年惜しむ の俳句

年惜しむ の俳句

年惜しむ

例句を挙げる。

あつまりてとどのつまりは年惜しむ 長谷川双魚 『ひとつとや』
うす霧に苑の朝凪ぎ年惜しむ 飯田蛇笏 雪峡
この画展巴里の絵多し年惜しむ 岩崎照子
しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ 飯田蛇笏 霊芝
たれかれに便り書かばや年惜む 石橋秀野
どこみても空青き年惜みけり 久保田万太郎 流寓抄
まこと一病息災なりし年惜む 久永雁水荘
ものを焼く煙の行方年惜しむ 平手むつ子
ゆく年を惜しむ長巻山水図 森澄雄 空艪
わが遊び月雪花と年惜しむ 下村梅子
三日月の浪隠るまで年惜む 佐野まもる 海郷
乱帙をわがうべなひて年惜しむ 岩崎照子
人人に年惜めやと鼓打つ 松本たかし
傀儡にも母ありて年惜しみけり 有馬朗人 天為
凍花映ゆ鏡の罅に年惜しむ 飯田蛇笏 霊芝
地下鉄は詩作工房年惜しむ 皆吉司
塗ためて年惜しむなり船の底 中条明
大正のミシンを踏みて年惜しむ 北見さとる
大海の端踏んで年惜しみけり 石田勝彦 秋興
山会に青邨と泣き年惜む 深川正一郎
師の門に月星明し年惜しむ 及川貞 夕焼
年をしむ蝋燭の香に氷雨ふる 飯田蛇笏 春蘭
年惜しむその日の空の曇るごと 上村占魚 鮎
年惜しむともなく蒲団敷きにけり 中島月笠 月笠句集
年惜しむひとりに墳墓あたたかく 石原舟月
年惜しむ偃(のいふ)すことの宵惑ひ 深谷雄大
年惜しむ傘寿来よとか寄せじとか 皆吉爽雨
年惜しむ共に旅せし日を刻み 星野椿
年惜しむ古希の坂まで来てしまふ 勝田享子
年惜しむ太陽うつるにはたづみ 阿部みどり女 月下美人
年惜しむ実に幾つとせ餘すらむ 及川貞 夕焼
年惜しむ年齢早見表を見て 須山重信
年惜しむ心うれひに変りけり 高浜虚子
年惜しむ椅子引寄せてカプチーノ 都筑智子
年惜しむ瓦噛みたる鬼瓦 山田みづえ 木語
年惜しむ程のよきことなかりけり 松崎鉄之介
年惜しむ邪鬼いつぱいに目を開き 有馬籌子
年惜しむ高層街の夜の雨 飯田蛇笏 雪峡
年惜む卒寿の世紀惜むなり 浅井青陽子
年惜む即ちいのち惜むなり 上林白草居
年惜む心うれひに変りけり 高浜虚子
年惜む心に雨に耳澄ませ 成瀬正とし
年惜む橋のかなたと此方かな 久保田万太郎 草の丈
年惜む無音を濡らすほどの雨 長谷川かな女 花 季
年惜む酒にがき酒飲むはかな 久保田万太郎 流寓抄
悪しきこと多かりし年を惜しむかな 相馬遷子 山河
手鏡に息吹きかけて年惜しむ 浅井沙衣子
指揮者への拍手に年を惜みけり 森田峠 逆瀬川
楽人のデスマスク掛け年惜しむ 小枝秀穂女
母ませし年を惜しみて余りある 高木晴子 花 季
毛絲編みそこねては編み年惜むか 石川桂郎
沈みては浮きては海鵜年惜しむ 東海林照女
海苔桶に落日燃ゆる年惜しむ 金尾梅の門 古志の歌
深川に小唄幸兵衛と年惜しむ 阿部みどり女
湖を見てきし心年惜しむ 高野素十
炭焼きて孤りが年を惜しまざる 飯田蛇笏 椿花集
炮烙を透かす火色や年惜しむ 永井龍男
点滴をかぞヘベッドに年惜む 片岡片々子
然かなれば然かせしものを年惜む 野島無量子
片づけて机辺ものなし年惜む 中村若沙
牡蠣舟に年惜しみけり太田川 冨田みのる
用なきに野川に来たり年惜しむ 細見綾子
白がねの濤音ばかり年惜しむ 大村フサエ
眼を閉ぢて日記を閉ぢて年惜しむ 中島敏之
矜持なきわが身のほどの年惜しむ 三島敏子
磯に出て年惜まむと灯を提ぐる 佐野まもる 海郷
稿一つ終えて灯下に年惜しむ 大津希水
空欄の多き日記の年惜しむ 遠山 楠翁子
窓あけて年を惜しめば沖に月 佐野まもる 海郷
絵屏風の年惜めよと展く四季 亀井糸游
胸の中まで日の射して年惜む 深見けん二
落日へ並ぶ雑木や年惜しむ 目黒十一
虚子の死や誰彼の死や年惜しむ 成瀬正とし 星月夜
身をもみて泣きし思ひ出年惜しむ 成瀬正とし 星月夜
迅く去れと言ひ禍年を惜しむなり 福田蓼汀
鉄瓶の蓋きりて年惜みけり 久保田万太郎 流寓抄
鐘楼へ短き梯子年惜しむ 立本美知代
障りなく祝終へし年惜しみけり 毛塚静枝
雛離る安らぎもあり年惜しむ 大西和子
離れ住みて一つの年を惜しみけり 上村占魚 球磨
雨だれの大きなたまの年惜む 安住敦
音楽に涙湧きたり年惜む 沢木欣一 赤富士
物価高の一年杉箸割り損ず 高澤良一 燕音

年惜しむ 補遺

うす霧に苑の朝凪ぎ年惜しむ 飯田蛇笏 雪峡
かがなべて幾日残らぬ年惜しむ 富安風生
この人を惜しむ心に年は逝く 高野素十
しら雲に鷹まふ嶽の年惜しむ 飯田蛇笏 霊芝
それぞれのはらから偲び年惜しむ 森澄雄
たつぷりと湯のあり年を惜しまばや 相生垣瓜人 明治草
たれかれに便り書かばや年惜む 石橋秀野
ゆく年を惜しむ長巻山水図 森澄雄
一年の吾が句の瓦礫年惜む 上野泰
二三言年を惜みし言葉かな 高野素十
五六人湖を見て年惜しむ 高野素十
人の家の二階にありて年惜しむ 安住敦
傀儡にも母ありて年惜しみけり 有馬朗人 天為
凍花映ゆ鏡の罅に年惜しむ 飯田蛇笏 霊芝
叙勲翁最も年を惜みけり 阿波野青畝
夜の水のかがよひに沿ひ年惜む 上田五千石『琥珀』補遺
大海の端踏んで年惜しみけり 石田勝彦 秋興
天寿いつなりやと問ひて年惜む 阿波野青畝
嵐焼きて孤りが年を惜しまざる 飯田蛇笏 椿花集
師の門に月星明し年惜しむ 及川貞 夕焼
年惜しむその日の空の曇るごと 上村占魚 鮎
年惜しむために這入りし櫟山 能村登四郎
年惜しむ唐津茶碗に茶をそそぎ 細見綾子 存問
年惜しむ実に幾つとせ餘すらむ 及川貞 夕焼
年惜しむ月櫛形となりてより 細見綾子
年惜しむ梅に訪はむと告げしのち 中村汀女
年惜しむ泊船の数見尽して 石田勝彦 百千
年惜しむ湾に動く灯動かぬ灯 鷹羽狩行
年惜しむ瓦噛みたる鬼瓦 山田みづえ 木語
年惜しむ眼鏡のうちに目をつむり 鷹羽狩行
年惜しむ程のよきことなかりけり 松崎鉄之介
年惜しむ藪の奥から風起り 飯島晴子
年惜しむ観音道の日向かな 岸田稚魚 紅葉山
年惜しむ高層街の夜の雨 飯田蛇笏 雪峡
年惜む波止場通りに鳥の影 岡本眸
年惜む濤の白さを目に余し 岡本眸
年逝くや数羽の鵯に惜しまれて 相生垣瓜人 負暄
忌に会し且うは年も惜むべく 松本たかし
悪しきこと多かりし年を惜しむかな 相馬遷子 山河
悲喜こもごもさればやいたく年惜む 山口青邨
惜しまじなあすの莟となる年を 鬼貫
懸とりを酔せて年を惜みけり 卓池
手を惜しみ日惜しみ土の片付かず 右城暮石 句集外 昭和十九年
推敲は疲るることよ年惜む 阿波野青畝
暗き水樹間を流れ年惜しむ 細見綾子
朝の炉火しづかに燃えて年惜しむ 村山故郷
止り木に足浮かせ年惜しみをり 能村登四郎
殖ゆることなき細胞と年惜しむ 藤田湘子 てんてん
毛糸編みそこねては編み年惜むか 石川桂郎 含羞
湖を見てきし心年惜しむ 高野素十
点滴は間を見せて年惜みけり 阿波野青畝
犬老いて涙を垂らし年惜む 阿波野青畝
猫鮫の水槽に凭り年惜しむ 飯島晴子
用なきに野川に来たり年惜しむ 細見綾子 牡丹
白燈台めぐりて年を惜しみける(越前岬) 細見綾子
百日の病臥なりける年惜しむ 石塚友二 玉縄以後
筆供養一管一管年惜む 阿波野青畝
箸に豆つまんで年を惜しみけり 森澄雄
胸の中まで日の射して年惜む 深見けん二
落る歯のはじめて年の惜きかな 加藤曉台
落款を捺へて年を惜みけり 阿波野青畝
行きむかふ闇あり年を惜しむべし 森澄雄
読みちらし書きちらし座右年惜む 山口青邨
遍路旅すませし年を惜しみけり 能村登四郎
離れ住みて一つの年を惜しみけり 上村占魚 球磨
雨だれの大きなたまの年惜む 安住敦
鬚面をタオルで蒸され年惜む 伊丹三樹彦
鶏を撫時計にすがり年惜み 琴風

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 10:55 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26658963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング