寒し の俳句

寒し の俳句

寒し その1

寒し その2

寒し その3


寒し 補遺 その1

寒し 補遺 その2


寒し 続補遺

*こおろぎや髭より声の細く寒し 素丸 素丸発句集
あじろ家の人住と知りて月寒し 加舎白雄
あたらしき翠簾まだ寒し梅花 万乎
あたるほど立波さむし鳴千鳥 尾頭
あたゝかに冬の日向の寒きかな 鬼貫
あな寒し干潟の蟹の横ばしり 凉菟
あな寒し隠家いそげ霜のかに 其角
あら寒し阿漕~と啼烏 凉菟
いかゞ見る白梅寒し奥道者 馬場存義
いざよひは雲ひとつなき寒さ哉 高井几董
いつ去る事も白根の寒さ哉 三宅嘯山
いひ出すもけふの仏の寒さ哉 浪化
いろ~の恋の寒さやみやこ貝 りん女
うがいして娘寒いかはるの月 鈴木道彦
うきて行雲の寒さや冬の月 園女
うぐひすは寒さ帰りのはつ音哉 土芳
うしろ風鳶の身振ひ猶寒し 玄虎
うす桶にひし子かゞまる寒さ哉 野径
うそつきの四五日見えぬ寒さ哉 蘆本
うそ寒き比とやとがる石の勢 朱拙
うづくまる薬の下の寒さ哉 丈草
うのはなに寒き日も有山里は 高井几董
うへ竹に川風寒し道の端 土芳
うろたへんとはそもいかにさむくとも 惟然
おもひ寒し峯の白雲吹わくる 加藤曉台
かしこげに着て出て寒き袷哉 炭太祇
かへらむとおもへば寒しやまの庵 高桑闌更
かゆ煮たる鉢のこ寒し棚の隅 智月尼
からになる虱も寒し大内桐 琴風
きかさねて後ロの見えぬ寒さ哉 松岡青蘿
きさらぎや山茶花寒きわすれ花 松岡青蘿
きつすいの寒さをこぼす雹哉 千川
くちばしの寒さ並て友雀 野径
くら~に戻る寒さや雨の花 浪化
くりからの小うそ寒しや雲の脚 路通
くり事を目鏡にさむし庭の菊 琴風
こつぱなき朝の大工の寒さ哉 許六
この寒さ牡丹のはなのまつ裸 車来
さむきよやおもひつくれば山の上 去来
さむき身に果報すくなき虱哉 尚白
さむくともひになあたりそ雪仏 山崎宗鑑
さらばまた雪でも降らす寒さかな 沙明
さりとては寒きもの也枯すゝき 杉風
しかられて次の間へ出る寒さ哉 支考
しぐるゝや袖の憐ももの寒し 土芳
しのがれぬ寒さや後も先も闇 田川鳳朗
しは~と寒し穴師の雁の声 沙明
しば石の幾重も寒し月の影 野紅
しら山の咄も寒し氷室守 桃妖
しら菊の此方は寒し簾越 朱拙
しら菊や寒いといふもいへる比 千代尼
しれものゝ舎りか寒しくぬぎ原 園女
すまふ場の後は寒し虫の声 李由
すみがまや焼人みえて猶寒し 松岡青蘿
すゝ掃や霄のさむしろ大書院 黒柳召波
その苫の寒さを菊に時雨けり 凉菟
たかの羽のあぶらひきける寒さ哉 牧童
たち咄するうち寒しはつ袷 桜井梅室
たて付のすき間や寒し冬の月 許六
たま~に寒き山路の牡丹かな 露川
ちりそめて紅葉にさむし東福寺 凉菟
ちる芒寒くなるのが目にみゆる 小林一茶
ちる風は雪より寒し山ざくら 諷竹
つぎはぎて弥寒し厚衾 尚白
つたなさの寒さにつれてまさりけり 夏目成美
でんがくをくふてもさむし鳴千鳥 句空
ともすれば菊の香寒し病上り 松窓乙二
とり廻す泣顔寒し御弟子達 許六
どこやらが雀もさむしかへり花 車庸
ない影は移らず寒き鏡かな 木因
なかにある千鳥の足の寒さ哉 陽和
なす事もなさで其まゝ寒さかな 芙雀
はきちぎる八畳敷の寒さ哉 去来
はつ雪を聞名に寒し比曽河内布 土芳
はるの寒さたとへば蕗の苦みかな 夏目成美
はるもまだ寒さへ明ず猫の恋 素覧
はる寒く葱の折ふす畠かな 炭太祇
はる寒し純子をすべる手嶋御座 露川
はる寒し風の笹山ひるがへり 加藤曉台
はる風のまことは寒きものなるか 成田蒼虬
はれば頭に寒さこたゆる氷哉 尚白
ばせをばの寒しと答ふ声もなし 角上
ばせを忌に薄茶手向る寒さ哉 樗良
ひとつ干す枕は寒し萩の露 早野巴人
ひとりにもあはぬ野原の寒さ哉 杉風
ひとり居て人の代まで寒さかな 土芳
ひや~とまくらに寒し鐘の声 除風
ひら~とひつぢ穂うごく寒さかな 路通
ふんどしを鼠のかじる寒さ哉 朱拙
ぶら~と人にかゝりの寒さ哉 野紅
へんさんを着せても寒し仮位牌 錦江女
ぼつたりとさむき樒の雫かな 木導
まくれよる荒波寒しかこい舟 十丈
まつだけの灰やき寒し小のゝ奥 加藤曉台
まねきあふ扇に寒きうしろ哉 樗良
みあかしもこほりて寒し鳩の声 路通
みそがひの石にそふたる寒さ哉 りん女
みちばたに多賀の鳥居の寒さ哉 尚白
むつかしと剃てのければ又寒し 露川
もう木曽の望も寒し後の月 凉菟
もち直す日和も寒し鴨の艶 馬場存義
ものくりよ歟寒いに漕な渉人 小西来山
やら寒し居仏つかふ立仏 素覧
やりくれて又やさむしろ歳の暮 其角
やゝさむく人をうかがふ鼠かな 乙訓
やゝさむし早稲のひつぢの角芽立 野童
りんと今朝かしこまつても寒いよの 芦角
わすれずに寒さ見上る千鳥かな 梢風尼
ゐなか間のうすべり寒し菊の宿 尚白
一かぶの牡丹はさむき若菜かな 尾頭
一くらゐ足どり早き寒さ哉 遅望
一はけに墨絵の竹の寒さかな 〔ブン〕村
一夜~さむき姿や釣干菜 探丸
一拍子蹴躓たる寒さ哉 白雪
七年の魂寒し枯尾華 支考
七種も過てあか菜の寒さ哉 浪化
三尺の松風寒し後の月 野坡
三日月の一点寒し厳島 支考
上中下それだけ残る寒さ哉 此筋
下女寒く奥には雪の朝かな 木節
不二ごりや朝風寒き濡褌 三宅嘯山
不二見えてさるほどに寒き木間哉 園女
不二見ても寒き物なし瓊脂菜 其角
世に人にあちらむかれし寒さ哉 魯九
世の中の後はさむき火燵哉 朱拙
世中はこれより寒しはちたゝき 尚白
両の手に朝茶を握る寒さかな 杉風
両眼の雫も寒し白がへし 史邦
両脇に足袋屋の弟子の寒さ哉 毛〔ガン〕
両面の紙子の音の寒さ哉 子珊
中~に寒きぞ花にたのみある 加藤曉台
中~に火燵が明て寒さかな 小西来山
乗合のこの世はさむき台かな 露川
乞食は寒しひだるしもゝの花 牧童
二日咲木槿となりてあさ寒し 加藤曉台
二日咲木槿となりて朝寒し 加藤曉台
五月雨や梅の葉寒き風の色 椎本才麿
井戸掘は此世の風の寒さかな 野坡
人穴に折ふし寒し風の音 鬼貫
人~にさすがいはれぬ寒さ哉 りん女
今更や目にみな月の水寒し 樗良
仲人の談合しまる寒さかな 白雪
伊達に出て戻りの寒き袷かな 素丸 素丸発句集
住吉の浜風さむしおそざくら 句空
何とやらおがめば寒し梅の花 越人
使者ひとり書院へ通る寒さかな 其角 五元集
俗と僧と寒さわかれて后の月 嵐蘭
像の絵に物いひかくる寒さ哉 智月尼
兀殿の先だち寒し冬の月 正秀
元日はあらたまりたる寒さかな 卓池
元服の四五日寒し初ざくら 助然
入梅寒し活るも~白い花 寥松
入相の木魚も寒く音すなり 破笠
八朔にはややゝ寒き草の露 野童
八朔やかたびらさむし酒酌む 樗良
八重葎一しめ寒しけふの月 呂丸
凧あげる人かげ寒し高簀垣 鈴木道彦
凩にうめる間寒きいり湯哉 荊口
凩や沖よりさむき山のきれ 其角
初雪に忘るゝ物は寒さかな 杉風
初霜や寒き茄子の咲おさめ 桃妖
前ばかり火鉢にむかふ寒さ哉 芦角
化かねて暁寒き案山子かな 素覧
化粧なきけはひも寒し月の皃 りん女
十四屋は海手に寒し雪の門 許六
十文が炭からげたる寒さ哉 牧童
十月はあたゝかな名と寒い名と 支考
卯の雪に負褶さむし初瀬山 去来
又明日と誘てつるの寒さ哉 助然
取まはすひかりもさむし磨屋店 乙訓
取売の刀さしたる寒さかな 素覧
口あてゝ吹てもさめず手の寒さ 田川鳳朗
只寒し里のかたみの雪の松 万子
合点して出たれど寒し単綿 凉菟
名月や汲ぬも寒き水車 言水
名月や汲まぬもさむき水車 池西言水
吹おろす山の寒さをけふ知た 芙雀
吹かぬ日も爪先寒しかつへ坂 怒風
呵られて次の間へ出る寒さ哉 各務支考
唇はなみだに氷る寒さかな 鼠弾
唐かねの手ざはり寒し手水鉢 文鳥
唖々と啼烏の声も寒さ哉 露印
問へば風夢にも寒し師のおしえ 万子
啼きに来る山鳩寒し柿の色 栗田樗堂
四十にも余る寒さやものゝ悔 黒柳召波
四斗樽や寒さをふせぐ菰かぶり 三悦 江戸通り町
四方の雪眼に寒し衣更 支考
国の名をとはれて寒し柿の花 魯九
垣草の古葉も寒し梅の花 凉菟
埋火に氷てさむし梅の花 洒堂
声つかふ寒さや児の里ごゝろ 正秀
声高に笑れもせぬ寒さかな 子珊
売るよりも買人寒し炭二升 蓼太 蓼太句集初編
夕川や動かぬものゝ又寒し 加藤曉台
夕陽(せきよう)の流石に寒し小六月 鬼貫
夕露のいかさまさむし弁才天 除風
夢猶さむし隣家に蛤を炊ぐ音 其角
大亀の耳穴寒し洞の月 許六
大名の寐間にもねたる寒さ哉 許六
大名の寝間にも寝たる寒さかな 許六
大名の寝間は寝ても寒さかな 許六
大名も寒い風情や松の霜 成美 発句題叢
大根に実の入る旅の寒さかな 欺波園女
大根に実の入旅の寒さかな 園女
大汗の跡猶寒し月の山 桃隣
大粒に置露寒し石の肌 松岡青蘿
大豆小豆小坊主さむきなら茶哉 万子
大髭に剃刀の飛ぶ寒さ哉 森川許六
如月やさらに寒きはんめの花 支考
嬉しさに袷きたれば又寒し 林紅
宵月の雲にかれ行く寒さかな 鬼貫
家ありと聞も寒しや山の陰 松窓乙二
家こぼつ木立も寒し後の月 其角
富土に目はやらでも寒し五月雨 言水
寐がゝりを誰やらたゝく寒さかな 舎羅
寐て御座れ苔の朝露まだ寒し 松窓乙二
寐よかろうたとへ嵐は寒くとも 惟然
寒いにもよい程があり楫枕 松窓乙二
寒いのも寒さこらゆるちからかな 田川鳳朗
寒いはづ弥彦の道を軒の下 松窓乙二
寒いほど清しや蛎の水の色 馬場存義
寒いほど清しや蠣の水の色 存義 古来庵発句集
