年の暮 の俳句

年の暮 の俳句


年の暮 の例句

年の暮 補遺

ああと鴉利根にただよふ年の暮 角川源義
あたらずにゐろり明りや年の暮 三橋敏雄
あたゝかき一と夜二た夜も年の暮 石塚友二 光塵
あて人の年のくれには死なれける 正岡子規 年の暮
あなたまかせと詠みし人の忌年の暮 富安風生
あはあはと一日過ぎゆく年の暮 松崎鉄之介
あまたの灯カーテンとしぬ年の暮 山口青邨
あら笑止や又年の暮れかゝりて候 正岡子規 年の暮
いい腹と医に褒めらるる年の暮 松崎鉄之介
いさゝかの金ほしがりぬ年の暮 村上鬼城
うかうかと鴨見て居れは年くるゝ 正岡子規 年の暮
うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子 伎藝天
うらわかき手のやはらかに年暮るゝ 日野草城
おのづから兵に句座あり年の暮 伊丹三樹彦
おのれ一つ抱きおたおた年の暮 能村登四郎
おもしろい事にもあはす年暮るゝ 正岡子規 年の暮
お供餅はさすがにまろし年の暮 山口青邨
かかとねんごろに洗ふも年の暮 鷹羽狩行
かつ翔んで鳰の細声年暮るる 森澄雄
かへりみる吾が俳諧や年の暮 松本たかし
かんばせの年暮るるとて観世音 森澄雄
かゝる世の年の瀬一と日炭割りて 細見綾子 桃は八重
きらきらと暁の明星年詰る 日野草城
くろぐろと鴨居落ちつく年の暮 岡本眸
このわたをなめて酒のむ年の暮 細見綾子
この世あの世妻を隔てし年暮るる 森澄雄
この水年暮るる海へ行く水の音かな 荻原井泉水
この鳥居表か裏か年の暮 山口青邨
さいかちの枯実からから年の暮 細見綾子
さりともと撫し額に年の波 正岡子規 年の暮
しがらみにかかるもろもろ年暮るる 富安風生
しづかなる雨の夜もあり年の暮 山口青邨
そぞろ神と仲良く迎ふ年の暮 山田みづえ まるめろ
たらちねのあればぞ悲し年の暮 正岡子規 年の暮
だまされて遊女うらむや年の暮 正岡子規 年の暮
つくつくと來年思ふ燈下哉 正岡子規 年の暮
つくつくと故郷萬里の年の暮 正岡子規 年の暮
つくばひに青竹のふた年の暮 細見綾子
つつじの返りさく年末の湯にきての仕事 荻原井泉水
つまづきて五体投地や年の暮 松崎鉄之介
どの家の犬にも見られ年のくれ 石田波郷
にはとりのうなづき歩き年暮るる 森澄雄
ぬす人のぬす人とるや年の暮 正岡子規 年の暮
ひそかにも服喪のこころ年暮れぬ 飯田蛇笏 春蘭
ひまな身の涙こぼしつ年のくれ 正岡子規 年の暮
ぺりかんは万年筆や年暮るる 雨滴集 星野麥丘人
ほろぶものすべて帰らず年暮るる 赤尾兜子 稚年記
またもとの木阿弥の年暮るるなり 藤田湘子 てんてん
もたいなやわれにも飽きて年暮るる 森澄雄
ものたらぬ心やぬくきとしのくれ 正岡子規 年の暮
ものに目をやるも一事や年の暮 飴山實 句集外
よらで過ぐる京の飛脚や年の暮 正岡子規 年の暮
わがゆまる音のしづかに年暮るる 日野草城
わが句碑に立つ人のあり年暮るる 山口青邨
わが畑の芋茎も干して年暮るる 山口青邨
わが身痒し耳の孔まで年の暮 山口青邨
わたり行く野末といはむ年の暮 齋藤玄 飛雪
エリカといふさびしき花や年の暮 山口青邨
クインメリー麗人を求む年の暮 山口青邨
サービスガールみどりの山高帽年の暮 山口青邨
スーリアの車輪見し年暮れにけり 阿波野青畝
ダイヤ買はず福寿草買ふ年の暮 山口青邨
チエホフにシベリヤ紀行年詰る 星野麥丘人
ブツクワゴン古本を積み年の暮 山口青邨
ポスターのストリッパーに年詰る 清崎敏郎
ララララと青年うたひ年暮るる 山口青邨
一ふりの名刀買ひぬ年の暮 正岡子規 年の暮
一字書き一字読むにも年詰る 後藤比奈夫
一年は短し百年は長し年暮るる 山口青邨
万暦の赤絵飾りて年の暮 松崎鉄之介
三日月と孤星相寄り年暮るる 山口青邨
三越の天女の下の年の暮 山口青邨
下弦の月星はべらせて年の暮 細見綾子
下戸は食ひ上戸は唱ひ年暮るる 上村占魚
不忍の灯のさびしさよ年の暮 山口青邨
不忍の鴨鳴きさわぐ年の暮 山口青邨
世苦の死の今朝もや年の暮なれば 石塚友二 光塵
丞相のことば卑しく年暮るゝ 飴山實 次の花
中々にいそげば遲し年のくれ 正岡子規 年の暮
乘掛や箱根にかゝる年の暮 正岡子規 年の暮
乱れ籠いつよりか失せ年詰まる 佐藤鬼房
予後の身を机辺に置きて年の暮 石塚友二 玉縄以後
二十九歳の「学帽歳晩」忘れめや 中村草田男
二階から目薬すてる年の暮 橋閒石俳句選集 『和栲』以後(Ⅱ)
井を汲んで歳晩洗ふ屋敷神 松崎鉄之介
京近く湖近く年暮るる 高野素十
京都駅に途中下車の用年の暮 村山故郷
人を追ひスクランブル交叉年の暮 山口青邨
人去つて白き障子の年の暮 角川源義
人形の熊野舞ひつづけ年暮るる 山口青邨
人間を笑ふが如し年の暮 正岡子規 年の暮
今年また木綿縞着て年の暮 細見綾子
今年より來年近し花の春 正岡子規 年の暮
仏壇の供華の水仙年の暮 清崎敏郎
仮縫を着せし人体年暮るる 山口青邨
何かしら遠し遠しと年暮 るる 富安風生
何となく奇数恃みや年の暮 藤田湘子 てんてん
何もかもすみて巨燵に年暮るゝ 正岡子規 炬燵
何をするでもなく年の瀬に紛る 佐藤鬼房
佛より佛にわたり年暮るる 上田五千石 森林
作務衣着て隠れもあらず年の暮 藤田湘子 神楽
來年のいつの間にやら來りけり 正岡子規 年の暮
來年はよき句つくらんとぞ思ふ 正岡子規 年の暮
侘助の小粒に咲きて年暮るる 森澄雄
充ち足らふ顔してゐたり年の暮 松崎鉄之介
剃刀器のみりんりんと年の暮 飯田龍太
加賀金箔ふかふか重ね年暮るる 百合山羽公 樂土以後
化石句碑建ちて安らぐ年の暮 松崎鉄之介
単車現れ歳晩の村目指す 廣瀬直人
占ひのつひにあたらで歳暮れぬ 正岡子規 年の暮
去年よりも今年ぞをしき來年は 正岡子規 年の暮
古人無き斯の道や年暮れゆかむ 阿波野青畝
句仇も恋仇もなく年の暮 山口青邨
向学の心しきりや年暮るゝ 日野草城
君が代を静かに牛の年暮れぬ 正岡子規 年の暮
吾妻橋くらし年の瀬の殊にくらし 山口青邨
呟きて自由業かなや年の暮 石塚友二 曠日
嘆かへば熱いづるのみ年の暮 石田波郷
土に生く身に襤褸ぬくき年の暮 西島麦南 人音
坂寄せて来て歳晩の町となり 中村汀女
塞翁の馬上に眠る年のくれ 正岡子規 年の暮
墓の辺に白き紙片や年の暮 星野麥丘人
夏柑の頭上累々年暮るる 山口青邨
夢に見し事問ひくるや年の暮 石田波郷
大川の橋みな闇し年の暮 山口青邨
大年の暮色も拭ひ難くなる 相生垣瓜人 明治草抄
大年の暮芭も拭ひ難くなる 相生垣瓜人 明治草
大根の白さ目立ちて年の暮 右城暮石 散歩圏
大椨にただの日空や年暮るる 森澄雄
大神はたふとしとほをがみ年の暮 山口青邨
大阪に出て歩きたき年の暮 右城暮石 句集外 昭和六十三年
大阪をひとり歩きす年の暮 右城暮石 一芸
大雲も小雲もあゆむ年のくれ 原石鼎 花影
天人に舞はせて見ばや年の空 正岡子規 年の暮
天人の図を仰ぐ間も年暮るる 山口青邨
奥多摩の鮎の腹子や年の暮 細見綾子
妻ごめに歳晩の巷遠きかな 松崎鉄之介
子が為に祈る一事の年の暮 石塚友二 光塵
宙に混む紅梅の炎や年の暮 原裕 青垣
客置いて出掛けることも年の暮 稲畑汀子
宣伝機傾き飛べる年の暮 右城暮石 上下
家畜飼ひ女ばかりの年の暮 右城暮石 句集外 昭和二十四年
家遁れ来し歳末の百貨店 右城暮石 句集外 昭和三十九年
家隷から金をかりるや年の暮 正岡子規 年の暮
寂しくて道のつながる年のくれ 永田耕衣
寄附掻きの我が家洩らさぬ年の暮 石塚友二 方寸虚実
寒木瓜を見て足りてをり年の瀬に 水原秋櫻子 蘆雁
小引出し多き針箱年の暮 細見綾子
小気味よき寒さとなりぬ年の暮 星野立子
小荷物に目盛りの揺れも年の暮 飯田龍太
小鳥屋は小鳥と居たり年の暮 林翔
居酒屋に今年も暮れて面白や 正岡子規 年の暮
山々の重なる奥へ年の暮 右城暮石 上下
山の辺の道ゆく旅も年の暮 村山故郷
山へ帰る荷に葱すこし年の暮 右城暮石 声と声
山会の酷評うらむ年の暮 山口青邨
山門や浮世詠むる年の暮 正岡子規 年の暮
巌をつつんでほどいている波の歳末 荻原井泉水
巌間より小鳥とびたつ年の暮 飯田龍太
常緑を打つて風湧く年の暮 廣瀬直人
年くれぬ風はやともの雨晴て 正岡子規 年の暮
年のくれ千里の馬のくさりけり 正岡子規 年の暮
年のくれ命ばかりの名殘哉 正岡子規 年の暮
年のくれ日記の花見月見哉 正岡子規 年の暮
年の尾や又くりかへすさかさ川 正岡子規 年の暮
年の暮いぶるばかりの焚火して 細見綾子
年の暮うがひぐすりの毒々し 山口青邨
年の暮もまためでたしよ蕪汁 森澄雄
年の暮やがて人々ちりぢりに 福田蓼汀 山火
年の暮ノアの如くに酔ぱらふ 有馬朗人 知命
年の暮伊賀の緋の菜をかみをれば 細見綾子
年の暮凍て山茶花が星宿す 細見綾子
年の暮吾も戦つてペンを擱かず 山口青邨
年の暮夜の青空を見て二十歳 三橋敏雄
年の暮女房できたる小商人 村上鬼城
年の暮干しぜんまいのからみ合ふ 細見綾子
年の暮故里に身をゆだねたる 細見綾子
年の暮月の暮日のくれにけり 正岡子規 年の暮
年の暮月眉形となりゐたり 細見綾子
年の暮未払患者また病めり 相馬遷子 山国
年の暮枯野の沖を人車ゆく 角川源義
年の暮森の群鴉の下をゆく 山口青邨
年の暮湖凜然とありしかな 飯田龍太
年の暮竹の一と節の能登このわた 細見綾子
年の暮財布の底を叩きけり 正岡子規 年の暮
年の暮金精さまも洗ふとか 飯島晴子
年の暮鎧も質に出る世哉 正岡子規 年の暮
年の暮長きじねんじよ横たへて 細見綾子 天然の風
年の暮靴底をぬふ糸ひきしめ 細見綾子
年の暮飄小さく車発つ 角川源義
年の波世渡りのかぢをたえてけり 正岡子規 年の暮
年の瀬に押されて買ひし縁起もの 鷹羽狩行
年の瀬に来る兎買一羽二羽 佐藤鬼房
年の瀬に見るとなく見る墓石の値 能村登四郎
年の瀬に買ひ惜みしを買初に 林翔 和紙
年の瀬のうららかなれば何もせず 細見綾子
年の瀬のこのわた箸にかからざる 細見綾子
年の瀬のしぼり問屋の活気かな(愛知県有松) 細見綾子
年の瀬のまづしき蒲団垣に濡る 飯田蛇笏 白嶽
年の瀬のみなつくだ煮や湖の魚 森澄雄
年の瀬のネオン山本山高島屋 星野立子
年の瀬の三日つづきて晴れわたり 細見綾子
年の瀬の人目拒める海の澄み 飯田龍太
年の瀬の厠を洗ふ恋捨てゝ 小林康治 玄霜
年の瀬の古町池田伊丹過ぎ 能村登四郎
年の瀬の吾が身にさせる日もありて細見綾子
年の瀬の大き葬りの中にあり 深見けん二
年の瀬の大川低く月を上ぐ 山口青邨
年の瀬の宙より垂れて自在鉤 鷹羽狩行
年の瀬の小野神に侍す風の裏 角川源義
年の瀬の念力ゆるみなき巨木 飯田龍太
年の瀬の旅寝を守るは古時計 角川源義
年の瀬の橋脚が守り鴨遊ぶ 佐藤鬼房
年の瀬の水仙咲ける仮泊かな 角川源義
年の瀬の水暗うして柳橋 高浜年尾
年の瀬の深川めしを食ふべけり 山田みづえ まるめろ
年の瀬の灯ぺちやくちやの六区かな 阿波野青畝
年の瀬の状差しに情なしの文 鷹羽狩行
年の瀬の猫の喧嘩となりにけり 藤田湘子
年の瀬の神戸灯ともり灘明かし 角川源義
年の瀬の空也上人御宝暦 後藤比奈夫
年の瀬の素早く沈む生簀籠 飯田龍太
年の瀬の老園丁の白手ぬぐひ(向島百花園) 細見綾子
年の瀬の職安通ひ気抜けをり 小林康治 玄霜
年の瀬の胸にたたみし一些事よ 安住敦
年の瀬の金得てけがれ果てにけり 小林康治 玄霜
年の瀬の鍵無くせしは些事ならず 安住敦
年の瀬の闇の欄干水を見て 山口青邨
年の瀬の雨降り出せり浅草寺 雨滴集 星野麥丘人
年の瀬やうろつきありく炭売女 百合山羽公 春園
年の瀬やおだやかならぬ震度3 村山故郷
年の瀬や一私事なれど一大事 安住敦
年の瀬や不覚に得たる疵一つ 安住敦
年の瀬や二三羽翔ちて浮鴎 岸田稚魚
年の瀬や五十の瀬戸も越えまさず 石塚友二 光塵
年の瀬や四十七歳の男の夢 日野草城
年の瀬や奈良日吉館灯を洩らさず 藤田湘子
年の瀬や子に縁談の重なりて 日野草城
年の瀬や寒牡丹いづくにかひらく 日野草城
年の瀬や岩の菩薩に菊たむく 角川源義
年の瀬や旅人さむき灯をともす 飯田蛇笏 山廬集
年の瀬や枯れしほほづきをも括り 細見綾子
年の瀬や浮いて重たき亀の顔 秋元不死男
年の瀬や灯影しづかに琴の宿 日野草城
年の瀬や田芹を汁に浮かせたり 細見綾子
年の瀬や病気見舞もかけもちで 安住敦
年の瀬や笹龍胆の絆纏を 山口青邨
年の瀬や続く天気にはげまされ 星野立子
年の瀬や軽口たたく療養者 日野草城
年の瀬や選句疲れの茶のけむり 日野草城
年の瀬や門辺椿のあきのやま 水原秋櫻子 緑雲
年の瀬や霹靂のごと餅届く 小林康治 玄霜
年の瀬や飯に炊き込む貝ばしら 水原秋櫻子 緑雲
年の瀬を漂ふや職の軛ひき 小林康治 玄霜
年の阪早くあちらの見たきもの 正岡子規 年の暮
年の阪早くあなたの見たきもの 正岡子規 年の暮
年の阪追ひ立てられてこゆる哉 正岡子規 年の暮
年の阪鬚は雪にぞなりけらし 正岡子規 年の暮
年暮るるいまわれ獄に知人なし 飯田龍太
年暮るるとて佗助の五つ六つ 森澄雄
年暮るるひとりは草に火を放ち 飯田龍太
年暮るる今さら男山縁起 波多野爽波
年暮るる仰向いて句を選みつつ 日野草城
年暮るる何かきらめくものを見て 山口青邨
年暮るる何に寄らまく柱あり(湯浅芳子女史に返事して) 細見綾子
年暮るる北方領土棘のごと 飯田龍太
年暮るる古城灯すこともなし 福田蓼汀 山火
年暮るる姉に小筐の貝細工 廣瀬直人
年暮るる嬰すこやかな香を放ち 飯田龍太
年暮るる岬の旅やすぐかへす 石田波郷
年暮るる庭師焚火の輪を解けば 飯田龍太
年暮るる星座の話してゆけり 細見綾子
年暮るる杉の苗畑雀あぐ 岡井省二 明野
年暮るる火を落しをる汽罐工 大野林火 早桃 太白集
年暮るる無患子の空ひろごりて 星野麥丘人
年暮るる胸に手をおきねむらんか 細見綾子
年暮るる葭原や身を軽くして 森澄雄
年暮るる野に忘られしもの満てり 飯田蛇笏 家郷の霧
年暮るる闇の中なる蘭の香も 飯田龍太
年暮るる雌の鴨つれ雄の鴛鴦 山口青邨
年暮るる鴫立庵に来てゐたり 村山故郷
年暮るゝしばらく椅子に腰おろし 細見綾子
年暮るゝ白衣楽師のギターの紐 百合山羽公 故園
年暮るゝ老の心によぎるもの 高浜年尾
年暮れて七歩の才もなかりけり 星野麥丘人 2004年
年暮れぬたひらに走る蜘蛛見れば 藤田湘子 神楽
年暮れぬわが名に石の抛たれ 加藤秋邨
年暮れぬ低き机に膝古び 石田波郷
年暮れぬ吊革隣したる手も 石田波郷
年暮れぬ太平洋の船の中 正岡子規 年の暮
年暮れぬ己れや醜の羽抜鳥 石塚友二 光塵
年末のポケットにある中国史 有馬朗人 母国
年末の回顧遊びも気疎かり 相生垣瓜人 明治草
年詰るそらぞらしくも鼻肥えて 小林康治 玄霜
年詰る塗りて余りし壁土に 波多野爽波
年詰る山の木の実が房をなし 廣瀬直人
年譜編むほどのことなく年暮るる 亭午 星野麥丘人
序破急の紋切り型も年の暮 佐藤鬼房
御神馬の壁板叩く年の暮 右城暮石 句集外 昭和六十一年
徴笑翁はわが肖像よ年暮るる 山口青邨
忌中札貼りて早寝や年の暮 日野草城
思ふこと今年も暮れてしまひけり 正岡子規 年の暮
怠りの果て年の瀬の肥汲むも 小林康治 四季貧窮
悪魔の辞典俳諧の辞典年の暮 山口青邨
戀といふ字をつくづくと年の暮 石田勝彦 百千
我戀は物にまぎれず年の暮 正岡子規 年の暮
手の底に玉は隱れて年くれぬ 正岡子規 年の暮
押して来るものに身任せ年の暮 右城暮石 上下
掛取を責むる議案も歳の暮 正岡子規 年の暮
故郷より山歯朶の束年の暮 細見綾子
新ラ鐘を菰に包んで年の暮 石田勝彦 雙杵
日を負うて鴨の飛ぶなり年暮るる 森澄雄
星占の本など買ひぬ年の暮 山口青邨
映画館入りて出て来し年の暮 右城暮石 上下
昼は晴れ夜は月が出て年の暮 細見綾子
時に遥かを見て歳晩の靴磨 有馬朗人 母国
書庫に書を探してをりぬ年の暮 安住敦
月冴て市の歳暮のあはれなり 正岡子規 年の暮
月夜なることも知りゐて年の暮 細見綾子
月明をおどろくねざめ年暮るる 飯田蛇笏 家郷の霧
月細くなりつつありて年の暮 細見綾子
朝々の初日をろがみ年のくれ 原石鼎 花影以後
木橋と川十字なす年の暮 廣瀬直人
本流に入る年の瀬のブルドーザー 廣瀬直人
来翰の舞妓の切手年暮るる 村山故郷
松籟は天に多摩の瀬年の瀬に 山口青邨
枇杷咲いて鼻の先まで年の暮 石塚友二 曠日
枯蓮を見て戻りけり年の暮 安住敦
桶落ちて立つ庖丁や年の暮 河東碧梧桐
梅の木に足袋をほす也年のくれ 正岡子規 年の暮
植木糶る年末裸燈樹にかけて 右城暮石 句集外 昭和三十一年
検脈の看護婦仰ぎ年の暮 石田波郷
櫛月の鹿島の松に年暮るる 山口青邨
欠け墨を匁にて買ふ年の暮 松崎鉄之介
此歳暮易の面も覺束なし 正岡子規 年の暮
歳のくれ龍頭の時計くるひけり 正岡子規 年の暮
歳の瀬流るる落葉を流してつばきしがらみ 荻原井泉水
歳晩なりあてどなく家出できしが 安住敦
歳晩に来馴れ観音詣かな 高浜年尾
歳晩に行きしが故里の別れかな 松崎鉄之介
歳晩の*ちまたに現れ犬殺し 日野草城
歳晩のなまあたたかき森に入る 山田みづえ 木語
歳晩のよごれて沈む日を見たり 高浜年尾
歳晩の人のながれに逆らへり 橋閒石 朱明
歳晩の人波割れて躄る白衣 伊丹三樹彦
歳晩の回転扉犬も入る 鷹羽狩行
歳晩の大不二いかな白に描かん 上村占魚
歳晩の妻の吊皮隔てられ 鷹羽狩行
歳晩の惨雨如きが降りをれり 相生垣瓜人 負暄
歳晩の旅路が海に沿いまがる 飴山實 おりいぶ
歳晩の旗が藻魚群の中の一人 飴山實 おりいぶ
歳晩の書斎の出入妻に愧づ 林翔 和紙
歳晩の月の明さを身にまとひ 中村汀女
歳晩の淋しき顔に突き当る 高浜年尾
歳晩の湖北水田の雨の脚 細見綾子
歳晩の灯を恋ひありくおないどし 高浜年尾
歳晩の町へ艫より板の橋 古舘曹人 樹下石上
歳晩の町ゆく胸の薬瓶 鷲谷七菜子 黄炎
歳晩の白猫庭をよぎりけり 石田波郷
歳晩の空き地の草が穂を持てり 細見綾子
歳晩の粗末なものを食ひにけり 藤田湘子
歳晩の菊臙脂なる草廬かな 富安風生
歳晩の街シェルマーク八本指 山口誓子
歳晩の裾を一気に八ケ嶽 廣瀬直人
歳晩の象のごとくに橋一つ 有馬朗人 知命
歳晩の路の石踏み無言なり 赤尾兜子 [はやて]
歳晩の躍り出る発電所 廣瀬直人 帰路
歳晩の野や一煙もなく晴れし 能村登四郎
歳晩の降りし電車の前を急ぐ 石田波郷
歳晩の雑踏故人まぎれぬる 山口青邨
歳晩の雨のたまりの小草かな 永田耕衣
歳晩の駅の木柵寄り易し 細見綾子
歳晩やつねに変りし何あらむ 及川貞 榧の實
歳晩やひとりの時に時計鳴る 細見綾子
歳晩やものの終りは煙立て 能村登四郎
歳晩やトラック滴るまで洗ふ 山口誓子
歳晩や反古焚きをれば星の出て 鷹羽狩行
歳晩や大原へ帰る梯子売 日野草城
歳晩や妻の使者の友が妻 石田波郷
歳晩や川さかのぼる船と水尾 鷹羽狩行
歳晩や市電廃れて軌を除けず 鷹羽狩行
歳晩や揺れる電車で街離る 細見綾子 冬薔薇
歳晩や教会の前小走りに 細見綾子
歳晩や泥ひび割れてあたたかし 細見綾子
歳晩や火の粉豊かの汽車煙 中村草田男
歳晩や白川女なる飾売 日野草城
歳晩や看つ看とられつ父母寂と 岸田稚魚 負け犬
歳晩や裏町にあるホ句の会 日野草城
歳晩や身に膏薬の千社札 藤田湘子 てんてん
歳晩や雨のみかんの皮ふみて 細見綾子
歳晩をゆく肥車音かはる 佐藤鬼房
歳晩を伊良湖望みて一日かな 松崎鉄之介
歳暮とも何ともなしに山の雲 正岡子規 年の暮
歳末につぶやき落とす李白の詩 有馬朗人 母国
歳末のオルガンの音と鞴の音 中村草田男
歳末の妻もあと追ひ入院す 高浜年尾
歳末の家並見おろして通る 橋閒石 朱明
歳末の東京薄く灯りけり 石塚友二 磯風
歳末の父たり水晶簇一基 中村草田男
歳末の犀を見ていて乾きたり 橋閒石 和栲
歳末の生面の茂吉髭真白 中村草田男
歳末の眉宇三等局に人の列 石塚友二 方寸虚実
歳末の街のぞき来て居酒屋に 上村占魚
歳末の風に吹かれに出でしのみ 橋閒石 朱明
歳末第九涙は甘く塩からし 林翔
死に急ぐ如き訃報や年の暮 松崎鉄之介
水仙の僅に咲て年くれぬ 正岡子規 水仙
水甕に雨あふるるや年の暮 村山故郷
油屋の犬が轢死や年の暮 亭午 星野麥丘人
波とがり川へのぼれり年の暮 大野林火 青水輪 昭和二十五年
洗ひたる舟を舫へり年の暮 清崎敏郎
浮世絵の五人男や年の暮 山口青邨
海神の雨に打たるる年の暮 角川源義
海荒るることを言葉に年暮るる 岸田稚魚 紅葉山
消えられぬ男 歳晩の影伴ない 伊丹三樹彦
渦かたく巻き歳晩の蝸牛 有馬朗人 母国
湯屋出づや街の三日月に年暮るゝ 村山故郷
湯豆腐の嵯峨に来てをり年の暮 森澄雄
満月の枯木ごもりや年の暮 石田波郷
灯の鋲の東京タワー年の暮 鷹羽狩行
灯もなくゆく船や年暮るる 山口青邨
灯台に子規全集や年暮るる 星野麥丘人
炬燵して大安楽や年の暮 日野草城
焚きものに萩生マ枯を年迎ふ 右城暮石 句集外 昭和十四年
焚火の焔棒立ちに年暮れゆけり 鷲谷七菜子 銃身
無住寺の掃除されゐる年の暮 松本たかし
焼け枯れしお濠の松や年の暮 山口青邨
燃えるごみ燃えないごみや年の暮 草間時彦
燈台に子規全集や年暮るる 寒食 星野麥丘人
牛久沼小貝川見て年暮るゝ 高野素十
犬猫も居らぬ我が家の年の暮 右城暮石 虻峠
獄信を受けて立読む年の暮 伊丹三樹彦
獣苑の錦蛇見る年の暮 右城暮石 上下
王事蹇々蓑着て年の暮れにけり 正岡子規 年の暮
玻璃窓を鳥ゆがみゆく年の暮 西東三鬼
生姜匂へり年の瀬の晴れわたり 廣瀬直人
生活の浪に浮びて年暮るゝ 日野草城
病院が栖となりぬ年の暮 石田波郷
痩肩に負ふものに堪へ年暮るる 富安風生
療園や歳末ストの衰へぬ 角川源義
白き靴ベラ旅しばしばの年暮るる 中村草田男
白壁のふゑる町あり年のくれ 正岡子規 年の暮
白梅の黄色に咲くや年の内 正岡子規 年の暮
目やるたび暗ね礁の白い波年の暮 佐藤鬼房
目黒過ぎ目白を過ぎぬ年の暮 平井照敏
眼のとどく限り見てゐて年の暮 飯田龍太
睡りし間に何過ぎたらむ年の暮 石田波郷
石のごとくに歳晩の福寿草 阿波野青畝
石仏の音となりけり年の暮 齋藤玄 飛雪
石蕗に日のあたるしばしや年の暮 安住敦
神に供ふへら鮒を釣る年の暮 山口青邨
神垣の内の別墅や年の暮 松本たかし
福神の畫も賣られけり年の暮 正岡子規 年の暮
竹藪の上に新月年暮るる 山口青邨
笊に盛りひと山いくら年の暮 鷹羽狩行
糞るや父母遠き年の暮 石田波郷
紙屑を燃やしてゐても年の暮 細見綾子
線香を買うて戻るも年の暮 星野麥丘人
繋留の鉄鎖に鴎ひしひし年の暮 山口青邨
繩飛のとほせんぼうや年の暮 山口青邨
群鴉吾をないがしろ年の暮 山口青邨
老のくれくれぐれもいやと申しゝに 正岡子規 年の暮
老憎しつもる年波打ては返らず 正岡子規 年の暮
耳澄ますまでもなく年詰りくる 岸田稚魚 紅葉山
職得むと及び腰かな年詰る 小林康治 四季貧窮
肥汲に銭求められ年の暮 小林康治 玄霜
肥汲の汲んで了ひし年暮れて 石田波郷
胡人めく破顔の汝や年の暮 佐藤鬼房
脳味噌のどこか欠落年の暮 草間時彦
腫物の血を押し出すや年の暮 正岡子規 年の暮
腹の底に何やらたのし年の暮 村上鬼城
臥生活の四肢たひらかに年暮るる 日野草城
芦原に日がいつぱいの年の暮 細見綾子
芭蕉像飾りしままに年暮るる 山口青邨
花をまつ心に似たり年のくれ 正岡子規 年の暮
花赤く雪白しこゝに年くれぬ 正岡子規 年の暮
若妻のきらびやかなり年暮るゝ 日野草城
草枕今年は伊勢に暮れにけり 正岡子規 年の暮
菊石のさんらんとして年の暮 角川源義
落差埋めんと水音優し年の暮 香西照雄 素心
落葉松が振り切る豪雨年の瀬に 佐藤鬼房
葉牡丹に露地行灯や年の暮 山口青邨
蒲の絮尽きて三河の年の暮 阿波野青畝
薔薇園の人馬はげしき年の暮 飯田龍太
薬餌受く療舎歳末ストつづき 角川源義
虚子の句に頷きをれば年暮るる 燕雀 星野麥丘人
虚栗ペン皿にあり年暮るる 山口青邨
蜘の巣のかくて今年も暮れにけり 正岡子規 年の暮
行くべき所余し旬日年の暮 松崎鉄之介
行人に歳末の街楽変り 中村汀女
裁判の宣告のびて歳暮るゝ 正岡子規 年の暮
裁判の宣告延びて歳暮れぬ 正岡子規 年の暮
裏棚に二子も出來つ年のくれ 正岡子規 年の暮
補聴器のぴいくと鳴く年の暮 阿波野青畝
補聴器もて浮世のことを年の暮 山口青邨
西国へ夜汽車にて行く年の暮 松崎鉄之介
覚えなき鍵ひとつ出て年の暮 鷹羽狩行
言問に一灯もなし年の暮 山口青邨
詠み流す歳晩の句の余情かな 富安風生
読むものに八笑人や年の暮 日野草城
誰も居ぬ個室のベッド年の暮 飯田龍太
貧農の歯が無い口も年の暮 飯田蛇笏 霊芝
貸ボートきれいに繋ぎ年暮るる 山口青邨
質に入ると知らぬが仏年の暮 内藤鳴雪
赤い灯のともり揃つて年暮るる 角川源義
路の辺に鴨下りて年暮れんとす 前田普羅 普羅句集
身辺や年暮れんとす些事大事 松本たかし
辻君になじみを持てり年の暮 正岡子規 年の暮
追風吹かば何處迄行くぞ年の船 正岡子規 年の暮
遅筆かなし追はるる如く年暮るる 山口青邨
道に出て長話せり年の暮 細見綾子
道細く伊賀路とわかれ年の暮 飯田龍太
遠くまでこころ遊びて年の暮 飯田龍太
遮断機に誰も一列年暮るる 中村汀女
遺るもの何をか書きし年暮るる 水原秋櫻子 霜林
酢を醸す匂ひに噎せる年の暮 松崎鉄之介
野をゆく人みな旅人や年暮るる 山口青邨
金くさう都はなりて年のくれ 正岡子規 年の暮
金性の貧乏者よ年の暮 正岡子規 年の暮
釣人も俳諧のこころ年の暮 山口青邨
釣堀に突きあたりたり年の暮 星野麥丘人
鉄路風のごとく走りて年の暮 廣瀬直人 帰路
開運を待つこころにて年の暮 日野草城
闇市に蝋燭買ひぬ年の暮 山口青邨
隱れ家の年行かんともせざりけり 正岡子規 年の暮
雁行に雲荒れもなし年の暮 渡邊水巴 白日
雑多なる貨車歳晩の汽車となり 山口誓子
離火坎水夫婦喧嘩に年くるゝ 正岡子規 年の暮
雪中の近江をすぐる年の暮 松崎鉄之介
雪吊の松粛条と年暮るる 山口青邨
雪洞の明暗二つ年の暮 山口青邨
雲上のからくり見たり年の暮 正岡子規 年の暮
雲炎ゆる水炎ゆる天女年の暮 山口青邨
電話にて病妻叱る年の暮 松崎鉄之介
青松の黝ずむ雨や年の暮 石田波郷
靴底に砂丘は固し年暮るる 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
預りし物をそのまま年暮れぬ 橋閒石 微光以後
顔なほすひとの鏡にわが顔年の暮 山口青邨
風の日は家鴨も小屋に年の暮 安住敦
風吹て今年も暮れぬ土佐日記 正岡子規 年の暮
風荒れて男よごるる年の暮 藤田湘子 途上
飲み残しの薬あれこれ年の暮 松崎鉄之介
飲食につひやす時間年の暮 細見綾子 天然の風
餅負ひて隣へ帰る年のくれ 三橋敏雄
香煙の美人にもならず年暮れぬ 正岡子規 年の暮
馬に乘る嫁入見たり年の暮 正岡子規 年の暮
駄馬の足太さ不揃ひ年の暮 右城暮石 句集外 昭和三十九年
鮠の子のかたまりが濃し年の暮 波多野爽波
鰤の腹むざと裂かるる年の暮 鈴木真砂女 紫木蓮
鰤は太り秋刀魚は痩せて年の暮 鈴木真砂女 夕螢
鴎らに円遊の浮標(ブイ)年暮るる 秋元不死男
鴛鴦と鴨かりのめをとや年の暮 山口青邨
鷹の爪干して年暮の龍澤寺 森澄雄
麓人に林之助にも鯛焼を (年暮るる) 星野麥丘人 2001年
黄の洋蘭おごりて咲けり年の暮 細見綾子
龍の尾の蛇に細るやとしのくれ 正岡子規 年の暮

年の暮 続補遺

*こも槌の世はやるせなや年の暮 桃隣
いかにかく跡へひとなる年の暮 荷兮
いづれもの猫なで声に年の暮 嵐雪
いでやその須磨の陳屋ぞ年のくれ 曲翠
いね~と人にいはれつ年の暮 路通
うつくしや年暮れきりし夜の空 小林一茶
おもかげの市やにはかに年のくれ 土芳
おもふことあまり浮世や年の暮 馬場存義
けふの日も藪木にいりぬ年の暮 卓池
けへ~の暦にをしや年くれぬ 梢風尼
さかやきや咳気をなぐる年の暮 探志
さばけても愚どつく我も年暮ぬ 曽良
すりこぎもくひへらしけり年のくれ 荷兮
する事のなきもわるしや年の暮 句空
そこな山高うもならず年の暮 蘆本
そむく時はそむきなる也年のくれ 嵐雪
つき立の餅に赤子や年の暮 嵐雪
つぼ~のとなりかくなり年の暮 諷竹
なき人のあたらし五器や年のくれ 許六
ぬり物にほこりもすごき年の暮 野坡 篇突
はかまきぬ聟入もあり年のくれ 李由
ほど~の身は楽茶碗年の暮 木因
わがたのむ人皆若し年の暮 露印
ゐねぶれば誰やら起す年の暮 樗良
一ぬかり酒のもろみや年のくれ 車庸
一跨年の暮からとしのくれ 田川鳳朗
万年の亀売リせかぬ年のくれ 泥足
三盒子ことたらはすや年の暮 嵐雪
下積の蜜柑ちいさし年の暮 浪化
世をわたる音に寝覚ぬ年の暮 馬場存義
世中の外にしてみん年の暮 挙白
串貝もやはらがぬ間に年暮ぬ 李由
乞に来ぬかけ乞こはし年のくれ 北枝
亀菊があふぎもふるし年の暮 園女
五器売の顔のかたちや年の暮 泥足
人を見てたのしめさても年の暮 北枝
元服や餅をつくやら年のくれ 芙雀
公平も済際はよし年のくれ 〔ブン〕村
兵法もつかひ兼たり年の暮 知足
兼好としらぬむかしや年の暮 沾圃
出女も出がはり顔や年の暮 許六
分別も頭陀におさめん年のくれ 除風
剃こかす若衆のもめや年の暮 炭太祇
化粧場のいつをいつとて年のくれ 路通
千観が馬もかせはし年のくれ 其角
千貫もねさせてせはし年の暮 曽良
南天の鳥追をして年暮ぬ 千那
古筆のつゞくいのちや年の暮 野坡
句をくれよ小払にせう年の暮 芦角
名の高き茶入も見けり年のくれ 黒柳召波
吾書てよめぬもの有り年の暮 尚白
墨絵書く心床しや年のくれ 桃隣
墨髭や豆腐抱て年の暮 車庸
夜に入て水売来たり年の暮 桃隣 古太白堂句選
天鵝毛のさいふさがして年の暮 惟然
妻もたでどうやら淋し年の暮 凉菟
小傾城行てなぶらん年の暮 其角
小窓から見てもみゆるや年のくれ 鈴木道彦
居風呂の底ふみぬくや年の暮 炭太祇
山鳥も尾をとりまはせ年の暮 露川
干鮭でたゝき合けり年の暮 木導
年のくれ互にこすき銭づかひ 野坡
年のくれ破れ袴の幾くだり 杉風
年の暮二度たつ用もなくて済 田川鳳朗
年の暮何ンの纔な嶋の中 乙訓
年の暮大藤内も見ぬ代也 舎羅
年の暮奥歯にあたれ貝の玉 此筋
年の暮嵯峨の近道習ひけり 炭太祇
年の暮蜜柑とり込干鯛箱 野童
年の暮針の仕廻や屠蘇袋 斜嶺
年の瀬や比目谷呑の物思ひ 其角
年の瀬や都の世話もすみだ川 鬼貫
年中の放下みえけり年の暮 其角
年暮ぬ市に住なら明石潟 建部巣兆
年暮ぬ我に似合ひし松買ん 去来
幾筋か*さび矢射かけし年の暮 野紅
忘れ難し古郷の餅に年暮ぬ 凉菟
怖しや油断の成らぬ年の暮 壺中
怖す也年暮るよとうしろから 炭太祇
手のひらをふせて休めて年の暮 田川鳳朗
折ふしは鬼にもなるや年の暮 知足
挨拶の中に立てや年のくれ りん女
掛乞の中宿もあり年の暮 野坡
日の本の人の多さよ年の暮 椎本才麿
日本橋や渡りくらべて年の暮 蝶々子 誹諧当世男
春までが来て手を取ぬ年の暮 桜井梅室
春正があつらへ来しぬ年暮 黒柳召波
月夜なら思案もあるに年のくれ 左次
月雪とのたばりけらし年のくれ 許六
有ないの世はいかめしき年の暮 舎羅
桶の輪のひとつあたらし年のくれ 猿雖
検非違使の大赦もどりや年の暮 三宅嘯山
楠が思案もほしや年の暮 利牛
此道に塵ものこすな年のくれ 諷竹
水仙と梅の膚に年暮ぬ 舎羅
江戸は江戸京は京にて年くれぬ 許六
油うるこゑきこゆ也年の暮 句空
浜屋敷立派に年の暮にけり 三宅嘯山
淵は瀬に雪白きよや年の暮 正秀
無沙汰して放気懸るや年のくれ 釣壺
牢人のすだれに鍔や年の暮 凉菟
独居て鯉の料理や年のくれ 存義 古来庵発句集
猪の首の強さよ年の暮 凡兆
田の中に雉子つくなりて年の暮 成田蒼虬
疝気とは問ふ人もなし年の暮 琴風
痩たりと母のおものや年のくれ 朱拙
白晝に雉子拾ひけり年のくれ 言水
白雪のつもる思ひに年くれぬ 樗良
皆我につかはるゝなり年のくれ 諷竹
眼に残る親の若さよ年の暮 炭太祇
竿持す梅に柳に年の暮 井原西鶴
腹中の反古見分けむ年の暮 素堂
膝に置物や失ふ年の暮 野坡
臼とりと君ちかづき歟年の暮 尚白
花ほとゝぎす月雪もはや年の暮 杉風
花見酒は盆前に散りけり年の暮 椎本才麿
藁屑の鰤の背中に年くれぬ 程已
蝦夷の事思ふて寝たり年の暮 朱拙
行かえり大津の日なし年のくれ 野坡
行幸の牛洗ひけり年の暮 其角
身の果も角生べきを年のくれ 桃妖
追鳥も山に帰るか年の暮 丈草
酢牛房のすんしやんとして年くれぬ 句空
野に暮ッ山にはしりて年のくれ 野坡
針の口に風のしみけり*年のくれ 許六
針口に風のしみけり年のくれ 許六
銭はさむ下部の腰や年暮 黒柳召波
鋸の目のつぶれけり年のくれ 許六
鍋ぶたのけば~しさよ年のくれ 孤屋
鍼口に風のしみけり年のくれ 許六
鎌とぐや生駒あたりの年の暮 鬼貫
閏月のそのめも見えず年のくれ 千代尼
雪隠の燈に静也年のくれ 素覧
駅見えてひと息つくや年のくれ 成田蒼虬
魚鳥の候ひしにて年くれぬ 朱拙
鰤の尾を提て立けり年の暮 正秀
鳩部屋に夕日しづけし年のくれ 其角
鴨うればむしろ売也年の暮 凉菟
麦飯は畠に青し年の暮 中川乙由
鼓屋も音はしてまし年のくれ 再機 靫随筆

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 07:32 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26658616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

後評(2017・5)
at 2017-05-21 03:08
蝉 の俳句
at 2017-05-21 02:44
苧 の俳句
at 2017-05-19 05:15
邯鄲 の俳句
at 2017-05-19 05:08
すべりひゆ の俳句
at 2017-05-19 05:02

外部リンク

記事ランキング