年の夜 の俳句

年の夜 の俳句

年の夜

例句を挙げる。

あたたかく人と別るる年の夜 山田みづえ 草譜以後
ひと捻りして年の夜の髪を上ぐ 辻美奈子
みどり児のならぶ産院年の夜 寺西信子
みな居りて湯のわくやうな年の夜 和田耕三郎
古る年の夜月がはなつ四温光 飯田蛇笏 雪峡
埋火のごとき憶ひも年の夜 雪女
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太 涼夜
大鯛の眼かがやく年の夜 麻植悦子
学問の果なきを知り年の夜 山下しげ人
寝袋に年の夜の星みだれなし 小林碧郎
年の夜に引越すはめとなりにけり 川崎桐家
年の夜のしづかなる尾にしたがへり 落合水尾
年の夜のたかむら染むる焚火かな 金尾梅の門 古志の歌
年の夜のふせて乾かすバケツかな 和田耕三郎
年の夜のものものしさよ古暦 会津八一
年の夜のもの音しげく更けにけり 桜木俊晃
年の夜の吾子に逢はむと鉦を打つ 角川源義 『冬の虹』
年の夜の咳もて何を責めらるる 野澤節子
年の夜の夢に入りたる山の雨 澄雄
年の夜の夫婦余生をききすます 戸村羅生
年の夜の家にしあるは妻一人 石塚友二
年の夜の寝た子の髪へ櫛あてる 福島小蕾
年の夜の尿どうどうと南部馬 伊藤トキノ
年の夜の探照燈の濃かりけり 石田波郷
年の夜の撞木見据ゑし鐘の臍 澤田一餘
年の夜の時計鳴りをり壁一重 凡洋
年の夜の樹氷が囲むキヤンプの灯 太田 蓁樹
年の夜の次の間ともし寝ねにけり 青陽人
年の夜の流れにものを投じけり 金尾梅の門 古志の歌
年の夜の潺湲の音の溝踰ゆる 登四郎
年の夜の狐にかへる狂言師 深谷雄大
年の夜の病妻の灯か貯炭山がくれ 小林康治 玄霜
年の夜の盃一つおかれけり(家人に) 『定本石橋秀野句文集』
年の夜の神燈うつす忘れ潮 荒川遊季
年の夜の聞くに堪へざる鄭聲や 相生垣瓜人
年の夜の蝋の匂ひやお念仏 沢木欣一
年の夜の裏口たたく山年貢 佐野美智
年の夜の襖の花鳥何一啼くや 佐藤惣之助 蛍蝿盧句集
年の夜の足元掃かれ書肆を出づ 白岩 三郎
年の夜の鯛の平らなされかうべ 赤松子
年の夜もあかしがたやら須磨心 上島鬼貫
年の夜やめざめて仰ぐ星ひとつ 石田波郷
年の夜やもの枯れやまぬ風の音 渡邊水巴
年の夜やポストの口のあたたかし 宮坂静生
年の夜や一人で焚る釜の下 吟江
年の夜や人に手足の十ばかり 向井去来
年の夜や吉野見て来た檜笠 杜国
年の夜や君が八千代を風呂の曲 中村史邦
年の夜や夢にも酒の限らるる 石川桂郎 四温
年の夜や妻より古き置時計 岩倉憲吾
年の夜や山水と星ひびきあひ 佐野美智
年の夜や山科までは一里半 素十 (祇園久鶴、橙重氏等と)
年の夜や引きむすびたる繦(さん)守り 広瀬惟然
年の夜や引むすびたる繦(さし)守り 惟然
年の夜や梅を探りに花屋迄 田女
年の夜や焚火のうつる鶏の顔 寛麗
年の夜や無量寿仏と吾と在り 経谷 一二三
年の夜をあたふたと夫逝きにけり 堀恭子
年の夜をしづかに守る産屋かな 阿部慧月
明日のため大年の夜を炭かく音 栗生純夫 科野路
流れての底さへにほふ年の夜ぞ 上島鬼貫
海鳴りの遙けく白し年の夜 角川春樹
煉鉄の火はすゞしけれ年の夜 齋藤玄 飛雪
燗熱くして年の夜を満ち足りし 大西 土水
積雪に月さしわたる年の夜 飯田蛇笏
立てかけてある年の夜の箒かな 稚魚
膝抱いて年の夜の熱き湯なりけり 昌治
行く年の夜の山々押し黙り 上島 幸重
いくたびかあぶるすゞりも年一夜 乙二
月雪や旅寐かさねて年一夜 白雄
年一夜きしりのこさじ日の鼠 服部嵐雪
年の夜を更かす蜜柑の皮積み上げ 高澤良一 暮津

年の夜 補遺

あたたかく人と別るる年の夜 山田みづえ まるめろ
古る年の夜月がはなつ四温光 飯田蛇笏 雪峡
大年の夜に入りてさかる護符焚く火 能村登四郎
大年の夜に入る多摩の流れかな 飯田龍太
帰り入る家それぞれや年の夜 三橋敏雄
年の夜に聞き納むべきバツハあり 相生垣瓜人 負暄
年の夜のわが言なべて独り言 岡本眸
年の夜の吾子に逢はむと鉦を打つ 角川源義
年の夜の夢に入りたる山の雨 森澄雄
年の夜の家にしあるは妻一人 石塚友二 玉縄以後
年の夜の昇降機より看護婦ら 星野麥丘人
年の夜の潺緩の音の溝踰ゆる 能村登四郎
年の夜の炭火絢爛と燃やしぬる 村山故郷
年の夜の焚火豪華にバタヤ達 岸田稚魚 負け犬
年の夜の病妻の灯か貯炭山がくれ 小林康治 玄霜
年の夜の盃一つおかれけり 石橋秀野
年の夜の聞くに堪へざる鄭声や 相生垣瓜人 明治草抄
年の夜の葉牡丹を活けをはりたる 清崎敏郎
年の夜やいり物くふて詩會あり 正岡子規 年の夜
年の夜やもの枯れやまぬ風の音 渡邊水巴 白日
年の夜や地震ゆり出すあすの春 正岡子規 年の夜
年の夜や夢にも酒の限らるる 石川桂郎 四温
年の夜や山科までは一里半 高野素十
年の夜や独り生きたる髪冷えて 鷲谷七菜子 黄炎
年の夜を河内通ひやまめ男 内藤鳴雪
年の夜計器ら水と艫いつ浄水場 古沢太穂 火雲
手の爪はみづから剪りぬ年の夜 日野草城
炉を掻いて火種いけをく年の夜 飴山實 句集外
煉鉄の火はすゞしけれ年の夜 齋藤玄 飛雪
積雪に月さしわたる年の夜 飯田蛇笏 山響集
立てかけてある年の夜の箒かな 岸田稚魚
行く年の夜の雨更けて風さへや 「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
鉄骨に熔接の火花年の夜も 山口青邨
食道が引き攣る年の夜なりけり 佐藤鬼房

年の夜 続補遺

いく度かあぶる硯も年一夜 松窓乙二
切先に廻る物なし年一夜 三宅嘯山
年の夜のしら~明て人珎し 如行
年の夜のぶりや鰯や三の膳 去来
年の夜の豆腐も焼て鳴ちどり 水颯
年の夜の鼾我を折レ貧乏神 越人
年の夜は高キ釣瓶の雫哉 夕兆
年の夜もあかしがたやら須磨心 鬼貫
年の夜も鵲わたすとやなりぬ 蝶羽
年の夜やいざ莟せん寝入ばな 露川
年の夜や人に手足の十ばかり 去来
年の夜や吉野見て来た檜笠 杜国
年の夜や君が八千代を風呂の曲 史邦
年の夜や引むすびたる繦守リ 惟然
年の夜や更行方の有あかし 李由
年の夜や橋杭堂をと見て行し 木因
年の夜や王子へいそぐ小提灯 抱一 軽挙観句藻
年一夜きしり残さじ日の鼠 嵐雪
流れての底さへにほふ年の夜ぞ 鬼貫

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 10:41 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26658927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

松田雄姿集 俳人協会
at 2017-11-12 11:20
釣の拙句(高澤良一)
at 2017-11-10 06:17
屛風 の俳句
at 2017-11-07 08:47
百合鴎 補遺
at 2017-11-01 08:03
もみぢの句いろいろ❗️
at 2017-10-25 14:55

外部リンク

記事ランキング