寒いめにあふてひらくや水仙花 凉菟
寒きくの錦の市や朝日かげ 三宅嘯山
寒きよの枯竹藪に明にけり 加藤曉台
寒き声や敷居をくゞれきり~す 加藤曉台
寒き日にきつとがましや枇杷花 惟然
寒き日の寐鳥もつかでなゝかまど 曲翠
寒き日の酒や上戸の付焼刃 長虹
寒き日はさむし~をちからかな 史邦
寒き日は猶りきむ也たばこ切 千那
寒き日や外へ出て見る不二の雪 桃隣
寒き日や牛風引す羅着 旦藁
寒き野を都に入や葱売 高井几董
寒くあれど走井のさくら咲にけり 加藤曉台
寒くとも一網おろせ暮の月 北枝
寒くとも三日月見よと落葉かな 素堂
寒くとも出せ俳諧の船子ども 万子
寒くとも戸ざすな庵の松の月 高桑闌更
寒くとも此庵とはゞ川渡れ 万子
寒くとも籠に水汲め寒ざらし 土芳
寒ければ寐られずねゝば猶寒し 支考
寒さうで背もあてられぬはしら哉 田川鳳朗
寒さうな笠さへみればなみだかな 園女
寒さうに寒菊生て冬ごもり 木導
寒しとは小町が嘘よほとゝぎす 高井几董
寒しとも思ひわすれて谷の声 加藤曉台
寒垢離の目を覚したる寒さ哉 芙雀
寺へ来てこぶしを握る寒さかな 成田蒼虬
屋ねうらに虫の音寒し辻行燈 小西来山
屋根裏をつゝんで寒し若たばこ 露川
山の芋ほられて寒き蛙かな 猿雖
山はらに船の噺の寒さ哉 丈草
山吹の実や霜寒き枕もと 井上士朗
山寒しきのふはきゝぬほとゝぎす 寥松
山寒しせめて火桶の焼蜜柑 加藤曉台
山寒し出るより入日のあした 加藤曉台
山彦の口まね寒きからす哉 千代尼
山彦の通ふて寒しほらの貝 野紅
山茶花のあるだけ寒し松の庭 桜井梅室
山茶花や宿下り寒し屋形者 洒堂
山鳥のねかぬる声に月寒し 其角
岩の上に神風寒し花薄 其角
帷子の辻まだ寒しほとゝぎす 露川
幟鳴ッて帷子あをつ寒さ哉 挙白
干鮭の逢坂越る寒さかな 吾仲
年の気もどこやら寒きこたつ哉 智月尼
年寒し若葉の雲の朝朗 其角
底寒く時雨かねたる曇りかな 猿雖
庭寒し二度めは雪のてか~と 卓袋
庭掃て鶺鴒さむし菊の花 支考
引張てふとんぞ寒き笑ひ声 惟然
待花に勢ひおくれの寒さかな 三宅嘯山
後つき寒し空也の衣がえ 露川
心寒し袂に落るまつの霜 樗良
悟るほど摸相腹の寒さ哉 程已
我が門に富士のなき日の寒さ哉 貴志沾洲
我寐たを首上て見る寒さかな 小西来山
我形は山路の菊の寒さ哉 支考
我目には師走八日の空寒し 杉風
我馬を楯にしてゆく寒さかな 其角
我馬を楯にして行寒さ哉 中川乙由
所化の皃見やるに寒し鷹がみね 木節
手つだひの肌ぬぎ寒し仏生会 浪化
手にふるゝものよりうつる寒さ哉 田川鳳朗
手をやればさむし枕に置刀 千川
手際よう晴て月夜の猶寒し 凉菟
打つけに片面寒し後の月 三宅嘯山
打よする藻屑も寒し浪の跡 星野麥丘人
打綿の籠背負ひたる寒さ哉 句空
押あふて寐る人もなき寒さかな 舎羅
指に入る風はや寒しけふの菊 嵐雪 玄峰集
指に入ル風はや寒し今日の菊 嵐雪
振り切りて無い袖寒し枯尾花 素丸 素丸発句集
掃除してあとに残りし寒さかな 嵐青
撫房の寒き姿や堂の月 惟然
擂粉のひゞきも寒し深山寺 朱拙
旅の屋の寒さに踏や草り取 朱拙
日の影のかなしく寒し発句塚 史邦
日も寒気たちぬ芒の花の上 加藤曉台
早梅の悟リかけたる寒さ哉 林紅
明ぼのゝ番所にさむき火鉢かな 露川
易水にねぶか流るゝ寒さかな 与謝蕪村
星飛で風の笛ふく寒さ哉 馬場存義
暁の寐すがた寒し九月*蚊帳 加藤曉台
暁は寒いやうなりうのかゞり 加藤曉台
暁や氷らで寒き沖の音 旨原 反古ふすま
最一声聞けや寒くと峯の鹿 紫道
月かげのちゞみて寒しさゝら波 東皐
月も出ていざよひかねつ此寒さ 露川
月を見るうしろは寒し草の庵 松岡青蘿
月代をそらでも寒し塚の前 及肩
月寒しさらしな山に傾か 許六
月寒し海髪や汐干のひじき物 中川乙由
月影に乾て寒し標冷 中川乙由
月草の色見えそめて雨寒し 加藤曉台
有がたさ余リて寒し神の場 高井几董
有明にさむし宿直の蔦籠取 荊口
有明にふりむきがたき寒さかな 去来
有明にふり向きがたき寒さかな 向井去来
朝さむく蝿のわたるや竈の松 炭太祇
朝の日の裾にとゞかぬ寒さ哉 千代尼
木々の葉にさけてくだけて寒さ哉 園女
木がらしに古人荷葉の夢さむし 樗良
木枯にしらけてさむし車道 吾仲
木男のひざまづきたる寒さ哉 路健
未寒しふるひ捨たる炭俵 三宅嘯山
村雀照と中~寒さかな 野坡
東むく霙や寒しはなれ鷹 乙訓
松はみな寒しや雪のふり初る 雪芝
松寒し蜘ひく鳥の沈む声 路通
松竹やおなじ寒さにおなじ色 浪化
松風は寒し世間は師走也 朱拙
柳寒く弓は昔の憲清也 其角
柿売の旅寐は寒し柿の側 炭太祇
桃のはな咲けども~寒さかな 支考
桐の葉は黒みて寒し内畠 野明
梅がゝにつれ立日さへまだ寒し 千代尼
梅がゝに鼻息寒し笏拍子 加藤曉台
梅寒く愛宕の星の匂かな 其角
梅寒し冬なら冬とおもへども 蘆本
梅寒し奴にくるゝ小盃 高井几董
梅寒し柿かたびらでなくすゞめ 〔ブン〕村
梅寒し石の窪のたまり水 東皐
梅寒し破山帽子の朝日影 中川乙由
梅寒し葉の粧ひをからずしも 三宅嘯山
梅寒し誰は縁どらぬ萱畳 沙明
梅散りて古郷寒しおぼろ月 松岡青蘿
梟一羽鏡に寒し年ごもり 支考
棟上の酒もり寒しはだか家 正秀
森一つ背中にさむき若菜哉 洒堂
植竹に河風さむし道の端 土芳
楫音や卯波も寒き鳴門中 桜井梅室
榾の火のもえ形に寐る寒さ哉 寂芝
樫の木にかたむく月の寒さかな 木導
次の間の灯で膳につく寒さ哉 小林一茶
正月が来とて寒し雪の花 支考
此さむき日も旅立の木立かな 舎羅
此やまの寒さを握る蕨かな 露川
此寒き背中を見せて別れ哉 朱拙
此寒さよく富貴なる牡丹かな 蘆文
此寒さ巣はいかゞとてなく鵆 支考
歯にしみて浅漬さむし草まくら 舎羅
殿を乗せて馬方さむき恋路かな 尚白
毒だちの書付寒し壁のうヘ 兀峰
気をつけて見るほど寒し枯すゝき 杉風
気を付て見るほど寒し小山伏 許六
水むけて我肉寒し魂まつり 樗良
水仙に面かげさむし墓の松 林紅
水仙の寒きかぎりを咲にけり 田川鳳朗
水仙の寒き骨髄ひらきけり 三宅嘯山
水仙や寒い道理で白い筈 除風
水寒し野わきのあとの捨筏 白雄 白雄句集
水引やとけぬ寒さを箔のちる 田川鳳朗
水音の氷にちゞむ寒さかな 芦角
