寒し 補遺 その2

寒し 補遺 その2

或る部屋に目醒めて寒し女の書架 秋元不死男
戻り来て留守のわが家の寒さなり 鷹羽狩行
戻るたびさむく四角きわが部屋なる 篠原梵 年々去来の花 皿
扉を開けて倉庫の寒さ低唱す 藤田湘子 途上
手の寒さ江の家々に燈はあれど 山口誓子
手の寒さ駅構内の広ければ 山口誓子
手をたれて寒くもあらぬ花圃に出ぬ 飯田蛇笏 霊芝
手を別つ寒き並木は根の如し 西東三鬼
手を合せ寒き形の僧尼僧 高野素十
手を垂れし影がわれ見る壁寒し 秋元不死男
手を洗ふ寒い桜を見て戻り 岡本眸
手車と寒き提灯と帰るのみ 秋元不死男
打ちし記憶ある頬寒く白布下に 能村登四郎
扣所に呼出しを待つ寒哉 正岡子規 寒さ
投げて下さつた一銭銅貨の寒い音だつた 種田山頭火 自画像 落穂集
拓きゆく寒気や一歩ごとに閉づ 野澤節子 未明音
指の反りさむくかなしげ伎藝天 加藤秋邨
指の皺よごれやすけくさむき日々 篠原梵 年々去来の花 皿
捨て湯の香明日晴れ寒さ極まらむ 能村登四郎
掛けられて汝に浮世の風寒し 正岡子規 寒し
掛られて汝に此世の風寒し 正岡子規 寒し
掛乞の帽子忘れし寒さ哉 正岡子規 掛乞
採石場寒しと犬も近寄らず 山口誓子
揃へたる膝寒くゐて良寛像 能村登四郎
揉み手もする修尼と 分つ 朝の寒さ 伊丹三樹彦
提灯寒し照らし出されて仏たち 赤尾兜子 蛇
摺鉢を海鼠匍い出す寒さかな 正岡子規 海鼠
放心の渓の深さが寒さとなる 右城暮石 句集外 昭和二十三年
放浪のさむき饗宴人に見られ 山口誓子
故郷の寒さを語り給へとよ 正岡子規 寒さ
故里の入口寒し亂塔場 正岡子規 寒し
散紅葉はなやかなれば苔寒し 日野草城
断崖裡鵜の海さむき銀となる 中村草田男
新しき電柱町をさむくせり 大野林火 青水輪 昭和二十五年
新宅の其頃出來し寒さ哉 正岡子規 寒さ
新宅の柱卷きある寒さ哉 正岡子規 寒さ
新棉の荷をこぼれ出る寒さ哉 正岡子規 新棉
新田に家建ちかゝる寒さかな 正岡子規 寒さ
新築の窓に墨つく寒哉 正岡子規 寒さ
旃檀の實ばかりになる寒さ哉 正岡子規 寒さ
旅なれや花にさむしと書くばかり 石橋秀野
旅わらじ解きけむ石か見のさむき 伊丹三樹彦
旅寒くして火の合図君には死 佐藤鬼房
旅籠屋の我につれなき寒さ哉 正岡子規 寒さ
旗手山の松寒し裸山の中 河東碧梧桐
日々歩めど東京寒くなじみうすし 松崎鉄之介
日が暮れてさむくなりけり茸汁 三橋敏雄
日の出殊に寒き刻なる農家族 右城暮石 声と声
日の尾根の太虚に亙り寒き聯 木村蕪城 寒泉
日をのせて川波寒く流れをり 清崎敏郎
日向さむし唐辛子干しひろげても 草間時彦
日向より園児消えれば寒き町 飯田龍太
日寒し海苔の巖の青ければ 清崎敏郎
日当りて沖の寒さを身近にす 岡本眸
日当れば日当る寒さ冬紅葉 後藤比奈夫
日暮れは寒し足下の街に馬集まり 金子兜太
日曇りてしばし寒さの寄すばかり 石塚友二 方寸虚実
日曜日寒き虹見しと呟き寝る 西東三鬼
日月の隠れてさむき鵜飼船 飯田蛇笏 山響集
日本海虜囚に遠く寒く流れ 松崎鉄之介
日直に鴉が寒き面会者 鷹羽狩行
日落つればがたと寒しや山の寺 星野立子
日雀来てすぐ去る寒き日なりけり 水原秋櫻子 晩華
旭のうつる河岸裏寒し角田川 正岡子規 寒し
明日が寒しペツトボトルを一つ抱き 後藤比奈夫
星こぼす天の河原の寒さかな 正岡子規 寒さ
星天のおぼろに寒し隠密行 相馬遷子 山国
星寒き碑にぬかるみにぼくらの靴 古沢太穂 火雲
星寒し人の言尻胸に尾を 石塚友二 方寸虚実
星消えて暁梅の寒さかな 正岡子規 梅
星絶えず飛んであら野の寒さかな 正岡子規 寒さ
映画館いくつ出来ても街寒き 後藤比奈夫
昨夜真赤な満月ありき東国寒し 金子兜太
昼さむし灯のなき道と気づくより 岡本眸
昼の闇のさむき香古書の香にかよふ 中村草田男
昼寒く帝の傍へもとほり来 渡邊白泉
時として黄色は寒しフリージア 後藤比奈夫
時化寒い海道の燈よ産屋しづか 佐藤鬼房
晒されて楮だんだん寒くなる 後藤比奈夫
晴れて寒しこころにひとを抹消し 上田五千石 天路
暁けの波ひたすらなれば寒きびし 岡本眸
暁寒くコップに水の残り死す 石田波郷
暗き故寒き故死ぬる海ならず 山口誓子
暮るゝ天ものなくさむきかぜ作る 山口誓子
暮れてゆく明石平野の藺田寒く 山口青邨
暮れて着きぬ癩園さむき燈のもとに 大野林火 青水輪 昭和二十六年
曇り日寒し赤土の山を下り 廣瀬直人 帰路
曇れば寒し肩広くわれら岬を去り 金子兜太
曉寒く枯るゝ命をめぐり坐す 石橋秀野
曳き船に寒い逆光煤ふる湾 佐藤鬼房
曳くよりも曳かるる船の寒さかな 鈴木真砂女 紫木蓮
書を読んで寒しといひて温泉に来る 上村占魚 球磨
書楼出て日さむし山の襞を見る 飯田蛇笏 霊芝
月さして古蚊帳さむし十六夜 村上鬼城
月さむくあそべる人や萩の宿 飯田蛇笏 霊芝
月さむしパンを抱けるロシヤ人 加藤秋邨
月にまでぼうと寒さの靄上がる 右城暮石 句集外 昭和十四年
月の雲ちぎれて飛びし寒哉 正岡子規 寒さ
月光を浴びればさむし月見酒 草間時彦 櫻山
月夜は雲もなくて山の寒い湯宿の菜ばたけ 荻原井泉水
月寒く疾風草を吹きやまず 日野草城
月寒しことわられたる獨旅 正岡子規 寒し
月寒し宿とり外すひとり旅 正岡子規 寒し
月寒し戦装の兵等との別れ 石塚友二 方寸虚実
月寒し木葉衣を風わたる 正岡子規 寒し
月寒し袈裟打ち被る山法師 内藤鳴雪
月曜はさむし新し壺にバラ 平畑静塔
月落ちて入り江は寒し舟一つ 正岡子規 寒し
月近く覗いて寒し山の寺 正岡子規 寒し
朝つくる大砲寒き門邊哉 正岡子規 寒し
朝のうどんすすれり寒き海を前 佐藤鬼房
朝寒き背中吹かるゝ野風哉 正岡子規 朝寒
朝寒くなりしよ粟を刈りに行く 細見綾子 桃は八重
朝寒くなりぬ箸とる汁の澄み 臼田亜郎 定本亜浪句集
朝寒し汁粉くふべき人の顏 正岡子規 朝寒
朝日さす材木河岸の寒さかな 正岡子規 寒さ
朝起の鏡に寒し梨の花 正岡子規 梨の花
朝風のさゞなみ寒きさくらかな 日野草城
木々寒し群ら立つ茸に雨の矢を 飯田龍太
木のあひに星のきらつく寒さ哉 正岡子規 寒さ
木の実売りに寒き舗道がよこたはる 加藤秋邨
木六駄の寒さをもらふ橋懸 能村登四郎
木匠の錐を揉みたるあとは寒し 山口誓子
木匠は寒きなりはひ鉄の規矩 山口誓子
木場の風寒し焼藷車をり 山口青邨
木彫仏寒き顔伏せ心伏せ 廣瀬直人 帰路
木曽はさすがにまだ寒い雨の水嵩 種田山頭火 自画像 落穂集
木曾谷の木魂の寒さ相よべり 加藤秋邨
本漁ればいつも青春肩さむし 古沢太穂 火雲
朱鷺も殖え鶴も殖え国寒くあり 藤田湘子 てんてん
杉寒し枯葉しきりに吹き落ちて 松本たかし
杉山に入るや寒気が耳ふさぐ 能村登四郎
杉苔の寒き緑や冬の雨 日野草城
村人は寒き砂漠に腰卸す 山口誓子
杜国の墓賽銭を置く寒さかな 飯島晴子
東京の中よりくらくさむき東京現れたり 篠原梵 年々去来の花 皿
東京焼く火明りさむく星消したり 大野林火 早桃 太白集
松かさの落ちたるまゝの寒さかな(法隆寺二句) 細見綾子
松すぎの寒さもどしぬ堰の上 石川桂郎 高蘆
松に帆や雪消の磯家まださむし 飯田蛇笏 山廬集
松寒し樓門兀て矢大臣 正岡子規 寒し
松山の城を見おろす寒哉 正岡子規 寒さ
松葉杖塗剥げて伊勢寒き日に 山口誓子
松過ぎの寒さ白日たぎる潮 渡邊水巴 富士
板裏草履飲食うれしと寒き足踏(たたら) 中村草田男
枇杷の葉に寒さ添ひ来し翁の日 右城暮石 句集外 昭和二年
林檎寒くまろぶ都に生きがたく 角川源義
林檎赤し寒く貧しく国の果 福田蓼汀 山火
果樹の国に父祖の田を守る寒さかな 河東碧梧桐
枯れ殘る角寒げ也鉦の聲 正岡子規 寒し
柝を打ちやめればただの寒き男 伊丹三樹彦
柩寒く仏顔玉の如くなり 日野草城
柱鏡に風見えてゐる朝寒し 臼田亜郎 定本亜浪句集
柿の實の火ともえいでて寒さ哉 正岡子規 寒さ
柿喰ふや鵯の啼く音は寒しとふ 臼田亜郎 定本亜浪句集
校庭を寒き桜の木が囲む 廣瀬直人 帰路
案内せむ丘などあれど今日さむく 及川貞 榧の實
桜餅人の寒さに匂ひいでし 渡邊水巴 白日
梅さむしひとりの仕事はかどらず 燕雀 星野麥丘人
梅さむし捨て灰水にひろごりて 能村登四郎
梅さむし金襴の袈裟畳まれて 松村蒼石 雪
梅の花寒水石の寒さかな 正岡子規 梅
梅咲いて寒き日つづく机かな 草間時彦
梅寒き日野草城の忌なりけり 安住敦
梅寒く納屋も蚕部屋も片附きて 松本たかし
梅寒しいもうとも亡き人の数 石塚友二 玉縄以後
梅寒し焚火うち消す水白う 木村蕪城 一位
梅寒し研げば現る金蒔絵 松本たかし
梅寒し硝子戸の中シャツ干され 岡本眸
梅寒し見下ろす町に砂塵たつ 松本たかし
梅山の寒さを藪につき当る 右城暮石 句集外 昭和十一年
梅散て苔なき庭の夕寒し 正岡子規 梅散る
梅散りて鶴の子寒き二月かな 内藤鳴雪
梅林の寒さをこらへ切れざるよ 右城暮石 虻峠
梅白し暖かき日も寒き日も 原石鼎 花影
梅見に出ても寒く一生の連にはならぬ女と 荻原井泉水
梅過ぎの寒さよ人に遠ざかり 細見綾子 桃は八重
梅雨さむき堀江の宿の掛け鏡 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
梅雨さむく吾子の手彌陀にゆだねけり 飯田蛇笏 白嶽
梅雨さむく消壺鳴るや幾寝覚 飯田龍太
梅雨さむく犬が飯食ふわれを見る 加藤秋邨
梅雨さむしバスかきくゞる小買物 石橋秀野
梅雨さむし数へて十にたらぬ鶏 上村占魚 鮎
梅雨さむし鬼の焦げたる鬼瓦 加藤秋邨
梅雨めく日寒き日選挙近づけり 相馬遷子 雪嶺
梅雨寒く小蕪真白く洗はるゝ 鈴木真砂女 生簀籠
梅雨寒し教会堂の昼の鐘 上村占魚 鮎
梅雨寒し猫が手紙を跨ぐ見て 石川桂郎 高蘆
梟や肩さむしとて寝がえるに 古沢太穂 古沢太穂句集
梨花の雪どびの雪翠簾の夢寒し 正岡子規 梨の花
森の上に富士見つけたる寒さかな 正岡子規 寒さ
椀一つ足らずと探す寒さかな 杉田久女
椅子固し寒し帰心を隠しつつ 岸田稚魚 負け犬
椋鳥の下に静かな寒気を展べ 廣瀬直人
検温の暁さむく蘭にほふ 水原秋櫻子 餘生
楼さむく韓の火砲のかなしさよ 山口誓子
楽士現れ調音さむく照射さる 伊丹三樹彦
槍持の槍かつき行く寒さ哉 正岡子規 寒さ
樹の上の大きな寒気甲斐の空 廣瀬直人
橋にゐて苗代寒といふ寒さ 森澄雄
機関車が身もだへ過ぐる寒き天 西東三鬼
櫓押す声のみ夕寒き波に響けり 種田山頭火 自画像 層雲集
櫛ひろふ手を水寒くこぼれけり 飯田蛇笏 山響集
歌もなきこゑごゑ風に似て寒し 岸田稚魚 負け犬
此団居凡兆の居ぬ寒さかな 内藤鳴雪
此寒さ神經一人水の中 正岡子規 寒さ
此頃の富士大きなる寒さかな 正岡子規 寒さ
武士の寒き肌や大灸 前田普羅 普羅句集
武藏野の明星寒し葱畑 正岡子規 寒し
歩を移しさむき樹の間に御垣守る 山口誓子
歯茎見せ笑ふ一望の寒き田園 右城暮石 句集外 昭和三十三年
歳寒く貧厨魚を焼くことあり 日野草城
歳寒く遺稿に落す涙かな 日野草城
死にべたといふ語の寒く撲ちにけり 富安風生
死ぬまでは生きて遺書あり花寒き 岡本眸
死者の山下りて生者の寒き村 山口誓子
死者の山生者の通る寒き道 山口誓子
死者搬び出されて寒きものの屑 斎藤玄 狩眼
死顔に涙の見ゆる寒さかな 大野林火 海門 昭和七年
殉教者に天国さむき露のいろ 飯田蛇笏 霊芝
残りゐし寒さも悔もはろかなり 上田五千石『天路』補遺
段梯子軋む寒さを寝に戻る 橋閒石 雪
殺戮の地やただ寒し何もなし 岡本眸
殿さむく韓の槍旗は燃えて立つ 山口誓子
母の目や軽便さむく吾去れば 石田波郷
母病んで粥をたく子の寒さ哉 正岡子規 寒さ
毎年よ彼岸の入に寒いのは 正岡子規 彼岸
毒籠を靜めて淵の色寒し 正岡子規 寒し
比叡の空夕焼さむき師走かな 村山故郷
比叡愛宕この空間に寒さ凝る 山口誓子
比良伊吹雁寒きころを旅 森澄雄
水そのまま胃に降りてゆく寒さかな 飴山實 おりいぶ
水のんで湖国の寒さひろがりぬ 森澄雄
水の匂ひ空の匂ひの寒気なる 大野林火 潺潺集 昭和四十年
水仙や何より寒き日がかなし 百合山羽公 故園
水仙や贏弱の身にこの寒さ 日野草城
水取のけふを知らねばただ寒し 百合山羽公 樂土
水取のはじまる寒さ言ひつつ死す 右城暮石 句集外 昭和二十六年
水寒く映らぬ顔は映さざり 石川桂郎 高蘆
水寒く石あたたかく冬の園 後藤比奈夫
水引いて寒いきいきと山の口 上田五千石『風景』補遺
水枕ガバリと寒い海がある 西東三鬼
水流を橋に踏まへて梅寒し 上田五千石『琥珀』補遺
水涸れて橋行く人の寒さ哉 正岡子規 寒さ
水草生ひものの芽そろふとも寒し 上田五千石『天路』補遺
水音の枕に落つる寒さ哉 正岡子規 寒さ
水鳥の潟に鳴きよる寒さかな 右城暮石 句集外 昭和二年
汐引いて棒杭寒き入江かな 正岡子規 寒し
汗寒く拝むや涙おのづから 石塚友二 方寸虚実
江がありてちかづくにつれ手の寒さ 山口誓子
江に向いて一膳飯の店寒し 正岡子規 寒し
汽笛とは寒さの極みにて鳴れる 後藤比奈夫
汽車寒くゆく林中に別の老婆 飯田龍太
汽車寒し前なる人は聖書読む 山口青邨
沖遠しかがみて寒き貝を掘る 西東三鬼
河寒し鉄橋を検見しつつ渡る 伊丹三樹彦
河骨の浮葉か寒し濃むらさき 石川桂郎 高蘆
油焔寒し廃塩田の水の皺 原裕 葦牙
沼寒し手賀の魚拓の墨のいろ 阿波野青畝
泡沫のみ輝き寒い海となる 有馬朗人 母国拾遺
波たてずゆく大鯉の寒さかな 渡邊水巴 富士
波百句詠まんと寒き波に立つ 鈴木真砂女
波郷亡しや在りとうなづく月寒し 林翔 和紙
泥炭をもつて国土とせし寒さ 後藤比奈夫
泥舟の二つ竝んで川寒し 正岡子規 寒し
泳げねば川風さむくゐる葭間 大野林火 海門 昭和八年
洋服の足よりひゆる寒さ哉 正岡子規 寒さ
洗ふごと寒し松葉の降りつもる 右城暮石 声と声
津軽女等やませの寒き頬被 富安風生
流木の行くを天日寒く瞰(み)る 松本たかし
浜名湖の何より寒き石鰈 百合山羽公 寒雁
浪白くなりて寒しや磯遊 福田蓼汀 山火
浪華江の寒さ見て来よまた帰れよ 原石鼎 花影
海ありて寒さも星もたしかなり 津田清子
海いかに寒きや漁火を見せじとす 山口誓子
海さむし香水の香の帰路は失く 岡本眸
海に出て別れしあとの星寒し 秋元不死男
海の寓寒しラジオにもの云はせよ 山口誓子
海の村寒き金星一顆のみ 山口誓子
海へ 海へ と さむき 人の咳 富澤赤黄男
海べりの寒さテレビの白画面 山口誓子
海をあがりし寒さ夕づく蝉時雨 村山故郷
海女潜き俄に寒し芥子の花 角川源義
海寒く広し父消え母消えて 津田清子
海寒く雑賀と毛見の隔たれり 山口誓子
海寒し牧師も終着駅に着く 秋元不死男
海底の隆起におのが寒き影 佐藤鬼房
海蛇と我等に寒き安息日 有馬朗人 母国拾遺
海辺より湧きて焔の声寒し 飯田龍太
涙さへ盡きて餘りの寒さかな 正岡子規 寒さ
淋しさに馴れてゆく日々寒さにも 稲畑汀子
淋し寒し出羽の清水後の月 河東碧梧桐
深く寒し草城先生焼かるる炉 西東三鬼
深川は埋地の多き寒さ哉 正岡子規 寒さ
淵瀬より黒々のぼる寒き山 松村蒼石 雁
清潭の居る山寒し獅子の声 正岡子規 寒し
渚ゆきし牛の足跡深く寒し 石田波郷
温泉煙の朝の寒さや家鴨鳴く 河東碧梧桐
湖の風寒し柿の芽やうやくに 山口青邨
湖寒し弥次郎兵衛ざま畦踏めば 石川桂郎 高蘆
湿原に汽車の団煙さむく残る 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
滝しぶき寒し炎天を来て遊ぶ 村山故郷
滝の茶屋にそゞろ昼寝の足寒し 正岡子規 昼寝
滝爪立ち寒きみなかみ覗くなり 西東三鬼
滴りの涼しと思ふ寒しと思ふ 山口青邨
漁さむし青竹ほかは鉄製具 岡本眸
漁師見て来て百姓の顔さむし 右城暮石 声と声
漁火なくば海と思はず暗く寒し 山口誓子
漁火寒し歩を近づくることもなく 山口誓子
漣といふ重ならぬ寒きもの 岡本眸
澗声のきりきり寒き梅に逢ふ 富安風生
濁り眼の一瞥さむし縄なへる 鷲谷七菜子 花寂び
濠寒く越ゆ一騎あり流寒地帯 楠本憲吉 孤客
濤寒しうたひておらは雇人だ 大野林火 飛花集 昭和四十四年
瀧壺の白波翻す寒さかな 石田勝彦 雙杵
瀧涸れて日向に寒し山の不動尊 正岡子規 寒し
火の山に何かとらへむとして寒し 鈴木真砂女 夕螢
火を焚いて沼をいよいよ寒くせり 岸田稚魚 紅葉山
灯がともる廈(いへ)の表情昏れ寒く 西東三鬼
灯ぞ寒く馬こつこつと眠られぬ 伊丹三樹彦
灯ともせば梨の花散る寒さかな 正岡子規 梨の花
灯の寒きこのしら骨が波郷かな 加藤秋邨
灯を消すやもののくまぐま眼に寒し 松崎鉄之介
灯寒し蟹食べし指幾度も拭き 鈴木真砂女 夕螢
灰色の艨艟据り浪寒し 日野草城
炎天に聳えて寒き巌哉 正岡子規 炎天
炭ひけば寒さに向ふ思かな 松本たかし
炭取りに土間に降りたる寒さかな 尾崎放哉 大学時代
焔眼やお綿召す祖師寒くして 阿波野青畝
焚きつけて妻は何処へ朝寒し 尾崎放哉 大学時代
無人島なるべし寒き島なるべし 山口誓子
無学の責め前より寒気うしろより 中村草田男
焼場水たまり雲をうつして寒く 種田山頭火 草木塔
焼海老の鬼殼といふ酔寒し 佐藤鬼房
焼肉を麺麭を地に売る駅寒き 山口誓子
焼藷の車に寒さつきまとふ 百合山羽公 寒雁
煙草に火つけて寒さの紛れけり 後藤比奈夫
照り』仄る安達ケ原の寒き石 阿波野青畝
熱にすぐ膝冒されてセル寒し 下村槐太 天涯
熱燗や神幸待つに膝寒し 角川源義
燃えてゐるものまで寒き日なりけり 後藤比奈夫
燈ともせば闇はただよふ寒さとなれり 篠原梵 年々去来の花 皿
燈を匿し厦々さむく巨きくなりぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
燒跡に小屋かけて居る寒さ哉 正岡子規 寒さ
燒跡の柱焦げて立つ寒さ哉 正岡子規 寒さ
燭ゆらぐ肋ぞ寒き神の子に 西東三鬼
燭寒し屍にすがる聖母の図 西東三鬼
燭寒し身も世も愛の濃かれども 飯田龍太
爪切つて寒き座敷を立ちにけり 三橋敏雄
爪寒しこれのみ懈怠なく伸ぶよ 石塚友二 磊[カイ]集
爲朝のお宿と書し寒さ哉 正岡子規 寒さ
父の墓をふと寒しやと思ふ寝ねむとして 安住敦
父の屍の奈落へ寒き灯を垂れつ 小林康治 四季貧窮
父母の世の寒さのいろの堆朱彫 岡本眸
片よりて鳩の浮きゐる寒さかな 右城暮石 句集外 昭和二年
片側は海はつとして寒さ哉 正岡子規 寒さ
片寄れる萍寒き人影過ぐ 佐藤鬼房
牛寒し牛の間より島見えて 原裕 葦牙
牛糞の光て寒し冬の月 正岡子規 冬の月
牡丹の囲ひ解くに三月未だ寒し 安住敦
牡丹の芽にくれなゐの寒さあり 飯田龍太
牡丹開花今年は寒さ続きたる 細見綾子
牡蠣飯のうらに浜名湖浪さむし 百合山羽公 故園
牢を出て人の顏見る寒さ哉 正岡子規 寒さ
牢を出て再び寒し娑婆の風 正岡子規 寒し
牧守が寒し寒しと腕を組み 高野素十
物もなき神殿寒し大々鼓 正岡子規 寒し
物捨てに出でゝ干潟の寒さかな 河東碧梧桐
物言へぼさむしと芭蕉円空に 加藤秋邨
物部の手に劍寒し喪のしるし 正岡子規 寒し
犬の蚤寒き砂丘に跳び出せり 西東三鬼
犬吠て枯野の伽藍月寒し 正岡子規 枯野
犬吠の一天晴れし寒さかな 阿波野青畝
狂者等の寒さゆるめん術もなし 右城暮石 句集外 昭和二十六年
狐吊りて駅亭寒し山十勝 河東碧梧桐
狐火の湖水にうつる寒さ哉 正岡子規 寒さ
独活昃りて俄かにさむし谷のさま 原石鼎 花影
独遍路見しより寒し土讃線 能村登四郎
狹莚に機織鳴けば足寒し 正岡子規 機織
狼の糞見て寒し白根越 正岡子規 寒し
狼烟見る人の寒さや城の上 正岡子規 寒さ
猛禽舎さむし真白き抜羽毛 右城暮石 散歩圏
猟男のあと寒気と殺気ともに過ぐ 森澄雄
猪鍋のために弛まぬ寒さなり 百合山羽公 樂土
猫の子が猫になりゆき寒くなる 日野草城
猫寒く雨の浦安波こまか 原裕 葦牙
猿すらも滑るてふ樹に月寒し 林翔
猿の声霧の香寒き泊りかな 臼田亜浪 旅人 抄
猿をみる猿にみらるるさむきわれ 富澤赤黄男
猿田彦の塚に注連結ひ鼻寒し 角川源義
獄の湯に寒き顎漬け息しをり 秋元不死男
獅子舞や寒気煽つて耳震ふ 渡邊水巴 白日
獣園の寒し両掌でもの食ふ猿 右城暮石 句集外 昭和三十年
玉虫の瑠璃色きよき寒さかな(法隆寺二句) 細見綾子
玩具あり寒気好めるいろならむ 飯田龍太
玻璃さむく地震びんと過ぎ鉄工忌 細谷源二 鐵
玻璃越しに見てゐし寒さ出て纏ふ 稲畑汀子
現し身をつつみて寒さ美しき 長谷川素逝 暦日
琵琶悲し一夜に寒き鬢の霜 正岡子規 霜
瑠璃光仏とわが見しはさむき闇なりき 加藤秋邨
生り余れるところ寒しや青葉木菟 橋閒石 卯
甲板に出て星を見る寒哉 正岡子規 寒さ
男より女は寒き姿して 右城暮石 句集外 昭和六年
男居り女居り夫婦たり寒し 石塚友二 曠日
男手に育つるといふ寒きこと 後藤比奈夫
町寒き灯しごろを軍歌帰る 伊丹三樹彦
画架寒し阿修羅描くべきひとを見ず 伊丹三樹彦
畑荒れて墓原殘る寒さかな 正岡子規 寒さ
畳の目寒し鉄工たる身なり 佐藤鬼房
疲れてもこの寒き坂のぼらねば 岸田稚魚 雁渡し
疲れてもこの寒き坂登るかな 岸田稚魚 負け犬
病室へ看板さむく夕日返す 大野林火 早桃 太白集
病廊の寒さ夕日が染める松(清瀬) 細見綾子
痰壺の蓋震へつゝ鳴る寒さ 野見山朱鳥 曼珠沙華
癩の手の拍手さむしや吾を迎ふ 大野林火 青水輪 昭和二十六年
発止と寒し米の磨ぎ汁崖下る 秋元不死男
発破の火さむしと束の間に思ふ 山口誓子
登り来てただの禿山ただ寒く 岡本眸
登り窯使はず寒気凝るままに 山口誓子
白き寒き一紙片掌に喪の聖歌 伊丹三樹彦
白き紙寒き厠に厚く置く 百合山羽公 樂土
白くさむく枯蓮の裾透きにけり 草間時彦 中年
白む五時駅の寒さに水を打つ 西東三鬼
白根のや焼石原の霧寒し 上村占魚 球磨
白梅の花はつはつに雨さむし 日野草城
白梨(パイリイ)の朝寒くして掌に 加藤秋邨
白樺のたちまち寒き幹の数 飯田龍太
白粥の病院食の寒さかな 石塚友二 玉縄以後
白葱の一皿寒し牛の肉 正岡子規 葱
白蝋の己が灯に透く寒さかな 永田耕衣
百合鴎西より晴れて西寒し 三橋敏雄
百姓と違ふ寒さで女教師来る 右城暮石 句集外 昭和三十二年
百日紅梢ばかりの寒さ哉 正岡子規 百日紅
皇子の墓寒しと啼きて翔ちし鳥 後藤比奈夫
皐月寒し生き残りたるも涙にて 正岡子規 皐月
目の前に柱垂るるや菊さむし 加藤秋邨
目の前に顏のちらつく寒さかな 正岡子規 寒さ
目ほそめてわが鼻見ゆる寒きびし 加藤秋邨
盲導鈴寒し切なし又訪わむ 楠本憲吉 孤客
真木割つて寒さに堪ふや痩法師 村上鬼城
真白にて寒きばかりのアスピリン 日野草城
眼を瞠るまでに寒さがゆるみけり 相生垣瓜人 微茫集
眼前は日照る寒気と希望のみ 中村草田男
眼帯寒く弔問の用ありけり 安住敦
知らずわが睡りの顔のただ寒く 岡本眸
知らぬ人に道譲りたる寒哉 正岡子規 寒さ
石一つ竹三幹や梅雨寒く 山口青邨
石仏を寒しと昼の日に拝む 山口誓子
石垣と同じ寒さの夕霞 廣瀬直人 帰路
石垣や松這ひ出でゝ水寒し 正岡子規 寒し
砂山の男女寒気の扉打つ 飯田龍太
砂川の涸れて蛇籠の寒哉 正岡子規 寒さ
砧うつ隣に寒きたひね哉 正岡子規 砧
硝煙の如き寒気の香に山々 中村草田男
碓氷路の霧ながら降る雨寒し 上村占魚
碧潭に紅葉襲ねて夕寒き 日野草城
磯の鷲きのふもさむき岩にをり 赤尾兜子 玄玄
神の婚立合役はただ寒し 角川源義
神の座の最も寒き大祓 百合山羽公 樂土
神の杉伝ひて下る天の寒気 西東三鬼
神の遽かに寒き月夜あり 日野草城
神主の家の飾の寒さかな 阿波野青畝
神将にさむき梁木を露出する 伊丹三樹彦
神木とならで檜のさむさかな 正岡子規 寒さ
神楽笛脇挟み来る寒さかな 飯島晴子
禅寺の寒さ放つたらかしてあり 後藤比奈夫
秀衡と芭蕉君にも寒さかな 河東碧梧桐
稲苅りし後の寒さは堪へがたし 相馬遷子 山国
稿の前あたたかき枯野もう寒し 森澄雄
穂拾ひの我子に暮るる寒さかな 臼田亜郎 定本亜浪句集
空き家となりし寒さを踏み鳴らす 右城暮石 虻峠
空ふかく日が渡り戦場墓地さむし 細谷源二 鐵
空晴れて三日月寒し樫の上 正岡子規 三日月
空港に憲兵あゆむ寒き別離 西東三鬼
窓寒し落日の村海に揺れ 飯田龍太
竈風呂へ抱へて寒き陶枕 後藤比奈夫
竹むらのそよりともせず梅雨寒し 山口青邨
竹林に賢者在さず水寒き 石塚友二 曠日
竹林の寒気泪に似たるかな 岡本眸
竹籔の掃かれて寒き径かな 臼田亜浪 旅人 抄
笛さむく汽車ゆく汽車の上をゆく 山口誓子
筆蹟の美しき寒さ女なりし 渡邊水巴 富士
筏士の丹波の寒さ語りけり 内藤鳴雪
筑波嶺に顏そむけたる寒さかな 正岡子規 寒さ
箒草壊えてさむし泰淮河 加藤秋邨
箱根來てふじに竝びし寒さ哉 正岡子規 寒さ
節分や寒気(さむげ)の熊と温気(ぬくげ)の象 秋元不死男
籾殻を燻らす寒き河ほとり 佐藤鬼房
糞坑の闇にまたがる寒さかな 日野草城
紅葉して羅漢の肌のなどさむき 伊丹三樹彦
紅顔の夕を知らぬ寒さかな 日野草城
納豆汁腹あたゝかに風寒し 正岡子規 納豆汁
紙燭消えて安房の灯見ゆる寒さかな 正岡子規 寒さ
素人の平家を語る寒哉 正岡子規 寒さ
終電の寒さ新聞拡げ合ふ 右城暮石 上下
絶命の仕種は寒き隅を見る 斎藤玄 狩眼
絶壁に寒き男女の顔ならび 西東三鬼
絶頂に上れば寒しひとへもの 正岡子規 単衣
縷のごときいのちをまもる寒さかな 日野草城
織子寒し千の縦絲一本切れ 橋本多佳子
置かれある情死の天の寒き晴れ 橋本多佳子
置き替ふる文鎮さむし歎異鈔 鷲谷七菜子 黄炎
羅漢一体につくき人に似て寒し 鈴木真砂女 都鳥
群れにゐて頭に繃帯のわが寒し 松崎鉄之介
群羊帰る寒き大地を蔽ひかくし 橋本多佳子
義理人情寒き崖ある起居かな 藤田湘子 途上
翻訳劇拍手ぞ寒き一凡吏 藤田湘子 途上
聖き魚はなびら寒き卓に生く 西東三鬼
聖体灯ともるひざまづきて寒し 山口青邨
聖樹寒し職安の列はや散りて 岸田稚魚 負け犬
肌さむき朝の日に向きガードマン 右城暮石 散歩圏
肩ならべ歩めり友はさむし隻手 大野林火 海門 昭和十三年
肩を張り拳を握る寒さ哉 正岡子規 寒さ
肺たのみがたし寒さに身は向ふ 山口誓子
背戸の外は日本海の波寒し 正岡子規 寒し
背戸寒く日本海に向ひけり 正岡子規 寒し
胸寒く見下ろす獄衣袂なし 秋元不死男
胸板に朝霧さむし温亭忌 石田波郷
脈々と寒き血潮のたかぶりつ 日野草城
脛さむき托鉢僧と同舟す 能村登四郎
腹を割き見する尊者も寒きびし 山口青邨
膝さむく坐して女の紅葉狩 右城暮石 句集外 昭和四十九年
膝さむく母へよきことのみ話す 岡本眸
膝さむく鳴らし夕刊をとりに立つ 大野林火 早桃 太白集
膝にくる寒さ高度を下げつづけ 鷹羽狩行
膝頭机の裏のしんしんさむし 篠原梵 年々去来の花 皿
臍寒し柿喰ふ宿の旅枕 正岡子規 柿
自問して余生のことは知らず寒し 安住敦
自画像の一茶翁寒く寒く居し 阿波野青畝
舟さむし岩を頼ればその色に 岡本眸
舟ばたに海のぞきたる寒さ哉 正岡子規 寒さ
舟中の日のうつろなる寒さかな 臼田亜浪 旅人 抄
舟漕いで海の寒さの中を行く 山口誓子
航さむし師弟の命一と束ね 岡本眸
船の笛寒し男も炊がねば 小林康治 玄霜
船衝る寒き筏にごつごつと 山口誓子
芦原にさむきひかりの塔をうかべ 飯田龍太
芭蕉の忌ただに寒しと修したり 安住敦
花さむき日影はしりて港口 飯田蛇笏 白嶽
花のなき佛壇もまた寒さよぶ 森澄雄
花の宴花なきことも天寒く 山口青邨
花の果うすらにさむき背を負ひて 上田五千石『天路』補遺
花の雨ゆふべさむしと火もて来る 上村占魚 球磨
花の雨寒しといふは偽れる 石川桂郎 四温
花もなし柩ばかりの寒さかな 正岡子規 寒さ
花一つ欲しき寒さと覗き見る 右城暮石 句集外 昭和十七年
花八ツ手おなじ寒さはひとに在り 三橋敏雄
花寒き昼の枕を隠しもせず 橋閒石 無刻
花寒し教師は常のズック靴 木村蕪城 寒泉
花寒し父母を借家に住まはしめ 日野草城
花散らふ夕風寒し山を前 臼田亜郎 定本亜浪句集
花柿に雨余の夕日のさむきまで 松村蒼石 寒鶯抄
花欲しき寒さ子の眼を見てたりぬ 渡邊水巴 富士
花買ひにもつとも寒き車庫よぎる 岡本眸
芸事は寒し祇園の畳にて 山口誓子
芹の水村の寒さの去り迷ふ 百合山羽公 故園
苔の色さむき円通禅寺かな 阿波野青畝
苔寒く母を忘れてゐたりけり 永田耕衣
苗代寒いまだ手つけぬ田もありて 能村登四郎
若年の汝に礼す菊さむし 草間時彦 中年
若殿が狸寐入の寒さ哉 正岡子規 寒さ
苦し寒し風を呑み込む阪の上 正岡子規 寒し
苫寒く星座の浸る汐かな 飯田蛇笏 山廬集
茜さす起重機群の奥寒し 小林康治 玄霜
茜雲夕風に乗る寒さかな 松村蒼石 寒鶯抄
茨の実に寒気恵みのごとく来る 飯田龍太
茫として帰る遅月寒くはなし 下村槐太 天涯
茫と人と同じ寒さに立てるなり 右城暮石 声と声
茶の花のこんなに咲いてゐる寒さ 飯島晴子
茶碗さむくいきどほる歯のふれにけり 飯田蛇笏 山響集
草枯れて夕日もさむきものの一つ 大野林火 早桃 太白集
草枯れて鼬のにげる寒さかな 正岡子規 草枯
荷物電車の一輛が去る寒さかな 平井照敏 猫町
菊さむくなる湯の中に膝かゝへ 山口誓子
菊さむしはらから泣くを見守りをり 草間時彦 中年
菊捨ててよりの起居のうらさむし 鷲谷七菜子 黄炎
菊日和夕さむくして鶴鳴けり 水原秋櫻子 新樹
菊活けて白しみいくさの寒さおもふ 渡邊水巴 富士
菜屑寒き溜り水今日も夕映えぬ 種田山頭火 自画像 層雲集
菜種梅雨いちにちさむくけぶるなり 長谷川素逝 村
落し物さがす燭のみさむく定か 中村草田男
落ちしところが鴎の墓場寒き砂 西東三鬼
落城の暁寒し時鳥 正岡子規 時鳥
落葉して遽に羅漢の裏寒し 小林康治 玄霜
落葉松の雨落葉松を寒くせり 藤田湘子
落選の友あり二月尽寒し 日野草城 日野草城
葉の形チ見ても寒さよ枇杷の花 右城暮石 句集外 昭和十三年
葉牡丹のさまかはりつゝ寒くなる 日野草城
葛城のそびらが晴るゝ寒さかな 日野草城
葡萄の葉散りはじめたる雨寒し 廣瀬直人 帰路
葡萄棚わづかな茜にも寒し 廣瀬直人 帰路
葬の灯の水田にうつる寒哉 正岡子規 寒さ
葬儀社のがらんどうなる寒さかな 川端茅舎
葬寒し白円の月薄暮の空 日野草城
葱坊主雨降ればまたさむくなる 大野林火 早桃 海風抄
蒲公英や懶惰の朝の裾さむし 石田波郷
蓑虫の首ふるまつたく世は寒し 加藤秋邨
蓮根掘ただに寒しと見て返す 安住敦
蕎麥屋出て永阪上る寒さ哉 正岡子規 寒さ
薄日射すことに寒さを誘はるる 稲畑汀子
薄暗き穴八幡の寒さかな 正岡子規 寒さ
薔薇の花の此頃絶えし寒さ哉 正岡子規 寒さ
薪舟の關宿下る寒さかな 正岡子規 寒さ
藁塚のなかばくづされ芯寒し 伊丹三樹彦
藁屋根に鮑のからの寒さかな 正岡子規 寒さ
藁積めば朝寒き里の冬に似る 河東碧梧桐
藍甕の香に沮まれし寒さかな 飴山實 花浴び
藤原の出口に寒し牢屋敷 正岡子規 寒し
藪伐れば峰のこだます寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
藪陰に石切る音の朝寒し 正岡子規 朝寒
虫柱小分けに触れて額さむし 中村草田男
虹寒く異国の墓地に古りにけり 阿波野青畝
虹消えて夕山寒し薄紅葉 正岡子規 紅葉
蛇を見て寒き心や日のさかり 日野草城
蜂飼の怖るゝ寒さ来てゐたり 右城暮石 声と声
蜑さむく不漁し炎暑の煙上ぐる 飯田蛇笏 山響集
蝋燭の泪を流す寒さ哉 正岡子規 寒さ
蝋燭の涙も氷る寒さかな 正岡子規 寒さ
蝙蝠傘さむき廊下も狭に干せる 篠原梵 年々去来の花 皿
螢火やひとり降りたる駅さむき 鷲谷七菜子 黄炎
螺旋階さむし女の脳天見え 岡本眸
蟋蟀の肢節も寒くなりにけり 山口誓子
血を喀きしけふの寒さを寝て忘れむ 山口誓子
行き馴れし墓の小道や杉寒し 正岡子規 寒し
行く鯉の尾を曲げし姿美き寒さ 渡邊水巴 富士
街にきて鼻が自慢の寒い荷馬 秋元不死男
街の上を電線その上は寒し 松崎鉄之介
街の灯のかたまり動く寒さかな 岸田稚魚 紅葉山
街を見て糞まり寒き艀の子 秋元不死男
街燈の灯る寒さの一つづつ 深見けん二
街行けば寒き四高に突き当たる 右城暮石 句集外 昭和二十五年
袖かさね寒きわが胸抱くほかなし 野澤節子 未明音
製塩のかはらけに寂び寒い昼 佐藤鬼房
裾の寒さよ万燈下の暗さよ 橋本多佳子
襟ことに白きおもひの闇寒し 飯田龍太
襟さむく はたと運河につきあたる 富澤赤黄男
襟寒き絹の蒲團や銀襖 正岡子規 蒲団
襟寒しとは言へ伸びし日脚追ふ 阿波野青畝
襟巻に花風寒き夕ベかな 杉田久女
襟脚を守りて襟の紺寒し 日野草城
襤褸市の果の寒さと酔ひにけり 小林康治 玄霜
見つつ寒き原爆図後に冬灯ともる 加藤秋邨
見つつ淡し寒き木賊も貧乏も 藤田湘子 てんてん
見の寒さ六臂の指の或は欠け 伊丹三樹彦
見るからに硝子戸越しの風寒し 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
見る者も見らるゝ猿も寒さうに 稲畑汀子
見上げたる高石かけの寒さ哉 正岡子規 寒さ
覚めをれば寒さのはてにきしむ家 石塚友二 方寸虚実
訪えば 寒い灯をつけに起つ 影絵老母 伊丹三樹彦
誕生より死ぬまでさむく海鳴つて 平井照敏 天上大風
説教は寒いか里の嫁御達 正岡子規 寒し
読みて寒し憚りもなき敗戦記 及川貞 夕焼
誰か居るごとくに今朝の寒さ言ふ 岡本眸
誰もゐぬ一間の寒気鏡餅 森澄雄
谷のぞく十綱の橋の寒さ哉 正岡子規 寒さ
谷地寒く月蝕の変かかげたり 佐藤鬼房
谷川のひと筋寒し遺影のもと 金子兜太
豆柿に寒さ見えきし村の空 森澄雄
貝殻に寒き雨ふる旅寝かな 岸田稚魚 雁渡し
貝殻に寒き雨降る旅寝かな 岸田稚魚 負け犬
負ひてさむき人の遺稿の三四篇 加藤秋邨
貨車寒し百千の墓うちふるひ 石田波郷
賈島やせ孟郊寒し梅の雪 正岡子規 寒梅
賈島痩せ孟郊寒し雪の梅 正岡子規 寒梅
赤坊のうす目してゐる寒さかな 岸田稚魚
赤茶けたハムヘ叫ぶ老人が寒い極点 赤尾兜子 蛇
赦されて囚人薄き衣寒し 正岡子規 寒し
起きぬけの顔窓に出し朝寒き 村山故郷
足もとに寒し大きな月一つ 正岡子規 寒し
足もとに死ねば灯ともす寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
足寒し機銃掃射の痕がゆく 渡邊白泉
足柄はさぞ寒かつたでござんしよう 正岡子規 寒し
足許に寒き一水沿ひにけり 山口誓子
跼蹐の影つきまとふ旅寒し 斎藤玄 狩眼
踏切を越えし頃より寒気ざす 山口誓子
身に添うて寒さ親しきときのあり 後藤比奈夫
身の黒き蟻も寒さに堪へがたし 山口誓子
身ひとつやときに寒気を恃みとし 岡本眸
車窓過ぐ尾音のさむき男鹿訛 能村登四郎
軋りつつ神将蔵ふ扉の寒さ 伊丹三樹彦
軒寒し亡くなる前の草履踏む 飯田龍太
軒煙さらひさらひて寒さかな 阿波野青畝
轆轤見の寒気の泪独楽化粧ふ 石川桂郎 高蘆
辛口を含みてそぞろ寒くなる 橋閒石 微光
迂闊にも死といふ寒き落し穴 後藤比奈夫
近松忌寒きむかしも月夜にて 飯田龍太
返りごとすべき文ある寒さかな 河東碧梧桐
追剥の出るか出るかと衿寒き 正岡子規 寒し
追剥の出るてふ松の寒さ哉 正岡子規 寒さ
送別の月寒く酒を強ひにけり 河東碧梧桐
逆縁の娘に触れ弔辞寒きかな 松崎鉄之介
通されて子牛の穴の鼻寒し 正岡子規 寒し
通夜寒し居眠りて泣き覚めて食ふ 西東三鬼
通夜寒し波郷夫人を目に追ひて 石川桂郎 高蘆
逝く人と頒つは徒に寒さのみ 斎藤玄 狩眼
造船のドリルに目据ゑ寒さ凝る 佐藤鬼房
造船所さむし艦底へ階つくる 細谷源二 鐵
道さむく量りこぼしの踏む 阿波野青畝
道ならぬ恋の芽をつむ寒さかな 日野草城
道ばたで財布を探る寒さ哉 正岡子規 寒さ
道寒し兵隊送るほとんど老婆 西東三鬼
遠くさむき日矢にすがりて襁褓干す 草間時彦 中年
遠く寒く病弟子われも黙祷す 石田波郷
遠のけば滝音さむき竹林 平井照敏 天上大風
遠方の灯がだんだんに寒くなる 岸田稚魚 紅葉山
遠景に音かたまつて寒い丘 岡本眸
遺りすごす貝殻車さむく鳴る 岡本眸
遺壁の寒さ腕失せ首失せなほ天使 加藤秋邨
避けがたき寒さに坐りつづけをり 松本たかし
部屋に入るまでの寒さはもう忘れ 稲畑汀子
部屋寒くともステレオの総出の音 山口誓子
酔客ひとり越後へ寒き浄瑠璃を 森澄雄
醉ざめの車に乘れば足寒し 正岡子規 寒し
重なりて頁めくれし寒さかな 橋閒石 雪
重油浮く入江の寒さ戦あるな 佐藤鬼房
野の中に一本杉の寒さかな 正岡子規 寒さ
野末の日落ちし寒さとなりにけり 安住敦
野道寒し骨壺袖にかき抱く 上村占魚 球磨
金なしにありけば臍の寒さ哉 正岡子規 寒さ
金の朝日流寓の寒き崖に洩る 西東三鬼
釜の銘寒雉といふも寒さかな 河東碧梧桐
釣鐘を下からのぞく寒さかな 村山故郷
鉄錆びていづくも寒き運河の辺 右城暮石 句集外 昭和二十四年
鉄階のぼるさむき隙間を目で追ひ上げ 岡本眸
錐の如つつ立つ朽木谷寒し 松本たかし
鍋冠上人と申す顱頂寒く 山口青邨
鍵盤寒し故人の指の痕を打つ 日野草城
鏡寒く縮緬皺を見つけたり 日野草城
鏡寒し三日剃らねば頤白き 石塚友二 磊[カイ]集
鏡見て別のわれ見る寒さかな 相馬遷子 山河
鏡餅寒気憑きては離れては 飯田龍太
鐘うてば不犯とひゞく寒さ哉 正岡子規 寒さ
長き寒きホーム行きつつこだはりぬ 富安風生
門司近く寒き曲浦に汽笛を曳き 山口誓子
閉ぢし目が寒気にうるむ懐しや 中村草田男
闇さむく異人無礼の靴鳴らす 加藤秋邨
阿武隈に位の寒き石狐 佐藤鬼房
陰あれば雪陰といふ寒き場に 山口誓子
陰岩を蹴りもしてみる寒さかな 飯島晴子
陵さむく日は月よりも低くなる 山口誓子
陵さむく日月空に照らしあふ 山口誓子
陽さむく焦燥の熊は汚れたり 富澤赤黄男
陽はあれどうそさむきまで花散らす 伊丹三樹彦
陽炎をはなれてさむし賽の神 加藤秋邨
隅々に寒さ冷たさ重なれる 右城暮石 声と声
隅に寒さ残して終る卒業式 能村登四郎
隊伍して法衣といへど音寒し 飯田龍太
隔離舎さむし熱の頬もてほほえむ吾子 古沢太穂 古沢太穂句集
雀見てなぐさむさむき日を籠り 大野林火 冬雁 昭和二十二年
雁の列寒き落暉の中に入る 相馬遷子 山国
雁行のとゝのひし天の寒さかな 渡邊水巴 白日
雑踏の中の最も寒き顔 岸田稚魚 紅葉山
難行を天下に誇る寒さかな 河東碧梧桐
雨あがりの寒さ霧立ちのぼるなり 右城暮石 句集外 昭和十年
雨くらく晴れても寒く菊黄なり 水原秋櫻子 残鐘
雨さむきみなとうしろにバスの発つ 大野林火 海門 昭和十二年
雨さむく打つおのおのの鉄兜 大野林火 早桃 太白集
雨さむく湖沼地帯のあしたゆく 長谷川素逝 砲車
雨さむし日本の海とわかるる日 長谷川素逝 砲車
雨さむし軍旗は覆とらず立つ 長谷川素逝 砲車
雨はれてふたゝび寒し根深汁 日野草城
雨ふるや粟の穂ぬくく黍さむく 下村槐太 天涯
雨やみて風風やみて寒さかな 正岡子規 寒さ
雨寒くしぶけば学徒出陣日 岡本眸
雨寒し湿原の家昼の燈を 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
雨晴れて風々凪いで寒さ哉 正岡子規 寒さ
雨降るや粟の穂ぬくく黍寒く 下村槐太 光背
雪にはならない雨が寒い日寒うする 荻原井泉水
雪の無き富士見て寒し江戸の町 正岡子規 寒し
雪国を帰つて来たる奈良寒し 右城暮石 一芸
雪院へ火鉢もて行く寒さ哉 正岡子規 火鉢
雲なくて空の寒さよ小山越 正岡子規 寒さ
雲もなき不二見て寒し江戸の町 正岡子規 寒し
雲水にして青つむり寒きこと 後藤比奈夫
雲炎寒き記憶の二十代 藤田湘子 途上
雹すぎし青蔦のもとさむく通る 大野林火 早桃 太白集
電柱の上下寒し工夫登る 西東三鬼
電燈の木の間に光る寒さかな 正岡子規 寒さ
電線は山の寒気を呼びにゆく 廣瀬直人 帰路
霧うすく田に下りてゐて午後も寒し 大野林火 早桃 太白集
霧さむき月山なめこ食ひ惜しむ 加藤秋邨
霧寒く貸馬も眼をしばたたく 富安風生
霧寒し寄せては焚ける散紅葉 水原秋櫻子 緑雲
霧寒し山酔の人を炉に寝かす 村山故郷
霧笛寒くうから寝落つや哭くごとし 小林康治 玄霜
露寒し今日のことのみ思へとぞ 岡本眸
露寒し妻と手焙る喪のごとし 小林康治 玄霜
露寒し猫が鼠を食ひ残す 日野草城
露寒し縷々とラジオの「尋ねびと」 伊丹三樹彦
露寒し遠き思ひ出あざやかに 日野草城
靄寒く河内が暮れてゆく景色 日野草城
靈廟にかしこまりたるさふさ哉 正岡子規 寒さ
青く寒く洞爺湖のぞく切通し 村山故郷
青さ寒さ群鴎数を尽すとき 中村草田男
青木賊母が寒さをくりかへす 森澄雄
青空に寒気多感の雀ども 飯田龍太
青空の四月の寒さ啄木忌 村山故郷
静けさは寒さを呼んで空に鳥 飯田龍太
静臥の身寒き分秒過ぎゆけり 山口誓子
靜かさに寒し師走の白拍子 正岡子規 師走
非力者を嗤ひし人に天寒し 中村草田男
面影の静かに浮ぶ寒さかな 日野草城
靴穿きて想ふさむき殿その水墨 山口誓子
鞍とれば寒き姿や馬の尻 河東碧梧桐
鞍馬路や照り降り寒き柿の枝 村山故郷
鞘を出て寒き光芒を放つもの 日野草城
音寒き海より上る朝日哉 正岡子規 寒し
音次次寒し子が弾くギターのトリル 秋元不死男
頌め歌もなく聖堂の寒さ凝る 山口誓子
頚筋のけふより寒し血喀きし身 山口誓子
頬さむし時雨に濡れし髪いくすぢ 鷲谷七菜子 黄炎
頬を摶つ寒さを湖の息しづか 原裕 青垣
頬腫の鏡にうつる寒さ哉 正岡子規 寒さ
頭寒し頭のかたち見えねども 藤田湘子 てんてん
頭痛する寒き日人に逢ひ度くなし 星野立子
額寒く在りし武郎の古写真 阿波野青畝
顏包む襟卷解けて寒さ哉 正岡子規 寒さ
顔ばかり寒く鶯ちかぢかと 岸田稚魚 紅葉山
顔中の皺をあつめて寒さいふ 大野林火 方円集 昭和五十年
顔寒し有為曇るときくにさへ 石塚友二 方寸虚実
顔寒し電柱は電柱として立てり 秋元不死男
顔昏れてたがひにさむし能登の汽車 飴山實 少長集
顔洗ふたび寒くなる玉珊瑚 岡本眸
顔蔽ふ寒き香水とぞおもふ 岸田稚魚 負け犬
顔蔽ふ寒き香水とぞ思ふ 岸田稚魚 雁渡し
風さむく陽のあたたかき金魚池 右城暮石 句集外 昭和三十八年
風さむし売店の猫道に出て 右城暮石 句集外 昭和五十四年
風の旅立ち岩とり寒い罅を剥ぎ 佐藤鬼房
風の旅立ち岩より寒い罅を削ぎ 佐藤鬼房
風出でて舟哭く寒さ極まらむ 岡本眸
風募る林異端の猫さむし 金子兜太
風吹て焚鐘冴る寒さ哉 正岡子規 寒さ
風吹て禿寒がる屏風哉 正岡子規 寒し
風吹て鈴鹿は寒し神送 正岡子規 神送
風吹て雲寒々し海の上 正岡子規 寒し
風呂場寒し共に裸の油虫 西東三鬼
風寒し人のきほひにさく桜 正岡子規 桜
風寒し人の陽気にさく桜 正岡子規 桜
風寒し切長の目も薄暮にて 飯田龍太
風寒し夕日は木々にのみ残り 清崎敏郎
風寒し破魔矢を胸に抱へくる 松本たかし
風強し辺波のさやぎ見て寒き 日野草城
風花に紫さむき羽織かな 日野草城
風車(ウインドミル)寒き落暉を翼にせり 橋本多佳子
飛ぶ鴎十二数へて河寒し 秋元不死男
食べるものはあつて食べられない寒い風ふく 種田山頭火 自画像 落穂集
食を乞ふ少年あばら骨さむく 長谷川素逝 砲車
飢えるも自由か駅の階段に寒気さけ 古沢太穂 三十代
飢さむく目に漆黒の煙たつ 加藤秋邨
飢と寒さ天皇は汝にありといえど 古沢太穂 三十代
飯を食ひくそまりさむき天のもと 山口誓子
飯食うてしのぐ寒さや昨日今日 松本たかし
飼猿よこの頃木曾の月寒し 正岡子規 寒し
餅花や幼時の記憶皆寒し 相馬遷子 雪嶺
餅花や正月さむき屋根の雪 飯田蛇笏 山廬集
餌掘る人二三のみ夕寒き雲動かず 種田山頭火 自画像 層雲集
首上げれば寒き沖あり炭殻を撰る 伊丹三樹彦
首切の刀磨き居る寒さかな 正岡子規 寒さ
首振れば死は逃ぐ寒い木の塑像 秋元不死男
首筋の寒さが袖にぬけにけり 上野泰 佐介
香たいてまぎるる寒さにはあらず 後藤比奈夫
馬の背にまづ月を見る寒さ哉 正岡子規 寒さ
馬士帰る焼野の月の薄寒き 正岡子規 焼野
馬痩せて鹿に似る頃の寒さ哉 正岡子規 寒さ
馬糞のいきり立たる寒さ哉 正岡子規 寒さ
馬車寒し露字をつらねし坂の壁 山口誓子
駅さむく高き弧燈に照れるもの 山口誓子
駅前の寒さ貧しさ映画ビラ 右城暮石 声と声
駅寒く下りて十歩をあゆまざる 山口誓子
駅寒しあまり大きな燈を細む 山口誓子
駅寒し大きな火屋の洋燈を 山口誓子
驛寒し機関車の汽罐見ゆれど噴かず 三橋敏雄
高き寒き暗きをかしき室ありて 渡邊白泉
高浪のなまじ色ある寒さかな 鈴木真砂女 卯浪
髪とむる銀の簪細く寒し 山口青邨
髭寒く漢方薬をこぼしけり 阿波野青畝
髯寒く見下ろし見舞ふ叱りも得ず 大野林火 雪華 昭和三十七年
鬼の持て来し寒さかな鬼やらひ 石塚友二 光塵
魚の目に射られどほしの寒さかな 鈴木真砂女 夕螢
鮒釣られびびとふるへぬ人寒し 松崎鉄之介
鮓の香のほのかに寒し昼の閑 日野草城
鯉こくの骨出す佐久の寒さがな 阿波野青畝
鯛は美のおこぜは醜の寒さかな 鈴木真砂女 夕螢
鰒さげて妹がりいそぐ寒さ哉 正岡子規 寒さ
鱈が出てこれより寒くなるばかり 岡本眸
鱒鮓や寒さのもどる星のいろ 古舘曹人 樹下石上
鳩の群ビル翔け抜けて運河寒し 右城暮石 句集外 昭和二十七年
鳶さむし翼が舞つて仕方なく 岡本眸
鳶ろろと頸すぢ寒し火口壁 角川源義
鴨引くや寒き鉄路の走りつゝ 百合山羽公 故園
鴨緑江(ありなれ)を越えて支那なり寒さかな 日野草城
鶏肉の百目に足らず古書さむし 加藤秋邨
鶏鳴や風まださむき辛夷の木 百合山羽公 故園
鶯のすねてだまりし寒さ哉 正岡子規 鶯
鶯の眦さむし花八ツ手 渡邊水巴 白日
鷺寒しまだ耕さぬ畑のくろ 正岡子規 畑打
鹿島槍寒き日輪とどこほる 藤田湘子
麓の灯寒く灯れば山の灯も 日野草城
麦一粒の母の頬痕恋しさむし 中村草田男
黄なる眼の農婦寒さの中来たる 山口誓子
黒わくに知る人を見る寒哉 正岡子規 寒さ
黒姫の牛乳甘く霧寒し 阿波野青畝
黒杉に寒さのこして花盛り 能村登四郎
黒船の雪にもならで寒げなり 正岡子規 寒し
鼬の頭がさむき全身ふり返り 中村草田男
鼻さむし遺書とならざりし書を読めば 加藤秋邨
鼻垂れの子が賣れ殘る寒哉 正岡子規 寒さ
鼻寒く佇つ磯寄りの松島に 佐藤鬼房
鼻寒し父の骨壺を抱き温め 小林康治 四季貧窮
鼻痛き寒さの目覚めわが家なり 石川桂郎 四温
鼻突いてくるいさぎよき寒気なり 伊藤白潮
鼻長くイエス描かれ寒い壁 有馬朗人 母国
齢寒くいつかこの世に不思議なく 藤田湘子 てんてん

以上

by 575fudemakase | 2017-02-10 19:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26622996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング