炭 の俳句

炭 の俳句


例句を挙げる。

あきらめもつかず逢ひ得ず炭をつぐ 稲垣きくの 黄 瀬
あけがたを炭うつくしといふひとと 佐々木六戈 百韻反故 初學
いそしめる正月髪の選炭婦 石橋梅園
いぶり炭いぶらせてをくほかなきか 斎藤空華 空華句集
いぶり炭三和土に出して憎みけり 山口波津女 良人
いぶり炭蓬莱の霞かもしけり 高田蝶衣
うつむきて涙を見せず炭をつぐ 大場白水郎 散木集
かきならす灰にかけらの炭つきず 篠原梵 雨
かへる母ひきとゞめつゝ炭をつぐ 財家呼帆
かみこきて寄ればいろり(囲炉裡)のはしり炭 内藤丈草
かんかんと炭割る顔の緊りをり 石田波郷
かんかんと炭熾りをり魚簗の晴 辻桃子
くらがりに二つの炭の燃ゆるかな 岸本尚毅 舜
くらしぶりにも偲ばるる桜炭 稲畑汀子
くわん~と炭のおこりし夜明哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
けふの分炭つぎ了る机かな 石川桂郎 含羞
この山の炭この山の猪を煮る 中島月笠
こぼれ炭石蕗さく土に濡れにけり 石原舟月 山鵲
ごみ箱のわきに炭切る餘寒かな 室生犀星
さび鮎やぶちまけて炉に炭足せり 石川桂郎 高蘆
しぐるるや炭が火となるさみしき香 三橋 迪子
したたかに炭こぼしけり雪の上 銀獅 五車反古
それそれと招ばるゝ美濃の桜炭 高澤良一 ぱらりとせ
たかし亡し梅雨の炭挽く静けさに 小林康治 玄霜
たまさかの家居炭など挽きもして 横田直子
たッぴつに雲水炭をつぎくるゝ 久保田万太郎 流寓抄
ちとの間は我宿めかすおこり炭 一茶 ■文化二年乙丑(四十三歳)
つぎつぎて通夜の火鉢の炭乏し 上村占魚 球磨
つぎ去りし炭うつくしく火うつくしく 後藤夜半
つげばなをくだけながらや熾し炭 広瀬惟然
つややかに炭となりたる木目かな 岸本尚毅 舜
なが性の炭うつくしくならべつぐ 長谷川素逝 暦日
なべ炭の燃ゆる霜夜や生姜酒 水田正秀
はかり炭買うてゆききにまぎれけり 森川暁水 黴
はかり炭買うて寄合世帯かな 森川暁水 黴
はかり炭買ひゐて夕餉おくれけり 森川暁水 黴
はかり炭買ひゐるところ見られけり 森川暁水 黴
ぱち~と椿咲けり炭けぶり 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
まじ~と炭つぐ手元見られつゝ 高橋淡路女 梶の葉
まらう人に炭挽すがた見られ鳧 高井几董
めつむりて奈落一瞬炭匂ふ 石橋秀野
もてなしの獣炭でありにけり 佐々木六戈 百韻反故 初學
ゆるゆると熾りて美濃の桜炭 高澤良一 ぱらりとせ
よき炭のよき灰になるあはれさよ 高浜虚子
よそ事と思へぬ話炭をつぐ 間浦葭郎
クリスマスツリーにふれて炭運ぶ 菖蒲あや 路 地
ダム尻を船で渡しぬ三依炭 西本一都 景色
トロイメライ余りに炭の母が強く 平井さち子 完流
ベランダを亜炭がよごし日短か 原田青児
一々に意地悪く炭つぎ直す 鈴木花蓑句集
一日の炭撫減らす火桶かな 横井也有 蘿葉集
一番炭朝の佛間に匂ふなり 熊田鹿石
三伏や七輪と炭調へて 中村雅樹
三十を諾ひ素手に炭掴む 佐野美智
三声ほど炭買はんかといふ声す 高浜虚子
三峰へ寄進の炭を子にも負はせ 有本銘仙
三日はや峡のこだまは炭曳くこゑ 加藤楸邨
丹念に炭つぐ妻の老いにけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
乾鮭を挽ば木のはし炭の折 高井几董
二人して坐せば二人に走り炭 岩崎素水
二夜三夜風刺す炭を惜みなく燃せ 杉山岳陽 晩婚
二階より見られて父と炭をひく 菖蒲あや 路 地
亜炭かす捨てる庭先梅ふふむ 原田青児
人の葬に炭殻踏んで最短距離 菖蒲あや 路 地
人日の客をもてなす炭の色 山田弘子 こぶし坂
今日の余白に真赤な炭と碁盤の斑 平井さち子 完流
佳きことのありて跳炭愉しくて 岩崎 すゞ
侘しさよ藁灰の中に燻る炭 寺田寅彦
冬はいつ火宅出でけん車炭 正友 選集「板東太郎」
冬寒く舟より炭を我あげし 松瀬青々
冬鵯のこゑのつばらに炭点前 中村祐子
冴返る朝やうばめの炭のおと 幸田露伴 礫川集
出家して間なしと炭をつぎくるゝ 森田峠 避暑散歩
分てやる隣もあれなおこり炭 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
切口に丹波のにほふ桜炭 羽田岳水
切口に日あたる炭や切り落とす 石鼎
切炭に火種やさしく添へてやる 元田千重
切炭の火は花のごと奥吉野 澤井我来
切炭や下戸なき里の朝枕 調和 選集「板東太郎」
切炭や師匠の言はれしを雪の垣 言求 選集「板東太郎」
切炭や雪より出づる朝烏 言水 選集「板東太郎」
切炭や青葉のゆかり冬なき里 才丸 選集「板東太郎」
切炭や風の関もる机火の床 調古 選集「板東太郎」
刎ね炭の上に怒りを移しけり 永田青嵐
初午へ昼餉やすみの選炭婦 安部伏荷
初釜の炉に太き炭一文字 佐野美智
初釜の炭を洗ひし日和かな 飯田 法子
初釜の用意の炭を洗ひ置く 三宅節子
初雪の富士に炭つぐ老大父 長谷川かな女 雨 月
別れ霜昨日こぼした炭の粉に 綾子
割炭や柚が名残の鉄火箸 若風 選集「板東太郎」
厄年のはじまる炭の香なりけり 細川加賀 『傷痕』
古草や炭切る息の平らけく 斎藤玄 玄
合掌をほどいて炭をつぎにけり 大橋櫻坡子 雨月
吊橋に犬来て軈て炭負女 岡安迷子
君が居に久しの炭をつぎにけり 八木林之介 青霞集
和服着て炭を切りゐる三日かな 黒川白舟
咳しつつ炭つぎゐしもしんとしぬ 篠原梵
喪の家の炭で炭割る音澄みて 高木勝代
坂で逢ふ炭を配達する父と 菖蒲あや
坑千尺炭層つづく縞また縞 三谷昭 獣身
堅炭の尉の厚さよ更けにけむ 石塚友二 光塵
堅炭をもて堅炭を割りにけり 野田別天楼
夕風の海へ炭屑はたきけり 金尾梅の門 古志の歌
外套どこか煉炭にほひ風邪ならむ 森澄雄
夢に見る亡父未だ炭をかつぎをり 菖蒲あや 路 地
夥かに炭こぼしけり雪の上 銀獅
大ぶりや修行者埋む炭がしら 井原西鶴
大嶺や裾曲の道を炭車 山口誓子
天暗し炭塊寒く地に光り 三谷昭 獣身
夫へ来る嫌ひな一人炭つぎに 丸橋静子
失職や梅雨の炭つぐ掴み来て 小林康治 玄霜
奥山やめでたきものに飾炭 原石鼎 花影以後
妹叱つて独り者めくいぶり炭 渡辺水巴 白日
妻にのみ月日つもるや炭頭 齋藤玄 飛雪
妻哭かせ崩れきつたる炭の尉 小林康治 四季貧窮
子規鳴雪の若き写真に炭をつぐ 長谷川かな女 雨 月
学間のさびしさに堪へ炭をつぐ 山口誓子 凍港
安炭のはしたなき音して熾る 風生
家ぢゆうをかなしませ炭いぶるなり 山口波津女 良人
家守りて炭つぐ隙も胸暗し 石塚友二 光塵
密林にこぼるゝ炭も霜を着け 前田普羅 飛騨紬
寒弾きや寸を揃へし炭の形 永井龍男
寒波にただよひはてて炭の欠け 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
寒牡丹炭ひく音をはばからず 橋本多佳子
寺大破炭割る音も聞えけり 河東碧梧桐
尉もまた見て貰ふもの桜炭 広瀬ひろし
小説も下手炭をつぐことも下手 久保田万太郎 流寓抄
小野ゝ炭匂ふ火桶のあなめ哉 蕪村 冬之部 ■ 老女の火をふき居る畫に
小野炭や手習ふ人の灰ぜせり 松尾芭蕉
屑炭を継げば枯野の匂ひけり 中村楽天句集 中村楽天
山すでにたび~雪や炭を負ふ 水野六江
巫女白し炭をつかみし手をそゝぐ 前田普羅 飛騨紬
帷子や袖に野風呂の走り炭 会津八一
平和論掻く粉炭の底息づく 桜井博道 海上
年あたらし炭の火となる音にゐて 西垣脩
年けはし炭欲る心打ち捨てたり 竹下しづの女句文集 昭和十四年
年終る星美しや炭かつぎ 菖蒲あや 路 地
底冷えの炭の匂ひを吸ひにけり 中田剛 珠樹以後
弟子某甲炭を挽き居る姿かな 尾崎迷堂 孤輪
御正忌の百の火鉢の炭をつぐ 瀬川美代
御簾の間に備長炭の熾りゐて 山口超心鬼
心幽に折々炭をつぎにけり 大須賀乙宇
怒の炭燃してはすぐ炭惜しむ 杉山岳陽 晩婚
思ひ出は美しかなし炭をつぐ 原田青児
思ふこと日に~遠し炭をつぐ 高浜年尾
急峻にかかり炭橇ふと技見す 加藤知世子 花寂び
悼文霞 白炭の骨にひらくや後夜の鐘 蕪村遺稿 冬
惜みなく炭つがれあり京の宿 乾一枝
慰めの言葉もなくて炭をつぐ 山本 嘉代子
我事にわが嘆きある燻炭 石塚友二 光塵
戸口より落花ひとひら炭点前 佐野美智
手紙読むや子がつぎし炭起り来し 碧雲居句集 大谷碧雲居
打水の土凹ませて炭運ぶ 右城暮石 声と声
撥炭や小芥子おばこは子の胸に 齋藤玄 飛雪
日のさして炭のかけらが泥まみれ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
明日のため大年の夜を炭かく音 栗生純夫 科野路
星の飛ぶたぐひなるべし走り炭 古白遺稿 藤野古白
星凍つ下煉炭とれぬ幾家族 古沢太穂 古沢太穂句集
暗がりの炭踐みわりし板間かな 会津八一
更くる夜や炭もて炭をくだく音 蓼太
更る夜の炭に鼠の匂ひかな 安介
朝晴にぱちぱち炭のきげん哉 小林一茶
朝炭を切り菊をいぢつてをつた一日 梅林句屑 喜谷六花
木々の青空炭出しの日もひとり 友岡子郷 遠方
木曾のなあ木曾の炭馬並び糞る 金子兜太
木賊枯るゝ雨に炭馬着きにけり 金尾梅の門 古志の歌
杉山の水に視られて炭を負ふ 六角文夫
松炭のくらがりに耐え白くなる 穴井太 土語
松過ぎの後山に淀む炭煙り 飯田蛇笏 椿花集
核心に触れぬ話や炭をつぐ 安部悌子
桜炭ほのと師弟に通ふもの 竹中弘明
桜炭ほのぼのとあり夕霧忌 後藤夜半 翠黛
桜炭切つて銀座の裏に住む 杜藻
桜炭明治の言葉うつくしき 古賀まり子 緑の野
桜炭昔の匂ひして熾り 細川子生
梅が香や湯立のあとの炭の切 内藤丈草
梅雨しげく炭車は長くのろく長く 横山白虹
極月や鶴来の宿に炭継いで 黒田杏子 花下草上
櫻炭ほのぼのとあり夕霧忌 後藤夜半
歌いまくる炭子の唄に銀漢伸ぶ 金子兜太
歓談一時夫にゆだねて炭出しに 平井さち子 完流
正月がすぎゆく固き炭を挽く 百合山羽公 故園
母憶ふ炭の火色のやはらかし 千代田葛彦 旅人木
水底の草炭十尋水澄めり 中戸川朝人 尋声
沙弥の頃炭つがされし炭をつぐ 山口笙堂
泣きたくなる父に代りて炭かつぎ 菖蒲あや 路 地
泣きはじめありて女に炭がなし 萩原麦草 麦嵐
海没炭黒き貝秘め薄冬日 中戸川朝人 残心
渓石を渡り馴れたり炭荷馬 内藤吐天
温泉の宿の炭ストーヴの可愛らし 高濱年尾 年尾句集
潮満ちぬ炭挽いてゐし顔暮れぬ 藤田湘子 途上
澄むといひ濁るといふも炭の音 中瀬喜陽
濤音へあけて炭つぐ置炬燵 石田波郷
濤高き夜の煉炭の七つの焔 橋本多佳子
火に群れて炭のごとしよ冬の海女 友岡子郷 風日
火吹竹吹けばぱちぱち炭起る 高月 ポプラ
火桶炭團を喰事夜ごとごとに一ツ宛 蕪村遺稿 冬
火鉢だき炭はゆたかにただ遠き 捷平
火鉢各々に炭つぎ足して更けにけり 青峰集 島田青峰
灰ならす手のつと伸びて炭をつぐ 河野美奇
灰染めて色に出けり櫻炭 石塚友二
炉に炭を組むなり文字を書くごとく 伊藤敬子
炉の辺に出稼ぎ話走り炭 今泉貞鳳
炉開きの炭寄り添ふに風の音 櫛原希伊子
炉開きや炭も桜の帰り花 正岡子規
炉開や炭の香守る人の顔 霞夫
炎天へ炭車影ごと突つ放す 小川雅英
炭あけを我も稚き日はしたり 松瀬青々
炭あたりなれと祈れり師の伏すを 石川桂郎 含羞
炭いよゝ乏しくも壺の菊しづか 渡邊水巴 富士
炭かく音りんとひびくはただ一音 栗生純夫 科野路
炭かつぎ堪へねばならぬことばかり 菖蒲あや 路 地
炭かつぐ力出すとき声を出し 菖蒲あや 路 地
炭かつぐ背をジングルベルはやす 菖蒲あや 路 地
炭がいる立ち話を窓の雨催ひ 原田種茅 径
炭が火となりゆく匂ひきりぎりす 渡辺純枝
炭くだく手の淋しさよかぼそさよ 一茶
炭くだく槌のよごれて置かれあり 高濱年尾 年尾句集
炭ついでかそけき音のたちそめし つや女
炭ついでさらりとふざけゆきにけり 星野立子
炭ついでしぐれに居りぬ吉野山 石井露月
炭ついでしづかに吾にもどりけり 芦川源
炭ついでしまへど言葉みつからず 牧野美津穂
炭ついで一つの悔に触れにけり 中島斌雄
炭ついで去る小婢の後を見し 青峰集 島田青峰
炭ついで火照りの顔を旅にをり 森澄雄
炭ついで父のわれのみ通夜ひとり 上村占魚 球磨
炭ついで青梅見ゆる寒さかな 室生犀星 魚眠洞發句集
炭つかむ荒炭の世にあるかぎり 百合山羽公 寒雁
炭つがせ夫が話のあるらしく 大橋こと枝
炭つがれ急いで帰る用もなく 隈柿三
炭つぎしにほひ臥処をつつみ来し 篠原梵 雨
炭つぎつ昼はそのまま夜となんぬ 信子
炭つぎてさらりとふざけゆきにけり 星野立子
炭つぎて釜の松風もどりけり 手塚基子
炭つぐいく度かして鄙びた師を見つ 梅林句屑 喜谷六花
炭つぐにさうこまごまと云ふはいや 稲畑汀子 汀子句集
炭つぐにつけても性や荒々し 高濱年尾 年尾句集
炭つぐやわが家の芯の古火桶 百合山羽公 寒雁
炭つぐや世帯くるしき座りざま 増田龍雨 龍雨句集
炭つぐや人の慈言に泣くこゝろ 西島麥南 金剛纂
炭つぐや寝静まりたる吉田町 五十嵐播水 播水句集
炭つぐや浪花のやどり宵浅く 道芝 久保田万太郎
炭つぐや静かなる夜も世は移る 播水
炭つぐや頬笑まれよむ子の手紙 杉田久女
炭つぐ事の下手な男で不平を持つてる 人間を彫る 大橋裸木
炭つげばべこの玩具が首を振る 大久保白村
炭つげばまことひととせながれゐし 長谷川素逝 暦日
炭で炭を叩けば炭は吟ずらく 無法
炭とりに出て風花の夜も舞へり 風生
炭にくる鼠にわらふ夫婦かな 森川暁水 黴
炭にくる鼠の立つてあるきけり 森川暁水 黴
炭に火の移る音高き夜半かな 月嶺句集 松田月嶺、名和三幹竹編、大須賀乙字選
炭に酔ひし子は雪深き星みつけ 阿部みどり女
炭のにほひす故人爐の端へ来る 中塚一碧樓
炭の塵きらきら上がる炭を挽く 川崎展宏
炭の火に並ぶきんか(金柑頭)のひかりかな 北枝 俳諧撰集「有磯海」
炭の火に峯の松風通ひけり 一茶
炭の炎の美しく立つ旅愁かな 長谷川双魚 風形
炭の熨日のあたたかくさしにけり 石川桂郎 四温
炭の粉の大根に散りし厨かな 内田百間
炭の荷や早瀬へまでを人の背に 尾崎迷堂 孤輪
炭の輪の隈とる縞は美しきかな 室生犀星 犀星発句集
炭の香のして草笛を吹く寺よ 田中裕明 櫻姫譚
炭の香のたつばかりなりひとり居る 草城
炭の香のなみださそふや二の替 道芝 久保田万太郎
炭の香のはげしかりけり夕霧忌 日野草城
炭の香のほのかにものをこそおもへ 倉田素商
炭の香の雪をさそふや夕霧忌 小林羅衣
炭の香や僞筆の虎の寝ぼけ面 会津八一
炭の香や奥に聞ゆる咳払へ 会津八一
炭の香や嬌やぎそむる吾子の指 日野草城
炭の香や温めてゐたる出雲弁 石塚友二 光塵
炭の香や絵巻ひろげて主客こごむ 松本たかし
炭の香や花葩餅の紅ほのと 木村 ふく
炭の馬伊香保の町につゞきけり 増田龍雨 龍雨句集
炭はぜしのちの夫婦の何を待つ 山口波津女
炭はぜし音に動ぜぬ点前かな 井桁敏子
炭はぜてうつつにかへる夜の畳 福島小蕾
炭はぜて葱に飛びたり夜新し 綾子
炭はぜるともしのもとの膝衣 鈴木しづ子
炭はぬる山での事を申さうか 寺田寅彦
炭はぬる音さへ除夜のごとくにて 清原枴童 枴童句集
炭はねて又静かなる塗火桶 伊丹丈蘭
炭はねて眉根を打ちぬ鮟鱇鍋 中田余瓶
炭は火になり急ぎつつひたすらに 細見綾子
炭は火に人は眉あげゐたるかな 加藤楸邨
炭は火に火は灰に時は荏苒と 林翔 和紙
炭ひいて稍まぎれたる愁かな 松本たかし
炭ひくを幽禽来る椿あり 高田蝶衣
炭よけれ手掴みなるが尚よけれ 宇多喜代子 象
炭をおこすかくも手荒く萩を祈り 殿村莵絲子 花 季
炭をつぎかけて用事にかまけつゝ 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
炭をつぐことにも姿ありにけり 山田弘子 こぶし坂以後
炭をつぐとは稿をつぐ如くにも 成瀬正俊
炭をつぐ仕種の有りて話しよし 高岡うさ
炭をひき俎を噛む鼠かな 森川暁水 黴
炭をひくうしろしづかの思かな 松本たかし
炭をひく下部ゆがまぬ心かな 召波
炭をひく後しづかの思かな 松本たかし
炭をひく誰にもかへり見られずに 菖蒲あや
炭をもて炭割る音やひゞくなり 高浜虚子
炭をもて炭打つ闇を測るとて 高橋睦郎 稽古
炭を出す嗅ぎよる犬に声をかけ 稲垣きくの 黄 瀬
炭を出す間に月のさし霰降り 大橋櫻坡子 雨月
炭を切る手元暮れゆく落葉かな 村山たか女
炭を割るわれに小さき森の月 阿部みどり女
炭を割る乾ける音の冬日和 田村木国
炭を割る内庭の空を鳥とほる 孝作
炭を割る音夕凍みのむらさきに 大野林火
炭を挽く地より逃れ得ぬ父よ 菖蒲あや 路 地
炭を挽く妻に夕陽の微塵立つ 桂樟蹊子
炭を挽く手袋の手して母よ 河東碧梧桐
炭を挽く鋸として朽ちのこる 百合山羽公 故園
炭を挽く静な音にありにけり 高浜虚子
炭ッ子と呼びて備長炭愛す 後藤比奈夫 めんない千鳥
炭一箇炎に包まるるとき忘と 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
炭借りて描くお岩木山の雁渡し 鳥居美智子
炭出してゐる音す母か妻か 田村了咲
炭出すやさし入る日すぢ汚しつゝ 芝不器男
炭出すや寒うち焚かぬ湯殿より 阿部みどり女 笹鳴
炭出すや猫の泣きゐるまくらがり 蓼汀
炭切つて貰ふ一劃雪を掻く 殿村莵絲子 遠い橋
炭切りし跡幾日もかゞやけり 殿村莵絲子 遠い橋
炭切りの帰りし木戸のはためける 殿村莵絲子 遠い橋
炭切りの跡は掃かれて冬の雨 永井龍男
炭切るも茶事の一端花ゑんじゆ 神尾久美子 桐の木
炭切るや柊ありて寒き庭 内藤吐天
炭切るや焚火の灰を且つ被り 阿部みどり女 笹鳴
炭切る母貨車にひかりを奪はれつゝ 磯貝碧蹄館 握手
炭割って一碧楼忌家居せむ 藤田 尚
炭割つてきてきらきらと目うつくし 楸邨
炭割つて一碧楼忌家居せむ 藤田尚
炭割るや片足萎へが裾引きて 小林康治
炭割れば雪の江のどこに鳴く千鳥 前田普羅
炭匂ふ雨夜は母とゐるおもひ 近藤一鴻
炭吹いて埋もれ火さがす源内侍 筑紫磐井 野干
炭吹きてしばらく何も肯んぜず 中村汀女
炭国の丹波はさむし遅桜 大谷句佛 我は我
炭塵によごれしまゝの御慶かな 森山 抱石
炭子の子父の辺にゐて日向跳ぶ 森 澄雄
炭少し是や今宵の馳走ぶり 広瀬惟然
炭屑にいやしからざる木のは哉 榎本其角
炭屑に小野の枯菊にほひけり 几董
炭屑もこぼさぬ朝の氷かな 清水基吉 寒蕭々
炭山にげんのしようこの花のみち 高濱年尾 年尾句集
炭山は尾根を重ねて月遅し 高濱年尾 年尾句集
炭手前済みつり釜はしづまりぬ 及川 貞
炭挽きし汚れ夫には近づけず 山口波津女 良人
炭挽くや訪ふ声を聞きもとめ 小杉余子 余子句選
炭挽くを長く見てゐて悲しくなる 橋本美代子
炭掴み主婦のよろこびここにもあり 山口波津女 良人
炭掴む手袋にして妻のもの 竹原梢梧
炭撰り女二人対きあひ草萌ゆる 石川桂郎 高蘆
炭橇に犬が吠えをり人が曳き 加藤楸邨
炭熾りすぎたる手炉に手を置かず 辻本斐山
炭熾る余属音の寂しさは 井戸昌子
炭熾る音にほのかに未来追ふ 川口重美
炭燃えてひとなつかしき霜夜かな 太田鴻村 穂国
炭燃して六月寒き海に耐ふ 長谷川かな女 雨 月
炭燃やしつゝ吾が行方さだまらず 杉山岳陽 晩婚
炭燠る不思議をしばし叔母の家 藤田あけ烏 赤松
炭田に赤馬彳てり冬没日 三谷昭 獣身
炭盗むたんぽぽ色の冷害野 古館曹人
炭積みし舟ゆるやかに瀞下る 橋本鶏二 年輪
炭積んで落ち来る木曾の筏かな 柑子句集 籾山柑子
炭箱に顔さし入れてくさめかな 富田木歩
炭継ぎて胸の奥処にしまふこと 江頭 信子
炭肩にいやしからさる木のは哉 其角
炭背負ひ仰ぐといふこと父になし 菖蒲あや 路 地
炭舟や筑波おろしを天窓から 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
炭色の夜空の下の雪の山 高木晴子
炭薪貧の帖尻底抜けに 石塚友二 光塵
炭負うて両の手の杖はこびくる 岡安迷子
炭負のきらりと横目ゆきちがふ 森澄雄 花眼
炭負のよく見れば目を瞠りゐる 加藤楸邨
炭負の地を掴まねば立ちあがれず 増田達治
炭負ひて亡母かとも見え父来ます 木附沢麦青
炭負へり力いつぱいに生きてをり 千代田葛彦 旅人木
炭負女小走りに日が谿くだる 佐野操
炭負女胸圧されては梅ひらく 萩原麦草 麦嵐
炭負女追ひぬいて水奔りけり 大串章
炭負女通り教師の窓暮るる 木村蕪城 寒泉
炭負女降り来し嶮とおもはれず 伊藤水城
炭買うて女は泣きぬこぼれ日に 萩原麦草 麦嵐
炭買ひにいづれも寒き女づれ 萩原麦草 麦嵐
炭賣に日のくれかゝる師走哉 蕪村遺稿 冬
炭賣の娘のあつき手に触りけり 飯田蛇笏
炭車うち重なりてたふれたる 尾崎真理子
炭車かたよせあるや梅が下 西山泊雲 泊雲句集
炭車去り日没つる方に汽笛寒し 三谷昭 獣身
炭車押す重たくなりし汗の腕 戸澤寒子房
炭運び込むとき見えし飾雛 菖蒲あや 路 地
炭馬とならぶもしばし狩づかれ 米沢吾亦紅 童顔
炭馬にあひし頃より道嶮し 山下豊水
炭馬にしばし挟まれゆく山路 田村了咲
炭馬のおほきな顔へ雨のつぶ 栗生純夫 科野路
炭馬のくびきの軋み紛る街 成田千空 地霊
炭馬のとがれる貌を真近にす 伊藤通明
炭馬のとどまりて大いならんとす 栗生純夫 科野路
炭馬の下り来径あり蜜柑山 篠原鳳作
炭馬の手綱墓を縛れり何の咎ぞ 栗生純夫 科野路
炭馬の町に降り来て大き雷 長谷川かな女 花寂び
炭馬の荷に挿して来ぬ納札 米澤吾亦紅
炭馬の鞍馬に著くはいつも午 山岸舎利峯
炭馬や来し方はただ山重畳 栗生純夫 科野路
炭馬を崖におしつけとほしくれ 森沢蒼郎
炭馬過ぐ林間を勁き電話線 中拓夫 愛鷹
点炭をわすれけり冬の置所 露言 選集「板東太郎」
煙立てゝ炭切る手許日の中に 温亭句集 篠原温亭
燻り炭をんなの息を足しにけり ほんだゆき
燻り炭置き直してはいぶらする 相馬 黄枝
燻り炭胎児に代り妻むせぶ 鷹羽狩行 誕生
燻炭の黒の極みに一飛鳥 成田千空 地霊
燻炭を作る籾殻山ならむ 藤田あけ烏 赤松
爐塞ぎや火鉢わびしき炭頭 会津八一
父の忌の夜更けて香り桜炭 大野崇文
父の忌の暮れ煉炭に薬罐のる 菖蒲あや あ や
物思ふとぎれや炭のはしる音 鷺喬
犬ふぐり炭の嘆きも終りけり 石塚友二
瓦斯燃ゆる音火の炭にうつる音うしろ 篠原梵
病む母に見上げられつつ炭をつぐ 小原菁々子
白炭の割りて粉のなし十三夜 毛塚静枝
白炭の組み方までは教へざり 後藤比奈夫 めんない千鳥
白炭やかの浦島が老の箱 松尾芭蕉
白糸にむすびてさびし飾炭 原石鼎 花影以後
看とり疲れの夜をいぶる炭ぼうと火になる 人間を彫る 大橋裸木
真炭刻る火箸を斧の幽か也 榎本其角
眼伏せて炭ついでゐる無言かな 青峰集 島田青峰
瞑りて炭切ることよ夕間暮 川端茅舎
知らぬ間に知らぬ間に炭つがれあり 小島ミサヲ
石見路にあへる材木車炭車 鈴鹿野風呂 浜木綿
秤炭買うて湯治の老夫婦 岡安迷子
税下がる話ほんとかいぶり炭 村山古郷
稿すすみ居るらし夫の辺炭はぜて 平井さち子 完流
積み終へし炭馬を引き向きをかへ 江里ろすい
穴釣に炭配るとふ橇遠し 手島靖一
空たれて炭地区の径蓖麻枯るる 飯田蛇笏 雪峡
竹の戸に炭鋸を道具かな 才麿
笹の炭嚥ませし幼な水中り 山本悠水
粉炭に染みてなほある小石かな 前田普羅
粉炭のよく起きてゐる灰の中 立子
粉炭の火掻けばたのしき真紅あり 篠原梵 雨
紀ノ國は木よりも炭の美しき 高橋睦郎 稽古飲食
紅梅や主婦ら相寄り炭運ぶ 岸風三楼 往来
継ぐ炭の節あきらかに見たりけり 原田種茅 径
美しき姿崩れず炭の尉 瀧井孝作
老い初めし光陰たふとしや炭掴む 栗生純夫 科野路
老しづかおのが炭挽く音の中 皆吉爽雨
肘をわけて枕炭には冬もなし 吟松 選集「板東太郎」
肩だこを撫でて温泉にをり炭負は 加藤楸邨
胴炭の真一文字の淑気かな 西川 織子
胴炭も置心よし除夜の鐘 不白
艶なるやつゝじの炭に火がうつる 松瀬青々
芒野のところどころにこぼれ炭 鈴木月彦
花のなき床には飾れ炭二三 高橋睦郎 稽古飲食
花付けり炭木に運ぶ椿にも 茨木和生 往馬
花枇杷につゞく曇りや炭を切る 十黄第一句集 小田島十黄
花活けて面テさやかや炭をつぐ 増田龍雨 龍雨句集
苦吟たる和尚の眉や炭崩れ 河野静雲
草の戸や暮夜につまづく炭の端 青々
萩が咲き炭買はむなど心急く 殿村菟絲子 『繪硝子』
蕪村忌や夕路地炭を頒つらし 兌
藁炭のふる霜月の遠あぜみち 筑紫磐井 未定稿Σ
虫出しや炭切る杣のほとけ貌 つじ加代子
蛙鳴く煉炭の残り火にうどんかける 古沢太穂 古沢太穂句集
蟇がゐて夕闇の炭出してもらふ 及川貞 榧の實
蟷螂の黒炭のごとなりても生く 宮坂静生 青胡桃
行としや市にきしろふ炭翁 上島鬼貫
行年や炭かじる子のさむしろに 室生犀星 犀星発句集
裏富士を傾き出でて炭車 相生垣瓜人 微茫集
製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす 臼田亞浪 定本亜浪句集
見つゝある炭のたちゆくいとまかな 尾崎迷堂 孤輪
触るゝより却て遠き炭熾る 篠田悌二郎 風雪前
詰腹を迫る書斎や炭崩れ 河野静雲
誰も居らぬと思ふ時炭を挽く音す 高田蝶衣
諸鳥は朝日の中や炭を切る 大峯あきら 鳥道
買ふたびに値の上る炭つぎにけり 川口益広
贈られて木目うるはし桜炭 大木あまり 火球
赤い実もはかり込だる粉炭哉 一茶 ■享和三年癸亥(四十一歳)
赤とんぼ火炭しをからとんぼ灰 上野泰 佐介
赫々と炉火活きて炭いぶりやむ 仙波花叟
路地曲るとき父まだ炭を挽きゐるかと 菖蒲あや 路 地
跳炭に焦げし*鞴を祀りけり 黒木青苔
通り庭ある京の家炭を挽く 神田敏子
逢ひたい、捨炭《ボタ》山が見えだした 種田山頭火 草木塔
遊ばせて置く手淋しく炭をつぐ 遠藤はつ
選炭婦炭塵によごれみな若き 栗林一石路
金星や賜ひし炭を火にしつゝ 中村草田男
鈴虫に炭を濡らして置きしこと 後藤夜半 底紅
銭かぞふ炭に汚れし父の指 菖蒲あや 路 地
長崎の忌と炭天の塔かすか 原裕 葦牙
門口に結びて太き飾炭 滝沢伊代次
雨三日柚味噌づくりの炭赤し 井上雪
雨音に風まじへきつ炭をつぐ 原田種茅 径
雪山をへだてて見ゆる炭山疲れ 齋藤玄 『無畔』
雲水のつぎくれし炭熾りけり 久保田万太郎 流寓抄
霜がれや鍋の炭かく小傾城 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
霜に駈けて林檎童子と炭童子 知世子
鞍馬炭門に著きたる時雨かな 比叡 野村泊月
頬杖や心よそなる炭をつぐ 忍月
風吹けばふり込雨や炭けぶり 乙二
風炉運び炭生けくれぬ花の冷 後藤夜半 底紅
飛騨の炉に飛騨の女の炭をつぐ 高野素十
髷の雪ぬぐはず炭を足し居りぬ 阿部みどり女 笹鳴
鬱屈の火花を弾くいぶり炭 倉田信司
魚写す紙の皺のし炭をつぐ 長谷川かな女 牡 丹
鯵刺も康治が簷も炭まぶれ 石塚友二
黒き炭割り幸せを願ふかな 村越化石 山國抄
鼠出て炭ひきよごす畳かな 森川暁水 黴
●炭火
いまはむかし壺で炭火を消すことも 長谷川照子
うつくしき炭火蕪村の忌なりけり 岸風三樓
うらぶれし夜は美しき炭火かな 鷲谷七菜子 黄炎
かきたてゝ炭火へりゆく旅籠の夜 河野扶美
かまくらのうしろの闇へ炭火捨つ 牧石剛明
くらがりに炭火たばしる雨月かな 石田波郷
くらがりに炭火の紅や何言はむ 齋藤玄 飛雪
くわん~と炭火おこれり師走店 温亭句集 篠原温亭
こころよき炭火のさまや三ヶ日 飯田蛇笏
どぜう屋の炭火真紅に冬来る 細見綾子 黄 瀬
はや炭火の音なくて心みだれ 梅林句屑 喜谷六花
ひとり詠むわが詩血かよふ炭火かな 飯田蛇笏 山廬集
ふつ~と血を吸ふ炭火さはやかに 篠原鳳作
ほとけより美しかりし炭火かな 内田美紗 誕生日
もてなしの貧の炭火をふきにけり 西島麦南 人音
ものおもひ居れば崩るる炭火かな 樗堂
わがうしろ炭火匂ひて運ばるゝ 平田佐久男
わがまなこくらくてならぬ炭火掻き 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
わが母とゐるごとく居て炭火美し 岡本眸
ドン・キホーテに道化けて疲る夜の炭火 宮坂静生 青胡桃
ローマンの夜は炭火守るかなしさよ 河野南畦 『花と流氷』
一喘の焔を上げし炭火かな 鈴木貞雄
七輪に炭火熾して靴磨き 添野光子
亢ぶれる炭火を運びきたるひと 辻桃子
人がなす冬蚕に炭火赫々と 栗生純夫 科野路
人来ずや炭火を吹つ茶を煮をり 岩木躑躅
人訪ひて炭火賜ふも天城かな 渡辺恭子
何も彼も遙に炭火うるみけり 石田波郷
倖をさぐる手かざす炭火かな 杉山岳陽 晩婚
倖を炭火の如くあたゝむる 野見山ひふみ
先生の通夜の炭火でありにけり 鈴木しげを
刀鍛冶炭火の色を育てをり 岡田朔風
初釜の炭火をわたる山の色 森句城子
別るゝや炭火なほ燃え閑古鳥 渡辺水巴 白日
厨よりのはげしき炭火もてなさる 宮津昭彦
壷焼や炭火に並ぶ人の顔 温亭句集 篠原温亭
夜もすがら句作る炭火育てけり 銀漢 吉岡禅寺洞
夜祭や炭火に猛ける捨煙草 角川源義
妻の愚痴わが愚痴炭火うつくしく 岸風三楼 往来
妻泣かすはほとほとかなし炭火見る 杉山岳陽 晩婚
寒泳の炭火を土の上に焚く 田中午次郎
寝ぬる頃少し残りし炭火かな 石井露月
対き合うて安堵の炭火いや燃やす 杉山岳陽 晩婚
小庵や夕づく炭火にほやかに 西島麦南 人音
屠蘇注ぐや袂の隙に炭火赤し 中村汀女
山樫の炭火に燃ゆる古葉かな 西島麦南 人音
岩魚焼くうすくれなゐの炭火かな 佐川広治
己れもの言はねば炭火に呟かる 林翔
年かはり炭火匂つてゐるばかり 藤木清子
幼にして運命数奇炭火濃し 野見山朱鳥
庭を来る山家料理のよき炭火 桂樟蹊子
庭枯れて遺愛の一間炭火燃ゆ 渡邊水巴 富士
廊暗し炭火を運ぶ僧に逢ふ 加藤楸邨
弱り目祟り目炭火に灼けで湯に灼けたり 磯貝碧蹄館 握手
弾初にあかり立てゐる炭火かな 増田龍雨 龍雨句集
心赤し炭火ゆ灰を削ぎ落し 中村草田男
恋愛の漠たる探り炭火掻く 石塚友二 方寸虚実
我が憂き顔の凸凹を感じ炭火吹く 人間を彫る 大橋裸木
或夜半の炭火かすかにくづれけり 芥川龍之介
手を裏がへしても炭火の翳がある 近藤一鴻
斯かる人ありきと炭火育てつつ 星野立子
方丈の炭火艶めく近松忌 藤村たけし
星のごと光り消えたる炭火中 高浜虚子
朝々の炭火つゆけく菜種咲く 金尾梅の門 古志の歌
本の背炭火あかりに立ちならぶ 篠原梵
汝が涙炭火に燃えて月夜かな 飯田蛇笏 山廬集
泥鰌屋に厄日の炭火熾んなり 鈴木鷹夫
流燈は炭火のくらさ横手川 高澤良一 素抱
消えてゆく炭火に時を惜しみけり 高橋淡路女 梶の葉
漆屋の炭火の灰の盛り加減 伊藤敬子
濡れ豆腐焼くや炭火の総紅蓮 中村草田男
炭火あたたかし壺に菜の花あり 川島彷徨子 榛の木
炭火かぎろふまひる目白の声しげき 金尾梅の門 古志の歌
炭火しづか無理難題の美しく 正木ゆう子 静かな水
炭火たゞ見まもりて寝惜しむとなき 金尾梅の門 古志の歌
炭火の香うつり易しや若き掌は 野澤節子 黄 瀬
炭火ふくおちよぼ口してをさな顔 上村占魚 球磨
炭火みる時間充分ありにけり 杉野一博
炭火吹き働く齢のこりをり 米沢吾亦紅 童顔
炭火吹き技師の宿命を妻は知る 米沢吾亦紅 童顔
炭火吹くやまざと幼きおのが顔 林原耒井 蜩
炭火吹く口むけられてくらみけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
炭火吹く口尖らして人あはれ 高橋淡路女 梶の葉
炭火吹く祖母美しい日暮かな 森下草城子
炭火吹く頬のふくらみをよしと見し 林原耒井 蜩
炭火掻き出してでびらをあぶりけり 茨木和生 往馬
炭火赫と虚無の弁舌うべなへり 赤尾兜子
炭火途中にて真つ黒に消えゐたる 右城暮石 声と声
熾んなる炭火に声をおとしつつ 佐野良太 樫
熾んなる炭火ほてりの句帖にも 小林 正夫
畳古り炭火ともしも新娶り 三谷昭 獣身
看護妻炭火一片許されず 細川加賀 『傷痕』
禅僧の瞑りてゐる炭火かな 三森鉄治
竹散るや火熨の舟に炭火載り 中戸川朝人 星辰
緋蕪も飛騨の炭火も赤きころ 石原八束 仮幻の花
罪業の血のうつくしさ炭火に垂らす 篠原鳳作
美しや炭火の白き零落は 鷹羽狩行 五行
翳したる指の隙間に炭火うつくし 篠原梵
育てつゝ炭火に心遊ばせて 元重廉直
臘八会炭火奢りの焔吐き 飯田龍太
薄雪の炭火深雪の炭団かな 小杉余子 余子句選
藁灰のなかの炭火まなかより焔す 梅林句屑 喜谷六花
藪ふかく余震の炭火起りをり 萩原麦草 麦嵐
蛤を炭火に泣かす土間厨 影島智子
行く年の花のやうなる炭火かな 鷲谷七菜子 天鼓
見てをれば心たのしき炭火かな 日野草城
言はざれば炭火の洞にほのほ満つ 西垣脩
言ひかけぬ炭火掻きゐし手をとめて 松岡巨籟
訪ふも憂し訪はれて炭火継ぐばかり 石塚友二 光塵
話しつつかたみに炭火いぢりゐし 篠原梵 雨
調書取る被疑者に炭火継ぎ足して 大谷静
貫かん嘘美しく炭火燃ゆ 福本竹峰
跳炭火の粉宙になほ跳ね愛つらぬけ 川口重美
身につきし北国の癖炭火盛る 高木餅花
逢ふに似てはねる炭火や年忘 石川桂郎 四温
鉛筆もてひろぐ炭火や夫はなし 桂信子 黄 炎
錆鮎の桶に跳ねをり炭火燃ゆ 寺岡捷子
陶器舗のあたりの幽らむ炭火かな 飯田蛇笏 山廬集
雁鳴くや炭火を移す炉の湿り 井月の句集 井上井月
雪の上に炭火旺んや歳の市 暮雪
雪の前炭火ひらきて信濃にゐ 森澄雄
雪の降る夜握ればあつき炭火かな 上島鬼貫
電燈消えて闇に見つめし炭火かな 青峰集 島田青峰
魚串の細腰こがす炭火かな 敬天牧童
鮠を焼く炭火あかあか真室川 田川飛旅子

炭 補遺

あやまちて反古を投ぜし炭櫃かな 阿波野青畝
いつも臥て炭を継ぎたることもなし 日野草城
いぶり炭ありて情のしみじみと 山口青邨
いぶり炭悲しくてつい焔立つ 橋本多佳子
いぶる炭とりのけ春の火桶かな 鈴木真砂女 生簀籠
いまのとき茜大佛炭のおと 岡井省二 五劫集
いもの皮のいぶりて炭の冤に坐す 正岡子規 炭
うたた浅学雪かぎりなく炭に降る 中村草田男
おぢいさんもおばあさんも炭を焼くとて 種田山頭火 草木塔
かかはりもなき靴音か炭をつぐ 鷲谷七菜子 黄炎
かきならす灰にかけらの炭つきず 篠原梵 年々去来の花 雨
かなかなや亜炭掘る小屋いまもあり 山口青邨
かんかんと炭割る顔の緊りをり石田波郷
かゝる世の年の瀬一と日炭割りて 細見綾子 桃は八重
けふの分炭つぎ了る机かな 石川桂郎 含羞
こだはりて夏炉の炭を組み直す 飯島晴子
この冬や炭薪あらば現れ呉れよ 石塚友二 磯風
さび鮎やぶちまけて炉に炭足せり 石川桂郎 高蘆
しづけさに加はる跳ねてゐし炭も 鷹羽狩行
しばらくして厠を借りぬ炭俵 岡井省二 山色
ずぶ濡れの汗は匂はず投炭夫 草間時彦 中年
たかし亡し梅雨の炭挽く静けさに 小林康治 玄霜
つぎつぎて通夜の火鉢の炭乏し 上村占魚 球磨
つぎ去りし炭のかをりのきこえそむ 日野草城
つぎ足してくれし炭すぐ匂ひそむ 後藤比奈夫
つれづれの掌に炭の香のしみにけり 日野草城
なが性の炭うつくしくならべつぐ 長谷川素逝 暦日
ぴんかんと備長炭の声くらべ 百合山羽公 樂土以後
ふかく妻の腕をのめり炭俵 能村登四郎
まむし屋を備長炭の支へけり 百合山羽公 樂土以後
みほとけに仕ふる炭の用意あり 阿波野青畝
めつむりて奈落一瞬炭匂ふ 石橋秀野
もどりきて炭つぐ妻に妬心なほ 安住敦
やゝもすれば堅炭の火の消えんとす 正岡子規 炭
よしなごと炭をつぎつゝ思ひ出づ 日野草城
バーベキュー玉蜀黍の炭となんぬ 阿波野青畝
一人にて一貫作業炭を焼く 右城暮石 虻峠
一俵の備長炭や土用丑 阿波野青畝
一冬や簀の子の下の炭俵 正岡子規 炭俵
一本の梅の盛りの炭住住ひ 清崎敏郎
一片の炭得て倒す炭俵 能村登四郎
一籠の炭果物のごと貴うと 山口青邨
三宝に蓬莱炭を三つ重ね 平畑静塔
不自由をしのぎきたりし炭をつぐ 阿波野青畝
丹念に炭つぐ妻の老いにけり 臼田亜郎 定本亜浪句集
主婦達の環視火噴けり炭俵 右城暮石 句集外 昭和三十一年
五月雨や炭俵積む深廂 日野草城
亜炭焚く街のひもじく秋落暉 角川源義
亡ぶべく炭を掴める者あらむ 永田耕衣
來山は消し炭淡々はいぶり炭 正岡子規 炭
俵炭手掴む負ひ子俯伏せに 森澄雄
元且のよそほひに坐し炭をつぐ 及川貞 夕焼
其炭の火より炭屋の燒けにけり 正岡子規 炭
円山の一女房の炭をつぐ 高野素十
冬座敷向ふ二階に炭屋の子 富安風生
几帳にて仕切りし椿炭の炉間 平畑静塔
処女強し木炭ガスの中毒にも 右城暮石 句集外 昭和三十六年
切りそろへありたる炭の長短 後藤比奈夫
切口へ日あたる炭や切り落とす 原石鼎 花影
切株も山火の炭も春祭 百合山羽公 樂土以後
切炭の 切口は華 クリスマス 伊丹三樹彦
別れ霜昨日こぼした炭の粉に 細見綾子
匿し炭窯(がま)熱し来る夜の谷こだま 佐藤鬼房
去年今年浜木綿かばふ炭俵 細見綾子
口塗られし炭窯の戸や梅真白 松崎鉄之介
咳しつつ炭つぎゐしもしんとしぬ 篠原梵 年々去来の花 皿
堅炭の尉の厚さよ更けにけむ 石塚友二 光塵
堅炭を焼きゐる紫煙めでたけれ 山口誓子
塊炭をぶち割る女午後長し 西東三鬼
塊炭を投げあひ凧をもたざりき 橋本多佳子
塗りこめし炭窯もるる煙かな 清崎敏郎
夕づけば亜炭にほへり網戸より 山口青邨
夕凍みの木叢離るる炭煙り 廣瀬直人 帰路
夕霧忌炭継ぐ家の舌の数 赤尾兜子 玄玄
夜あたたか濡れいろ見する炭の艶 大野林火 早桃 太白集
夜更くるほどに見し炭の木目かな 中川一碧樓
夢にきし母はこち向かず炭をつげり 秋元不死男
大島の波浮の船来て炭を積む 水原秋櫻子 秋苑
天仰ぎ炭煙の呑む寒卵 大野林火 白幡南町 昭和三十年
天理教お節会用の炭を焼く 右城暮石 句集外 昭和六十二年
失職や梅雨の炭つぐ掴み来て 小林康治 玄霜
奥山の木の葉もまじる粉炭哉 正岡子規 炭
妹叱つて独り者めくいぶり炭 渡邊水巴 白日
妻がため炭挽くことをせし日なし 安住敦
妻がもどりて火鉢の炭が起されたり 尾崎放哉 大正時代
妻にのみ月日つもるや炭頭 齋藤玄 飛雪
妻ゐねば厨に下りて炭掴む 山口誓子
妻哭かせ崩れきつたる炭の尉 小林康治 四季貧窮
妻子等と睦めば炭の減ることよ 伊藤白潮
妻病めり傾き減りし炭俵 石田波郷
学問のさびしさに堪へ炭をつぐ 山口誓子
家守りて炭つぐ隙も胸暗し 石塚友二 光塵
寂けさを欲りまた厭ひ炭をつぐ 桂信子 月光抄
寂鮎をつらぬく串に炎立つ炭 水原秋櫻子 玄魚
密林にこぼるゝ炭も霜を着け 前田普羅 飛騨紬
寒梅や小窓とびこす走り炭 正岡子規 寒椿
寒牡丹炭ひく音をはばからず 橋本多佳子
寒鯉の火炭黒炭沈みをり 上野泰
寺大破炭割る音も聞えけり 河東碧梧桐
居間虚し炭のかをりはありながら 日野草城
山すこし片付けるとて炭を焼く 後藤比奈夫
山の湖の寒さに堪へず炭つぎぬ 村山故郷
山冷に大きな炭をつぎにけり 日野草城
山出しの挽いてむき出す炭の髄 百合山羽公 樂土
山刀伐の深雪の中に炭を焼く 阿波野青畝
巫女白し炭をつかみし手をそゝぐ 前田普羅 飛騨紬
年三日余して宇陀や炭を焼く 森澄雄
年移る焔色やさしき日向炭 飯田龍太
我事にわが嘆きある燻炭 石塚友二 光塵
戻り荷の炭俵吾がプ口ペラ船 山口誓子
手を触るる口を封ぜし炭窯に 右城暮石 句集外 昭和五十九年
打水の土凹ませて炭運ぶ 右城暮石 声と声
捷つまでのとぼしさに慣れ炭をつぐ 伊丹三樹彦
撥炭や小芥子おばこは子の胸に 齋藤玄 飛雪
日の出前より赤赤と椿炭 平畑静塔
日曜の向日葵高き炭山の町 山口青邨
明治節山の子炭を負ひきたる 百合山羽公 春園
暮俄かなり亜炭層露出の崖 佐藤鬼房
月の軒引き寄せてある炭俵 中村汀女
月光に鋤鍬の位置・炭俵 能村登四郎
木曽を出てこの三寳のかさり炭 正岡子規 飾
木曽を出て都の家のかざり炭 正岡子規 飾
木炭の折るるスケッチ天高き 阿波野青畝
東京に南部の炭の大俵 山口青邨
松過ぎの後山に淀む炭煙り 飯田蛇笏 椿花集
枯菊にさし向ひ居り炭をひく 松本たかし
枯葛は燃えてもいぶる粉炭かな 河東碧梧桐
桜咲き消し炭をつぎ火をおこす 細見綾子
桜炭ほのぼのとあり夕霧忌 後藤夜半 翠黛
桜炭京にみならひ京料理 中村草田男
梅咲かせ亜炭のにほひいとひ住む 山口青邨
梅雨の戸をくぐると触れし炭俵 岡井省二 明野
椿炭一つ一つが尉の紙 平畑静塔
椿炭打てば鳴るべし五寸長 平畑静塔
樫炭といふをいよ~珍重す 高野素十
歌いまくる炭子(やきご)の唄に銀漢伸ぶ 金子兜太
正月がすぎゆく固き炭を挽く 百合山羽公 故園
水仙と炭取と竝ぶ夜市哉 正岡子規 水仙
水仙にはたきかけたる粉炭かな 正岡子規 炭
油買ふて炭買ふことを忘れたり 正岡子規 炭
泣寝入る児が淋しひとり炭つぎぬ 種田山頭火 自画像 層雲集
浅間冴え松炭燃ゆる五月の炉 前田普羅 春寒浅間山
温泉の客にとぼそ覗かれ炭を焼く 百合山羽公 春園
湾口の春三日月へ撥ねる炭 大野林火 白幡南町 昭和三十二年
満載の木炭馬蹄火を発す 右城暮石 句集外 昭和二十七年
潮満ちぬ炭挽いてゐし顔暮れぬ 藤田湘子 途上
火となりし炭の香りて夜の句座 鷹羽狩行
火のまはる炭閑かなり冬の夜 日野草城
火の子刎ね炭櫃しりぞけられにけり 阿波野青畝
火加減の良き炭窯のうす煙 右城暮石 上下
火気を禁じて方丈に炭の饗 山口誓子
火消えて堅炭殘る火鉢哉 正岡子規 火鉢
火色なほ秘めたる尉やさくら炭 高浜年尾
炭あたりなれと祈れり師の伏すを 石川桂郎 含羞
炭いよゝ乏しくも壺の菊しづか 渡邊水巴 富士
炭おこしをる雨夜の眼を細め 大野林火 冬青集 雨夜抄
炭おこすとぼしき火種ねもごろに 松本たかし
炭おこり来るひとすぢのあたたかさ 中村汀女
炭かつぐ父をかなしむ少女の句 富安風生
炭かまの雪にうもれぬ烟かな 正岡子規 雪
炭こぼれコンクリートの急なる坂 橋閒石 朱明
炭さへや次ぎ惜む国戦へば 日野草城
炭せせる貧乏性をきらはるる 富安風生
炭ついでおくれ来し人をなつかしむ 杉田久女
炭ついでさらりとふざけゆきにけり 星野立子
炭ついで吾子の部屋に語りけり 杉田久女
炭ついで昔は昔いまはいま 星野麥丘人 2004年
炭ついで更に夜読の興昂し 日野草城
炭ついで火照りの顔を旅にをり 森澄雄
炭ついで父のわれのみ通夜ひとり 上村占魚 球磨
炭つかむ荒炭の世にあるかぎり 百合山羽公 寒雁
炭つぎしにほひ臥処をつつみ来し 篠原梵 年々去来の花 雨
炭つぎつ昼はそのまま夜となんぬ 桂信子 月光抄
炭つぎて恋の付句に転じけり 阿波野青畝
炭つぎに来る宿の婢もまれ~や 清崎敏郎
炭つぐにさうこまごまと云ふはいや 稲畑汀子
炭つぐにつけても性や荒々し 高浜年尾
炭つぐのみ何か訊きたき顔は見ず 加藤秋邨
炭つぐやわが家の芯の古火桶 百合山羽公 寒雁
炭つぐや人の慈言に泣くこゝろ 西島麥南 金剛纂
炭つぐや富士は夜をねてしづかなり 村山故郷
炭つぐや誰も黙りてその手を見る 加藤秋邨
炭つぐや銀の火箸のほそ~に 日野草城
炭つぐや雀もつともいきいきと 加藤秋邨
炭つぐや頬笑まれよむ子の手紙 杉田久女
炭つぐや髷の粉雪を撫でふいて 杉田久女
炭つげばまことひととせながれゐし 長谷川素逝 暦日
炭とりに出て風花の夜も舞へり 富安風生
炭に息かけて好い火として机の右に置く 荻原井泉水
炭の尉日本のラヂオ声をさむ 山口誓子
炭の木目あきらかに火となりて美し 大野林火 早桃 太白集
炭の木目にささりゐし枯葉わびしめり 大野林火 早桃 太白集
炭の熨日のあたたかくさしにけり 石川桂郎 四温
炭の香に妻の香が消え夜寒の手 森澄雄
炭の香に待つことしばしありにけり 日野草城
炭の香のいつともあらずこもりけり 日野草城
炭の香のたつばかりなりひとり居る 日野草城
炭の香のはげしかりけり夕霧忌 日野草城
炭の香の立つしづけさや花ぐもり 日野草城
炭の香の立つばかりなり春寒く 日野草城
炭の香も茶の香もとむや四疊半 正岡子規 炭
炭の香や嬌やぎそむる吾子の指 日野草城
炭の香や温めてゐたる出雲弁 石塚友二 光塵
炭の香や独り居更けし夜のほどろ 日野草城
炭の香や絵巻ひろげて主客こごむ 松本たかし
炭の香をおどろかしたる春の雷 日野草城
炭はぜて葱に飛びたり夜新し 細見綾子
炭はねし後を大きく目を瞠る 伊藤白潮
炭はねて七堂伽藍灰となりぬ 正岡子規 炭
炭はねて始まらんとする茶の湯哉 正岡子規 炭
炭はねて待人遲し鼠鳴く 正岡子規 炭
炭はねて更けゆく夜の靜か也 正岡子規 炭
炭はねて眼をしばたゝく泪哉 正岡子規 炭
炭は火になり急ぎつゝひたすらに 細見綾子
炭は火に火は灰に時は荏苒と 林翔 和紙
炭は炉に黒くそのまま四畳半 山口青邨
炭ひいて稍まぎれたる愁かな 松本たかし
炭ひくや薄日の中に切れてゆく 原石鼎 花影
炭ひけば寒さに向ふ思かな 松本たかし
炭をつぐあえかな指に目をとゞむ 日野草城
炭をつぐひとのやさしき指を視る 日野草城
炭をつぐ女は黙し去りにけり 右城暮石 句集外 大正十年
炭をつぐ音のかそけき春火桶 後藤夜半 底紅
炭をもて炭うつ思ひ屈しては 上田五千石『琥珀』補遺
炭を切るおなじことして小待合 山口青邨
炭を割つてゐ建仁寺垣が迫り 中川一碧樓
炭を割る音夕凍みのむらさきに 大野林火 白幡南町 昭和三十年
炭を嘗め薪に臥す世ぞ二日灸 内藤鳴雪
炭を挽く堅きところを挽いて過ぎ 山口誓子
炭を挽く女の臀の幸福に 石田波郷
炭を挽く心静かや夜の雪 日野草城
炭を挽く木たる抵抗ややつづき 山口誓子
炭を挽く鋸として朽ちのこる 百合山羽公 故園
炭を焼く山より水のひかり落つ 山口誓子
炭を焼く煙の色の四五日目 後藤比奈夫
炭を焼く長き煙の元にあり 中村草田男
炭を砕きて金声を聞く夜三更 村上鬼城
炭を立て炭を寝かせて飾りあり 後藤比奈夫
炭を見て夏下冬上と教へけり 阿波野青畝
炭ッ子と呼びて備長炭愛す 後藤比奈夫
炭乏しそのほか乏し寒明くる 及川貞 夕焼
炭二三俵納屋にあり鰯雲 飯田龍太
炭二俵壁にもたせて冬こもり 正岡子規 冬籠
炭五俵炭一俵の尊しや 高野素十
炭住の崖いち早き曼珠沙華(福岡県田川郡) 細見綾子
炭俵に巻く鮮魚の血したゝらせ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
炭俵ゆるびゐて炭こぼさざる 後藤比奈夫
炭俵わが生ひたちの中に立つ 鷹羽狩行
炭俵ピサの斜塔をかたむけて 鷹羽狩行
炭俵小蓋具しゐてめでたさよ 岡井省二 明野
炭俵底を見せをり母の宿 百合山羽公 故園
炭俵無惨に乾き賞与待つ 小林康治 玄霜
炭俵燃す音よと臥つつ聴く 下村槐太 天涯
炭俵腰折れ母も腰曲げて 百合山羽公 故園
炭俵闇に馴れよとある如し 中村汀女
炭出しに出てもつき来る猫可愛 富安風生
炭出しに行くや夜寒の燭を秉り 正岡子規 夜寒
炭出しに行けば師走の月夜哉 正岡子規 師走
炭出すや猫の泣きゐるまくらがり 福田蓼汀 山火
炭切って 炭屑増やす 花吹雪 伊丹三樹彦
炭切る小僧と垣の野菊にうすき陽のあり 尾崎放哉 大正時代
炭割つてきてきらきらと目うつくし 加藤秋邨
炭割るや仕足萎へが裾引きて 小林康治 玄霜
炭取のひさごより低き机かな 村上鬼城
炭取の炭にまじりぬ齒朶の屑 正岡子規 炭
炭取の粉炭をはたく埃り哉 正岡子規 炭
炭取りに土間に降りたる寒さかな 尾崎放哉 大学時代
炭吹いて大学祭の焼鳥屋 後藤比奈夫
炭子の子父の辺にゐて日向跳ぶ 森澄雄
炭小屋のがらんどうなり夏蓬 石田勝彦 雙杵
炭小屋の冷気女の衣乾く 飯田龍太
炭小屋や柱も椢柞ばかり 阿波野青畝
炭屋あり俵屋もあるおぼろかな 大野林火 方円集 昭和五十年
炭屋炭無しといふ日はましろなり 渡邊水巴 富士
炭層に吹きただよへる遅日光 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
炭山とつぐ宮城野の乙女はも 山口青邨
炭挽きし跡ふみ佇てるバレリーナ 石田波郷
炭挽きて生毛の黒き妻侍く 山口誓子
炭挽くやペンキ屋のしみ日ににぎやか 香西照雄 対話
炭撰り女二人対きあひ草萌ゆる 石川桂郎 高蘆
炭木なる櫻束ねの縄凛々し 平畑静塔
炭木の名百日紅もそのなかに 右城暮石 散歩圏
炭木伐るぼろ着の帯が祖母の形見 佐藤鬼房
炭橇の炭のかはりにわれら乗る 山口青邨
炭殻掘られ掘られし冬野塹壕めく 伊丹三樹彦
炭熾る匂ひ流れて日の出かな 大野林火 早桃 太白集
炭男平家の誇秘めにけり 阿波野青畝
炭積んで白河下る荷汽車哉 正岡子規 炭
炭窯に一人ゐる顔こちら向く 右城暮石 句集外 昭和二十九年
炭窯に何か言ひたく夜燃やす 平畑静塔
炭窯に居る若者の我名知る 右城暮石 句集外 昭和二十九年
炭窯に水引く長き黒ホース 右城暮石 句集外 昭和五十年
炭窯に犬吠ゆ遠き吾等見て 右城暮石 句集外 昭和二十九年
炭窯に生ま木詰まれり火入れ前 右城暮石 虻峠
炭窯に白くて細き煙立つ 右城暮石 句集外 昭和四十九年
炭窯に行儀の悪き木を集め 阿波野青畝
炭窯に顔青白く児のゐたり 右城暮石 句集外 昭和二十九年
炭窯の上日航の航空路 右城暮石 上下
炭窯の十能冷やす庭清水 石川桂郎 四温
炭窯の口塗り込めし指の痕 右城暮石 虻峠
炭窯の口機関車の口なるよ 山口誓子
炭窯の崖に煙の露たまる 右城暮石 句集外 昭和二十九年
炭窯の煙の右往左往かな 清崎敏郎
炭窯の煙思ひ出の隅にあり 飯田龍太
炭窯の路と云ふなり轍あり 阿波野青畝
炭窯は炭の匂に火を弱め 平畑静塔
炭窯へ分教場へ道岐れ 津田清子
炭窯やむかし光秀領の山 森澄雄
炭窯や莚巻きたる煙出し 阿波野青畝
炭窯をかくす高さに炭木積む 右城暮石 天水
炭立つて切炉正せる秋暑かな 石川桂郎 高蘆
炭籠に炭は満ちたり書を読まな 山口青邨
炭籠のあるは湯治の客のもの 清崎敏郎
炭籠の炭を耶馬炭かと思ふ 高野素十
炭継いで上げし明眸にて視らる 日野草城
炭置けば冬日はなやぐことしばし 右城暮石 句集外 昭和十五年
炭背負ひ下る恋沢部落まで心 山口青邨
炭船のほとりの水のこぼれ炭 清崎敏郎
炭色の眠たうなりぬ牡丹雪 森澄雄
炭薪貧の帖尻底抜けに 石塚友二 光塵
炭負うて稲架のうしろへ下りてくる 大野林火 冬雁 昭和二十二年
炭負のうしろに嬉嬉と山童女 森澄雄
炭負のきらりと横目ゆきちがふ 森澄雄
炭負のよく見れば目を瞠りゐる 加藤秋邨
炭負女通り教師の窓暮るる 木村蕪城 寒泉
炭負女通ればけむりくさかりし 阿波野青畝
炭買ひし農協いまは美館なり 百合山羽公 樂土
炭運ぶ車輪もかげもまはるかな 阿波野青畝
炭部屋の中から見えし枯野かな 原石鼎 花影
炭高く爪の厚さや焚火翁 原石鼎 花影
焔へ額差入れ汗の投炭夫 草間時彦 中年
焚火してよろこぶ紅き塊炭を 山口誓子
無造作に重ねし炭が炉火となり 山口誓子
焼炭の金属音や俵詰め 阿波野青畝
煙草盆に小さき炭の火消えざる 河東碧梧桐
燻り炭胎児に代り妻むせぶ 鷹羽狩行
爐開きや炭も櫻の歸り花 正岡子規 炉開
父の忌の雪降りつもる炭俵 大野林火 早桃 太白集
牡丹鍋いまも丹波の炭使ふ 百合山羽公 樂土
犬ふぐり炭の嘆きも終りけり 石塚友二 磯風
狆抱いて炭切る前を通りゆく 山口青邨
独りする恋にうるみし炭俵 齋藤玄 飛雪
猿殿の小便くさしいぶり炭 正岡子規 炭
玉霰炭に酔ひたる顔出せば 草間時彦 中年
瓦斯燃ゆる音火の炭にうつる音うしろ 篠原梵 年々去来の花 皿
生きてゐる山出しまへの炭を挽く 百合山羽公 樂土
生きて死ぬまで手焙の炭の如 飯島晴子
生マ炭木束ねて束ね切れざるよ 右城暮石 散歩圏
白炭の組み方までは教へざり 後藤比奈夫
白頭に火を秘めわれも炭の尉 林翔
皇霊に仕へ明治の炭の煖 山口誓子
真夜の冱え粗き炭つぎ堪へむとす 日野草城
砕かるゝ炭のこぼれを這ふ月影 種田山頭火 自画像 層雲集
硬炭の火の泣きぬるる夜の春景色 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
硬雪に焚く炭俵スキー会 山口誓子
礦野より炭俵まで食ひし紙魚 後藤比奈夫
祖谷びとはけものみちより炭を出す 阿波野青畝
秋水に研ぎ炭にほふ漆塗 林翔 和紙
秋風や炭になりゆく鰯の尾 三橋敏雄
移り来し家も小さし炭俵 村山故郷
税下がる話ほんとかいぶり炭 村山故郷
空たれて炭地区の径蓖麻枯るる 飯田蛇笏 雪峡
空林にありて炭橇雪を待つ 森澄雄
窓遠き逗子や炭屋に藤垂れて 飯田龍太
竹炭が熾してありぬ薬喰 亭午 星野麥丘人
筆採る我にひそと炭つぐ母かなし 荻原井泉水
箕に抄ふ灰をふるへば炭多少 阿波野青畝
篠山を都となして炭を焼く 大野林火 月魄集 昭和五十四年
粉炭に染みてなほある小石かな 前田普羅 普羅句集
粉炭の火掻けばたのしき真紅あり 篠原梵 年々去来の花 雨
粉炭ほこほこ顔一つあぶつて寝る 尾崎放哉 小豆島時代
粉炭もたいなくほこほこおこして 尾崎放哉 須磨寺時代
紙漉きを見に来て炭の火色ほむ(埼玉県小川村五句) 細見綾子
細炭の四寸ぞろひ春嵐 石川桂郎 高蘆
縁の下一俵の炭を蔵したり 山口青邨
置き所なき炭俵を買ひにけり 右城暮石 声と声
老馬の炭おろしたる影法師 飯田蛇笏 春蘭
肩だこを撫でて温泉にをり炭負は 加藤秋邨
芋串にかこまれて炉の炭真赤 大野林火 飛花集 昭和四十七年
芭蕉死後床下同じ炭俵 松崎鉄之介
若く母炭俵の柴青枯れに 右城暮石 句集外 昭和三十一年
荼毘のあと炭いつまでも藜草 飯田蛇笏 山響集
落雷に年輪炭と変じけり 阿波野青畝
葱煮ゆる炭に火移りゆきにつゝ 細見綾子
蕪村の蕪太祗の炭や冬籠 正岡子規 冬籠
薄雪や簷にあまりて炭俵 石田波郷
薬湯に四五俵の炭の初荷かな 村上鬼城
薬用の炭のさすがに濃き密度 後藤比奈夫
蟇がゐて夕闇の炭出してもらふ 及川貞 榧の實
行人裡炭送り来し母の上 石田波郷
行春や炭の艶出て微笑仏 上田五千石 琥珀
製炭夫樹氷鎧へる樹を背にす 臼田亜郎 定本亜浪句集
西瓜種吐き出す炭住西日の窓(静岡県田川郡) 細見綾子
触れしよりやり場なき手の炭をつぐ 中村苑子
調へし数椿炭灰となる 平畑静塔
赤とんぼ火炭しをからとんぼ灰 上野泰 佐介
赤黄の風船かーんと澄んだ炭朱家族 金子兜太
躙口より香のかすか桜炭 鷹羽狩行
迅雷や炎ひるまぬ椿炭 水原秋櫻子 晩華
逃げ去る日ぜひもなきこと炭を焼く 阿波野青畝
逝く年の炭ついでぼろ辞書とあり 佐藤鬼房
逢ひたい、捨炭《ボタ》山が見えだした 種田山頭火 草木塔
逢ひたい、捨炭山が見えだした 種田山頭火
過ぐる舟と言かはす炭山の花 河東碧梧桐
道ゆづる炭負ひ女登山者に 右城暮石 句集外 昭和三十四年
野葡萄も引いて入れたき炭俵 百合山羽公 樂土
金星や賜ひし炭を火にしつつ 中村草田男
鈴虫に炭を濡らして置きしこと 後藤夜半 底紅
鋸に炭切る妹の手ぞ黒き 正岡子規 炭
鋸鈍く炭挽いて居る石の上 河東碧梧桐
長崎の忌と炭天の塔かすか 原裕 葦牙
陶毀つごとし炭もて炭を割る 山口誓子
雪国や炭赤くして菓子を食ふ 森澄雄
雪白く炭黒くわがみちのくは 山口青邨
青空はどこへも逃げぬ炭を焼く 平畑静塔
静けさや炭が火となるおのづから 日野草城
風炉運び炭生けくれぬ花の冷 後藤夜半 底紅
飛騨の炉に飛騨の女の炭をつぐ 高野素十
飽かず暮らすなか~炭とりぞ 中川一碧樓
餅やくや床の梅か香炭の音 正岡子規 梅が香
首上げれば寒き沖あり炭殻を撰る 伊丹三樹彦
馬の鼻撫でてむつつり炭運び 加藤秋邨
骸炭の風湿める座や火床祭る 角川源義
鴨啼や火鉢の炭の消え易き 正岡子規 鴨
黄鶲をはじいてをりぬ炭かまど 石田勝彦 百千

炭 続補遺

いけぬ梅をかぬ炭見ん小野の奥 尚白
いたゞいて御文置間やはしり炭 松窓乙二
うき人の顔にもかゝれはしり炭 黒柳召波
おとり越炭盗人や通夜の僧 千那
かた炭のたどんに添ぬ夜中かな 晩得 哲阿弥句藻
かた炭も尉となりてや自然居士 露川
かた炭や台所婆ゝがひとり言 桜井梅室
かみこきて寄ばいろりのはしり炭 丈草
から鮭や汝も木の端炭のをれ 加藤曉台
きり~す振落しけり炭俵 高桑闌更
けぶたさをたのしむ炭のかしら哉 正秀
すびつさへすごきに夏の炭俵 其角
すゝ払や火のしに入る火燵炭 許六
たそがれに吹おこす炭の明り哉 炭太祇
つげばなをくだけながらや熾し炭 惟然
とてもならかの一車とのゐ炭 其角
ともをれやうたれし炭とうちし炭 田川鳳朗
なべ炭の燃る霜夜や生姜酒 正秀
はかり炭かるひが勝ぞとしの昏 遅望
ひとりして柴も入たり欅炭 苔蘇
ほの~と炭もにほふや春火燵 智月尼
まらう人に炭挽すがた見られ鳧 高井几董
よしなしや火箸ゆがみて炭われず 露印
をれ火箸笑ふなこれは炭の鞭 鈴木道彦
一に俵炭も*もらふてとし仕舞 中川乙由
一升は炭に拙しあはび貝 米翁 染井山荘発句藻
乾鮭を挽ば木のはし炭の折 高井几董
今一俵炭を買ふかはるのゆき 支考
何と世を老六十が炭かつぎ 小春
元政の母と語るや炭のおと 三宅嘯山
冬篭り炭一俵をちからかな 宗波
切炭や下戸なき里の朝枕 調和 坂東太郎
初雪や井筒きよむる炭俵 野紅
十文が炭からげたる寒さ哉 牧童
十月や昼の火燵の炭なだれ 史邦
口あいて初雪待や炭俵 露川
名月の夜にも炭やく煙かな 松窓乙二
唐松や紅葉にはねつ池田炭 馬場存義
夜隣や炭もて炭を叩く音 三宅嘯山
大ぶりや修行者埋む炭がしら 井原西鶴
安人形冬籠して消し炭や 凉菟
寒き夜や火鉢にのこる炭頭 壺中
寒だけも立かや炭のあきだはら 木導
小野炭や哥人の家の小鋸 三宅嘯山
山炭に冬を隣や焼栄螺 桃隣
山賎が炭にも焼かでむめのはな 馬場存義
峯の雲宇治の炭舟くだりけり 井上士朗
底たゝく音や余寒の炭俵 黒柳召波
廻り炭何の花の後の縁 介我
引留る下に炭つぐ主かな 三宅嘯山
打あけてをくそこもなし炭俵 凉菟
明ぼのを結びながすや炭けぶり 建部巣兆
春を待炭の流れやかゝる伊達 芙雀
春風のこそつかせけり炭俵 高井几董
更くる夜や炭もて炭をくだく音 大島蓼太
更る夜や火鉢にのこる炭がしら 壺中
木の葉よりもろしといふよはかり炭 寥松
未寒しふるひ捨たる炭俵 三宅嘯山
末摘や炭吹おこす鼻の先 炭太祇
本尊や火桶も炭も参らせず 三宅嘯山
松風やこたつの底の炭の音 桜井梅室
柴の戸や枯たる中に炭と花 牧童
梅が香や湯立のあとの炭の切 丈草
橋の霜誰が落してや炭二ッ 高桑闌更
正月の魚のかしらや炭だはら 傘下
此外に見せふ物なし炭瓢 木因
沢山に吹革祭のをこし炭 李由
消炭に人咽かはくかれ野哉 一笑(金沢)
消炭に薄雪かゝる垣根かな 黒柳召波
消炭のさそくの利や客の前 三宅嘯山
深川や一升炭もわたし舟 一茶 七番目記
炉の炭を啼ほそめたる千鳥哉 桃先
炉びらきやまぜあわせ着く炭の舟 木導
炭うりもひとへ桜のあるじかな 野水
炭うりや京に七ッの這入口 黒柳召波
炭うりよ鳥や寒るあらし陰 素龍
炭がまのけぶりのはたの春の月 成田蒼虬
炭がまやぬりこめられし蔦かづら 加舎白雄
炭がまや烟からみて行時雨 五明
炭がまや猿も朽葉も松の雪 素堂
炭がまや翌の烟の樟原 加藤曉台
炭がまや鈴木亀井が軒の松 其角
炭がまや隣の人が焼に行 丈草
炭がまをさして飛けり夜の鶴 桜井梅室
炭こへば火をほりにくる宿屋かな 田川鳳朗
炭せよと袖ひき立る紙子かな 木導
炭そゝぐ水も秋すむ苔のうヘ 鈴木道彦
炭つかみ行や十夜の人の奥 田川鳳朗
炭つむも物気に入らぬ浮世かな 成美 成美家集
炭とりとしらで瓢のつぼみかな 支考
炭とりにあるじ老たり銅杓子 馬場存義
炭とりに早足のつく夜寒哉 黒柳召波
炭とりに鏡のぬけし手樽哉 其角
炭なしといふ声小夜も更にけり 夏目成美
炭なんど運ぶやうすも月見哉 成田蒼虬
炭に焼柞も花の木陰哉 洒堂
炭の手で直に生るや水仙花 木導
炭の火に並ぶきんかのひかり哉 北枝
炭の火の針ほど残る寒さ哉 文鳥
炭の香に膝直さばや冬籠 正秀
炭はさむ音さへ氷る寐耳哉 嵐蘭
炭は浅木夢みし程の火の気かな 未琢 続山の井
炭もえて今朝まで残るけむりかな 桜井梅室
炭やきのおのが妻こそ煤払ひ 千那
炭やきの煙はほそし飯の下 野坡
炭やきの身に快楽なる虱かな 秋之坊
炭やきや朧の清水畠をみる 其角
炭やく歟いづれ人あり山影に 東皐
炭や岩間こがしの清水とく~と 其角
炭わりし勇気暫く残りけり 桜井梅室
炭をふく紀の関守が火桶かな 黒柳召波
炭を挽く下*べゆがまぬ心かな 黒柳召波
炭俵ふまゆる男重げ也 一笑(金沢)
炭取に佗しき箸の火ばし哉 黒柳召波
炭吹やはしたおゝなのふくれつら 三宅嘯山
炭喰の声だにたゝぬねらひ哉 其角
炭少是や今宵の師走ぶり 惟然
炭屑にいやしからざる木のは哉 其角
炭屑に小野ゝ枯菊にほひけり 高井几董
炭手前立派に歳のよられけり 完来
炭櫃までさすや紫苑の夕日影 鈴木道彦
炭消て心の闇ぞくすり風呂 越人
炭立て関守鼻をあぶりけり 三宅嘯山
炭語りけして帰りぬ蘿の宿 寥松 八朶園句纂
焼火にも黒木小野炭とこそきけ 千川
爐の炭の痩もとはゞや夜半の霜 言水
真炭刻ル火箸を斧の幽か也 其角
秋やはや秩父の山に炭を焼 鈴木道彦
竹の場の小庭成べし炭俵 其角
終に身を入れしか古き炭ふくべ 寥松
置炭や更に旅ともおもはれず 越人
腰かけて紅葉みつらん炭俵 炭太祇
至れりやりんと刎たるくぬぎ炭 蓼太 蓼太句集三編
芭蕉忌に口をほどくや炭俵 壷龍 園圃録
茶の幽居炭の黒人を佗名也 其角
草の庵童子は炭を敲く也 炭太祇
菴の夜や粉炭をつかむ捨ごゝろ 長翠
行としや市にきしろふ炭翁 鬼貫
行としや木の葉まじりのくだけ炭 沙明
里一つ炉に匂はする炭の山 野径
野炭たく安房や上総の庭竈 〔ブン〕村
鋸で扣て見るや炭だはら 荻子
鎌倉の世を先ヅおもへはかり炭 松窓乙二
陽炭やまだかた形のむしの息 加藤曉台
雪どけや鳥の毛引し炭俵 東皐
顔見せや北斗に競ふ炭だはら 高井几董
風ふけば降こむ雨や炭けぶり 松窓乙二
馬に炭さこそは開け雪の門 其角
鹿の角にかゝるゑにしや炭俵 三宅嘯山

以上

by 575fudemakase | 2017-02-15 09:34 | 冬の季語 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26653998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oshibanayoshimi at 2017-02-16 08:22
初めまして。
いつも575筆まか勢、拝読させていただいています。
時々、私の母の俳句が載っていますが・・・これらの膨大な句はどんな風に選んでおられるのですか?
突然失礼いたしました。
Commented by 575fudemakase at 2017-04-22 03:03
> oshibanayoshimiさん
返信遅れました。
お便りお寄せいただきありがとうございました。
お母様とのご縁何よりと思います。
いろいろな歳時記や個々の全句集、撰集のデータベース(自作)から
検索して掲載しております。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

朝冷 の俳句
at 2017-10-16 09:58
雨冷 の俳句
at 2017-10-16 09:57
秋冷 の俳句
at 2017-10-16 09:56
ひえびえ・ひやひや の俳句
at 2017-10-16 09:54
秋湿り の俳句
at 2017-10-16 03:21

外部リンク

記事ランキング