水鳥のながれてさがる寒さかな 十丈
水鳥の月の位を見る寒さ 洒堂
沓つくる家かと寒くとはれけり 松窓乙二
沙汰なしに日は永ふなる寒さ哉 中川乙由
河骨にしては寒さよつばのはな 如行
泡しばし芦辺に寒き夢の空 土芳
泣入て加減の違ふ寒さかな 野径
泥坊の目つきも寒し年の市 毛〔ガン〕
洗菜に朝日の寒き豕子哉 惟然
洗足に客と名の付寒さかな 洒堂
活て居るものにて寒き海鼠哉 高井几董
浦の月芦筒ならす寒さ哉 乙訓
浴るかと後ロに寒き浪の音 凉菟
浴るかと枕に浪のおと寒し 凉菟
海苔一重下行く水の寒さかな 吐月 発句類聚
消もせでいつの寒さの影法師 土芳
深閑と星崎寒し草まくら 舎羅
温泉はあれど六月寒き深山哉 高桑闌更
湖の鏡に寒し比良の雪 支考
瀬の音に五月も寒し*さぎの声 除風
灌仏の比にも寒きかり寝哉 風国
火いけむし背戸から寒しかまの前 去来
火をせゝる寒さや竹の折るゝ音 舎羅
灯火の言葉を咲かす寒さかな 鬼貫
炭の火の針ほど残る寒さ哉 文鳥
無機嫌に行灯提たる寒さかな 助然
無理に年寄らせて寒し旅姿 中川乙由
無跡や鼠も寒きともぢから 木節
煎豆にさとれど寒きねはん哉 吾仲
爼板に人参の根の寒さ哉 沾圃
爼板に寒し薺の青雫 此筋
物ずきやながめて寒き石の苔 半残
物の具の音かと寒し村ちどり 支考
物売の急になりたる寒さ哉 風国
猶寒し茨の中の日のはしり 成田蒼虬
猿の啼あたりは寒しこけの花 寥松
玉摺のとぼし火寒き手もと哉 樗良
生壁により付がたき寒さ哉 李由
生壁の足代寒し無神月 探志
生海鼠ほす袖の寒さよ啼ちどり 井上士朗
生涯はこれかや寒き頭陀袋 路通
田の空もひとつに鶴の寒さかな 助然
田作に鼠追ふよの寒さ哉 亀洞
疝気持腰骨寒しきり~す 許六
痩脛(やせずね)に漸く寒し大井川 鬼貫
痩顔のうつりて寒しむらの橋 惟然
痩顔のうつりて寒し村の橋 惟然
白梅の月をさゝげて寒さ哉 りん女
白水のながれも寒き落葉哉 木導
白滝や六月寒き水煙り 松岡青蘿
白禿風の小僧も寒し梅の花 木導
白粥をすゝるも寒し煤の顔 朱廸
白鷺の高ゥとまりて寒さ哉 嵐青
百合寒し水乞鳥の鳴なべに 鈴木道彦
皆子也みのむし寒く鳴尽す 乙訓
皿鉢の寒いうちなりうめの花 建部巣兆
真丸に日の影さむし膳の先 蘆本
石寒し四十七士が霜ばしら 高井几董
硝子の障子も寒しきくの花 田川鳳朗
神無月ふくら雀ぞ先寒き 其角
禅僧の眼はさむしびはの花 不玉
私にけふの寒さや年忘れ 嵐青
稲づまの跡さき白き寒さ哉 路健
笈の菓子古郷寒き月見哉 其角
笈ヅルに卯の雪寒しハツセ山 去来
笋の露あかつきの山寒し 支考
笠の名の網代も寒し五十鈴川 中川乙由
笹原のそゝけて寒し神おくり 釣壺
笹醴(ささぼろ)や浦風寒ししほ衣 鬼貫
節小袖十三*年の寒さかな 許六
節絹の紺の兀たる寒さ哉 李由
精進の節句は寒し菊のはな 許六
糊の干ぬ行灯ともす寒さかな 桜井梅室
糖星や戸の日破より見る寒さ 傘下
糞とりの年玉寒し洗ひ蕪 許六
給はゞや我袖貝の寒くとも 凉菟
綿子にははなれて寒き涅槃哉 荻子
線香のきえ際寒し鹿の声 鈴木道彦
編笠は今時さむし帰り花 吾仲
編笠を着た人寒し千鳥より 松窓乙二
縄帯を又引しめる寒さかな 木導
義仲寺の墓や拝ンで夢寒き 仙化
羽音さへ聞えて寒し月の雁 松岡青蘿
翌の日のよいに付ても寒さ哉 嵐青
翠簾の灯のこぼれてさむし御仏名 浪化
老の橋のぼり~て寒さかな 荊口
老楽の口もと寒し御仏名 去来
聞とりて鳥も嘆くか山寒し 仙杖
肌さむし竹切山のうす紅葉 凡兆
肌寒きはじめや星の別れより 中川乙由
肌寒き始にあかし蕎麦のくき 惟然
船の酔酒には違ふ寒さ哉 傘下
良寒き干潟せゝるや烏貝 野紅
芝生まで聞えて寒し年の市 道彦 蔦本集
芝生まで聞へて寒し年の市 鈴木道彦
花さむしひかへて居るかけ造り 卓池
花寒し忠度うたれたるゆふべ 寥松
花鳥も山まだ寒し初月忌 浪化
若葉寒し行違ふ人の長刀 卓池
若葉寒し魚さえすまぬ谷の水 東皐
茶の花のつぼみて寒し九月尽 仙化
茶の花や風寒き野ゝ葉の囲ミ 炭太祇
草枕さとつて見れど寒き哉 除風
莚帆の来るよりさむし行姿 松窓乙二
菅笠に剃屑さむし雪の窓 〔ブン〕村
菊の酒にちからある日の雨寒し 加舎白雄
菜を刻む広敷寒し吹く灯 支考
落着た間を替らるゝ寒さかな 卓池
落着の黒椀さむし後の月 桜井梅室
落葉して腸寒し猿の声 北枝
葉の食は女房の喰ふ寒さかな 如行
蒲団まく朝の寒さや花の雪 園女
蓮根の穴から寒し彼やすぎ 建部巣兆
蕎麦切に吸物もなき寒さ哉 利牛
蕎麦粕の枕の音の寒さかな 角上
薄帋をへだてゝ寒し窓の月 支考
薄雪やから尻寒し斎坊主 車庸
藍壺にきれを失ふ寒さかな 丈草
藤棚の下に米つく寒さかな 成美 成美家集
蜑の子のかじけて寒し磯馴松 野明
血のつきし鼻帋さむき枯野哉 許六
行燈の煤けぞ寒き雪のくれ 越智越人
衣更着のかさねや寒き蝶の羽 惟然
袴とつてありけば裾の寒さ哉 四睡
袴着て未朝寒し雛の前 釣壺
袷では朝晩寒し柿の華 露川
襟巻の浅黄にのこる寒さかな 与謝蕪村
西瓜にもはなれてさむしきり~す 北枝
西行のやき飯も寒し嶽の雪 魯九
見かへれば寒し日暮の山ざくら 小西来山
見て寒し詠てかなし冬の山 長翠
見やるさえ旅人さむし石部山 智月尼
親もたぬ身はとし~の寒さ哉 路通
角つゝむ越後の牛の寒さかな 北枝
語り足らぬ朝戸出寒き山辺哉 高桑闌更
誰髭の寒く白キも梅のしべ 万子
谷川や紅葉の絶間水寒し 樗良
谷~の看坊寒し日枝の山 許六
豆腐きりて中まで寒き月夜哉 左次
豆腐ひく寒さくらべよ鉢たゝき 落梧
質置も寒し稲葉の松のかぜ 支考
越を出て此山寒し鏡磨 中川乙由
跡もとの物をふまゆる寒さ哉 嵐青
身に添ふや前の主の寒さ迄 一茶 一茶発句集
身ひとつに寒さはじめか年の気か 小西来山
辻能の矢声もかるゝ寒さ哉 加藤曉台
逢さかやいつまで寒きうら若葉 井上士朗
道問へば腮で教る寒さかな 道院 靫随筆
遠浅の華表ぞ寒き夕烏 凉菟
遠里の海うら寒しきぬたがひ りん女
郭公恋する人の寒きとは 嵐雪
都にも松風ありて寒さかな 北枝
酒の名のみぞれは宵の寒さ哉 沙明
酒は只呑ねば寒し竹の雪 凉菟
里ふりてうぐひすさむき木間かな 井上士朗
重ね着に寒さもしらぬ姿かな 鬼貫
野ら梅のちりしほ寒き二月哉 尚白
金岡の扇も寒し鹿の声 中川乙由
金物のひかりに寒し梅の花 寂芝
鈴鴨の声ふり渡る月寒し 嵐雪
鋸をかるも戻すも寒さかな 夏目成美
鑓を出す窓の寒さや梅の花 凉菟
鑓持の馬に乗たる寒さかな 許六
長いぞや曽根の松風寒いぞや 惟然
門は松芍薬園の雪さむし 舟泉
門口に冨士のない日の寒さかな 沾州 園圃録
隠れかねて草麦寒しゆふ鶉 五明
雛の手に茶巾さばきの寒さ哉 木導
雨の日の木枕寒き五月哉 尚白
雨寒く草に沈むや虫の声 怒風
雨寒し苗代に釣る烏の羽 東皐
雪の下名のらで寒し花の色 越人
雪の日の寒さ忘るな花に鳥 支考
雪の松おれ口みれば尚寒し 杉風
雪もちれからすの啼ぬ日は寒し 牧童
雪よりは寒し白髪に冬の月 丈草
雪明りあかるき閨は又寒し 建部巣兆
雪残る鬼獄さむき弥生かな 含粘
雲さむし十にはたさぬ浮世哉 呂風
雲はあれど時雨もたねばたゞ寒し 井上士朗
霜さむし狐驚しの釣ひさご 卓池
霜さむし鴨は身幅の石の上 卓袋
霜寒き旅寐に蚊屋を着せ中 如行
霜寒し垣の枳殻の黄になりて 東皐
露寒し我足あとを又帰る 松窓乙二
青寒し荒神松の深みどり 桜井梅室
青空や芒に寒いくせがつく 松窓乙二
鞍ずれの小荷駄ひき出す寒さ哉 木導
韮くふて来てさむしろのすゞみ哉 成田蒼虬
頬白の丸いぞけさは寒いやら 川原一瓢
顔見せも四十過ては先寒し 諷竹
風呂先はまだ味つかぬ寒さ哉 りん女
風寒き流れの音や手水鉢 惟然
風寒し卯の花原の明くらみ 松岡青蘿
飛梅の垣一重にて寒さかな 紫白女
首筋の今猶寒し羽ぬけ鳥 露印
馬のかゆ砂かむ音の寒さかな 木導
馬の子の家にかへるや梅寒し 加舎白雄
馬の耳すぼめて寒し梨の花 支考
馬の陰おりても寒き野原哉 洒堂
馬士が戸たゝくまでの寒さ哉 玄梅
骨で有団扇は寒し更衣 中川乙由
高取の城の寒さよよしの山 其角
高浪に芦津のめだつ寒さ哉 尚白
髪おきやちと寒くとも肩車 炭太祇
髭そらぬ身はならはしの寒さ哉 杉風
魚河岸も干潟になりて寒さかな 和迪 一丁墨
鮟鱇の口のぞひたる寒さ哉 木導
鮭の簀の寒気をほどく初日哉 左柳
鰹節一駄は寒しあらち山 吾仲
鳥の羽のひらりと寒し冬木立 配力
鳥一羽林にさむく啼にけり 万子
鴈に目をおくれば寒し滝の雲 蘆文
鴨河の一瀬になりて寒さかな 風国
鴬の暁寒しきり~す 其角
鴬の肝つぶしたる寒さかな 支考
鴬や竹の寒さと梅の花 支考
鵜のかゞり消て暁の水寒し 松岡青蘿
鵯のかしらも寒し柞原 〔ブン〕村
鶯もだまつて見たる寒さかな 中川乙由
鶺鴒の寒さもて来や蔵の陰 鈴木道彦
鹿の影とがつて寒き月夜哉 洒堂
鹿寒く月輪どのゝ寐覚哉 黒柳召波
麦まきの寒さや宿はねぶか汁 鼠弾
鼠子の掃よせてある寒さかな 卓池

以上





by 575fudemakase | 2017-02-10 19:40 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26623035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング