数へ日 の俳句

数へ日 の俳句

数へ日

例句を挙げる。

ブロッコリ茄でて数へ日籠らふか 高澤良一 ねずみのこまくら
亡き人を数ふるに似て数へ日や 鳥居美智子
師のたより待つ数へ日の数へごと 深谷雄大
数え日のこころのはしを人通る 矢島渚男
数へ日のもっさり顔が応対に 高澤良一 燕音
数へ日の力が入る硝子拭 高澤良一 随笑
数え日の土の乾きも鹿島かな 藤田あけ烏 赤松
数え日の夕空贅を盡したり 高橋睦郎
数へ日の小遣いはたき買へる本 高澤良一 随笑
数へ日の後引く飴に本を読む 高澤良一 随笑
数へ日の日の入る部屋で耳掃除 高澤良一 随笑
数へ日の朝の日に舞ふ綿ぼこり 高澤良一 素抱
数へ日の猫も私も日をよるべ 高澤良一 随笑
数へ日の眠気もたらす車窓の日 高澤良一 宿好
数へ日の胸膨らます鳩と居り 高澤良一 燕音
数へ日の蓬莱島に亀眠り 高澤良一 随笑
数へ日の雑用買って出ることも 高澤良一 鳩信
数へ日をタイムスリップして邦画 高澤良一 随笑
数へ日を亀の正字の部首調べ 高澤良一 寒暑
数へ日となりつつ夜々を月そだつ 太田 嗟
数へ日となりて傾くカレンダー 相馬沙緻
数へ日に到来の葱風干しに 瀧井孝作
数へ日に麗けき日の紛れゐし 相生垣瓜人 明治草抄
数へ日のけむりのごとく薯を擂る 中拓夫
数へ日のこころのはしを人通る 矢島渚男
数へ日のなかの一日母を訪ふ 角川春樹
数へ日のなりはひの燈を道にまで 下田稔
数へ日のひと日ひと日とそばだてる 井沢正江 以後
数へ日のひと日佛事にかかづらふ 下村ひろし 西陲集
数へ日のまひるの径の山に入る 宗田安正
数へ日のスイッチひねればチャプリン出で 高澤良一 さざなみやっこ
数へ日の一面記事に亡命者 西村和子 夏帽子
数へ日の三時は日向四時の影 永井龍男
数へ日の下竪小路ひそかなる 上野さち子
数へ日の乗つてあやふき脚立かな 池田秀水
数へ日の傘立にある杖二本 橋本榮治 逆旅
数へ日の息ととのへて太祝詞 佐川広治
数へ日の採りのこされし畑のもの 佐野美智
数へ日の教会うらの古着市 斉藤淑子
数へ日の数の中なる師と会ふ日 今瀬剛一
数へ日の数へるまでもなくなりぬ 鷹羽狩行 第九
数へ日の日にまどろめるさるすべり 高澤良一 ねずみのこまくら
数へ日の日のあるうちは沖に舟 西村和子 夏帽子
数へ日の昼よく寝たる一時間 茨木和生 丹生
数へ日の暖簾師去るを見てをりぬ 石原八束
数へ日の書院ながらや砂(いさご)の日 岡井省二
数へ日の月あたゝかき夜なりけり 久保田万太郎 流寓抄
数へ日の机の上の吾が子かな 山西雅子
数へ日の松風をきく齢かな 勝又一透
数へ日の欠かしもならぬ義理ひとつ 富安風生
数へ日の段取り交はす寝床にて 高澤良一 燕音
数へ日の没日に対ひ戸を閉す 永井龍男
数へ日の海より出る月紙のごと 墳崎行雄
数へ日の火のあと広く掃き均らす 大岳水一路
数へ日の牛舎にとどく塩俵 中村風信子
数へ日の町に伸びゐる山の影 伊藤通明
数へ日の白雲とゐて山仕事 友岡子郷
数へ日の百の障子の日のにほひ 辻桃子
数へ日の窯の口より出できたり 松林 慧
数へ日の笹がつらぬく魚の鰓 小野恵美子
数へ日の素うどんに身のあたたまり 能村登四郎
数へ日の紺の山より大鴉 廣瀬直人
数へ日の花見小路に分譲地 佐川広治
数へ日の茅舎が謝辞の古手紙 斉藤夏風
数へ日の菜を摘みに出て燈台守 下田 稔
数へ日の薬罐噴きをり駐在所 坪井かね子
数へ日の蜑を弔ふ冬かもめ 井上論天
数へ日の釜かぶりをり美容院 田中朗々
数へ日の閂ゆるき父母の家 辻美奈子
数へ日の雁の堅田に鴨の数 森澄雄
数へ日の餅をしづかに焼きにけり 佐川広治
数へ日の首を出しゐる砂蒸し湯 小室風詩
数へ日の高波漕ぎて生簀守る 田守としを
数へ日の鮠一尾だに見せぬ水 大岳水一路
数へ日やひそかな鳥の啄みも 神尾久美子 桐の木以後
数へ日やひとつの部屋にひとつの灯 高木聡輔
数へ日やわが針山の糸の虹 吉田みち子
数へ日やメモ一つ消し二つ足し 大橋敦子
数へ日や万年青にかかる糸の屑 大峯あきら
数へ日や二人の音を一人づつ 土橋たかを
数へ日や仮住みも又数へ日に 和田 祥子
数へ日や寝顔の吾子に逢ふばかり 橋本榮治 麦生
数へ日や故郷の海老生きて着く 伊東宏晃
数へ日や是々非々何か忘れゐし 河野南畦 『広場』
数へ日や死の日まで積む文学書 金久美智子
数へ日や母訪ふ一日のこしをり 日阪 昌子
数へ日や気遣ふといふ気疲れも 橋本榮治 越在
数へ日や老舗の土間の大かまど 小林沙久子
数へ日や足袋幾足の生乾き 永井龍男
数へ日や近くて遠き鴨の声 板谷芳浄
数へ日を数へあまさず勤むかな 宮津昭彦
数へ日を旅して橋の上にあり 大串章 百鳥
数へ日を第九の稽古重ねけり 阿波野青畝
暖簾師の去る数へ日の坂住居 石原八束 風信帖
柚子数へ日をかぞへをり風盆地 文挾夫佐恵
海を見ることで数へ日使ひきる 渡辺輝子
目につきし佳句反芻して数え日 高澤良一 宿好
縛されてゐる数え日の撞木かな 藤井圀彦
職退くも妻に数へ日残りをり 山本武司
街騒も数へ日らしくなつて来し 境 雅秋
酒中花の実生に侍すや数へ日も 小池文子 巴里蕭条
野火止に数へ日の水流れたり 伊藤三十四
数え日のもっさり顔が応対に 高澤良一 燕音
数え日の本にも倦めば何とせう 高澤良一 宿好
潜水艦繋がれ数へ日の入江 高澤良一 石鏡
東京湾数へ日の日を敷き詰めぬ 高澤良一 暮津
数へ日の銭湯に四肢伸ばしけり 高澤良一 暮津

数へ日 補遺

一事あるごとに数へ日とぞ思ふ 後藤比奈夫
君の訃にはじまる数へ日の今年 鷹羽狩行
小鳥逃げしことも数へ日の一日にて 能村登四郎
数へ日といへどもムンク壁に佇つ 阿波野青畝
数へ日となりしを言はず考へず 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
数へ日となりし戸口の大蕪 森澄雄
数へ日となりし草鞋と網代笠 後藤比奈夫
数へ日となりておのれに親しめる 森澄雄
数へ日となりゆく狩行句日記も 鷹羽狩行
数へ日に「なすことあらむ」色紙あり 阿波野青畝
数へ日にしかとメモして義理一つ 富安風生
数へ日になほ洗硯の大事あり 相生垣瓜人 負暄
数へ日に秋葉火祭しるしけり 百合山羽公 樂土
数へ日に追はるる如くもの書く身 山口青邨
数へ日に麗けき日の紛れゐし 相生垣瓜人 明治草抄
数へ日のすすきみみづくみみづく婆 飯島晴子
数へ日のときに憮然と山の顔 飯田龍太
数へ日のひと日を明治俳壇史 石塚友二 玉縄抄
数へ日のまた夜更かしとなる選句 鷹羽狩行
数へ日のもののひとつの烏瓜 石田勝彦 秋興以後
数へ日のショーウインドに影往来 清崎敏郎
数へ日の一帽恃み出でにけり 石田勝彦 秋興以後
数へ日の一日の暇を盗みけり 清崎敏郎
数へ日の中に真紅の薔薇を置く 後藤比奈夫
数へ日の人の命を数ふごと 山口青邨
数へ日の以後なすことの決まりをり 松崎鉄之介
数へ日の会の一つは失礼す 石塚友二 磊[カイ]集
数へ日の何せんと手を洗ひしや 鷹羽狩行
数へ日の便利屋あまりは枷ならむ 角川源義
数へ日の塀の日当るひとところ 大野林火 月魄集 昭和五十四年
数へ日の大安選び退院す 角川源義
数へ日の実のねずみ黐晴れつづく 森澄雄
数へ日の小包解かぬ寄贈本 秋元不死男
数へ日の恋を占ひ地主の神 後藤比奈夫
数へ日の扇だたみに減りゆきぬ 鷹羽狩行
数へ日の数ふるほどもなき日数 桂信子 花影
数へ日の数へるまでもなくなりぬ 鷹羽狩行
数へ日の書院ながらや砂の日 岡井省二 有時
数へ日の枯蓮を見て鴨を見て 安住敦
数へ日の欠かしもならぬ義理ひとつ 富安風生
数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石 散歩圏
数へ日の水面を流れ己が影 桂信子 草影
数へ日の波音とほき蕪蒸 鷲谷七菜子 游影
数へ日の燈惜みの門前町 上田五千石 琥珀
数へ日の素うどんに身のあたたまり 能村登四郎
数へ日の雁の堅田に鴨の数 森澄雄
数へ日の青い列車に魘(うな)される 佐藤鬼房
数へ日の顔寛やかや盧遮那佛 森澄雄
数へ日の黄菊白菊布団柄 森澄雄
数へ日の齣落しとはなりにけり 鷹羽狩行
数へ日やうろたへごころかすかにあり 能村登四郎
数へ日やひとつ残れる座談会 水原秋櫻子 餘生
数へ日やよき色に出て萬年青の実 森澄雄
数へ日や一日づつの珠の晴 桂信子 花影
数へ日や乾ききつたる硯箱 鈴木真砂女 紫木蓮
数へ日や二つ返事の子の使ひ 鷹羽狩行
数へ日や人づてに聞く突然死 鷹羽狩行
数へ日や仲見世抜けて師の句碑へ 鈴木真砂女 紫木蓮
数へ日や山河それぞれに顔を持ち 飴山實 句集外
数へ日や持たされて出る小風呂敷 燕雀 星野麥丘人
数へ日や指は十本しかあらぬ 林翔
数へ日や数へなほして誤たず 能村登四郎
数へ日や昼の木立に子の遊び 岡本眸
数へ日や曇天に物干すことも 岡本眸
数へ日や机上に永田耕衣集 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
数へ日や焼きて固まる鯛の塩 能村登四郎
数へ日や用の多くて無きごとく 鷹羽狩行
数へ日や百日患者退院日 百合山羽公 樂土以後
数へ日や着馴れ紬のあたたかき 能村登四郎
数へ日や磨れば香だちて陳(ひね)生姜 飯田龍太
数へ日や重き荷更に重くせり 松崎鉄之介
数へ日や鋸引きの大鮪 鈴木真砂女 紫木蓮
数へ日や隅の隠居の老患者 百合山羽公 樂土以後
数へ日や鼠走りに厨水 鷹羽狩行
数へ日をたうたう空の花瓶かな 鷹羽狩行
数へ日を数ふ愚はせざりけり 後藤比奈夫
数へ日を数へともかく今は無事 能村登四郎
数へ日を籠りて冥府への便り 佐藤鬼房
数へ日を臥してかぞへてゐられしや 鷹羽狩行
無精髭伸ばして数へ日を過ごす 右城暮石 一芸
病み臥しの数へ日となりゐたりけり 村山故郷

以上

by 575fudemakase | 2017-02-17 11:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fudemaka57.exblog.jp/tb/26658974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2011年 04月

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

らくらく例句検索

インターネットの「Google」や「yahoo」の検索ボックスから、季語等を入力して数多くの例句を得られれば大変便利である。

具体的に季語“新樹”の例句を求めるには、先ず検索ボックスに“新樹”と入力する。
その後、ひらかなで“れいく”と入力する。この時、日本語変換候補に幾つかの語彙が表示されるが、その中から“575筆まか勢”を選択する。
この結果、検索ボックスには “新樹575筆まか勢”と表示される筈である。
この用語で検索すれば求めるサイトが表示される。

但し、上述の ひらかなの“れいく”と入力して“575筆まか勢”を選択する為には、事前に小細工をしておく必要がある。
即ち、ユーザーズ辞書を使って “れいく=575筆まか勢”を定義しておく必要がある。以下はその指定方法。

ユーザーズ辞書定義

▼iPadの場合
設定>一般>キーボード>ユーザーズ辞書

単語 575筆まか勢
よみ れいく

▼kindleの場合
アプリ>設定>言語とキーボード>キーボードの設定>ユーザーズ辞書

読み れいく
表記 575筆まか勢

PCの場合も同様に「ユーザーズ辞書」機能を使い、前もって定義しておく。

春の季語から現在の当季季語までは既に表示可能である。
来年の三月末(2015年3月末)までに全季語について表示可能となる。

以上

検索

タグ

最新の記事

実朝忌 の忌日
at 2017-04-22 09:12
茂吉忌 の俳句
at 2017-04-22 09:09
義仲忌 の俳句
at 2017-04-22 09:07
えり挿す の俳句
at 2017-04-22 09:04
かまくら の俳句
at 2017-04-22 09:01

外部リンク

記事ランキング