行年 の俳句

行年 の俳句

行く年

例句を挙げる。

あめ地に師恩母恩の年逝かす 清水基吉 寒蕭々
くれて行く年のまうけや伊勢熊野 去来
ぜんまいの灰汁ぬけ切つて年逝けり 殿村莵絲子 花寂び 以後
としの尾や柳に青う結び行く年の暮 千代尼
とんとんと年行くなないろとんがらし 草間時彦
やどり木に逝く年の眼を止めをり 高澤良一 ねずみのこまくら
ゆく年の、入日、水仙ばたけかな 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年のひかりそめたる星仰ぐ 久保田万太郎 草の丈
ゆく年のまたあたらしき机かな 黒田杏子 一木一草
ゆく年のやどり木ひとつ水の上 中岡毅雄
ゆく年のゆくさきのあるごとくゆく 鷹羽狩行 平遠
ゆく年の不二みよと也瑞泉寺 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年の女歌舞妓や夜の梅 蕪村 五車反古
ゆく年の娼婦雑沓にまぎれぬる 岸風三楼 往来
ゆく年の手鏡ひとつをとこの部屋 榎本冬一郎 眼光
ゆく年の星がこつんとひびき合ふ 本宮哲郎
ゆく年の月なり真夜も明るきは 及川貞 榧の實
ゆく年の月の真髄青かつし 井沢正江 火襷
ゆく年の木の根へだたる流れかな 飯田龍太
ゆく年の机上狼藉極まれる 黒鳥一司
ゆく年の水にうつる灯ばかりかな 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年の水ひびきゐる猿茸 飯田龍太
ゆく年の没り日も月もまろかつし 皆吉爽雨
ゆく年の泪をためて吊られ猪 細見しゆこう
ゆく年の海よくみゆる部屋にあり 久保田万太郎 草の丈
ゆく年の瀬田を廻るや金飛脚 蕪村 冬之部 ■ 春泥舎に遊びて
ゆく年の火のいきいきと子を照らす 飯田龍太
ゆく年の硯を洗ふ厨かな 三好達治 路上百句
ゆく年の羽に嘴埋め刈田鷺 鷲谷七菜子 雨 月
ゆく年の襖や暗き方とざし 鷲谷七菜子 花寂び
ゆく年の通過地点の星ひとつ 平井幸子
ゆく年の雪に手燭の油煙たつ 飯田蛇笏 春蘭
ゆく年の雪負ひしまま新校舎 塚田正観
ゆく年の鞍馬に聴ける大太鼓 茂里正治
ゆく年やある夜したしき姉いもと 長谷川春草
ゆく年やいんろうむしの柿の渋 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やこゝは越後の糸魚川 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やしきりに岸へいどむ波 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年やしめきりてきく風の音 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年やとても難波の橋の数 松岡青蘿
ゆく年やふるさと印す魚樽 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年やむざと剥ぎたる烏賊の皮 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や三角四角丸もあり 柏禎
ゆく年や今結うて来し髪容 星野麦人
ゆく年や伊吹をかざす雲一つ 金尾梅の門 古志の歌
ゆく年や南京街に豚吊られ 成瀬桜桃子 風色
ゆく年や坂一つなき中央区 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年や山にこもりて山の酒 達治
ゆく年や山中に水湧くところ 久保純夫 熊野集
ゆく年や拾ひてかろきうつせ貝 稲垣きくの 黄 瀬
ゆく年や故園の瀬音ひるも夜も 飯田蛇笏 雪峡
ゆく年や散華をはなつ僧の指 橋本鶏二
ゆく年や書架に撤する美酒一壺 会津八一
ゆく年や染めあやまちし古帽子 大場白水郎 散木集
ゆく年や海すこしみえ瑞泉寺 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や狐のかけしよだれかけ 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や獣のごとく車寝て 河原崎蓉子
ゆく年や笑へぬ芝居笑ふ客 大場白水郎 散木集
ゆく年や草の底ゆく水の音 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や落葉にまじるうすみどり 鴻司
ゆく年や葉山まで来て海を見ず 大場白水郎 散木集
ゆく年や蕎麦にかけたる海苔の艶 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や蘆間がくれの滑川 久保田万太郎 流寓抄
ゆく年や袋にねむる鯨尺 國武和子
ゆく年や針の動かぬ腕時計 乙武佳子
ゆく年や陋巷の夜の小盃 松村蒼石 寒鶯抄
ゆく年や風にあらがふ日のひかり 久保田万太郎 流寓抄以後
ゆく年や飼はれて鯉はくらがりに 成瀬桜桃子 風色
ゆく年や鯛も鮪も符丁買ひ 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年や鳶のきてゐる厨口 金尾梅の門 古志の歌
ゆく年を惜しむ長巻山水図 森澄雄 空艪
ゆく年を橋すたすたと渡りけり 鈴木真砂女
ゆく年を黒衣の僧と思いけり 久保純夫 熊野集
ゆらぐまで本積みあげて年逝かす 上野さち子
オリオン座天頂に年逝かんとす 相馬遷子 山河
一つづつ食めば年逝くピーナツツ 森澄雄
乞食の見上ぐる天を年行けり 朱鳥
亀のごと気長気儘に年過ごさむ 高澤良一 随笑
倒木の年逝く流れ堰きにけり 石田あき子 見舞籠
円山を出て行く年の巷かな 比叡 野村泊月
千両の実付きのわるき年逝かす 高澤良一 ももすずめ
去く年も又来る年も句屑溜め 磯野充伯
去ぬ年の薄闇は水ゆくごとし 恩賀とみ子
台秤滴れり年歩みをり 原田喬
哀歓の黙し難くて年流る 石田幸子
太白が照り月が照り年歩む 下村梅子
小考も大考もなく年逝かす 高澤良一 随笑
屁のごとき唄と落語と年逝かす 石塚友二
山国や年逝く星の充満す 相馬遷子 山國
巨人逝く年そこここに大き穴 高澤良一 素抱
年あゆむ大蜂の巣のある家に 大峯あきら 鳥道
年歩むその足音のひまにわれ 井沢正江 火襷
年歩む娘の縁談の只中に 中村汀女
年歩む泰山木の幹直ぐに 館岡沙緻
年歩む洗ひし門のしたたりに 皆吉爽雨
年歩む海上に*たつ日の柱 原裕 『出雲』
年歩む雪おほかたは車馬に消え 汀女
年流る我といふもの置きざりに 深川正一郎
年行くか音のみの波闇に聞く 及川貞 夕焼
年行くと山に夕日のさすばかり 岡田日郎
年行くと満天の星またたける 福田蓼汀
年行くにうるしの中の径かな 萩原麦草 麦嵐
年行くや生き上手とも死に下手とも 河合未光
年行くや耳掻光る硯箱 普羅
年行く夜並び寝る子にわれも寝る 及川貞
年行司色なき風を巻き過ぎて 高澤良一 素抱
年逝くとかくしどころを洗ひけり 草城
年逝くと北斗の杓の立てりけり 山本歩禅
年逝くと来たれば海に鵜の潜く 金箱戈止夫
年逝くや兎は頬を震はせて 飯島晴子
年逝くや日本出発よりの鋏 小池文子 巴里蕭条
年逝くや街の暗きに慣れ励み 岸風三楼 往来
年逝くや踊ぬけ来て水飲めば 小池文子 巴里蕭条
年過ぎてしばらく水尾のごときもの 森澄雄
心音を通奏低音年歩む 矢島渚男
忘れ傘預かり傘に年逝かす 鈴木真砂女
急ぐ世に行く年大いなる歩み 村田脩
息ほそめゐて行く年の箸づかひ 鷲谷七菜子 花寂び 以後
新年の井に塩盛りて年行事 飯田蛇笏 椿花集
暮れて行く年のまうけや伊勢熊野 去 来
木のまはりばかり澄みゆく年用意 廣瀬直人
松の下の草ぬいてゐて年行くか 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
松の香の残るてのひら年逝かす 嶋田麻紀
椰子筍を煮て軍属舎年逝かす 皆川白陀
欄(おばしま)や髪の扇に年行く日 上島鬼貫
比わすれ流るる年の淀ならむ 山口素堂
水打つて六波羅蜜寺年逝かす 宮坂静生
海鼠突きに行く年守りて隠れ耶蘇 小原菁々子
滝のごとく年逝かせまた後れたり 小林康治 玄霜
煤払ふことなく邪鬼に年逝けり 山中 三木
煮魚の胡乱な眼して年逝かす 高澤良一 随笑
用納めして吾が別の年歩む 竹下しづの女句文集 昭和十二年
疲れつぽく忘れつぽく年逝かす 小出秋光
白鳥座年逝くつばさ張りにけり 小西 藤満
百方の焼けて年逝く小名木川 石田波郷(1913-69)
眼底は巌の色に年逝けり 飯島晴子
眼鏡かけて老いたる姉に行く年や 寺田寅彦
石のみの庭は動かず年歩む 森田峠 逆瀬川以後
石炭を欲りつゝ都市の年歩む 竹下しづの女句文集 昭和十四年
神鈴を一つがらんと年歩ます 高澤良一 燕音
第九高鳴り行く年をゆかしむる 文挟夫佐恵 雨 月
耳餅を透す火色や年歩む 永井龍男
耳鳴りの放埓に年逝かむとす 久保 乙秋
胸中に年逝かすものありてこそ 小林康治 『虚實』
脱衣場の逝く年映す大鏡 高澤良一 鳩信
臍の緒のごとき句を溜め年逝かす 高澤良一 ねずみのこまくら
船のやうに年逝く人をこぼしつつ 矢島渚男
色酒の苦き覚えて年行きぬ 尾崎紅葉
苔厚き水掛不動年歩む 岩崎照子
薪に交る白樺爆ぜて行く年や 久米正雄 返り花
行く年にかゝはらず主客十五人 青峰集 島田青峰
行く年に憫笑さるるごとく居り 百合山羽公 寒雁
行く年に畳の跡や尻の形 去来 極 月 月別句集「韻塞」
行く年のさざなみ影と走りけり 鷲谷七菜子 花寂び
行く年の人鈍にして子を得たり 正岡子規
行く年の伊賀にたづねん古俳諧 高濱年尾 年尾句集
行く年の変らぬ顔の鏡奥 河野南畦 湖の森
行く年の夕焼彼の世の色ならずや 水野 柿葉
行く年の夜の山々押し黙り 上島 幸重
行く年の大河を渡る鳥の影 仙田洋子 雲は王冠
行く年の山の家より灯がくだる 中拓夫
行く年の帆柱多き入江かな 古白遺稿 藤野古白
行く年の後ろに就いて行きにけり 相生垣瓜人(1898-1985)
行く年の恥らひもなし干し襁褓 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
行く年の時計拭きゐる駐在所 作田 幸子
行く年の月ひるのごとてりにけり 原石鼎 花影以後
行く年の木に残りたる栗のいが 沢木欣一
行く年の木賊立ちゐて今日の運勢 長谷川かな女 花寂び
行く年の水一升を買ひにけり 那須淳男
行く年の水晶球の中の虎 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
行く年の水美しく足袋洗ふ 有馬籌子
行く年の汐汲みて船洗ひをり 鈴木雹吉
行く年の沖に賑はふ夜釣の灯 中拓夫
行く年の波の音ともきこゆなり 柏崎要次
行く年の海を見据ゑる観世音 原礼子
行く年の湾にただよふ荒筵 不死男
行く年の稼ぎ僅かに一着衣 石塚友二 光塵
行く年の空に埋まる壊れ山 平井照敏 天上大風
行く年の空の隙さへいそがしき 上島鬼貫
行く年の花のやうなる炭火かな 鷲谷七菜子 天鼓
行く年の行きどまりなり袋町 正岡子規
行く年の語り草なる故旧かな 青峰集 島田青峰
行く年の賤しからざる荷馬哉 竹冷句鈔 角田竹冷
行く年の追へばひろがる家郷の灯 福田甲子雄
行く年の遠くに風の鳴つてをり 辺見じゅん
行く年の鉄管の口吾に向く 加倉井秋を 午後の窓
行く年の雪五六尺つもりけり 正岡子規
行く年の鳰見て登り窯を見て 藤田あけ烏 赤松
行く年はわれを残して去りゆけり 山畑禄郎
行く年やかけながしたる芭蕉像 飯田蛇笏 霊芝
行く年やかしらをあぐる田のひばり 青蘿
行く年やひとり噛みしる海苔の味 白雄
行く年やふんでもらひし土踏まず 矢島渚男 船のやうに
行く年やみな横向きの石狐 有馬朗人
行く年やわれにもひとり女弟子 木歩
行く年やメロン高貴の薄みどり 渡邊水巴 富士
行く年や人々かへるところあり 前田普羅
行く年や何果したることなくに 石塚友二
行く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏 山廬集
行く年や口かず多き小百姓 前田普羅
行く年や句を乞はれたる世に疎く 河野南畦 『花と流氷』
行く年や壁に恥ぢたる覚書 其角
行く年や多賀造宮の訴訟人 許六 極 月 月別句集「韻塞」
行く年や尖りて若き芦青し 渡邊水巴 富士
行く年や庇の上におく薪 一茶
行く年や文にあまって梅の花 斯波園女
行く年や梟に似たるたいこもち 白水郎句集 大場白水郎
行く年や焚火に蹴こむ松ぼくり 石塚友二 光塵
行く年や猫うづくまる膝の上 漱石
行く年や石にくひつく牡蠣の殼 正岡子規
行く年や石噛みあてて歯にこたへ 来山
行く年や磨きしづもる七つ竃 岩城のり子
行く年や老を誉めたる小町の絵 斯波園女
行く年や膝と膝とをつき合せ 夏目漱石 明治二十八年
行く年や葱青々とうら畠 室生犀星(1889-1962)
行く年や薬ひそます旅鞄 石田あき子 見舞籠
行く年や身絞り鳴ける田居の鶴 岡部六弥太
行く年をエレベーターに乗合せ 温亭句集 篠原温亭
行く年をセーヌで釣しゐたるかな 久米正雄 返り花
行く年を尾行しがまかれ交差点 熊谷愛子
行く年を母すこやかに我病めり 正岡子規
行としやもどかしきもの水ばかり行く年 千代尼
買ひすぎし妻の襁褓や年流る 嶋野國夫
逝く年あとわづか救急車 浅原六朗
逝く年といふ淡き日にふり返り 登四郎
逝く年のくらがりにあるわが言葉 山田みづえ
逝く年のぼそと暮れゆく男鹿の空 高澤良一 ももすずめ
逝く年のやさしきものに肉襦袢 飯島晴子
逝く年のわが読む頁限りなし 青邨
逝く年の人のあゆまぬ闇に入る 角川源義
逝く年の土産に刃物をつゝまする 金尾梅の門 古志の歌
逝く年の孤独大手を振つて通る 山田みづえ 忘
逝く年の星ほど切符の鋏くづ 有馬朗人 知命
逝く年の枯山あかり頬にとどめ 太田鴻村 穂国
逝く年の森の荘厳火を祭る 古舘曹人 能登の蛙
逝く年の滝あるところまでは行かず 宗田安正
逝く年の灘をはさみて星二つ 吉野義子
逝く年の眠り貪り父母老いぬ 藤田美代子
逝く年の空はりついてゐたりけり 鐘一路
逝く年の納めのごとく友に逢ふ 佐野美智
逝く年の背をとんと突き鐘一打 高澤良一 随笑
逝く年の街のはづれの占ひ師 前橋春菜
逝く年の近道探しゐるごとし 高澤良一 随笑
逝く年の鏡台に触れ落ちしピン 田村了咲
逝く年の闇深きより汽笛鳴る 高橋 菊
逝く年の雪に灯を寄せ杣部落 望月たかし
逝く年もその内に入る物惜しみ 高澤良一 宿好
逝く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏 霊芝
逝く年や書くをためらふ年令欄 塩川祐子
逝く年や水に水捨つ舟住ひ 北野石龍子
逝く年を五六歩追ひてみたりけり 能村登四郎
逝く年を括るに大き鍵括弧 高澤良一 ぱらりとせ
道路ふさぐバタ屋の群も年逝かす 岩田昌寿 地の塩
鐘撞きて師を逝かしめし年逝かす 奈良文夫
門川に年逝く芥ながしけり 敦
陋巷や雪ちら~と年歩む 清原枴童 枴童句集
電車降りて年行く迅さ見たりけり 中島月笠 月笠句集
項より去りゆく年と思いけり 蛭田親司
風抱き年逝く巴里にもどりけり 小池文子 巴里蕭条
餅の耳やゝ厚く切り年逝かす 小林康治 玄霜
香臭き絨毯となり年逝けり 殿村菟絲子
鳥の名を二三覚えし年逝ける 高澤良一 さざなみやっこ
黍の風妻の方言年過ぎつ 飯田龍太
行年のアチャコ笑うてみせ呉れてもさざなみやつこ
行年の湯屋に遊んで高天井 高澤良一 暮津
銭湯の逝く年映す大鏡 高澤良一 鳩信
ややこしきは皆先送り年逝かす 高澤良一 随笑
浪曲に魂(たま)揺すられて逝く年か 高澤良一 石鏡
意地境地そんなもの無く年逝かす 高澤良一 石鏡
逝く年の片棒担ぎゆくごとし 高澤良一 石鏡
東奔も西走もなく年逝かす 高澤良一 石鏡
心しておくと答えて年逝かす 高澤良一 石鏡
暖房は茫々と逝く年の音ぞ 高澤良一 石鏡
薄ら日のやうな一ト年振返る 高澤良一 さざなみやつこ
やれやれと云うてまた年送りけり 高澤良一 随笑
俳句莫迦通す一年亦過ぎて 高澤良一 随笑
この年を締めくくる顔吾もしたり 高澤良一 随笑
この年を評すに釦の掛け違ひ 高澤良一 石鏡
年乗り切る術の一つに宝籤 高澤良一 石鏡
唯年を送る無策でありしかな 高澤良一 石鏡

行年 補遺

あかあかと火を焚き年を歩ましむ 野澤節子 存身
あはあはと一日過ぎゆく年の暮 松崎鉄之介
いたつきに転生を得し年逝かす 上田五千石『天路』補遺
うちあふぐ濡木の空や年送る 松村蒼石 寒鶯抄
つもり行く年の外なる春もかな 正岡子規 行く年
とことはにルオーのキリスト年歩む 山口青邨
みづうみのたぶたぶの音年過ぎし 森澄雄
ゆく年のこの月満つるはた欠くる 山口青邨
ゆく年のゆくさきのあるごとくゆく 鷹羽狩行
ゆく年の小径山辺の無住寺へ 飯田龍太
ゆく年の山より見たる家の数 飯田龍太
ゆく年の庭見てをれば尉鶲 飯田龍太
ゆく年の引く澪にのりかいつぶり 能村登四郎
ゆく年の御仏さてもうるはしく 山口青邨
ゆく年の忙しき中にもの思ひ 杉田久女
ゆく年の星のささやく花八ツ手 飯田龍太
ゆく年の月なり真夜も明るきは 及川貞 榧の實
ゆく年の月夜駒形橋淡く 山口青邨
ゆく年の木の根隔たる流れかな 飯田龍太
ゆく年の柄長さざめく梢のさき 飯田龍太
ゆく年の水ひびきゐる猿茸 飯田龍太
ゆく年の水月をみるふところ手 飯田蛇笏 家郷の霧
ゆく年の火のいきいきと子を照らす 飯田龍太
ゆく年の羽に嘴埋め刈田鷺 鷲谷七菜子 銃身
ゆく年の行火を股に鳰のこゑ 森澄雄
ゆく年の襖や暗き方とざし 鷲谷七菜子 花寂び
ゆく年の雪に手燭の油煙たつ 飯田蛇笏 春蘭
ゆく年やどっかと熊の皮の上 鷹羽狩行
ゆく年やふるさと印す魚樽 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年や坂一つなき中央区 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年や夕焼誰もかへりみず 鈴木真砂女 夏帯
ゆく年や故園の瀬音ひるも夜も 飯田蛇笏 雪峡
ゆく年や荒磯に佇てば流人めき 鈴木真砂女 夏帯
ゆく年や陋巷の夜の小盃 松村蒼石 寒鶯抄
ゆく年や鯛も鮪も符丁買ひ 鈴木真砂女 夕螢
ゆく年をゆかしむるなり牡丹鍋 森澄雄
ゆく年を惜しむ長巻山水図 森澄雄
ゆく年を連れて流るる隅田川 鈴木真砂女 紫木蓮
よく遊びよく働きし年送る 鈴木真砂女 紫木蓮
オリオンの三星さらば年送る 山口青邨
オリオン座天頂に年逝かんとす 相馬遷子 山河
ブラジルの夢樺太の夢年歩む 阿波野青畝
一つづつ食めば年逝くピーナッツ 森澄雄
世の中やこんな事して年の行く 正岡子規 行く年
世の中や寐て居てさへ年は行く 正岡子規 行く年
世界病む膝に手をおき年送る 山口青邨
二千年過ぎたる夜々の月憶ふ 桂信子 草影
低く赤く年逝く日あり馬入川 石田波郷
古時計吊るだけ吊って 年逝く市 伊丹三樹彦
和金二尾俄に育つ鏡花の忌 佐藤鬼房
善男善女行く年木負ふ女行く 高野素十
囚人に髪刈られ年逝かんとす 秋元不死男
妻の死期胸に秘め年送りたり 松崎鉄之介
子を寝かせおれば年逝く青葉町 楠本憲吉 孤客
山国や年逝く星の充満す 相馬遷子 山国
年の内端山歩きをたのしみに 飯島晴子
年一ト日余して歩く薮柑子 森澄雄
年歩むその大いなるうしろ影 富安風生
年歩む聖アンデレの飼葉桶 石田勝彦 百千
年流る暖き石に腰かけて 山口青邨
年流る藪鴬が庭にゐて 山口青邨
年行くと故郷さして急ぎ足 正岡子規 行く年
年送るこころにおもふ母の愛 飯田蛇笏 家郷の霧
年送ることが大事や生佛 森澄雄
年送ると己れ哀れになりにけり 松村蒼石 雪
年送る合唱林檎を片手にもち 古沢太穂 三十代
年送る岳友と聴く山の悲歌 福田蓼汀 秋風挽歌
年送る工事場に水洩るる音 林翔
年送る旅寝の湯婆ほてりけり 渡邊水巴 富士
年送る銀座の裏や鉢の梅 正岡子規 行く年
年送る鵙も一声一語かな 百合山羽公 樂土
年逝かす波をまぶしと見てゐたり 岸田稚魚 紅葉山
年逝くとかくしどころを洗ひけり 日野草城
年逝くと山の気こもる壺の中 桂信子 草影
年逝くと自転車を押しながら話す 岡本眸
年逝くと鮃平たくなりにけり 桂信子 花影
年逝くや兎は頬を震はせて 飯島晴子
年逝くや小舟もつとも尻あげて 石田勝彦 百千
年逝くや数羽の鵯に惜しまれて 相生垣瓜人 負暄
年逝くや海鼠は海鼠の容して 桂信子 花影
年逝くや硯洗ひしあとの刻 森澄雄
年逝くや闇にをさめし嶺あまた 桂信子 樹影
年逝くや雲の隣に月円か 廣瀬直人
年逝くや顔を一枚ひきはがす 平井照敏 猫町
年逝く湯ゆたか創痕を沈めをり 石田波郷
年過ぎてこゑ残りたるかいつむり 森澄雄
年過ぎてしばらく水尾のごときもの 森澄雄
年過ぐる不思議の闇に一火立つ 鷲谷七菜子 游影
張子の牛千両函つけ年歩む 山口青邨
志省かんと年送りけり 阿波野青畝
忘れ傘預り傘に年逝かす 鈴木真砂女 居待月
息ほそめゐて行く年の箸づかひ 鷲谷七菜子 游影
昼夜なき巨人の歩み年は去る 福田蓼汀 山火
月清く七星和して年送る 林翔
木のまはりばかり澄みゆく年用意 廣瀬直人
松籟にしたがひあるき年逝かす 大野林火 方円集 昭和四十九年
枯蓼の姿もあらず年送る 岸田稚魚 筍流し
植木買ふ人のうしろを年逝く夜 村山故郷
橋なかばにて逝く年と思ひけり 能村登四郎
死損とならざりし年送りけり 藤田湘子 神楽
水に映る飛ぶ鴨を見て年送る 山口青邨
浜に火を焚き年送り年迎ふ 鷹羽狩行
滝のごとく年逝かせまた後れたり 小林康治 玄霜
炭火落せし後頭を年過ぎゆきぬ 森澄雄
烏賊船の電球も磨きて年逝かす 石田勝彦 百千
生涯の師を逝かしめし年逝けり 能村登四郎
画の駒の馳せて年行く白髪哉 正岡子規 行く年
百方の焼けて年逝く小名木川 石田波郷
眼底は巌の色に年逝けり 飯島晴子
眼鏡はづして行年の靄見つつあり 森澄雄
砂利の上に工夫立ち憩ひ年逝くも 藤田湘子 途上
粉雪ふる町賑はひて年歩む 松本たかし
紺つよき大洋に倚り年送る 原裕 葦牙
綺羅星に守られて年逝かむとす 相生垣瓜人 負暄
胡桃割る音重ねをり年逝く夜 草間時彦 中年
花散つて烏歩いてゐたりけり 星野麥丘人 2002年
若竹の煤竹になつて年ぞ行く 正岡子規 行く年
落葉焚き文殻を焼き年送る 山口青邨
蘇鉄葉に頭刺されて年逝くか 飯島晴子
行く年が息急き切って行きそめし 相生垣瓜人 負暄
行く年にのりあふ淀の夜舟哉 正岡子規 行く年
行く年に引っ立てられて行く如し 相生垣瓜人 負暄
行く年に憫笑さるるごとく居り 百合山羽公 寒雁
行く年に暴雨が襲ひ掛かりけり 相生垣瓜人 明治草
行く年のさざなみ影と走りけり 鷲谷七菜子 花寂び
行く年のたゞあてもなく船出かな 正岡子規 行く年
行く年のひとこゑ立てし霧の鴨 鷲谷七菜子 天鼓
行く年の人鈍にして子を得たり 正岡子規 行く年
行く年の伊賀にたづねん古俳諧 高浜年尾
行く年の傾きぐせの弥次郎兵衛 鷹羽狩行
行く年の四つ橋に灯の徃來哉 正岡子規 行く年
行く年の墓ほのぼのと洗はれし 大野林火 月魄集 昭和五十四年
行く年の夜の雨更けて風さへや 「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
行く年の大河たうたうと流れけり 正岡子規 行く年たうたう<さんずい+爪+臼>
行く年の後ろに就いて行きにけり 相生垣瓜人 負暄
行く年の後姿のはや見えぬ 鷹羽狩行
行く年の我いまだ老いず書を讀ん 正岡子規 行く年
行く年の暖簾染むる小家かな 正岡子規 行く年
行く年の月にしたがふ星乏し 上村占魚
行く年の月ひるのごとてりにけり 原石鼎 花影以後
行く年の木叢を洗ひ雨が落つ 廣瀬直人
行く年の様々しくもなりにけり 相生垣瓜人 負暄
行く年の湾にただよふ荒莚 秋元不死男
行く年の眠りに籠る雪しまき 平井照敏
行く年の稼ぎ僅かに一着衣 石塚友二 光塵
行く年の空に埋まる壊れ山 平井照敏 天上大風
行く年の花のやうなる炭火かな 鷲谷七菜子 天鼓
行く年の行きどまりなり袋町 正岡子規 行く年
行く年の警察種や三頁 正岡子規 行く年
行く年の迅きこと水車小屋の水 鷹羽狩行
行く年の雪五六尺つもりけり 正岡子規 行く年
行く年の髭も剃らなく初手水 日野草城
行く年も風と共にぞ去らむずる 相生垣瓜人 負暄
行く年やかけながしたる芭蕉像 飯田蛇笏 霊芝
行く年やメロン高貴の薄みどり 渡邊水巴 富士
行く年やヨルダン受洗主あやに若し 中村草田男
行く年や仕事大きくなるばかり 上野泰
行く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏 山廬集
行く年や尖りて若き芦青し 渡邊水巴 富士
行く年や束ね燃やせし古手紙 村山故郷
行く年や枕辺に侍す酸素壜 石田波郷
行く年や母健かに我れ病めり 正岡子規 行く年
行く年や焚火に蹴こむ松ぼくり 石塚友二 光塵
行く年や白紙残る俳句帳 日野草城
行く年や石にくひつく牡蠣の殻 正岡子規 行く年
行く年や窶れて細き膝法師 村山故郷
行く年や茶番に似たる人のさま 正岡子規 行く年
行く年よ我れいまだ蕎麦も喰ひ了ヘ 内藤鳴雪
行く年を人鈍にして子を得たり 正岡子規 行く年
行く年を母すこやかに我病めり 正岡子規 行く年
行年のうまづらはぎや釣れて捨つ 石川桂郎 高蘆
行年のくろかみくろくねむるなり 永田耕衣
行年のひびきを聴かん俳諧師 阿波野青畝
行年のラジオしづかな楽送る 上村占魚 球磨
行年の一長老の訃を報ず 高野素十
行年の十九歳の雪の墓 高野素十
行年の大河をはさみ宿(しゅく)二つ 松本たかし
行年の山へ道あり枯茨 渡邊水巴 白日
行年の心のひまの稽古ごと 高浜年尾
行年の心の影を炉に落す 松崎鉄之介
行年の時の彼方の一つの火 野見山朱鳥 愁絶
行年の暖簾そむる紺屋哉 正岡子規 行く年
行年の浅草あたり人つどふ 正岡子規 行く年
行年の皺の指組む隠耶蘇 有馬朗人 天為
行年の編笠ひたと目を隠す 古舘曹人 砂の音
行年の障子昃りぬ貨車煙 石田波郷
行年の馬子のさげたる何魚ぞ 正岡子規 行く年
行年やみな横向きの石狐 有馬朗人 天為
行年や丹波を出づる筏守 正岡子規 行く年
行年や先へまはりし三千騎 正岡子規 行く年
行年や奈良の都の青幣 正岡子規 行く年
行年や心にとまる蘭奢待 阿波野青畝
行年や水輪のかぎりなき円に 平井照敏 天上大風
行年や異國通ひの蒸氣船 正岡子規 行く年
行年や竝びが岡の歌法師 正岡子規 行く年
行年や茶番に似たる人の顔 正岡子規 行く年
行年や莊子を半讀さして 正岡子規 行く年
行年や蕪流るる鞍馬川 岡井省二 明野
行年や這入りて見たる邸鶴 阿波野青畝
行年や鏡に向ふ姉いもと 正岡子規 行く年
行年や鞍をおろせば鞍の跡 正岡子規 行く年
行年をたゞあてもなく船出哉 正岡子規 行く年
行年をひたすら病臥するてふは 高浜年尾
行年を故郷人と酌みかはす 正岡子規 行く年
行年を紅粉白粉に京女 正岡子規 行く年
行年を膝のあたりで見失ふ 草間時彦
行年を追はへつめたる鼠哉 正岡子規 行く年
行年を鐵道馬車に追付ぬ 正岡子規 行く年
西国へ夜汽車にて行く年の暮 松崎鉄之介
詩百篇君去つて歳行かんとす 正岡子規 行く年
逝く年が自暴の者に似たりけり 相生垣瓜人 明治草
逝く年が音を立てつつ毀れゆく 相生垣瓜人 明治草
逝く年といふ淡き日にふり返り 能村登四郎
逝く年のやさしきものに肉襦袢 飯島晴子
逝く年のわが読む頁限なし 山口青邨
逝く年の人のあゆまぬ闇に入る 角川源義
逝く年の孤独大手を振つて通る 山田みづえ 忘
逝く年の思ひの端を水浸し 能村登四郎
逝く年の星ほど切符の鋏くづ 有馬朗人 知命
逝く年の月光徹る巌ぶすま 鷲谷七菜子 銃身
逝く年の森の荘厳火を祭る 古舘曹人 能登の蛙
逝く年の炭ついでぼろ辞書とあり 佐藤鬼房
逝く年の燈ぞ仰がるる小盃 石田勝彦 百千
逝く年の衾ながらや母の眉 石田勝彦 雙杵
逝く年の踏切年のゆくままに 山口青邨
逝く年の軽石と湯に浮かびをり 能村登四郎
逝く年の霞にすこしゆらぎ見ゆ 能村登四郎
逝く年の風やしばらく音をひそめ 鷹羽狩行
逝く年の養蜂家族喪に籠る 佐藤鬼房
逝く年や冥土の花のうつる水 飯田蛇笏 霊芝
逝く年や燦爛たるは茨の實 石塚友二 曠日
逝く年を五六歩追ひてみたりけり 能村登四郎
野仏の頤に 雫し 年逝く雨 伊丹三樹彦
野良の鳶燦々と年送りをり 百合山羽公 寒雁
門川に年逝く芥ながしけり 安住敦
雪の柚子仰ぎゐて年送らむと 鷲谷七菜子 游影
雪深く年歩む吾あゆむなり 岡本眸
雪濡れの大地に年の歩みそむ 野澤節子 八朶集以後
霜柱また年送るこの村に 百合山羽公 故園
餅の耳やゝ厚く切り年逝かす 小林康治 玄霜
餓鬼のごとく刻貪りし年逝くも 藤田湘子 神楽
鬱々と酔の中にも年逝かす 能村登四郎
鳩の翔つ埃のなかに年逝けり 飯島晴子
麥草逝き母逝きし年送りけり 石田波郷
鼻低く子は安寝せり年逝けり 石田波郷

行年 続補遺

くれて行年のまうけや伊勢くまの 去来
はつ雪やふり行年の老の花 昌房
ゆく年やとても難波の橋の数 松岡青蘿
暮て行年の冠や半白髪 小西来山
柊の香とも枯行年の詠せん 挙白
目出たしや暮行年を鼻もひず 傘下
行く年の空の隙さへいそがしき 鬼貫
行く年やひとり噛みしる海苔の味 白雄 白雄句集
行年に畳の跡や尻の形 去来
行年に面隠しして木偶つかひ 米翁 染井山荘発句藻
行年の上戸の腹に淀もなし 李由
行年の宿はなくとも飯の山 成田蒼虬
行年の日や東西を一刹那 露川
行年の関を碓氷に定けり 長翠
行年やかしらをあぐる田のひばり 松岡青蘿
行年やさげすむ人もさげすまれ 蝶羽
行年やひとり噛しる海苔の味 加舎白雄
行年や一歩の角は吉にならず 〔ブン〕村
行年や人間万*じさいこのさ 亀世
行年や何を遣手が夜念仏 抱一 屠龍之技
行年や壁に恥たる覚書 其角 五元集
行年や多賀造宮の訴訟人 許六
行年や奉行屋敷の塀覆ひ 吾仲
行年や文にあまつて梅の花 園女
行年や老を誉たる小町の絵 園女
行年や職人町の夜の音 午心 発句類聚
行年や親にしらがをかくしけり 越人
行年や鬼も糞してはしる也 舎羅
行年をとらへて縄をなふ夜かな 雨静 新類題発句集
行年を世話の葉もなし梅の花 露川
行年を唾吐くらん鏡磨 其角
行年を浦打貝や妹背鳥 野紅
行年を猶追立る雪吹かな 野明
行年を跡へ摘ミたき若菜哉 越人
行年を蹴ちらかしけり市の人 風国
閙しや暮行年の梅の花 野水
馬で行く年見送らん日本橋 素丸 素丸発句集

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 08:24 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26658688
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

栗 の俳句
at 2017-06-26 09:40
後評 (2017・6)
at 2017-06-19 06:23
野蒜の花 の俳句
at 2017-06-18 16:46
米搗虫 の俳句
at 2017-06-18 16:44
紅鱒 の俳句
at 2017-06-18 16:42

外部リンク

記事ランキング