年越 の俳句

年越 の俳句

年越

例句を挙げる。

「永遠の子供」と呼ばれ年越すか 成瀬桜桃子 風色
あをあをと年越す北のうしほかな 飯田龍太
かくてまた父の亡き年移りゆく 大橋敦子 手 鞠
きのふ見し雪嶺を年移りたる 森澄雄 浮鴎
ぎくしゃくとしたまま年を越しにけり 高澤良一 随笑
くらやみに年を越しゐる牛の息 木附沢麦青
しばらくは藻のごときとき年を越す 森澄雄 鯉素
し残したこと年越してやればよい 高澤良一 随笑
たつぷりと火種を埋めて年移る 菖蒲あや あ や
ふるさとの出湯に年越し蕎麦すすり 臼田亜浪
ややこしきは皆先送り年を越す 高澤良一 随笑
わが余生さらに余命へ年越さな 原柯城
ポケットの胡桃鳴らして年を越す 加藤楸邨
メモしたる年越患者回診す 松岡巨籟
一眼の視力頼りに年を越す 吉田満梨女
冷凍の肉の一塊年を越す 池田秀水
嬰のごとくにころがされ年移る 長谷川双魚 『ひとつとや』以後
宵寝して年越蕎麦に起こさるる 水原秋桜子
常住の闇へ年越し詣かな 恩田侑布子
年を越す星の目くばせありしより 井沢正江 湖の伝説
年を越す火傷切創己が手は 加藤知世子 花寂び
年を越す父の薬の枕辺に 岡本高明
年を越す自信出来しと闘病記 細江大寒
年を越す艀上下に微動して 池田秀水
年を越す鉢の金魚に被せ物 高澤良一 さざなみやっこ
年移るモンローといふ蘭の花 沢木欣一 往還以後
年移る山々鎧ふもの落とし 館岡沙緻
年移る杉の枝打ちせしままに 岡井省二
年移る闇に大きな朱欒垂れ 森重 昭
年越して立つ枯芒おそろしき 平井照敏
年越しの鐘撞く衆に川漁師 中川志帆
年越すや力こめたるおのが臍 石嶌岳
年越に蕎麦打つ家の習ひかな 伊東牛歩
年越の女中おとしと詣でけり 石田波郷
年越の火屑の袖に暗きもの 古舘曹人 樹下石上
年越の老を囲みて児孫かな 高浜虚子
年越の耳あらふこと残りけり 鍵和田釉子
年越の黒き爪切る百姓女 森 竜南
年越や几の上に母の銭 石田波郷
年越や夜に入るほどに又の燗 小澤碧童 碧童句集
年越や鏡の前の胼ぐすり 皆川白陀
年越蕎麦待てばしきりに救急車 水原秋桜子
庭苔に胞子びつしり年移る 高井北杜
形見分果せず亦も年を越す 重永幽林
思いきり捨てて年越す月の下 落合よう子
押へ押へ焚火の紙屑年越す店 桜井博道 海上
拾はれし仔犬一と吠え年越すよ 百合山羽公 寒雁
木瓜の枝のこんがらかつて年越せり 高澤良一 ももすずめ
板の間に置きて壜酒年を越す 榎本冬一郎
林檎柿蜜柑年越す一つ籠に 野澤節子 牡 丹
残る柿ながめ年越す観世音 下田稔
母の年越えて蕗煮るうすみどり 綾子
炉の母に年移りゆく榾をつぐ 倉田 紘文
炭窯が火を蔵しゐて年を越す 三好あさ子
無事に年越せしと告ぐる初電話 吉田きみ
猪垣の月光年を越えむとす 千代田葛彦
白鳥座翼張りつめ年を越す 鷹羽狩行
神木に揺れて鬼の子年を越す 茂里正治
綿虫と漂ひ年を越えゐしや 塘柊風
老妻 年越して縫い上げた綿子 これを着よと云う 荻原井泉水
耳掻きの絮毛の煌と年を越す 中嶋秀子
聖書通読詩篇まで来て年を越す 田川飛旅子 『山法師』
脇宮は梯子掛けながし年移る 宮武寒々 朱卓
船宿に年越蕎麦の届きたる 鈴木貞雄
花温室の新月くらみ年うつる 飯田蛇笏
菊枯れしまま年を越し雨にうたれをる シヤツと雑草 栗林一石路
裏窓の涙を溜めて年移る 青野敦子
見なれたるものにも年の移るなり 有泉七種
遺句集の序に苦しみて年を越す 深谷雄大
鈴かけの鈴賑やかに年を越す 田中 南耕
間伐の標を付けて年越す杉 津田清子
霧氷咲く石鎚山に年移りをり 吉野義子
風の向きに伏し枯草の年移る 鈴木六林男
餅焼きて年越し行務の肩ほぐす 河野南畦 『焼灼後』
魂抜けし炭団法師と年越せり 高澤良一 ももすずめ
黒豆が箸から逃げる年越す夜 三浦ふみ
一病と年の関越す膝栗毛 高澤良一 ももすずめ

年越 補遺

あをあをと年越す北のうしほかな 飯田龍太
おもえば年越蕎麦の箸をおきしがおわかれ 荻原井泉水
きのふ見し雪嶺を年移りたる 森澄雄
さらぼひて越すべき年のなほありし 相生垣瓜人 負暄
しばらくは藻のごときとき年を越す 森澄雄
つれづれや年越豆で算術す 阿波野青畝
もろともに年を越ばや炬燵の火 杉風
やや歪み朱欒半截年越しぬ 石田波郷
わが夜明滴るごとし年越すと 加藤秋邨
ソプラノ聞けり貨車揺る家に年越えて 藤田湘子 途上
ルームサーヴィス年越蕎麦肩に載せ 山口誓子
不惑てふ年の境を越えにけり 上野泰
人の死のあとのいさくさも年越すか 安住敦
冬ごもりそのまゝ年を越さんかな 高浜年尾
古頭巾被りて寝ねて年越せり 相生垣瓜人 明治草
噴水の根を太くせり年を越す 鷹羽狩行
夜雪やむ*げきたる天に年移る 飯田蛇笏 家郷の霧
天邪鬼一匹のわれ年を越す 佐藤鬼房
完璧の半月の下年移る 藤田湘子
宵寝して年越蕎麦に起さるる 水原秋櫻子 蘆雁
年たけて越ゆべかりける炎暑かな 相生垣瓜人 負暄
年なみのしづかに越る白髪かな 越人
年の華かざして関を越にけり 三宅嘯山
年今宵越るや人の老の坂 杉風
年待ちて髪洗ふことやさしけれ 松本たかし
年移りをり我の名はわれのもの 藤田湘子 てんてん
年移る地に充足の獣らも 飯田龍太
年移る杉の枝打ちせしままに 岡井省二 明野
年移る焔色やさしき日向炭 飯田龍太
年移る犇めきさわぐ芦の葉も 飯田龍太
年移る風の遊べるひとつ松 大野林火 方円集 昭和五十二年
年越えむ空蝉のあり越えしめむ 相生垣瓜人 負暄
年越しし凝塵のあり憎むべし 相生垣瓜人 明治草
年越して俵子も出し京の宿 森澄雄
年越して木曾のもどりの橡一つ 森澄雄
年越して立つ枯芒おそろしき 平井照敏 猫町
年越しの奥に奥ある京の宿 森澄雄
年越しの密かのこゑや余吾の鳰 森澄雄
年越すか雪中山刀伐越えの文字 加藤秋邨
年越すとここまで生きて蜘蛛ひとつ 加藤秋邨
年越すと諸仏鬼神に灯を献ず 阿波野青畝
年越すや不二の忍野の蕎麦打ちて 水原秋櫻子 蘆雁以後
年越すや握りふぐりに坐す力 平畑静塔
年越すや蒲団の襟に顎のせて 岡本眸
年越て気をふく臍の力かな 尚白
年越の仕事つかへの胸閊 石塚友二 玉縄抄
年越の女中おとしと詣でけり 石田波郷
年越の梅ちる空や三ヶの月 諷竹
年越の火屑の袖に暗きもの 古舘曹人 樹下石上
年越の親子贔屓の蕎麦屋あり 安住敦
年越やたゞなり平のお袖引 其角
年越や使はず捨てず火消壺 草間時彦
年越や几の上に母の銭 石田波郷
年越蕎麦山妻豚児かたはらに 村山故郷
年越蕎麦待てばしきりに救急車 水原秋櫻子 蘆雁以後
拾はれし仔犬一と吠え年越すよ 百合山羽公 寒雁
放映の狼を見て年越せり 相生垣瓜人 負暄
月さすや年越蕎麦の蒸籠まで 水原秋櫻子 蘆雁
木守柿山の彼方に年越さむ 角川源義
母の年越えて蕗煮るうすみどり 細見綾子
毛糸編居眠りてをり年を越す 森澄雄
水仙売りし銭ふところに年を越す(越前岬) 細見綾子
水滴るる岩や年越す老夫妻 飯田龍太
汁たつぷり残して年を越しにけり 阿波野青畝
熟睡して子の白息も年を越す 森澄雄
熱帯魚まばたきもせず年を越す 鷹羽狩行
玉の緒よ年越蕎麦の長かれと 内藤鳴雪
白鳥座翼張りつめ年を越す 鷹羽狩行
腰裾ゑて年越す藁塚となりゐたる 岡本眸
藪の端に大年移る月錆びぬ 飯田蛇笏 山響集
身ほとりの胡桃二つと年を越す 鷹羽狩行
運び来しホテルの年越蕎麦ひとつ 桂信子 草影
配給の薯四五本と年を越す 加藤秋邨
野に花なし重々と年移りをり 藤田湘子 てんてん
間伐の標を付けて年越す杉 津田清子
除夜の鐘母のいのちも年越えき 能村登四郎
雪ながら年も越路や鰤だはら 凉菟
雪国や耳聾ひしとき年を越す 森澄雄
預りしまま道具箱年を越す 鷹羽狩行
頑強に年を越しけり母もわれも 佐藤鬼房
風邪だけが治りて年を越しにけり 日野草城
餅たべて年打越へむ老の坂 支考
高階に飼はれ年越す鳥と魚 鷹羽狩行
鮭年を越したりいまだ刃を当てず 山口誓子

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 10:50 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26658951
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

奉灯会 の俳句
at 2017-08-22 17:14
後評(2017・8)
at 2017-08-20 18:37
2017年 8月 ねずみのこ..
at 2017-08-18 05:18
蝉時雨 の俳句
at 2017-08-17 12:39
落蝉 の俳句
at 2017-08-17 12:37

外部リンク

記事ランキング