子規 寒さ
十六夜の寒さや雲もなつかしき 渡邊水巴 白日
千年の仰臥屈葬まざと寒し 斎藤玄 狩眼
半世紀前の下宿のさむき留守 平畑静塔
半燒の家に人住む寒さ哉 正岡子規 寒さ
厄払ふ寒さ足らざる思ひあり 後藤比奈夫
原爆図さむし母乳をまさぐる指 加藤秋邨
原荒れて明星寒し菎布の屋根 正岡子規 寒し
厨さむし喪服の妻が立ちつづけ 草間時彦 中年
厭きにけり慣れしわが家の寒さにも 相生垣瓜人 明治草
去りまして永き昭和の寒さかな 山田みづえ まるめろ
去るもの日に疎き女の寒き忌よ 安住敦
又例の羅漢の軸の寒さ哉 正岡子規 寒さ
又聞きの君の死まことにて寒し 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
友らいづこ獄窓ひとつづつ寒し 秋元不死男
反橋の反りかへりたる寒さかな 日野草城
口髭も八雲の顔の寒さ避 平畑静塔
古刀人の味知る寒さ哉 正岡子規 寒さ
古城の石かけ崩す寒さ哉 正岡子規 寒さ
古書売るや坐りて寒き膝がしら 伊丹三樹彦
古辻に郵便箱の寒さかな 正岡子規 寒さ
吃吃と雀ら松はなほ寒し 山口誓子
吉原の裏道寒し卵塔場 正岡子規 寒し
同じ寒さ跳ねとぶ小石蹴る看視兵 三橋敏雄
名披露目の墨の香寒気流れだす 伊藤白潮
名處は冬菜の肥ゆる寒さかな 正岡子規 寒さ
君が唄森に聞かねば露寒し 上田五千石『琥珀』補遺
君淋しと思ふ頃われも寒さかな 河東碧梧桐
吹き晴れて山大いなる寒さかな 大野林火 月魄集 距和五十七年
吾子逝きしその日の寒さおぼえなし 上村占魚 球磨
呆と人待つ硝子の外の寒き虹 西東三鬼
咳のあとわが眼に妻も子も寒し 大野林火 青水輪 昭和二十六年
哨戒機がう~と寒気裂けるなり 渡邊水巴 富士
啓蟄の寒さこつこつ卵割る 百合山羽公 寒雁
喪の寒さわかち三河へ友帰る 大野林火 青水輪 昭和二十六年
喪の帰京寒き暗夜を急ぐなり 村山故郷
喪の我に寒き皺寄せ築地川 楠本憲吉 孤客
喪主ぼくの途上へ 寒い眼 佇む眼 伊丹三樹彦
噴水の影と揺れゐる寒き街 廣瀬直人 帰路
囚人の頸筋寒し馬の上 正岡子規 寒し
四十にて子におくれたる寒さ哉 正岡子規 寒さ
国会の寒気に堪えて髪鬆立 香西照雄 対話
国会の寒気に堪へて髪鬆立(しょうりつ) 香西照雄
国原の傾きさむし天したがふ 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
国寒し読めぬ書けぬと今更に 藤田湘子 てんてん
土地人の耐ふる寒さといふはまだ 稲畑汀子
土堤に尿る男現れ 砂利採りの寒さ 伊丹三樹彦
地の寒さ覆ひて白し梅の花 右城暮石 散歩圏
地下工場寒き奥処に歯車あり 細谷源二 鐵
坂くだる寒き夕焼に腕を振り 加藤秋邨
坦々の瀬音に戻り梅雨さむし 上田五千石『風景』補遺
垣の木の常盤木なるが寒さかな 右城暮石 句集外 昭和二年
埋火のそのまゝ消えし寒さかな 日野草城
堂守の寒き昼餉や湖の国 草間時彦 櫻山
堂寒し五百羅漢の眼の光 正岡子規 寒し
堂寒し羅寒五百の眼の光 正岡子規 寒し
堕天使や幹あたたかく枝寒し 三橋敏雄
塀越に狐火見ゆる寒さ哉 正岡子規 寒さ
塵芥を焼く高き白煙梅さむし 右城暮石 一芸
墓の辺の寒さ死はかく寒からむ 安住敦
墓原に垂直の寒気ありにけり 林翔
墓原に寒き軍靴や誰が棄てし 伊丹三樹彦
壁寒し自恃のはかなさ念ひ寝る 石塚友二 方寸虚実
声さむく弟妹に日々をかゝはりて 石橋秀野
声寒く無心す家賃四年溜め 石川桂郎 四温
夕さむく耕人も居ずなりにけり 阿波野青畝
夕刊の寒さ六林男を逝かしめき 藤田湘子 てんてん
夕寒しどこの部屋にも雨の音 野澤節子 未明音
夕寒しわけて羅漢とそが壺と 伊丹三樹彦
夕寒し下駄箱の上のセロテープ 岡本眸
夕寒し河口を蔽ふ群鴉 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
夕寒し行きずりの僧経を誦す 大野林火 早桃 太白集
夕寒し行き過ぎてより犬吠えぬ 岡本眸
夕寒し道より高き鉄路に沿ひ 岡本眸
夕景の森あり寒き距離と思ふ 藤田湘子 てんてん
夕晴や寒き木の芽のうすみどり 日野草城
夕月やあしもとさむき葱坊主 大野林火 海門 昭和七年以前
夕汽笛一すぢ寒しいざ妹へ 中村草田男
夕雲雀落ちて飛鳥は未だ寒し 橋閒石 朱明
夕風に寒ささそふや揚雲雀 正岡子規 揚雲雀
夕風のわたれば寒し帰り花 日野草城
外に出す外の寒さを嫌がる蛾を 山口誓子
外出す机辺の寒気そのまゝに 百合山羽公 寒雁
外套の中の寒さを覚え立つ 深見けん二
夢果てて残る寒さに残されし 上田五千石 天路
大いなる句碑の寒しと見ゆる日も 後藤比奈夫
大前に賜ひし屠蘇の寒さかな 阿波野青畝
大名の通つてあとの寒さ哉 正岡子規 寒さ
大名は牡丹のお間の寒さ哉 正岡子規 寒さ
大名をゆすりにかゝる寒さ哉 正岡子規 寒さ
大地の神の寒さの畏さよ 高野素十
大寺に籠る寒さや時頼忌 石塚友二 磊[カイ]集
大寺の松風寒き彼岸かな 鈴木真砂女 居待月
大將の星になつたる寒さ哉 正岡子規 寒さ
大木のうしろの寒さ身につたふ 上村占魚 球磨
大樹林赤屋根さむく霧罩めぬ 飯田蛇笏 山響集
大津画にほこりのたまる寒さ哉 正岡子規 寒さ
大津絵の鬼もたぢろぐ寒さかな 鷹羽狩行
大海のとりとめ難き寒さ哉 正岡子規 寒さ
大熊座地は丑満の寒さかな 飯田蛇笏 山響集
大砂丘風のまにまに牛寒し 岸田稚魚 負け犬
大納言乾して吉野の霧寒し 阿波野青畝
大船に小舟寄る火の寒さかな 尾崎放哉 大学時代
大船の中を漕ぎ出し寒哉 正岡子規 寒さ
大船の干潟にすわる寒さかな 正岡子規 寒さ
大量の寒気のにほふ兵舎かな 三橋敏雄
大量の寒気を餘し冬去りぬ 相生垣瓜人 負暄
大顔に飛鳥佛の寒さかな 石田勝彦 雙杵
大風の寒き涙や杉ひろひ 山口青邨
天さむく白玉の米を粥に焚く 山口誓子
天の祖父牛舎にさむき葉をふらす 平畑静塔
天守にて漂ふ妻よ四方寒し 秋元不死男
天寒くして木堂の細身の像 山口誓子
天寒く花の遊べる真夜かな 飯田龍太
天寒し気球を縛す綱ありて 岡本眸
天暗うして大佛の眼の寒哉 正岡子規 寒さ
天龍の石原きつて鴨寒し 百合山羽公 故園
太幹の裏の寒さのしづかなり 長谷川素逝 暦日
太陽を仰ぎて寒き喉ぼとけ 橋閒石 雪
奇蹟信ぜずも教徒なる寒さかな 中川一碧樓
女のあと追ふ稲荷界隈は寒し 山口青邨
女われ酔ひてもまとふ闇さむき 鷲谷七菜子 黄炎
女将の寒き世辞轟然と電車過ぐ 岸田稚魚 負け犬
女工等に桜昏れだす寒い土堤 飴山實 おりいぶ
妻かへり西日も寒く房を去る 秋元不死男
妻が出るたびに薄暮の寒き音 飯田龍太
妻と其の寒気凛々しきピアノの音 中村草田男
妻の名を十日呼ばねば浴衣さむし 加藤秋邨
妻を呼ぶ肩の寒さに目を覚し 高浜年尾
姉の死化粧よ寒きかごめ唄 佐藤鬼房
娼婦らにはや寒く張る西の空 飯田龍太
婆さむし靴みがかねば拳の手 岡本眸
婆寒し荷を負ふ姿態に温泉に入る 岸田稚魚 負け犬
媒にはしる鼬の寒さ哉 正岡子規 寒さ
嫁き残りさむきこゝろの友ばかり 日野草城
子が居ねば一日寒き畳なり 臼田亜郎 定本亜浪句集
子にいのち伝へてうすら寒き日よ 平井照敏 天上大風
子に寝られ掴みどころのなく寒し 石塚友二 光塵
子を見舞ふ飢も寒さも父告げで 中村汀女
孤し児の寒きにあらず顔赤らむ 山口誓子
学問の黄昏さむく物を言はず 加藤秋邨
学生の句の拙きも寒さのうち 山口誓子
実朝忌詩歌知らねば寒気呆け 百合山羽公 樂土
実梅落ちいちにち寒き髪膚かな 古沢太穂 古沢太穂句集
客稀に大丸寒し釜の湯氣 正岡子規 寒し
家に帰り着きて高野と同じ寒さ 右城暮石 句集外 昭和三十六年
家めぐる冬田の水の寒さかな 正岡子規 冬田
家を出て目のあたりなる寒さかな 相生垣瓜人 明治草
家寒く有磯の海に向ひけり 正岡子規 寒し
密やかに這ひ上り来る寒さあり 相生垣瓜人 明治草
富士寒し指に煙草を絶やさねば 飯田龍太
寒いからみんなが凛々しかりにけり 後藤比奈夫
寒いとて讃へ寒いといひ貶す 後藤比奈夫
寒いのでほんの身内だけの法事梅さく 荻原井泉水
寒い国のジンタヘ膝を屈した象 伊丹三樹彦
寒い壁に囲まれて読む出エヂプト記 有馬朗人 母国
寒い教室盗児自画像黒一色 西東三鬼
寒い月 ああ貌がない 貌がない 富澤赤黄男
寒い橋を幾つ渡りしと数ふ女 西東三鬼
寒い眼に馬が立ち上り立ち上る 西東三鬼
寒い肩だ 肉親の夢ばかりで 覚め 伊丹三樹彦
寒い雲がいそぐ 種田山頭火 草木塔
寒からう痒からう人に逢ひたからう 正岡子規 寒し
寒がらすこゑごゑさむく木隠れぬ 桂信子 月光抄
寒きたり相いましめて嶽そびゆ 飯田蛇笏 白嶽
寒きのみならず女のきびしさは 右城暮石 句集外 昭和二十四年
寒きはみ訂す術なき山容 飯田蛇笏 家郷の霧
寒きびしごくりと白き乳を飲む 日野草城
寒きびしひとの青春眼もあやに 日野草城
寒きびし學生駅へ群れよぎり 及川貞 夕焼
寒きびし悠範義道居士天に 飯田蛇笏 心像
寒きびし樟の切口香に立ちて 日野草城
寒きびし琴柱うごかす一つづつ 西東三鬼
寒きびし鯉の沈思をつづかしめ 上田五千石『風景』補遺
寒きものばかりを讃へ合ふ日かな 後藤比奈夫
寒きもの積んでガサ市はじまれり 石田勝彦 雙杵
寒きもの見たり無頼の目つきして 楠本憲吉 隠花植物
寒き今日母校の厠にほひせり 阿波野青畝
寒き作業衣着けし體温負くるまじ 三橋敏雄
寒き個となりきる双手ポケツトに 岡本眸
寒き光織子の頬の総生毛 橋本多佳子
寒き光芒吾に見えざる海照らす 山口誓子
寒き別離安全帯を固く締め 西東三鬼
寒き喪の言問橋を渡りけり 山田みづえ 草譜
寒き国に咲くがさだめや寒桜 山口青邨
寒き坑車吾と鉱夫と凭れあふ 山口誓子
寒き壁と遊ぶボールをうち反し 橋本多佳子
寒き家に住み馴れがほや置炬燵 松本たかし
寒き家少年兄弟格闘す 三橋敏雄
寒き富士ゆふばえにつゝあなかそか 日野草城
寒き寝にひとの黒子を憶ひ出づ 伊丹三樹彦
寒き尾燈次々と吸ひ鯖街道 能村登四郎
寒き山見てうつくしき海にあり 飯田龍太
寒き峡親猿子猿背を丸め 山口誓子
寒き影曳き合ひ行途なき如し 石塚友二 光塵
寒き戒壇人が恋しくなりて降る 橋本多佳子
寒き手やいよいよ恃むわが生きて 石田波郷
寒き手や人の歯を抜き字を書かず 西東三鬼
寒き故くれなゐ色がうち沈む 細見綾子 桃は八重
寒き日と云ふより木等のさわぐ日よ 細谷源二 砂金帯
寒き日に「寒さ」うたひし遊女の碑 能村登四郎
寒き日のひとでを拾ふ色ケ浜 能村登四郎
寒き日の暮やごろりと雲が鳴る 三橋敏雄
寒き日の林のはづれ梅の花 岸田稚魚 紅葉山
寒き日の畳の蠅が這ひ出しぬ 臼田亜浪 旅人 抄
寒き日の縄丸められ束子となる 能村登四郎
寒き日の道々思ふ人のこと 廣瀬直人 帰路
寒き日の鴉黒くわれは男なり 中川一碧樓
寒き日も我に暇の多かりき 相生垣瓜人 微茫集
寒き日や亡姉の鏡出して見る 村山故郷
寒き日や小便桶のあふれ居る 村上鬼城
寒き日を土の達磨に向ひける 正岡子規 寒し
寒き日を書もてはいる厠かな 正岡子規 寒し
寒き日を汝よと落し骨納め 古沢太穂 捲かるる鴎
寒き日を穴八幡に上りけり 正岡子規 寒し
寒き昼旋盤へ置くマーキロ雁 佐藤鬼房
寒き書架新旧の約もたれあひ 鷹羽狩行
寒き枕煩に堪へざる者は死すべし 中村草田男
寒き枕辺亡母へ金貨並べし夢 中村草田男
寒き檻充たす孔雀の翼拡げ 津田清子 礼拝
寒き母持物すべて胸に抱き 中村草田男
寒き江に皮つき貯木寄り合へる 山口誓子
寒き汽笛を先立てて信濃ロ 廣瀬直人
寒き沖そこに用ある舟が行く 山口誓子
寒き沖太き汽笛に応へしか 山口誓子
寒き沖見るのみ生狂ひもせず 山口誓子
寒き浜犬嗅ぎあひて別れ去る 山口誓子
寒き海祷りはそこに寄りてする 山口誓子
寒き灯におぞましう泣く醜女かな 日野草城
寒き灯に鼻低う寝し女かな 日野草城
寒き灯を師に傾けて片身引く(遺影壁間にあり) 飯田龍太
寒き燈にみどり児の眼は埴輪の眼 篠原梵 年々去来の花 皿
寒き燈にわが荷ちひさく人の家 鷲谷七菜子 黄炎
寒き生徒校庭の霜に乱れ歩く 日野草城
寒き田へ馳くる地響牛と農夫 西東三鬼
寒き眼の何に縋れる一病者 石田波郷
寒き砂にわづかを見せし石愛す 能村登四郎
寒き窓きちがひ少女うしなはず 西東三鬼
寒き窓に声かけて行く朝 尾崎放哉 大正時代
寒き肉体道化師は大き掌平たき足 橋本多佳子
寒き舷に闇を見飽かぬ若人ら 津田清子 礼拝
寒き船上遊歩引返し引返し 三橋敏雄
寒き花白臘草城先生の足へ 西東三鬼
寒き茜妻には言はぬ嘔吐感 右城暮石 句集外 昭和四十一年
寒き落暉群を離るる緬羊なく 橋本多佳子
寒き記憶房朱き子の喇叭にも 伊丹三樹彦
寒き貌して人混みの人となる 楠本憲吉 隠花植物
寒き貌列車乗り来る林檎はむ 角川源義
寒き部屋なるにかまはず釘打てる 岸田稚魚 雁渡し
寒き部屋なるをかまはず釘打たる 岸田稚魚 負け犬
寒き闇手を伸べて置く毒だんご 飯田龍太
寒き雁つゞけざま落ち真野灯る 阿波野青畝
寒き雨降りあたためし息を吐く 岸田稚魚 紅葉山
寒き電車吾子の受持教師ゐき 石田波郷
寒き頬に白粉浮けりバスガール 日野草城
寒き顔明らむまで掌握りしむ 岸田稚魚 負け犬
寒き風吹けばきりりと面あげ 星野立子
寒き黙胸中をゆく走り書き 加藤秋邨
寒くいとし児のぼんのくぼ指に触れ 山口誓子
寒くして汐水真水分ちなし 右城暮石 声と声
寒くして隣人の愛忘れゐし 能村登四郎
寒くたのし鋏切る音針落つ音 中村草田男
寒くて此の子寒くないと云う昇る日を待つ 荻原井泉水
寒くて醒めて猪の足音覚えている 金子兜太
寒くともただ老友の句精進 阿波野青畝
寒くなりさきの遍路も居ずなりし 阿波野青畝
寒くなりね顔をあげれば雨が降る 大野林火 方円集 昭和五十一年
寒くなり月見る興も失ひき 相生垣瓜人 明治草
寒くほそく運河をたたく排水音 佐藤鬼房
寒く剃り寒く呟やく「還暦か」 楠本憲吉 方壺集
寒く淡し父子の夕影重ねても 香西照雄 対話
寒く笑って 通夜の線香の継ぎどき 知る 伊丹三樹彦
寒けれど不二見て居るや阪の上 正岡子規 寒し
寒けれど富士見る旅は羨まし 正岡子規 寒し
寒けれど酒もあり温泉もある處 正岡子規 寒し
寒けれは木の葉衣を參らせん 正岡子規 寒し
寒さうな人の立ちたる花時計 後藤比奈夫
寒さうな外の草木やガラス窓 正岡子規 寒し
寒さうな顔にはじまる授業かな 稲畑汀子
寒さうに上げてくれたる神楽かな 後藤比奈夫
寒さうに母の寐給ふ蒲團哉 正岡子規 蒲団
寒さうに皆きぬきぬの顏許り 正岡子規 寒し
寒さうに語る夕日の木こり哉 正岡子規 寒し
寒さうに金魚の浮きし日向哉 正岡子規 寒し
寒さうに鳥のうきけり牛久沼 正岡子規 寒し
寒さころがる落葉が水ぎわでとまつた 尾崎放哉 須磨寺時代
寒さなかなにもたらすや破軍星 雨滴集 星野麥丘人
寒さにぞ附け廻されてゐるらしき 相生垣瓜人 明治草
寒さには俗ならぬものありながら 相生垣瓜人 微茫集
寒さには弱き背筋に生れつき 後藤比奈夫
寒さにもただ従うてゐるばかり 後藤比奈夫
寒さのみ庖丁の音皿の音 細見綾子
寒さの中息つめゐしが処刑延ぶ 山口誓子
寒さひしひしことしは弱し草よりも 山口青邨
寒さやか双掌に乳房弾ませて 加藤秋邨
寒さやか朝の涙はあざむかず 加藤秋邨
寒さゆるむ城公園の茹で卵 右城暮石 句集外 昭和三十七年
寒さより来る疲れもある如し 相生垣瓜人 微茫集
寒さをも主とせむと思ふなり 相生垣瓜人 微茫集
寒さをも菊人形は生き心地 平畑静塔
寒さ云ふきつかけとして水たまり 岡本眸
寒さ凝る岩山の窟死者の窟 山口誓子
寒さ受くまゝに椿の葉重なり 右城暮石 声と声
寒さ堪へがたし妻子待つ灯に急ぐ 大野林火 早桃 海風抄
寒さ堪へねば切屑ぬくみにあたたまる 大野林火 早桃 太白集
寒さ嫌ひにんじん嫌ひ人嫌ひ 上田五千石『琥珀』補遺
寒さ疲れ線香煙らしてながめけり 渡邊水巴 白日
寒さ眼にべつこう店の夕あかね 松崎鉄之介
寒さ見詰めて妻あり次子の生れんとす 中村草田男
寒さ質受けしておのが香をかぐ 種田山頭火 自画像 落穂集
寒しづもり燈る海道犬馳せすぐ 佐藤鬼房
寒しとて 喪の靴下のまま 寝込む 伊丹三樹彦
寒しとはこの世のことよ墓拝む 星野立子
寒し声、これやこれ鳥の声なり 荻原井泉水
寒し暗し時雨の菊も目に入らず 加藤秋邨
寒し熱しわらはやみこそ新枕 正岡子規
寒といふ文字の一劃一劃の寒さ 富安風生
寒の入と聞て俄の寒サ哉 正岡子規 寒さ
寒天の乾く寒さに逢ひにゆく 後藤比奈夫
寒明けの寒さの更にくり返し 高浜年尾
寒暖計よりも寒さに聡くして 相馬遷子 山河
寒月や山を出る時猶寒し 正岡子規 寒月
寒気いま墓より高き人の丈 飯田龍太
寒気だつ合歓の逢魔がときのかげ 川端茅舎
寒気とて邪気や妖気の類あり 相生垣瓜人 明治草
寒気とは日の暮れてゆく花八ツ手 飯田龍太
寒気に柝戸毎ゆたかな湯気に濡れ 飴山實 おりいぶ
寒気の中怒ればこゑの鶏に似て 岸田稚魚 雁渡し
寒気の中鉄路目覚ます転轍音 上田五千石『田園』補遺
寒気の香月にまさり来雨戸閉づ 野澤節子 未明音
寒気蹴立つ一身盾に屈背記者 赤尾兜子 蛇
寒牡丹寒さのひゞくくれなゐか 細見綾子
寒牡丹花了りたるあとの寒さ 津田清子
寒聲や横頬寒き小夜嵐 正岡子規 寒声
寝ねむとして得し句を寒く誌すなり 安住敦
寝るまへの呟き寒く聞かれたれ 安住敦
寝不足の故にも寒しお葬式 高田風人子
寝巻換ふに口衝き出づる寒さかな 石塚友二 方寸虚実
寡黙もて沼の寒さを共有す 岡本眸
寢殿に蟇目の音の寒さ哉 正岡子規 寒さ
寫し見る鏡中の人吾寒し 正岡子規 寒し
將門の都睨みし山寒し 正岡子規 寒し
小き暈被て月寒し炭車 日野草城
小刻みに寒さ行く犬多乳房 山口誓子
小市民金を預けて出て寒し 日野草城
小手寒し麦播きをれば貧迫る 小林康治 四季貧窮
小枕に仮りねのさむき御祭風かな 飯田蛇笏 霊芝
小気味よき寒さとなりぬ年の暮 星野立子
小諸さむし風に吹かれて肩こりて 星野立子
少し寒く少し時雨れて旅終る 高野素十
少女等も硬ばりさむき面起せる 篠原梵 年々去来の花 皿
屋上に双手はばたき医師寒し 西東三鬼
山が根を張つて寒いこの日苗代 中川一碧樓
山に飛ぶもののほろりと寒さ来る 廣瀬直人 帰路
山の五月は寒しとばかり昼をこやる 臼田亜郎 定本亜浪句集
山の日の霧に捲かるる朝寒き 臼田亜浪 旅人 抄
山の星海は寒しとかたまるよ 岡本眸
山の湖の寒さに堪へず炭つぎぬ 村山故郷
山上湖とゞろ波立ち日の寒き 石塚友二 方寸虚実
山国の寒き火箸を灰にさす 廣瀬直人 帰路
山国や寒き魚介の小商人 飯田蛇笏 山廬集
山城に睨まれて居る寒さ哉 正岡子規 寒さ
山奥に迷ひ込みたる寒さかな 稲畑汀子
山富みて谷に雨降る寒気かな 金子兜太
山寒く無風の竹の蒼鴉 飯田龍太
山寒し年改まる三日前 飯田龍太
山寒し樵夫一人下りて行く 正岡子規 寒し
山見えて滅法寒き厠窓 草間時彦
山里は李さく頃の寒さ哉 正岡子規 李の花
山風にほうと立つたる寒さ哉 正岡子規 寒さ
山風に鶴が啼いたる寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
山風の水うつて寒き田植かな 山口青邨
岩壁にむかへば寒気柱なす 上田五千石 田園
岩寒し殘暑の空へ五十丈 正岡子規 残暑
岬に来て燈台へなほ寒き闇 大野林火 白幡南町 昭和三十年
岸壁にむかへば寒気柱立つ 上田五千石『田園』補遺
峡深し日裏の寒さひそむ朝 稲畑汀子
島の根に流燈の明(めい)寒さ凝る 佐藤鬼房
崖の木木寒き根を垂らし乾きたり 加藤秋邨
巌も肌さむくなつた湯の肩ふかく浸り 荻原井泉水
川の面やたゞ寒き波流れをり 清崎敏郎
川上は川下はばつと寒さ哉 正岡子規 寒さ
川上も川下もばつとして寒し 正岡子規 寒し
川下やいつまで寒き臘細工 橋閒石
川下やいつまで寒き蝋細工 橋閒石 卯
川烏の喧嘩いつ果つ巌寒し 原石鼎 花影
川縷々と寒き行方のあるごとし 鷲谷七菜子 一盞
川風のあまりに寒し都鳥 星野立子
左義長にこごせは大いなる寒さ 右城暮石 句集外 昭和十一年
市の灯に寒き海鼠のぬめりかな 村上鬼城
師の留守の編輯室の寒き壁 松崎鉄之介
師を恋えば並びて寒し竹の艶 楠本憲吉 孤客
帰り来て別の寒さの灯をともす 岡本眸
帰り来て母寝てあれば寒き部屋 松崎鉄之介
常処女輝子の忌なり雨寒き 日野草城
干魚のすぐさま焦げし寒き夕 三橋敏雄
年の瀬や旅人さむき灯をともす 飯田蛇笏 山廬集
年寒し死なれて困る人に死なれ 安住敦
広告塔寒き甍を踏まへ立つ 伊丹三樹彦
広肩の畏む寒さ神輿彫 林翔 和紙
床の間に櫁の青き寒さ哉 正岡子規 寒さ
庭の内しづかに寒き焚火かな 三橋敏雄
庭の月晝のやうなる寒さ哉 正岡子規 寒さ
庭上の寒さ初めや茶の蕾 右城暮石 句集外 昭和二年
廃船に天水すこしそれも寒し 西東三鬼
廃艦の名前変りし寒さかな 日野草城
廓出て仕置場を行く寒哉 正岡子規 寒さ
廓行きの車夫にぬかれる寒さ哉 正岡子規 寒さ
弾痕に静かなる天ややさむし 加藤秋邨
影寒く一葦の水を跨ぐかな 佐藤鬼房
往来でつくる刺身や都心さむく 中村草田男
往診の行きつゝ寒き岸照らす 山口誓子
待つ宵を鏡に向ふ寒さかな 正岡子規 寒さ
後の月右に有磯の海寒し 内藤鳴雪
御格子に切髪かくる寒さ哉 正岡子規 寒さ
御格子に切髪さげる寒さ哉 正岡子規 寒さ
御灯青く通夜の公卿衆の顏寒き 正岡子規 寒し
御船前に眞榊隱れ灯の寒き 正岡子規 寒し
御船前や眞榊隱れ灯の寒き 正岡子規 寒し
心せし京の寒さに会はず去る 石川桂郎 高蘆
心頭にこびりつきたる寒さあり 相生垣瓜人 明治草抄
忌に叶ふ如き寒さの到りけり 右城暮石 句集外 昭和十六年
念佛に紛らして居る寒さ哉 正岡子規 寒念仏
思ひやる都のあとの寒さ哉 正岡子規 寒さ
思ひ出すことの一つにこの寒さ 岡本眸
思ひ屈し寒さに屈し今日を居り 松本たかし
思ふほど伸びざる波を寒く見き 岡本眸
急に寒さ加はり壁のビラ目立つ 右城暮石 句集外 昭和三十年
急に寒しマッハ族跳梁して 右城暮石 句集外 昭和三十四年
恋ふ寒し身は雪嶺の天に浮き 西東三鬼
恩人の亡し歳月寒く残りたり 村山故郷
悉く人に名のある寒さかな 藤田湘子 てんてん
患者食往来の寒さ窓に見て 石川桂郎 四温
悲しさに寒さも及び到るまじ(三瀚子令嬢を失はる) 細見綾子
悲しさも寒さも家は海に沿ふ(青々先生逝去) 細見綾子
惜しむらく風寒し花は見頃にて 石塚友二 磊[カイ]集
想寒し親子ランプの親を消し 上田五千石 風景
意味もなし寒きホームの端に来て 岡本眸
慇懃に金貸す銀行出て寒し 相馬遷子 雪嶺
慈姑煮て寒き畷を思ひけり 百合山羽公 故園
憤るときさむし煙草をおもひ出 加藤秋邨
懐炉二つ残る寒さを歩きけり 前田普羅 普羅句集
懺悔室に入らばや寒さひしひしと 山口青邨
我が肌抱きめざめぬ菊さむく 石田波郷
我寒し君はた歸りきませとよ 正岡子規 寒し
我顔のうつりて寒き清水哉 正岡子規 清水

以上

by 575fudemakase | 2017-02-10 19:10 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26622992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング